社員教育と社風

2018年11月06日

管理職向けハラスメント研修

IMG_20181106_093127

 主任以上の社員・役員99人を対象に、ハラスメント研修を今日から4回に分けて開催しています。

 その初回の講義を聞いてまいりました。講師は岩手県労働局の雇用環境・均等室の室長補佐さん。

 アウト事例のビデオを見て、当社の社風とはかけ離れているなと思いました。しかし、社会の変化で世代間の基準が変わってきてて、ハードルは間違いなく上がってるので、ベテランほどこういう研修は受けておくべきでしょうね。

 ただ、部下への叱責自体は上司の仕事でもあるので、行き過ぎた過激な言葉だけがアウトになるんだと強調されてました。

 佳き社風がせっかく出来てると思うのに、ハラスメントでピリピリしてしまって他人行儀になってしまうという副作用が心配ですが、当社の社員はみな大人ですので大丈夫でしょう。


jumonji100 at 13:28|この記事のURL

2018年08月17日

凡事徹底 十ケ条

IMG_20180817_080755

 先日の倫理法人会の講演で、当社の社内の仕組みについてあれこれ話しました。

 これを機に、自社を振り返ることができてワタシ的にも良かったですし、聞いた方々は渡したマンダラート形式のレジュメからこのブログで検索すれば、より詳しくわかるはずです。

 その中で、まだ書いてなかったことを発見。それが「凡事徹底 十ケ条」についてでした。ちなみに経営計画手帳では2012年度版から載ってましたので、今年7年目。本社朝礼では月1回斉唱してますので77回読んだことになりますね。

 ちなみに、なぜこれを作ったかといいますと、年度スローガンに「凡事徹底」を掲げたのですが、労災が減らなかったりして幻滅して、どうしたら凡事徹底ができるようになるのか考えた末に、仕事の前に、身近な物事に凡事徹底をしないと始まらないのではと思いつき、無い知恵を絞り生み出したのでした。

 これまで何度か修正を加えて今に至ってますが、時代が変わり更に修正が必要かな。

    凡事徹底 十ケ条

  1.20歳未満には酒・タバコを勧めない
  2.後席シートベルトは必ず締める・締めさせる
  3.ケータイを片手で持っての運転はしない
  4.駐車場では指定された場所に謙虚に停める
  5.ケータイの電源を切るべきときは必ず切る
  6.相乗り、ペーパーレス、省エネに努める
  7.ゴミが落ちていたら拾う
  8.講演等は一方通行、質問無しで終わらせない
  9.いただきます、ごちそうさまでした、を実践する
 10.ラジオ体操・掃除は例外なく全員参加で実践する

(写真:今朝の生産部の朝礼が終わった瞬間)


jumonji100 at 09:05|この記事のURL

2018年07月17日

冷蔵庫の私物には記名が社内ルール

DSCF8753

 昨年の社内ルール見直しで、下から上がってきて明文化されたルールの一つが「冷蔵庫など共有スペースに私有物を置くときは必ず記名する」というものです。

 本社2階には私しかいませんので、2階冷蔵庫は比較的空いているのですが、ルールはルール。

 しかし、油性ペンがいまいち馴染まず、工作を決意。手元にあるもので作ってみました。

 うーん、不器用になったな‥。手が乾いてるからかな‥。気持ちが雑になってるのかな‥。

 ま、役割を果たせば良しとしましょう。


jumonji100 at 16:31|この記事のURL

2018年07月04日

喫煙率半減までもう少し

DSC_0028

 今年度のスローガンは「体に良い鶏肉を扱う我々が健康経営の見本を示そう!」とし、経営方針10個のイの一番に、「喫煙率は全国平均の男性28%、女性9%を目指す」を掲げておいます。

 当地は葉たばこの産地でもあり、当社総合職・事務職の喫煙率がちょうど全国平均の2倍程度となっているため、まずは全国平均を目安にしたのです。

 そして今、冬の賞与への禁煙手当の申告受け付けが終了。男性56人のうち18人が、女性6人のうち3人が新たにチャレンジすることになったそうです。

 チャレンジが皆成功すれば、男性32.8%、女性7.7%になるのだそうで、挑戦してくれる方々にはほんとに頑張って欲しい!

 でも、経営方針達成には更に男性7人のチャレンジが必要とのこと。勢いがついたのであとは社内ムード次第かな。支援部の腕の見せ所!


jumonji100 at 08:42|この記事のURL

2018年06月08日

目指すは、社員の育ちがいい会社

DSCF7943

 昨日今日と、学卒者の最終面接の後期分を終了しました。

 ちょっと気になったのは、大家族主義を標榜する当社の社風に好感を持ちながらも、甘い社風じゃないかと心配した学生がいたこと。

 ビジネスモデルとして誰がやっても結構な利益が出る仕組みの会社なら甘くなっていくのかもしれませんが、当チキン業界はそんなことはなく、ライバルと覇権を争っているわけですし、個々の社員はライバルと競ってもいるはずです。当たり前の話ですが。

