きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

タグ:から上げ

IMG_1012

 いま、宮城県多賀城市に来ているのですが、途中、一関市室根町にある同業者、(株)オヤマさんに寄って、敷地内にある「からあげ家」で「室根からあげ」と「室根コロッケ」と「クリスピーチキン」をご馳走になってきました。

 工場のすぐそばということで、もちろん素材の鮮度は抜群。以前に唐揚げやコロッケを小山社長の奥様が店売りしていたそうで、その当時の味を再現した懐かしい味に仕上がっておりました。

 国道沿いにあって、ご覧のとおりなかなか目立つ建物になっていることもあって、結構繁盛しているようでした。それに、100円自販機が2台設置してあって、なかなか気が利くなあ。

 「ズームイン!!SUPER」で先日、唐揚げブームを報じておりましたけど、産地としての取り組みは興味深いですね。

01d1379d.JPG

 鹿児島出張のついでに、日本一の唐揚げのまち、大分県中津市に行ってきました。郊外も含め40店以上の唐揚げ店があるらしいです。

 その日、早朝というのに、取引先のT社長直々に送ってくださって、朝6:00の鹿児島中央駅発の新幹線に乗って、新八代、博多、小倉と乗り継いで中津に着いたのが10時前。

 早速レンタカー屋さんへ。「おすすめの唐揚げやさんは?」と聞いたら「村上がいちばんお勧めです!」と力を込めて言うので、ちょっと遠そうな「村上からあげ」から。

村上

 15分ほどで到着。注文してのんびり10分ほど待たされる。お母さんに「何年やっているのですか?」と聞いたら、40年ですって。さて、やっと出来上がり。朝食抜きでしたので待望の食べ物。これが一番お勧めの味か! 甘さがあってこれは美味い! 慌てて食べてこの時点で既に口の中がやけど状態に(笑)。

 この「村上からあげ」のある本耶馬渓町って観光地らしくていい雰囲気でしたが、ここは我慢して、さて次は市内に戻ろう。

泰平

 次ぎに寄ったのは「泰平からあげ店」。気さくなお母さんが作ってくれました。これも美味しい。さっきのとなんだか似ている味でした。これが中津の味なのでしょうね。

ふじや

 3店目は「ふじやからあげ大貞店」。玄関の壁一面に、この店が紹介された記事などが飾られていました。更に後味が良くって、サイズ小さめで食べやすい。

とよからあげ

 4店目は‥、レンタカーのラジオのスイッチを入れたら地元のコミュニティFM局が、今日開店のからあげ屋さんのことを盛んに放送していたので、中津東中学校を目印に行ってみたら、残念‥売り切れでした。

チキンハウス

 5店目は「チキンハウス」。国道沿いで、全国に発送もしている店です。すっかり中津のからあげは白いと思っていたら、こんがり茶色のから揚げでした。

もり山

 6店目は「もり山 万田店」。珍しく複数の若い女性の声が聞こえてくる厨房でした。「もり山」は草分けらしいですが、なかなかニンニクが強かったですね。

 ここで、胃の中がから揚げとお茶だけだということで心配になってきて、セブンイレブンでおにぎりを購入。しかしこれで急速に満腹感が‥。

ホットチキン

 7店目は失礼ながら通りがかりについでに寄った「ホットチキン」。弁当屋さんなので、から揚げだけでは380円とシンプルなメニューでした。しかしこれもしっかり中津の味してましたね。キャベツの千切りもついてましたよ。

大吉

 8店目は東京進出もしている「からあげ大吉本店」。これまたニンニクの味が強かったですね。

ぶんごや

 9店目は精肉屋がついでにやっているという「豊後畜産ぶんごや」。丸々として薄い衣が独特でした。もうお腹一杯だあーーー。

 さて、食べ残したから揚げを持ち帰るための容器として‥、駅前の100円ショップにて購入して持ち帰ったのですが、電車の中でも飛行機の中でも、甘いから揚げの香りを発散してしまいました。やっぱり完全密封の容器が必須ですね。

 夜9時に帰宅して風呂に入ってからも、讃岐うどんと、冷めたから揚げをたらふく食べました。いやー、美味い。大満足! そのおいしさの水準の高さにはやっぱり脱帽です。

 それにしても、私が出かけた時間帯はどこもそんなにお客さんがいなかったですね。夕方ビールのおつまみにと買い求めるお客さんが多いのでしょうね。そう思うと底知れない普及度だと思えました。

人生の唐揚げ

 たまたまリンクで見つけた「日本唐揚協会」のホームページ。

 8月に出来たばかりのホームページのようで、母体が何なのかよく分からないのですが、「ニッポンの唐揚げが世界を変える」の志よし! 業界を振興して頂ける有り難い存在と認識したいですね。

 「世界一長い焼き鳥」のサポートをして盛り上げている、先輩格の全国やきとり連絡協議会に負けないよう頑張って欲しいものです。

 さて、コンテンツにカラアゲニスト検定試験(唐検)がありまして、業界人として好成績を上げなければと肩に力が入りながら、検索を駆使して(笑)、答えてみました。

 待つこと5日間。合格の通知と正解のメールが届きました。一つだけ間違えました。ホッ。

 ところで、最近、地元周辺の個人店の唐揚げを食べる機会がぽつぽつあったのですが、昭和の時代の飾らない唐揚げもいいですよね。

から揚げ人生

 写真の「唐揚げ人生」(三沢市内)のアツアツの唐揚げは、テイクアウトしたのですが、なかなか冷めないので食べずにいたら、車の中が唐揚げの臭いになってしまい、数日抜けませんでした。さすが人生がかかった唐揚げだわ!

