きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

カテゴリ:  ゴルフ

IMG_20210825_135328

 水曜日の今日は会社が休み。昼過ぎに地元の練習場に久しぶりに行ってみました。

 練習しなくてもストレッチしていればゴルフのスコアは維持できると豪語してましたが、今年は当てはまらないみたい(笑)。

 脊柱菅狭窄症の状態もそんなに悪くないので、練習を再開してなんとか修正しておきたいところ。ここへきて劣化が始まったと自分で認めたくないですからね。

 さて、58歳にしてどういう劣化を感じているんだろう?と自分に問いかけると、記憶力は落ちた気がしないし、忘れものは時々あるけどそんなにひどくなった気はしない。

 このブログの誤字脱字の指摘を社員から頂くことは増えたし、加えて日本語入力でひらがなが前後逆になっていたりで時々苦笑いしてますが。

 体は正直で、負荷をかけると筋肉痛になりやすくはなりました。それでもいざという時走れたりできないのは嫌なので水泳してますし、ダンベルは週2回やって、時々接骨院に通っています(笑)。

 車の運転は自分比でだいぶ慎重にはなったつもりですが、判断力は落ちたかな。今のスバル・レヴォーグが結構補ってくれるので助かっているのでしょうけど。

 今後ますますクルマの頭脳に頼ることになりそうなので、自動車メーカーさんの私の加齢に同時並行での進化を期待しています。

無題

 今年も半分が過ぎました。コロナ禍で都道府県をまたぐことが敬遠される中で、ゴルフ場は逆に賑わっている状況と聞きます。

 私はなるべく他人との接触を控えるためにも、薄暮を中心にスループレイがほとんどで、ゴルフ場のお風呂とは無縁ですぐ帰っています。

 さて、せっかく毎回プレーが終わるとせっせとパソコンの画面からホールごとのスコア、パット数、第1打のフェアウエイか左右か、各トラブルの有無をGDOのサイトに登録していますので、改めて分析機能で振り返ってみました。比較対象に、このサイトの登録者のうちハンディ10台の方々を選べたので、今回はそれがとても興味深いです。

 アベレージスコアは92.7とこの時期にしては2〜3点良くないです。パター数は確か以前は34周辺だったのが35にまでなっています。心当たりはロングパットを中心にまっすぐ打てなくなっていること。

 ドライバーは好調です。けっこうまっすぐ行きます。ドローヒッターでしたが、ドライバーに限ってはまっすぐ行くようになり、その結果右にフェアウエイを外すほうが多くなっているんですね。フェアウエイキープ率が抜群に良くなっているのは、万振りしてないからというのと、地元のゴルフ場はフェアウエイが広いからでしょうか。

 パーオンが少ないのは、バックティーからのプレイが多いからでしょうか。それとアイアンの引掛けが依然多いからですね。

 当日スタート前を含め練習量はほぼ皆無に近いこの頃ですが、浮かび上がってきた課題はアイアンとパターかな。でもアイアンは良い兆候が見えてるので、残りはパターです。

P1040318

 今年は南下できないので初ゴルフは3月に入ってからでしたが、接待業務がないので例年の回数に追い付いてきて、24ラウンドとなりました。

 その24ラウンドのうち17ラウンドが薄暮。3月はまだ日が短いのでゴルフ場の薄暮の営業がほぼ無いのですが、4月になると午前中はまだ寒いので薄暮のほうが圧倒的に快適。5・6月は更に日が長くなって薄暮が快適。これから暑くなると朝からスルーでやりたくなりますけどね。

 さらに午前中スタートの7回のうち、朝イチ、スルーで回るのが3回ありましたから、スルーで回らないのは4回だけです。ここは北海道か沖縄か‥。

 薄暮だと午前中仕事できるし、朝イチスルーで回れれば14〜15時には会社に戻れるので、週2回のゴルフで生活のリズムがちょうどいい感じ。

 週1の水泳を含め58歳の体にはややハードなサイクルですが、夜の会食とか遠距離の出張がないのでそんなに崩さずにできていますね。

 だったらスコアも良くなりそうなものですが、今年はアベレージ93点台で赤信号。なんとか90点台まで落としたいところ。

(写真:家の庭のギボウシ)

P1030762

 私にとってゴルフはリフレッシュの手段であって、回数はやるけど、それに頭を使ったり時間をかけたりは極力回避したいし、どこでやろうがゴルフは一緒と公言してきました。

 たださすがにグリーンやフェアウエイは願わくばきれいに整備されていてほしいし、この頃は砂のほぼ無いバンカーで想定外に叩いたり、食事が寂しかったりでちょっと愚痴をこぼしたくなる程度です。ただリーズナブルな価格でプレーできるんだから文句言えないよな‥。そういうレベルです。

 よって定期購読で届いたChoice (チョイス) 2021年5月号は「日本のベスト100コース発表です!」ということであまり関心のない特集のはずでした。

 しかし、過去34年、1130ラウンドをしたデータを元に、100コースに名前を連ねた自分の行ったコースを思い出したり、コース設計や評価の記事を読んでみると結構面白い。こういう角度でもゴルフを楽しめるんですね。

 初めてゴルフコースに出たとき、「地元にこんな洗練された美しい公園みたいな場所があるんだ!」と驚いた初心に還ると、庭園だったり建築物を訪れたときと同じようにゴルフ場も楽しめるものであると言えますね。

