クルマ

2019年12月06日

マツダのアテンザ後継FR車デビューは2年延期だそうで

IMG_20191206_071904

 今朝、盛岡から新幹線に乗り二戸に7:13到着。駐車場の私のマツダ3が凍ってました(笑)。エンジンかけたら外気温−9℃との表示。いよいよ真冬になろうとしています。

 冬タイヤには3週間ほど前に替えてました。ご覧のように、どこかで見たようなシルバーメタリックのマツダ純正の17インチホイールにしてみましたが、個人的には結構気に入ってます。

 さて、事前に流れていた情報では、マツダはこの冬の間に後輪駆動で設計されたアテンザ(マツダ6)後継を見せて、2020年春から販売する予定だったようです。

 それが2年延びて2022年になるそう。うーん、待ってたのに残念。2年前のモーターショーで見せたような長いカッコ良さ優先の車じゃあ、マツダ3ハッチバックのように売れないと軌道修正したのでは?と勘ぐりたくなりますね。でも戦略的にはそれでいいとは思います。

 それと最近では、CX−30のデビューでCX−3が売れなくなっているので廃止もあるのではないかとのこと。だったらCX−3の1.5リッターガソリン車を装備を減らして安くデビューさせたらどうかと思うんですけどね。いや、急いでライバルに合わせて1リッターターボ出してくれたら、バカ売れでは?

 また、ロードスターの後継に着手という噂もあります。これは嬉しいですけど、電動云々も含めて検討だとか。いや、マイルドハイブリットくらいはいいけど、それ以上は勘弁してほしい。というか、現状のままでACC付きになれば何も文句ないですけど。

 ネットで見つけた藤原副社長の長文のインタビュー記事が興味を惹きました。どうマツダが軌道修正していくか、祈るように見ていくことになりそう。車の内容でというより、現実的な経営判断でスカッと気持ちよくさせてくれることを期待してます。個人株主でもあるので(笑)。


jumonji100 at 17:39|この記事のURL

2019年11月17日

スカイラインのプロパイロット2.0体験

IMG_20191116_114402

 先代(V36)のスカイラインセダンは結構気に入ってたのですが、現行は四駆がハイブリッドのみとなり、デザインも後退してしまったように感じたので、視野に入ってませんでした。

 今回のプロパイロット2.0で高速道路は手放し運転できると聞いてて、そういう時代になったかとは思いましたが、評論家さんのレビューを読むと制限速度のことで現実とマッチしないらしく、ますます私はスルーするつもりでした。

 しかし、お世話になっている営業マンから「3日間だけ店に来てるのでいかがですか?」と言われ、行ってみました。しかも高速道路まで面倒見てもらって、試乗しました。

 八戸自動車道は制限速度が80km。プロパイロットでメーター読み+10kmの90kmまでは行けるんですが、そのスピードで前の車に追いつくこともなく、現実自動追い越しなんて出来るわけないじゃないですか(笑)。

 あと70キロほど南下して東北自動車道の100km区間になっても、110km設定で追い越しもほぼ出来ないでしょうし、100キロほど南下した120km試験区間ならやっと使えそう。

 もうじきかもしれませんが、全国的に高速道路の制限速度が一斉に+20km修正になったら、このクルマの機能発揮かな。でも八戸自動車道はダメそう。

 プロパイロット2.0って、まだ環境が整ってないのに技術先行で出た8Kテレビみたいな存在と言えそうです。すみません、せっかく貸していただいたのに‥。


jumonji100 at 18:04|この記事のURL

2019年11月10日

モーターファン別冊すべてシリーズ

IMG_20191108_100830-800x600

 我が家の書棚の一段分をまるごと占めている、モーターファン別冊ニューモデル速報、通称「すべてシリーズ」、昭和57年の「ホンダシティターボのすべて」からスタートして、数えたら170冊ありました。

 新車が出れば必ず出るわけでもなく、メーカーのバックアップ次第のような刊行物ですが、ドライビングインプレッション、ライバル車比較、開発ストーリー、メカニズム詳細解説、デザインインタビュー、使い勝手徹底チェック、バイヤーズガイド、それに一部ですが縮刷カタログまで含まれていますので重宝してますし、薄いので保存もしやすくて手放せませんね。

 それにしても、デザイナーさんの書いたスケッチ画のカッコいいことにはいつも感心します。しかしそれが市販車になるとガクンと魅力が無くなってしまうのに溜息をつくのがお決まりのパターンです(笑)。

 いろんな事情があってそうなるんでしょうけど、原寸大にデザインを起こすモデラーさんの職人芸次第というのもあるんでしょうね。モデラーの仕事は私がやってあげたい!と思うことしばしば。

IMG_20191108_100909-800x600

 また、開発者の顔とか、発する言葉とかが見れるので、「なるほどこんな人たちが精魂込めたなら買っていいな」とか、逆に失礼ながらたまに「こんな人指名するからこうなってしまうんだ」と思えるんですよね。

 だからか、車のメーカー名や車名より、その背景にある開発に携わった人たちのイメージで、「この力作は買って体験したい」と、どんどん車を買い替えている自分がいます。

 最近出たトヨタカローラは、カローラという名前に逆に萎えてしまう人も多いと思いますが、豊田章男社長が「いい車を作ろう」と言い出して、やっとデザインまで含めてまともに出来たクルマになるのではないでしょうか。

 元のデザインはトヨタのアメリカのデザインスタジオCALTYのもので、セダンのデザインが好評だったということで、ファストバック、ステーションワゴンと展開したとのこと。元はと言えば1人の個の力で出来上がったデザインと思うと、メーカー名なんてどうでもよく思えます。

 外観ほどには内装の出来が良くなくてちょっと萎えている私ですが、この「ニューモデル速報 第589弾 新型 カローラのすべて 」を見て、また気持ちがフツフツと復活してきました(笑)。


jumonji100 at 11:32|この記事のURL

2019年11月06日

ピンクのクラウンでやってきた社長

IMG_20191029_113851

 先週、集鳥カゴを供給してもらっている三甲の後藤俊彦社長が、部下お二人と表敬訪問に来社されました。

 会長室での面談を終えて、昼食会場の「四季の里」に行こうと外に出たら、あれま、ピンクのクラウンでおいでになってるではありませんか。

 三甲さんは車に使われるプラスチック部品を供給してるので、業者の会に会長が出た時に、豊田章男社長が「ピンクのクラウン出すので買って」と呼びかけたのに呼応してすぐさま購入したのだそうです。

 その後、同じ会合にピンクのクラウンで出かけていったら、他の誰も乗ってなくて、周囲から注目を浴びたんだそうですが、かえって良い宣伝になったのでしょうね。

 しかしその後、会長のもとを離れ、今では盛岡営業所の社用車として置いてあるそうです。しかし所長車として常日頃から使われているわけではなさそう。そりゃそうですよね(笑)。

 ちなみに、ネットで調べたら、このピンクのクラウンは650台世に出たのだそうです。

 私の推測では、その前にスープストックトーキョーの創業者、遠山社長が古いクラウンを緑色に塗って乗っていたのが伏線としてあったのではないかと思います。

 「新しい=組み合わせが変わること」と当社の経営計画手帳に書いてありますが、文字通りクラウンとピンクの組み合わせは発明的な出会いですよね。

 中古車相場は、同型のクラウンの他の色より高いそうで、これもインスタ効果なんでしょうね。


jumonji100 at 14:03|この記事のURL

2019年11月04日

マツダ3からカローラに乗り換えようかと試乗してみた

IMG_20191023_162032

 我がマツダ3は6月はじめに納車になって5ヶ月、5000キロ走りました。2台のオープンカーを選択しがちだったので、ちょっと少なめかな。

 静かさとか、オーディオの音とか、ステアリングの雑味のない感じとか、内装とか好きなんだけど、ちょっと困惑してるのがACC(前車追随機能)と自動ブレーキです。

 長押しで10キロ単位でスピード調整になるんですが、10キロ下げるとブレーキが効いて唐突にマイナスGがかかることや、一般道でセットするとカーブとかで少しでも線に近づくとスピードがぐんと下がるところがどうもな〜。

 それとバックしたりするとき特にそうですが、我が家の屋内駐車場に入れるときでさえ、ぶつからないはずなのに急ブレーキがかかる。で、こっちもびっくりする。

 テスラみたいに、そのうちソフトウエアでアップグレードできてその辺りの動きがまろやかになればればいいんですが、やってくれるかな?

