きまじめチキン日記

株式会社十文字チキンカンパニー 代表取締役社長 十文字保雄

カテゴリ: OFFタイム

P1020718

 久しぶりに小説読んだかな。

 面白いという書評があった「55歳からのハローライフ」です。カンブリア宮殿のホストぶりはもとより、編集後記のところ観てて村上龍さん流石だなと思ってましたし、タイトルの年齢のところが私にピッタリですし。

 短編小説5本で、どれも面白かったなー。そういえば村上龍の代表作といえば「限りなく透明に近いブルー」を読んだことがあります。他のも読んでみようかな。

 また、テレビで50代後半をテーマにしたとか、その他自分の境遇に近いドラマとかあったら観てみたいなと思いました。何があるんでしょうか?

IMG_20200209_145230

 チキンスープ会社を始める手前、ラーメンに詳しくなければいけないと思い、徐々にラーメン熱を復活させているところです。

 でも乾麺のインスタントラーメンはほぼ封印してましたし、生でスーパーで買って食べるくらいなら店で食べたほうがいいと思ってたので、こうして生の中華麺をスープと別にアラカルトで買うのは今年になってからです。

 更に先日は、家にある醤油、みりん、味の素などでスープを作りましたが、ちゃんとラーメンスープになるものですね。‥と言いながら自社の鶏ガラを煮て作ったことはないので、近いうちにやらなくちゃ。

 というわけで、ダイエットしたいんですが進まないのはこの理由だと理解してください(笑)。

無題

 Tokyo Icehocky Chがあるおかげで、秋の関東大学アイスホッケーリーグ、長男の4年間出場のほとんど全部56試合?観ることが出来ました。スタッフの皆様、ありがとうございました。

 有料会員になれば、生放送でも収録でも見れるというありがたい存在。ま、無料でもかなりサービス放送してたのでたくさんの方々に見られていたのではないかな。

 息子たちの試合だけではなくて、昨日今日は上位4チームの決勝リーグでの明治、中央、早稲田、東洋の戦いぶりを拝見させていただきましたが、やっぱりレベルが高い。

 スピード、パス回し、相手の裏をつく動き、ゴール前の位置取り、ゴールの精度など、やっぱり上位同士だと面白いわ。

 しかも、昨日3連覇を目指す明治が中央に負けて、今日中央が東洋に勝てば優勝だというのに同点に追いつかれPSSで負けてしまうという波乱。その後の試合の明治対早稲田の勝者が優勝という展開になり、昨日コテンパンにやられた明治が早稲田に勝って優勝。

 知ってる子が何人かいる早稲田を応援してたけど、早稲田は明治には相性が悪かったみたい。0対4で負け。それぞれチーム同士で相性があるのはプロ野球のようでしたね。

 さて表彰式で中継は終わりましたが、12月15日には息子たちの負ければ下位リーグに落ちる入れ替え戦があります。その放送もあるんでしたよね? よろしくおねがいしまーす。

P1020036

 予定では一昨日の晩、前の記事にある製造部合宿の懇親会ではなく、C社長をはじめとするP社幹部の方々との懇親会に出席して、翌日曜日はゴルフの予定でした。

 しかし、台風19号の被害からキャンセルとなり、泊まりまでは製造部合宿と一緒に居て、日曜日早朝出て3年前の台風10号のときに続いて久慈市の災害ボランティアに行こうと思ってました。

 でも、行けなかったのです。金曜日、腰にギックリの症状が出て、土曜日合宿での私の朝のプログラムを終えて、八幡平市内の接骨院へ行って治療してもらったのですが、背中全体の筋肉が固くなっていると言われて、ギブアップ。ここのところのスケジュール、ハード過ぎたかな。

 んー、年は取りたくないものですね。3年前のボランティア参加のときに、高校の先輩が元気にリーダーとして参加してました。その先輩はこの日曜日宮古市でのボランティアに参加したらしいですが、泥の排出作業で還暦の体にはこたえる旨SNSに書き込みがありました。この先地元は高齢化で同じような災害が発生したらどんどんボランティアが厳しくなってくるんでしょうね。

 ま、私自身の参加云々よりも、若手社員の研修代わりにボランティアに加わることができるよう調整していきたいと思います。

 ちなみに、昨日は合宿先の八幡平マウンテンホテルで朝礼を終えて朝8時に解散。時間ができたので八幡平アスピーテラインを上がって、樹海ラインを降りてきました。上の方はもう紅葉は終わってましたけど、樹海ラインの松川温泉の辺りがきれいでした。小1時間秋の景色を楽しめました。

 その後、実家に行って会長に報告少し。ハガキでの案内が来てた美術展を見に市民文化会館へ。すぐ隣の図書館でアサヒカメラなどの雑誌を見たあと、昼食はこれまた案内の来てた車のディーラーさんの常連客への感謝祭に行って豚汁などでお腹を満たして帰宅。

 ちょっと昼寝の後、前の日の接骨院の先生も勧めてくれたいつもの水泳。そして、ワールドカップラグビー準々決勝、ウェールズvsフランスを観て、夕食を準備して食べて、同じく日本vs南アフリカ戦を観ました。南アフリカ、強かったとしか言いようがないですね。

 何気ない充実した秋の日曜日、これもあれも感謝です。

1010318-800x601

 昨年、テレビ東京「カンブリア宮殿」で、これは行かなくては!と思えた北海道中札内村の六花亭さんの工場と併設されている「六花の森」に行ってみました。

1010327-800x601

 いやー、とにかく素晴らしい。

1010332-800x601

 自然と人口物がシンプルに混在してる感じ。

1010341-800x601

 番組に出演していた小田社長は茶道からインスピレーションを受けている旨話されてましたが、まさにひとつひとつに意味がある感じ。

1010361-800x601

 建っている美術館も素敵なものばかり。

1010388-800x601

 近くにある中札内美術村にも行ってみました。

1010404-800x601

 何気に無名の学生たちが描いた二十歳の自画像展がなかなか楽しい。

1010405-800x601

 半日たっぷり楽しめて、ため息が出る時間になりました。

1010416-800x601

 チキンの会社にこんなセンスの良さは必要ありませんが、いい刺激になりました。来て良かったです。


DSC_0122

 秋田県大館市といえば、最近ではロシアのザギトワに贈られたことでも話題になった秋田犬の「ハチ公」の生誕の地で有名です。

DSC_0039

 その大館市で8月11日に「よさこい」があるというので見に行ってきました。大館市は我が家から1時間ちょっとで行ける、人口7万人を超える秋田県第5の市です。

DSC_0028

 札幌高知のよさこいは見てるのですが、近くのもっとローカルなよさこいはどうなんだろうと興味があって、なおかつスケジュールに無理がないタイミングを見てということで、今回行けました。

DSC_0104

 今回は地元大館市の「鳳翔華」をはじめ5チームの出演。

DSC_0011

 夜の部もあるからか、そんなにたくさんの観客が見ているわけではありませんでしたが、踊り子さんたちのはつらつとした踊りと華やかな衣装と笑顔で、大満足でした。

 ドライブで行ける範囲で、またどこかのよさこいに行ってみたいと思います。

IMG_20190616_075829

 30代・40代はテレビをあまり見なかったです。画面を見る時間が長いと睡眠に支障をきたすので。でも、年をとるに従ってだいぶ鈍感になってきたような。

 今では人並みに見てるかな。但し、99%録画したものしか観ませんので、CMに疎いです。それに音楽番組やトークが早い番組を除いて1.5倍速で観ています。

 録画で定期的に見る習慣がついていると、見れる自分の時間に好きな番組だけ選ぶことになるので、それこそ番組愛が強くなりますね。今回は、ベスト10を選んでみたいと思います。

IMG_20190616_075902

第1位:ドキュメント72時間(NHK)何気ない一般人の本音からくる一言を厳選して届ける番組ですよね。毎回選ばれるひとつの場に集まる人々の意図を聞いていると、同じことをやっていても考え方は人それぞれだなとつくづく感じます。

第2位:SONG TO SOUL(BSーTBS)若い頃によく聞いた洋楽の裏のエピソードが、当事者が高齢になって当時を素直に振り返られて語る姿になんとも言えない発見があります。

第3位:カンブリア宮殿(BSテレ東)毎回、活躍する一人の経営者を取り上げ、どういう気持ちで経営をしているのか、またちょっとした振る舞いとか服装とかまでも参考にさせてもらっています。

第4位:誰だって波乱爆笑(日本テレビ)毎回、芸能人の一人を取り上げ、履歴書に沿って生まれ育った環境を紹介し、また育った町を訪問するのですが田舎だとすごく親近感を感じます。また、持ち物や服装のこだわりを紹介するので参考になります。

第5位:ミュージックステーション(テレビ朝日)最新の邦楽の情報を仕入れるわけですが、過去を振り返って何が売れたか、それにその理由などを解説してて、エンタメ界も商売の一つと感じさせます。

第6位:MUSIC FAIR(フジテレビ)持ち歌だけでなく、畑違いのアーティストとコラボとかが楽しいです。また、作り込まれた品位あるステージづくりを鑑賞させてもらっている感じです。

第7位:情熱大陸(TBS)すべて見るわけではないですが、興味を引く世界の人が取り上げられるとついつい見てしまいます。若くして第一線で活躍している人の鋭い視線のシーンを見ると、この先日本も大丈夫かなと思えたり。

第8位:秘密のケンミンSHOW(日本テレビ)長寿番組となりだいぶネタが尽きてきている感じですが、それでもたのしく観させてもらってます。岩手はもちろん東北六県が取り上げられると嬉しいですし、興味を引いたものはグーグルマップで行きたい場所に登録します。

第9位:おぎやはぎの愛車遍歴(BS日テレ)ゲストの車遍歴を通して人生を振り返るというコンセプトが素晴らしいですし、毎回あらためてクルマの人生への影響力を感じさせます。また、意外な車が出てくるとやはり胸が騒ぎます。