 さて、私がプレーしたことがあるベスト100コースをピックアップしてみましょう。

 川奈ホテルゴルフコース(富士) Top10

 札幌ゴルフ倶楽部(輪厚)
 桂ゴルフ倶楽部
 夏泊ゴルフリンクス
 大洗ゴルフ倶楽部
 太平洋クラブ御殿場コース
 片山津ゴルフ倶楽部(白山) 以上がSecond20

 ボナリ高原ゴルフクラブ
 ホウライカントリー倶楽部
 紫カントリークラブ
 袖ヶ浦カンツリークラブ(袖ヶ浦)
 横浜カントリークラブ(西)
 戸塚カントリー倶楽部(西)
 東広野ゴルフ倶楽部
 パサージュ琴海ゴルフクラブ
 フェニックスカントリークラブ 以上がThird30

 ニドムクラシックコース
 ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
 メイプルカントリークラブ
 茨城ゴルフ倶楽部
 総武カントリークラブ(総武)
 東松山カントリークラブ 以上がFourth40

 というわけで100のうち22だけでした。愛好家にはこれを制覇する方もいらっしゃるでしょうね。世界遺産じゃないですが、それはそれで楽しいかもしれません。

 ところで、この私のラウンドの記録には、どういう相手、会社さんと回ったかなども書かれています。見てると懐かしい思い出が蘇ります。連れて行っていただいた方々に感謝です。

IMG_20201220_102144

 今年の12月は雪が降って寒い日が続いてます。雪が全然溶けないし、コロナ禍で移動もできないので、年末までのラウンドはほぼ諦めました。というわけで今年を振り返ります。

 回数はというと、コロナ禍で春に一時的にお休みしましたが、トータルで51ラウンドしました。ここ数年では2割少ないくらいです。

 仕事でのプレーが減った分、地元の仲間とのプレーが多かったです。仲間とやるときはバックティーからが多くて、数えたら23ラウンドもやってました。

 そのほとんどが薄暮プレーで、一人でやったのも7ラウンドありました。一人で薄暮だと2時間半から3時間で済むので、午前仕事して午後お休みで最高に効率がいい(笑)。

 過去のデータを見てますと、自己ベストでは、アベレージ89.0だったのが2年あったのですが、バックティーの比率が高い今年のアベレージ90.1はそれに匹敵する位かもしれません。

 なぜ好調だったかというと、宴会がほぼ無くなって体調を整えやすかったということと、スイング時の脱力ができるようになったのが良かったような。飛ばなくはなりましたが、ダンベルや水泳とかはやってるので、もう年だし気にしてません。

 でも最後の先週寒い日にワーストの99点叩いたのが痛かった。これがなければ90点切ったのに‥。

 ほぼ練習場にも行かず、ゴルフ雑誌を読むこともなく、クラブ情報を仕入れることもなく、ただひたすらゴルフ場に行ってベストを尽くすだけですが、最後の99点が痛くて、久しぶりに練習場に行ったり、雑誌を読んで情報を集め始めました。

 愛用のゴルフクラブ、もう15年選手だし、やっぱり本気で一新しようかな。また、メンタルだけでもなんとか0.5点くらい縮められないものか。

 とか思いながら振り返ると、平日の薄暮でテンポの良いゴルフに慣れているので、詰まったときが逆にメンタル崩壊してしまう例が多い気が‥。

 ジジイらしい気長さを持ち合わせることが、スコアアップの鍵なのでしょうね。

IMG_20200131_103218-800x600

 先週に続いて、宮古カントリークラブに行ってきました。

 友人2人とやるつもりでしたが、八戸で開催されている国体アイスホッケーで長男の岩手県チームがまさかの1回戦敗退。我が家の滞在になり暇そうにしてたので連れて行きました。

 ちょうど10年ぶりじゃない
かな。当日少し練習しただけで回らせましたが、結果は68+65=133でした。ドライバーが左右に行ってましたし、バンカーで相当苦戦してましたね。

 ちなみに長男は大学四年生。卒業の目処はたっているようですが、就職せずに海外の大学院?に行くようです。

 しかし、始業時期が秋なのでどうするんだか。ま、ご自由に。

IMG_20200123_100049

 1月23日木曜日、本州最東端のゴルフ場、宮古カントリークラブで初打ちをしてきました。1年で最も寒い時期に、クルマで2時間ちょっとのところでゴルフができるなんて最高ですね。

 この日は気温が宮古市のデータで8.1℃まで上がり、風もほとんどなくて、お誘いした納入業者さんたちに感謝の言葉をいただきました。

 しかも1ヶ月半もやってなかったのに、予想外にいいスコアが出て大満足。腰のために整形外科から指導されているストレッチをやってることが効果あったような気がします。

 昨年のラウンド数は57回。アベレージで89.1点と88台を逃して残念。この面での頭脳の進歩は無かったですね。

 どこでやりたいとかとか、道具を替えたいとかいう欲は相変わらず皆無。腰の具合もあるので練習はほどほどにして、健康維持のために歩くのと太陽を浴びる手段としてゴルフをやっていければいいかなと思っております。

