きまじめチキン日記

岩手県二戸市 昭和38年生 チキン産業 経営者 十文字保雄

カテゴリ:  IT

P1030301

 スマートスピーカーは出始めの頃、amazonとgoogleのものを導入してみたのですが、用途に合わないと判断し一度撤収。

 しばらくして、amazonの第3世代Echo Dotを導入したら、邪魔にならないし、音質もそこそこ良くて結構気に入って、その後amazonのセールに乗せられて気がつけば7台になっていました。逆単身赴任の身なのに(笑)。今回、その使用状況をレポートします。

 まずは寝室のEcho Show 5から。もともとここにはEcho Dotがあったのですが、Echo Show 5が出たので購入してみたらドンピシャ。

 主に、目覚まし、ラジオ、天気予報に使ってまして、眠れないときにはBluetoothイヤホンで大音量で音楽を聞いてます。

P1030305

 もう一台のEcho show 5はガレージの奥の部屋で稼働。ルームランナーの前にセットしてあります。

 こないだまでHDD付きのテレビを置いてあったあのですが、オンデマンドでYoutubeなどを見ながらウオーキングするのがいいかとセットしてみました。ただ画面は5インチでは小さすぎかな。ドカドカ走っても音量は十分と思いますが。

P1030303

 ダイニングにはEcho Dotがセットしてあります。色は黒で統一したいところですが、白になってしまってます。

 テレビ用のスピーカーとして、Creative Inspire T10をセットしてあったのですが、ラッキーなことにこのスピーカーには第2の入力端子があったので繋いでまして切り替えも不要です。Echo Dot本体よりよい音でステレオで聞けます。

 用途は、音楽、ラジオ、素朴な質問を時々。

P1030304

 もう一つのEcho Dotはガレージにセットしてあります。

 クルマを掃除するときとかに、音楽聞いてます。半分以上は「アレクサ、ヒゲダンを聞かせて」で、Official髭ダンディズムの曲を覚えるはずのスペースになっています。が、最初にヒット曲がかかるのでなかなか‥。

P1030306

 Echo Flexの1台目は洗面台にセット。

 朝、昼、夜の歯磨きの際に「アレクサ、ニュース」と言うのがほぼ100%。NHKラジオのニュースがかかるのですが、懐かしの三宅民夫アナの素敵な声が聞けることがあってそのときはラッキーって思います。三宅アナに盛岡勤務時代、リクエストはがき読まれましたので親近感あります。

 ちなみにここはかなりヘビーに使うので、人感センサーを付けてみたことがありましたが、敏感すぎて思うようにならなかったので外しました。

P1030298

 書斎にもEcho Flexが付いています。素朴な質問がメインです。1ヶ月に数度かな。

 でもバーゲンで2個で3000円ほどでしたので、十分価値あるかなと。

P1030297

 というわけでオーディオルームにも、素朴な質問用にEcho Flexを。

 ここはなぜか高いところにコンセントがあって、そこに付けたのですが、その存在を忘れがちです(笑)。

 以上、7個セットした報告でした。他にも上位機種のEcho Studioも買ってみましたが、単独で使うには満足できる音が出なかったので放出。標準のEchoもしかり。

 さて、ここに至るまでトライ&エラーをたくさんしました。使っている3機種は皆好きなのですが、願わくばEcho Show 5のマイクの感度改善と、Echo Flexが少し大きくなっても音質改善が果たせれば嬉しいですね。あとradikoのタイムフリー機能を是非!

 そういえば、たまに「ありがとう」と礼を言って返事に何を言うか待ったりとかくらいで、一人暮らしのコンパニオンとしての用途はあまり使ってないですね。ときには無理なことを言って困らせましょうか。

IMG_20200721_055231

 自宅のオーディオルームでAmazon Music HDを聴くのに、Bluetoothで最も音飛びが避けられるのは手元のAmazon Echo Show 5だったので、しばらくこの形で聴いてましたが、薄々分かってたけど最近判明したのがEcho Show 5はHD対応でないこと。

 それじゃあ意味がない、ということでAmazon Fireタブレットに戻そうかと思いましたが、7インチでは結構大きいので、スマホをSIM無しで使う方向で検討。ほぼ単機能で使うだけなのでAmazonで10,969円で売られているUMIDIGI A3Sを買ってみました。5.5インチと標準的な液晶です。

 メモリ2GB、ストレージ16GBとベーシックな仕様ですが、最新のAndroid10で、指紋認証も顔認証もちゃんと付いてますし、見た目も触った感じも十分という感じ。カメラ画質はそれなりでしたが。

 こういう格安なAmazonで売っているものは、どこか致命的な部分があったりしたのを私も何回か体験してきましたが、これはアタリかな。あとはバッテリがちゃんと持つかですね。

 米貨換算で切のいいほぼ100ドルですが、こんな価格でまともなスマホが供給できるなんて、なんてすごい世の中なんだと思いました。スマホなんて世界の知恵の塊ですからね。こんなに安いと、知恵と汗の結晶かな。

 さてもうひとつ、BluetoothヘッドフォンでMpow H7が、たったの2,479円で結構評価が高くて人気を集めているようなので、これも前後して買ってみました。

 Bluetooth 4.0ですので少しだけ旧式ですし、外観は価格相応という感じですが、肝心の音が確かにいい。オーバーイヤー型なんですが、掛け心地もちょうどいい感じ。あとはバッテリがちゃんと持つか。

 NHK「クローズアップ現代+」で先日「ネット通販の闇」と題して、掃除機の互換バッテリの不具合で火事になったとか大変な目に遭われた方が紹介されておりましたが、中国は自前の13億人というマーケットをベースにして、安くていいものの激しい競争をしているわけで、ちょっとやそっとの不具合は勉強だと思って、そのパワーは感じていたいものだと思っています。

IMG_20200228_084315

 中止となった今年の経営計画発表会は動画大会にしようということで、各部門で最低1つ作成してもらうことにしてありましたが、役員会もひとつ作ろうということで私自ら手を上げて作成してみました。

 撮影は実際の役員会の際に行い、編集は昨日ウインドウズ10に付いているアプリ「フォト」で行いました。

 実はその前にも挑みましたが、パソコンのメモリが4GBだったせいでフリーズしてしまったので、4GB増設するのを待って再度挑戦したら嘘のように快適に動作。

 3分ほどの動画を作るのにかかったのは2時間ほど。動画の良いところを選んでトリミングして、テキストをひとつ入れるのにひとつの場面になるように分割して、テキストを入れて、BGMを選ぶだけ。「フォト」という名称なのに、シンプルでなかなか良くできた動画アプリだなと思いました。

 これでいつでもYouTuberに成れる素地ができたかな?