第10位:世界ふしぎ発見!(TBS)最近久しぶりにまた見始めました。自宅にいながら海外旅行した気分になれるありがたい番組ですよね。以前はテレビで見たらそこに行かなくてもいいという主義でしたが、最近海外に行く元気が薄れてきているので、モチベーションアップのためにも。

 他にも「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」「クロースアップ現代」「ザ・プロフェッショナル仕事の流儀」「ガッテン!」「カーグラフィックTV」「健康カプセル ゲンキの時間」「がっちりマンデー!!」「The Covers」「SONGS」「クルマでいこう!」は特集次第でよく見ています。

 昔は録画といえば、アナログ放送を、面倒ながら時間を厳密にセットしてVHSに録画して、CMもそのままに、時短などなく見ていたわけですが、いい時代になりましたよね。TVer等もありますし。逆に言うと若い人が羨ましい!

IMG_20190415_065326

 今朝の朝食は、最近の私のよくあるパターンなので撮ってみました。

 上は、コンビニで買ったカット野菜にツナ缶1個分とトウモロコシの缶半分を加えて、フレンチ系ドレッシングを加えて混ぜるだけ。ちなみにこれで昨晩の残りの状態で、今朝はこの半分だけ食べました。

 左は、3個で100円程度の絹ごし豆腐を1つ開けて、鰹節をまぶして、めんつゆを掛けただけ。

 右は、小さな玉ねぎを切って入れて、だし入り味噌を入れて熱しただけの味噌汁です。以前は煮干しを加えてましたが、面倒だし美味しくないのでやめてしまいました。昨晩2食分作ったので、その残りです。

 そういえばこないだテレビで若い女優さんが、この豆腐にインスタント味噌、お湯をかけて食べてるのを見て衝撃を受けました。究極的にシンプルですね。それに何か野菜を加えれば、最高ですね。

IMG_20190220_074445-800x600

 昨年11月に見た映画「日日是好日」はとても佳くて、そのあと師事している茶道の先生の「原作の本もとてもいいわよ」と言う言葉に素直に反応して読んでみました。

 結構原作に忠実に映画が作られたことが分かりましたね。茶道の精神さながらに邪心なく作られたというか。

 映画のシーンが甦り、また、私の通っている教室で起きていることや、この道での自分の立ち位置が立体的に見えてきて、長旅の昨日一気に読んでしまいました。

 読めば読むほど、武士のたしなみだったのが、今や女性の稽古事になってしまっていることに、とても残念に思います。

 できるなら茶道とは一生付き合っていきたいと思っています。

 さて、テレビで見た六花亭の小田社長が心の軸に茶道があるみたいなことを言ってました。

 暖かくなったら、北海道に行って六花亭さんの施設巡りをしてみたいと思っています。

IMG_20190110_103350

 TVerサイトで2004年のテレビドラマ「プライド」が期間限定で無料で観れると知り、待ってましたとばかりに観ました。

 2004年当時、このテレビドラマが始まったことは家内から聞いてました。長男がアイスホッケーを始めて間もなくだったはずです。

 木村拓哉演じるのは、里中ハルという役名で、うちの長男がハルキ(開紀)というので、ちょっと嬉しく思ったものです。

 しかし、当時このドラマ私は観ませんでしたね。仕事一筋だったのでしょうか?

 いや、私があまりアイスホッケーに入れ込んでなかったからというのが正直なところだったのかもしれません。息子たちのサッカーの冬の時期の運動不足解消のつもりでしたから。

 さて、このドラマでは、マイナースポーツへの自負を表現した台詞が所々にありました。そのひとつがこれ。

 「確かに馬鹿かもしれない。俺たちは野球やサッカーみたいに大金がもらえるわけじゃないし、人気だってあまりない。だけどみんな熱くなるから、怪我なんてパァーって飛んじゃうんですよね」

 その真っ直ぐな気持ちを集めて勝利を目指す。それがプライド。このドラマではそこを結構表現してたような。しかし真っ直ぐすぎて不器用なところが恋愛面に現れるという脚本は、なるほどそうかもしれない。

 アイスホッケーを選ぶ人たちにその傾向があるのか?我が子達もそうなのか?‥なんて真面目に考えたりして(笑)。

 ところで、主人公ハルは最後には北米のアイスホッケーリーグNHLに挑戦し、ちゃんと活躍できて3年で日本に錦を飾り、ハッピーエンドとなります。

 今も変わらぬ国内アイスホッケー関係者の願いが実現する姿を描写してて、嬉しくなりました。大谷翔平並にNHLで日本人が活躍したら、日本のアイスホッケー人気は爆発するんでしょうね。それを目指して中学、高校から海外に出て力を磨いている若者たちがいます。

 ちなみに、NHLは北米ではアメリカンフットボール、野球、バスケットボールに次いで4番目の市場規模。日本のプロ野球よりマーケット規模が大きいと聞いてます。

 日本代表では女子チームが出場して話題を提供している過去2回のオリンピックですが、男子は出場できていないこともあって、アジアリーグの人気も今一つで、参戦している日本製紙クレインズの廃部というニュースが昨年末に有りました。