IMG_20191004_081736-800x600

 いつか一度はこれでやってみたいなと思ってはいましたが、図らずとも今日できました。

 というのも、ボクスターで先日ゴルフに行ったのですが、トランクに納めるために、ドライバー、スプーン、クリークと3本のウッドを外してたんですよね。

 それをそのままにして、昨晩暗いガレージで積み込んでしまったみたい。

 でも、めったに使わない3番アイアンを駆使して、そこそこ悪くなかったです。スコアは49+39=88とトータルではいつものスコア。

 ドライバーの安定度は私の武器でしたが、今日ドローが強めでもやっぱり3番アイアンのほうが安定してたかな。

 ゴルフクラブは3セット持ってるんですが、1セットはボクスター専用にして、ウッド類無しにして何度かやってみようかな。

 正直なところ、こっちのほうがアイアンばかり打ってるので、徐々に慣れていいスコアが出る印象強いので、検証してみたい気になってます。
 

IMG_20190827_120244_1_BURST001_COVER-800x600

 本日の八戸カントリークラブでのゴルフは某神戸の飼料会社さんとでした。

 2年ぶりのラウンドになるというのに、N専務が「フォーム、変わりました?」と鋭いこと言うじゃないですか。

 一年ほど前に、引っかけで悩んでるときに、生涯ベストのときを思い出して、切り返しのときちょっと待って、クラブが自重で降りてきてから、力を加えるように意識してます。

 それができたときは、まっすぐ飛んでくれるような。クラブの角度を信用して、クラブに主役をしてもらうイメージで。

 などと、偉そうなことを書きましたが、今日は4オーバー2回で93点と残念な日になりました。

 ドライバー調子良いと、いいスコアがでない。気の緩みでしょうね。

IMG_20190801_161432

 八戸市内の整形外科に行ってきました。

 7年前にも診てもらったのですが、その時は軽度の椎間板ヘルニアということで、以降ストレッチやヨガに励んで、それはそんなに進行してなかったのですが、他にも問題出てきたので。

 X線とMRI検査をしたら、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症の他にも病名あれこれ言われました。坐骨神経痛、脊柱菅狭窄症、そして黄色靱帯骨化症。左の背中のコリコリしたものはこれだったのね。

 黄色靱帯骨化症は故星野仙一さんも楽天の監督時代になったそうです。調べたら、星野さんは椎間板ヘルニアとセットだったようで、ちょうど私と同じかな。ほぼ2ヶ月間監督を休んで手術してリハビリして、その年には監督を退任したとか。

 私のは軽度だそうで、手術のレベルではなく、リハビリで通院することになりました。これまで接骨院に通ってほぐしてもらうのは的外れだったかな。それにしても、原因がはっきりしてスッキリしました。早く行ってればよかった。

 ちなみに、ゴルフはやはりこれらの病には良くないそうです。ラウンド回数を減らして、練習も最小限にしようかな‥。

IMG_20190620_121743_2-800x600

 本日、ニチレイレディスのプロアマ戦に参加してきました。私は通算6回目の参加。

 ベストボール方式によるパーティー毎の対抗戦で、我が原江里菜プロチームは9アンダーで38チーム中13位という成績でした。

 今年からカート導入になったとのことでしたが、天候が過ごしやすかったため、またプロが歩くということもあり、私も終始歩きで回りました。

 お陰で他のお二人が愚痴をこぼすほど(?)原江里菜プロのアドバイスをほぼ独占しました。

 ドライバーが好調だったためスイングに称賛をいただく反面、アイアンはスイングが体から離れているとか、手首の返しが早すぎると再三指導いただきました。

 おかげで終盤いいショットが打てて、価値ある1日になりました。昨年秋にシャンクが頻発したのの対策として離れて立つようにしてたので、その前に戻そうかな。

 ちなみに本日最初のホールは、私のドライバー、私のアイアン、私のパターでバーディー発進でした。

 朝4時に目覚め、寝不足で目覚めは悪く、なおかつ苦手なバスの中で新聞読んで少し酔い気味でしたが、不思議とスタートが良かった。

 「寝不足の時に限って調子いいんですよ」と言ったら原江里菜プロは「副交感神経優位な人はそうみたいです。日頃リラックスしすぎる人ですよね!」みたいに言われてしまいました。

 ガクッ。でも、さすがそういう知識を仕事に生かしているんですね。プロゴルファーの世界はコンディション作りにシビアですからね。

 でも、原江里菜プロはお酒も相当いける口みたいでしたが‥。

 楽しい1日でした。ニチレイの皆様、女子プロの皆さん、ありがとうございました!

IMG_20190605_093852

 昨日は会長と2人でゴルフをしてきました。8:35スタートでしたが、前の組が早くスタートしてテンポが良かったので、スルーで回り11:40にはラウンド終了。

 ちなみに昨年のある日の2人でのゴルフは、8:00ちょっと前にスタートして、空いてたので10:30にラウンド終了して、更にハーフ回って、12:00ちょうどに終了ということがありました。

 2人とも待ってるのが嫌いなので、こんなふうに空いてる日、空いてるゴルフ場のスタートを確保して回れると、会長の機嫌もいいですし、私も時間の節約になって助かります。

 また、面と向かって会話する機会を作るより、こうしてゴルフ場に向かう往復の車中で時間を用意するほうが私も諦めて素直に聞けますし。‥ただ、往復の車中での会話はそんなに弾まないです。

 今年は最初に会長をゴルフに誘うのがGW間際になって、そのことをチクチク言われたので、文句が出ない程度には誘わなければ。

 それに、身内である会長の満足が出来なければ、お客様の満足、社員の満足はありえないと思っていますので、しっかり痒いところに手が届くところを証明したいと思っております。

IMG_20190516_052628

 5月に入って4度ゴルフしましたが、80〜85の範囲で収まってて好調です。

 気候が良くなってきたというのが一番の要因でしょうけど、久しぶりに素振りをラウンド前日とかにやる習慣をつけたということも効いてると思います。

 そういえば大震災のときに、ゴルフ場はもとより練習場に行くのも憚れたときに、いい機会だからと野球のバットを取り寄せて振ってたのですが、しばらくしてラウンドするようになったら自分でも驚くほど好調だったということがありましたっけ。

 野球のバットですが、ゴルフのグローブを付けて、ゴルフの軌道で20回振ります。時間にして1〜2分でしょうか。自宅の車庫内でやるので服装を整える必要もありません。手元のクルマが少ないとき限定ですが(笑)。

 ゴルフの本とかにもよく書かれている練習法ですが、確かに効果あるような。

 ちなみに、このバットがいきなり忽然と消えた時がありました。その頃はグローブと一緒に置いてなかったので、家内が息子たちの古い子供用バットと勘違いしてゴミに出してしまったのでした。

 その後息子たちはサッカー少年団に入り、アイスホッケー少年団に入り、結局アイスホッケーを選んで今に至ったというわけです。

 さて、今朝も素振り完了したので、仕入先さんの大規模なゴルフコンペでいいスコアが出るかな?

IMG_20190414_111931

 本日午前、二戸市内のゴルフ練習場で打っていたら、たまたま若手の幹部2人が後を追って現れました。ほかに2人お客さんがいたので、瞬間的には当社率60%でした(笑)。

 まだまだビギナーの2人ですがフォームは悪くない感じでした。しかし、スライス気味だったのでちょっとだけアドバイス。そしてこのブログ用に写真を撮らせていただきました。

 さて、私は25歳の初ラウンドから海外でのプレーを除いてほぼ完璧にデータをエクセルに残しています。よって今回は始めた頃のデータを元に書いてみます。

 25歳の1988年には、岐阜のゲンコーポレーションさんにお世話になっていたのですが、その際に3回プレーしました。スコアは135→117→116。

 2年目は自社に戻り、26.5ラウンドしました。そのアベレージが114.9。記念すべき100切りは20ラウンド目で、なんといきなり94が出ています。

 3年目は23ラウンド。アベレージは104.9。その後の4〜17年目はアベレージが100前後と低迷したのでした。

 意を決してレッスンプロに教えを請い筋トレも開始したら、18年目はアベレージ96台に。その後3年ほど、毎年ほぼ2点ずつ向上して、22年目の46歳のときから90前後を行き来するようになりました。‥もっと早くレッスンプロに教えてもらえばよかった。

 ゴルフの回数に恵まれてる割には上手にならないほうではないでしょうか。90前後になったときに、会長から「お前は会員権を持つな。クラブ選手権は以ての外」みたいに言われ守ることにしたので、いい言い訳ができてしまったかな。

 でもそろそろ今年は、またブレイクしてカッコいいところを見せたいものです。社員に「カイゼン」マインドを植え付ける立場でもありますし。

IMG_20190309_064213-800x600

 今日は、旅のお供に買って読んでいた文庫本、「月いちゴルファーが、1年でシングルを目指す方法」を朝読み終わって、すぐプレーという展開でした。

 スコアはいつもと変わらず。著者の言う「ドライバーは150ヤードでいい」「ボキーオンでいい」はにわかに徹底出来ないなあ。

 でも、この二点のエッセンスは取り入れて、なんとか過去最高のアベレージスコアを出したいと思ってます。

 ちなみに過去最高は4年前で、ヨガを始めた年。練習場にはほとんど行かなかったのですが、体の可動域が広がってスムーズに振れるようになった気がしました。その後ヨガは続けてますが、及んでないのが悔しいですが。

 また、著者のいう「プロは別世界なんだから真似する必要ない」「まっすぐ打たなくていい」等は鼻から諦めてることなので、勇気付けられました。

 ここ数年、ゴルフに頭を使ってなかったので、考えてやるようにしたいと思います。ま、もっと自分の実力をわきまえて、冒険せずにやれるかなんでしょうけどね。

IMG_20181130_104042

 水、木、金、土と在社予定で、来客もわずか。

 仕事がはかどったので、今日は本州最東端の宮古カントリークラブ(岩手県宮古市)に行ってゴルフしてきました。

 来るときは連絡して、と言われてるので宮古JCのOBのI君に連絡したら、昨日プレーしたにもかかわらず、もうひとり誘ってくれて3人でプレー。

 今日の地元二戸市の気温は、6時〜15時で0→1→2→3℃ですが、宮古は同時刻で1→6→8→7℃でした。(ヤフー天気・災害)

 朝6:20に家を出るとき道路脇には、薄っすらと積雪。九戸村、軽米町の辺りの道路の一部はシャーベット状でしたが、三陸沿岸は全く積雪なし。風もさほどなくて絶好の天候でプレーできました。

 宮古カントリーは18ホール。写真のような海超えのショートホールが2つ。半島になってて左右が崖というホールが1つ。景色はいいし、そわそわして打つのは楽しいですよ。

 そもそも私はこういう一桁台の温度でやるのが結構好きです。歩いてるとポカポカしてきて、ちょうどいいじゃないですか。

 以前は二戸市から葛巻町経由も久慈市経由も同じくらいかかるなと思ってたのですが、行き帰りの三陸自動車道は毎年のように少しずつ開通していってて、今は20分ほど久慈市経由が短くなって早朝なら2時間ほどで着いちゃいます。雪は比べ物にならないくらい少ないし、景色はところどころいいし、移動だけでも楽しい。

