きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

カテゴリ:  オーディオ&音楽

20221101_074535

 昨日の車中で、運転していた4学年上の当社S専務がユーミン好きだったことを思い出して話題にしてみました。

 ユーミンのコンサートは何回行ったの? → 盛岡と東京で20回くらい。
 ファンクラブ会員なの? → いいえ。
 ユーミンのラジオ番組は聞いてる? → たまにですね。
 デビューアルバムのプロヂューサーがノンビブラートで歌うよう指示したという話は?
  → え?知りませんでした!
 最新ベストは? → ありますよ、ここに。出たら何も考えないで買います。
 なんと!音いいそうだから鳴らしてくれますか? → はい。
 ん−、面白そうだな。これ貸してくれますか? → いいですよ。

 というわけで私のほうがradikoでラジオ番組「ユーミンコード」を毎週聞いているという事実がありましたが、ありがたく3枚組CD「ユーミン万歳!」を借りてきて、昨晩と今朝で、ラジオリスナーから寄せられて厳選されたエピソードを読みながら聴きました。早送りボタンを押しながらでしたけど。

 ユーミンの昔の番組「サウンドアドベンチャー」を彷彿とさせるこれら短文のエピソードがやたら秀逸で、イメージを膨らませて過ごせました。

 そういえば私もエピソードがあったな。高校3年の時に、友人とその彼女と3人で行った「サーフ&スノー」の盛岡でのコンサート。ほろ苦い青春の思い出(笑)。

 ユーミンの曲はAmazonミュージックでも聞けるし、このアルバムはUltraHDということでCDより高音質だったりもするので、今朝早速返すことができそうです。

IMG_20220723_195537

 昨晩たまたま見た日本テレビ系「世界一受けたい授業」で「世界が愛するシティ・ポップアーティスト」ベスト20を紹介していました。

 シティポップは我が青春の音楽そのものでしたので、ランキング発表に一喜一憂しましたね。2位までの発表が終わり、山下達郎1位かと一瞬思ってしまいましたが、サブスクに出してなかったのを忘れてました。

 松原みき1位か、すごいなー。ビッグヒットほぼ1曲だけなのに。「真夜中のドア」はシングルレコードを買ったのだけど、後にLPアルバムが出たのでシングルは処分した記憶があります。もったいないことしたなあ。

 2位〜4位の、大貫妙子、杏里、竹内まりや、大橋純子、それに8位の八神純子は、私ほぼCD網羅して持ってる感じです。

IMG_20220723_195517

 意外だったのが、Hi-Fi SET、EPO、須藤薫、角松敏生が20位圏内に入らなかったこと。

 それ以外でここに名前が出てて、ほぼ聞いたことのないアーティストが結構いるので、深掘りして聞いてみようと思います。

IMG_20220626_160929

 山下達郎の最新アルバム、SOFTLYを私も購入しました。レコード盤とかカセットテープとか初回限定版の付録があるものとかあれこれあるようですが、通常版です。

 私は達郎の過去の一部の作品のように紙ジャケットや分厚いCDケースが嫌いで、一番普及している普通のCDケースがいいと思っています。コンパクトですし、ケースが傷ついたら簡単に新品に交換できて気分いいし。今回はそれがあったので、ネット注文だし、あれこれ悩まず確実性を優先させました。安いし。

 これで購入した達郎のCDはと言うと、オリジナルだけ14作品と、裏というかレア作品を集めたRARITIESと、シュガー・ベイブのSONGSも含めて、16作品ですね。以前はベスト盤とか、アカペラ作品も持ってたのですが断捨離しました。シンプルに、好きの純度を高く持ちたいので。

 うち「僕の中の少年」までの10作品はリマスター版に入れ替えて所有しています。達郎愛が高じてついつい買ってしまい結構出費したのですが、古い作品なので思ったほどいい音になってなくて期待し過ぎを反省することに。

 生のライブは調べてみたら、2009年2010年2014年と行ってます。達郎さん本人は還暦前後でありながら4時間近く演奏してどれも最高でしたね。コロナが落ち着いてきて、この7月29日には盛岡でコンサートがあるというので応募してみましたが、ハズレ。ざんねーん。

 ラジオの「サンデーソングブック」は昔はMDやメモリ録音して聞いてた頃がありました。ラジコになってからもついつい聞いてしまいますね。今回のニューアルバムに前後して、彼方此方のラジオ番組にゲスト出演、オールナイトニッポンでは一度MCを務めたりしてて、ラジコで達郎と検索すると出てくるのでついつい聞いてしまいました。更に本人出演無しで特集してるテレビも‥。

 それらラジオ番組中に、若い頃は作曲家とかプロデューサーになりたかったと言ってますが、正しくマルチな才能を広く発揮して素晴らしいし、その人生を羨ましくも思いますね。‥というわけでありきたりの結論でした(笑)。

 さて、CDアルバムを買ったのは久しぶりになります。「最高の音質で」を掲げる完璧主義の達郎さんの最新作をこれから、家中のオーディオセット別、クルマ別、ヘッドフォン、イヤホンで鳴らして、その目指す音に迫ってみようと思います。

m6ii

 オンキョーホームエンタテイメントが破産手続き開始だそうです。

 これまでにオンキョーとパイオニアが統合になったりとか、部分的に事業の切り貼りをやりながら延命を図っていたようですが、コロナで想定外のことが発生したりしてギブアップということのようです。

 両ブランドの最盛期を知るオーディオファンの一人として寂しいですし、同時に時の流れの速さに驚くばかり。

 昨年、昔を懐かしんで記事を書いたばかりですが、今考えるとイヤホンで聞くとか、スマホで音源を管理するとかオーディオの激変について行けなかったわけで、世界のスピードについて行けなかったガラパゴス化した日本企業の典型とも言えるかな。

 私には父や始めた家業があって一人息子のため今の立場にいるわけですが、親が直ぐに戻ってこいと言わなければ、オーディオファンが高じてオーディオメーカーに就職していた確率も結構あったと思います。学生時代はパイオニアからの派遣アルバイトとして秋葉原にいたこともありましたしね。

 そして私の持ち味をもってすれば、マーケティングの立場に就けていたかもしれません。だとしたらこれまでのような激変の経営環境の中で、どういう製品を世の中に問おうとしたのか? そう考えると、なぜか逆にワクワクしたりして(笑)。