 そのことをこのブログに書こうとしたら、頭に浮かんできたのが「社員の育ちがいい会社」。

 「いい育ち」と形容できる家庭で育った人と、そうでない人がいるじゃないですか。

 それと同じように、社員がすくすく育つ会社と、そうでないあれこれややこしい柵(しがらみ)やら逆風で社員が育たない会社があるのではないかと。

 「風通しのいい、社員同士の仲がいい会社ですね」とよく言われますが、社員の育ちが会社の育ちに直結するし、もちろん鶏の育ちにも影響大なので大いに力を入れているつもりです。

 というわけで、栄養や太陽光線とともに、時には厳しい刺激を与えられる「社員の育ちがいい会社」を目指します。
 
(写真:面接をした場所ではなく本社図書室です)


jumonji100 at 17:03|この記事のURL

2018年03月30日

体に良い鶏肉を扱う我々が健康経営の見本を示そう!

002

 年に4回発行している社内報の4月1日号が出来上がってきました。

 表紙には毎回私が寄稿しておりますが、今回のタイトルは新年度の方針「体に良い鶏肉を扱う我々が健康経営の見本を示そう!」そのままです。

 労働力人口が減少する中で、社員の健康増進に取り組む会社が増えているわけですが、当社も本気で取り組む所存です。

004

 ちょうど今、日本食鳥協会が最近作ったリーフレットのいいものがあったので、これを社内報に挟み込んで社員に見てもらうことにしました。

 ここのところ、少々玉がだぶつき気味と言われておりますので、社員がたくさん消費するいいチャンスかも!?


jumonji100 at 15:52|この記事のURL

2018年03月20日

私を変えた稲盛語録

103

 当社では、役員、総合職、事務職の皆さんには春秋の部門合宿研修で600ページもの「京セラフィロソフィ」を題材に勉強してもらっています。

 幹部16人が参加する月1回の経営会議ではそれに先駆けて全ページ勉強してあるという前提のもと、ここ5回に分けて「私を変えた稲盛語録」という題でプレゼンしてもらいました。

 一人3つずつ挙げて解説してもらい、質疑応答を行うというという簡単なものですが、興味深かったですね。多かった順に紹介しましょう。

 5票:常に謙虚であらねばならない

 4票:人生・仕事の結果=考え方✕熱意✕能力

 
3票:率先垂範する
    感謝の気持ちを持つ
    仲間のために尽くす

 2票:土俵の真ん中で相撲をとる
    現場主義に徹する
    ものごとをシンプルにとらえる
    有意注意で判断力を磨く
    反省ある人生をおくる
    成功するまで諦めない

 
1票:公明正大に利益を追求する
    有言実行でことにあたる
    渦の中心になれ
    数字を見ないで経営を行うのは計器を見ないで飛行機を操縦するのと同じ
    もうダメだというときが仕事の始まり
    素直な心を持つ
    自ら燃える
    日々採算をつくる
    信念を貫く
    地味な努力を積み重ねる
    私心のない判断を行う
    バランスの取れた人間性を備える
    ダブルチェックの原則を貫く
    知識より体得を重視する
    チャレンジ精神を持つ

 
もしかして道徳的な考え方の強さでおそらく日本で最上位にある岩手県と京セラフィロソフィは、とても相性が良いかもしれませんね。

 ちなみに以上のには私の分は含まれておりません。

 私の選んだ3つ:燃える闘魂、激しい闘争心
         才能を私物化しない
         吉野家、マクドナルド、カップラーメン

 
ちょっと脱線気味な内容ですが、3番めのは稲盛塾長の食事の嗜好が非常に質素なことが強く印象に残っていたからです。本物は質素でいいんだなと。

 「社長のクルマはどうなんですか?」と厳しいツッコミの質問がありましたが、台数とか買い替えの頻度は言い訳できないですが、中古車ばかりで周囲の目よりだいぶ安く上がってるはずです!


jumonji100 at 09:38|この記事のURL

2018年01月15日

方針文は最小文字数で書くこと!

012

 次年度のスローガンや方針を作成する時期となっています。

 私が全社のスローガンと方針の原案を考え、役員会で修正決定し、それを元に部門方針を考えてもらい、役員会で承認するという順序で進めます。

 そこで私がこだわるのは、具体的な方針文になっているかということと、分かりやすく最小文字数で表現できているかということです。

 長い文章はそれだけでロスが多いですよね。言葉が多ければ多いほど分かりにくくなるし、プレゼンで発表する際でも字が小さくなる。

 更に言うと、複写すればトナーの無駄だし、紙の無駄にも繋がりますし、読む方も0.1秒でもその分人生の無駄。

 また、方針の見出しと解説文を分離して書くようにすると、中にはただ言い換えただけだったりすることもあります。これもアウト。

 それに、「‥する。」で終わる方針文を書く部署もあります。今回「。」は無しにして、「‥の推進」とか体言止めにしなさいと指示しました。

 こういう細かい所の感性があるのかで、カイゼン脳が定着している幹部かどうかが分かりますね!