 だったら、トヨタの新型カローラのACCは良いとレビューに書いてるのを見たので先週試乗してみました。

 ディーラーさんにあったのは、カローラセダンのハイブリッド4WDで紺色のSグレード。16インチタイヤで乗り心地が良さそうだし、ハイブリッド未経験の私ですし、紺色はもともと好きなのでまさしくドンピシャ。

 ちょっとだけ走ってみましたが、流石に私の1.5リッターのマツダ3から乗り換えると、力の出方がスムーズでいい。乗り心地もいい。電池で実際重いのでしょうけど、マツダ3に比べるとがっちり感がすごくあるような。 

IMG_20191023_162003

 でもナビとメーターが、大いに引っかかる。

 マツダ3はナビがメーターより奥まったところにあって、少々運転席を向いていて見やすいのに対して、カローラはぐっと手前でメーターと平行になっててゴツゴツしてる感じで、優しくない印象。

 それとメーターはマツダ3に比べると派手な色遣いで、見にくそう。でもこれはオプションだったかな?

 いい感触でしたが、目の前の内装デザインに萎えてしまい、逆にちょっとホッとしました(笑)。


jumonji100 at 22:28|この記事のURL

2019年11月02日

タイ製MG車を見にバンコク市内のディーラーへ

IMG_20191102_161523-800x600

 昨日、タイ最大手チキンパッカーであるCPFのミンブリ加工場とR&Dセンターを訪問させていただきました。

 最初に見せて頂いたCPグループの紹介動画の中で、クルマはMGブランドを手掛けていることを知ったので、今日ホテル近くのショールームを訪問してきました。

IMG_20191102_161550-800x600

 そして、最新のクルマはと聞いたら、このHSというSUVでした。

 外観はそこそこスマート。そして、内装も意外なことにマツダに負けてない品質感あるじゃないですか。ま、電源入れて触ったわけではないですが。

 これで20パーセントの税金入れて100万バーツ強ですから、300万円ほど。

 イギリス発祥の素敵な先祖のクルマがあるMGブランドですし、私がバンコク駐在なら買ってしまいそう!?

IMG_20191102_161158-800x600

 ネットで調べたら、中国最大手の自動車メーカー、上海汽車がタイのCPグループと組んで2014年からタイ国内で生産し始めたそう。

 タイの年間自動車販売は約100万台で、MGは今年は2〜3万台ペースで売れてるみたいです。

 乗ってはいないですが、見た目に負けない運動性能なら、まだまだ販売台数を伸ばしそう。

 日本のメーカーは守勢に回るんでしょうけど、負けないで頑張ってほしいですね。

 それにしても、バンコク市内の渋滞は酷いものでしたけど。


jumonji100 at 19:46|この記事のURL

2019年09月23日

2001年式ロードスターと2000年式ボクスターを比べてみる

DSCF9022

 「仲間とオープンカーでツーリングしませんか」とのお誘いを頂いて、昨年久しぶりに手にするオープンカーを何にするかあれこれ考えたのですが、結論は水色のNBロードスターで約50万円+陸送料でゲット。

 しかし、986ボクスターも捨てがたく、今年好きな色のが出てたので、約100万円+陸送料で手に入れたのでした。

 ロードスターは1600ccで2001年式の約5万キロ、ボクスターは2700ccで2000年式の約2.3万キロ。どちらもベースグレードのオートマで非常に近い年式になったので、今回はこの2台の違いを列挙してみたいと思います。

1.幌の開閉が、ロードスターは手で、ボクスターはスイッチ
 現行のロードスターはマニュアルでも非常に軽いし、マニュアルは素早くできるので一番以下もしれませんが、NBロードスターは従来の重いマニュアルです。ボクスターはオートですので、やっぱり楽ですね。ただ最初にパチンと開けるのはどちらも手で、ロードスターは2箇所でボクスターは1箇所。

2.エンジンは、ロードスターが4気筒1600ccで、ボクスターは6気筒2700cc
 
パワーは全然違いますね。ボクスターは追い越し加速には丁度いいトルクですが、気がつくとスピードが想定外に出ていたりします。ロードスターは力がないので、アクセルを遠慮なく踏めていいです。オープンにして回した時のエンジン音はやっぱりボクスターがいいかな。ちなみにロードスターは4速ATで、ボクスターは5速ATにステアリングスイッチが付いてます。

3.エンジンの位置が、ロードスターは前で、ボクスターは後ろ
 ロードスターもフロントミッドシップ気味なので、前か後ろかはあまり気にならないです。どちらもタイヤはハイグリップなものをつけてないこともあってか、いまのところ大きな差を感じないです。

4.トランクが、ロードスターは1つで、ボクスターは2つ
 ボクスターのリアトランクは、ロードスターのに比べると狭いですが、フロントトランクを足すと、ボクスターの勝ちかな。前を開けて荷物を積むのは私も初めてなので、まだちょっと照れますね。

5.静粛性とボディ剛性は、ロードスターよりボクスターが上
 ロードスターは初代NAとプラットフォームが同じですから、ほぼ10年設計年数が違いますよね。重量もクラスが違いますし、これは明らかな差です。

6.エクステリアデザインが、ロードスターは懐古調で、ボクスターはモダン
 ロードスターは初代NAのプレーンさが失われたあまり評判の良くないデザイン。ボクスターは996型911と同様、新時代のヘッドランプとリアランプのデザインが不人気。でも私はこのボクスターのデザイン、結構好きです。ロードスターはこの色が気に入ってて、デザインは許せる範囲。

7.インテリアデザインが、ロードスターは正統派で、ボクスターは軽い遊び感覚
 ロードスターのインテリアは初代同様、奇をてらわないオーソドックスなもの。ボクスターは粗雑な印象。こればかりはボクスターの価値を下げていると思いますが、メインのメーター周りが911と共通で緊密感があって、プラマイゼロかな。

8.ステアリングの重さが、ロードスターは普通で、ボクスターは重い
 
ドイツ車のステアリングは重いのが当たり前で、むしろ有難がる傾向があった時代だったかな。いまややっぱりロードスターの普通さがとても有り難いです。

9.ペットボトルの置き場所が、ロードスターは2本あって、ボクスターは無い
 ロードスターは2本分ありますが、1本は非常に浅いため、スポーツ走行すると倒れます。ボクスターは置き場所なし。結構困りますが、助手席シートの脇とかに刺したりしてなんとかなりますし、カバンを椅子に置いて、背もたれとの間に挟んだりしてます。もしくは四角いペットボトルを買うか。

10.ロードスターは日本製で、ボクスターはドイツ製
 ボクスターは、幌のガタガタ音がある、エアコン吹出し口からスポンジのかけらが飛んでくる、ブレーキダストが激しい、ということでやはり日本車は安心して乗れるところはありますね。

 さて、50万円と100万円ということで倍といえば倍、五十歩百歩といえばそうなわけですが、周囲の見る目は大きく違うような気がします。ボクスターでもやっぱりポルシェ。クラスも全然上級ですしね。

 でも、ロードスターの潔さは普遍の魅力といえるんでしょうね。好きなのはこっちかな。というわけで、ありきたりの結論になったような。参考にならなくてごめんなさい。


jumonji100 at 20:57|この記事のURL

2019年09月16日

ホンダNワゴンが欲しくなってきた!

IMG_20190916_110816

 4月に実家の車として、軽自動車を比較試乗して、決めたのは日産デイズでした。

 ホンダNワゴンのデビューが間近に控えてましたが、待てなくてそっちに決めたのでした。

 その後、デイズ納車と前後してNワゴンの外観写真をネットで見て、これは待っても良かったかもと思いましたね。

 また、価格と装備表を見て、スチールホイールにしながら、全車速追随ACCまで標準装備しちゃうというところもすごいと感心。日産と考え方がぜんぜん違う。

 そして、ネット上の試乗記を見ていると、Nボックスやデイズの上を行く評価だというじゃないですか。

 というわけで、今日地元のディーラーさんに試乗に行ってきました。

IMG_20190916_113133

 うーん、たしかに乗り心地いいし、静かだし、ターボ無しでもエンジンが元気だわ。

 ACCも一般道でやってみましたけど、車間が開くとささっと積極的にエンジンが回りだして、我がマツダ3より元気がいい感じ。

 コーナーで背の高さが気になりますが、旧知の販売員さん曰く「最近の軽はスタビライザー付いてるので次元が違いますよ」と言ってました。それと出口でのトルク感が思いの外あって力がない感じがしない。

 デザインは、このノーマルバージョンがいいじゃないですか。後ろのバンパーが無い感じがいい。顔の目と眉毛の感じもいい。後席ドアのガラスが広くて三角窓がないのもいい。シンプルで力強い線でまとまってて、かつ脱力感があって、Nボックスに引けを取らないいいデザインだと思います。

 ノーマル顔は徹底して女性ターゲットだそうですが、ベージュの内装も含めて私が好きなのは断然ノーマルのほう。いざ買うならノーマルのターボにしてしまうかな。

 以前、軽ではダイハツエッセを買ったことがありますが、あれは遊び。しかしこれはメインに使って生活したらなんか楽しそうって思ってしまいますね。

 実は前のNワゴンも好きで、久しぶりに軽限定だけどホンダデザインにハマってる感じかな。


jumonji100 at 15:19|この記事のURL

2019年09月10日

マツダ3が売れてない理由を10個考えてみた

262340506_org

 鳴り物入りでデビューして、評論家のレビューでも絶賛されていたマツダ3が日米であまり売れてないそうです。やっぱりそうか。

 前のアクセラだって、セダンとファストバックでは、ファストバックの比率が圧倒的ですから、ほぼファストバックがコケたということなのでしょうね。

 実はカローラスポーツのほうがデザイン的に気に入ってたけどマツダ3ファストバックを購入した私が、その売れていない理由を10個考えてみました。

 1.最初に出るべき高価格の高性能版が後に出ることになったから

 2.その高性能版が燃費改善と動力性能の割に高すぎる印象だったから

 3.フロントグリルやアルミホイールがブラックで華やかさがないから

 4.後ろの窓が狭すぎてマニアックすぎ、実際座ると息苦しさがあるから

 5.後ろの視界が遮られがちなボディ形状だから

 6.ゴルフバッグを載せるのに、後席を倒さなければならないから

 7.サイドから見たプロポーションにコンパクトさが感じられないから

 8.選択できるボディカラーが地味すぎるのばかりだから

 9.乗り心地が18インチのタイヤ「Turanza」でやや硬いから

 10.静粛性、オーディオの良さ、スマホ接続の利便性が訴求されていないから

 以上、案外すらすらっと出ました(笑)。うーん、私も手放す日が早いかな?

 ま、私の場合は、サンルーフがないのと、1.5リッターの非力さと、地味な色、ゴルフバッグがそのままでは入らない、といったあたりが要因でほとんど自分のチョイスミスですが。

 ネット情報では、これから装備を落とした低価格モデルが出るそうですね。まあ、そこはデビュー前からの想定の範囲内でしょうけど。ついでに私の予想通り、顔がシルバーメッキになって出てくるかな? というより、マツダはこの3ファストバックより、CX−30を売りたがっているようですが。

 ところでマツダはBMWを目標にしていると公言しているようですが、BMWが存在しているのはメルセデス・ベンツというライバルがいて、世間にどっちを買うかという選択肢が与えられているからだと思います。

 マツダは世間にどうわかりやすい選択肢の一つとして認知されるべきか。それはフォルクスワーゲンクラスではないでしょうか。ハイクオリティで、親しみやすいブランドで、リーズナブルなプライス。ただちょっとだけスポーティーな味わいが加味されたという辺りかな。

 いずれ、ちょっと近寄りがたさを感じるところからの転換が必要なのかも知れませんね。

(写真:7月のロードスターツーリングで撮影していただいたもの)


jumonji100 at 19:35|この記事のURL

2019年09月08日

八幡平へツーリング

P1010878

 今年3度めのツーリングは、5月の面々私含め4人に、7月の竜飛岬ツーリングの主宰の方が加わって5台、岩手町から八幡平に行ってきました。

 平地でゆうに30℃を超える天気でしたので、オープンで走るとなると、正直辛くなるかもと心配しましたが、我がボクスターはエアコンが効きますし、高地に登りましたし、昼食食べて解散でしたので、ちょうどよかったかな。

 八幡平はバイクでのツーリングの方々も多かったですし、スポーツカーの方もちらほら。ドライブ日和でしたね。

 それにしても、地元の道路わかってるはずが、案外わかってなかったと思い知りました。自社の農場がこんなところにもあったんだ!と驚いたりして、やばい。

 八幡平樹海ラインも初めてなんじゃないのかな。藤七温泉に行くときは頂上から降りてましたからね。

 決して煽ったりしてなかったと思いますが(笑)、我々オープンカー5台に道をお譲りしていただいたことも多数ありました。ありがとうございました。


jumonji100 at 20:28|この記事のURL

2019年08月18日

100万円ポルシェで我慢すべきこと

IMG_20190818_061316

 我が2000年式ポルシェ・ボクスターは納車から2ヶ月経過、1500kmほど走りました。3台持ちにしては頑張ったかな。

 100万円程度でどんなポルシェが手に入るのか? そりゃああれこれありますが、この程度だったら全然OKでは!? というわけで、今回残念なところをレポートしてみます。

 1.エアコンの吹出口からスポンジの破片が飛んでくる!
 
調べたらよくあることみたいですね。経年変化で中のスポンジが溶けてか、ボロボロと飛んでくるし、吹出口にそのデカイのが引っかかってるので取りたくなります。ピンセットやピックアップツールでそれがきれいに取れると快感でもあります。外に出た細かいのをキャッチするためガムテープは常備しておいたほうがいいかも(笑)。

 2.フロントボンネットが緩んでしまう!
 
カチッと締めてあるはずなのに、気がつくと緩んでることがよくありました。いやもちろん走行中に前のボンネットが突然空いて視界が遮られるなんてことは無いですし、これからもないでしょう(笑)! ちなみに、前のタイヤの空気圧が既定値より2割以上高めでしたので、それを規定値以下にしてからは起きてないです。

 3.閉めてると幌がきしむ音がうるさい!
 地震のときの障子戸のガタガタする音みたいな感じで、グレード感を下げてます。他人に運転を任せて、自分で幌のどこが鳴いているのか確認したいと思いますが、まだできていません。以前、ダイハツ初代コペンのときにもこういうのがありました。その時は嘆いてさっと手放しましたが、今回は粘ってみようと思います。もちろん、オープンにすれば全く静かになります。

 4.幌の後ろのビニール窓がもやっとしか見えない!
 
ガラスではなくビニール。私も初代ロードスターで経験ありましたが、この車は19年経過してますのでほとんどスモークガラスみたいな感じです。バックすることがないような駐車を心がけています(笑)。

 5.ステアリングを切ったときに時々引っかかる音がある!
 
滅多に無いのですが、たま〜に気になります。何かが引っかかってるのでしょうか。でもこれだけ走り込んでるし、そんなに問題なさそう。以前所有したBMWのZ4は色とか最高に気に入ってたんだけど、夏場パワーステアリングが頻繁にコックンコックン言うので我慢しきれなく手放しましたが、これはそんなではないです。

 6.取扱説明書が付いてこなかった!
 
ありえないなと思うのですが、取扱説明書が付いてなくて、何をするにも頭を使って推理したり、ネット上から情報を仕入れたりして、感性が研ぎ澄まされますね(笑)。ホントに困ったときに、高額でも手に入れようかと思うのですが、さて、飽きて手放すのとどっちが早いのでしょう?

 以上、こんなところでしょうか。というわけでアタリの範疇かなと思ってます。なにしろコミコミ100万円ですから、ね。

 さて、この写真は今朝早朝、ゴルフ場に向かう途中、世増ダム(青森県南郷町)沿いのパーキングで撮ったものです。気温もちょうどよく、気持ちよく走れて最高でした。

 そのあと、ゴルフが終わっていつものように助手席にゴルフバッグを載せようとしたら、誤って席の前の柔らかい部分を傷つけてしまいました。あらら。‥でも100万円だからね(笑)。

 帰って、後ろの狭いトランクにゴルフバッグを入れようとやってみたら、ウッドを全部バッグから出すときれいに全部収まるみたい。そうだったんだ! 見た目で勝手に諦めてましたが、やってみるものですね。


jumonji100 at 16:04|この記事のURL

2019年08月14日

2.5リッターガソリンターボのマツダCX−5に代車で乗ってます

DSC_0004

 6月1日納車なのに、エンジンかけたあとしばらくエアコン吹出口から温かい空気が出る症状の我がマツダ3。駐車しておくと室内がやたら暑くなる症状も感じてました。

 1ヶ月点検時と2ヶ月経過のあたりの2度ディーラーさんで診てもらいましたが、異常なしとのこと。しかしその後1週間したら、アクセル踏んでも加速しなくなって、警告表示が出てディーラーさんに直行。

 ま、それとこれが直接関係ないかも知れないですけど、それから1週間この2.5リッターガソリンターボのCX−5を代車で借りています。車庫に入れると、他が低い車ばかりなので存在感がすごいです。マツダイチオシの色というのもあるかな。

 この個体、一度は試乗してますけど、やっぱり静かでスムーズな加速が気持ちいいですね。サンルーフのオプションが選べるなら(2.2リッターディーゼルのみ)、これを選んでたかも知れないです。

 雪国の地元では、この新型CX−5、すでに超人気車種になってますよね。株主通信を読んでると、世界でも大人気のようですが、実際乗るとコスパ良すぎです。

 マツダ3が新しい車台になってちょっと値段が上がったので、マツダ3の1.8ディーゼルとCX−5の2.5リッターがそんなに見積もり価格が変わらないですよね。

 今落ち着いて考えたら、いまいちエンジンの魅力に欠けるマツダ3よりCX−5にしとけばよかったかなと思ったり。うーん、マツダ3試乗レビューの見過ぎだったかな。

 そうこうしているうちに来年早々、FRで直列6気筒になると言われるマツダ6が発表になるそうなので楽しみです。最低地上高がそんなに低くならないで、四駆があって、サンルーフが付くことを祈ってます。

 ちなみに、出たばかりの新型車の納車直後の不具合はこれで2回め。やっぱり生産が落ち着いてからのほうが安心ですね。値引きも大きくなるし(笑)。


jumonji100 at 20:06|この記事のURL

2019年07月28日

マツダ3に乗り始めて2ヶ月

IMG_20190715_185143-800x600

 最速の納車というのでこの15Sツーリングという力のないグレードを選択しましたが、やっぱりあと1ヶ月半我慢してディーゼルのXDにしたほうがよかったかな?

 そんな思いで、購入したディーラーにあったXDを試乗させてもらいました。比較するとエンジンはやっぱりこれくらい欲しいよねという納得のレベル。しかし、アクセル踏んだあとにタイムラグがある感じ。

 少しホッとしつつも、やはりセダンで四駆のXDでBOSEサウンド付き、色はマシーングレーが正解だったかなと正直ちょっと後悔してます(笑)。スカイアクティブXの試乗記も最近出てて秋に納車が始まるんでしょうけど、さすがにそこまでは待てなかったですね。

 私のマツダ3、1ヶ月点検の時も言ったけど、エアコンの動作にどうしても理解不能なところがあったので、代わりにアテンザを2日間借りましたが、やっぱり新しいマツダ3のほうが内装がいいし、しっとりした乗り心地が浮き彫りになりますね。すごく高級感ありますが、でも外観がそういうノリではないので損してるかな。

 でも、この18インチではなく16インチが付くただの15Sのほうが、ますます乗り心地がいいんでしょうね。いや今から替えるなら17インチでもいいかな、などど思ったり。

 ただ、ACC(前車追随クルーズコントロール)にはちょっとガッカリですね。これまで乗っていた2014年式のボルボ2015年式のメルセデスのほうが設計が古いけど、鈍感でいてほしいところが適度に鈍感でよかったです。マツダ3のは神経質です。

 最近ではそれと前後して、BMWの八戸のディーラーさんの試乗会で320i試乗しましたが、噂通りかなりよかった。やっぱり別格な感じでしたね。ただサイズが大きくてどうかな‥。

 ところでこの手のクルマの話より、この暑い時期、薄暮の時間帯に近所をロードスターボクスターでオープンで走るのが気持ちいいです。

 というか、北国ではこの時期乗らないとあっという間に乗れなくなるので、頑張って乗らなきゃ。2台あるんだから倍乗らなきゃ。‥貧乏くさいですね(笑)。

(写真:当社のセルフスタンドにて)


jumonji100 at 19:27|この記事のURL

2019年07月07日

ロードスター21台による竜飛崎ツーリングに参加

P1010115

 この土日、ロードスターがたくさん集まるツーリングが津軽方面であると、先日お目にかかったKさんからお誘いがありましたが、自分の腰に自信がないし、時間にして2日間で東京まで往復するのとあまり変わらないとすればちょっときついかなと思い、土曜日だけ参加してきました。

 でも、こういう同じ車種がたくさん集まってのツーリングって初めてでしたので、ワクワクして参加しましたよ。Kさんに予備知識を頂かないまま参加。集合に遅れてしまったので、班編成のペーパーを渡されいきなり出発。

 前に4台、後ろに16台ものロードスターが連なってて、天気がちょうどよくて皆さんオープン。対向車をはじめ周囲の注目を浴びますから、ちょっとくすぐったい気持ち。

 最初の休憩所に着いて、初めて班の方々に名を名乗りました。「はじめまして、十文字です」といったら「ぱっつんです」「OH!です」‥なになに? あー、皆さんみんカラのニックネームそのままなんですね。私はIDを数年前にとって休眠状態なので、これはちゃんと復活してみなさんとつながらなきゃ。

P1010102

 それにしても驚いたのは皆さん、かなり愛車に手を入れていること。いや、私みたいにノーマルそのものだと話のきっかけができないんですね。そしてこだわりを語る皆さんの輝いていること。いいなあ。

 そして、NA(初代)のみなさんの相当使い込んでいる姿。30万キロ、27万キロという方がいらっしゃいました。

 また、大阪ナンバー、品川ナンバー、いわきナンバーなど、あちこちから集まるんですね。大阪の方は、片道13時間半だそうです。しかも親子で。ちなみに、ロードスターのふるさと広島で30周年のミーティングがあるので当然行くような話をされてて、言葉が出ない‥。

 さて、この日、4世代分のクルマの後ろ姿を見ましたが、NAのお尻の可愛いこと。前はもちろんダントツで可愛いですから、やはりNAは愛情を注がれるべき存在なんでしょうね。あと紺のNC(3代目)の姿もかっこよかった。私のNBの後ろ姿は、Kさんとクルマを交換したことで初めて見ましたが、やっぱりいかついですね。

 主宰されていたわがままポチさん、お世話になりました。ありがとうございました。なんと先回りして白レンズで、海をバックにきれいな写真が取れるところで撮影していただくというサービスぶりでした。

 体調を整え、また参加したいですね。というわけでこのロードスターとは長い付き合いになるかな。


jumonji100 at 20:14|この記事のURL

2019年06月14日

2000年式ポルシェボクスター、納車

IMG_20190612_063801-800x600

 平成から令和へのバトンタッチのゴールデンウィーク、私の思い出となるのはこのクルマです。

 あまりに暇を持て余し、ネットで中古車を検索し、ついついこの986ボクスターの購入を決めてしまいました。岐阜県の店にある現物を見ずに。

 昨年の春オープンカーを探してて、この型のボクスターも考えたのですが、安心な国産のマツダ2代目ロードスターに決定したのでした。

 しかし、対抗馬だったポルシェ初代ボクスターも一年後に買ってしまった格好になりました。完全に被ってます。

 昨日アフター5にドライブしてみたのですが、ロードスターの1600に対して、ボクスターは2700でしかも6気筒なのですよ。

 同じ感覚で走ると、出てるスピードが違う。ボディもさすがにしっかりしてる感じ。オーディオの音もいい。気に入りました。電動オープンですから楽ですし。

 贅沢に思うかもしれませんが、ロードスターとボクスター合わせて、コミコミ200万円行きません。新車のマツダ3を加えても500万円以下。ふふふ。

 また、適度に古いと気を遣わずに付き合えるのがいいですね。このボクスターはまだ22000キロ台なので、ロードスターより長い付き合いになるかも。


jumonji100 at 22:02|この記事のURL

2019年06月08日

さよなら、ボルボV40クロスカントリー T5 AWD

IMG_20190607_200123

 結構気に入ってたボルボV40クロスカントリーですが、1年7ヶ月で24000km走り、昨晩買い取り屋さんに引き取ってもらいました。

 恒例により、使ってみての感想を10項目で報告したいと思います。

1.マルチな才能がある

 コンパクトカーであり、SUVであり、四駆であり、直5エンジンが気持ちよく、乗り心地はどっしりした高級感があり、静かであり、スポーツカーの加速があり、アクティブクルーズやレーンキープアシストがオプションで付属していて6年前のデビューなのに完成度が高い。なんとも欲張りな車でした。

2.直5エンジンが気持ちいい

 
マイナーチェンジした後期モデルでは同じ2リッターターボでも直4エンジンになり、馬力・トルクも向上、燃費も1割向上しています。そっちを試乗してないですが、古いこっちの方を積極的に選びたくなるほどです。

3.インテリアが明るくていい

 
先週納車したマツダ3の内装が天井も含め真っ黒でやっぱりというか少々がっかりしてます。やはりこちらの明るくリラックスした内装が品が良くて好きです。

4.スマホの置き場に困る

 6年前の設計だからでしょうか、スマホの置き場に困るのが致命的でした。センターの操作部の裏に物を置くスペースが有るのですが、最近の大型化したスマホを置くと、カーブで転げ落ちます(笑)。カップホルダー2個を諦めて置くか、センターコンソールボックス内か、ドアポケットになります。

5.標準装備のオーディオの音がそこそこいい

 
マツダ3の標準装備のオーディオの音も良い部類ですが、こちらも負けていません。MP3の入ったCDも、USBも、Bluetoothも聴けます。ちなみにエンジンを切って、ドアを開けて1秒ほどすると音が切れます。そこまでもてなしてくれます。

6.オート操作も充実

 
オートエアコン、オートライト、オートワイパーはもちろん、自動防眩バックミラー、オートハイビーム、アダプティブライトも6年前の車でも標準装備でした。オートワイパーは感度を調節できて気に入りました。

7.乗り心地硬め

 
中古で買った際に付いてきたのはミシュランのエコタイヤでした。それをそのまま使い潰したわけですが、空気圧を低くしてなんとか乗れるようになりました。今考えると、そのタイヤを処分して、柔らかめのタイヤに付け替えて乗ればよかったかな。

8.5キロ刻みの設定ができるアクティブクルーズコントロールがいい

 
マツダ3は1キロと10キロ刻みでの設定になるようで、ボルボのほうが使い勝手がいいと思います。ただ、信号停止からアクセルを踏んだときが過敏でもっと緩やかにスーッと出てくれたらいいのにと思います。

9.デザインは前も横も好きで、後ろは嫌い

 いい顔してるし、シュッとした体をしていると思います。ただ、後ろのガラス回りを黒くしてるデザインは個人的には重々しくてあまり好きではないです。そして、実は素のV40のほうのデザインが好き。クロスカントリーは前後下部に加飾が入ってるわけですがそこがちょっと。左右下部のオプションが付いてない個体だったのは救いでしたが。

10.サンルーフとプレミアムオーディオが付いた個体を買い直したい

 
最近、日本だけサンルーフ付きが売れないんだそうで、サンルーフのオプションが革シートと抱き合わせオプションになったりしてて、それが嫌な私のジレンマになっています。このV40クロスカントリーはそれが選べたので、その仕様で新車で買わなかったことの後悔があります。というわけで、また中古で手に入れるかも!?

 マツダ3に乗り換えて、その異文化ぶりにちょっと戸惑うところがあり、比較して一長一短だなという今の印象ですが、やはり馴染むには時間がかかるので、そこまで到達するまでの感触の変化を楽しみたいと思います。


jumonji100 at 07:07|この記事のURL

2019年06月01日

マツダ3、納車初日の印象

IMG_20190601_091911

 マツダ3の国内発売が5月24日でしたので、8日後の納車でした。注文書にサインしたのは3月11日でしたので、3ヶ月弱の待ち。

 注文したのは、15S Touring 4WDで、色は新色のポリメタルグレーメタリックです。Android Auto機能が付いてるのでナビはスマホで済ませることにして、オプションはETCとフロアマットくらい。300万円を余裕で下回りました。

 エンジンはディーゼルがいいかなと思ってましたし、セダンにするかも悩みましたし、静粛性と走りの評判が良いのでいち早く手に入れたく、また非力な1500かいな〜と嘆きながらも納車が早いこれになりました。ちなみにサンルーフ付きにしたかったのですが、そうなると10月発売のスカイアクティブXになるのでギブアップ。

 外観をひと目見ての印象は、色がダーク過ぎたかな‥。形は私、世間で言われるほどこのデザイン好きではなくて、どちらかというとカローラスポーツの塊感に惹かれてました。この外板色は場面によって表情が変わると言われているので、評価が逆転することになるのか見ものです。

 びっくりしたのは、キーのサイズ。残念ながらデカい。以前のスマートなのから逆に太ったみたいな。私は単体でポケットに入れる派ですが、服が膨らむと思うとちょっとがっかり。

 内装の評価が高いのは分からなくもないですが、デザインでダッシュボードの上に厚いものがある感じにちょっと違和感。また、シートのファブリックの表面の感じが安っぽくちょっと寂しい。それに内装の上半分がファストバックは黒でちょっと滅入りますね。ウインカーの感触、音等も評価が高いわけですが、織り込み済み。

 ベースグレードのオーディオの評価も高いわけですが、前のアクセラのBOSEに乗っていた私からすれば、スーパーウーファー無いわけですし、やはり落ちるかなと思いました。今乗っているボルボV40クロスカントリーもベースグレードのオーディオで結構立派な音がしますが、それと明確な差をあまり感じませんでした。イコライザーをいじったら変わるかな。

 走ってみると1500ccのエンジン音は流石に大きい感じ。アクセラでも私1500ccでしたが、ピックアップが改善された印象。エンジン静かにさせてると、確かに静かです。

 タイヤは18インチですが、柔らかいのが好きな私にはやっぱり硬い印象。空気圧を落としてみようかな。それともブリヂストンTuranzaを早々に外して柔らかいのにしようかな。

 市内を10kmほどしか走ってないのでまだまだその良さを発見できてないのだと思いますが、Gベクタリングコントロールプラスや、新世代の4WDの効能ぶりが楽しみです。

 ちなみにゴルフバッグを入れてみようとしましたら、入りませんでした。カタログにもセダンには2個入るとありますが、ファストバックには言及なしでした。こういったことが事前注文の段階では詰めきれず、その場で決断を余儀なくされるのが悲しいところです。

 やっぱり正式なカタログを手にれて、じっくり考えて、セダン、ディーゼル、4WD、BOSE、マシーングレープレミアムメタリックで、納車はお盆頃というのが良かったかなと納車初日から後悔(笑)。でも、あまりに期待大きすぎるより、クールな始まりのほうがあとで発見があっていいかも。


jumonji100 at 20:36|この記事のURL

2019年05月26日

オープンカー4台でツーリング

IMG_20190526_093802

 八戸のロードスター仲間でツーリングしましょうというお誘いを昨年受けていながら、日程と天気が合わなくて年越しになってしまっていましたが、やっと本日実現。

 しかも、わがままを言って、私が今日行きたかった「稲庭高原まつり」をひとまず目指すことに。道は私におまかせと言われましたので、先導させていただきました。

 八戸を出発して、なるべく空いていそうな道を選択して、軽米町、九戸村、一戸町を経由して、2時間ほどでまつりの会場、天台の湯へ。

 自分でドライブするだけでも楽しいのに、後ろをかっこいいクルマたちが従いてくるわけで、しかもバックミラー越しに見るちょっとしたクルマの挙動でそのドライバーの頭の中を想像する作業が楽しかったです。

 最後の十数分、浄法寺の町から稲庭高原に登るんだからどんどん涼しくなるはずが、今日はめきめきと気温が上昇し、オープン状態でのドライブはすでに不適な状況に。予報通り暑くなってきたわー。

IMG_20190526_104349

 そして会場到着。お目当ての「田口友善&ぶっとべライダーズ」のライブを客席で見ているのは、直射日光で結構厳しく、皆さん木陰から見てる人がかなり多かったような。

P1000345

 でも涼し気な地元応援ソングを披露していただいて、いいリフレッシュに。お三方お疲れ様でした。

 しかし、今日初めてお目にかかったツーリングの仲間の方が、2月に二戸アマチュアバンドフェスティバルに来て演奏してた方で、田口さんと知り合いだったとは世の中狭いものです。

 昼食はまつり会場で済ませ、十和田湖へ向かうことに。ここから私は3台のそれぞれの後ろを走らせていただきました。

P1000367

 NDロードスターの後ろってなるほどこういう形してたんだ。S660はシュッとしてるなあ。NAはやはり名車だなあ。‥などとその走る姿を見ながら運転するのは楽しかったです。

 私は都合により十和田湖から奥入瀬を走るのから外れ、二戸に戻りましたが、帰り道で、4台に共通している非力な2人乗りの軽量オープンカーだからこそのこの楽しみなんだと改めて思いました。

 しかも私も含め熟年以上の4人でのドライブ。リラックス加減がちょうどよくて、またの機会が待ち遠しい。


jumonji100 at 18:23|この記事のURL

2019年04月28日

踏み間違いに対応した軽自動車を検討中

IMG_20190425_165748

 実家の足グルマとして、古い日産ノートを気に入って使っていたようですが、安全ブレーキが無いため気にかけておりました。

 おそらく市内しか走らないので、より小さな軽自動車で、前後の踏み間違いに対応した安全ブレーキが付いた、スライドドアでないものということで、私主導で探しています。

 母は丸目がいいと言うのでダイハツの2台を最初に試乗。そのあと丸目ではないけど、デビューしたてでやたら評判のいい日産デイズを試乗しました。

 あと、6月上旬に店に並ぶというホンダ新型Nワゴンが丸目になるというので期待したいですが、それまで待てるかな。

 新型デイズは日産が初めてイチから設計して作った軽だそうで、試乗したマイルドハイブリッド仕様は操縦安定性、静粛性なかなかのものでしたので、かなり気持ちが傾いています。

 個人的にはスズキのラパンが可愛くて好きなんですが、スズキは踏み間違いに対応してないですし、乗れば古さを感じるらしいとのことで、圏外になってます。残念。


jumonji100 at 18:32|この記事のURL

2019年04月20日

付いてきたひび割れタイヤで4000キロ弱走ったら

IMG_20190418_142649

 4月18日木曜日、我がNBロードスターのタイヤ交換をしてもらいました。冬タイヤからでなく、夏タイヤから夏タイヤへです。

 昨年購入した時点で確か7年落ちのタイヤでひび割れも進んでいましたので、これまでなら速攻で新品に替えるところですが、ネットで調べたら、ひび割れがあってもすぐ取り替えろとは書いてなかったですし、溝的にはまだ乗れそうなのでちょっと我慢してみました。車を飽きちゃうほうが先にくるかもしれないとも思いましたしね。

 そして納車から1年経過。4000km弱走りましたが、確かに何のトラブルもなく来ました。こういうことに我慢出来るようになった自分にちょっと満足です。

 さて装着したのは、台湾メーカーのナンカンRX−615です。送料込み4本で2万円弱。ショルダーが丸いので、14インチのホイールとの相乗効果でノスタルジックな雰囲気を醸し出してて、見た目から予想外の満足感。

 エコタイヤでなくコンフォート系のタイヤなので、走ると前のブリジストンPlayzに比べ静かで当たりも良くなりましたね。この日は昼過ぎ22℃くらいありましたので、エアコンかけてオープンにして20分ほど走ってみましたが、逆に車自体の静粛性を高める改造をしたくなるほどでした。

 この絶望的なクルマの静粛性のことを考えると、現行ダイハツコペンに替えたくなる気持ちがちょっと芽生えてきてます。5年前の試乗の際にとても好感触だったんですよね。エンジンとデザインはパッとしませんが、それ以外はさすが最新の設計だと思いました。

 その後、丸目デザインもコペンセロも追加になってます。ダッシュボード上のデカいナビユニットを敬遠すると見た目あまり好きでないサードパーティー製に行き着かざるを得ないオーディオ環境が改善され、ACCを装着可能にでもなったらすぐにでもサインするんですけどね。


jumonji100 at 23:23|この記事のURL

2019年04月05日

タイヤ交換の日はこうして決める

IMG_20190405_072840

 今日タイヤ交換する予定で、会社に夏タイヤを積んで来ています。勤務中に、業者さんに入れ替えてもらうことになります。

 社内では早いほうかな。なにせ仕事や通勤で山間部を走る社員が多いですからね。

 地元では今年は3月上旬からほとんど雪がなくなってしまい、早めに交換してここ1週間の2度の積雪で後悔している方もいらっしゃるようです。気持ちは分かりますがそこは我慢しなきゃ!

 私は春は、自分の誕生日4月9日を目安にしています。その日までの週間天気予報や自分のスケジュールを見ながら、早めにいけそうならいっちゃいます。というわけで、今年は今日でした。

 反対に秋はといいますと、11月20日を目安にしています。昨年は粘って25〜26日だったような。温暖化で粘れるようになってきたような。

 冬タイヤの性能が良くなって、乾いた路面での夏タイヤとの差も少なくなっている気がしますが、やはり1日でも早く夏タイヤにしたい気持ちになりますよね。

 タイヤ交換は、雪国に住む人の気持ちの上での「春へのスイッチ」ですからね。


jumonji100 at 09:06|この記事のURL

2019年03月17日

黒のアルミホイール

IMG_20190317_184044

 最近、黒のアルミホイールが増えてきてますよね。

 正直なところ最初かなり抵抗があって、6年前にBRZを買ったときは、純正のシルバーと黒のツートーンでも嫌だったので、ホイールを変えたんでしたっけ。

 その後、マツダの現行ロードスターも購入候補に登りましたが、ホイールがグレーでしたので止めました。

 今乗ってるこのボルボV40クロスカントリーのグレーのホイールも抵抗があって、これがデビューしたときに相当悩んだのですが、新車購入に至らなかった一つの理由がこのホイールでした。

 でも、こうして中古で購入して、ま、こんなものかな‥と当初より抵抗がなくなっています。

 そういえばBRZも途中から純正ホイールのツートーンがよく見えてきて、戻したんでしたっけ。

 シルバーのアルミホイールじゃなければと思っていた私がいましたが、今考えれば新しいものを拒絶する固定観念にまみれていたかなとちょっと反省しています。

 というわけで、これからデビューする今話題のマツダ3の事前予約のカタログを見せてもらって、真っ黒のアルミホイールのハッチバックを注文しました。

 いや、新色のポリメタルグレーがあまりに好きすぎて、ブラックのホイールに目をつぶったとも言えるかな(笑)。

 四駆で、最速の納車になると聞いた1.5リッターを注文しましたので、早ければ5月下旬の納車になるはずですが、出張等で注文書にサインするのが少し遅くなったので、いつになるかな‥。

