きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

カテゴリ:  本社の話題

20221022_124212

 先週土曜日は、ANAクラウンプラザリゾート安比高原(旧:ホテル安比グランド)で、製造部、支援部、環境部の部門研修がありました。コロナ禍前は春・秋と一泊二日で部門合宿をやってましたので、その日帰り版と言う位置づけです。

 その中には、通称「社長の時間」があり、今回は約1時間、経営計画手帳にある十文字フィロソフィの,らΔ泙任諒拔会としました。

 当日までに読んで発言を用意してきてもらいました。私からは、通常の質問、私はこうします的な宣言、それに「こういうシーンが当てはまりますよね」的な場面の3つの切り口でと言っておきました。

 ちなみに、,れいな心で願望を抱く、∩把召平瓦鮖つ、常に謙虚であらねばならない、ご脅佞竜せちを持つ、ゾ錣北世襪、γ膣屬里燭瓩某圓す、の6つで、それぞれ100〜300字ほどの文章です。もちろん今年8月に亡くなられた稲盛和夫さんの遺した京セラフィロソフィの95%コピーです。

 間断なく発言があり、私や幹部から回答し、3年ぶりで大丈夫かなと思いましたが、やっぱりやってよかった。

 以前は京セラフィロソフィの勉強をたっぷり2時間やってましたが、1時間でも結構価値あるものになる手ごたえがありました。しかし、ちょっと駆け足になってしまったかもという面はありましたね。

 明後日水曜日には、同じANAクラウンプラザリゾート安比高原で残り3部門の部門研修があります。少しでもいい時間になるよう準備したいと思います。

IMG_20221004_164757

 大倉忠司社長をはじめ蠶撒族ホールディングスの7名の皆さんがおいでになっています。荷受け(問屋)さんの先のお客様とこんなふうに交流を持つのは、生協さん以外なかなかないことです。

 昨日は本社大会議室にて2時間を超える時間を共有してディスカッションさせていただきました。

 鳥貴族さんといえば600店を超える店舗を持つ焼き鳥居酒屋の会社であり、原料のチキンは国産であることはもとより、すべての食材は国産に切り替えてるという、尊敬すべき存在です。

 それもこれも、大倉社長のうぬぼれ哲学によるもので、目指す姿は「グローバルチキンフードカンパニー」。当社の名前と半分重なるからか、当社の原料を使っていただいている以上に親近感を感じました。

 さて、大倉社長とは4年前に初めてお目にかかっています。が、ちゃんと会話したのは今回が初めて。

 金田一温泉おぼない旅館での懇親会では、息子さんのこととかを話題に後継者問題にツッコミを入れたりして会話を楽しみました。

 また、部下の30〜40代の6名の方々は産地を大事にしている姿勢からか、すっかりいい感じで、あっという間に懇親会は予定の2時間となり終了しました。

 今回初めておぼない旅館さんで会食をしたのですが、料理はもちろんのこと食事の部屋がとてもよくでいていて、この上なくいい雰囲気で過ごせました。それとももこ女将の4歳の長男のやんちゃぶり、印象に残りました。大物になるな!?

 両社の間を取り持つ、荷受け会社のF社さんからもT社長はじめフォローいただきありがとうございます。

 今日これから御一行様は当社のバイオマス発電所を見学に行く予定になっています。が、私は社内ボウリング大会のため別行動で失礼します。

IMG_20220728_120641_1

 鶏舎そのものや、鶏の飼育のための機器を長年供給いただいている中嶋製作所さんから、焚火台が届いてからはや2か月。

 遅くなりましたが今日、本社裏庭のストーンサークルにタープを張って火入れをしてもらいました。作るは菜彩鶏の水炊き。

IMG_20220728_120701

 最初に使った鍋は我が家にあったダッジオーブン。役に立ってよかった。

 ちなみにこのタープやけにデカいなと思いましたが、19年前にこの社屋が完成した際いただいたお祝いで買ったものだそうです。これも使えてよかった。

IMG_20220728_120538

 せっかく作ってあるストーンサークルの出番がここのところずっとなかったので、たまには使いたいところ。

 今回は真夏の昼にしては過ごしやすかったけど、次はアフター5の夕暮れ時にやれたらリラックスできて良いかも。

IMG_20220728_121431

 本社には70人ほど在籍していますが、今日の昼、この試食に参加できたのは40人ほど。

IMG_20220728_121716

 もちろん私も食べたけど、ポン酢で目玉が飛び出るほど美味しかった。

 菜彩鶏で夏の水炊き、いいかも!?