jumonji100 at 10:34|この記事のURL

2018年01月07日

2018年の本社新年会

DSCF9206

 昨晩、二戸パークホテルで本社新年会が173名の参加のもと開催されました。

 毎年、幹事が代わって趣向を凝らしてくれるわけですが、今年も半端ないステージでしたね。帰りに代行が来るのを待ってましたが、その際に見せてくれる帰り際の笑顔が皆さん素敵でした。みなさん、ありがとう。

 最初の総合職初参加者4人の挨拶が限界発声で痛快だったことが何より印象的でした。学卒、転職、昇格、異動とそれぞれ違った流れで新しい仕事に就いているわけですが、笑顔で気持ちよくデカイ声を出してくれると、「わかった!もうお任せします!!」と言いたくなります。

DSCF9208

 準備していただいたコスチュームで、私を含め幹部のみなさんが個々にダンスをして、そのまま会場で一人一票ずつ集めて歩くという展開でしたが、盛り上がったな〜。

 3工場の忘新年会と違って男性が多い本社の新年会は、盛り上げかたが少々難しいところがありますが、おかげさまでした。

 以降はお酒を注いで歩いたのですが、今年は久しぶりに40年の勤続表彰があったせいか、その話題が多かったです。思ったより10年毎の節目を意識していただいているようで、嬉しかったです。これも幹事さんたちの演出のおかげ。ありがとう!


jumonji100 at 16:41|この記事のURL

2017年12月23日

始業前にこだわる

DSCF7145

 本日は12月23日祝日ですが、業界としてはまさに書き入れ時。工場は稼働日となっております。

 10月より八幡平工場から赴任しているM工場長と一緒に、PJ二戸フーズの工場に入りました。

DSCF7147

 挨拶と軽口が飛び交い、朝からいい感じ。私が来たからというのもあるかな。

DSCF7148

 ラジオ体操から始まります。狭いところなので縮こまってやらなきゃという感じです。

 思ったのですが、狭いところでもできる体操って無いのかな? 無きゃ、作りましょうか。

DSCF7149

 新工場長の提案で、簡単な朝礼。毎朝だそう。

DSCF7150

 労災ゼロで本日も頑張りましょう!オー!!

 まだぎこちない感じもありますが、言葉で気持ちが一つになる方向はいいですね。

 明日休みで、今年最終稼働日の30日まであと一週間。お疲れ様です!!


jumonji100 at 11:44|この記事のURL

2017年09月08日

そうじ力とは?

022

 先週、当社のつくしファームを訪問したら、管理塔の壁に懐かしいものが貼ってありました。

 断捨離とか、こんまりさんとかがメジャーになる前に「夢をかなえる「そうじ力」」という本にハマってしまって、社内にも広めたいと要約して配布したものでした(写真はそれをパソコンで開いたもの)。懐かしい〜。

 その当時、2008年に、社内報に載った原稿がありましたので、そのまま掲載します。

(以下引用)

 6月16日、17日に開催されました「生産農場長地区大会」で社長挨拶として、4年ほど前に読んだベストセラー「夢をかなえるそうじ力」の5つのポイントについて紹介しましたが、ここで改めて紹介したいと思います。

1. あなたの住む部屋があなた自身である。あなたの心の状態、そして人生までをも、あなたの部屋が表している。
2. 部屋が汚い人は不幸感覚が強く、部屋がキレイな人は幸福感が強い。
3. 精神疾患へのプロセスは、部屋を掃除しないところから始まり、次に身なりを清潔に保てなくなる。
4. 汚いものや汚れている状態をそのまま放置しておくと、そこにマイナスの磁場ができ上がり、悪い事態をどんどん引き寄せてしまう。
5. 捨てるという行為は、新しい自分になるために不必要な要素を捨てていくと言うこと。

 本社では毎日、その日出社している人だけで8時ちょうどから5分間の掃除をしております。

 以前は、出社したらハイそのまま自分の仕事に、と言う感じで朝あまり会話が無くぼーっと目が覚めないうちに仕事に取りかかるという感じであまり雰囲気は良くなかったのですが、これを始めてからは、掃除で、ー勸同士で会話が弾む、体が目覚める、8時の仕事開始の区切りがハッキリする、ぅ皀里眇瓦皀レイになって仕事が始められる、ニ問者に本社がキレイだと褒められる、など良いことばかりのような気がします。

 日本は、学校を児童・生徒自ら掃除する珍しい国だそうですが、まさにそこに日本の素晴らしさがあるのではないでしょうか。更に、お坊さんの修行の世界、武道の世界、職人の世界など、日本的な素晴らしいものはすべて掃除から始まります。

 社員の皆さんには、会社だけ掃除するのではなく、自分の車、自分の部屋、自宅のトイレ、と5Sを広げて欲しいと思います。

 ただ、自分だけハイレベルに5Sを追求して、家族がついて来れなくて、家庭内不仲になることは避けて下さい。そのときの苦情は受け付けませんので(笑)。
 

jumonji100 at 11:44|この記事のURL

2017年08月01日

受身体質かどうか

DSCF1102

 この時期、社員教育に関するダイレクトメールや電話が多いような気がします。

 その中で、「受身体質からの脱却」というタイトルの経営トップが参加できるセミナーのお誘いがありました。うーん、これは参加してみよう!

 当社は今どうかといいますと、それほど受身体質ではないような気がしています。しかし、まだまだ理想には程遠い。

 理想は「打てば響く組織」。私が事細かに指示しなくても、当社だったらここまでやるのが当たり前と社員が自然と動いてくれるようになったら最高ですね。

 そのギャップを感じた時に、月曜日の朝礼で時々愚痴ったりしていますが、近頃減ったような。逆に、時には私が思ってた以上のレベルで仕上げてくれて感激することもあります。

 でも、現状に満足してはいけません。いいテーマなので、しっかり勉強してきたいと思います。


jumonji100 at 09:53|この記事のURL

2017年07月24日

わらび座「ジパング青春記」観劇の社員感想

001

 この夏の、秋田県の劇団「わらび座」による研修の件は先日書きました

 当社では研修が終了すれば、社内ネットの掲示板に研修報告書を書くことになっており、その形式は【学び】が10個、【実行】が2個となっています。

 その146人全員の報告に目を通しているわけではありませんが、見たところ研修の前での「ジパング青春記」観劇についての学びもけっこう書かれておりました。

 近くの席で観たからか、「迫力に圧倒された」「役者の表情から複雑なニュアンスが伝ってくる」「セリフに強弱があった」「役者には歌も運動能力も求められ、すごい」などの意見が多かったですね。

 そして、実行の欄には「ときどき観劇をする」とか「今度は家族で行ってみたい」などと、いままで観劇に縁のない人たちの掘り起こしに少しなった気がしています。

 私も3年前の文士劇で、その総合芸術ぶりに納得がいき、観劇側に回っても学びが結構あるものだと思えているので、嬉しい限りです。

 さて、写真の色紙が会社に届きました。わらび座の皆さん、ご配慮ありがとうございます。社員の皆さんの今回の研修・観劇の記憶定着に役立てばいいですね。さてどこに飾ろうかな?

 今回の秋田県の豪雨で、仙北市周辺も被害があったようですが、わらび座・あきた芸術村は無事で本日より通常通りの営業だそうです。なによりです。


jumonji100 at 16:31|この記事のURL

2017年07月14日

劇団わらび座で社員研修

018

 3年前、私が地元の市民文士劇に応募して出演したときに、その稽古の過程で「この世界は勉強になる!これって社員研修にいいかも」と思ったものでした。

024

 そうこうしているうちに、テレビ東京の「カンブリア宮殿」が、わらび座を取り上げてるのを見ました。

 隣県の田舎町にありながらも、劇団を軸に宿泊施設や温泉、地ビール工場を絡めて複合施設として経営し、地元自治体とも密着して町おこしにも一役貢献している姿に感心したのでした。しかも劇団四季に次いで国内ナンバー2の観客動員数!

026

 それから間もなくして、二戸市でわらび座の出張公演が迫り、私の所になんと、二戸市出身のわらび座の若い女性が営業に来るという展開。

029

 「いや実は、テレビで見た中でも、社員研修について関心があるんですよ」と伝えたところ、次回にはその営業に来られたのでした。

033

 で、こういう研修は、まずは私自身が受けて効果のほどを検証してから役員・総合職・事務職にまで広げて受けさせるのが順序と思ってたのですが、残念ながら検証の機会には恵まれませんでした。

043

 というわけで、今回は博打に打って出て、見切り発車。季節の良い6〜7月に1泊2日、約150人を5組に分けての参加。

 私もその中に入ろうかと思いましたが、3年前にだいぶ鍛えられた気もしてましたので、今回はスケジュールの都合もあり、最終の第5組目にオブザーバーとして端っこでずっと見学させていただきました。

049

 講師は、5組とも、わらび座で脚本・演出を担っている栗城宏先生。

 社員たちは実際のわらび座の公演を観劇した後、2日間で合計6時間ほどお世話になりました。

050

 約半分は、限りなく遊びのような、先生からの課題出し。

 いつも感情を抑えて、与えられた仕事をこなしているであろう社員の皆さんに、テンションを高めさせるかのような展開でした。

 先生の注文に一所懸命応えようと頑張る社員たちの姿がそこにはあるのですが、慣れないことをやるので結構ずっこけてくれます。それが何度も爆笑を誘い、練習場にこだまします。

 当社は大家族主義を標榜しておりますが、今回は部署を超えて任意に集まった30人であり、その面でも役立ったのではないかと思います。

055

 そして後半はプチ劇団員経験。

071

 有名な脚本の一シーンを、5人ずつに分かれてチームで磨いていきます。

085

 中には演劇経験のある社員も交じっていましたが、ほとんどが幼稚園や小学生以来ということで、いつも使ってないエリアの脳みそを使って、大きな声を張り上げての時間だったので、いいリフレッシュになったのではないでしょうか。

 終了時の一言ずつでも、日頃のコミュニケーション能力の拙さを自覚したような発言が多かったようでした。

 穏やかなで朴訥な人が多い地元岩手ですので、その面でも価値があったのでしょう。

075

 今回の脚本は、命に係わる友情の物語。瀕死のシーンでの相手を想う気持ちを表現するのは、どうしたって迫力が必要です。

 そういえば、当社の今年のスローガンは「強い願望から始めよう! 努力と創意工夫は付いてくる」ですが、まさにそれとオーバーラップするかのような場面でした。

 「心に秘めた強い思い」というのももちろんアリだと思いますが、外に強く表現することで、自分の思いをさらに強くすることもできると思うので、そういうメソッド(手法)として今回の経験を生かしてもらえればと思います。

 最後に‥、博打には勝ったな!って思ってます。お勧めです!