 マツダ3、いままでのこのクラス(1500〜2000cc)の車と比べ、世代が違うくらいの進化した乗り心地と静粛性だそうなので、自動車評論家さんの書いたものを見ただけで決めさせていただきました。楽しみです。


jumonji100 at 19:40|この記事のURL

2019年03月10日

好きな自動車評論家さん

IMG_20190310_105050

 自動車評論家の書いた文章を読み、頭の中で想像する作業を飽きずにもう35年ほど繰り返してきています。オーディオもそうでしたが、そちらは20年ほどで終わったかな。

 そこで、思い出せるだけ印象に残っている自動車評論家の名前を挙げてみます。

 まずは、徳大寺有恒さん。おしゃれで、ダンディで、言うことも切れが良くて、ベストカーやNAVIでよく読みました。人生を楽しむ上での車の選び方を教えてもらいました。5年前に亡くなられてますね。

 モーターファン別冊のすべてシリーズでお馴染みだった星島浩さんは、遠慮ない物言いでわかりやすかったですね。また、メーカーに切り込むという点では、山口京一さんにも影響を受けました。

 カーグラフィックは定期購読していた時期が長かったので、吉田匠さん、笹目二郎さん、熊倉重春さんといった名前が思い浮かびます。特に千葉さんは古い英国スポーツカーに浸ってて憧れてました。

 清水草一(MJブロンディ)さんは、大乗フェラーリ教の教祖なわけですが、人生のその時々の気分と勢いで、軽からフェラーリまで広い範囲で自ら楽し生んでいらっしゃる姿に惹かれます。切り口に共感することが多いです。

 小沢コージさんは、コスパも含めた視点で、一般大衆に近い目線で、なおかつ世界観が広くて好きですね。

 河口まなぶさんは、YouTubeの「LOVECARS!TV!」でお馴染みなんですが、明るくわかりやすいです。自転車やったりする姿がライフスタイルとしてもいいですね。

 女性ではまず、竹岡圭さん。「おぎやはぎの愛車遍歴」でお馴染みですね。ややぽっちゃり目でキュートで偏りのない人柄でファンが多いみたいです。ラリーもやってしまうんですね。

 藤島知子さんは、テレビ神奈川の「クルマでいこう!」でお馴染みですが、この番組で取り上げる車の評価の時間では、メインの岡崎五朗さんより共感できることが多くて視点が鋭いなと信頼しております。

 最後に、岩貞るみこさん。ネット上のResponseという車情報サイトで書かれていますが、歯切れがいい文章で、遠慮なく自分の意見を主張しているのがとてもいい。

 クルマ好きでないとさっぱり理解できない記事で誠に申し訳ないですが、ここに名前を挙げなかった方も含め、自動車ジャーナリスト、出版社などのおかげで楽しいカーライフを送れていることに感謝です。‥ていうか、私も混ざりたい(笑)。


jumonji100 at 11:48|この記事のURL

2019年02月12日

アジアンスタッドレスタイヤで2シーズン目

IMG_20190207_174231

 愛車のボルボV40クロスカントリーで、2シーズン目の冬を過ごしております。

 最低地上高が145mmと全然高くないのですが、この2シーズンは大雪もなく、背が高くて左右に揺すられる車が嫌いな私には、ベストマッチな1台かなと思っています。

 でも、中古で購入してそろそろ2万キロ乗って、オドメーターは5万キロに近くなってるので、この春には乗り換えしたい気分なのですが、マツダ3もスープラも注文できる状態にないし、じわじわとデザインが好きになってきたカローラスポーツには高出力バージョンが控えてるしと、我慢我慢‥。

 さて、今回はアジアンスタッドレスタイヤの話でした。

 アジアンの夏タイヤは以前から経験済みですが、横浜の家族のスタッドレスとして先に導入してそんなに問題なさそうだったので、岩手で本格導入してみようと一昨年11月納車のこのボルボからセットしてみました。

 アジアンと言えども私の中では、台湾のナンカンと韓国のハンコックは別格で、国産の下位メーカーと品質的にさほど差がなく価格が安いイメージでしたので、このボルボにはナンカンのESSN-1という銘柄の、標準の225/50R17からちょっと細くした205/50R17を選択。

 ロードノイズは以前のブリヂストンから比べるとちょっと大きめのような気がしますが、これまで2シーズンでおそらく1万キロ近く走ったはずですが、何の問題もなく満足しております。

 アジアの製品というと日本人はどうしても格下のように見がちですが、最近ではどんどんキャッチアップしてきていて、逆に必要十分になって、日本のものがオーバースペックになろうとしているというのが今の時代ではないでしょうか。

 固定観念を捨て去り、経営者として賢い選択肢を知っておきたいと願ってます。冒険とも言えるかもしれませんが。


jumonji100 at 10:41|この記事のURL

2018年12月31日

表示が小さいオーディオユニットは使い物にならず交換!

DSC_0130

 NBロードスターのオーディオユニットを自分の手で替えることができたのは5ヶ月前。

 しかし、一番デザインがシンプルなのを選んだはずが、ボタンの表示が小さすぎて老眼鏡必須の私にはミスマッチ。

 また替えようか躊躇してましたが、年末年始に替えちゃえ!と、以前から狙っていたオーディオユニットをアマゾンで購入。なんとこれ、3000円台の前半ですよ。CDは使えないけど、今時珍しいくらいボタンの表示が大きい。しかもデンソーテン販売の取扱ということでちょっと安心。

 今日、大晦日、日没の時刻辺りに横浜の家族4人が到着することになっているので、朝から家の掃除をあれこれやって、時間がまだあったので、さきほどインストール作業をしました。一度経験してるので、思った以上にスムーズにできました。

 液晶には日本語のMP3データが表示できないのが残念ですが、裸眼でシンプルな文字表示が全部見えて嬉しい。音の傾向の判断はこれから。しかし、これ、異常に軽いですよ、流石に。

 ちなみにロードスターは冬タイヤですので、本格的なドライブは春になるまでお預け。でも、その準備をこうして寒い時期にやっておくというのが、我ながら愉快です。

 でも、春には56になるのか‥。60が近づいてくる‥。んー、んー、こればっかりは先のことは気にしないで行こう。

 みなさま、良いお年を!


jumonji100 at 16:26|この記事のURL

2018年12月02日

新型クラウンを試乗してきた

IMG_20181202_111038

 ここ20年ほどはドイツの御三家である、ベンツ、BMW、アウディのクルマばかり乗り継いできた父(会長)ですが、先日仕入れてさほど経ってないアウディA8を欲しいという農家の方に譲ってしまい、あと2年で免許証返納すると言ってます。

 それまでの間に、BMWの7シリーズの四駆か、トヨタのクラウンに乗りたいとか言ってました。うーむ、クラウンとはびっくり。

 というわけで、アドバイスするにも現物確認しなきゃ、と地元のディーラーさんにちょうど四駆のがあったので試乗してきました。

 レクサスLSより足回り上出来だと言われてますので楽しみにしてましたが、短時間の試乗ではよくわからなかったですが、違和感を感じないことは確かでした。アクセル踏んでも静か。ハイブリッドに違和感を感じない。馬力はほどほど。

 違和感を感じるのは、内装のデザイン。特に左右メーターの数字が全面の透過面にあって指針が後ろにることでシャープな線が途切れるのは個人的には受け付けませんね。また中央のハイブリッドの動作表示が小さくていまいち見る気がしない。

 外装のデザインについても、前も後ろも横も、個人的には以前のクラウンのほうが品格があってよかったなと思ってしまいます。

 しかし、外板色のこのブルーグレーはすごく好きですし、カタログを見ると日本の伝統色ということで他にない魅力的な色がある6色のがいいですね。翡翠とか渋い。ピンクは無いですけど。

 それにしても、日産はフーガが古いままですし、ホンダのレジェンドはデザインで論外なところに行ってますし、ライバルは輸入車だけになってしまってるので、内外装のデザインは保守的でかつ広い支持を集めるものであってほしかったです。

 クルマ好きは何かと「こうでなくっちゃ」と思ってるもので、案外凝り固まってますから(笑)。


jumonji100 at 13:42|この記事のURL

2018年11月24日

さよなら、BMW Z4クーペ

DSC_0190-800x533

 昨年の夏に購入した、赤のBMWのZ4クーペを手放しました。

 冬の間、ガレージで冬眠させてて、バッテリが上がらないように維持するのが面倒なので、この時期になりました。この春はそれでディーラーさんに手間をかけさせてしまったので。

 BMWとしては、Z4 2.5i135i116iZ4 2.2iMINI ONEX1 xDrive25iに続いて7台目。116iとMINIが新車です。赤い車としては、ユーノスロードスター、トヨタMR−S、ダイハツエッセに続いて4台目でしたね。

 6000キロ走ってサヨナラするにあたって、例によって印象を10個箇条書きにしてみます。

1.鎮座する旧式のナビが鬱陶しい あまり気にしないで購入を決めてしまいましたが、リトラクタブル式の一体型の液晶ディスプレイが旧式すぎて、動作が遅いし、液晶が暗いし、ナビ以外の設定もここでやるので外せないし、音声の外部入力ジャックも無いし、少なくともこの液晶が付いてない個体を選ぶんだったという後悔がありました。

2.デザインはちょっとアンバランス 日産フェアレディZを更に極端にしたような、鼻が長くて座る位置が後ろのこのスタイル。なおかつ、キレキレのバングルデザイン。東京モーターショーで見た鮮烈すぎるデザインに惚れ込んだわけですが、視点の位置によっては後ろが短すぎるかな。往年のホンダCR−Xの鼻を長くしたような感じとも言えなくもないです。でもこのデザインには脱帽するしか無い。

3.朱色みたいな赤のボディカラーは流石に目立つ デザインがすごいのに、更に赤ですからね。そこを思い切って購入したのですが、やっぱり女性に似合う色だったかな。そんじょそこらの落ち着いた50代の男とは違うオーラは出してたとは思いますが、岩手の田舎ではちょっと‥(笑)。

4.3リッター直6エンジンはいい ボルボV40クロスカントリーが2リッターターボで、ちょうど同じくらいの力があるのですが、立ち上がりはやはりターボ無しのこちらのほうがいいですね。追い越しとか気持ちよくできるのですが、車体があまりに目立ちすぎてそれを控えさせられたかな(笑)。音は、もうBMWのあの感じで、ノスタルジック。

5.オーディオの音が良かった BluetoothもMP3のCDも再生できるわけがなく、AUX端子もなく、頼むは6連奏CDチェンジャーでしたが、オーディオの音自体は良くて、気持ちよかったですね。ただ、メインではほとんど乗らなかったので、CDの入れ替え作業は面倒でした。

6.ゴルフバッグは1個積めただけ 幌のZ4でも頑張れば男女2つのゴルフバッグが積めましたが、意外とラゲッジスペースは同じくらいだったかな。女性のゴルフバッグは手元になかったので分かりませんが、私のバッグ1個だけ積むのも一苦労でした。荷室は縦に長くなってるはずですが、入らないんですよね。

7.どっしり感が強いボディ マイナーチェンジで改良されたBRZ&86とこれとどっちにしようかと迷ったわけですが、やはり直6で重いですし、マイナーチェンジ前に乗っていたBRZと比べるとだいぶ運動神経が劣る感じ。世代が古くて今の軽量化トレンドとは違うから当たり前ですけど。このZ4はだいぶ前の3シリーズと骨格が一緒で、Z3とも一緒だと言われてますしね。

8.パドルシフトが今の世界標準と違う これだけに慣れると問題ないのでしょうけど、やはり左右でシフトアップとシフトダウンを使い分ける今の方式のほうがいいですよね。ただ、ボタンやレバーでスポーツモードATに切り替わるのは快適でした。

9.サンルーフがほしくなった 閉所感ありますね。この手のクルマでサンルーフがあるのを探してみたら、こないだまで生産してたハイブリッドのホンダCR−Xがありますね。あれは後ろのシートに座らせるためにヒップポイントを高くしてリアガラスがあるのでかっこ悪いなと思ってましたが、サンルーフがあるだけでいいかもと思えてきました。

10.再度これを手に入れるなら‥ 買ってからグーオクを見てたら、外板色が濃い目のグレーで、内装がベージュというのがありました。早まったかなと思いましたよ。これでナビが付かない仕様だったら再度買ってもいいかな!?私の赤は珍しかったのでコレクションしておいてもいいかなと当初思ったのですが、気持ちはまだ見ぬその仕様に移ってます。果たして国内に存在するのか?


jumonji100 at 09:42|この記事のURL

2018年10月02日

役員用にマツダCX−8を5台導入

005

 台風24号が去った10月1日、リース会社に発注していたマツダCX−8が5台納車になりました。

 社員用のフォレスターが新型になり上級移行し価格も上がったために、その後釜を探していたのですがなかなかいいものが見つからず、7人乗りを何台か導入するという考え方もあったので、CX−8を選び、アウトバックは社内のお下がりに回したというわけです。

 車としての出来はアウトバックからぐんと上がるはず。価格も上がるけど、ディーゼルなので5年でほぼアウトバックと同じコストになるとの担当者の見積もりです。

 レビューを見ると、このクルマ、3列目は170センチの身長の人でも1時間程度は我慢できると書かれてました。ニーズに応じて社員と役員で車をチェンジしていったらいいかと思います。

 さて、この車の導入を決断したら、同業者の某社さんでは役員車をトヨタアルファードにするという話が聞こえてきました。

 そっちのほうが同乗者の快適性は高まるとは思いますが、3列目を使う頻度(1〜2%?)を考えるとあんなにデカい箱を毎日運ばせるのは、私は踏み切れなかったです。


jumonji100 at 09:55|この記事のURL

2018年09月27日

クルマでのスマホの定位置

DSC_0003-800x533

 クルマ搭載のナビよりもスマホのナビアプリのほうが信用がおけますよね。
 
 スマホを車内に固定するのにあれこれ試して行き着いたのが、この方法。

 昨年アメリカで見たバックミラーに掛ける方法に感心して、同じものを取り寄せて使ってましたが、大きいスマホでは合わなくて、ホームセンターで購入したフレキシブルなこれがいい仕事をしてくれました。

 もうそろそろスマホ連携がスタンダードになるのでしょうから、私としては次の日常使うクルマはそれが必須条件になりますね。


jumonji100 at 14:40|この記事のURL

2018年08月15日

NBロードスターのヘッドライトバルブ交換

IMG_20180815_054302

 なんだか暗いなと感づいたのは8月12日の夜。停めて確認したら、右のヘッドライトが切れてました。

 お盆明けにでも交換してもらおうとその際は思ったのですが、ググってみたら、交換作業はそんなに難しくなさそう。しかもLEDの値下がりが進んで、数千円で済むとは意外。

 アマゾンでは自分の車を登録しておくと、その車に合ったパーツを推奨してくれる仕組みになっていて、最新のもので評価が高くて価格も手頃なコレ(中国製)を注文してみました。

IMG_20180815_054220

 オリジナルのハロゲンを維持するのもイメージ的に悪くないなと思いながらも、光の真っ白さとバッテリーあがりから縁遠くなるであろうことからLEDに。

 翌日夜には到着し、早速取り付け。両方交換で10分もかからなかったです。楽しいですね。中古の醍醐味でしょうか。ちなみに左のヘッドライトは交換済みだったようです。

 これで夜走るのが楽しみに。LEDで少しでも虫が付くのも減れば嬉しいですね。


jumonji100 at 06:05|この記事のURL
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード