きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

タグ:ジュウモンジ

合宿

 社会人になって直ぐにゴルフクラブをセットで貰いましてから、25年経過しました。海外は除いて、プレー数が600ラウンドを超え、全部データをエクセルにとってあります。 

 シングルを目指して頑張って来ましたが、昨年近い線まで行きましたが駄目でした。才能が無いことを痛切に感じております。 

 25年間打ち方はかなり変えてきました。5年ほど前に立つ位置をかなり近くにしました。そしたら飛ぶようになりました。 

 3年ほど前にNHK教育テレビで「ゆるゆる打法」というのをやっていてそれにしたらまた良くなりました。 

 1年ちょっと前に調子を崩した時に、逆に八戸の先生から「左手は力を入れて」と言われ修正しました。更に先日宮崎でワンポイントレッスンしてもらったら「両手に力を入れて」と言われ、これまた意外と良くなりました。 なんなんでしょう(笑)。

 今日はマスターズの最終日ということで朝方テレビで見てましたけど、プロでも癖が結構あります。同じ目的のために、いろんな手段があるなということを改めて感じます。 

 ゴルフがなければお客様と仲良くなるのにもっとお酒を飲まなくてはいけなかったでしょう。また、適度な運動になるし、引退後も永く続けられる、ありがたいスポーツだと思います。 

 欧米ほどではないですが、プレー料金も下がりつつあるし、投資した分の価値は必ず戻ってくるスポーツだと思うので、社内のゴルフ人口がもっと増えてもらいたいと思っております。

(写真:3月24日合同合宿の時の私です)
 

IMG_3559

 数学が得意で、国語の点数がさっぱりだった私はすっかり理系の人間だと思ってましたが、中卒の父に法学部に行けと言われて素直に従ってしまって以来、どう考えても私は理系タイプではなかったことを思い知らされています。

 こんなに文章を書くのが好きだし、「宇宙はこうなっている」みたいなタイトルの本を読んでもさっぱり頭に入ってこないですからね。

 そして地震があってもだいぶ鈍感でいられたので、さっぱりその方面を学んだことがなかったので、罪滅しにNewton (ニュートン) 2011年 06月号 を買って新幹線の車中で読んでみました。うーん、やっぱり脳みそが疲れる。

 知識として学ぶページはもちろんたくさんあったけど、水谷仁編集長の巻頭の「緊急特集号によせて」の文章に大いに頷きました。

 テレビや新聞の報道で、いかに専門家という人たちが頼りにならないかという事を感じられた方もあるだろう。またこれらのメディアで報道される内容についても世界の報道とくらべると、むしろ外国の報道のほうがくわしく、正確な場合があることにも気づかれた人も多いにちがいない。これはある意味で、科学する力が、まだ日本人ひとりひとりの身となり肉となっていないことを示しているように私には思われる。

 おっしゃるとおりです。日本人は情緒的、感情的過ぎて、物理的、理論的に考えることが疎かになっていることをすごく感じます。欧米に行くと、本当にそう感じますよね。

 新聞はまだしも、テレビと、政治と、国民が相互にどんどん情緒的、感情的なほうばかり重視しているような気がします。これでは国際競争力は望めないのではないでしょうか。あー、今日も愚痴でした。

DSC02397

 巡り巡って、松崎しげるディナーショーのチケットが手に入り、今夜、二戸パークホテルに行ってきました。10年ほど前にお客様の周年パーティーのアトラクションで見たことがありましたが、その時は遠い席で、今回はステージから10メートルもない絶好の位置!

 何を隠そう、私、松崎しげるの2枚目のアルバム「私の歌・俺たちの朝」が大好きで中学時代、磨り減るくらいまで聴きました。このアルバムはすごくいいんですよ〜。

 代表曲「愛のメモリー」はもともと「愛の微笑」というタイトルだったのですが、その名前でこのアルバムに入っています。それから、カラオケで歌うと気持ちいい「私の歌」 。中村雅俊主演の「俺たちの旅」の後に勝野洋主演で人気だった「俺たちの朝」のテーマ曲。そのドラマのエンディングにかかる「どれだけ遠く」がまたものすごくいい曲なんですよ!!

 それ以外の曲は主に松崎しげる本人が作った曲なんですが、結構なにげに良かったりします。

DSC02396
 
 というわけで、このLPを持って行って、ホテルの人に預けてサインを頂戴しました。「なつかしいアルバム!有りがとう」と書いていただきました。嬉しい〜。これは大切にします!!

 ディナーショーは正味1時間15分といったところでしたが、汗をかいて熱唱する姿に満足。「愛のメモリー」も「私の歌」もそれから「セーリング・ラブ」も聞けましたが、「俺たちの朝」と「どれだけ遠く」(どちらも作詞作曲、小室等) が聞けなかったのが残念。前半は英語のスタンダード曲が多かったもんな。

 さすがディナーショーのプロ。MCでは笑わせてくれましたが、震災についてももちろん触れていました。二戸は被災したわけじゃないですが、困っている人もいることでしょう。61歳のエンターテイナーから笑顔と元気を頂けました!

IMG_3526

 1ヶ月以上遅れて今年の学卒新入社員に今朝、辞令交付しました。

 その後、さきほど一緒に昼食だったので、まず「この1ヶ月の間、何をしてましたか?」という質問に答えてもらいました。

 もちろん内定者研修の延長として会社から宿題が出されていたわけですが、それ以外は各人各様。茨城県の大学から来た学生は、被災した大学の手伝い。名取市が実家の学生は、物資が届かず苦労した話をしてくれました。宮古市が実家の学生も手伝いで忙しかったようです。

 そして、もうひとつの質問。チキン会社に入ったらしてはいけないことは何だと思いますか?

 ぞれぞれ悩みながら答えてくれました。「野鳥に近づかない」「化粧をして工場に入らない」「消毒するくらいだから、靴は綺麗にしておく」などなど。

 こちらもすべての答えはまとめ切れてないわけで、ちゃんとリストアップして教えてあげられるようでなくちゃね。

(写真:夜の歓迎会は二戸市内のエクセルガーデンカフェにて)

DSC_1065

 数日前、ツイッターで下記の書き込みをしました。

 放射能の基準も、花粉症の治療法も、海外のものをすぐ取り入れずに、日本独自にゼロから考えはじめるので、日本は混乱するし、何でも遅くなる。消費税率もサマータイムも、「流行りものなんだから取り入れてみようじゃないか」というある意味若い発想がないのが日本が停滞している理由の最たるもの。

 表現が下手だったかもしれませんが、いわゆる自分たちの「島国根性」は是正したほうが良いと思うのです。誰もが言いたい放題言って、収集が付けられないで不作為になっている状況が政治の場にもあるような気がします。

DSC_1067 

 「うちには、品川にソニーという研究所がある」という言葉を松下幸之助は吐いたと言われますが、20代の時にその言葉を聞いて、松下幸之助はなんていやらしい経営者なんだろうと感じたものです。しかし今は、この言葉はまさに「何事も学び」の姿勢から来る言葉なんだな、と思えます。

 往年の松下電器のように、日本という横綱相撲がとれる国は、そのライバルのやっている手法を学ぶべきだと思います。

 「市場にはお客様とライバルしかいない」と言います。国もそうでしょう。この地球には日本を買ってくれるお客様とライバルになる国しかいない。他国でやっている壮大な「実験」の結果をもっと参考にしていいと思います。

 今日本は停滞して、明治維新と同様に他国に学べる時代を迎えていると思うので、国会議員は全員1年の1/3くらいは海外に行っていて欲しいものです。選挙区と東京の往復だけなんて悲しすぎやしませんか。

 うーん、最近こういう愚痴が多いかな??

(写真:5月6日夕方、市内小原内科医院の裏の馬淵川沿いに咲く桜)

DSC_0780

 手元の愛機、ニコンD3100+16-85mmで早朝の馬淵川公園を散歩しました。

DSC_0785

 あれー、この辺り、こんなにきれいだったかな?

DSC_0808

 5月3日の今日、ソメイヨシノはちょうど満開でしょうか。今年は遅かったですね。

DSC_0821

 朝の逆光で得した気分。しかも早朝は誰もいない。まさに、早起きは三文の得。

DSC_0823

 夕食後の花粉症の薬のせいで眠くて早めに床につき、今朝は5時半頃に目が覚め、カーテンを開けたら快晴。いや〜、ラッキー。

DSC_0843

 性懲りも無く馬淵川公園に来たけど、何度も撮ってブログに載せているので、「私の腕がちょっとでも進歩した写真を見せたい!進歩のない私であったら悲しい!」と思いながら撮影したのですが、さてどんなものでしょう?

DSC_0866

 ところで、あちこちで桜まつりが中止になっていますね。

DSC_0897

 しかし、桜自身は環境が整えば、咲きます。

DSC_0900

 他の植物もまたしかり。

DSC_0944

 その生き物に与えられたDNAに従って、黙ってベストを尽くすのみ。

DSC_1039

 人も、その人のDNAにマッチした仕事を、ベストを尽くしてやっているとすれば、やっぱり美しい。

DSC_0918

 リーダーはそういう花を咲かせる「環境」だと思います。私も‥。

DSC_0952

 時には優しく、時には厳しく。両方あるから美しく咲く。

 政治家はこれまで国民に厳しさを示したことがないけど、このようなときには厳しさをお示しいただきたい、と思うのですけどね。

 女が強くなって、男が弱くなって、どうにも変な国になっているような気がするのは私だけでしょうか。

DSC_0775

 「ありあまるごちそう」という映画、震災の影響で東京渋谷のイメージフォーラムでの上映が中止となって見れないでいたので、ぜひ見ておきたいと思っておりましたが、4月29日にやっと仙台フォーラムで見ることが出来ました。

 私が見た食産業の裏側を描く映画としては、「いのちの食べかた」「キングコーン」「フード・インク」に次いで4本目です。食産業に従事しているひとだけでも結構なお客さんが集まるのかな。

 食品の安価かつ大量生産による、伝統的な食材の衰退。経済的強者に食品が行き渡り廃棄し、弱者は飢餓に苦しんでいる矛盾した世界。そして経済的競争の中で搾取される労働者。(ちなみにルーマニアの農民などは楽しそうにしていたが、それもこの映画は騙されているっぽい描写だった)

 そういったものに焦点を当てながらも、最後には食品企業として売上世界一であるネスレの社長が出てきて反論をして、それで終わってしまう。うーん、なんと潔い映画だ。しかもさすが売上高8兆円のネスレの社長。短時間で説得力がある!

 「人類にとって自然はついこないだまで怖い存在だった」の一言がすべてを語っているような気がします。今回の震災にも当てはまる人類に警鐘を鳴らす言葉ですね。

 昔はちょっとした自然の異変で、食べ物が得られなかった。それが今やシステマチックな農業や畜産と、貿易の発達で安定的な供給ができるようになってきた。これは素晴らしい進化だが、世の中には「自然は癒されるもの」だというイメージをお持ちの人達(この映画も)がいる、などとネスレの社長は語る。

 少なくとも今や先進国をはじめとする10億人やそこらの人たちは、数百年前の王侯貴族並のサービスと食べ物を享受しているわけで、素晴らしい文明の進歩だと思います。

 依然、飢餓で苦しんでいる国や地域があるわけですが、そういった人々までもが食べたいものを食べたい時に食べられるようにするため、この調子で人類は進化していく必要があると確信しました。1000年先になるかもしれませんが。

DSC_0721

 今回の震災の被害について、岩手県チキン協同組合として県庁に陳情に行ってまいりました。

 本社、処理場、2箇所の加工場が津波被害にあった(株)アマタケさんをはじめ、県内9社合計で90億円を越える被害ということで報告もさせていただきましたが、陳情項目の一部は既に進んでいると回答があり、ホッとして帰ってまいりました。

 関係する環境生活部、商工労働観光部、農林水産部を訪ねたわけですが、あるところで「鶏は2本足なのに、これまで殆どどこにも頼らずにやってきたんですもんね」みたいなことを言われました。

 一瞬、車好きな私はすっかり駆動方式のイメージが頭に浮かんでしまいました。

 牛は足の長い4WD車ということで、最低地上高の高いオフロード車でしょうか。豚は足の短い4WD車ということで、ミニバンの4WDかな。どちらもどっしりしている。

 鶏は後輪駆動のスポーツカーでしょうか。回頭性が高いというか、あまり深く考えずに突っ走って、方針変更はどんどんする(笑)。変化の激しい時代には、鶏が合っているかな。

 それと、畜産業界人はその畜種に似ると言うけど、上記で合っているような‥。

(写真:県庁隣、裁判所の石割桜)

DSC_0705

 26日は製造部の合宿研修を新安比温泉で開催。昼は72名、夜は75名の参加だったそうです。

 当社では、それぞれの工場の経理担当は本社の支援部傘下、受け渡しをする販売課のスタッフは本社の営業部の傘下、品質管理担当は本社の品質統轄部の傘下に入っておりますので、製造部はより純粋に良いものを効率良く作るという部分に特化した組織となっていると言えると思います。

 今回はもう5年間指導していただいている、食品業界のカイゼン活動の第一人者、小杉直輝先生の正味3時間半の講演をフィーチャー。先生から指導いただいていない社員にも学んでいただく時間となりました。

 夜の懇親会にも先生は参加。先生のところにも次々に若いのがお酒を注ぎにきて、「社長、こんなに若い人達がいるなんて思わなかったですよ!」と言われてしまいました。

 「現場のことがある程度わかった中堅クラス以上に先生に指導いただいておりますので」と答えましたが、若い脳味噌の柔軟な世代がカイゼンの力を付けたら確かに楽しみだわ。

 工場の稼働が日々成されている中で、先生の薫陶を全員が受けることは不可能ですが、カイゼンのエッセンスはまだまだ広げる余地あり!

DSC_0697

 例年通り、本社では朝礼の後、鶏霊祭を行いました。終わってからの私のスピーチは、「慰霊の言葉」から脱線しましたが、要旨をそのまま載せますね

 この震災で、当社では160万羽の鶏が餓死し、180万羽のひよこが生まれてまもなくエサがないということで処分されました。こんなことで業界随一の羽数になってしまったこと、大変無念です。

 340万羽、つまり年間の7%がこうして肉になること無く天に召され、痩せ細った鶏の分まで合わせるとちょうど1ヶ月分の売上が無くなることになります。

 ところで、岩手県の沿岸の方々は、津波は生きて行く上でどうにも避けられないものとして認識してその準備をしていたでしょうが、我々はどうだったでしょうか。山だから津波は全然問題ないと思っていたのではないでしょうか。

 しかし、結果的に飼料工場の被災で致命的なことになってしまいました。みなさん、震災後にそれぞれの持ち場で頑張っていただきましたが、こうした天災への備えが欠如していたことを、私を含め大いに反省しなければならないと思います。

 想定される事態を前もって想像し、シミュレーションして共有化しておくことで、将来教訓として生かされるようにしたいものです。

IMG_1508

 地元の書店で「PHPほんとうの時代life+」の2011年5月号を買いました。この雑誌は初めてです。特集は「断捨離ですっきり暮らす」というもので、断捨離の提唱者、やましたひでこ氏のご自宅が見られるというので。

 うーん、さすが本で書いているとおりに実践していらっしゃる。さすがです。一番驚いたのは、本も本当に20〜30冊だけ残しているんですね。すごい。

 しかし、この雑誌の別のページには、作家の渡辺昇一さんの書斎も紹介されていて、逆に若い頃に本を処分して非常に後悔しているという事が書かれてあって、本が増えたので70代になってから新築したそうです。そう全く逆(笑)。

 本に関して言えば、私も渡辺昇一さんの考え方に近いのですが、それにしても最近家の本棚がごちゃごちゃになっているので、今日はちょっとだけ間引いて、本棚が綺麗に見えるようにしました。

 本棚から外したものの半分は会社の図書室の本棚に持って行きます。そして半分は捨てます。

 捨てる本が面白いですので、ちょっと紹介します。

 「LD大全集」 発売されているレーザーディスクすべてを網羅したガイドブック。今のネット配信からすると、BD、DVDの前だから3世代前ですか!

 「TVスター名鑑2000年」 なぜか手元に2010年版もあります。もうネット検索で十分な時代ですけどね。

 「ガンに効く驚異のプロポリス」 最近聞かなくなったし、あまりブラジルに行かなくなったし。

 「複雑系とは何か」 これは結局難解で断念したのでした。

 「UBUDAS 自民党一年生議員 83会 代議士名鑑」 小泉チルドレンの紹介ですね。続編見てみたいものです。買いませんけどね(笑)。

 私は新しい本をどんどん買うので、読み返すことはめったにないのですが、残っている本は何だかんだ言って面白いです。なるべく買わずに読み返そう。そして、息子にも少しずつ渡してみようと思います。

(写真:20歳前後に買った本たち)

DSC_0589

 今朝は、あのやまけん(本名:山本謙治)さんが、被災状況を話して欲しいというので、当社のK専務とS常務と私で対応。

 彼は農産物流通ジャーナリストとして、ブロイラーの流通に関しても知識はお持ちなので、いきおい裏話的な話が多くなってしまいました。ここでは書けません(笑)。

 さて、「日本の「食」は安すぎる」という彼の本のタイトルの世界の話になってきて思ったこと。

 それは消費税の5%っていう数字自体が、日本のいまの風潮、つまり「安物志向」を助長しているのではないかと。いま5%国に取られると、5%損した気分になっている。「割引」の延長なのだ。

 これが他の先進国並に20%とか30%になれば、否応なく自分本来のお金から出費という意識を持たざるを得ず、使途とかが気になるし、社会に参加している気分が出てくると思う。

 5%自体が、政治の世界とは自分とは関わりのない世界で、愚痴ってお終いになっている根源ではないか。

 まあ、今すぐ20%にせよとは言わないが、今の政治と国民と空回り現象は「5%」が諸悪の根源のような気がしてならない。

DSC01760

 今日は本社が休みですが、工場は最後の稼働日ということで3工場を巡回しました。昨晩は盛岡のホテルに泊まったので、県央工場(八幡平市)→県北工場(軽米町)→二戸工場の順です。

 一面雪景色の中、晴れた空のもと、除雪された高速道路を走るのは気持ちいいものです。しかし一般道の日陰はかなり危険な状態で、気を遣いながら走りました。

 12月30日は恒例により稼働は1時頃の終了になっていまして、急いで3工場を回ったのですが、最後に二戸工場のF工場長から「仕事終わったら解体室でスピーチしませんか?」と不意を突かれ下記のスピーチをしました。

DSC01764

 「皆さんお疲れ様です。私は二戸市議会選挙に立候補した十文字保雄です。◯◯先生に負けないよう頑張りますのでよろしくお願いします!

 ‥なんて冗談ですが、それにしても今年は猛暑で稼働日が減ったり、鶏の体重が3.5キロになったり、ご迷惑をおかけしました。

 しかし皆さんが頑張ったせいか、ボーナスはなんとか満足いただける位になったかと思います。社長としてもホッとしております。

 さて、少ないですが年末年始の休みは、若い人は楽しんでいただき、そうでない人はゆっくり休んでください。また、ストレスが溜まった方は、嫁いびりをして、1月4日には元気な顔で出勤をお願いします。

 みなさん1年間本当にごくろうさまでした。良い年を!」

DSC01758

 ボーナスの報告などは社長がやらないほうが良いと周囲に諭されて以来、新年会以外、直接現場の皆さんにスピーチすることはずっと無かったのですが、久しぶりに話して緊張した!

(写真:上の2枚は二戸工場、下は県央工場で)

アムステルダムの十文字 World Poultryという英文の業界誌の2007年23号の記事を翻訳したものが、国内の業界誌である「鶏の研究」に掲載されておりまして、そのタイトルが「集約型生産体制のほうが地球温暖化に影響を与えない」というものでした。

 ‥集約型生産と比較した場合、オーガニックや放し飼い飼育のほうが地球温暖化に対する環境負荷が高いという事実だ。それに加えて養鶏は他の畜種に比べても環境負荷が小さいことがわかった。

 業界のことがある程度わかれば、そんなことは常識の範囲だと言えるのでしょうが、一般人にとっては意外なこととして受け止められるのではないでしょうか。

 1キロの肉を作るのに、一般的には牛が13キロ、豚が7キロ、鶏が4キロの飼料が必要と言われているので、畜種間の違いは明確なのですが、同じ鶏でも放し飼い飼育だったら動きが活発になるので、おそらく5キロ必要とかいうことになるのでしょう。地鶏であればもっと必要です。

 ちなみに当社のように、抗生物質を与えない飼育では、飼料を仮に5%余計に必要ということだとすれば、4.2キロということになります。

 健康と地球温暖化の最良の妥協点として、当社はいい線を行っていると思うのですがいかがでしょうか?

 ちなみに、最近、牛肉が苦戦しているようです。物価が高くなり、一番高い肉がさらに高くなれば、やっぱり消費者離れが進みます。

 将来、牛肉がいまよりもっと貴重品になるかもしれないと思うと、出張では牛肉弁当に手が伸びるこの頃です。

(写真:アムステルダムの十文字??)

13c88595

 なんと驚くべき現象なのでしょう!

 ここのところ週刊アスキーの「旅三昧」のページが、4回連続でずーっと二戸の特集をしていました。

 農産物流通コンサルタントの山本謙二氏が受け持つコーナーのようですが、二戸フリークぶりはすさまじく、今週発売の10/9号の末尾には、二戸駅圏内に3万円程度の部屋を借りたいと漏らしているようなのです。

 灯台もと暗しで、地元のことを卑下して見てしまいがちです。食べ物に関しては結構おもしろいものが多いのではと思ってはいたのですが、山本氏が指摘して初めて「やっぱり、けっこう、二戸の食って、すごいかも!」と思えてきます。

 地元の焼き鳥の名店「大吉」さんの紹介を通じて当社の菜彩鶏の紹介もされておりました。

 私が3万円の部屋を探してあげなきゃ! 

93cdd66a

 厳しい基準で業界内では有名だという、あるファーストフードチェーンの品質管理の担当の方が見えられて、昨日検査して合格を頂いたというニュースが入ってきました。

 その会社では2つの分野の基準があって、前回はオペレーションについて、昨日は商品についてということでしたが、どちらも一発合格!

 一発で合格したのは、当社が初めてですとお褒めの言葉を頂きました。

だからといって現時点でその会社と取引している先輩方を凌駕しているということはならないので油断禁物ですが、まずは嬉しいことです。

 また、今日の幹部を集めた会議は前年度の総括だったのですが、現場の検査に来るお客様に概ね好評を頂いたということで、前品質管理担当者は鼻高々でした。

 業界内の水準も高くなってきたようですし、これからも負けないぞ!

(写真:金田一温泉駅近くで3月に撮影)

0a8325b9

 昨夜、1泊2日の出張から帰ってきました。お客様など業界関係の都内の企業を歩いたわけですが、やっぱり話題はどこでも今回の茨城県の鳥インフルエンザから入りました。

 しかも昨日は、周囲の5農場に、過去に感染していたという抗体反応があったということで、どうなっていくのか心配する声も聞かれました。

 しかし、流通の皆様の一番の心配は、もちろん消費のマイナスがどれくらいになるかということです。ある近くの人が「鶏肉も卵も食べない」と断言してガッカリしたとかいう話も聞かれました。

 ただ、28日都内は猛暑だったこともあり、消費云々のデータはまだ掌握できていなかった?

 さて、28日の岩手農協チキンフーズ蠅涼訖は寿司でした。上京して夜はVIPと銘柄鶏肉の懐石料理。29日朝はホテルの部屋でコンビニのおにぎり1個+ヨーグルト+みそ汁。昼は寿司をご馳走になりました。そして夜「どこ行きましょう?寿司でどうですか?」と言われ、思わず「寿司はご勘弁を‥」結局、海鮮居酒屋へ。

  夏は寿司や水産関係が人気なのでしょうかね。熱い焼き鳥はお呼びじゃないイメージなのでしょうか?韓国のように夏バテ防止のための熱〜い薬膳料理「参鶏湯」のようなものを日本の夏に定着させたいところですね。

(写真は本社の中庭) 

↑このページのトップヘ