 栗城先生をはじめわらび座の皆さん、大変お世話になりありがとうございました。


jumonji100 at 12:05|この記事のURL

2016年08月03日

手帳読み上げ

IMG_0251

 毎朝の朝礼では、手帳の読み上げのシーンが有ります。◯月◯日には、この3行を読むようになどと印刷してあります。

 当社社員が共通して学んだセミナーでは腕の角度は真っ直ぐだったと思いますが、眼の焦点が合わない人がいるので、全員揃っているわけではありません。

 その辺りは当社らしさでもあるかなと思っています。


jumonji100 at 07:16|この記事のURL

2016年03月31日

小さなことから残業を減らしていく

P3660509

 この「ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社」という本、某会合で一緒のテーブルを囲んだ著者ご本人である岩崎裕美子さんから頂戴しました。

 当社とはあまりに畑が違いすぎる化粧品業界での成功物語かと、あまり期待しないで読んだのですが、思いの外参考になりました。アマゾンで見たら今日もまだ経営戦略のカテゴリーで売上ナンバーワンになってますね。

 まず、トップだけが独走して社員がついてこない状況を経験しているのが、私と同じ(笑)。その勘違いから脱却し、社員の幸せを思って奮闘する姿が素晴らしいなと思いますが、ほぼ女性だけの会社とあって否応なく女性の働きやすい職場づくりとしての実例が描かれています。

 当社は食品に関係する会社ですし、工場従業員の女性比率が高いので全体では女性社員の比率は約70%ですから、総合職でも女性の比率がもっと高くなってもいいはずなのですが、残念ながらそうはなっていません。

 読むと、もっと女性にハードルが低い環境づくりのためにはここまでやらなければならないのかもと思うような内容です。例えば、小学校入学前までは6時間勤務とか。

 それと残業をなくすためには、やっぱりちょっとしたことの積み重ねと雰囲気作りだと再認識。

 ちなみに、当社はこの春から1日460分を480分にして、1月あたり1日休日増としたのですが、これは本社で言えば、昼の休憩を60分から50分に、夕方10分多く仕事をすることになるわけですが、帰る時間が全体平均で10分遅くなってはダメなわけで、いいタイミングでの情報を頂戴しました。

 翌週月曜日の朝礼で、ー卞皀瓠璽襪任蓮屬疲れ様」は使わず、いきなり本文にすること。⊆卞皀優奪箸離好吋献紂璽蕁爾法⊂綮覆任△辰討盖可無く入力して構わない。の2点を指示させていただきました。自分ではやってたけど、指示はしてなかったというレベルでしたけど。

 こういう数秒の細かい仕事の省略をしてまでも残業は減らしたいというメッセージにもなりますし、実際ロジックとして結果が出るはずですし、そういう細かいところまで気を遣いましょうという啓蒙にもなります。

 いい本をありがとうございました。
 
jumonji100 at 09:18|この記事のURL

2015年12月12日

採算意識を持ち自ら考えて実践しよう

DSCF6112

 「採算意識を持ち自ら考えて実践しよう」

 これが平成27年度の当社スローガンです。本社等で週1回の朝礼で唱和を行っております。 

 昨年のスローガンは「経営者意識を持つ仲間を一人でも多く増やそう」でしたが、ではその経営者意識とは何かを簡単に覚えられる言葉で表現しようと思い立ち、考えた末に出来たのが上記の言葉です。

 1年の3分の2が過ぎたいま、この言葉が効果を発揮しているか、スローガン倒れになっていないか、社員の心の奥底に入り込んでいるかどうか‥。

 そして次年度のスローガンをどうするのか。また悶々とする時期到来です。

(写真:11月30日の記事の場所で撮影)


jumonji100 at 16:37|この記事のURL

2015年11月25日

ネームホルダー

DSC_3542

 さきほど社内5S委員会による5Sチェックがあり、机の中やら後ろのロッカーの中を見られました。

 前回に続いて、社内で禁止になっている小さなゼムクリップを引き出しで発見され、自分の咄嗟の判断の誤りにがっかりしてしまいました。私もまだまだです。

 チェックが終わって、 自ら5S委員会的な目で再点検しましたら、余計なネームホルダー3枚発見。

 時々やるんですよね、ネームホルダーの持ち帰り。申し訳ないです。返すのも何なので、何かの際に使うかもと思ってこうして3枚キープしてあったのですが、もう何年も実際に活躍してくれたことはありません。もったいない気がしますが、捨てるしかありませんね。いや、側だけは本社の文房具コーナーに預けておこうか。