IMG_6273

 昨年の社長賞授与は、私が受賞者の職場に出向いて、朝礼の時間に渡しました。

 そして今年は「本社まで来てもらったほうが喜ばれるのではないか?」と言われて、そうしてみました。

 確かに良かったですね。本社の70人の拍手を受けての賞状・記念品授与は、私も気持ちよかったです。本社の皆さんにもいい刺激になったでしょう。

 終わった後は、本社全員による5分間掃除の様子を見てもらって、その後、大会議室で私と受賞者7名で懇談会。お茶程度のつもりが、結局1時間近く話してしまいました。

 なによりその成し遂げたことの苦労話がやはり素敵でした。周囲の抵抗に遭いながらも何とか説得して、何度も失敗を積み重ねた末に成果に至るみたいなストーリーがあるんですね。

 で、「もしかして、その時に、これ成功したら社長賞取れるかも!と思ったりした?」と若手受賞者に聞いたら、「はい!」と正直に答えるところがなかなか素敵(笑)。

 その懇談会を終えて、本社見たことない受賞者には社内を見学して回って帰途についてもらいました。

 今年の社長賞受賞者7名中、6名は現業の人たちということもあって、良い思い出になったことでしょう。

IMG_20220310_144757 (1)

 例年3月に開催していた経営計画発表会が、今年もお流れになりました。3年連続です。

 そして昨年に続いて、私からの経営方針動画を社長室で自作自演で作っています。

 先週金曜、今週水・木と、今日で3日目です。撮ったのを見直すと気になるところが出てきて、何度も撮り直し。しかし、つぎはぎ編集作業はやりたくないので、フルで7回くらい撮り直しましたかね。

 昨年の17分に比べて、今年は21分ほどになりました。何度やっても23分ほどでしたが、最後の最後に短くなりました。

 プレイバックすると、「ま」という声が所々に入ってて、癖になっているみたいです。意識して減らすように努めましたが力が入ると忘れてしまって、ゼロには到底ならないようです。諦めました。

 あとは編集作業でPinPしてタイトル付けるのみ。ま、いいか‥。

IMG_8456

 生産部の副部長で定年を迎え、その後参与として新農場用地取得に奔走していただいた千葉隆志さんが68歳で退職することとなり、昨日社長室にも挨拶に来ていただきました。

 46年と言いますから、2021−46=1975。1975年と言えば、株式会社十文字チキンカンパニーの社名変更前の有限会社十文字養鶏が設立になった年です。

 ブロイラー消費の伸びによる急拡大の最中に入社し、生産畑を中心に尽力いただきました。どちらかというと事務関係を担っていただき、作業班の再編成を主導してもらったことが印象深いですね。

 残念ながらコロナで送別会が叶わないということで、結婚式じゃないけど写真だけはちゃんと撮って差し上げるようにとお達しを出しておきましたら、こうして写真に納まりました。

 思えば42年前、私が盛岡の高校に行くことになり引っ越しの荷物を運んでくれたのが、千葉さんとKさんでした。月日が過ぎるのはあっという間です。

IMG_7138 (2)

 月曜日正午から小林義昭顧問の送別を兼ねた昼食会を役員で行いました。10月20日で退職ですが、コロナ禍で送別会は出来ませんから、本人のラストスパートのスケジュールもあってこの日に。

 私が入社した昭和61年の6月に中途入社し35年在籍。その半分の18年が役員で、最後は専務取締役まで務めていただきました。

 部署で言えば、製造部、生産部、環境部、営業部とマルチに力を発揮してもらいました。

 私が社長になった直後、これまでの方針を翻して、工場の機械化を積極的にやってもらったことや、バイオマス発電所の立ち上げに尽力してもらったことが印象深いです。

 また、コミュニケーション力に長けた人で、クルマで助手席に座ってるとあれこれ話をしてくれて、おかげで現場の人間関係の掌握ができました。

 人を育てる力も抜きん出ていたので、送別会があったとすればたくさん集まっただろうにと思うとちょっと残念ですね。

 さて、そういえば、この春卒業した十文字清和前常務のときは昼食会もなかったですね。実は今、健助相談役の会社の専務に収まっており、当社社員とのやり取りは盛んにやっているようです。

IMG_20210830_120543

 新しいことをどんどんやる社風の株式会社小松製菓さん。当社から距離にして1kmほどのところに、北のチョコレート工場2Doorができてそろそろ5年になるんですね。

 コロナ禍での新企画で、職場に置き菓子するサービスを始めたということで提案頂き、昨日当本社の図書室の一角にセットして頂きました。

 私にとっては好都合。この日は昼食は、車で片道5分家に帰って軽く食べて戻るつもりでいましたが、昼ごはん代わりにちょうどいい! ダイエットにもなる!?

 選んだのは「まめごろう2枚入り」。自販機でサントリーの「すっきりしたトマト」を加えて、これで昼ごはん。しめて200円でした。

 うん、ちょうどよかった。8:45がタイムリミットの、弁当の注文を忘れたという人にも最高のサービスですね。成功を祈ってます。

IMG_20210823_111517

 今年度から始まったシリーズ、強化月間。8月は「コンプライアンス&CSR」月間となっています。

 先々週の役員会、先週の経営会議、そして今日の役員会と、3回に渡って議論しました。

 まずは部門ごとに項目洗い出し。当初は、グリーンゾーン、イエローゾーンなどと分けてリストアップされてましたが、分かりにくいので「進んでいる」「着手すべき」「望ましい」の3段階にと指示しました。

 こうして振り返ると、業界内で先駆けて取り組んでいる案件が多いなということ。ちょっと安心しました。

 パーフェクトのハードルは高いわけですが、リストアップした「着手すべき」「望ましい」を地道に取り組んで少しでも近づいていければ。

(写真:ワクチノーバ株式会社さんの創立10周年の記念品として頂きました)

IMG_20210820_103213

 社員の健康増進のために、社長室の隣の図書室に「健康サポートコーナー」ができているわけですが、私自身なかなか手を付けなかったバランスボールを持ち込んでみました。

 30分ちょっと座ってみましたが、けっこう効きます。姿勢が良くなる気がしますし、腰やお腹の筋肉を鍛える感じがかなりありますね。

 これに似たような効果の椅子として、実は自宅の書斎用にアマゾンでバランスチェアを購入して長年ありましたが、こないだあまり使ってないので捨ててしまいました。すねに当たるところの皮膚にダメージが有る感じがしたので。

 それに比べると、すねは安全ですが、お尻が蒸れる感じが残るのがマイナスかな。私には小さめですが、定期的に使ってみようかな。社員に定着しなかったようですし。

 というわけでこのブログを書いて1時間ほど。‥なんとか我慢できました。

DSC_5281

 そういえば嘱託のみなさんとの会話って少なくなっているかもということで、総合職・事務職の嘱託者の皆さんだけ集めての昼食会を思いつき、翌週の先々週、八幡平工場3名、本社8名、久慈工場3名の皆さんと実施しました。久慈を除いてS専務にも参加してもらいました。

 私も58歳になり、その年齢に近くなっているわけですが、成ってはいないので、どういう気持で60歳を迎えて、今どんな気持ちでいるのか?どういうふうに会社が見えているのか?を聞いてみたいなという素朴な気持ちからだったかと思います。

 で、こうして改めてお目にかかりますと、皆さん話してもらっているときの表情が晴れやかですね。60歳まで勤め上げた安堵感と、重責から開放され達観できる立場になることで、仕事をエンジョイしているように感じました。

 また、自分の持っている知識をいかに次世代に伝えていくかという使命を皆さんしっかりわきまえて動かれているのに感謝の気持で一杯になりました。

 意外だったのは「社内ブログのノルマから開放されて楽になりました」という声。事務職の方にとっては、変化がない日々を過ごしているのでということで、何でもいいから月2題でも厳しかったかな。来年度から修正しましょうか。

IMG_20210728_081901

 本日28日水曜日は会社が休みになっています。

 統計史上初めて宮城県に上陸したという台風8号で、いま雨が強くなってきました。県南の農場は大丈夫かな?

 さて、昨日、社内ネット掲示板で「自宅に余っているフォトフレームありませんか?」と出してもらいましたので、私も探してみました。

 というのも、本社で長年会長室として使っていた2階奥の広い部屋が応接室と名を変え、机が無くなったスペースが寂しいので、創業70周年も過ぎたことだし歴史を見せるコーナーにしたいということで、写真を集めて飾るのにお手軽にやる方法として、社員から集めた新旧雑多なフォトフレームで飾ったらどうかと提案したのでした。

 そもそも昔の写真がさっぱり残ってないのが残念なところなのですが、それでもなんとか集まったもので飾って、コロナが収束してお客様がいらっしゃったら観てもらって、長年お付き合いのなる方には「懐かしい!」と言っていただけたら嬉しいです。

 いや、博物館のようにそれなりに業者にお金を払って飾って貰う方法もあると思うのですが、修正したいとか追加したいとか出てくると思うので、カジュアルな感覚で。

 頂いて、持て余し気味なものの有効活用にもなると思うのですが、さてどうなることやら。

IMG_20210709_072837

 今週月曜日の朝礼で、左右180度参加者を見渡すと人数増えたような‥。

 ここ10年くらいカウントするのを怠ってたなあ。六十数名だったはずが、座席表を見て数えたら75人でした。

 本社人数は少ないに越したことはないですが、ここ10年で30%以上増産してるから、販管費倒れにはなっていないはず。

 そして、今はコロナで出張がほぼないので、月曜じゃなくても朝の掃除の人数も多いです。

 掃除は、5班に分かれて5分でやるのですが、班長さんは道具の準備や分担の指示をするので、いい勉強になっていると思います。

 7時半頃出社する私より前に、外掃除の準備は写真の通りいつもできています。通常業務以外で申し訳ないですが、誰かがやらなくてはいけないので仕方ないかな‥。

DSC_0487

 社長賞を先週月曜日に発表し、金賞1組、銀賞2組、銅賞2組が受賞し、2工場の会議の場と本社朝礼(写真)で表彰しました。そのうち一つだけ紹介しておきましょう。

 生産部の入雛ロット表の様式の変更ですが、エクセルの表なのに縦軸横軸というシンプルなものになってなかったそうです。それを本来のものに直しただけというもの。

 わざわざ複雑にしてしまっていることってよくありますよね。しかも前任がそれでやっていたんだからと、そのままやり続けるという‥。今考えればムダに働いていたわけですね。

 社長賞に今回は80ものエントリーがありました。成果云々もそうですが、このような意外な落とし穴を埋めてくれることもとても大事です。

 ある意味、疑問に思うことができるかどうかですね。「これ、なんかアホくさくないかな?」と思えたらしめたもの!?

IMG_20210105_093042

 図書室が様変わりしました。並んでいる本はさほど変わらないのですが、床に置いてある物のほうが大きく変化しました。

 まずは、奥の大会議室にあるテーブルと椅子ですが、常にたくさん会議室に置いてあって、狭い大会議室を圧迫する格好になっていたので、不要なテーブルと椅子はこの図書室に避難することにしました。

 これで大会議室が気持ちよく使えるようになったというわけです。

IMG_20210105_093012

 それと、第1事務室にあった健康サポートコーナーが引っ越してきました。

 40名ほどが仕事をしている第1事務室ですので、人目が気になって気軽に使ってもらえないのではないか?ということで移動になったわけです。

 そのせいか、利用者も増えたような。利用したらカレンダーに正の字を書いて人数をカウントしています。会議室に行ったついでとか、始まる前の時間に利用している社員も多いみたい。

 また、2階の住人は私だけなので、社員と会話する機会が増えてよかったです。

IMG_20200526_131411_copy_800x600

 今日は9:00から生産部の部課長職会議、13:15から営業部の販売会議、15:30には種鶏孵卵課の事務所に行って部課長職会議と、3つの社内会議にオブザーバー出席しました。

 写真の営業部販売会議は、3工場の販売課の課長がオンラインで参加。先月に続いて2回めのウエブ会議だそうですが、営業部はお客様とのオンライン打ち合わせも多いので、多少のトラブルはありましたが手慣れてましたね。

 実は先週月曜日、同じ大会議室で3工場と繋いで経営会議をやりましたが、ネット回線が混んでいるせいか声が途切れて実用に堪えなかったので、音声だけはスマホの電話機能でスピーカーを鳴らして接続したまま進行したのでした。改めて音声がいかに大切か実感しました。

 さて、この本社に引っ越したのは確か2004年のはずです。それからずっと16年間、この大会議室のスクリーンは巨大でした。

 しかし、先日気が付きました。デカすぎて仰ぎ見るので、首が疲れる! 見てるとどんどん姿勢が悪くなる(笑)。

 年取ったせいもあるでしょう。少しずつ苦痛に思えてきて、何だろう?とふと考えてみたら、やっとそのことに気がついたのです。

 結果、スクリーンを小さくすることで普通に見れるようになりましたし、プロジェクターの設置場所は前進し天井の金属の梁に天吊する形で取り付けられ、スペース効率もアップ。結構いい事ずくめだったのではないかな。

 わがままが功を奏する事例じゃないでしょうか。疑問を持てるかどうかが分かれ目ですよね。気がつくまで時間がかかったけど、まだ感性が錆びて無くてよかった。

P1030115

 社員により健康に関心を持ってもらうためにはどうしたらいいのか?

 あれこれ考えた末、各種測定器具やぶらさがり健康器などを導入して事業所に配置してあります。

 その中でも、目玉は骨密度計です。

 高齢の女性をたくさん抱える当社ですし、冬場に転倒して骨折というのも結構ありがちなので、そういうリスクを意識してもらうにはいいかと思いました。地元の食生活は動物性タンパク質の摂取量が足りない傾向にありますしね。

 但し、高価な機械です。各事業所に常備しておく必要はないだろうということで、1台を購入してほぼ1ヶ月毎に事業所を巡ることにしました。

 期間限定がかえってよかったのか、入れ代わり立ち代わり調べてもらっているようです。

 今は本社に来てましたので、私も先ほど測定。

 実は中学校のときには鉄欠乏性貧血を患いましたし、30代では必ずと言っていいほど骨密度が平均以下でしたので、自信がありません。

 しかしなんとか今日は標準のC判定。

 肉を積極的に食べるなどしてきて、50代になってからなんとか標準に収まるように成ってきてる感じです。

P1020754

 本社第1事務室(広いほう)に昨年、健康測定コーナーを設けました。

 血圧計、体組成計、ぶら下がり健康器が常備されています。骨密度測定器は結構高価なものですし、たまに測定すればいいものなので、1台だけ購入して事業所を巡回することになっています。

 このコーナー「女性的なもっと柔らかい感じの場にするように!」と担当に何度か言ったのですが、改善してこれくらいに。んー、まだまだ男臭いですね(笑)。

 新型コロナウイルス騒ぎになってから、本社に勤務する人も自宅での体温と、出社時の体温を記録することにしています。しかし寒い時期なので、朝の額で測る体温は低めに成ってしまいますね。

 お客様にも玄関で額の体温を測定してもらって記録いただいています。ご協力ありがとうございます。

DSCF9041

 本社の新年会が先週土曜日、過去最高の220名の参加で二戸パークホテルで開催されました。

DSCF9086

 例年1月第2週の土曜日に開催されるのですが、今年はちょっと遅らせて18日でした。

 種鶏場をはじめとする各現場から集まるので天候次第で開催が遅れるのですが、今年は天候が安定してて順調に集まり18:20スタート。

DSCF9095

 実行委員会の呼びかけに各方面が応えてか、楽しいステージを準備してくれました。

 私はこのグループに呼び出されてダンスしたのですが、息が切れましたわ。

DSCF9101

 部署対抗のアトラクションも楽しませてもらいました。

DSCF9107

 あっという間に2時間半経過で締め。

 田子町にできた新種鶏場の皆さんなど、初めて参加された方々は様子見しながら地味に楽しまれていたようです。そりゃあ最初はビックリするかな。回を重ねるごとにリラックスして楽しんでいただければと願っております。

IMG_20190921_111518

 昨日のNHK「チコちゃんに叱られる」でラジオ体操の謎をやってました。第1は子供からお年寄り向け、第2は大人向けだそうです。

 番組では消費カロリーを出してましたが、第1より第2が多いんですよね。以前に調べたら第3がもっと消費カロリーが高いということで、当社の本社では第3を毎日やっています。

 やり始めて2年は経過したかな。その前まであれこれ試行錯誤しましたが、消費カロリーが多い=効果が高いだろうということや、普及してないので覚えるのに大変ということもあって、せっかく覚えたんだから維持しようということで続けています(笑)。

 それと、社員が社外で「何か芸やって」と言われたときに、簡単にできてそこそこウケるかなという親心です(笑)。

 番組でも第3は確か「幻の」とか「再現」という言葉を使って見せてましたから、珍しさはいまだいい線いっているのでは?

IMG_20190820_135149

 昨日は久慈市侍浜の「侍の湯 きのこ屋」で、朝9時集合で1泊の、年に1度の経営会議合宿でした。

 地元の宿泊施設を使おうということで今年こちらになったのですが、太平洋沿いということからかエアコンなしが発覚。しかし、この日見事に雨で20℃前後。エアコンいらずでラッキーでした。最近雨男の評判の私ですが、威力を発揮しました(笑)。

 さて、今回の私の用意したプログラムの一つ目は「2030年を予想する」というものです。商品市場や地元の状況、各部門における変化、そして当社自体の姿‥を議論しながら、パワーポイントに入れ込んでいくというもの。

 内緒ですが、このままだと誰が役員で誰が幹部になってるか、何歳かまでシミュレーションしてみました。ちなみに、集まった16人のうち、私67歳を含む4人だけ残ることになりますね。

IMG_20190820_170126

 そして2つ目は久慈市在住のコミュニケーションアドバイザー、田原美晴先生に「社員に良い影響を与える関わり方や振る舞い」と題して、基本動作の確認から始まって、コーチングとティーチングの使い分けの仕方まで講義を頂きました。

 先生はこの道12年だそうですが、男性だけを対象にしたのは初めてとのこと。無理を言って用意していただいたかと思います。でも、先生の醸し出すコミュニケーション能力ゆえかとても好評でした。ありがとうございました。

IMG_20190503_162615 

 昨日午後、稼働している久慈工場と二戸工場を巡回し、夕方、十和田市内のホテルにチェックイン。

 お客様とスケジュールがなかなか会わなくて、お休みのところこちらに来ていただき、昨晩会食、今日はゴルフのお付き合いをしてきました。天気が良かったですし、馬肉を食べたせいかスコアも好調でした。

 そして、夕方休みになっている本社に寄ってみました。

 月・火・木・金と工場は稼働しているので、営業部と生産部の一部の社員が本社に来て仕事してました。20分ほどいて、見たのは4人。みなさん、ごくろうさま。

 本社は9連休ですけど、やっぱり生き物、鮮度の限られたものを扱ってるので仕方ないですね。

 私みたいに、連休で混雑してないときに代りに休めたほうがいい、と考えてくれるといいんですけど。

IMG_20190416_081122

 ウインドウズ7のパソコンの動作が不安定になってきたので、ウインドウズ10のパソコンに入れ替えしました。

 ソニーからデルの最新モデルになって速くてスムーズになって上々ですが、液晶の色の品質が落ちるのでちょっと残念ではあります。青みがかってたのを修正してだいぶ良くなりましたけど。

 そのついでに、十数年使ったアーム型のデスクライトから、最もケーブルの線が少なくなるUSB充電のスタンドライトにしました。でも、よく考えたらあまり使うことがないので、本棚に置くことにして、通常は写真より更にスッキリしています。

 そして、応接用のテーブルと椅子ですが、椅子を6脚から4脚に削減。テーブルの右側には左右どちらからでも行けるようにしました。これでだいぶ広くなったように見えるんですね。残った椅子は隣のサンルームにひとまず移動です。

 考えてみれば、椅子削減はなんでもっと早く気が付かなかったかなと思います。客さんが来るたびに狭苦しい思いをさせてしてきたんでしょうね。立ち止まってじっくり考えることをしなかったんですね。ちょっと悔しいです。

IMG_20190112_181735

 昨夜は二戸パークホテルで本社の新年会がありました。

 健助会長の挨拶では、今年85歳になることをアピール。

IMG_20190112_191927

 私の挨拶、勤続表彰、乾杯と続いて、さっそく派手なパフォーマンスで気分はアゲアゲに。

IMG_20190112_192652

 もちろんU.S.A.もアリ。このあと私も引っ張り上げられました。

 本社の新年会というと、これまで異部門の寄せ集め感がちょっとありましたが、幹事の皆さんの企画進行、パフォーマンスをした皆さん、毎年の積み重ね、それに昨年より30人も参加者が増えて209人になったことで、それを一掃した印象でしたね。感謝です。

IMG_20190112_204208_1

 私としてはなかなか日頃話すことがないたくさんの社員と会話できて良かったです。

 中にはこの華やかな場でもマイナス思考の方もいらして少しめげますが(笑)、現場の現実を受け止めて少しでも良い方向に持っていきたいものです。

IMG_20181203_075907

 これが本社2階の掃除道具一式です。

 机の上を拭くのとか、床を拭くのは、ちょっと贅沢ですが使い捨てです。

 窓拭きは新聞紙。小さいコロコロは、椅子のゴミ取り用。

 それに、微細なゴミを逃さない、ガムテープ。

 ガムテープは社員教育にも最高だと思います。ガムテープがなければ、微細なゴミを放置するのが当たり前になり、大雑把な人が出来上がりますが、これがあることで微細なゴミを拾うのが楽しくなり、細かいところまでしっかり仕事やり切る習慣づけにもなっていると思います。

 やっぱり道具って大事ですね。

DSC_0001

 当社の本社社屋を設計した札幌市の豊嶋守先生率いる画工房さんの作品集が届きました。5年ごと、5冊目だそうです。

 2004年の作品集には、日経ニューオフィス推進賞の東北経済産業局長賞を受賞した当社社屋も収められてましたが、素人が撮った写真も混ざってて、それに比べると今回のは写真のレベルが違う!

 当たり前ですが、どの建物もデザインのテイストがほぼ同じで、当社社屋と我が家の仲間が順調に増えていった姿が垣間見れるという感じで、そのバリエーションの広がりが感じられて見てて気持ちいいですね。

 それにしても、ロケーションって大事ですね。ほとんどのクライアントは北海道なわけで、自然が残っている土地に建てるシンプルでモダンな建物は格好良すぎ!

 もう一度自宅を豊嶋先生に建ててもらいたくなりました。でもその前に最高のロケーションを近くで見つけなきゃ。

IMG_20180728_105819

 7月28日ははじめてのファミリーデーでした。本社の他に、3工場でもご家族をお招きして開催しました。

 参加者は、本社が5組10名、久慈工場が10組18名。八幡平工場が7組12名。二戸工場が10組20名でした。このイベントの開催を決めたのが先月でしたので、やりやすい人数になり、ちょうどよかったかな。

 私は本社にて対応しました。「働いている姿を家族の方々に見てもらおう」が趣旨ですが、喜んでいただけたようです。

IMG_20180728_105923

 「もうちょっと前に、子どもたちが巣立つ前に開催してくれれば‥」とも言われました。確かに、もっと早く取り組めればよかったかな。

 工場では数百人働いているので大変だよな〜。全部署できるわけじゃないよな〜。‥との思いが障害になってたかな。できるところからやってみる、でよかったですね。

 今回はただ自分の席に着席してパソコンをいじってるところを訪問みたいになりましたが、農場指導員なら車に子供を載せて‥みたいなこともできたらいいかも。

 それは、私が子供の頃の思い出でもあります。

DSCF8276

 6月26日のNHK「クローズアップ現代+」の「あなたの職場はもう古い!?〜イノベーション・オフィスの極意〜」を興味深く拝見しました。

 当社の本社建物は2004年に完成し、日経ニューオフィス賞を受賞しており、今でもお客様にお褒めの言葉をいただきます。

 そこに近頃では、アメリカ西海岸の企業のオフィスをテレビで拝見して刺激になってはいたのですが、この番組で国内企業も大いに変わりつつあることを実感しました。

 机のレイアウトとか、共有スペースのコミュニケーションのとり方にもっと工夫の余地があるのかも。

 さらに、都内の1000人規模の企業が和歌山のリゾート地にオフィスを構え、最大3ヶ月間そこに住んで働けるという事例を紹介しておりました。やるなあ。

 ん、でも、このリゾートオフィスで往復15分の通勤時間と言ってましたが、当社であればそれくらいの通勤時間なのはザラにいます。残業だって、当社はかなり少なめなはず。休日も年々増加の予定。

 四季の自然や施設、行事を上手に愉しめば、リゾートオフィスに勤めているようなものです。

 日々の生活を楽しみ、それを刺激に効率的に仕事したいなら、当社はいい選択肢だと思いますがいかがでしょうか。

SSC_0003

 今年になってから本社では、お客様に出すドリンクを選べるようにメニューを用意してもらいました。なぜこれが始まったか、話したいと思います。

 毎年、年末年始、佐藤専務とお客様訪問するわけですが、大半は私がコーヒー・紅茶が飲めないことを分かってもらってますが、そうでない場合、コーヒーが出てそのまま口をつけなかったりすることがあります。

 反対に、メニューを見せられて選んだり、「お茶にしますか、コーヒーにしますか、アセロラにしますか?」とか聞かれたりすることがあります。聞かれると場が和らぎますよね。

 ひるがえって、当社はどうかというと、何も聞かずにこちらの都合で最大公約数の緑茶を出して終わってる。私みたいな人がいるかもしれないな。これは駄目かなと思ったのがきっかけです。

 また、現状では、合理性優先で紙コップの最低限の緑茶を出しているわけですが、当社のサーバー機械はいろいろ出すことが出来るわけで、それを活かしてないのももったいない。

 先日は、お客様にだけ聞いて、私には緑茶が自動的に出てきましたが、来客応対が多い人は恐らく飽きていると思います。実は私は緑茶も苦手。

 準備するほうは大変だと思いますが、当社の印象を決める最初のところですので、よろしくお願いします。

 なお、メニューには「水・白湯」もあっていいと思います。海外では水を出すところが結構多いです。白湯は体にいいですし。

 また、コーヒー・紅茶は、一緒に砂糖とミルクも聞いて、その数だけ持っていくのがスマートですね。

(先週月曜日の朝礼スピーチ)

010

 この4号線沿いに引っ越してきてはや14年。敷地内の白線を引き直しました。

 限られた敷地面積ですし、どうしたら社員に使いやすいか、どうしたら来訪者に分かりやすいかをあれこれ議論した末にこうなりました。

 お客様には、左側の建物の手前7台分が用意され、更に手前の7台分もお使いいただけるようになりました。もちろん間違って他の所に駐めても問題ありません。

 右側の建物の手前3台分は、社長(私)と、専務2人のスペースになっております。非常勤の会長も空いてたらここを使うことにしております。

 残りの左側に、社員は建物に近いところから順番に駐めるようになっています。クルマの向きは本社に向かって揃えることに統一しております。

 左側に見える消毒槽に入らずに置けるスペースを2台分用意しました。最低地上高の問題で消毒槽を通過できそうにない某農場オーナーのフェラーリはここです(笑)。

↑このページのトップヘ