 それにしても宮古のI君が、よく来てくれました!と歓迎してスケジュール調整してセットしてくれるのに感謝です。地元経済の情報も得られましたし。

 今日は月末の金曜日だからか、お客さんも少なかったみたいで、3人でスルーでラウンドして3時間15分後の正午に終了。これまた最高。

 いつも年末くらいまで普通に営業してますが、今年は暖冬といいますから、数えるくらいしか積雪で休まないのでは。岩手とは思えませんね。

IMG_20181110_072241

 100点と言っても、良くない方の100点。それはゴルフ。

 先週土曜日、最大の取引先様とのゴルフ対抗戦で、あろうことか私は100点も叩いたのです。

 前半はシャンク6回で57点。最悪の気分で食事して、後半はシャンク1回出ましたが、43点で終え、100を切ることはできませんでしたが、次回に繋がる内容でホッとしました。

 前夜のアルコールが災いしてか、4時間弱しか眠れなかったんですよね。朝3時過ぎに悶々としてスーパー視察で買った蒟蒻畑を口にしたりもいけなかったのかな。午前中体調良くなかったもんな。昼のステーキ丼で挽回できたわけだ。

 シャンク(ボールが目がける方向よりずっと右に出ること)が、ここのところラウンド1〜2回出てたんですよ。スタンスがおかしいのか、軌道がおかしいのか。修正しないと‥。

 ちなみに、会社対抗戦は前回の引き分けはありましたが、それ以外は全敗。今回は僅差で惜しかったですね。

 勝敗のルール設定は私が決めていい雰囲気なので、今度こそフェアーかつ当社が勝てそうなルールを開発します(笑)。

IMG_20181108_112219

 ゴルフバッグを発送するときに私も一昨年頃までカバー掛けてました。

 このヤマト運輸の汎用のものは床部分が弱くて壊れやすいので、市販のものを何度か買ってみたりしもしました。

 しかし、当初から「なんで送るときにこんなカバー付けるの?要らないじゃん!」という疑問はずーっと持ってました。

 そして2年ほど前に、カバーを付けないで送る人を見かけてしまったのです。‥えっ?義務じゃないんだ!

 それからカバー無しです。あのめんどくさいカバーを付ける手間から私も、ゴルフ場も開放されたのです。

 以降、全く問題ありません。そもそもヤマト運輸さん、丁寧に扱いますしね。

 ま、私はゴルフバッグは消耗品で、安いのを買って、汚れたら早めに替えるという方針だからかも知れませんが。

 ついでにもう一つ、ゴルフにまつわる素朴な疑問を。それは、トイレの本物のタオルのこと。

 「持ち帰らないでください」とか「靴の汚れ落としに使わないでください」などと書かれています。だったら、使い捨てにすればいいのに。

 殆どが手洗いの後さらっと拭くだけなのに、そのために毎日洗濯して干してをやってるわけで、いい加減そういうムダを省いたらいいのに。

 こういった贅沢感があるから、ゴルフ場利用税廃止を声高に叫んでも説得力に欠けるのでは?

(写真:S専務のカバーを掛けたゴルフバッグ)

IMG_20180824_103240

 1988年からですからゴルフのスコアをエクセルに入力して30年。

 私の記憶では、初めてプレーした静岡でのラウンドは入力してないと思いますが、それ以外は海外でのラウンドは除いて、ハーフ毎にできたのはすべて入力してまして、それが今日で1000.5ラウンドとなりました。

 写真は今日の前半9ホール目での1打目が終わったところで撮影しました。1000ラウンド完了直前のホールというわけです。食鳥機器の納入業者のP社Gカンパニーのお二人にも協力いただき感謝です。

 30年で1000ラウンドですから、1ラウンドに5〜6時間かかるとして、睡眠を除いた時間の内ちょうど1年分まるまるゴルフ場にいることになりますね。人生の2%ゴルフ場みたいな。

 残りの人生であと1000ラウンドくらいすることになるのかな。ゴルフからいろいろ教わってるし、健康に役立ってるし、高齢化でゴルフ場経営が今後厳しくなる見込みだそうですが、なんとか気兼ねなくやらせてほしいものです。

s_DSC_0193

 昨日は薬品を納入頂いている共立製薬さんがスポンサーとなっている、セガサミーカップゴルフトーナメントのプロアマ戦の枠に収まって初めてツアープロとラウンドしてきました。

 主催者のルール設定は、プロもアマチュアも同じレギュラーティーから打って、アマチュアは申告ハンディ通りにハンディホールを設けて、四人のうちのベストスコアを積み上げていくと言うもの。

 我がチームには今シーズン賞金ランキング12位の稲森佑貴プロが付きました。3年連続ドライバーのフェアウェイキープ率一位の実力派です。

 10アンダーまで行けたので、まあまあかなと思いましたが、34チーム中28位でした。優勝は藤田寛之プロの20アンダーでダントツでした。

 稲森プロ自身は4バーディー・ノーボギーの4アンダー。時には冒険のショットも披露して池に入れたりしましたが、しっかりパーで上がってました。

 私はハンディの付いたショートホールでバーディーが出て貢献できだけれど、最後のミドルで池に二回入れて9点叩いて、後味良くない96点でした。

 しかし、精密機械のような稲森プロのショットの打つ前の仕草が頭に焼き付きました。23歳なのに成熟してる印象でした。

  機会を頂いた共立製薬さんに感謝ですし、主催者のセガサミーさん、スタッフの皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

_20180614_173456

 ニチレイレディスのプロアマ戦に3年ぶりに声がかかり参加してきました。

 今回は、川岸史果プロとの組み合わせでベストボールでのチーム対戦のもと頑張って来ました。

 ドライバーがここのところ調子がいいのでチームに貢献出来るかなと願ってましたが、川岸プロとではほとんど出番が無かったです。

 それでもまあまあ貢献できて、38チーム中6位と4回の参加で過去最高の成績だったのでは。

 川岸プロ、なかなか調子がいい感じでしたので、明日からの本戦頑張ってほしいものです。

 それから3年前に一緒だった比嘉真美子プロも。先週テレビでプレーオフ応援してて昨晩はサインいただいた有村智恵プロも。今日声かけてくれた大山志保プロも。気がつくとLPGAにはまってます。

 ところでこの写真は何かというと、私が昭和38年4月9日生まれなのでビビッときて(笑)。

DSCF7725[1]

 先々月、地元のゴルフ練習場でいつものように7番アイアンだけで打ってたら、ある時ヘッドが一緒に飛んでいきました(笑)。

 もうずっとそのクラブだけずっと使ってましたので、そりゃあ金属疲労起こしますわね。

 そういやあ、マックテックオンリーで揃えた2つのクラブセットも調べたらちょうど10年。そろそろ変えようかなと思い立ちました。

 とはいえ実は3年ほど前に、試しに人気のものを一通り買ってみたのですが、どうも感触が合わず、結局中古屋さんに買い取ってもらって、これまでのに復帰したのでした。

 今回も雑誌を買ったりして情報収集。しかし最近のドライバーの角度が可変式だったり、派手めな造形だったりして、シンプルなのが好きな私にはどうも合わない。

 それに、今のが3番からアイアンだったりして、ユーティリティーを3年前に買っては見たものの、感触は良くてもトータルであまり変わらないかもとその時は思えたので、1から揃えようとすると考えなければならないことがたくさんあるじゃないですか。うーむ。

 思いあぐねている間に、ドライバーは距離より安定性を欲しいし、クルマのトランクが狭いので、今回は短いのにしてみたいなと思い始め、45インチを探してたら、初心者セットがヒット。何も考えなくて最新の11本セットでいいかも!?と思って買ってみました。5万円ほどでしたから、新品ドライバー1本分くらい(笑)。

 で、今日、練習場で試打してみました。うーん、やっぱりか、シャフトが全部短めかな。でも、それならそれでフォームをコンパクトにするいい機会になるかな。

 アイアンの当たった時の感触は結構いい! ユーティリティー4番もいい! スプーンも上がってくれてまあまあいい!

 ドライバーは流石に飛距離は落ちるし、シャフトがSを選んでも柔らかいからかスライスが多く出てるかんじ。感触はマックテックが鋭い金属音だったのに対し、やはり鈍いかな。でも3年前のだってそんな感じだった。

 ちなみに現在使っているマックテックのシリーズは、当時中古クラブの雑誌で「やさしい」という評価に惹かれて買ったものでして、以上はそれに比較しての感触です。

 さて、今年シーズンが始まって、一緒のパーティーの方から私のクラブセットについて言及されることが結構多いなと感じてます。

 「マックテックは十文字さんの代名詞」みたいな言われ方されると嬉しくて、もう日本では数年前に撤退したマックテックの最終製品あたりで揃えようかなとか思ったりしますが、どうしようかな。不人気なブランドだから撤退したわけですが、天の邪鬼な私には狙い目だったりします。

 この初心者用セットは「Cleveland」のロゴデザインも好きだし、バッグもさほど安っぽくないし、11本最小セットで持ち運びが軽くなるのも合理的だし、今日のところまあまあ好感触。ま、いろいろ試してみたいと思います。

第3回オール十文字ゴルフコンペ(タイトル無)

 6月14日のオール十文字ゴルフコンペは39人の参加だったそうです。社内で沢山の人達がゴルフを始めて、ハマっていることに大変嬉しく思っております。

 私はもう30年やっていますが、ゴルフはとてもいいスポーツだと思っております。いくつかその魅力を紹介します。

 第1に、歩く必要が有ることです。4時間で10キロ以上、カートに乗っても半分は歩きます。しかも芝生の上で、とてもいい景色です。中高年には走るより歩くことがいいと言われておりますしね。

 第2に、一緒にプレーする人と親しくなれるということです。普通3〜4人でやるスポーツですが、一緒に向上心を発揮してやりますし、同じ方向を向いて歩きますし、性格がわかります。

 第3に、マナーが身につくということです。ジェントルマンのスポーツと言われているくらいで、見えないルールがたくさんあり、茶道や柔道、剣道のような礼儀が身につきます。

 第4に、なかなか思うようにならないスポーツだということです。飛ばそうと力を入れると飛ばない。ある程度型にはめないとうまくいかない。ただ、まっすぐに飛ばなくても良いスコアで上がれたりします。問題点を見つけ、少しずつ軌道修正しながらやっていくスポーツです。

 第5に、頭を使うことでもスコアが縮められるということです。障害物を避けたり、欲張らずに確実なところを狙ったりすることで必ず成果が出ます。自制心次第です。

 以上のことから、ゴルフはビジネスマンに広く普及しているものだと思います。お金や時間の使い方として、ゴルフは自分への「投資」に該当するからでしょう。

 また、高齢になってからも楽しめるということや、以前に比べてぐっと料金が安くなって平日だと5〜6000円で楽しめるようになったことも嬉しいことですよね。

 他の趣味と比べてみてください。

(本日の本社朝礼での社長スピーチ/写真は今年6月の社内コンペの集合写真)

DSC_0001

 絶好のゴルフ日和の昨日、ご接待頂いて、相性は悪くないと思っているコースでレギュラーから回ったのに、100点。

 得意にしていたドライバーはトップしてばかりだし、アイアンは引っ掛けるし、パターは考えすぎて蹴られてばかり。

 引っ掛け対策で近くに立つことを課したのですが、それが裏目に出てるのか総崩れという感じが出ているこの頃。オンシーズンにこんなにおかしくなったのはここ10年無かったことです。

 今朝は尻に火がついたように練習場で200球打ってきました。あれこれやってみて、なんとなく掴めたような。

 基本に立ち返って、スイングのターンは遅く緩やかに、そして最後までボールを見て、頭と腰はほぼ位置を動かさないことを意識してやることでだいぶいい感じになってきました。

 とは言っても、いつもどおり7番アイアンだけでの200球。早くラウンドして成果を確認したいところですが、来週はあれこれ出張スケジュールを調整しましたが久しぶりに1週間プレー無し。

 精神面のリフレッシュに好都合ということにしておきましょう。
 

DSC_0010
 
 我が家から一番近いゴルフ場といえば、ニュー軽米カントリークラブです。

 会長(父)の厳命で会員権は持ってないですが、毎年10ラウンドくらいお世話になっております。

 27ホールのバラエティに富んだ面白いコースとの周囲の評判です。時にはバックからやらせてもらうことも有り、私もほんとに飽きないです。

 二戸市内よりクルマで30分。高地にあるせいかやや寒めで、桜が咲くのは二戸より1週間ほど遅いです。

 9ホール✕3コースのうちの「桜コース」目掛けてプレーしに行ったわけではないのですが、こうしてたまたま桜コースに導かれると、やっぱり素晴らしいですね。

 岩手県北の桜の名所としても、これは随一じゃないだろうかと思うくらいの圧巻の桜の本数です。いくつあるのでしょう? 白樺コース、七竈コースも結構な桜があるようですし。

 写真のようにお日柄もよく、気分良くプレーできたはずが、スコアの方は、うーむ‥。
 

IMG_3536_R

 昨年は春先練習で手首を痛め、その後練習をほとんどやらずに実践を重ねていたのですが、アベレージスコアがわずかながらベストを更新。しかもバックティーからも結構やったので大満足で、これもヨガのおかげと感謝してました。

 ヨガ教室通いはずっと続けてて、今シーズンも良いスコアで回れるはずが、ここまでのところで昨年より2点以上悪いスコアになっています。

 原因は、ドローヒッターなのにフェードが出るように成ったこと、同時に引っ掛けの頻度が多くなったこと、グリーンオーバーからスコアを崩すことが多かったこと、相変わらずリスク回避が出来ていないこと、3ホールくらい連続でスコアを崩すことが多いこと(メンタルか)、などなど。

 遅まきながら、10月に入ってから、これはいけないということで練習場に時々通っています。

 イメージしてるのは、あんなに飛ぶのに、ぜんぜん力んでなくて自然にクラブが降りてくる、シニアプロの崎山武志さんと回った時のこと。

 私自身、最近飛ぶように成ったことで、距離にクラブが合わなくなってるように感じてるし、少々距離が落ちても、自然にクラブが降りてくる感じを掴みたいと思っております。

 おそらく、先日、日本KFCの業者が集まったゴルフコンペで85で回れてベスグロ優勝できたのは、風邪引いてて自然と8分の力で打ててたからでしょう。

IMG_2487

 生鳥カゴを供給いただいているプラスチック製品のメーカー、三甲さんに招待いただき、オーナーとなっている岐阜の谷汲カントリークラブでのゴルフコンペに参加してきました。

 それが男子シニアプロが各組に付いてプレーするという趣向で、実は昨年の同社65周年記念行事として開催され好評につき再度ということになって、昨年スケジュールが重なり出席できなかった私にもチャンスが回ってきたというわけで、喜び勇んで行ってきました。

IMG_2492

 どのプロが付いた組み合わせになるのかは当日発表。私の組は崎山武志プロ(写真左)でした。1962年11月生まれということで1つ先輩で、20代でゴルフを始めて30歳でプロテスト合格したそうで、ググってみたらシニアになってからかなり活躍されている方なんですね。

 完全ショットガン方式で、2番ホールからスタートして、前半8ホールは緊張もあってか、右にOB3発、バンカーショットは5回も打ってダボペース以上。後半は持ち直してインは41でした。

 面白いことに、プロがバーディーかイーグルが出れば同組のアマチュアはそのスコアが適用されるというルールで楽しくできました。私はグロスでトータル97でしたが、プロのおかげで89でした。

 崎山プロは気さくな方で、アドバイスもビンビン来て、バンカーショットは全く構築しなおして、これは価値ある1日になりました。ショットもアドバイスが効いてきて、最近の不振続きに光明が見えてきたような。