 ところで、これらネームホルダー3つのうち、ピンクのは首から下げるものです。首から下げるのは裏返ることが多いので、社内で作成するときには必ず両面に名前を入れるようにと指示してあります。このピンクのもそうなってました。

 片方だけだと、気になりますよね。我ながらこういう細かい所にこそうるさいです。


jumonji100 at 10:32|この記事のURL

2015年10月27日

小グループに分けての社員の海外視察旅行

DSCF5199

 55周年記念ということで、6月十和田湖旅行を3回に分けて企画し、約500人の社員・関係者に参加いただいたことはご報告した通りです。

 そして、総合職、事務職の社員で5年以上勤務の社員約90名には、台湾、中国を中心に、タイ、欧州など数グループに分けて視察旅行に行っていただきました。

 そのほとんどが海外初経験ということで、行き先の食文化や鶏肉の流通に関するレポートやらを社内ネットで報告していただいておりますし、社内ブログでは裏話やら感謝の言葉を頂いております。また、秋の合宿の宴会もいつも以上に盛り上がったような気がしています。

 特にいつも定型業務をやっている社員に初めての海外という組み合わせでは、大いに刺激になったと思います。 

 「社長、次はヨーロッパに行きたいです!」と遠慮なく合宿で言われてしまいました。

 「うーん、次は自分のお金で行ってみな! 身になるよ!!」と言いたかったのですが、まあ、今回はガイド付きの初の海外を経験したのだから、次はより少人数で、特命を与えて、ガイドなしで出かけてもらうのもいいかも!?

(写真:今私が来ているのはモーターショーの会場ではないです)
 
jumonji100 at 10:40|この記事のURL

2015年05月07日

後席シートベルトは必ず締める、締めさせる

DSC_0586a

 本日、二戸警察署さんがいらっしゃいます。

 取り調べではなくて、4年ぶりに「全座席シートベルト着用モデル事業所」指定ということで授与に来られます。

 当社のみなさんは「後席シートベルトは必ず締める、締めさせる」(凡事徹底10カ条の2)を実践しているでしょうから、締めなかった過去の常識が不思議でならないのではないでしょうか。

 ちなみに、交通事故での平成26年の死者数は4116人で、14年連続で減っているそうです。それでも毎年4000人もいます。

 シートベルトをしていないと、3.5倍危険だそうです。

 シートベルトをしてなくて命を落としたとしたら、これだけ悔しい死に方はないのではないでしょうか。

(以上、本日の朝礼スピーチ。2年後の3月末日まで「早め点灯」も加わったモデル事業所指定となりました。岩手日報の記者さんもいらしていましたので、記事になろうかと思います)
 
jumonji100 at 17:07|この記事のURL

2014年12月05日

幹部の4大責任

1-DSCF7531

 幹部の4大責任は「業績責任」「部下育成責任」「業務改善責任」「報告責任」だそうです。

 それを知って以降、当社の経営会議ではこの4つの項目名をそのまま使い、検討しています。

 業績責任は当然、収支や成績指標について。業務改善責任は取り組んでいる課題について。報告責任は経営環境の変化について。

 そして部下育成責任については、あれこれ試行錯誤しています。これと言って決定的なフォーマットが見つからないのが現状です。

 私の思いつきで、毎回色んな角度から部下育成を見つめる時間にしています。とにかく時間を割くことが大切だという思いだけで。

 その成果は現れているのか? どうなんでしょうね‥。
 
jumonji100 at 14:55|この記事のURL

2014年11月17日

経営会議前の昼食

1-DSCF2693

 今日午後は二戸工場で経営会議。先月から12:30に集まって当社食材の昼食を一緒にとって、論評し合おうという企画をしています。

 先月は一戸町「いちカラ」 の菜彩鶏唐揚げと菜彩鶏唐揚げバーガーを試食。今月は二戸市「龍潭酒家(ろんたんしゅか)」の期間限定メニューの菜彩鶏黒酢炒めでした。

 肉が大きいとか堅いとかあれこれフリートークがありましたが、私にとってナルホドナーだったのは、大半の皆さんがご飯も肉も柔らかいのを欲しているということ。

 話を聞いてると、それでいいのかな? もしかして日頃ホントに美味しいものを食べてないからそう感じるのかな?と思えてくることもありました。食べるのも早いようだし。まあ、幹部は食事も早いくらいがいいのかもしれませんが(笑)。

 いずれ、試食会で美味しい不味いを論評する前に、こうして自分たちの舌がどういう傾向のものを欲するかの確認はしておいたほうがいいのかもしれませんね。そのいい機会になっていると思います。


jumonji100 at 20:36|この記事のURL

2014年06月30日

心得本の補習会

1-S0014683

 先々週土曜日と、先週土曜日の夜、通称「心得本」と言っている小山昇さん著の「仕事ができる人の心得」の補習会をしました。

 この本には1277個の仕事が出来る人になるための言葉の解釈の仕方が載っていますが、その中から365個を指定して社内で勉強することにしております。

 朗読しては質問を取ってそれに答える形式で勉強会を過去3年6回にわたって進めたのですが、その間に入社したり、部門合宿を欠席した社員を対象に補習会という形で開催しました。

