きまじめチキン日記

株式会社十文字チキンカンパニー 代表取締役社長 十文字保雄

タグ:安男

DSC_0589

 今朝は、あのやまけん(本名:山本謙治)さんが、被災状況を話して欲しいというので、当社のK専務とS常務と私で対応。

 彼は農産物流通ジャーナリストとして、ブロイラーの流通に関しても知識はお持ちなので、いきおい裏話的な話が多くなってしまいました。ここでは書けません(笑)。

 さて、「日本の「食」は安すぎる」という彼の本のタイトルの世界の話になってきて思ったこと。

 それは消費税の5%っていう数字自体が、日本のいまの風潮、つまり「安物志向」を助長しているのではないかと。いま5%国に取られると、5%損した気分になっている。「割引」の延長なのだ。

 これが他の先進国並に20%とか30%になれば、否応なく自分本来のお金から出費という意識を持たざるを得ず、使途とかが気になるし、社会に参加している気分が出てくると思う。

 5%自体が、政治の世界とは自分とは関わりのない世界で、愚痴ってお終いになっている根源ではないか。

 まあ、今すぐ20%にせよとは言わないが、今の政治と国民と空回り現象は「5%」が諸悪の根源のような気がしてならない。

DSC01780

 アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、言葉の遅れ、うつ病、躁うつ病、糖尿病、リウマチ、膝の痛み、骨折後の痛み、冷え性、低体温、視力障害、アトピー性皮膚炎、化学物質過敏症、肌荒れ、認知症、腰痛、肩こりなどなど。

 これは著者の小若順一さんが「食事でかかる新型栄養失調」と「食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足」で指摘するミネラル不足の症状です。

 現代の食品はカサの割には栄養価が高くないとはよく言われることですし、更に自分の口が歓迎するものばかり食べている状態では、新たな現象である「新型栄養失調」が起こっているという氏の説は説得力があります。

 「白米は美味しいので、江戸では白米を食べることが流行った。すると、白米をよく食べる人ほど脚気にかかった。」とありますが、現在は99%の人が白米を食べているわけで、それが常識になっているので何も疑問を持たないんですね。

 「原因は栄養失調だから、薬を飲んでも治らない。」と小若さんは言います。そして、決定的な処方箋として「無添加白だし三合わせ」を推奨しております。

 私は現在、ヨーグルトやチキンスープを食べることの他、カルシウム(+ビタミンD)、鉄、グルコサミンのタブレットを毎日飲んでいるので、いい線行っていると思うのですが、家族はどうか心配ですので、著書に沿って食生活を改善するつもりです。
 

IMG_0466

 あけましておめでとうございます。早いもので、もうこのブログも4月には6年目に突入します。バナーの写真変えなきゃ(笑)。本年もどうぞよろしくお願いします。

 さて、新年第1回は、例年のように、鶏鳴新聞
新年特集号の原稿をそのまま掲載させていただきます。


 チキン業界の一員でありながら、その料理法についてはさっぱり知識を深めることなく入社以来24年が経過してしまったことを少々恥ずかしく思う。

 だからと言うわけではないのだが、昨年は南九州への出張の帰りに、日本で最も唐揚げの消費が多いと言われる大分県中津市に立ち寄って、レンタカーを借りて、市内に40店以上有ると言われる唐揚げ屋を回ってみた。

 結局、3時間を費やし9店を訪れ、注文したそれぞれの店それぞれ1〜2個を食べ、残りを飛行機の中で周りのお客さんから「何か、イイにおいがしますね」と言われながら岩手まで持ち帰った。全て食べるのに数日かかったが、店によって味付けや色が少しずつ異なりながらも、どれもが心の底から「美味しい」「もっと食べたい」と言えるもので、それはパーツの如何に関わらず感じた。

 人には好みがあるので、ニンニクとショウガベースの味付けに私がはまっただけかもしれないが、1人当たりの鶏肉の消費は九州のおよそ半分と言われる東北の、その理由が分かったような気がした。要するに美味しい提案が有れば、もっと癖になって消費が拡大できるのではないか。

 「秘密のケンミンショー」という番組の人気と共に、B級グルメブームになっているこのごろである。日本人の飽くなき美味しさの追求に驚くと共に、地方に目を向けるとそこには既に実験というか商品開発の成果ともいうべきものがいくつも存在しているのではないか。

 現在のそれぞれの地方の独特な食文化が、遙か遠い地から偶然伝えられて残っていることが多々あるようだが、今もその変化する食文化のまっただ中にいるのであり、チキン業界の一員として、何か仕掛けられないものかと思う。

 さて、岩手チキン協同組合では、全国第3位のチキン生産県でありながら、肉と言えば豚肉と言われる地元の食文化をブレイクしようと、昨年は10月29日を「岩手とり肉の日」と定め、県下の小中学校の給食に地元産のチキンを提供するとともに、子どもたちを通じてパンフレットを家に持ち帰っていただき、保護者の皆さんにも岩手のチキンを認知して頂いた。

 また、地元の新聞社とタイアップ企画でPRを行い、県民に存在感をアピールできた。こうした地道な活動とともに、先に述べた津市の成功例などを地元に導入できたら九州並みの消費に近づけるのではないか思う。飽きない美味しいものを提供さえすれば、むね肉を敬遠するということなく、消費を拡大できるものと思う。そこまでたどり着くにはやっぱり情熱しかない、とケンミンショーを見てつくづく感じる。

 更に言うと、業界で全国一斉にチキンの消費拡大に取り組むのも良いが、今は地方がそれぞれ独自の取り組み方をして刺激し合うのがよいのではないか。既にあるものの情報が行き交うほうが信憑性もあるし、効果があると思う。

 イチロー選手は、朝起きてブランチとして必ず愛妻の作るカレーライスを食べるそうだ。毎日食べて飽きないカレーライスってどんなものだろうかと思ってしまうが、ならば、毎日食べても飽きないチキン料理も必ずあるだろうと思う。伸びる要素が満載のチキンという素材なのだから、その鉱脈は必ずあるはず。

 それにしても、それぞれがユニークな取り組みが出来る余裕のある市況に今年はなって欲しいものだと願う。

dacd33f1 

 学卒の新入社員4人を迎えての、入社式を今朝行いました。

 私からの訓辞は3つのポイントを伝えました。ゝ曚ぜ茲蟷罎里茲Δ任△辰討曚靴ぁどんどん「なぜ?」と質問してください。業界に染まらず、今の素人感覚も大事にしてください。E社は業界で、あるいは地元岩手県で大きいだとか思っているでしょうが、案外未完成な会社だと分かると思います。当社に不足しているところをどんどん自分から作り上げる気構えでやってください。

 ちなみに「吸い取り紙」とは、健助会長が若い頃言われた形容詞で、あまりしゃべらないが、相手の言うことを吸収するというイメージの言葉です。

 その後、中途採用者2名を加えて会議室で私からのショートレッスン(写真)。会社のポリシーの他にも、業界用語の説明だとかであっという間に90分費やしました。

 皆さん、目が輝いており、こちら側も刺激になります。

5b743994

 私は見ることが出来なかったのですが、年始のテレビ特番で、県民性を特集した番組があったそうです。その中で、「いい人」ナンバーワンが岩手県人だったそうです。

 「いい人」とはどういう定義なのかとかよく分かりませんが、品行方正であったり、優しかったり、正義感があって、生真面目という点では、まあ、当たらずとも遠からずではないでしょうか!

 ほとんど岩手県人で構成している当社としても、ちょっと嬉しい発表でした。

 生真面目な県民性があるからこそ、地道な努力の積み重ねが出来て、いまの当社が成り立っていると思っております。

 ただ、良さは悪さの裏返しでもあるわけで、県民性を修正しながらやっていかないと、当社としては都会の消費者に支持されなくなってしまいかねません。

 そのためにも適度に「よそ者」に入社してもらいたいと思っております。

続きを読む

9ceb552f

 「もったいない」という言葉が脚光を浴びていますね。子供の頃、祖母がこの言葉をよく使う人でしたし、母もまたよく使う人でした。また、父は経営者として徹底してこれを実践した人だと思っております。まあ、別な言葉で言えば「ケチ」を徹底したとも言えます。その徹底ぶりを見た周囲の人が、父に信頼を寄せ、資金を使わせてくれ、ここまでの企業に成長したと思っております。

 10年ほど前、地元の青年会議所の会員だったときに、その全国組織の7万人のトップの華やかな立場にいる会頭に横浜の岡田さんという方がなっていたのですが、この先輩が驚いたことに「もったいない運動」というのを、全国で広めたのでした。あー、そういえば、非常に深い意味を含んだ言葉なんだと再認識させられ、青年会議所のパーティーの残り物を持ち帰る習慣を付けたものでした。

  増える世界人口に対しての限られた資源。更に今は、世界の飢餓の問題と先進国の贅沢とのギャップをベースにした言葉として使われることもあるようですね。贅沢できる国にいること、そういう境遇にあることに感謝しなければ成りません。

  しかし、考えてみると、会社の経営上「もったいないの精神で」と言っても、誤解が生じてしまう恐れがあるのでなかなか言えないんですよね。モノを大事にするという意味が大半であるこの言葉を使いすぎると、もっと大事な「人」や「時間」という重要な要素をないがしろにしてしまう気がします。

  例えば、食べ物を大事にしすぎて、残さずに食べるのは一般的には美徳ですが、太って外観を悪くし、病気にも成りやすくなるのでは、割に合わないですよね。発展途上国でも肥満が問題になっているようです。過ぎたるは及ばざるが如しですね。

↑このページのトップヘ