きまじめチキン日記

株式会社十文字チキンカンパニー 代表取締役社長 十文字保雄

カテゴリ: 菜彩鶏のお店

IMG_20191229_124233

 今日は午前中は久慈工場、午後は八幡平工場に行ってきました。道路がアイスバーンになってましたので、合計4時間のドライブで肩が大変なことになってます(笑)。

 その間の昼食はというと、久慈市内にUターンした方が開いたお洒落な店があるとは聞いてましたが行ってなかったので、探し当ててHIBIKI SHOKUDOさんに行ってみました。

IMG_20191229_123645

 メニューを開いたら、菜彩鶏のメニューあるじゃないですか!「菜彩鶏のチキングリルプレート」と「菜彩鶏のチキンバーガープレート」の2種。

 チキングリルプレート、おろしポン酢、チーズをプラス、で1200円。五穀米が嬉しいですね。もも肉の素材を生かした料理で美味しくいただけました。

IMG_20191229_125547

 話を伺ったら、開店から2年経過しているとか。失礼しました〜。

 店内は無垢のインテリアでセンスいい感じ。地元に女性が喜びそうな店ができるって嬉しいことです。

IMG_20191114_213901

 菜彩鶏のお店の紹介に含めるのはおこがましいのですが、北上市のアメリカンワールド内にあるステーキBULLSに行ってきましたので報告します。

 アメリカンワールドの名に違わぬ涼し気な外観ですね。

IMG_20191114_190219

 好きなお肉を好きな分だけ!をキャッチフレーズにしている、ステーキ量り売り専門店なんですね。

IMG_20191114_190233

 アメリカ産、オーストラリア産牛の各パーツ、ポーク、ラムに混じって、菜彩鶏もラインナップしていただいております。

 今回は事前に注文されてて、国産牛も含めオードブル形式で盛り付けしたものを頂きました。が、すみません、写真がちゃんと撮れてなかったので無しです。

 サラダ含め美味しく頂きましたが、何よりホール係の女性のコスチュームが素敵で似合ってることには感心。カウボーイハットに、テキサス州っぽい上着。勇気を出して撮影させてもらえばよかったかな?

IMG_20191114_213551

 レジ横にはこうして肉が陳列されています。菜彩鶏が右上のいいところに置かれています。

 経営しているみちのくジャパンさんには、ほっかほっか亭の唐揚げ弁当、チキンバスケット以外にもこうして別業態でも菜彩鶏を使っていただいております。ありがとうございます。

IMG_20190809_183228

 6月1日からオープンしている久慈グランドホテル7階のビアホール「具蘭堂」に昨晩お客様とともに行ってみました。

 菜彩鶏メニューが超盛りだくさん。飲み放題・食べ放題、2時間で大人3000円(中高生2200円、小学生1500円)。18:00−22:00で、8月末までの営業のようです。

 実際に行ってみて、その料理がホントお世辞抜きで美味しかったです。順不同で紹介します。

IMG_20190809_185634

 手羽先の照り焼き黒胡椒風味。

IMG_20190809_185639

 手羽先の塩あじ素揚げ。

IMG_20190809_185550

 手羽先の唐揚げ。

 実は手羽先好きの私ですが、最近食べてなかったので、上記の3種類の手羽先をたくさん食べました。どれも美味しかったですわ。ホント!!

IMG_20190809_185529

 小肉の甘辛煮。

IMG_20190809_185535

 カキソース炒め。

IMG_20190809_185542

 砂肝の黒胡椒炒め。

IMG_20190809_185546

 唐揚げ香草ソース。

IMG_20190809_185557

 ヤキトリ。

IMG_20190809_185607

 ピザ。

IMG_20190809_185617

 デミグラスソース煮。

IMG_20190809_185621

 なめらかクリーム煮。

IMG_20190809_185628

 サラダ。

IMG_20190809_185524

 天麩羅。

 全部食べたわけじゃないですが、どれもがちゃんと美味しくて大満足。他にも生野菜スティック、トマト、パスタ、春巻きなど、バラエティに富んでて飽きさせませんでしたよ。

IMG_20190809_200546

 さて、この日の主客は、日本のサラダチキンブームをタイから仕掛けた張本人、藍原康雅氏。いまや独立してコンサルタントとして引っ張りだこのようです。

 彼は以前、イトーヨーカドーの精肉バイヤーだったので当社もお世話になりましたが、実は大学時代のサークルの2つ後輩なんです。カラッとしてて、ケラケラ笑ってる姿が印象的でしたが、こんなにチキン業界で活躍するとは!