 夕方6時から用意された夕食を食べて、6時半から8時まで、約60個の用語を学んでいきます。

 若い社員たちに直接話せる場でもありますし、終わったあと同期で飲みに行くきっかけにも成るという目論見で企画しましたがいかがだったでしょうか。

 あと4回あるのですが、徐々に人数は少なくなり、定時内の時間でやることになってます。少ない人数だと一人あたりの質問も遠慮無く出来るので、それはそれで楽しみです。
 
jumonji100 at 05:59|この記事のURL

2014年05月23日

社内用語テストの結果

S0014577

 以前にお伝えしましたように、経営計画手帳に書かれている社内用語のテストをこの春の部門合宿4会場で開催しました。

 その結果が出来上がってきまして、点数を社内ネットの掲示板にアップしました。100点満点の上位からですが、学校の試験とは違って「同じ点数なら早く終えた人が上位」というルールにしました。

 手帳に載っている中から選んで出すのですが、ほとんどが既に指定しているキーワードが空欄になっていてそれを埋めるだけですので、みなさんなかなかのハイスコアでした。

S0024578

 しかし残念ながらその分布はロングテールを描いてましたので、70点以上を合格として、それ未満だった方々には再試験をすることにしました。

 これでほとんど社内の考え方が揃うはずですが、つい先日に幹部が会議で「目標」と「計画」を間違って使うという大失態を見せてくれました。学んで実行しなければアウトだぞ。しっかりしてくれー。


jumonji100 at 12:30|この記事のURL

2014年04月12日

社内用語のテスト

DSCF6054

 今日から泊まりで、製造部と品質部は八幡平リゾートホテルで、営業部は八戸シーガルビューホテルで合宿研修が行われています。

 私は午前は八幡平へ、そして八戸に移動し、無事それぞれでの社長講義の時間を終了しました。とは言っても今回はテストで、経営計画手帳にある社内用語について空欄を埋めてもらいました。ちなみに、社内用語とは業界用語ではなく、心構えの話が大半です。

 同じ点数では、早く退席したほうが順位が上というルールにしてみました。仕事は早いほうがいいですからね。

 残りの2部署の合宿が終わるのは5月中旬です。全部終わったら社内ネット上で順位表を発表する予定です。
 
jumonji100 at 17:46|この記事のURL

2014年03月24日

社長賞

IMG_1798-001

 何年も前から実施しようと思ってましたが、やっと今年実践しました。推薦者が推薦理由を400字以内で書いてエントリーを受付けていたのですが、21日の経営計画発表会の最後を飾るプログラムとして、社長賞の発表をしました。

 一人ひとりをパワーポイントで写して紹介して、本人に壇上に上がってもらって、銅賞、銀賞、金賞の順に発表。合計6人が受賞です。

IMG_1816

 金賞に選ばれたのはH君。賞状と賞金を渡した後、スピーチをしてもらったのだけど、なかなかグッと来るものがありました。機械屋さんもギブアップした改善テーマを、意表を突く発想で解決。しかしそこまでの道のりは並大抵ではなかったようです。

IMG_2015

 実は経営計画発表会では6人のうち4人だけに渡すことが出来ました。というのは2人は現業の方でしたのでその日はその場にはいませんでしたので。

 ということでその2人には今朝の本社朝礼に来ていただき、60人ほどの祝福のもと賞状と賞金を渡すことが出来ました。一人は施設課で農場のメンテナンスをしている嘱託の男性、もう一人は久慈工場の女性従業員でした。ふたりともアイデア提案で受賞。緊張していたみたいでしたが、喜んでもらえたようです。

 後付けになりますが、業績貢献、好影響、好成長、の3つの尺度でこれからも華やかに表彰できればと思っております。
 
jumonji100 at 16:19|この記事のURL

2014年02月12日

具体的な言葉とは

S0111020

 選んだラジオ番組をまるごとMP3で録音してクルマで聞くようにしています。「山下達郎のサンデーソングブック」もそのひとつなのですが、最近のスポンサーのCMはどうも番組のイメージに合わないなと思うこの頃。しかも制作費が乏しいのか同じものをずっと流し続けてて、リスナーにとってこれは逆効果じゃないかと心配したくなるのは私だけでしょうか。

 しかし、しつこく聞いて耳に入っていたS電工さんのCMが現実に当社内にも起こっているかもと思えることがありました。ちなみに、そのS電工さんのCMはこうです。

 「では、志望動機をどうぞ。」

 「はい。業界のトップランナーとして走り続ける御社で、私の能力が最大限に生かせるクリエイティブプランが、もうできています。」

 「どんなことだね?」

 「はい。まずはターゲットを徹底的に調査。グローバルな視線にフューチャー。エコロジーなスタンスでシステマチックなプランをカスタマイズし、KPIを決定。 ワークスタイルをドラスティックにエボリューションすることで市場の動向にスピーディーに対応。ROIをチェックしながらエモーショナルにファクトをメイクし、ソーシャルメディアを活用したソリューションで問題を解決。売上をビッグにしてみせます。」

 「で、具体的に言うと?」

 「ですから‥」

 ナレーション「具体化出来なければ何も始まらない。科学の力で夢を具体化。S電工です。」

 耳にタコが出来るほど聞いたCMですが、このたび社内で「各部門の次年度方針を抽象的な表現を削って具体的な言葉で用意せよ」と指示したところ、このCMのような齟齬が発生してしまって、ある部門は何度も修正要求することになりました。

 上司の頭のなかでは素晴らしいことを考えていても、それを具体的な言葉で表現できなければ伝わりませんし、実現しません。あるいは上司の頭のなかでまだ浅くしか考えられてないから具体的な言葉になっていないのかもしれません。

 また、「昨年でも一昨年でもない、ましてやいつも取り組んでいることでなく、まさに今年取り組もうとしていることを表現しなさい」あるいは「部門の人間が暗記できるくらいにしなさい」と言っているのですが、これもなかなか理解していただけないような。

 「1年の計は元旦にあり」じゃないですが、1年のスタートは方針にあり。すり合わせは妥協無くやりたいと思っております。


jumonji100 at 12:52|この記事のURL

2014年01月25日

作りたい社風を評価基準にする

2014_0124_16260800_resize_20140124_211621

 昨日話題にした昨年からのある経営者の会。参加したときの講演が社員の評価についてでした。まだあまり普及していないやり方ですね。

 講師のM社長が「詳しいことが聞きたかったらあとで当社にお尋ねください」と言われてたので、しばらくしてから電話してお願いしてみたところ、そんな電話は私だけだったようです(笑)。

 快くメールで資料を送ってもらい、昨日夕方は人事の責任者の方と面会いただき、どんな状況だか生々しい話まで伺うことができました。

 実はその前日にO社長がお勧めしていたやり方でもあったのですが、お二人の社長に共通していたのは、評価の基準自体へのこだわり。会社が求める社員像として明確にそこに示すことで、当たり前にそういう社員を作り上げていくということ。

 そこをやっていなかったことに改めて気づかされました。しかもお二人の社長はご自分で細かいところまで制度設計している姿が目に浮かびました。

 肝心なところはそれくらいやらなければだめなんですね。甘かった自分に反省。
 
jumonji100 at 07:43|この記事のURL

2013年09月17日

災難の時こそ「ありがとう」

IMG_2757

 二戸市出身で工学博士の五日市剛さん。

 ベストセラー「ツキを呼ぶ魔法の言葉」では、3つの魔法の言葉があり、それは「ツイてる」「ありがとう」「感謝します」であると言ってますが、昨日のような災難の時にはどの言葉を使えと言っているでしょうか?

 答えは「ありがとう」です。災害があったから「ツイてない」ではなく、これくらいで済んだので「ありがとう」なのです。もちろん大震災でも「ありがとう」です。

 理由はいちいち言いません。魔法の言葉ですから。

 まずこの言葉を口に出してから動く。そうすると全然違った結末になるはずです。

(今朝の朝礼での私のスピーチです)
 
jumonji100 at 08:33|この記事のURL

2013年08月22日

なぜ限界発声するのか?

IMG_1911

 限界発声って知ってますか? 文字通り、最大限大きい声で発声することです。軍隊みたいで嫌ですか?

 この夏に行ったセミナーを節目に、これまでの朝礼、朝の掃除だけでなく、会議の時もやることにしました。始まりは「よろしくお願いします」で終わりは「ありがとうございました」です。

 おかげで本社では、そちこちの会議室から突然の大きな声が聞こえてくるようになりました。

 なぜ限界発声なのか? 以下は私の受け止め方であり、社員に伝えたことです。

 第一に朝寝ぼけているのを、声を出すことで一掃する。自分の目を覚ますことでしょう。

 第二に、同僚たちに「私も皆さんと一緒になって、高い目標に向かって今日も精一杯仕事をします」という意思表示になります。

 第三に、社長、上司はどう受け取るか。ズバリ言うと「私は自分の限界を超えて、今の給料以上の仕事をしてみせます。給料上げてください!」です。

 逆に手抜きの発声をする人は「私は自分の都合を優先して、手抜きの仕事をします。給料は安くていいです」と言っているように見えるということです。それだけでなく、周囲の元気の足を引っ張る迷惑な人という印象にどうしてもなります。

 付け加えて第四に、災害などのアクシデントの時、大きい声を出している人は対応できると思います。時々本気になれる習慣を日ごろつけておく。いざという時のためのものでもあります。 

 このことを伝えた翌週から声が大きくなったような‥。現金な社員で嬉しいです!

(写真:種鶏孵卵課の朝礼)
 
jumonji100 at 14:03|この記事のURL
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード