きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

タグ:唐揚げ

S0120128

 先週の24日金曜日、半身揚げで有名な京成立石駅そばの「鳥房」に行ってきました。

 表は鶏肉屋です。

S0140130

 その脇の路地に入ると、飲食店「鳥房」ののれんがありました。下町風情のいい味出してます。

S0160132

 入ったらカウンターと座敷で20人ほど入れる空間がありました。そこにウエイトレスのお姉さまたち(明らかに私より一回り以上上)がなんと4人もいました。な、な、なんなんだ、ここは!

 「ひとり」と人差し指を立てると、カウンターの角に座れですって。逆L字の270°の視界が広がる一番オススメしないであろう席かいな! しかも私の背後におねえさまの一人が座ってる。おいおい‥。

S0170133

 この席からして、もしかして早速敬遠されたのかなと一瞬思ったのだけど、逆に私に興味をもったらしくやたら話しかけてくるじゃないですか。しかもそれが自然で、なんか心地いい!!

 つい早速名刺を渡して「実は岩手のとりの産地のものです」とこちらの素性を話したら余計話が弾みましたね。

S0180134

 翌日、久慈工場の新年会がありましたので、この日は休肝日ということでジュースにしましたが、1時間半ほど楽しいひと時を過ごしました。

 ちなみにこれは「鳥南蛮漬け」で280円。

S0200137

 それからしばらくして出てきたこれが「唐揚げ」ですね。茨城の内外食品さんで生産されている鶏のようです。

S0260144

 頼むとお姉さんがパーツに分けてくれます。こっちは鳥のプロなんですけど、そりゃあどんなふうにしてくれるのか見たいですし、お願いしました。

S0270145

 食べてみると素朴な味という印象。それがまたいいじゃないですか。KFCよりも小型でしょうし、背骨もほとんど食べられます。

S0280146

 この日のサイズは530g、550g、580g、630gの4種類で大きさによって価格も違うみたいでした。これでも私は一番デカいのを食べました。

S0330158

 「写真撮りたいならそっちに行って撮ったらいいよ」と言われましたが、引き戸を開けてもらって、息子さんが揚げている様子を撮らせていただきました。

S0400179

 唐揚げを平らげて、「何かご飯もの無いですか?」と聞くと「ない」とのこと。代わりに「鳥サラダ」(530円)を注文しました。これも美味しい。結構いけてます。和えてある鶏肉はささみで表面を湯がいたもののようでした。

S0430182

 それからびっくりしたのがこのナプキン。「これ、もしかして障子紙?」と聞いたら、「半紙」ですって。それをいちいち切っているそうです。どこまで計算された演出なのかわかりませんが、この店は何もかもが味があります。

S0390178

 ところでこの夜のハイライトは、隣の隣の椅子に座っていた気のいいお兄さん。埼玉から健診にやって来た54才独身。やたら朗らかな人で絡んでくるんですよ。

 しかも、どこかで見たような顔。ん?子供の頃近所の親戚だったA君!?

 目の離れ具合とか十文字一族じゃないかと思ったくらい。「顔も似てるってことは脳みそも似ているのか!」と思ったりして彼の話すのを聞いてましたけど、何だか人柄まで血が近いような。

 もしかして生まれが違ったら私はこの人の境遇にいたかもしれないと思ったり‥。

 写真を嫌がるし、名前も明さなかったお兄さん、楽しかったよ。お元気で。確かにこういう方を引き寄せるスナックみたいなオーラがある店でした。

DSC_0498

 嬉しい記事が今日の日経新聞に出てました。見出しには「鶏肉手ごろ、春の主役に」「油不要の空揚げ粉追い風」「特売増加、売り上げ1〜2割アップ」という文字が踊ってました。

 そうです。輸入チキンの国内在庫が高水準で、国産チキンも生育が良好(当社を除く?)で、我々が売り渡す価格は相場に連動して下がっています。

 日本唐揚協会さんが原動力になって唐揚げブームを巻き起こし、そこにフライパンや電子レンジで調理できるから揚げ粉を製粉会社が販売したところに、相場安と言った図式でしょうか。

 みなさん今年はどんどん唐揚げを楽しんでください。 我々産地は当面耐え忍ぶ年度始めになりそうです。

IMG_1011

 当社の商品開発課は、現在専任2名体制でがんばってもらっています。

 今日は、めったにこんなことは無いのですが、事前に私からの宿題を出しておいて出来上がったものの試食会でした。

 担当のS君が「いやぁ、結構難しかったです」というのであまり期待していなかったのですが、予想外の仕上がりに嬉しくなりました。

 これなら、次の宿題もばっちり仕上げてくれそう! 期待してます!

01d1379d.JPG

 鹿児島出張のついでに、日本一の唐揚げのまち、大分県中津市に行ってきました。郊外も含め40店以上の唐揚げ店があるらしいです。

 その日、早朝というのに、取引先のT社長直々に送ってくださって、朝6:00の鹿児島中央駅発の新幹線に乗って、新八代、博多、小倉と乗り継いで中津に着いたのが10時前。

 早速レンタカー屋さんへ。「おすすめの唐揚げやさんは?」と聞いたら「村上がいちばんお勧めです!」と力を込めて言うので、ちょっと遠そうな「村上からあげ」から。

村上

 15分ほどで到着。注文してのんびり10分ほど待たされる。お母さんに「何年やっているのですか?」と聞いたら、40年ですって。さて、やっと出来上がり。朝食抜きでしたので待望の食べ物。これが一番お勧めの味か! 甘さがあってこれは美味い! 慌てて食べてこの時点で既に口の中がやけど状態に(笑)。

 この「村上からあげ」のある本耶馬渓町って観光地らしくていい雰囲気でしたが、ここは我慢して、さて次は市内に戻ろう。

泰平

 次ぎに寄ったのは「泰平からあげ店」。気さくなお母さんが作ってくれました。これも美味しい。さっきのとなんだか似ている味でした。これが中津の味なのでしょうね。

ふじや

 3店目は「ふじやからあげ大貞店」。玄関の壁一面に、この店が紹介された記事などが飾られていました。更に後味が良くって、サイズ小さめで食べやすい。

とよからあげ

 4店目は‥、レンタカーのラジオのスイッチを入れたら地元のコミュニティFM局が、今日開店のからあげ屋さんのことを盛んに放送していたので、中津東中学校を目印に行ってみたら、残念‥売り切れでした。

チキンハウス

 5店目は「チキンハウス」。国道沿いで、全国に発送もしている店です。すっかり中津のからあげは白いと思っていたら、こんがり茶色のから揚げでした。

もり山

 6店目は「もり山 万田店」。珍しく複数の若い女性の声が聞こえてくる厨房でした。「もり山」は草分けらしいですが、なかなかニンニクが強かったですね。

 ここで、胃の中がから揚げとお茶だけだということで心配になってきて、セブンイレブンでおにぎりを購入。しかしこれで急速に満腹感が‥。

ホットチキン

 7店目は失礼ながら通りがかりについでに寄った「ホットチキン」。弁当屋さんなので、から揚げだけでは380円とシンプルなメニューでした。しかしこれもしっかり中津の味してましたね。キャベツの千切りもついてましたよ。

大吉

 8店目は東京進出もしている「からあげ大吉本店」。これまたニンニクの味が強かったですね。

ぶんごや

 9店目は精肉屋がついでにやっているという「豊後畜産ぶんごや」。丸々として薄い衣が独特でした。もうお腹一杯だあーーー。

 さて、食べ残したから揚げを持ち帰るための容器として‥、駅前の100円ショップにて購入して持ち帰ったのですが、電車の中でも飛行機の中でも、甘いから揚げの香りを発散してしまいました。やっぱり完全密封の容器が必須ですね。

 夜9時に帰宅して風呂に入ってからも、讃岐うどんと、冷めたから揚げをたらふく食べました。いやー、美味い。大満足! そのおいしさの水準の高さにはやっぱり脱帽です。

 それにしても、私が出かけた時間帯はどこもそんなにお客さんがいなかったですね。夕方ビールのおつまみにと買い求めるお客さんが多いのでしょうね。そう思うと底知れない普及度だと思えました。

abdddc25.JPG

地元の岩手、青森で「ほっかほっか亭」のフランチャイザーとなっている、みちのくジャパンのO社長が先週お見えになりました。

菜彩鶏を利用頂いてもう10年にも成ります。

これが順調に定着して、通常のほっかほっか亭なら一番人気が「ノリ弁」辺りなのだそうですが、なんと地元では菜彩鶏を使った「唐揚げ弁当」がナンバーワンになったそうです。

社長曰く、「やっぱり輸入品なんかを使っている物とは違う。お客さんはよく分かっている。」

この始まりはといえば、みちのくジャパンさんの系列の輸入中古車店から当社会長が車を買ったことから‥。

結果的には、当社にとってはこれだけが唯一のトップによる営業開拓?

e6e3ed55.JPG

昨日に続いて、生産農場長の集まる地区大会を、盛岡市玉山区(石川啄木の生まれたところ)と、一関市川崎町の2カ所で開催し、私もそれぞれの地で10分話すために行ってきました。久しぶりのロングドライブで400km走破。

昼は盛岡市のコラゾンカンパニーの発祥の店「菜」に寄ってみました。実は初めてです。住宅街にあるんですよね。

菜のメニュー

お店に入り、ひとりカウンターに座り、メニュー受け取ると、どーんと「菜彩鶏」の文字が目に飛び込んできました。うわ〜、有り難い!

さて、唐揚げ定食にするか、コチュジャン焼きにするか、んー、結構悩んで、「盛岡冷麺の太麺」と「とり醤油ユッケ」を注文。

注文してから、工藤社長のケータイに電話をしたら、「今ちょうど向かってます」とのこと。ラッキー♪

こちそうさま、工藤社長!

ついつい話し込んで、料理が来て、すぐ食べ始めて‥、しまった!写真を撮るのを忘れてしまいました。

あっという間に美味しい冷麺と鶏ユッケが、お腹に収まりました。いや〜、冷麺が抜群にうまいのは小売りもしているので知っていましたが、このユッケは表示の通りで、食べ始めると止まらない(笑)。

工藤社長によると、塩味のほうが更に美味しいですよとのことでした。どちらもお勧めです!

5a615bd8

 東北ファミリーマートで「菜彩鶏五目ごはん」(当社営業から提供された写真)と、菜彩鶏チキンカツ唐揚げカレー」が発売になったと、11月下旬に営業担当からグループウエアの掲示板に情報提供がありました。

 しかし、本社のある二戸市周辺にはまだファミリーマートの進出はなく、一昨日やっと八戸に行く機会があったので、ファミリーマートに寄ってみました。

 どれどれ‥、あれ?‥、無い。限定販売だそうなので、もう売り切れちゃったんだろうな‥。夜遅いし‥。

 その代わり、ファミリーマートの上田準二社長の顔が印刷された、特別仕立ての弁当がいくつも並んでいました。

 ちなみに上田社長は、20年近く前に、取引先の伊藤忠系の会社の役員でしたので、ご指導いただいたことがあります。

 今やファミマの顔として大変な活躍されており、その会社に当社が弁当の材料を提供していると言うことは、非常に嬉しい出来事です。

 願わくば、ローソン、ミニストップ、サークルKがある我が町に来て欲しいですね。

↑このページのトップヘ