 しかし、サッカーのワールドカップと同じように、冬季五輪のアイスホッケー競技への参加国数を増やすのでは?と噂されておりますので、男子日本代表もなんとか戦力を落とさずその時期を迎えてほしいものです。

IMG_20181230_131033-800x600

 今日は工場の仕事納め。久慈工場は正午過ぎまでの稼働で終わり仕舞い。私は始業直後に着いて中に入り、一人一人に声をかけて、工場長と会話して、八戸へ。

 少しだけ遅刻して、映画「アリー/スター誕生」を見ることができました。これ、良かったですよー。

 レディーガガって、知ってる曲も全く無いのですが、パワフルな歌とアップの表情がぐんぐん迫ってきて、曲もいい感じだし、シンプルなストーリーながらも気持ち良く見れました。

 ちなみに、このまえ見た映画は竹内まりやのシアターライブだし、その前はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」。「日日此好日」を挟んで、その前は確か「グレイテストショーマン」で、その前はもしかして「ララランド」ではないかな?

 私だけでなく、同じような見方してる方も多いのでは。ストーリーより、音楽のほうが魂を揺さぶりやすいから増えてるんでしょうかね。

 竹内まりやシアターライブのほうが音楽のみかと思いましたが、舞台裏や生い立ちとか知れて、それはそれでストーリーを感じられていい余韻が残ったような。

 そういえば、山下達郎のシアターライブが数年前にあって、見逃したのをとても後悔してます。再上映はないと言われてますが、まりやさんのがこれだけヒットしてるんなら、便乗してやってほしいですよね。

 この流れで、実力派のミュージシャンが映画を作るのどんどんやってくれたら、私は結構行くと思いますので、期待してます。

DSC_0002

 月1回の男性だけの茶道教室、通称「メンズクラブ」が始まったのは2017年7月。

 お正客を自信を持ってできることが目的だったはずですが、気がつくとお点前の世界に入ってます。先生、話が違う〜(笑)。ま、何度やっても正客が務まりそうにないですから仕方ないでしょうかね。

 それと、男性たちのお点前は椅子に座ってやるという新基軸にして頂いたので、それなら再度挑戦してみてもいいかな。

 でも月1回ですからね。このままだと永遠に、正客もお点前もできないかも(笑)。うーん、やっぱり自宅で復習しないと‥。

 などと思って、まずは道具を揃えてみようと思いたち、昔ちょっとかじったことがある母に「あるもの持ってきて」と頼んだら、あれもれ持ってきてくれました。

 その中に、なかなか色合いの良い茶碗が。聞くと、九州旅行した際に体験で作ってみたら、思いの外良いものができたということのようです。

 裏を見てみると、平成3年、母53才の作ということですね。大事に使いたいと思います。

IMG_20181104_093919

 今年の二戸市文化祭は私の属する表千家吉祥会が当番ということで、門ノ沢社中が午前中を担当。

 私は着物を着て椅子席の方へのお運び係をやってきました。それだけといえばそれだけですが、そこにもいろいろ作法がありまして。

 他の流派の先生に「十文字さん、そろそろお点前じゃなくって?」と言われましたが、メンズクラブのお稽古では、椅子に座ってお点前をしておりますので、このままでは永遠に文化祭ではやれないですよね。というより、月1回の稽古では頭に入らないです。

IMG_20181104_124408

 役割を終えて、午後は隣の裏千家と、我々の表千家吉祥会の椅子席にてお茶をいただきました。

 先生とお正客さんの会話が醸し出す場の雰囲気が楽しいです。こういう場でリラックスしてお正客をやれるようになるのが目標ですが、まだこの世界では私は経験から何から若手でして(笑)。

IMG_20181101_133328-800x600

 東京モーターショーやディズニーランドでVR体験したことはありましたが、もっと本格的にと思い、昨日は渋谷のVR PARK TOKYOという、ゲームセンターの階段歩いて4階に行ってきました。

 7種類のゲーム体験ができて2900円。制限時間110分で7種類全てと、サーキットレースは2度できました。

IMG_20181101_132351-800x600

 重心はもとより風や匂いも含め、よりリアルに体感できて楽しかったです。

 しかし、乗り物酔いしやすい体質のせいか、具合悪くなってしまい、この日は夜会食して寝るまで跡を引きましたね。

IMG_20181101_124823-800x600

 VRの可能性には疑いの余地が無いと思います。

 しかし、酔わせるほどのものは自粛した方がより早く定着するかもしれませんね。

IMG_20181026_122838

 コメは、これまで炊飯器で0.5合炊いてそれを2回に分けて食べてましたが、夜に食べるとお腹いっぱいになって朝食べれないようになってきました。

 納豆好きなので朝昼晩を問わず混ぜて食べるのが大半なのですが、0.25合でも多い気がしてきて、最近では3回に分けるくらいでいい感じ。

 炭水化物ダイエットが体に定着したことと、年齢の要因からか、コメをあまり受け付けない体になってきたみたいです。

 米びつの中身がぜんぜん減らないことで罪悪感を感じるし、もうインスタントで済まそうと決断して、炊飯器と米びつをきれいにして仕舞うことにしました。今どき遅いくらいかな?

 さて、先日、コメの消費量が多い国のランキングをテレビで見ました。バングラディッシュとか発展途上国ばかりが上位でした。日本では、近年パンの消費がコメを上回るほど消費が減少しておりますが、それもある意味当然かなと思いました。

 日本人としては糖質制限ブームでコメが可愛そうではありますが、健康のためにはより沢山の種類の食材を食べたほうがいいし、偏った栄養価になっている精製食品を大量に食べることはもう過去のものになっていくということでしょう。高齢化も後押ししますし。

 それと、地方都市の平野部に田んぼが広がっているのを観ると、日本らしい原風景だなと好意的に見られたのが今まででしょうけど、今後は「こんな一等地でコメを作って、人間はうさぎ小屋みたいな狭いところに住むってどうかな?」って思われるようになるのでは?

IMG_20180910_180931

 一昨日は八戸泊まり。PJ二戸フーズでジョイントを組んでいるプライフーズさんと懇親会をしました。

 そして、昨日は十和田国際カントリークラブでゴルフ。それが9:17スタートで、ホテルで朝食を食べて出発したら、あまりに早く着きすぎる。でも途中何かあるかもと早めに出発。

 そしたら、目に飛び込んできたのは、イオン下田の隣の理容プラージュでした。

 30分もかからないだろうし、ほぼ待たせないシステムだし、1500円+税と格安!

 持参してた電気シェーバーが電池切れだったこともあり、ヒゲもきれいに剃ってもらいスッキリして、いざゴルフ場へ。

 しかし、自社を含め昨日の皆さんの誰にも気づいてもらえない‥。ま、いっか(笑)。

 プラージュ、何度か使ったことがありますが、あの沢山の従業員のうち、カットをする人は精鋭なのでしょう。結構上手なんですよね。

 よく考えたら、床屋さんて、早朝やってたら嬉しい業種ですよね。開いててよかった。

(写真:八戸の老舗イタリアン、リストランテ澤内さんのスターターの鶏レバーが美味しかった!)

IMG_20180827_144801

 書店で見て、気になったので買った「攻めのフリージング術 (NHKまる得マガジン)」。

 単身赴任者はどう料理するかというより、こういう冷蔵庫を上手に使う技を知っておきたいですし、こういったノウハウが開拓されるとどう鶏肉料理が変わっていくのか、会社の生命線が変わってくるかもしれませんしね。

 ちなみにこのテキスト中では鶏肉関連は、「鶏もも肉+オリーブ油」と「鶏むね肉+酒塩」というレシピが紹介されてました。

 録画して見ているテレビ番組では、とても軽妙な語り口での紹介がされてて、やってみようかなという気にさせられます。

 今日の昼は、冷凍しておいた卵を解凍して、堅くなった卵黄だけで卵かけご飯食べてみようと思います。

IMG_20180820_121851

 甲子園では熱戦が続いてますが、ミラクルと言われる金足農の戦いぶりに、秋田県民のみならず皆さんも喜んでいることと思います。

 3回戦の対横浜戦では、8回裏、2点差で負けているところで、3年間一度もホームランを打ったことがない選手が、「思い切りいけ」との監督の一言でバックスクリーンに3ランホームランを打ち、劇的勝利。

 準々決勝の近江戦では、9回裏に1点差で負けているところで、ノーアウト満塁まで攻めて、スクイズを決めたと思ったら、2塁ランナーまでホームを狙い、微妙なタイミングでしたがセーフで逆転サヨナラ。

 これは2塁ランナーの判断で、監督もビックリしたといいます。そういえば、甲子園に出て来るチームの中で、ノーサインで試合を運ぶチームもあるようで、それが結構いい成績を出しているように思います。

 金足農は選手の判断を大切にし、思う存分プレーをしているようです。試合終了後の校歌斉唱では、選手たちが仰け反って歌ってましたが、そのアクションも一役買っていると思います。当社の朝礼の締めに腰を下げてやる「オー!」と一緒ですね。

 逆転3ランを放った選手が「全国の農業高校の代表として次もがんばります」みたいに言ってました。農業高校が、というのも実現してほしいですが、東北初の真紅の優勝旗を持ってきてほしいですね。

(本日の朝礼スピーチ 写真は本日準決勝の試合後)

DSCF8035

 家のトイレは1階に大と小、2階に大と小、それに写真の中2階には大と全部で5つも便器があります。

 逆単身赴任歴6年めに入りますが、我ながらよくまあ我慢して全部掃除してましたわ。1人でいてもつい近くのものを使うからですが。

 今になって、ここを建てる13年前に中2階のこのトイレを作るか設計士さんから相談があったときに「要らない」と言えば良かったと思うと同時に、3年前に便器が故障した際に「この際、撤去!」と言えなかったことを後悔してます。

 というのもまた今回故障したため。ああ、また余計なトイレを維持するのに修理費を払うなんて馬鹿らしい。ならば、この際まっさらにして、掃除もしなくていいようにしたい!

 いや、友人を呼ぶのだってそんなにあるわけじゃないし、1階のトイレも撤収してもいいのでは?

 そのトイレの2部屋をなにか代わりの面白い使い方無いかなと思案しているこの頃です。

 しかし、この中2階のトイレが一番お気に入りなんだよな〜。参った。

DSCF6935

 子供の頃に生水をそのまま飲んだからでしょうか。ピロリ菌に永年痛めつけられて胃がデリケートになっているので、炭酸の入ったアルコールであるビールやシャンパンは飲まないようにしています。

 しかし、子供の頃はファンタやスプライトが大好きでした。その後もマウンテンデューやメローイエローにハマりました。大学時代は不二家のレモンスカッシュが好きで、それが置いてある3番めに遠いスーパーまでわざわざ出かけてるほどでした。

 社会人になってすぐに胃潰瘍を発症し、炭酸は控えてましたが、最近は微炭酸ならいいだろうとちょっと条件を緩めて、最近では大塚MATCHのグレープフルーツ味とミックスベリー味を楽しんでます。

 ミックスベリー味のパッケージが切り替わるとは聞いてましたが、買ってみたら50%カロリーオフになってました。で、飲んでみたら、ちょっと味が薄い。うーん。

 そもそも私は人工甘味料を使った飲み物は飲まないようにしているので、次からは無しです。オリジナルのミックスベリー味が気に入ってたんですが、これからはグレープフルーツ味一本で行かせていただきます。

DSC_0022

 昨日は、昨年6月に引き続いて、盛岡市内のララシャンス・ベルアミーで、社内結婚になる2人の披露宴がありました。

 早めに席に就いたら、菜彩鶏を使ったスターターが用意され、先に飲み食いしてくださいという趣向。

DSC_0029

 そして、いよいよ新郎・新婦の入場‥、っと思ったら、長男の大和(やまと)くんも一緒で3人が入場。

DSC_0038

 新郎・新婦が席に着く前に、5年前に当社を卒業した元専務の桐生さんがいきなり存在感を見せてました。

 私も5年ぶりにお目にかかりましたが、少々額の左右が広がった以外は全然変わってなかったですね。麻雀が弱くなったと嬉しいことをいってました(笑)。

DSC_0070

 当社の、元を含む女子社員たちと記念撮影。大和くんが泣かずに過ごしたのが驚異的!

DSC_0114

 先に当社に入社したのは11年前の新婦のMさん。その6年後に新郎のNくんですが、新入社員の教育係としてのMさんに、恋心を抱いたみたい。

DSC_0154

 その後、体重増加した新郎の求愛時に「1ケース分痩せたら、付き合ってあげる」と言ったとか。業界用語で1ケースとは12キロの意味です。

 実際それができたからこの日があったわけですが、それがやすやすとできたくらいの体重だったことは否めないかな(笑)。

DSC_0159

 新郎からお世話になった上司だったK工場長にケーキを。

DSC_0164

 新婦からは同僚のお姉さま、Kさんに。

DSC_0225

 2人とも当社のムードメーカーというか、根っからの明るいキャラということもあって、終始笑顔があふれる結婚式でした。

DSC_0298

 湿っぽいシーンは無し。一昨年に籍を入れ、昨年は長男が誕生し、着実に結婚生活を歩んでいるので、自然なことです。

 それでも、こうして周囲に結婚を報告して楽しいひとときを過ごしてもらう時間を作ってくれることを嬉しく思います。

 新婦は再来月より職場復帰する予定です。大事な仕事を担っている方なので心強いわけですが、敢えて「1人と言わず、2人、3人と‥」とスピーチさせていただきました。

 地元岩手がしぼんでいくと困りますので!

DSCF9440

 土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」は読んでないですが、パルシステムさんのこのページにたどり着いて、「そうか!食事はもっとシンプルにできるんだ」と思い、逆単身赴任の身ですのであれこれ試行錯誤してます。

 昨晩は、ちゃんこ鍋のレトルトスープを買ってきて、地元のすいとん料理となる「ひっつみ」を混ぜて作ってみました。

 鶏肉や野菜などちょっと具を多めに入れて作ると、もうこれだけで3食分になってしまいますね。

 あとはデザートを楽しむだけ(笑)。

2018_0123_16013000

 フェリーで早朝苫小牧に上陸し、レンタカーで帯広まで来て、インターハイアイスホッケー初日の1回戦3試合を観戦しました。

 まずは二戸カシオペアスターズ出身のメンバーが主力となっている盛岡中央と神奈川の武相との試合。盛岡中央は廃部の方向と聞こえてきてましたので、ちょっと切ない気持ちで応援。走り負けはしませんでしたが0対9で負けてしまいました。

 昼に少し休んだあと、次男の慶應義塾は地元の帯広農業との試合。慶應が優位に進めると、なんだか帯広農業の応援もしたくなりました。

 インターハイでは初めて聞く名前ですし、長男の八戸高校のときを思い起こす少ない人数ですし、地元の方々の応援やら取材の様子がアットホームな感じでしたし、何より十勝の農家さんたちに沢山当社の鶏糞をお使いいただいたという感謝の思いが湧いてきて、最後に1点を返してゴールした選手が喜びを全身で表現してくれたときはこちらも嬉しくなりました。

 7対1となった試合終了後、礼を一通り済ませたあと帯広農業の選手たちがスコアボードを背景に記念写真を撮ってるのが微笑ましくて撮ったのがこの写真です。

 ん?もしや?‥と確認したら背番号2の次男が手前に写ってました。なんという偶然!

 さて、そのあと、長男の母校である八戸高校が早稲田実業と対戦した試合も見ました。

 相変わらず少ない人数での戦いでしたが、3対13というスコア以上に善戦しましたよ。もっと点が入っても良さそうな惜しいシーンの連続でしたが、この3点はよき思い出になってくれることでしょう。

003

 54年の人生では和太鼓とはあまり縁がなかったのですが、地元の「二戸大作太鼓」や「盛岡さんさ踊り」で太鼓って妙に心を打つなとは思ってました。

 そこに、昨年12月NHK「経済フロントライン」でDRUM TAOが紹介され、俄然見に行きたいと調べたら、東京出張と公演がリンクする日があるじゃないですか!

 というわけで昨日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールにて観てきました。いい席残ってなかったので、いっそのことというわけで3階席を取りました。表情とかは全然望めなかったですけど、ステージを縦横無尽に動くので、俯瞰して見れてそれはそれで楽しめました。

 観客は8割方女性。私は知らなかったですが、ジャニーズじゃないですけど、メンバーのキャラをちゃんと前面に出してて、個々にファンが居るみたい。

 女性メンバーも4人いて太鼓を叩いたり笛を吹く姿が妖艶で楽しめますが、腕以外の上半身は露出させる男性メンバーの激しい動きはまさしくセックスアピール!

 こんなに力いっぱい叩いて、若くなきゃ乳酸が溜まって連日の公演をこなすのが大変だろうなと余計な心配をしてしまいました。

 それにしても、プロですね。観客を楽しませる工夫・カイゼンの積み重ねがこの公演に行きついているんだなと思いました。

 今回の全国公演では、6月29日に青森県八戸市、翌30日は秋田県大館市で公演が予定されているようです。次はステージに近い席をゲットして楽しみたいですね。

DSCF9221

 昨年7月より始まった門ノ沢先生の月1回の男性茶道教室、通称「メンズクラブ」には皆勤賞で参加してまして、1月4日で計7回になりました。

 2012年に女性に混じって月3回学んだ時は、正座できないのにお茶を点てる世界に限界を感じ5ヶ月間15回でギブアップしたのですが、メンズクラブは客としての学びということで気楽にやらせていただいております。ただ、月1回なので頭に入れたはずが、翌月にはすっかり忘れていることもしばしばですが。

 その発表会みたいな形で、1月7日日曜日に先生宅でお初釜がありました。稽古の際にはない椅子席も用意されていたので更に気楽。

 しかし、皆さん着物姿でキリッとした状態で時間が過ぎていくので、気持ちが洗われるというか、気が張り詰めるんですが、いい気分転換になりました。

 お初釜終了後、場所を生徒でもある市内の日本料理店「柏」に移して、昼食会になりました。

 抱負として一人一言ずつということでしたので、「年12回の限られた場ですので、しっかり学ばさせていただきたい」と自分でも意外な言葉が出てきました。淡々と学んでいくだけですかね。

 先生からのリクエストである「教室には着物で」をしっかり実践していったら、着物に対する意識も大いに変わっていくような気がしてまして、それもまた楽しみです。

DSCF6927

 久しぶりにチンゲン菜を買ってきました。

 沸騰したお湯にサラダ油を少々入れて煮て、水を切ってごま油と醤油をかけるだけ。

 うーん、この歯ごたえがたまりません。

 自分の好きなのをワクワクしながら作って食べるってなんて幸せなことでしょう!

DSCF2411

 この記事をアップした今、バンクーバー行きの機内にいるはずです。

 この長期出張前、今回は我が家の家事がバッチリ出来たので、とても気持ちよく出発できました。

 冷蔵庫の中の生鮮品、賞味期限のあるものがほぼスッキリ無くなり、洗濯物は早朝起きて干して、パソコンのデスクトップ上の写真の整理ができ、車も昨日雨の中を避けて洗車してキレイになってるし、家中の全てモノがあるべきところにある感じ。

 持っていく荷物も2日前にリストアップして、見えるように並べておき、ああでないこうでないとセレクトし直しました。今度こそ完璧でしょ!

 ちなみにこのサイズのスーツケースは前回の出張時に壊れたので、新しいものを買いました。ソフトタイプだとみんながみんな、男性は黒のを買うと思うんですけど、私は天邪鬼(あまのじゃく)だから、紫を買ってみました。

 こんな色のを持ってる人なかなかいないと思うので、識別性でいいかなと思って。小学生の頃、紫色ってスゴイな、好きだなと思ってた時期がありましたので。それと「む」の字もカッコイイと思ってた。

 ただこのままじゃ、逆に紫は自分だけだと思ってる他のお客さんがいたらアウトだな‥と思って何をつけようかと出発直前に思いましたら、迎えのクルマが来たので付けられませんでした。スーツケースに入ってるバンダナで対応しよ。

DSCF2400[1]

 早くも5年目を迎えている逆単身赴任生活。

 「料理はどうしてるの?」と聞かれたら「作ったり作らなかったり。スーパーが徒歩1分なので何でも揃うし」などと答えております。外食の機会は少なめです。

 一番上手になった料理はと言えば、ゴーヤチャンプルーですね。ゴーヤの苦味が何とも好きですし、コレひとつ作れば炭水化物が不要なので。

 ちなみに、ゴルフ場でもよくおつまみのゴーヤチャンプルーだけ食べて終わりにしたりします。

 今日も美味しく出来ました。あと半割れありますが、明後日から出張なので明日のうちに食べなきゃ。

 というわけで、この夏も飽きるほど食べたので悔いはないです(笑)。

S0027002

 平昌オリンピック出場を決めているアイスホッケー女子代表「スマイルジャパン」エースの久保英恵選手だけを招いて特集した50分番組「嵐相葉のグッと!スポーツ」観ました。

 お酒が強い、どんな場面でも緊張しない、カラッとした明るさを感じさせる久保選手のキャラが存分に感じされてよかったですね。こういうバラエティ番組には適性ありそう。

 ゴールのコーナーを狙ったシュート実演では、まさかの相葉くんに負けを喫してしまいましたが、ケロッと笑ってるのが流石でした(写真)。

 2008年にチームの若返りのために日本代表から外され引退を余儀なくされ、1年間のブランクを経て、選手団団長の若林氏(伝説の選手)が苫小牧に4度足を運び説得されて現役復帰し今に至っているとか。

 小学生の頃から男性勝りの凄い選手と評判だったということで、周囲が温かい目で見守ってきたことが紹介され、まさしく一貫してスター選手だったんだなと感じました。

 相葉くんも「アイスホッケー面白そう!」と言ってましたが、久保選手やゴールキーパーの藤本那菜選手のテレビ露出をきっかけに、アイスホッケーがもっと脚光を浴びればいいな。

 平昌オリンピックでの活躍を祈ってます。でも、前回全敗だったわけですから、1勝でもしたら大喜びの気持ちで。

DSC01277

 この2人は、それぞれが別々にお付き合いしている人がいるらしいという話は聞いておりましたが、まさか3年間それを隠しての社内結婚になるとはビックリ!

 というか、騙されて痛快!!

DSC01284

 T主任は学卒で入社して4年ちょっとなので、入社2年目で付き合い始めたことになります。

 仕事も遊びも同じ頭を使う。そのことを実証するかのように、仕事もデキるが、プライベートもしっかり進めてたんですね。

DSC01301

 相手は5つ年上になるK係長。自他ともに認める完璧主義者であるがゆえに、家庭に入って主婦業に専念することに。

 会社としてはとても残念ではありますが、彼女の人柄を考えると周囲はすっかり納得しちゃってるようでした。

DSC01304

 結婚式を終え、披露宴の会場に着くと、前菜として菜彩鶏の料理があり、宴会が始まる前にどうぞ食べてくださいという趣向でした。気を遣ってくれてありがとう。

DSC01359

 酒は弱いと噂の新郎でしたが、頑張ってました。「のび太」が最初についたニックネームのようですが、八幡平工場の愛されキャラみたいです。

DSC01363

 盛岡駅西口に今世紀型の結婚式場があることは存じておりましたが、初めて招かれましたが、随所に演出が利いてました。

DSC01381

 なおかつお決まりのシーンも欠かさず。でも、こういうとき期待に応えて馬鹿をやらないのがT主任の真骨頂。

DSC01399

 新婦の上司がサポートして退場。新鮮で笑えます。

DSC01423

 当社からのビデオメッセージ。これ、玄人っぽくて出来すぎでしょ!

 そういえば若くして結婚退社した元社員たちの顔まで出てきて、嬉しかったな。それに、この席にも来てる元社員には、その後の消息を聞けて良かった。

DSC01461

 エンディングには、新婦のご両親への手紙朗読。目の前の席だったので、もらい泣きしないよう努めました。

DSC01475

 私が唯一のスピーチを務めましたが、この2人には何も言うことがありませんね。何事もわきまえたいい男と佳き女性です。

 ここのところ厳選して入社させているつもりですので、その男女が結婚したらそりゃあ素晴らしい夫婦になりますわ。

 いい配偶者を見つけるなら当社に入社してください!って言い過ぎか(笑)。

↑このページのトップヘ