 でも、意外にも地味な食肉業界のほうが企業としてサステナブルだったんですね。

(写真:私が高校時代に惚れ込んで使ってた当時のベストセラー、オンキョーM6供

IMG_20220403_135550

 若い頃、熱中して聞いたアーティストの最新のベスト盤とか再構成アルバムとか、ついつい買ってしまいますよね。リマスターされて音が良くなってたりといった評判があればなおさらです。

 それが気がつけばそのままCD棚に並んでて掛けられること無く時間が経ってしまっていました。でも最近ではコロナ禍で手が伸びることがあるので何とか少しずつ挽回できています。

 特に、アーティスト自身が昔を振り返ってエピソードを書いているのを読みながら聴くと、奥行きが広がって楽しいですね。

 当時こっちから見れば憧れの対象であるのに、アイドルが普通の人間として浮かび上がってきて、苦労話には同時期に生きる者として更に共感が増すような。テレビ番組「ベストヒットUSA」のタイムマシーンコーナーなんかも同じか。

 今だったらSNSの普及でアーティストとリスナーの間が狭くなっているのでリアルタイムに人間性を感じれるでしょうけど、昔はそういうのがなかったからなおさらギャップを感じて楽しいような気がしないでもないです。

 ま、昔話が楽しい年齢になったというだけかもしれませんが(笑)。

CCI_000001 (2)

 この4月から成人が18歳に引き下げられるそうです。

 今日は娘の20歳の誕生日なのでギリギリでルール変更に巻き込まれなかった形ですが、近頃の犯罪の高度化を考えると、20歳で迎えられてよかったという気がしないでもないです。

 でも海外では18歳成人は普通だそうで、そう考えると日本人は昔と変わらず人間的な成熟が遅いのでしょうか。このルール変更は珍しく国民に優しくないものですが、強制的に尻を叩くという意味で賛成ですね。

 さて、これは私が40年ちょっと前、18歳のとき、高校の文化祭の様子です。

 物理部オーディオ班に所属していまして、自作のスピーカーを並べて来場者に比較試聴してもらうという趣向でした。

 確かCDが出始めの頃でCDプレーヤーは十数万円するので高嶺の花。ですから、アンプ、カセットデッキ、レコードプレーヤーなどが見えますね。

 今はイヤホンでスマホを介して音楽を聞くのが普通になってますから、隔世の感あります。世界に誇った日本のオーディオブランドはほぼ壊滅的ですし、何だか自分の母校が廃校になったような、熱中していたスポーツがこの世から消えてなくなったような気がしないでもないですね。ま、それはそれで、楽しい昔話ですが。

 そういえば当時だって、ヘッドフォンで音楽を聞くと凄くいい音で聞けてしまうことに気づいていましたっけ。盛岡独自の「パンション」というワンルーム+朝夕食事付きのビルに住んでいましたが、今考えれば何も大型スピーカーを部屋で気を遣いながら鳴らす必要もなかったはず‥。

 そういえば高校時代に住んでいた「はちやパンション」でこないだ火事があったようです。私は301号室にて2年間お世話になりました。一輪車の特訓が出来たのもこのパンションに洗濯物を干すバルコニーがあったからです。あれから40年経ったのか‥。

maxresdefault-1-700x394

 アマゾンのプライム会員無料の映画「サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜」を先日観ましたが、観たあとあれこれ余韻を引きずってます。

 大音量で音楽を浴びることの耳への害。最新の補聴器でも元通りに聞こえることはないという現実。

 自分の耳を使っていると自然と脳が聴くものを選んでノイズを消し去っていること。普通に自分の耳が聞こえていることのありがたさ。

 また、音が聞こえないことで他の感覚が研ぎ澄ませられていくこと。手話の世界での感情の表し方の奥深い世界。

 そして、知識として得ている、年齢を重ねるに従って聴覚の能力は衰えること。高音域が聞き取れなく成ること。などなど‥。

 私はどちらかと言うと大音量派です。気持ち良い音楽をせっかくなら全身で浴びたいと思います。しかし、ロックコンサートなどでの高圧的な大音量は御免被りたい。

 来年には還暦を迎えますが、音楽好きは死ぬまで治りそうにないです。しかし、気持ちよく耳が機能する時間はそう長くないかもしれない。

 残り少ないその期間、つまらない音楽を聞いている時間はないです。厳選して聞こうと思います。CD棚にこんなにたくさんのCDは要らないわ(笑)。

IMG_20210908_165421

 我がオーディオルームのスピーカーセッティングを、17年目にして初めて横に使うことで劇的な音の改善を見たことを先々月報告しました。

 メインのソースはamazon musicになり、それをどういう機材で鳴らすかがもう一つの課題としてあったわけですが、あれこれ試した末、AIYIMA D05という中国製デジタルアンプにamazon music専用のAndroidスマホの組み合わせに落ち着きました。

 AIYIMA D05は、Bluetooth5.0とUSB入力の両対応と私のニーズにぴったりで、amazon music HDならBluetoothで、Ultra HDならUSB接続して鳴らしてます。ただUSB接続してもサンプリングレートはなぜか96kHz止まりみたい。スマホもアンプも192kHzのスペックなのに。

 光・同軸デジタル入力もあるので、ポータブルCDプレーヤーを光ケーブルで繋げてCDも聴ける体制にしています。同じサイズでAIYIMAはCDプレーヤー作って欲しい!

 送料込みで2万円弱と格安ですが、レビューにあるように音に癖がなく不満なし。リモコンもまずまず使いやすい。ただ、もともとデスクトップ用途向けだからか液晶の表示が小さすぎるのが難点。

 Andoroidスマホは余計な機能は排除して、amazon music専用として、ダウンロードして再生すると、USBでもBluetoothでも、ほとんど音飛びするようなことは無いみたい。でも時々はあります。

 そう考えると、音飛びが限りなく皆無なCDってありがたいなと思えます。録音が良ければ、今のセッティングなら満足して鳴ってくれるので、実は最近またCDが増えてきてて困ってます(笑)。

 ちなみに写真のようにアンプとCDプレーヤーはかなり低い位置にセッティングしています。なぜかと言うと、ケーブルが重力でたわむのを極力抑えるため。これでケーブルが短く済み余裕ができます。

 今日は会社が休みで天気がイマイチだったので、パット・メセニーを気持ちよく鳴らせました。

IMG_20210822_153914

 東京オリンピックとは関係ないところで、近頃、山下達郎や竹内まりやをはじめとする日本のCITY POPが世界で人気になっているそうですね。私も昔から大好きです。

 滝川クリステルのラジオ番組でCITY POPの話題があったので思い出して、このネタを思いつきました。

 今、手元にある中華製MP3プレーヤーには、EPOの18アルバム221曲が入ってます。最近、スマホを操作して聴くより、こっちのほうが簡単でいいかなと使い始めましたが結構いいです。これはクリップ式なので、家で夏は首周りか袖に装着したりして聴いたりしてます。Bluetoothイヤホンは家の中でも移動が利きませんが、そういう心配がないのがいいですね。