 なお、これから経営計画発表会で発表すべきコンテンツを後で動画で見てもらうため、会社方針説明の動画も作成しなければなりません。今度は出演側。こっちのほうが気を使う!


IMG_20191210_074152-800x600

 学生時代はビックカメラでアルバイトしてましたけど、社会人になってからはすぐポイント還元になるヨドバシのユーザーになり、デジカメ時代になってからはヨドバシ・ドットコムのヘビーユーザーに。

 アマゾンが日本に進出してからはそっちのヘビーユーザーになりましたが、ゴールドポイントカードのユーザーだからか、こうしてボーナスシーズンになると写真の厚い商品カタログがヨドバシから届きます。

 でも、よく考えたら、最近ほとんど家電買わなくなりましたね。中高生の頃はあれほど電器店が好きだったのに。

 せっかくなので、このカタログで取り上げている家電について書いてみようかな。ちなみにいま、新幹線の車中です。

 エアコン:15年前に建てた我が家はそうなってないですが、これから取り付けるなら無給水加湿ができるダイキン工業以外、考えられません。

 加湿空気清浄器:花粉症持ちなので、これは欠かせませんね。でも、効果あると確信持ててません。

 シーリングライト:我が家は照明も家具もほとんど設計に含まれてるので、見た目いいし、買い物不要。しかし、LEDに替えられなかったり、最新のコントロール機能とかとは無縁で残念。

 掃除機:我が家はすべてフローリングなので、掃除機要らずで、フローリングワイパーとコロコロで完了。駐車場と玄関だけに掃除機使ってますが、年に何回かだけです。

 洗濯機:15年前の斜めドラム式の日立をずっと使ってます。単身赴任になってからは週イチ強のペースです。

 シェーバー:パナソニックのをずっと買い替えてますが、今手元に旅行用も含め3台あって、7〜8年買い替えてないなあ。

 冷蔵庫:家の冷蔵庫スペースに入る最大限のが備え付けてありますが、単身赴任には大きすぎで無駄な電力使ってるでしょうけど、12月は一杯になるからまあいいか。

 炊飯器:0.5合炊きができるのがありますが、一年くらい前にお蔵入りしてもう使ってないですね。

 スマホ:会社支給のファーウェイP20proに十分満足。

 パソコン:東芝のcore7i・24インチのオールインワンデスクトップを使ってます。満足してます。

 プリンタ:ブラザーの約1万円のオールインワンタイプで何も困らないです。写真印刷はネットの「しまうまプリント」を使ってます。

 テレビ:ダイニングにはソニーのBDレコーダー内臓タイプがありますが、後継機が出ないのでずっと使ってます。書斎と寝室には今年、今は亡きオリオン電機の「極音」シリーズを導入。文字通り音がいいのでお気に入りです。でも最近、大画面4Kテレビが気になってます。

 オーディオ:オーディオルームの稼働率は月平均1時間あるかな。リビングのプロジェクターのほうが稼働率高くなってます。究極はスマホ&Bluetoothパワードスピーカーのシンプルな組み合わせだと思ってまして、後者の凄い製品のデビューを期待してます。

 カメラ:ご多分に漏れず、スマホで済ませてしまうので、パナソニックのGX7MK2の使用頻度が上がってません。やっぱりいいレンズにしないと盛り上がらないかな。メーカーとしては、富士フイルムに行きたいと常々思ってますが、小さいのが出ない。

 腕時計:シチズンの薄型電波タイプが壊れないのでそのまま使ってます。でもほとんど付けないです。今も外してます。

 ゲーム:時間の無駄使いだと思うのでやりません。マージャンのお誘いあれば、たまにはいいかとやってしまいそうですが、もう5年はやってないな。

 以上です。昔はタコ足配線当たり前でしたが、今はいかに最小限の家電で済ますか情報を集めて実践してる感じです。

 今や、スマホ内臓のセンサーを使って、照度計、万歩計、速度計、温度計(エリアの気象情報)までできちゃうし、コンビニで食べるのは美味しいし、金融機能もできる時代。せっかくなので、世の中の便利はどんどん使わせてもらいたいと思ってます。

 古の時代の王様より、現代の平和な国の一般人のほうが快適な暮らしができる時代。ありがたいです。

IMG_20190408_075104

 アップルのマッキントッシュが最高だということで、ウインドウズを見下していた時期がありました。

 3.1はもちろんのこと95になっても、まだまだマックが優位だと思ってたので、自宅ではマック一本でいこうと思ってました。

 でも会社ではウインドウズでしたので、そっちも習わないといけないかなと思い始め、自宅にもウインドウズ95のパソコンを導入し、両方使っていた時期がありました。

 しかし、しばらくして冷静に考えて、世界シェアはウインドウズが圧倒的でしたので、2台並べておくのもなんだなと思って、マックからは足を洗い、自宅でもウインドウズ一本にしたものでした。世界標準の勝負は決してましたから。

 それからもう四半世紀経とうとしていますが、似たようなことがわが子に起こってきました。

 3人の子供たちには希望通りiPhoneを与えています。次男はiPod Touchからアップルかぶれらしく、今は小型のSEを相当好きで使ってて、もう2年ほどになるのでバッテリが劣化してきてるのですが、その後継機が出ないので私に相談してきました。

 私は「iPhoneがベストだから選ぶというのもわかるが、それだと世の中が分からなくなる。日本が一番住みいい国だから海外に行かないと言ってるのと同じでしょ」とアンドロイド端末を勧めるのですが、躊躇してるみたいです。

 ま、日本ではiPhoneのシェアが世界でも例外的に高いので、周囲を見る機会が多い都会ではそう考えるのかな?と思わなくもないのですが、ミニマリズムの良さは承知していても好奇心を優先させてほしいなと思っています。