FB_IMG_1565356339589

 数年に一度会うくらいですが、当時とやっぱり変わらないですね。ただ、ドクターストップでアルコールは2年前から止めたそう。それでも2次会まで付き合ってくれて、楽しく過ごさせていただきました。おつかれさまでした。

IMG_20190724_122016

 地元二戸市、レストラン・ボヌールのご主人は、今では岩手のローカルテレビ局でクッキングコーナーを担当するようになっています。

 相変わらず研究熱心で、6月下旬より店の看板メニュー「菜彩鶏のコンフィ」(1500円)はもも肉に焼印を押しているとのことで、昨日昼に行ってみました。

 おおー、さすがに文字がちょっと潰れているところがあるけど、最新の菜彩鶏のロゴの雰囲気がそのまま出ています。よく見ると、肉の凹凸があるので彩の文字が薄く、左右の菜と鶏が潰れ気味。ステーキ肉のように真っ平らではないので、仕方ないかな。

 しかし、お客様には好評で、必ず皆さん写真を撮るのだそう。

IMG_20190724_123205

 せっかくなので、どんなものを使っているのか見せてもらいました。

 なるほどな〜。次作るなら、真ん中の彩の文字は少しだけ突き出ているようにしたらいいかも。

 「手間がかかるので、暇な時はいいんですか‥」と言ってましたので、この先ずっと続けるのは難しいかもしれません。早めにお出かけになってはいかがでしょうか。

IMG_20190322_184900

 3月22日金曜日、取引先様の40周年パーティーがあり、二戸から海浜幕張まで日帰りしました。

 ただの往復じゃ面白くないので、帰りに仙台で私の結婚式のアレンジをしていただいたK先輩と超久しぶりの会食。店2軒案内していただきましたが、飲食の世界にいるだけあってさすがのセレクトでした。

IMG_20190322_200435

 まずは、キザブロという聞き慣れない名前の店。

 洒落てるのに、2人でワイン1本と、ピザ、サラダ、肉などのセットで一人3000円となかなかリーズナブル。ピザは2人用には大きくて、持ち帰りましたよ。

IMG_20190322_195444

 それに追加して、「菜彩鶏の岩塩黒胡椒焼き」(1000円)を注文しました。

 チーズかと思ったら、ポテトとユニークな一品。特に女性に人気になるんでしょうね。

IMG_20190322_200415

 菜彩鶏を使っていただいているので、店主の方と名刺交換。

 「コンベクションオーブンと相性が良い鶏肉を探したら、菜彩鶏だったそう」で、満足いただいているとのこと。ありがとうございます。

IMG_20190322_201043

 さて、既にお腹いっぱいになってしまいましたが、もう1店、TEPPAN & 肉バル 102という店へ行き、毎日限定5食、40分かかるという「ビア缶チキン」(1580円)を注文。

IMG_20190322_204836

 流石にサイズは当社で育てているような「大雛」ではなく「中雛」クラスかな。

IMG_20190322_205236

 店員さんが食べやすく切り分けてくれました。意外と素朴な味という感じでしたね。

 というか、前の店で食べすぎて、しっかり検証できなかったです。隣の若い女性2人連れさんにも食べていただいたくらい。次回は改めて1羽まるごと食べることに挑戦してみたいですね。

 「できれば菜彩鶏‥」と店のセレクトをお願いしましたが、こうして充実したブログネタになりました。さすがKさん!ありがとうございました。

IMG_20180922_183502

 昨晩、次男を除く家族4人でキタノイチバ日吉西口駅前店に行ってきました。オープン3日目だとか。

IMG_20180922_183349

 菜彩鶏をここまでアピールしていただいて、ありがたいです。

IMG_20180922_184247

 ちなみにその上には壁掛けテレビが。くつろげますね。個室の効果がこれで倍加しますね。

IMG_20180922_184533

 付け出しはキャベツ。おかわり自由だそうです。ドレッシングの味噌が美味しくて、サラダ要らず?

 血糖値の急上昇を抑えるためにも、整腸作用のあるキャベツを先にお腹に流し込むのは体にいいですから、ナイスです。

IMG_20180922_190610

 当店名物の「皇帝ザンギ」1280円+税。撮る前に切ってしまったの図(笑)。

 ボリュームたっぷりで、骨付きもも、むね、手羽先が食べられます。アイスホッケー試合終了後の長男、うまいうまいとガツガツ食べてました。さすが看板メニュー!

 他にも菜彩鶏メニューとして「やみつき手羽先ザンギ」「ももザンギ」がありました。甘辛だれと旨味スパイスの手羽先特におすすめです!

IMG_20180922_185618

 これは「しっとり鶏レバー ネギごま油」。いいですね〜。これならレバー嫌いも食べられるでしょう。

 会計の際にこちらの立場を明かしたら、モンテローザさんのグッズを頂戴しました。ありがとうございました。

IMG_20180922_114004-800x600

 先週から発売されているドトールの新メニュー、ミラノサンドCを高田馬場で食べました。

 あっさりした風味で、素材をそのまま生かしてる印象でした。コーヒーがメインの店でしょうからね。

 コールスローが挟まれてて、お値段は440円でした。ごひいきに!

IMG_20180922_114210-800x600

 ちなみに私はコーヒー、紅茶は苦手なのでドトールもスタバもめったに行かないわけですが、ドトールにはカフェインレスコーヒーがあるんですね。

 これなら大丈夫かもしれませんので、次は挑戦してみます。

DSCF7308

 車で約20分、ビッグヨーサン東神奈川店に行ってみました。生鮮と価格に力を入れている地元のスーパーさんです。

 菜彩鶏は100g当たり118円で販売してました。銘柄鶏を一般の若鶏と同じような価格で販売してるということですね。

 私が見たときには、平積みケースに2つしか残ってませんでしたが、しばらくしたら、バックヤードから追加で並べに来てました。

 横から3パックかごに。ジロッと見られたのは気のせいかな(笑)。

005

 ラーメンは子供の頃から大好物なのだけれど、炭水化物ダイエットに取り組んでいることもあって滅多に食べなくなっています。

 しかし、昨年できた、当社に最も近い、二戸駅東口降りた所のラーメン屋「麺屋 小野万」さんに「菜彩鶏の濃厚鶏にぼラーメン」(800円)というメニューが最近できて美味しかったと社内ブログで話題になっていたので、昨日行ってみました。

 ふむふむ、これはまさしく鶏と煮干しのスープがドロドロとして濃厚だわ。味は、素朴というか、塩味も薄めで飾らない感じ。鶏肉のチャーシューやネギが存在感あって、今風といいますか、昭和のラーメンとは全然違う新鮮さで舌を楽しませてくれました。

003

 そういえば、店内に流れる音楽はジャズ。大きなモニターでメニューをアピールするところは店主のこだわりでしょうね。

 思い出すのは、四半世紀前にあった小野万さんの蕎麦の店。美味しいと言うので評判でした。しかし店はほんとに隠れたところにあって、普通の家に上がるような店らしくない店でしたが、昼時間はいつもいっぱいでした。

007

 その伝統を受け継ぎながらも、斬新な店構えと商品。

 ラーメンは伸びている産業ですが、競争も厳しい世界ですよね。頑張って欲しいものです。

005

 今日の日本テレビ系「ヒルナンデス!」で銘柄鶏の食べ比べをやってました。場所は、都内恵比寿にある「焼肉鳥gg」です。私も今年1月には一度ごちそうになってます。

006

 この店では全国から10銘柄を取り寄せ、比較試食できるようになっています。

 その中で、菜彩鶏が、いの一番で食べられてました。

001

 リアクションは、カズレーサーさんと篠原信一さん。

002

 ありがたい言葉を頂戴しました。

003

 感謝です!!

DSCF5404[1]

 昨年は9月から1年を待たずして、二戸パークホテルさんに昨日開催していただいた「菜彩鶏ビール祭り」に参加させていただきました。

 18:20からフライングで飲み始め、18:50頃にステージに呼ばれてマイクを握ったのですが、既に2杯の焼酎水割りを飲んだあとで、気分良くスピーチをさせていただきました。

 あとはいろんなところで声をかけていただいて、すっかり会話を楽しみました。

 なにより懐かしい顔に出会えることが一番嬉しいですね。偶然のような偶然でないようなこんなシチュエーションで、地元の懐かしい顔に笑顔で出会えるって、自分の半生の証みたいなもので、自然と感謝の気持ちが湧きますし、元気の源に成る感じですね。お出でいただきました方々ありがとうございます。

 また、PJ二戸フーズの縁で、同業のプライフーズさんの社員の方々も沢山来場いただきました。嬉しすぎたのか飲みすぎて、2次会パスさせていただきました。すみません!

DSC00390_R

 昨夜はお客様とマンツーマンということで、盛岡市内で選んだ店がカジュアルなイタリアンレストラン「SALUTE」。
 
DSC00395_R

 メニューを見て、上から4つは全部とかあれこれ頼んで、もう少し頼もうとしたら「もう結構な量頼みましたよ。実は一人でやってまして‥」。

DSC00398_R

 実直そうな店主からそれ聞いただけで、ファンになりそう。

DSC00400_R

 考えてみれば、作る人が顔を出して接客もするということで、これぞ逃げも隠れもしないダイレクトさ。気持ちいい。

DSC00401_R

 席はカウンターが4席でテーブルが8席の計12席。

DSC00402_R

 料理も美味しくて、狭い空間なので馬鹿でかい声を出して飲む客もなく、至極快適でした。

DSC00403_R

 そして、最後に「菜彩鶏もも肉のソテー サルーテ農園のハーブ風味」。‥ということは店主自分で野菜も作っているのかな?

DSC00404_R

 そこのことろは店主、米澤崇さんから聞かなかったけど、菜彩鶏の柔らかさや臭いのなさがお気に入りだと言っていただきました。

 暗い写真に成ってしまいました。ごめんなさい。でも隠れ家的なとっても素敵な店でした。
 

DSC00366_R

 久慈市内でイタリアンで評判の店「エルコリーヌ」さん。昨年岩手に直接上陸して甚大な被害を招いた台風10号による浸水で残念ながら閉店と聞いてました。

 しかしその後「やませ土風館」という久慈市内の道の駅内の喫茶店に代わってテナントで入ったとのことで、2ヶ月も過ぎて本日やっと行けました。

DSC00365_R

 この「やませ土風館」の中に「久慈レトロ館」という昭和の懐しいものを展示しているところが2階にあります。以前に見たけど、なかなか楽しめますっけ。

 なんと、その中にエルコリーヌさんが引っ越してるんですね。ちょっと分かりにくいかもしれません。実は1月に来た時に一瞬迷いました。が、なんとその日は休み(笑)。

DSC00364_R

 よく見たらおしゃれなボードがありました。「カフェ・ド・ラ・プラス」という名称に成ってるんですね。

DSC00359_R

 注文したのは菜彩鶏のパスタ。具が豪盛でした。相変わらず美味しい。これで1080円。

DSC00361_R

 そしてチーズケーキ、460円。

 ちなみに席数は26席ありました。これだけ認知度・アクセスが悪そうな所にあるのに、結構お客さんが入ってました。固定客なんでしょうね。(写真はだいぶお客さんが帰った後)

 ただ、喫茶店の作りということでこれまでは冷蔵庫が不足しててメニューが限られるとのこと。でも、しばらくして冷蔵庫を増強するそうです。

 土風館自体が18時に閉店ということでとてももったいないのですが、久慈でお昼ごはんや一休みの際には寄ってみてくださいませ。
 

IMG_4275_R

 12月13日からの3日間で、16箇所のお客様訪問に加え、私が代表理事を務めているめんこい協同組合の臨時総会・懇親会というハードスケジュールが組まれておりましたが、おかげさまで無事終了しました。

 そのうち14日の昼食には、目黒のI社さんのT部長、M課長に菜彩鶏を扱っていただいているDelasser(デラッセ)というフレンチレストランに案内頂きました。これが素晴らしく美味しかった!

IMG_4276_R

 料理はもとより、店のしつらえから、水のコップ、下に敷いてあるものまで、好きだなあ。

IMG_4277_R

 菜彩鶏の皮がキレイにカリカリになっています。

 それに、脇役の白菜と人参がなんとも美味しい。特に白菜にはびっくり。

IMG_4278_R

 これがデザートです。

IMG_4286_R

 食べ終わってシェフに挨拶。

 ここに店を構えて十数年とか言ってましたが、移転前から菜彩鶏を指名してご利用頂いているそうです。

 臭いがなく、柔らかいので、これを使うと他には移れないと言ってくださいました。

IMG_4291_R

 T部長が「何か言いたいこととかありませんか?」と聞いたら「今年の夏には小さい肉が来て困ったね!」。

 当社S専務は「小さい農場がたまたま当たったかも‥」と弁明してましたが、改めて菜彩鶏への期待を実感させていただきました。いい機会になりました。

 関口オーナーシェフ、ありがとうございました。もっと早くお邪魔していればよかった!

IMG_2337

 二戸パークホテルさんでは、月イチでビール祭りを開催しているのですが、昨日は当社の看板商品を冠した「菜彩鶏ビール祭り」でした。

 毎年でもあるし、私が参加しなければ会長が参加することになるので、私は仕事優先でここ3年欠席となっておりましたが、今年は空いてましたので4年ぶりに参加してみました。

 当社の社員も50名ほど参加し、会場内の中心のテーブル3つに陣取って楽しく飲みました。たまたま来ていた某業者さんの若い女性社員さんから舞い上がるようなエピソード(書けません!)を聞いてから、ステージに上げられ弁舌も滑らかだったかな(笑)。

 狭い地元なので、知っている人も結構居て、自分の結婚式のようなホストみたいな立場ですからどんどん話しかけていって、更に知らない方でも何だか視線を感じたら酔った勢いで声をかけて行って、今年初めて実施した直売会の評判やら色んな話が聞けて、あっという間にタイムアウトになりました。

 中には、菜彩鶏だからではなくて、月イチのビール祭りだから来たお客さんもいっぱい居いるはずなのに、もしかして勘違いして楽しんでしまえたのかも(笑)。そういう不思議な場が、この菜彩鶏ビール祭りですね。

 あー、楽しかった。
 

image

 昨夜は恵比寿の三ツ石ファームさんにて夕食。

 5年前に系列店「鶏ハウス」に行って、ここが間もなく開店と聞いたのでいつかは行こうと思っておりましたが、やっと実現できました。

image

 当社の菜彩鶏はじめ、岩手の食材を使って頂いております。

image

 これがご自慢の「菜彩鶏のもも焼き」です。とっても柔らかで、いくらでも食べられる!

image

 もうひとつオススメの「鶏もつ鍋」はこくまろ白味噌仕立てを選択。これが絶品で、ついつい食べ過ぎてしまいました。

 ゴルフでいい汗をかいた後なのに、体重増は確実(笑)。

IMG_0199

 地元テレビ岩手の「5きげんテレビ」の「55IWASE」という名物コーナーで、唐揚げ大好きを公言して憚らない岩瀬アナが一戸町の唐揚げ店「いちカラ」を3年ぶりに訪問。

 5月6日の放送では「日本唐揚協会 からあげグランプリ2016 東日本しょうゆダレ部門 金賞受賞」の唐揚げの調理現場に入ってその美味しさの秘訣を紹介しておりました。

IMG_0200

 原料の鶏肉は当社の「菜彩鶏」を使っていただいております。

 菜彩鶏自体が唐揚げ用に最適な素材ですので、金賞受賞に貢献しているかも。

IMG_0202

 タレは大分中津風の味で、「熟成 二段仕込み」。

IMG_0204

 漬け込んだタレをいったん遠心分離で切ります。

IMG_0205

 唐揚げはファストフードと受け止めがちですが、いちカラさんは丁寧に時間を掛けて。

IMG_0207

 油は違う温度(秘密)で2種類あって、 2回揚げるんですね。

IMG_0209

 だからこの美味しさが出来上がります。一般家庭とは段違いの手間の掛け方ではないでしょうか?

IMG_0210

 「いちカラバーガー」も好評を博しているわけですが、それはパン屋さんであるイチノベパンこと一野辺製パン株式会社さんがやっている店だから。バンズの鮮度は鶏肉以上ということになりますね。

IMG_0211

 唐揚げ店がコンビニより多いと言われる大分県中津市に学び、正攻法で味を作り上げている、いちカラさん。

 「きまじめ」な地元の気質が作り上げた一品と言っても良いのでは。
 

P3660234

 社内ブログで知って、近いうちに行ってみたいと思っていた盛岡駅前の「ワインノエビスケ」に数日前に寄ってみました。

 私とは同い年、昭和38年生まれの蝦名紹功(えびなあきのり)氏の経営する株式会社バセロンさんは、盛岡、仙台のみならず、タイにも進出して複数の業態の飲食業を営んでいらしゃいます。

 あまり営業したつもりはないのですが(笑)、菜彩鶏メニューを扱っていただき感謝です。

 で、この「菜彩鶏のレバーペースト」580円、どんなかなと思ってましたら、なんとブルーベリージャムが付いてくる一品なんですね。

 菜彩鶏は動物性蛋白質をだいぶ控えて育てられますので、嫌なにおいが減るのが大きな特徴ですが、そのレバーを使うとは理に適っているといまさらながら感心しました。

 盛岡駅を降りて東側に出て、開運橋の前の左手にある店です。お近くにいらしたら、寄ってみてくださいませ。
 

P3650162-001

 地元、八幡平市を象徴するラーメンとして開発された「八幡平ホワイト」が完成して同市内の「あっぴ亭」さんで土日限定で出されているというので、27日日曜日に県央工場に行った帰りに寄ってみました。

 いや、前日に当社の者が行ったらかなり混んでいたというので、実は予約をしてです。

P3650167-001

 これら八幡平市の物産を使って、雪景色を思わせるホワイトのイメージで、かつ外国人観光客にも広く受け入れられるよう鶏肉ベースにしたという欲張りなコンセプトです。

 その中には、当社の菜彩鶏も入ってます。

P3650165-001

 しばらくすると出てきました! おお、まさしく白っぽいお上品な外観。

 食べてみると、結構塩麹が効いててイケる!

 南部せんべいは浸さずに食べれば良い口直しといえると思います。

P3650168-001

 でも実は、麹と豆乳は体質的に苦手なんだよなーと心のなかでつぶやきながら、美味しいのでついついスープまで平らげてしまいました。ま、まずい! いや、美味い!!

 このお店では750円だそうですが、安比高原スキー場のレッドハウスでも出すのだそうで、そちらでは980円だそうです。

 いずれこうやってこだわりの素材を集めて商品として出すのは大変だと思います。だからこその限定商品です。

 フェイスブックやツイッター、あるいはググるなどして機会を探って食べていただければと思います。
 

DSC_3541

 この情報を提供してくれたのは、我が家のおとなりの株式会社南部美人久慈浩介社長です。日本酒業界の顔になっているあの彼です。ありがとうね。

 何年か前に、南部美人さんのほうが先にJALのファーストクラスに採用と聞いており、さすがとは思いましたが、まさかしばらく経って当社の菜彩鶏まで採用されるとは思いもしませんでした。

 先週までの欧州視察はJAL便を利用したので、帰りの便にあったファーストクラスのメニューをお借りしましたが、残念ながら菜彩鶏の文字はありませんでした。 

 そして、探してみますよと言っていた久慈社長が昨日持ってきてくれました。

DSC_3539

 現実に見ると感慨深いですね。とても嬉しいし、社員の誇りにも成るかと思います。

 ちなみに私がファーストクラスを経験したのは一度だけ。25年ほど前に、某商社さんとブラジルに出かけた時のこと。

 VARIGブラジル航空のカウンターでそのことを告げられましたが、おそらく間違って高い価格でエコノミークラスの席を取ってしまい、不憫に思われてダブルアップグレードしていただいたものでした。そこで初めてキャビアを食べたことだけ覚えています。

 2回目はあるかな?

 それまでせっせとJALのマイレージを貯めることにしましょう。その時まで菜彩鶏はメニューに残ってるかな?

※よかったら「菜彩鶏 ファーストクラス」で検索してみてください。


DSC_3460

 二戸市内に「ハウス・オブ・ピクニック」という店があります。

 アメリカの古き佳き時代をイメージしたインテリアがすごく印象的で、どちらかというと若者の集まる店だと思い込んでてあまり行く機会がなかったのですが、秋の菜彩鶏メニューの噂を聞きつけて食べに行ってきました。

 それが上の写真の「菜彩鶏のバジルチキンとやさい」(1380円)です。いやー、おいしい。菜彩鶏のボリュームがたっぷりだし、アスパラもトマトも玉ねぎもしっかりした素材ですが、特にポテトが下地のソースに絡ませてとっても美味しい。2人で行って一皿じゃ足りなくて、追加でもう一皿頼みました。

DSC_3454

  最初に出てきたサーモンのカルパッチョも激うま。

DSC_3484

 パーナ貝の白ワイン蒸し。身がボリュームありますね。

DSC_3474

 パスタは、アンチョビとトマトのアラビアータですが、これがまた最初から辛めで食欲をそそります。

DSC_3452

 それにしてもこの店、おいてある、飾ってある一つ一つがすべて必然性がある感じ。

DSC_3447

 ものを少なくするのが整理なわけですが、これだけモノがあっても無くてもよさそうなものが目に入ってこないので、これも整理された姿に私には見えます。

DSC_3469

 何気に置いてあるストーブが照明みたいにキレイ。

DSC_3464

 センスの良いご主人が探し当てたもので囲まれた空間は居心地がいいですし、話のネタに困りません。

 思いのほか料理もいいし、次回若いお客さんだったらこちらでご接待申し上げようかと思いました。

IMG_20150702_185642_1

 先週、主要産地協議会で盛岡市郊外の鴬宿温泉ホテル森の風に泊まったときの食事が結構凝ってました。

 全国の同業者さんが集まった席で、当社の「菜彩鶏」を使った料理が2品。ちょっと照れくさい。ただ、ひとつはライバル会社オヤマさんの「いわいどり」も使った料理でした。

IMG_20150702_185522_2

 業界団体である日本食鳥協会のT事務局長は「食べてどっちがどっちか分かるかな?間違ったら大変だね」と笑ってましたが、これだけ料理方法が違ってたら間違い用がありませんよ(笑)。

 しかし、懐かしいです。

 地元の一戸町に「ハーブレストランMIMI」という店があって「菜彩鶏の香草風味」がそこの看板料理なのでした。この料理を見ると、今は亡き荒谷貞男シェフの笑顔が思い起こされます。

 しばらく遠ざかっていた料理になってしまいました。自分で作ってみるしかないか。レシピはこれかな?
 

2-DSCF2809

 11月21日金曜日は京都から東京に移動。昼食は映画で何度か行ったことがある日比谷シャンテの地下2階の「ごはんcafe両子の庄」という店を食べログで見つけて行ってみました。

3-DSCF2810

 入り口のメニューを見ると ありました、「菜彩鶏の唐揚げと根菜の黒酢あんかけ膳」(1180円)。

1-DSCF2807

 とろろが付いてて嬉しいですね。さらっとしてるように見えて一つ一つがしっかり吟味されている感じ。

 ごちそうさまでした。会計後に名刺を置かせて頂きました。
 

IMG_0681

 お客様へのあいさつ回りをしている中で、目黒のI社さんに行きましたら、昼食に菜彩鶏を使っている店に案内いただきました。どちらの会社が収めているのかわからないそうですが(笑)。

 「うどんダイニング 福の膳 目黒店」という店で目黒駅JR改札を出て1分もないところです。昼には菜彩鶏メニューは無かったようですが、特別に菜彩鶏メニューを用意していてくれたそうでビックリ。とっても有難いです!!

IMG_0668

 菜彩鶏の手羽先黒胡椒焼き(200円)

IMG_0669

 菜彩鶏のもも串(160円)、菜彩鶏のレバー(160円)、特製照り焼きつくね(230円)

IMG_0670

 鶏皮おろしポン酢(180円)

IMG_0673

 砂肝の熱々焼き チーズのせ(550円)
 
IMG_0674

 菜彩鶏ジューシー唐揚げ(600円)

IMG_0677
 
  やみつき揚げ(580円)

 食べてみると、飽きずに食べれるとても美味しい料理の数々でした!

IMG_0021

 久しく会ってない広告関係の友人からFacebookを通じて「十文字さんの鶏肉を使った店紹介するから、上京したとき時間作って」と言われていたのですが、先日やっと実現。

 そこは代々木ゼミナールのそばで、独特の空間でした。聞くところによりますと、Mr.Childrenなどのプロヂューサーで有名な小林武史氏が関わっているとか。そこにその店「代々木カリー」がありました。ソファーがあったりしてリラックスできる空間でした。

IMG_0027

 ランチメニューにどーんと「十文字鶏のトマトカリー」と「十文字鶏と豆のビンダルー(酢で煮込んだカレー)」が並んでました。

 聞くところによりますと、姉妹店で先輩格の「しぶや花魁」の店長のCさんが美味しい鶏肉を探していたら、これに行き着いたとのこと。ちなみに「十文字どり」は「菜彩鶏」と同品質の別ブランドです。

IMG_0030

 これは雑誌に取り上げられたときのもの。

IMG_0032

 今回は小分けにして「十文字鶏のトマトカリー」を出して頂きました。わたし用に来た皿にはこんな遊びも!

IMG_0034

 それとこれは「しぶや花魁」でのメニューだそうですが、「十文字鶏の塩麹焼き」を特別に用意して頂きました。醤油をつけて食べるんですが、醤油もこだわったものを使っているらしく、この上なくおいしい!!
 
IMG_0041

 新幹線の終電まで時間が限られている中、奥のレストランのバーにも行ってみました。入口前のこの木はアフリカからでしょうか。独特の空間が広がります。 

IMG_0042

 そしてバーで一杯。左の壁一面にLPレコードが並んでます。おお、DJがレコードを選んでかけている。こんなの久しぶりに見るなー。

 ちなみに紹介してくれた私の友人も本業の傍らDJをやっているし、彼が時々コラボする高校の同級生のF君はこの世界では名の知れたDJです。そして紹介いただいた「しぶや花魁」や「代々木カリー」のオーナーはそれこそカリスマDJだそう。

 学生時代には真っ盛りだったディスコに行くこともなかったですし、DJとかそっちのカルチャーにはさっぱり触れることもなかった私。

 当社商品をこれだけ美味しく提供していることの驚きに加え、すごく新鮮な1時間半を過ごさせてもらって、友人と代々木カリーのスタッフの皆様方に感謝です。
 

IMG_3204

 噂を聞きつけて、八戸自動車道上り折爪サービスエリアに行ってきました。地元ですが食事時にこの辺りを通過することは滅多に無いのですが、当社二戸工場にて昼の用事を済ませて、安代インターに移動するのに、軽米インターから入ってみました。

IMG_3209

 ここは岩手県なんですが、「八戸食堂」さんという看板になっておりました。ほとんど八戸方面からのお客さんが立ち寄るのだからということなのでしょうか。

 早速券売機で「菜彩鶏と三陸産あわび茸のバター醤油丼」を選択。厨房にチケットを渡しましたら、「少々時間がかかりますので、お待ちください」と言われました。スペシャルメニューだし、混雑する時間だし、そりゃあ仕方がない。

IMG_3207

 席に座ると、目の前にパンフレットがありました。

IMG_3205

 NEXCO東日本の青森・岩手・秋田ブロックでは「どんぶり王座決定戦!」というキャンペーン中のようで、その一環としてこちらのお店ではこのメニューでエントリーしているんですね。

 ちなみに下り線折爪SAは「佐助豚の黒にんにく醤油丼」でした。

IMG_3213

 待つこと15分。後の番号の方がどんどん呼ばれるのは少し気分良くないけど、このスペシャルメニューが目の前に現れるとそのことも忘れてしまいます。

 バター味が効いててまろやかで美味しかったです。

IMG_3214

 食事が終わってトイレに入ると、こんなキャンペーンのポスターが目に入ってきました。「いわて久慈をめぐるドライブラリー2013」ですか。「あまちゃん」に相乗りした企画ですね。あわび500gプレゼントを20名にプレゼントだそうです。

DSC_7439

 昨日10月2日発売になったサブウェイさんの「サブメルト」シリーズ。温野菜ととろけるチーズを使ったのが特徴です。

 たまたま発売日に盛岡に行く用事があったので、買ってきて一晩寝かせて今朝食べました。いつもながら、写真写りと美味しさの不一致を実感させられるサブウェイさんの商品です(笑)。 

DSC_7441

 上にローストチキンがへばりついていてうまく撮れませんでした。例によって多めに注文したからか野菜がこれでもかというほど入っていますが温野菜でもあるし、バンズには軽やかさがあり、お腹の収まりがとてもいいです。

 ちなみに今日は昨日朝作った具沢山の味噌汁が残っていたので、それとの組み合わせプラス飲むヨーグルトでした。我ながらとても健康によい朝食と言えますね!?

 ちなみに昨日は秋の限定メニュー「きのこチーズチキン」も一緒に買ってきたので、昼はそれいきます。連続で食べても飽きないんだよなー。

IMG_2768

 成田空港に朝7時過ぎに到着。珍しく東京駅までリムジンバスを利用。八重洲口に着いて地下街へ。目についた朝定食の看板に惹かれ、豚汁定食を食べ、ひとまずホッ。

 実はインドネシアで辛いのを食べ過ぎて、体調を崩してしまいましたので豚汁の大根の具だくさんが嬉しかった〜。インドでは用心したのですが、インドネシアでは警戒心を緩めてしまって失敗ですね。

IMG_2773

 さて、10:56発の新幹線まで時間があるので、OAZOの丸善で時間を潰して、昼食のために丸ビルのサブウェイに寄ってみました。

 あったー。この秋、季節限定の「きのこチーズチキン」。バンズの選択肢はだいたい頭に入っているので、今回はセサミを注文。

 ‥あれ?この丸の内店先行で、「フラットブレッド」という選択肢もあったのか! ナンみたいで美味しそうじゃないか。失敗だー。よく見ればよかった。次回上京時は必ず。

 で、肝心のお味ですが、これは文句なしに旨い!! きのこで深みのある味になっているような。

 11月上旬までの限定メニューだそうなので、お忘れなくお早めにどうぞ。

(写真:いちいち具を起こして撮る元気がなかったので悪しからず)

IMG_1699

 本日は今回の東京方面出張の休養日。連日連夜のハードスケジュールだったので、起きてからどう過ごすか考えることにしてたのですが、なかなか行けないでいた大泉学園の「A MIO AGIO」という菜彩鶏メニューのあるという店へ昼ごはんに行って見ることにしました。

IMG_1700
 
 予約なしで行ってこちらの名前を明かさなかったわけですが、人気の店らしく、ホント間一髪辛うじて入店できることに。しかし「菜彩鶏」とはメニューに書いてなく、鶏肉を使ったパスタを含め注文。

 ネットでの評価は伊達じゃありませんね。美味しかった〜。

IMG_1702

 そしてコースを食べ終わって、会計の際「実は私は菜彩鶏の会社の者です」と名刺を差し出しましたら、昼時間最後の会計だったこともあって、オーナーシェフとホール係の奥様(たぶん)が話してくれました。

IMG_1705

 「震災まで菜彩鶏使ってたんですよ。お客さんの評判もすごくよくて。でも震災でストップして入ってこなくなって。2009年オープンしたんだけど、その前に食材探しの旅に出て、紹介されたのが菜彩鶏で、それ以来C社さんからもらってたんだけど‥」

 「そうなんです。その頃C社さん廃業しちゃって。‥もしその気があるなら、菜彩鶏を納められるルートを探してみましょうか」

 「見積もり待ってますよ!」

 「分かりました!」

IMG_1706

 奥様にはその頃の思いがだいぶあるようで、それを聞ければよかったのですが、ディナータイムの仕込みの時間が迫っているとのことでしたので、記念撮影だけさせてもらってまもなく店を後にしました。いやー、来てよかった!!

 「そういえば大泉学園といえば、昔お世話になったSブロイラーさんを思い出すなー。お邪魔すると喫茶店に連れて行かれて昼間からビール飲ませられたなー。懐かしい〜」と思い出して携帯で検索してみたら、な、な、なんと歩いて5分ほどのところでした。

 でも行ったら本日は休業日。突然の訪問で驚かすには至らなくて残念でしたが、懐かしい社屋の佇まいを確認できてよかった。まだここで中抜きをバラして鮮度で勝負しているのでしょうかね?

DSC01368

 今年まだやり残していること。それは牛角で菜彩鶏メニューを食べることだっ!

 26日アフター5に友人を誘って八戸の「牛角 ゆりの木通り店」に行って来ました。マイナス10℃、少々小雪が降る中ドライブしてきましたけど、お腹いっぱい食べて大満足の旅でした。

 菜彩鶏メニューは、写真のように豪華7種類の味付き。2人で全部食べるわけにも行かず、「ハーブチキン」「塩ダレチキン」「チーズフォンデュチキン」の3つを注文しました。

 DSC01386

 これがニンニクとネギが効いた、塩ダレチキン。450円です。

DSC01388

 カルビだとかを食べた後、なかなかいい口直しです。切り身のサイズは少々小振りですが、牛や豚に合わせたて火が通りやすくなっています。

DSC01382

 次のハーブチキン。これも450円。

DSC01399

 ハーブが効いてて、味が友人にも好評でした。

DSC01377

 そして、チーズフォンデュチキン。

DSC01395

 七輪の上のチキンにチーズを載せます。

DSC01392

 徐々にチーズが溶けていき、それを口に頬張るとこれがなかなか。工夫が効いたオススメメニューでした。

DSC01412

 店のスタッフは元気がよくって、オジサンたちの話しかけにも楽しく対応してくれて気持よく過ごせました。ごちそうさまでした〜。

↑このページのトップヘ