 水泳のときに使うソニーのウォークマンには、楠瀬誠志郎の6アルバム99曲が入ってます。楠瀬誠志郎は上の妹から教えられたアーティストで、いまは山下達郎のライブでバックコーラスを務めていたりするみたいですね。ちなみにこないだまでこのウォークマンには杏里、その前は須藤薫が入ってました。

 そして、奥のBluetoothスピーカーですが、MicroSDカードに大橋純子の10アルバム124曲が入ってて、電源オンですぐ曲が流れるようになっています。電源オンで必ず最大音量で始まるのが玉に瑕ですが、音いいです。稼働少ないですが(笑)。

 小さくお安いものでこんないい音で楽しめる時代になって、昭和生まれの世代にはなんて嬉しいことなんでしょう!

IMG_20210722_073441

 自宅書斎のパソコンのスピーカーは超低価格で結構鳴ってくれるCreative Pebbleで満足してました。

 狭いデスクトップ周りは極力シンプルにしたいし、本格的に音楽を聞くときは隣のオーディオルームに行けばいいしという判断でした。

 でも、パソコン触っている間ちゃんと音楽聴きたくなり、amazon musicをBluetoothヘッドフォンで鳴らしてということをしてましたが、装着感とか充電とか面倒かなと思い始め、このEdifier R1700BTsを導入しました。

 このアクティブスピーカーはスーパーウーファー出力もあるので、手元のデノンDSW-33もセット。

 Bluetooth経由で鳴らしてますけど、結構いいです。高音域のきめ細かさはないですが、重低音が心地よくてバランスはまずまず。今聞いてる清水翔太なんて、休みの日の午前中いいですね〜。

 先日の話の続きになりますが、スピーカーと耳の距離が縮むので心地よいというのがあると思います。ニアリスニングフィールド、万歳!

IMG_20210711_161226

 この家に引っ越してきてから17年、ほぼ何の疑問も持たずに12畳のオーディオルームは縦長に使ってきました。

 しかし、満を持して導入したJBLの4338やその後買ったこのパイオニアS−1EXがどうやってもさっぱり上手く鳴ってくれなくて匙を投げてる状態でしたが‥、コロナで時間があったからか思いつきました。

 というか、薄々思っていたことですが決断できなかったんですよね。スピーカーを部屋の短辺に置くのではなく、長辺に置いたらいいのではないか。つまり横に使うほうがいいのではないかということ。

 ネットで調べたら、そういう記事があるじゃないですか! そうか、直接音が増えて良くなりそう。

 というわけで友人の助けを借りてセットしました。そして鳴らしてみるといい感じ。なんでこれを早いうちにやらなかったのだろう?

 それは、床下に配線を埋め込んだり、コンセントや有線LAN、アンテナがまとめて縦長に使うように設計されてあったからですね。

 音を聞いて、もう縦長のセッティングに明日はないと判断し、床下に埋め込んであるスピーカーケーブルを切って見えなくしてしまいました。スッキリ!

 それでも今、Amazon Music HDを聴くセッティングは試行錯誤の最中なので、追い込みはまだこれからです。

 先日はもう大型のセット自体を諦めると書いてしまいましたが、撤回させてください!

IMG_20210605_212456

 昨年8月に購入したマランツPM7000Nはとても洗練された仕様とデザインでしたが、肝心の音に満足できず。

 同じ会社、D&Mホールディングスだけど、デノンブランドの音のほうが自分には合っているなと、もうこれまで何度も思い知らされていますがまた繰り返してしまった‥。この姿と仕様でデノンの音がしたら最高なんですけど!

 さて、このマランツを手放す前に、リビングのホームシアター用に使っているアマゾンから購入した7999円で買ったMoukey MAMP1との比較をしてみました。(販売終了?)

 この中華アンプ、マイクを2本接続してカラオケが楽しめたり、Bluetooth接続、USB、SDカードから再生できるのが特徴。但しDACはハイレゾ対応していません。また、FMチューナー内蔵ですが日本の周波数帯域には全くマッチせず。価格は10分の1以下なのはデジタルアンプだからというのもありますね。

 で、比較試聴したところ、うーん、透明度ではMoukeyのほうがいいような。トーンコントロールを操作すれば結構好みの音になりました。10分の1の価格なのに、メインで使っても違和感ない‥

 以前、マランツのベストセラーマランツ M-CR612が一瞬手元にあったのですが、高音がのっぺりしてて手放してしまいました。同じデジタルアンプでありながらそれよりはいいような。

 実は他にも、アマゾンでナンバーワンのベストセラーになっているELEGIANT 超小型Bluetooth5.0アンプ(3500円くらい)も試しに買ってみました。

 究極のミニマリズムを追求した姿に感心! メインで鳴らしましたが、ちょっと落ちるけどそこそこ鳴ります。だけど、超軽量故にどうしても接続した時の見た目が残念な形になってしまうので放出済み。

 目指すは脱炭素社会。これから買うアンプは消費電力の少ないデジタル縛りかな。

1609306921630_copy_800x800

 この写真のナショナルブランドのラジオ、クーガーNo.7はもう私の手元にありません。というのも、家にたくさんあったラジオをここ1年で半分くらい断捨離したもので。

 振り返れば、1973年に発売され瞬く間にベストセラーになったこのラジオの音の良さは、小学生当時の私には衝撃的でした。それはFM放送の音の良さでもあり、以降FMエアチェック全盛期の波に私も巻き込まれていくのでした。

 しかし、この音の良さはモノラルだったからというのもあります。ステレオラジカセとなると、私の住む山間部ではキーンというノイズがつきまといました。コンポを導入した際には、でっかいFMアンテナを屋根の上に付けてもらってなんとかノイズを低減しましたが、ゼロにはなりませんでした。それでもエアチェックしたカセットテープは数百巻になりました。いい思い出です。

 AMは更にひどい環境でした。NHKと民放を問わず県庁所在地の盛岡からの電波は半分がノイズという感じ。しかし夜になれば、東京のニッポン放送やTBSラジオが聴けるようになるので、ノイズがあってもそちらの価値観はあったかな。