無題

 地図の会社さん、昭文社がスマホに負けて希望退職を募っているというニュースがありました。

 そうだよね〜と思いましたよ。ちなみに、この週末私は温めていた作戦を実現すべく、食べログのお気に入り情報を手作業でGoogleマップに入力し直して、食べログからの撤収を完了しました。

 お気に入りの店の情報は、いつも使っている地図サイト上にあるのが一番便利ですもんね。

 それに、雑誌CasaBRUTUSなどで触発された見てみたい建物、庭園、自動車博物館なども登録しておけば、出張のついでの隙間時間を効率的に活用できます。

 おかげで、人生の後半を効率的に過ごせますね。というより、若い世代は、これを使ってすごく充実した人生を送れるわけで、羨ましい限り。

 ところで、以前に記事を書いたように私は中古車のサイトであるグーネットにハマってます。お気に入りのクルマを登録しておいて、撮られた写真やスペックを見て「これはいい!どう考えても買うに値する!」と自分の中で盛り上がる道具になっています。

 しかし残念なことに、新車が登録できないんですね。当たり前ですが。メーカーごとに新車の見積もりシミュレーションはできるんですが、それを中古車と一緒に並べて見れたら、とってもいいと思うんですが、実現してくれないかな。

IMG_20180901_071624

 iPod nanoのシンプルさが好きで世代交代のたびに買ってましたが、最終モデルが故障。アップルはもうiPod発売を取りやめてますので、さてどうしようか。

 そういえば次男が使っていた第4世代のiPod touch、バッテリが用をなさなくなって眠っているはずなので、そのバッテリを何とかすれば使えるはず。

 調べたら、アップルストアで7400円+税とありましたが、アマゾンで修理キットが売ってて、2000円弱で買える。こういうのの中身がどうなっているのか、現物を見る機会にもなるので自分でやってみようと、早速キットを取り寄せました。

 そのキットには作業の解説も何もなかったので、ネットで情報収集。あら、結構難しいのではないの! そもそも、YouTubeの検索で一番上に出てくる動画が結局失敗した例(笑)。

 それでもめげずに、ダメ元でやってみました。うーん、もともと交換を想定して設計されてないので大変だわ。特にハンダするのが難しい‥。しかし一通りすませて、ま、こんなものかと作業を終えて、いよいよ充電ケーブルを繋げたら、あのひよこみたいな「ポヨ」みたいな音が!

 ヤッター!成功か!! iTunesも認識してる!!

 しかし、その後、電源ボタンを押してみても本体反応なし。ケーブル抜き差し何度かしてみましたが、iTunesで逆に認識しなくなりました。あれ〜。

 残念ながら失敗です。また内部をいじってみたくもなりますが、残り人生短いのでやめて、素直にnanoの代わりになるMP3プレーヤの新品を買ってみます。

IMG_20180825_070924

 最初に買ったAIスピーカーは、Google Homeのほう。ダイニングにセットしました。

 いまいちピンとこなかったので、Amazon Echoも買って、こちらは寝室に。

 そして、Google Homeは隣に置かれたテレビとの戦いに敗れ、まもなく退役。

 寝室のAmazon Echoは結構長く定位置を占めておりました。使用用途としては、アラームをセットするのと、Radikoでラジオを聞くのと、アーティスト名を言って音楽を流すこと。

 しかしこの夏、ベッドでタブレットを操作して、BluetoothでオーディオコンポでRadikoのタイムフリーで好きな番組を聞くのにハマってしまって。これはEchoでは今のところできないんです。

 それに、音楽を聞くのに、アーティスト名を頭の中で考えるのも面倒になってきて、タブレットでプレイリストを選んだほうがいい感じ。頭の中で選ぶといつも同じになってしまうし。

 しかも、この年なので、アラームをセットしてもそこまで起きていたことが無い(笑)。というわけでEchoも出番がほぼなくなってしまいました。

 というわけで、本日、Amazon Echo撤収!

IMG_0251

 会社のデスクトップとは別に、モバイルパソコンとしてASUSのX205TAという1キロを切る端末をここのところ持ち歩いておりましたが、Windows10にして少々不具合がでていたのと、スマホのデジカメ性能が良いことでブログもスマホで書いたりしてて、ここ3ヶ月ほど出番なし。

 そのことに気がついて、さきほどシステム室に返却しました。何より充電の管理をしなくて済むモノが、ひとつでも減ることは精神衛生上いいです。

 それと、移動時の荷物が減るので助かります。ちなみに、体の左右のバランスを維持するためにもリュックサックで出張しようと買ってあるのですが、使わずに来てました。

 いつかは、と思っている間に夏になってしまい、暑いのが苦手な私は上京の機会激減となりそう‥。
 

DSC_1373

 今年のゴールデン・ウイーク前に、自宅の光回線を横浜の家族が住む借家に移して、自宅はタブレットによるモバイル回線(MVNOによるLTE通信)にすることにしたと報告しました。

 それが、自宅内はモバイル回線が不安定でイライラが募り、ストレスが溜まるのでやっぱり田舎は有線だなと悟り、でも特別に早い回線は必要ないし、一時は懐かしのADSL回線に戻すことも検討し申し込みしたのですが、もう受け付けてないんですね。

 というわけで消去法で光回線復活。以前と同じNTTでは面白く無いのでauにしてみたんですが、3つの美しくない機器と無駄に長いケーブルでごちゃごちゃした姿が復活してしまいました。

 iPhoneとかiMacとかが影響を及ぼした世界はデザインコンシャスになってるんですが、なぜこれらの機器は以前と同じく醜いままなのでしょう?

 特に我が家は、ご覧のようにWiFiが繋がりやすいよう階段の上のところに専用スペースを設けてしまい、醜いのを隠しようがありません。悲しいです。

P4260004

 家族の住む横浜への光回線導入を手間取っていたら、二戸の我が家の契約を移動する案が自分の中で浮上してきて、電話やファックスの使用頻度と光回線の実際のデータ使用量がかなり少なかったので決断。

 今朝業者さんが来て、2つのターミナル機器を持ち帰りました。明日には横浜に同様の機器が届き、繋がる予定です。

 光ファイバーを作っている上場企業の業績が芳しくないとかいう情報を日経新聞で見てましたので、今や電話が固定電話から携帯電話に移行したように、データ通信も光ファイバーから携帯回線に移行するのが自然なのでしょう。次世代は更に早くなるそうですしね。

 そもそも固定電話にかかってくる電話で受けたのは、ここ1年で10〜20本くらいのものでその90%が営業もの。ファックスは更に少ない頻度になっています。

 テレビとかレコーダーも光回線につながってたけど使用することもなかったし、ソニーのルームリンク機能も家族がいなくなった今では使いません。おまけに八戸の長男のアパートに行く機会が多いので、家にいる時間も少ないし。そもそも家でパソコンあまり使わないようにしたいし。
 
 家の中のあれこれを更にシンプルにしていきたいと思ってて、これはそのスタートにしたいと思っております。

(写真:ちなみにファックス機能内蔵のプリンタ複合機はそのまま使います)

S0162205

 長らく使用してきた600gほどの軽いVAIOを手放し、ウインドウズ8タブレットで旅先でもこのブログを書いていけるかと思ってたのですが、Wi-Fi接続がうまくいかなかったりして揺らいでいます。

 Wi-Fi接続がダメなときは有線接続ができた方がいい。そのためにも元のウインドウズパソコンに戻した方がいいのかなと。それにやっぱり現物のキーボードの方がいいし。ネットブック並みだったVAIOから、今はもっと早くて電池が長持ちなのがあるでしょうし。

 折しもウインドウズ9がデビューを控えているというし、iOSやアンドロイドなどタブレットの進化が先行して、ウインドウズが余波を受けて変な方向に行ったのを軌道修正してくることを期待しています。

(ぜんぜん関係ない写真で失礼します)

1-DSCF6015

 私のテレビ視聴環境は、自宅も会社も、アナログ時代に「スゴ録」というブランド名を使っていた頃からずっとソニーで構築してました。

 キーワードを入れておけば、それに関係する番組をバンバン録画してくれるので、二戸、一戸、軽米、九戸、久慈、NHKスペシャル、ガイアの夜明け、アジア立志伝などなど40〜50のキーワードを登録して、時間があるときに後で見ています。

 そして、そのブルーレイレコーダーがテレビに内臓になることで大満足していたのですが、気がついたらソニーがテレビ機種を集約する方向にあるようで、レコーダー内臓は三菱電機の独壇場になりつつあるんですね。次はそれかな。

 自宅ではレコーダー内臓のブラビア(ソニーのテレビブランド)があるオーディオルームから、家庭内ネットワークでダイニングと寝室のブラビアで見られるようになっているのですが、ダイニングのが古くて連携がイマイチ。

 そこで最新のブラビアに買い換えようと思っていたのですが、東芝の全録レコーダーが4万円を切ってきていてなかなか評判が良さそうでしたので購入してしまいました。機種名はD-M430です。

 HDD1GBを内蔵し、地上波6局で3日半の番組を全部録画できる仕様になっています。うーん、2GBで丸一週間なんですね。2GB内臓のD-M470のほうがよかったかも。

 さて、使ってみての感想ですが、まずは見知らぬ番組を発見する手段としていいかもしれませんね。歌番組なんてもう何年も見てませんが、 これを機に少し興味が出てきました。

 ところが、録画した番組を番組表から選ぶのと、報道とかワイドショーとかカテゴリー別から選ぶのがあるんですが、あまりテレビ自体を見ない私にとっては、後者でも番組の洪水という感じで、1ヶ月ほどたちましたがまだ戸惑っているのが現状です。

 こうなってくると、同じ番組の再放送は録画しないとか、録画しない方の選択が色々できるようになってくれるとより使いやすくなるような気がします。

 それと「こんなのが4万円か!技術の進歩ってすごいな」と思う反面、もうそろそろ全ての番組がオンデマンド提供が基本になって、質で番組が競うようになってくれたらいいなと思います。私が生きているううちになるかな?

(写真:24インチTVの下にあるのがそのレグザサーバーD-M430です。ハードディスクが回っりっぱなしなので少々うるさいです)
 

S0040109

 いつも出張にはソニーVAIO VPCX11AKJを持ち歩いておりましたが、このたび7型アンドロイド端末「NEXUS7」をセットアップし持ち歩いてみました。

 このNEXUS7、実は2012年型(笑)。家内が持ち歩きたいと言うのでNEXUS7 LTE版の2013年型(ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 32G / BT4 / LTE ) ME571-LTE )を導入してみましたが、なかなか良さそうなので私も。でも、私のワガママに耐えることが出来ず、早々に手放すかもしれないので、旧型でよしということで、しかも個人で。

 ちなみに2013年型は39,800円で、2012年型は定価が確か29,800円でしたが古くなったので19,800円+送料でした。家内はカメラ機能を使うので外カメラの有る2013年型で、私は使わないのでということもあって。

 それに日本通信 bモバイル スマートSIM 月額定額 980円のSIMカードをセットして、月に600MBの高速通信ができるIプランに切り替えて月900円。競争が激しくなって私のように月5日〜10日ほどの出張の時しか使わない人にフィットする料金体系になりました。

 で、2日間使ってみてWindows7のVAIOと比べてどうだったかというと、まずカバンからさっと出して持ちやすいし、使いやすい。VAIO(1時間強)に比べてバッテリーの持ちが結構いい。起動が早くていい。旧型なのに動作は全く問題なし。

 うーん、なかなか魅力的です。50歳の目にはスマホは厳しいでしょうし、こっちが本命かな。

 ただ、ブログの更新はどうかな。デジカメとWiFiで連携すれば便利なのかな。キーボード無しでは辛いかな。その辺はやっぱり課題として残っておりますので、 来週の出張はどちらも持って歩くことになりそう。

 というわけで、出張から帰って家でこのブログを書きました。
 

DSC00576

  Kindle Fire HD 16GB タブレット(写真右)を買ったのは昨年の12月。iPadを家族に譲ったのち、オーディオルームのリラックスチェアに座っている時にちょっとした調べ物があったときにいちいち隣室のパソコンに行くのもやっぱり面倒だと思ってたところに、7型前後のリーズナブルな端末が出たというので、アマゾンフリークの私は早速Kindle Fire HDを注文したのでした。

 15,800円とリーズナブルなのにずっしりと重いのと画面の綺麗さに驚き、また付属していた楽曲を再生したところなかなかいい音が出たことに驚いたというのが第一印象。操作性は独特のもので最初は戸惑いましたが、アマゾンをヘビーに使っている私とすればこれはこれで納得。

 電子書籍を購入する仕組みと見やすさがさすがだなと思ったのはもちろんです。とはいってもこの明るい画面で読書するのも辛いかなと思い始め、試しにと買ってしまったのがKindle Paperwhiteです。届いてまだ1ヶ月もたってません。

DSC00579

 まずびっくりなのが、白黒のコントラストの気持ちよさ。これなら目が疲れやすい私には相当いいかも。マーカーで線を引くことはできませんが、どうやらそれに近いことは出来るようでした。このあたりまだまだ使い込まないと真価は分かりませんが。

 ‥とかいううちに最近はほとんど触らなくなってしまいました。ネットのブラウジングはベータ版のソフトで出来るのですが、遅くてやっぱり実用性がない。まあ、表示も鈍い感じで時間かかりますしね。

 それに、電源を切っている間でも画面に絵を表示するんです(写真上)。これが気分が良くない。何もないほうがいいのに。‥などと思って今調べたら、検索画面で「~DS」と入れれば消えてくれるんですね。 おお、これで少し印象が変わった。

 Paperwhiteのほうは試しにという感じで買ってしまったのですが、今のところ、まだまだ一生書籍は現物で買い続ける方針です。Fire HDの完成度を前にすると、目的が違うし、半額と言えどもさすがにPaperwhiteの分が悪い感じです。断捨離対象かな(笑)。
 

DSC00206

 我が携帯電話が突然電源が切れたり、SIMカードを認識しなかったりすることが起こるようになり、4年ぶりに機種変更しました。

 NTTドコモが先日発表したツートップ戦略に乗って、ソニーのXPERIA Aに乗り換えるのもいいかなと思いましたが、重いものをスーツに入れるのは極力避けたいので結局はガラケーにすることに。30gも違うんですよね。

 以前のもNでしたが、選んだのはN−01Eです。

 4年間のガラケーの進化はどうかといいますと、〜飾が減って外板への塗装が無くなった、▲丱奪謄蝓爾離ャパシティを上げて重くなった、A犧邨呂見直されて同じNでも操作を覚えなくてはならなくなった、ぅメラの性能が上がった、チ圧ー錣裡薀癲璽匹韮韮蹌瓧蕋譴途中から使えなくなったのが、使えるようになった、といったところでしょうか。

 老眼が進み、デカイ画面のスマホも選択肢としてはアリなのですが、それを振り切るためにはスマホが140〜150gなら、ガラケーは90gほどで勝負してほしい。今回110g程で、私はだいぶ躊躇しましたので。

(写真:赤外線でデータ移行しているところ)
 

DSC00091

 相変わらずスマホでもなく、iPadでもなく、出張にはノートパソコンを持って行っています。機種はソニーの2009年発売のVAIOノートXシリーズの、VPCX11AKJという機種です。

 一言で言って遅いです。CPUはインテルAtomシリーズ。いわばネットブック仕様なわけで、重量655gという軽さでなければ我慢ならない仕様です。でもその軽さ、薄さが気に入っていて、いまだ現役で使っています。

 FOMA端末を内蔵したパソコンなわけですが、先日そのDocomoの契約を打ち切り、b-mobileの月々980円使い放題のプランに切り替えました。

 私みたいに出張で月1日使うだけでもDocomoだとあっという間に3000〜5000円になってしまうのはどうしても納得がいかない。

 そこに150kbpsという遅いけど使い放題というプランはどうかと試しに入れてみましたら、私とすれば十分でした。出張中どうしてもFOMA回線で繋げるのは、Gメールとブログのアップくらいでしたからね。

 しかし遅いのは確かに遅い。時々、我ながらよくまあ我慢していると思います。

 でも自分のせっかちな性格を否定出来るといいますか、我慢強いところがあるのを証明できる1シーンとして我ながら楽しんでいます。

 Mと言われればそうかもしれません(笑)。

P1083470

 我ながら、新しもの好き、ガジェット好きだったのに、ここまで落ちぶれたかと苦笑いしてしまったのは、この「週刊ダイヤモンド 新年合併特大号 2007-2008 12/29・1/5合併号」を買ってこの表紙に直面したとき。

 タイトルは「まだ間に合う!スマホ入門」。そして「もう逃げられない!ビジネスの現場で進む”スマホシフト”」というサブタイトルに仕方なくこの雑誌を手にしたのでした。

 私自身は、昨年1週間だけアンドロイドスマホに乗り換えたのですが、しっくり来ないのでもとのガラケーに戻して、その端末はO常務の手に渡りました。

 今考えると、自宅でiPod TouchやiPadに慣れてたので、どうもアンドロイドOSに違和感を感じたということがあったかも知れません。

 ドコモの一人負けが言われていますが、噂通りドコモでもiPhoneが選べるようになれば、私も違和感なく入っていけるかも知れませんね。実はBlackberryのキーボードが好きで、そっちが主流になってくれたらもっと良かったのですが。

 さて、この雑誌にも書かれていますが、スマホは「携帯電話」ではなく、まさしく「電話もできる小型パソコン」です。だから電話機能だけを言えば劣る。

 ではその小型パソコンが活躍する場面はというと、荷物を軽くして持ち歩く必要がある人、待ち時間がよくある人、 ではないでしょうか。具体的には電車で移動する方。

 車で移動する地方の人間には、都会でスマホをガンガン活用している人の何分の1かしか使わないわけで。

 なのにそれらを一緒くたにした料金体系とは何なの?(少しは選択肢があるようですが)

 と、ブツブツまだ言ってる私は旧人類化してしまったのでしょうね(笑)。

DSC_0054

 世間では携帯電話の販売比率の7割がスマートフォンになったそうで、普及に伴う新たなマーケットが生まれつつあるなどと日経新聞に書かれているのを見ると、これはスマホ嫌いを自称する私も食わず嫌いでは駄目だなと導入したのが、2月13日。

 OSのアンドロイドも世代を重ね熟してきた頃だし、105gと軽くて「おサイフケータイ」が付いて、世間での評判も良さそうな富士通のF−07Dを選んで結構ご満悦だったのですが、悩んだ末、従来型の携帯電話に戻すことにしました。

 その理由の第1は、長時間話していると熱くなってきて頭痛を導くということ。私はどうも電磁波に弱いらしい。従来の折りたたみ型であれば、電池もCPUも口側に近いところにあるので脳味噌とは離れていて好都合だったのだけど、スマホは耳のほうに来るんですよね。これがいかん。

 第2に、文章入力が煩わしい。指が太いのか、誤って入力してしまうのが煩わしい。指でボタンの感触を確かめた後ストロークする感触が無く、一気に触れたことで入力になってしまうのがね。カメラで言えば、半押ししてオートフォーカスの感触を確かめずに、シャッターを切ってしまうみたいな。入力しないときは画面を触ることさえ許されない仕組みになっているのが、果たして移動して動く人の感覚に合うのかどうか。

 いずれにしても、スマホ本来の機能を使わないからこういうネガティブな書き方になってしまうのでしょう。ツイッターは従来の携帯で十分だし、ブログの更新は600g弱のソニーVAIOで十分。そもそも文字が小さすぎるのは疲れるお年頃なんでしょう。それに田舎にいて電車での暇つぶしなんて時間があるわけじゃないし。

 私自身がそうなってしまったわけですが、今回のことで私の大予想である「スマホは今後衰退して、従来型の携帯電話に戻っていく」にますます確信を得たのでした。というか、単なる流行に乗ろうとした馬鹿者だったかな? 

DSC_2509-1

 携帯電話の販売の主流がスマートフォンに移ってきているそうですね。ここまでになるとは予想外でした。

 実はDocomoユーザーの私も昨年Galaxy Sを検討していたのです。その頃持っていた携帯電話をトイレに落としたのでしまいこれはチャンスかと思ったのですが、アルコールに漬けて蒸散させたら復活したので、逆に愛おしくなって使い続けています。 

 それと「アプリは楽しいけど遊びに過ぎなくて、実用的には普通の形の携帯電話で十分」と言う意見が聞こえてきて、やっぱりそうかとブレーキがかかり、自宅でiPod touchを購入してiPhoneの疑似体験をずっとしてきているのですが、実際その通りかと。

 そのiPod touchは今、オーディオルームのリクライニングソファーに座っているときにパソコンで調べ物などする代わりに役に立っています。

 ちなみにiPod touchの液晶が小さいので、今年4月iPad2の発売直後に購入してみたのですが、心配していたiPad2の電磁波(もしくは化学物質?)で頭痛が発生しがちなので、今は家内がメインのユーザーになっています。

 先日、ドコモのパンフレットを見たのですが、今のスマートフォンはほとんどこれまでの2つ折りのと変わらない重さなんですよね。中でもGalaxy S兇老擇て、早くて、液晶が有機ELで良さそう。これにおサイフケータイ機能があれば最高です。確か、ICチップを貼れば機能が付けられるという記事を見たことがありますが、それでOKなのかな。

 これまでパソコンでやっていた仕事を出先でできるようになって残業が減った、などという話もあるそうで、仕事に革命的な変化をもたらすかも知れませんので、そういうのをイメージするためにももう替えどきかな‥。

DSC_6140-1

 セキュリティのこともあってか、これまで出張先で社内のネットに繋がるのは携帯電話だけに限られていまして、なんとかならないかとシステム室に言ってましたら、徐々に環境が整い‥。

 iPhoneやiPadなどの選択肢もありましたが、私が選んだのは、ソニーのVAIO Xシリーズ(写真右)です。しかもこれを会社でもメインのパソコンに使うという渋い選択!

 CPUとSSDは奢る反面、重量減のためにバッテリーは最小のものにして、なんと655g!

 やたら薄くて軽いんですが、噂通りキータッチも悪くないし、剛性感も感じます。いままでの富士通のBIBLO MG(写真左)のViata+Core 2 Duoより動作は重く感じるけど、初日の印象は悪く無いです。

 老眼鏡に頼り始めたこの頃、11インチの液晶で、いつまで保つのかそれが問題?

DSC_4637

 最近、雑誌でiPhoneやXpediaなどのモバイル機器の特集が多いですよね。iPadの日本投入も近くなってきて、マニアに限らずかなり盛り上がっているような気がします。

 私も以前はかなりマニアでした。若い人はザウルスって知っているかな?

 そういえば、Macintoshを使っていた1995年前後に、Appleが今のiPhoneのご先祖に当たるPDAを試作して、マックフリークはすごく盛り上がっていましたね。

DSC_4640

 その当時に2010年の姿を想像してみたとしたら、結構当たっている位になっているのではないでしょうか。

 しかし、私はいま携帯電話でほとんど済ましていて、ときどきネットブックを出張に持参するくらい。

 iPod touchを以前に購入したのですが、頭痛がしてくるのですぐ手放しました。

DSC_4631

 いまはiPhoneの便利なアプリがたくさんリリースされていて、その世界は見てみたい気がするのですが、パソコンであれだけフリーウエアがたくさん出ているのに、ほとんど使わなくなってしまった今を思うと、パスしてもいいかな、と。

 しかしiPadは頭痛がしても、早く触ってみたい気はしますね。パソコンの新しい形ですからね。

0fe4ee95.JPG

 先週、上京時に夜、ホテルでケータイを充電しようとしたところ‥、あれ?出来ない!

 サードパーティーの充電器で、か細いコードだったのですっかり「コレだな」と断定して、充電器をゴミ箱へ。翌朝、東京駅でドコモの純正品を買って二戸に戻りました。

 で、買った充電器を接続しても、自宅のでやってみても出来ない‥。ありゃー、本体の方が問題だったのか!

  ドコモショップに金曜夕方に行ったら、日曜日に新しいのが届くので、そのとき交換しますということでしたが、日曜日が待ち遠しかったですね。

 その間、FOMAカードを別のケータイに差し込んで使っていたのですが、やっぱり自分のデータがないと不便!バックアップも取ってなかったですからね‥。パソコンのバックアップ同様、ケータイも必要です。

 ところで、ケータイは昨年6月より、写真のN904iを使用しています。そして、今年の1月から、1993年の初代ザウルス以来使用していたPDAを止めています。

 PDAのPocketPCとパソコンのOutlookの連携が快適で15年やってきたのですが、欲が出て、ケータイとウェブでそこまでやってしまおうと思ったのです。

 スケジュールは、「Yahoo!スケジュール」。こちらにあれこれ打ち込んでおいて、家内もみれるようになっています。ケータイでも閲覧・変更可能です。そして、サイボウズのスケジュールには清書という形で書きます。

 ToDoリストは会社のサイボウズ・ガルーン。こちらもパソコンとケータイどちらでもアクセス可能です。

 メモは、ケータイのメモ機能。いままで手書きだったので、一番心配だったのですが、何とかなるものです。でも、VIPとの会話の最中にケータイにメモるのは気が引けますけど(笑)。

 住所録は基本的に管理自体を止めて、年賀状は前年に頂いたハガキをベースに手書きにしました。いただいた名刺を以前はパソコンにインプットしてましたが、それを止めてそのまま名刺をアナログ管理。あとはケータイの電話帳で十分!

 そこに昨日、ドコモショップで待ち時間にカタログを見ていましたら、ビジネス用途のPocketPC内蔵のケータイで良さそうなものが‥。早まったかな?

e7188da1

メールソフトは、シェアウエアで通好みのBecky!をもう10年来使ってきましたが、ここへきて、とても便利だと評判のGoogleのGmailに移行しようかと作戦を練っておりましたが、よさそうな方法を見つけましたので、今週、長時間掛けて取り組んでいる最中です。さて、2GB近いデータを無事移せるでしょうか!?

とにかく便利なのは、Googleのスピーディーな検索ですよね。通常の検索はもちろん、デスクトップ検索もよし。Becky!の検索はかなり待たされましたので、Gmailになって、相当気持ちよく仕事が出来そう。

メールアドレスの管理も、検索でポンと出るなら、もういちいち登録したり修正したしなくて済むのじゃないのでしょうか?

それにGmailにしておくとパソコンを替えたときに、データをいちいち移す必要が無くなります。

同じGoogleの無償映像管理ソフトのPicasaもそうで、こちらは費用がかかりますが、画像データをGoogleが預かってくれるので、バックアップを取る必要が無くなります。

更に、GoogleはWordやExcelの類の文書作成や保存も、パソコンソフト要らずで、一括して出来るようになっています。個人的には、これはさすがにすぐには移行できないですが。

読者の皆様も一緒でしょうけど、気が付くと日々GoogleやYahoo!に助けられっぱなしですね‥。しかもほぼ無料で。スゴイわ。

続きを読む

smile 自宅のパソコンは、ソニーのノートパソコンで、ウインドウズ・ビスタが発表されてちょっと経った昨年3月に購入しました。

 さすがに新しいインターフェースは進歩が著しくて、写真の管理がしやすくて、気に入っておりましたが、昨年12月当たりからどうも変で、反応が鈍くなってきているな、ハードディスクの残り容量の問題かな?と思っておりましたら‥。

 月曜日に立ち上げましたら、な、な、なんと、絶対間違うはずのない、いつも通りのパスワードを入力しても立ち上がらないじゃないですか!

 火曜日には、ソニーのカスタマーサポートに電話して20分ほど電話して指示を受け、セーフモードで立ち上げてあれこれやってみましたがダメ。

 水曜日には諦めてウインドウズの再インストールを決断して実行しました。年末年始のグアムの写真が残っているか心配でしたが、なんとかそこまではバックアップできていました。しかし、1年前に、半年掛けてリッピングした2000枚のCDのデータのバックアップはしてなかったので、この際だからとあっさりと諦めてしまいました。

 というのも、全部入力して、この曲はイイ曲で、この曲はつまらないから削除して‥、とやっていくより、アマゾンのカスタマー評価などを参考にして、リマスターベスト盤などを漁って行った方が、趣味的に面白いかと‥。

 それと、つい買ってしまった、ソニーのウオークマンEシリーズのコンパクトさ、ボタンの押しやすさ、有機ELディスプレー、音の良さに感心して、iPodから宗旨替えしようかと目論んでいます。

 ちなみに、本格オーディオ用に、ソニーのNAC−HD1を購入してるのですが、チューナーも付いてますので、FMいわての番組「本郷孔洋のビジネスの眼」を定期的に録音して、ウオークマンに転送して聴いてます。

(写真:映画「スマイル」に出てくる十文字くんはどの子?私を除く家族が見に行ってきました。うちの息子2人もアイスホッケーやっているもので‥)

278a4b6f.JPG

 9月11日のブログでノートパソコンを、ソニーの超軽量モバイルタイプVAIO G1に替えたとお伝えしましたが、その後、あまりの遅さに閉口。

 これでは仕事に支障を来すと判断し、元の路線に回帰。富士通のMGシリーズという2キロ弱のノートパソコンを購入しました。

 せっかくなので、今回はCPUも早いCore 2 Duoに、メモリーも2GBに奮発して、デビュー直後と言うこともあって、直販サイトが割安感があったので自分で仕様を選んで購入しました。

 サクサク動くし、大満足です。横長ディスプレイになって表示範囲も広くなり、キータッチも当然ながら最新の物なので感触がよくて満足です。

 デザイン的には、右手前にUSB端子があったり、電源端子が有線LAN端子と重なって目障りだし、全般的な見た目には及第点はあげられないのですが、何とか持ち運べる範囲の重量で満足すべきなのでしょう。やっぱり、99%は会社で使いそうですし。

 G1にはとにかく残念。軽さと格好だけでした‥。ただ、CPUが遅いのは仕方がないとして、メモリー増強、シリコンディスクに換装などしたら結構使えたかも‥。

 やっぱりその路線だったら、王道のパナソニックのレッツノートにすべきだったのかな。

64e693eb.JPG

 会社のノートパソコンはウインドウズXPになってから、富士通のMGシリーズを2台乗り継いできましたが、Vistaに乗り換えてもいいとシステム室から許可が得られたので、数ヶ月前から検討を重ねてきましたが、ソニーのtype G(PCG−G1KBNA)を選択しました。

 今回は1キロ前後のリアルモバイルに焦点を絞り、パナソニックのレッツノートシリーズや、東芝のダイナブックSS RX−1と比較したのですが、Bluetoothを使いたかったので、少々遅いCPUとHDDの欠点に目をつぶり、ソニーにしたわけです。

 13.3インチから、12.1インチになったわけで、小さいです(写真では大きく見えますが)。キーは打ちにくいです。しかし、前世紀にレッツノートの10インチを使っていたので、慣れる自信があります。

 こんなに軽くなって、バッテリは10時間持つというので、最近買ったキャスター付のバッグに入れて持って歩こうと思っております。

97d6729e.JPG

 紙の手帳を捨て、初代ザウルスを使い始めたのが1993年ですから、もう14年になります。今は、HPPDAWindows Mobile機を使っていて、これは写真のように会社のパソコンのOutlookと連動するようになっております。

 それ以前は私もシステム手帳だとか、あれこれ試してみましたが、Todo(やるべき仕事)の管理が、紙だとぐちゃぐちゃになってきて、結構やり忘れることが多くてマズイ!と思えていたので、それだけでも電子化した意味があると思えます。

 また、手書きでメモを書き留めるのも素早くできますので紙に劣らないです。ケータイは手書きが出来ないし、パソコンのOutlookと連携が出来ないですが、最近は良さそうなのも出てきてますね。しかし、社内ではiモードが必須なので、どうしても移行できないのですが。

 手書きでひとまず書いたのを、後で冷静になってから、ばっさりと跡形もなく削除できるのも悪くないですし、再度スケジュール等に移行・入力する作業も、確認の意味で悪くないと思っております。

 また、パソコン画面でスケジュールをあれこれシミュレーションできるので、結果より効率的・効果的なスケジュールが組めるようにも思います。

 社員に仕事を頼んでも、たまにすっぽかされることもあって、「君の手帳はどうなっているんだ?どういう優先順位付けをしているんだ?」と聞きたくなります。

 これまでの経験から、忙しい人ほど電子化したほうがよいと思うのですが‥。

b1110f61.JPG

 スキーが出来ないとすれば、正月休みは何をしようかと、足を捻挫した12月17日、はたと考え、AV(オーディオビジュアル)雑誌を読んで気になっていたMac miniを買ってこれにアップルロスレスで半年掛けて2000枚のCDをリッピングしたハードディスクを繋げて、オーディオルームにセットして、椅子に座ったまま2万曲を自在に操るという構想を実現することにしました。

 その後、地元の電気屋さんでソニーのPS3が売られているのを発見。このとき我が家の子供たちも一緒だったのですが、この衝動買いで、パパが何を買ったのか分かっていない(笑)ようで、まずは噂のマシンをオーディオルームで遊んでしまおうとセット。

 説明書が薄いので、雑誌やネットでPS3の情報を集めると、これはゲーム機というよりAV機器として優れていて、SACDが再生できて、その音質もかなり良いという評価を発見。試しに使ってみましたところ、このSACDに加えCDリッピング(圧縮になってしまうが)の性能が悪くなさそうで、Mac miniをオーディオルームに据え付ける方針を、PS3が代替することに方針変更しました。内蔵HDDは300GBくらいほしいのですが、現在売っているのは160GBが最高。届くのは正月休み明けです。

 そして、居場所が無くなったMac miniは、車庫の隣の「離れ」の部屋(談話室)に移動してビデオ編集に使用することに決定(=写真)。しかし、このMac miniは素晴らしいデザインだけど、ACアダプタが外にあってケーブルが太くて長いので、こういう場合は全然美しくないですね‥。しかも、60分のHDVの編集には内蔵の60GBでは足りずがっくり。

 更に、250MBのHDDが4つ入った1テラバイトのHDDシステムは騒音が少々気になるので、以前から使っているノートパソコンの内蔵HDDを160GBに換装して、これに2万曲をAAC128Mbpsに変換して納めようと構想。これは変換作業を先にやっておこうと、台湾に行く直前の28日朝から作業を開始したのですが、なんとこのままでは1月7日前後までかかる模様(笑)。

 というわけで、パソコンのスピードや記憶容量にあこがれを抱かせられる正月休みです。

b58550c2.jpg

 私のPDA歴は、1994年のシャープの初代ザウルスに始まり、既に13年目を迎えていることになります。

 ザウルスは確か、新製品が出るたびに5〜6台ほど乗り換え、その後、パソコンのOutlookと連携を取るようになり、WindowsMobile機のコンパックのiPAQシリーズに乗り換え、3台目となっていました。

 昨年、ウィルコムからW-zero3(WS003SH)が発売され、ブログ作成に良さげで非常にぐらっと来たのですが、通信を使う機会=出張の機会には、結構ホテルとかインターネットカフェでパソコンに触れるので、思いとどまっておりました。

 しかし、高精細な画面とキーボードが魅力で、物欲を刺激され中古で買ってしまいました。が、ウィルコムの契約はしておりません。以下、ちょっとマニアックになりますが、私の感想を○×で紹介します。

 改めて手に入れてみると、案外デカイ(×)。データのコンバートは同じOSなので非常に簡単(○)。電話機能を内包しているからか、電源入れてから立ち上がるのが遅い(×)。画面上に電話機能のボタンが必ず出てきて邪魔(×)。クレードルが無いしUSBで充電出来なくてガッカリ(×)。キーボードは大きすぎて指が届きにくいところがある(×)。暗いところで高精細な画面をキーボードで触ると究極のミニパソコンを触っている気分になる(○)。

 最後に‥、コレを買ったら直ぐにコンパクトになった次世代型が登場してガッカリ(×)。

 私の理想とすれば、会社で契約しているドコモで、iモードメールも使えて、WindowsMobile内蔵で、今のケータイ(SH702iD)と同じ筐体で、クレードルでUSB接続だけで充電でき通信も出来るというカタチ。

 この思いを抱いてはや5年くらいになるでしょうか。待ってます、ドコモさん、シャープさん。

↑このページのトップヘ