 ちなみに、プロは賞金があって、崎山プロは69で5位でした。そして優勝は尾崎直道プロ(写真右)で67。豪華な写真になってしまいました。

IMG_2494

 懇親会では、芹澤信雄プロと背中合わせの席だったのでツーショット写真をお願いしました。

 昨年、NHK Eテレの「チーム芹澤に学ぶゴルフ―90切りへの近道 (趣味どきっ!)」が分かりやすくてアイアンの回は何度も見てましたのでお礼も伝えて。

IMG_2503

 さて、その懇親会でびっくりしたのが、シニアプロによるおやじバンド「ごくろうさんず」による演奏。いやー、いいですねー。

 プロも、アマも、ほとんど男、男だけの日だったのですが、この熱演から伝わってくるものがあり、さわやかな後味を残して帰途につきました。

 三甲のみなさん、シニアプロの皆さん、本当にありがとうございました。
 

IMG_1381

 昨年8月14日の盛岡三高鵬同窓会ゴルフコンペで優勝してしまい、今年の幹事を仰せつかりました。

 参加者募集の手がかりはFacebookの鵬同窓会ゴルフ部会のページ。そこから仲間の輪が広がり18名の参加。昨年は30人ほどでしたが、幹事の都合で8月11日に決定させていただいたこともあって、すこし厳しい条件だったかもしれません。

 参加者の情報を集めて、組み合わせを決め、開催要領のペーパーを作成し、景品を買ってきて、ゴルフ場とプレー費や表彰式の確認をする。そして当日は誰よりも早くゴルフ場に行って、荷物を降ろして受付の後ろに運んでもらい、参加者から会費を集めペーパーを渡す。そして開会式と表彰式の司会。以上が仕事でしたね。

 景品は幹事の自由なので二戸の産品を選ばさせていただき、南部美人さんと巖手屋さんの商品をフィーチャー。喜んでいただけましたでしょうか?

 準備を整えて、受付で参加者を迎える時って、懐かしい顔に出会えることもあってか気分がハイになりますね。たまには幹事も悪く無いです。(‥でも、来年も幹事にならなくてホッ)

 また、男だけのコンペに華を添えに、九戸村から同学年のM子ちゃんが朝受付だけのために来てくれたことで、参加者の皆さんも和んで始めれたのではないかな。いつも使ってすみません。感謝です。
 

DSCF5830

 55周年記念社内ゴルフコンペのあと、ビギナー参加者の社内ブログからは異口同音に「面白い!」「頑張って次回は‥」「練習するぞ!」という声が聞かれました。

 「よく学び、よく遊び、よく働こう!」をモットーとする私とすれば嬉しい限りですが、なにせ岩手はオフシーズンが長いので、来年の春までこの思いが残っているかどうかはかなり心配です。

 そこでオススメなのが、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)によるスコア管理

 私はゴルフを始めた社会人1年生の時からのデータを、独自に作成したエクセルの表に入れていますが、このGDOの存在を知ってからはその両方に記録しており、今やGDOのデータが過半数を占めています。

 GDOはパット数とか、第1打がフェアウエーかどうかなど入力できますし、パーオン率などのデータも詳細に出ますので、プレーの最中、ほんの少しの追加情報(パット数、第1打が○か左か右か、バンカーショット数、OB数、ワンペナルティ数)を書き留めることで自分のプレーがいろいろな角度から分析できます。

 そしてこれを元に、ゴルフ仲間と直近のスコアやアベレージを開陳し合うことで士気を高めています。

 今まさに始めたばかりという方には、この無料サービスがオススメです。今はスマホのアプリで同期もできるようですし。

 プロ野球ってデータを楽しむという面がすごくあると思いますが、こうしてゴルフでは自分を主役にデータを楽しめるわけで、プレーして終わりじゃあもったいない!
 

IMG_20150618_131645_1

 ニチレイレディスプロアマトーナメントに招待いただいたのは、2008年、2011年に続いて3回目。

 2008年は前年優勝の全美貞(ジョンミジョン)プロ、2011年は引退直前の古閑美保プロと回らせていただきましたが、今回は21歳の比嘉真美子プロ。毎回くじ運に恵まれてます。

 11歳の時にクラブを初めて握り、20分ほどで200ヤード飛んだことから、大好きだったバスケットボールを断って中学から本格的にゴルフに取り組むようになったとのこと。

 飛びますし、ショットの精度も見せてくれました。競技は4人1チームで、4人が打ったボールのうち一番良かったボールを選択して、そこから4人が打つという形式でしたが、パットは我々アマチュアに花を持たせてくれましたが、それ以外はおんぶに抱っこで10アンダー、40組中6位の成績を収めることができました。

 しかも持ち前の飛距離を封印して、スプーンで打つことが多かったです。プロは同じコースを3〜4回廻るわけで、各ホールを全てバーディー狙いで行くわけではなく、ボギーでなければいいやと見切るホールもあるとのこと。当たり前の話でしょうが、諦めが明確なのがプロなのかな。

 私はいつにも増して調子が悪く(コンペ準優勝以来ずっと)、比嘉プロにあれこれ指導いただきました。言われてみると確かにアドレスから再構築しなければならないと痛切に感じました。だましだましではダメですね。

 昨晩「調子は上向き」と言っていた比嘉プロ。明日から頑張って欲しいものです。

↑このページのトップヘ