 そんなところに住んでいるのでradikoの出現は大歓迎でした。さらにアマゾンのEchoを各部屋にセットして聞けるようになると、昔のラジオが何もいいところが無いように感じてきて。スイッチオンですぐ聞けるのはいいところですが。

 やがて、古いラジオにとっても、電波が強い地域に住む愛好家に方に使っていただくのがいいのではないかという思いが芽生えてきて、断捨離してしまいました。

 さて、ここへきて、NHKがAM放送のチャンネルを減らすとか、民間のAM局の大半がFM放送に転換するというニュースがありました。

 誰でも音声で発信できる時代になって、ラジオは音質が良いFMだけが厳選されて残っていくのでしょうね。それでも電波の特性だけは変えられず、私にとってはノイズの乗るFMであり続けるのか‥。

 テレビはというと、アナログからデジタルになったときに劇的に変わりました。これだと都会に一切の引け目を感じることがありません。ラジオもいっそのことデジタルになって、ノイズレスになってもらえれば良かったのですが、私が生きているうちは絶望的かな。

P1040091

 生まれながらの大音量派だったと思います。大好きな曲だから、最高の音で、大音量で、包まれるように聴きたいと思っていました。

 また、それが許される環境でした。テクニクスのコンポ、You-oZを買ってもらった中学でオーディオに目覚め、高校・大学は親元を離れヘッドフォンにのめり込み、そして再び故郷に戻ってスピーカーで大音量を鳴らせる環境が続きましたが、今住んでいるところに引っ越して数年前にスーパーができて以来人通りが増えてきて、ちょっとばかり大音量も遠慮するように。

 そして、そもそも音楽はBGMとして聞くことが多くなっていきました。読書に邪魔になるような音楽は要らないわけで、せっかく用意したオーディオルーム、大型スピーカーが宝の持ち腐れ。

 で、思いつきました。家にあったシャープのCDオールインワンシステムにデノンのスーパーウーファーでいいんじゃないかと思えてきて、セットしてみました。

 既存の大型スピーカーは左右に残しているので、「あれ?どっちが鳴っているんだ?」って一瞬思います。もちろんよく聴いてみるとグレード感は落ちますけどね。

 でも、この小型システムが頑張っていい音出していると思えば、愉快なものがあります。うん、この路線で楽しんでいこう。というか、やっと時代に追いついたかな。そもそも重たいスピーカーやアンプは心理的にも体にも負担です。

 さて、最近では懐かしいテクニクスブランドも復活し、今ではOTTAVAf、SC-C70MK2というオールインワンが販売中。

 これが定価11万円で、私にとっては45年前のYou-oZが9万5000円だったので、凝縮されて生まれ変わったと受け止められます。ま、子供向けと大人向けとで大きく違いますけどね。

 これだとスーパーウーファーも不要で、ワンボディで済んでしまいそう。BluetoothもCDも聞けますし。欲しくなってきました。その前に断捨離‥。

P1030761

 オンキョーホームエンターテイメント債務超過で上場廃止予定と発表になりました。往年の国産オーディオメーカーが先細りになっていくこんな事態になろうとは、ちょっと残念です。

 この会社はオンキョーの他にパイオニアのブランドも持っています。両ブランドから出た製品をネットで確認しましたら、懐かしい‥。

 オンキョーについては、31センチ2ウエイスピーカーのベストセラーM6を買いましたっけ。高効率で、高コスパで、鳴りっぷりがいいと評判で、評論家の評価も高かったですね。

 JBLっぽくジャズをよく鳴らし、またデザインがシンプルなのが良かったのでしょうね。この製品ロゴも力感があってパワフルさを強調してたと思います。

 話は脱線しますが、これに前後してダイヤトーンF−1という2ウエイスピーカーが出て人気でしたのでそれも買った記憶がありますが、鳴りっぷりはイマイチ好みでなくすぐに手放しましたっけ。

 パイオニアでは、リボンツイーターが懐かしいですね。買ったのは確かこのPT−R7だったと思います。リボンという言葉のイメージからか、サラサラと囁くような高域が出る感じで、ツイーターの更に上、スーパーツイーターとして使ったものでした。アナログレコードではそれができたんですね。

 よくまあ中高生の時分にこんな高価なものを売り買いしていたものですが、当時はそれだけ飽くなき音への情熱があったんでしょうね。

 ちなみに写真のオンキョーのMDデッキは、録音してあるMDメディアは残ってるのに再生できないのは残念なので、数年前に中古で数千円で確保したものです。乾いた動作音とかが可愛いですよ。

IMG_20210211_101043

 調べてみましたら、CDの発売が開始されたのが1982年。私は大学1年の19歳の年でした。でも当時CDプレーヤーは高価で直ぐには購入できなかったですね。

 2年後の1984年にポータブルCDプレーヤーのソニーD50が出て、それに私も飛びついてやっとレコードの購入を卒業していったわけです。

 ただ、当時FM番組をエアチェックしたカセットテープがたくさんあって、気に入っていたものはその後レコードやCDで手に入れてカセットテープを捨てていったので、あとから中古で加わったものも結構あります。

 いずれにせよ、私のレコード棚はほぼティーンエージャーのころに聴いていたものということになります。時間があるので、どのアーティストのLPレコードが多いのかタイトル数で調べてみました。

 1位:大橋純子 11タイトル

 2位:岩崎宏美  9タイトル

 3位:カーペンターズ  8タイトル

 4位:渡辺真知子  6タイトル

 4位:松任谷由実  6タイトル

 6位:太田裕美  4タイトル

 6位:EW&F  4タイトル

 6位:ジョージ・ベンソン  4タイトル

 6位:アール・クルー  4タイトル

10位:尾崎亜美  3タイトル

10位:スパイロ・ジャイラ  3タイトル

 岩崎宏美とカーペンターズが私の中では当時双璧だと思ってましたが、意外にも大橋純子が多かった。突き抜ける声とノリがいい曲で確かに結構ハマってました。

 ちなみに、レコード全タイトル数もチェック。LPの邦楽は56で、洋楽は115でした。シングルは27枚残ってました。

 手にとって見ると、どれもヘビロテしたものばかりです。その後社会人になって、自分で稼いだお金をバンバン投入してCD買うようになって、つまらないものまで買ってしまってるので、この頃のほうが良かったと思えますね。もしかして今のサブスク世代もそう思うのかな。

 さて、レコードをこうして調べたなら、CDではどういうランキングになるだろう? 次暇なときにやってみようと思います。所要時間は何倍も掛かりそう‥。

P1030611

 自宅のオーディオルームでは、Amazon Music HDをマランツのアンプの機能であるHEOSで楽しんでます。

 有線LANを使って、HD(CD同等の音質)でも、Ultra HD(SACD同等レベルの音質)でも、ほぼ途切れずに聴けるのでその面では満足しています。

 しかし、直前に聴いたもの(電源切っても有効)を聴いたり過去の利用歴からオススメされるものを聴くのは問題ありませんが、お気に入りとかを登録できないので特定のアルバムとかはいちいち入力し探し当てないといけません。

 だからか好奇心旺盛な私は次から次へと新しい音源を聞きたくなって、なんだかな〜と感じています。聴き放題が災いしているような。

 やっぱり気に入った自分にとって初めてのアルバムとかなら、ある程度聴き込んで自分のものにしたいものです。

 そのために物理的な存在感が欲しくなって、気がついたらCDを入手してたりということが最近起こってます。思うツボか(笑)。

 いっそのこと、CD商品のCD盤だけ無しにしたものを売ったら結構売れるのじゃないかと思うのですがいかがでしょうか、アマゾンさん!?

 ちなみにファミリープランでこのAmazon Music HDに入ってるわけですが、次男は最初頑なに「俺はCDを買って聴くのが好きだから、聴き放題要らん!」と言ってたのですが、私も今になってその気持がわかるような。でも止めませんけどね。

IMG_20210117_100049

 なかなか満足の行くいい音で鳴ってくれてなくて苦労している我がオーディオルームですが、スピーカーシステムのツィーター(高音用スピーカー)の高さに耳を持ってくるという原点を忘れていたことに気が付きました。

 その前にスピーカーシステムは以前より壁から離して内側に置くようにして、またスピーカーケーブルも太いのを最短に戻してあって、だいぶ良くなったような感触があったのですが、次の課題発見。

 我が家のパイオニアS−1EXだと、白くみえるところが中音用で、その中心部分の黒いところがツィーターなので、椅子に普通に座っているとちょっと耳が低い感じだったみたい。

 椅子の上で背伸びして数センチ耳の高さを上に持ってくると、ワオ!なるほど高音がいい感じ。これは椅子のトップ部分の布地が音を吸うこととも関係しているみたいなので、そこから離れたことも良かったかな。そう考えると、椅子を革製に戻したくなった(笑)。

 というわけで、今は椅子の座面に平成20年の栃乃花引退記念巡業の座布団を2枚敷いてます。懐かしいものを残しておいててよかった。

P1030412

 作曲家の筒美京平さんがお亡くなりになりました。

 私の人生、どの作曲家の曲を一番聞いたかと言うと筒美京平さんになるのじゃないかと思うほど、沢山聴きました。

 特に岩崎宏美さん、太田裕美さんといえば筒美さんのイメージでした。改めて家にあるLPレコードを確認しましたら、岩崎宏美さんのオリジナルアルバム9枚のうちの3枚、太田裕美さんの3枚のうち2枚は半分以上筒美さんの曲で構成されてました(写真)。

 中でも、岩崎宏美さんの「Fantasy」、「パンドラの小箱」と太田裕美さんの「こけてぃっしゅ」はよく聴きました。「Fantasy」は糸居五郎さんのDJまで私の体に染み入ってます。

 いま、ちらっとレコード棚を確認しただけですが、昔聴いたアルバムの曲が誰の作品だったか確認しながら聞くのは楽しいかもと思いました。改めてこれらのアルバムを聴いてみたいと思います。

 さて、タイトルの「ひろみ」は郷ひろみさんのことです。ちょっと遊んだタイトルにしてみました。しかし、そこまで提供していたとは死去のニュースの後で知りました。野口五郎さん、西城秀樹さんにも提供してたんですね。

 アーティストごとに提供する曲の力の入り具合とか、調べてみると面白そう!? 岩崎宏美さん、太田裕美さんはだいぶ愛されたアーティストさんだったのではと思います。

IMG_20200924_133926

 昨日、盛岡に行ったついでに、一関市の菅原正二さんを主人公にしたドキュメンタリー映画「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩」を観ました。

 以前に岩手めんこいテレビの番組審議委員同士として親しくさせていただいたことがあり、何度かベイシーを訪問したことがありましたが、ここ10年ほどはすっかりご無沙汰しておりました。映画館に行けば気軽にお目にかかれるわけで、このチャンスは活かさない手はありません。

 以前からベイシーのその名は日本のジャズファン、オーディオファンに轟いていましたが、最近では一般の方にも観光名所で寄るべきスポットになっている感じでしょうか。

 そして、そろそろ引退しても不思議ではないお年になられた菅原さんの雄姿とベイシーの音空間を何とか遺そうということでこの企画が立ち上がり、こうして映画になったようです。十分目的は達成されてました。

 録音に相当神経を使ってベイシーの音を再現したと思いますが、映画館、盛岡ピカデリーで聴く音でも十分再現されていたと思います。この映画、やっぱりいい音で観たいところです。音響機材のキャプションがいちいち出るところがオーディオマニアのハートをくすぐります。

 さて、日本にはジャズ喫茶が600軒もあるそうです。海外にはなかなかない日本独自の文化と言えそうです。

 以前どこかで「普通の喫茶店と違ってジャズ喫茶は男性一人で営んでも違和感がない」という採算性から生まれた発明であるみたいなことを聞いたことがありますが、ベイシーは日本中からお客さんを惹きつけてこんな遠くまで来させて、何人も雇ってやっているわけで、やはり日本のジャズ喫茶の中で別格の存在なんでしょうね。岩手の宝でもあります。

 それにしても、店から本人まで、何から何までなんともカッコいい! 演奏するレコードをピックアップして、針を落とし、棚に飾るそのジャケットが年季が入ってたりして、いいなあ!

 引退後はジャズ喫茶? いいかも!

IMG_20200916_130110

 自宅のオーディオルームの縦長のオーディオラックを撤収し、知人に引き取っていただいたのは昨年だったでしょうか。

 その際に、そのラックの上、胸の高さにあった本格レコードプレーヤーも処分してしまいました。あまり使わなかったためです。

 オーディオルームは2階なので振動に弱いし、本格プレーヤーは当然マニュアル操作なので面倒だし、またレコード自体が隣の書斎の棚にあったということで、遠のいてしまったかと反省。胸の高さも良くなかったのでしょう。

 それからしばらくして思いついて、入門タイプのフルオートレコードプレーヤーを購入して、1階のリビングのシアター用のアンプに繋いで、レコードもその下のボックスを利用することを思いついて、先日実践してみました。

 レコードプレーヤーが床から50センチくらいなのもかえって好都合。ちょっと腰をかがめて操作するのが丁度いいし、レコードジャケットを写真のように置けば、座っているところからも見える。もちろんその下のレコード棚が近くて取り出し、収納が楽ちん。これらはまさしく会社でやっているカイゼンの思想です。なんで気が付かなかったんだろう!

 さらに音。ダイヤトーン往年の名機、DS−1000で鳴らすと結構いいんですよ。音源によっては、CDやハイレゾ録音では出てこないいい音を感じることが出来ます。左右スピーカーの離れ具合もいいのかな。2階のパイオニアS−1EXよりいい(笑)。‥イタチごっこが続きそうです。

IMG_20200913_190417 (1)

 Amazon Music HDの会員になっているわけですが、再生環境がマランツのHEOSアプリになって、事もあろうかお気に入りアーティストのリスト作成が出来ないという、退化した状況下に置かれてます。早くバージョンアップなってほしいですね。

 そこでパッと適切なアーティストが検索できるようにリストを作らなきゃ、と思ってましたが、とりあえず自分のCD棚から、最高に気に入っているアーティストを100組リストアップして印刷しておこうと挙げてみましたら、以下の名前が出てきました。せっかくなのでここにもアップしておきます。順不同です。
  1. 大野雄二
  2. 松岡直也
  3. 渡辺貞夫
  4. 日野皓正
  5. カシオペア
  6. デビッド・マシューズ(+マンハッタン・ジャズ・クインテット他)
  7. マリーン
  8. シー・ウインド(+ポーリーン・ウイルソン)
  9. 大橋純子
  10. 八神純子
  11. 小林明子
  12. EPO
  13. 高橋真梨子
  14. 渡辺真知子
  15. 松田聖子
  16. 太田裕美
  17. 五輪真弓
  18. サーカス
  19. Hi-Fi SET
  20. 杉真理
  21. 須藤薫
  22. 角松敏生
  23. 杏里
  24. 岩崎宏美
  25. 山下達郎
  26. 竹内まりや
  27. 大貫妙子
  28. ケミストリー
  29. 宇多田ヒカル
  30. Dreams Come True(+吉田美和)
  31. 松任谷由実(+荒井由実)
  32. My Little Lover
  33. 小田和正(+オフ・コース)
  34. チャゲ&飛鳥(+ASKA)
  35. ブレッド&バター
  36. さかいゆう
  37. 清水翔太
  38. スキマスイッチ
  39. ボビー・コールドウェル
  40. ロビー・デュプリー
  41. パブロ・クルーズ
  42. ポール・ヤング
  43. アラン・パーソンズ
  44. ドナルド・フェイゲン(+スティーリー・ダン)
  45. レベル42
  46. シンプリー・レッド
  47. ベビー・フェイス
  48. ライオネル・リッチー
  49. シャンペーン
  50. エア・サプライ
  51. クリストファー・クロス
  52. アース・ウインド&ファイヤー(+フィリップ・ベイリー)
  53. ジャーニー(+スティーブ・ペリー)
  54. ボストン
  55. ダリル・ホール&ジョン・オーツ(+ダリル・ホール)
  56. シカゴ(+ピーター・セテラ)
  57. マイケル・ジャクソン
  58. ケニー・ロギンス
  59. フィル・コリンズ(+ジェネシス)
  60. ビリー・ジョエル
  61. カーペンターズ(+リチャード・カーペンター)
  62. オリビア・ニュートン・ジョン
  63. バーバラ・ストライザント
  64. スイング・アウト・シスター
  65. ザ・コアーズ
  66. ワークシャイ
  67. ジュリア・フォーダム
  68. アニタ・ベイカー
  69. バングルズ(+スザンナ・ホフス)
  70. ベリンダ・カーライル
  71. スティービー・ニックス(+フリート・ウッド・マック)
  72. Sクラブ7
  73. カルチャー・クラブ
  74. ベイ・シティ・ローラーズ
  75. マライヤ・キャリー
  76. セリーヌ・ディオン
  77. ヴァネッサ・ウイリアムズ
  78. ディオンヌ・ワーウィック
  79. ホイットニー・ヒューッストン
  80. ダイアナ・ロス
  81. ABBA
  82. シーナ・イーストン
  83. TOTO
  84. ドゥービー・ブラザーズ
  85. ビージーズ
  86. アル・ジャロウ
  87. マンハッタン・トランスファー
  88. ポール・モーリア
  89. デビッド・フォスター
  90. クインシー・ジョーンズ
  91. ジョージ・ベンソン
  92. デイヴ・グルーシン
  93. ドン・グルーシン
  94. リー・リトナー
  95. スパイロ・ジャイラ
  96. ボブ・ジェームス(+フォープレイ)
  97. アール・クルー
  98. ピーター・ホワイト
  99. アジムス
  100. マイケル・ブーブレ
 と、ここまでアップして微妙なことに気が付きました。

 これらの殆どが飽きるくらい聴いているわけで、本当はそうじゃないアーティストをピックアップしないと‥。かといって便利なオススメばかり聴いてると、誰聴いてるか分かんなくなるし‥。なかなかペースが掴めないでいます。

IMG_20200822_100159

 昨年春にオーディオルームの機器の刷新を行い、Bluetooth対応ヤマハのレシーバーR-N803を導入したわけですが、amazon music HDをBluetoothで聴くにはどうにも音切れが発生して悩ましく、またそもそもハイレゾであるUltra HDの曲をBluetoothで送れていないことを遅まきながら知りました。それじゃあ意味がない!

 この辺のことを解決するのに今現在デジタルアンプしか選択肢がないなら、amazonのEcho Link Ampにしてしまおうかと考えていたところに、HEOSというストリーミングサービスをフォローしたそこそこ中級のマランツの新アンプ、PM7000Nが発売されているという情報を得て早速注文。

 このアンプは有線LANでインターネットと繋げて、HEOSをインストールしたスマホで曲を選ぶ指示をアンプに送るという仕組み。だからホントに音が切れません。よかった。

 ただHEOSを通じてamazon music HDサービスの中から選曲する形で、amazon musicアプリで選ぶわけではないので、これまで作ったマイミュージックのプレイリストは今のところ選択できません。残念。しかし改善を期待してます。

 肝心の音はと言うと、元の定価がヤマハのほうが高いからか、マランツになってダウングレードした感じ。というか、マランツの音は好みに合わないかも。アンプのDACの音かな?

 それでも、Ultra HDのハイレゾの曲を聞くと目が覚めたように鳴り出すので、やっぱり音源の良し悪しのほうが大事ですね。

 ちなみに、アンプの上のものに違和感を感じたと思いますが、シャープのデジタルアンプ内臓のCD/DVDシステム、SD-V10です。使わないで家に置いておくより、使ってあげたくてここにセット。CDトランスポートとして、光デジタル出力でアンプと接続しています。

 何より、上部からCDをセットできて、またその蓋が優雅に開くのがいいです。

 ちなみにコレ、音を追求したCDシステムですし、スーパーウーファー端子もあるので、単体+スーパーウーファーで鳴らしても面白いので、後々にはそれもやってみたいな。

 この夏は、手持ちの古いラジカセ風CDシステム2台がCDが再生できなくなり、粗大ごみとなりました。これもそろそろそうなっても不思議ではないですから、使ってあげたいですね。

P1030178

 最近のスマホのスピーカーの性能の素晴らしいことにはびっくりしてます。

 こんなに薄い、他にもたくさんの機能やバッテリーが入ってて、スピーカーの占める体積なんてほんの少しなはずなのに、どうしてこんなに明瞭ないい音で鳴るんだろうと、技術の進歩に昭和生まれは感激しますよね。

 愛車MINIではハンドルの右側エアコンのダクト周辺にスマホを固定する事ができたので、耳に近いということで、そのままRadikoから好きな番組を選んで聴いてます。Bluetooth接続が無いクルマでしたので苦肉の策でしたが、音楽に包まれることはできませんがそこそこ鳴ってくれます。Bluetoothの手間が無いので楽です。

 家の掃除の時間は、イヤホンにBluetooth接続してPodcastやRadikoを聴いてたのですが、よく考えたら、パンツの前ポケットにスマホを入れてそのまま鳴らせばいいかと実践したらこれが最高。家はうるさくないので、クルマ以上に気持ちよく聴けますね。

 風呂は更に狭い空間なのでよく響くことは確認してますし、手元のスマホは防水仕様なのでそのまま使ってもいいのですが、さすがに汚れるかと思うと使ってません。実は我が家のバスルームは窓のないユニットバスで風情も何もないのですが、外からAUX入力でアンプで増幅してステレオスピーカーで音を鳴らせるようにはなっていまして、その機能を使っています。

 Radikoはプレミアム会員になって日本中のラジオが聞けるようになって、選択肢が多すぎて、あれもこれも聴きたい病になるのではないかと実は危惧しています。ラジオ局減ってほしいです(笑)。

IMG_20200524_094642

 2ヶ月前にAmazon Music HDにハマってると報告しましたが、今日あのときのセッティングから更に替えてみました。

 サーバーはAmazonのFireタブレットでしたが、時間が経つとまた途切れが発生するようになり、ストリーミングを諦めようとも思いましたが、セールで買ったEcho Show 5を試しにセットしてみたら、途切れが激減。やったー。

 しかし、タブレットのように曲やプレイリストを自在に選ぶことはできなくなりました。音声認識ですべて希望を伝えなければならないので、難しい名前、誤解されがちな名前のアーティストとかは自然と遠のいていきます。

 でも、もう昔みたいにアーティストの作品を聴くというのではなく、BGM的な聴き方がほとんどなのでこれでいいやという感じ。CDプレーヤーもほぼ使用しなくなりましたので、外してみました。Amazon Music HDで聞けないアーティストのCDはパソコンでリッピングして、USBメモリに入れてこのアンプに挿そうという計画です。

 その代わりと言ってはなんですが、この位置にアンプを戻すことで、テレビのVHFアンテナを使ってFMを受信できるようになったし、インターネットラジオも聴けるようセットしました。

 そして、アンプの位置はスピーカーの間に戻しました。トーンコントロールをいじることを想定してリスニングポジション脇に2ヶ月間置いてましたが、ほとんどいじることもなかったので。

 スピーカーケーブルもBTL接続は諦めて、壁の中に埋め込んであるものを使ったので見栄えも良くなりました。アンプに接続するケーブル類が見えるので、束ねるグッズを駆使して最小限に見えるようにしました。テーブルの足に隠れてたら最高なんですけどね。

 この先はBluetooth接続ができるパワードスピーカーの上等なやつが出れば、それを導入して単体のアンプを無くしてしまおうという方向かな。オーディオマニアだった私が、こんなシンプルな方向に来てしまうとは思っても見なかった‥。

IMG_20200412_162220

 4Kテレビなんてオーバースペックで私には不要だと公言してましたが、価格もだいぶリーズナブルになってきてたとは知ってましたので気になってはいました。

 そこにあのMISIAの、ビッグバンドを率いてのライブがNHK BS4Kで今日放送されるというので、それじゃあイッてみようかとamazonで注文しましたら、ちょうど今朝届きました。ギリギリセーフ。

 選んだのは韓国LG電子の43UM7300EJA。amazonだけの簡素な仕様みたいで、43インチで税込54,800円。Bluetooth内蔵が条件で探してたらLGが出てきて、世界第2位のテレビ生産量とのことで、よく海外のホテルでお目にかかってましたので、お手並み拝見ということで選んでみました。

 寝室の32インチの代わりに壁掛けで導入。Bluetoothでオーディオシステムに音を飛ばしてそこそこの音で鳴ってくれました。有機ELではないですが画質もまずまず。

 一番気にかかるのはユーザーインターフェイスで、どれくらい今風に親切なんだろうということですが、これは追々使っていってからですね。Youtubeやamazonプライムビデオを無線LANで見られるのは今や常識かな。アレクサとしても使えるということでしたが、まだ良くわかりません。

 残念なのは、すぐ頭痛がしてきたこと。これまで無かったサイズだから電磁波多いかな‥。私は敏感なので‥。せっかく買ったのに睡眠に差し障るなら、寝室には置けないな‥。

 

IMG_20200314_153723

 ご多分に漏れず、Amazon music HDの虜になっています。

 CDより良い音で聞ける曲も多数あって、家族6人まで月額2480円は素敵。あれこれ検索して、昔の音源がすごくいい音に生まれ変わってたりして驚きます。ドゥービー・ブラザースなんか凄かったな。邦楽は残念なのばかりですが‥。

 アンプはヤマハのBluetooth内臓のR-N803に替えました。YPAO機能で自動音場調整した設定で聞いてます。アンプ自体の音は以前のデノンに比べると軽い感じですが、それよりなにより音源の音の善し悪しが99%って感じ。

 それとアンプのトーンコントロールをささっと触りたいので、リスニングポジションまで持ってきました。スピーカーケーブルが邪魔ですけど、カーペットを上から敷きました。

IMG_20200314_153812

 Androidタブレットやスマホで接続してあれこれやってみましたけど音飛びがなかなか収まらない。やっぱり専用が良いに違いないということで、AmazonのFireタブレットにしましたらダウンロード云々に関わらず音飛びが皆無になりました。つまるところ、他のアプリを並行して動かさせてたことがいけなかったみたい。

 椅子は革製だと吸音が良くないので、布製に買い替えました。このニトリの椅子にはタブレットを掛けるオプションがあって左手のところに備え付けて、常時充電ケーブルに繋いだ状態に。

 それからライブすぎるこの部屋をデッドに持っていくために、吸音材を買って両面テープで部屋の四隅に貼りました。これでだいぶパイオニアS-1EXが朗々と良く鳴ってくれるようになりました。

 ただ選曲をタブレット上でやるのはまどろっこしいですね。アンプのリモコンでポーズや次の曲まで飛ばすことはできるんですけどね。

 いろいろ試行錯誤してます。ちなみにレコードプレーヤーもBluetooth接続にして背後の壁側の棚に持ってきました。殆ど使ってないですけど。

 悪戦苦闘の末、ひとまず思ってたところまでは辿り着きました。アマゾンの次の一手に期待してます。これだけAmazon music HDに依存すると、CD不要になりますね。危険です(笑)。

IMG_20200205_102615

 本日はたまにある水曜日の休み。

 好奇心から中国製の超小型アンプをアマゾンで購入したのが届きました。なんかかっこいいし、機能が潔く絞られててそそるんですよね。

 Bluetooth5.0とUSBメモリとSDカードが使えます。FMもあるんですがレビューを見てると日本の周波数とはズレてるみたい。

 早速手元にあったMP3音源の入ったUSBメモリをセットして、スピーカーはダイヤトーンDS-1000を繋いで再生してみました。

 ‥おお、結構いい音で鳴る! 送料込み4000円でお釣りが来るとは思えない!

 しかも、リモコンを操作していると機能が絞られててかなり実用的な印象。ボリュームもいじれるし、電源オフにもできるし、復帰するとちゃんと次のところから再生する。

 黒くて小さい筐体に赤のデジタル表示もいいし、背後にはちゃんとピン入力端子が1組あります。電源アダプタが別筐体でデカくなってしまうのは残念ですが、その分本体が小さいと思えばまずまずですね。

 どう使うかが問題ですが、クルマのヘッドユニットとしても使えそう。無骨なこの姿で使えたらなかなか良さそう。ダイハツコペンにどうかな?

IMG_20200119_131332

 二戸市民文化会館の指定管理者である蠹賈牟ξさん主催の「アマチュアバンドフェスティバル」に昨年に続いて行ってみました。

IMG_20200119_132524

 13時から始まって17時過ぎまでの4時間で、10組のパフォーマンスが聴けて入場料500円。

IMG_20200119_134646

 私は日曜日の日課である水泳とかもあるので途中抜けと早退して、そのうち8組のパフォーマンスを拝見しました。

IMG_20200119_141129

 4時間ぶっ続けは辛いので、ま、こんなものでしょう。

IMG_20200119_152010

 ジャズ、ロカビリーから昨年ヒットしたJ−POP、果てはヘヴィメタルのロックバンドも。

IMG_20200119_154457

 中には2人で出るはずが、1人都合で来れなくなって1人でという方もいらっしゃいました。
 
IMG_20200119_155519

 演奏者が代わる際はセッティングに時間がかかるわけですが、司会者が演奏終了直後のメンバーの一人にインタビューして間を保たせるわけですが、それぞれアマチュアっぽく楽しんでいらっしゃる様子が聴けていい感じでした。

IMG_20200119_161944

 トリの前のバンドのボーカルとドラムは当社の社員。昨年も見たけど手慣れたものです。

 会場の席には余裕があってリラックスした雰囲気で進められてましたが、SNSで大体でいいのでどんな曲がどの時間に演奏されるかわかるともうちょっと集まるんじゃないかな。ちょっともったいないような。

(写真:上から順に、poco a poco、⊃渓唹蟷辧↓ヨッシーズカルテット、い澆困佞Δ擦鵝↓TANGO BOYS、HELL'Z METAL、The Glass Pickers、NST40)

IMG_20191222_183228 (1)

 12月22日の日曜日、八戸プラザホテル別館クリスタルホールで八戸のビッグバンド、IMOのクリスマスライブに行ってきました。

 9月29日の軽米での同バンドのライブに味をしめて、限定110名の狭き門ということで一緒に行く人の宛もないまま3枚チケットを申し込みましたけど、お誘いに応じてくれた友人お二人も感激してたくらい素敵な一夜でした。おかげで終了後まっすぐ二戸に戻れなかった(笑)。

IMG_20191222_202744

 ディナーコースにフリードリンクが付いて6000円。これもアマチュアバンドであるがゆえの奇跡の価格設定。

 なのにバンド側から抽選でのプレゼントがあったりして、いいのかな?という感じ。

IMG_20191222_204333

 今年は他に、八戸市南郷で12月1日スイングベリー・ジャズ・パーティーという、南郷、弘前、久慈のジャズバンド3組の演奏が聞ける機会もあり、9月14日には十和田市でカウント・ベイシー・オーケストラのライブも観れました。

 ビッグバンドではないのですが、10月26日には階上町の喫茶店東門での馬場葉子さん、10月2日には一戸町萬代館での村田浩トリオも観れました。

 情報集めをしっかりやってこうして2019年後半は充実した音楽ライフでしたので、この調子で来年も楽しんでいけたらなと思っております。

 ちなみにこの夜、チケットをお願いしたバンドのメンバーTさんの取り計らいからか、軽米町のライブの主催者の方が隣でした。来年は誰々を呼びますと言われましたが理解できなかった。誰であろうと行きたいけど、日にちも未だ決まってないそうです。しかしネットでの広報は全くするつもりはなさそう(笑)。

 というわけで、人的ネットワークで探り当てていくのが手っ取り早いのかな。私の場合、ロードスターツーリング仲間というネットワークからきた縁。やっぱり縁って大事ですね。

↑このページのトップヘ