(写真:三沢市内の「唐揚げ人生」さんの唐揚げと店舗)

72cfbc80.JPG

 昨日は東京日帰りの旅でした。

 帰りの弁当を大丸の地下で調達しようと思ったけど、時間が無くて、メインはいつもの「釜めし弁当」にしたのですが、おっと、そう言えば‥。

 東京駅のおにぎり専門店「ほんのり屋」に寄ってみました。

 というのも、盛岡の造り酒屋「あさ開」の村井社長に、「東京駅八重洲口のほんのり屋っていうのがあって、ここに十文字のとり肉を使った唐揚げがあって、これがまた美味いんだよな!知ってた?」と言われていたのですが、おにぎりをあまり買わない私としてはまだ寄ったことがなかったのでした。

 おー、確かに「十文字鶏唐揚げ」とか書いてあります。

 「唐揚げと鳥めし1個ずつ!」(笑)

 車中で食べた唐揚げは醤油味が効いて、当然ながら美味しかったのですが、鳥めしのおにぎりがこれまた旨かった!(原料の鶏肉はどちらのか分かりませんが‥)

 いや〜、この1品だけでも、「おにぎりだけでこんなに美味しくできるんだ」と驚きましたね。一つのことを深く追求することの凄さ、ってところでしょうか。

 写真をこうしてみると、「うにいくら」も頼めば良かったなぁ。

 今週は盛岡と東京で、ちょっとした縁のある3つのお店に寄りました。

ほかほか弁当中央通店

 まずは、盛岡市内の「ほかほか弁当中央通店」。盛岡市内の一等地にあり、高校の同級生がやっているお店で、当社商品を素材に「ソース唐揚げ弁当」というメニューがあり、なぜか昔の名前で「十文字ブロイラーから仕入れています」などと表示しております。卒業アルバムにそう書いてあったのかな?

アヤノズバー

 それから、東京南青山のAyano's Bar。盛岡でコンサートが有れば、ミュージシャン連中が必ず寄ると言われる盛岡市菜園のAyano's Barの看板マスターが、東京で開いたという店。Mixiで連絡をくれたのが半年前でしょうか。久しぶりに顔が見たくて、ちょっと場違いだったかも知れませんが、お客様のO社長とK専務を案内してしまいました。アヤノ、ユウタ、ダイと子供たちの名前を店の名前にしていたので、彼らの消息を聞いて帰りました。

東十条ヒマワリ

 この直後に、お腹が空いたので、この夜泊まるホテルのある赤羽の隣の駅の東十条のラーメン店「ヒマワリ」へ。この懐かしさをテーマにした店は、当社のN常務の次男の経営する店です。でもこの日は休みで会えませんでした。味噌ラーメンが630円といまどきリーズナブルで期待以上の手応え。ライスもサービスと言うことで、インテリアもあってか、温かい気持ちになってホテルに戻りました。

b6a0f4c5 

 岡山県に生まれて初めて来ました。ちょっと早めに着いたものですから、市内散策で汗をかいた後、2:20より雛関係の業界の会合に出席しました。

 夕方には「鶏肉に関するマーケティング」と題した、流通関係のコンサルの方の講演がありました。チキン業界を外から見た話で、非常に参考になりました。

 鶏の唐揚げの市場規模は、2001年の1500億円から、2005年は1750億円に。ヤキトリは950億円から、1020億円に伸びているとのことです。

 驚いたのは、鶏肉の安全・安心をい印象づける情報は「産地名」が73.8%で圧倒的なトップ。飼料が案外振るわなくて、46.2%の3位とは、ちょっとガッカリしました。

 原産地表示の義務化はもちろん進歩なのですが、よく考えると都道府県や国のイメージというか、ブランドに左右されているのですね。

84961198

 昨日から今日に掛けて東京へ1泊の出張でした。昼食、夕食、朝食と気が付いたらやっぱりチキンの連続!

 昼食は、業界の会合の始まる前、短時間で一人で。「鳥○」という比較的新しい上場企業のチェーンの店があったので、入ってみました。ここの社長さんには、仕事とは直接関係の無い縁で紹介され、お会いしたことがあるのですが、同世代とはいえ大変素敵な方です。

 唐揚げを親子丼にするという手の込んだ昼食メニューをいただきました。美味しかったです。ただ、昼はついでにやっているとはいえ、カウンターが暗くて一人で待ち時間雑誌も読めず、カウンターで待つ人たちが一斉に携帯で通信をしている様には苦笑い。

  夕食は、業界の会合の後と言うこともあって、同業者の社長さんたちと、私がネットで探した個室がある「鳥○○」という店へ。学生街の店で、最新のメニューというか、創作料理風なのが、年配の社長さんたちには新鮮なようでした。

 そして今朝の朝食。繁華街をぶらぶら歩いて結局、ケンタッキーフライドチキンに入りました。ツイスター、コールスロー、カーネルウイング、オレンジドリンクを注文。そういえば初めてコールスローを食べた時を思い出しました。

 「こんな料理を誰が考えたんだろう!これは凄い!野菜嫌いでもこれなら絶対食べられる」と当時思ったのでした。KFCのオリジナルチキンも初めて食べたときは感動しましたが、コールスローも凄いと思っております。

↑このページのトップヘ