きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

カテゴリ: 番外

20240602_083343

 松任谷正隆さんのラジオ番組、略称「ちょっと変」の5月24日放送分を聞いててゲストの東松寛文さんに興味を持ったので、著書「週末だけで世界一周」を手に入れて読んでみました。2018年の本とコロナ前だったんですね。

 同じくラジオ番組で、葉加瀬太郎さんの「ANA WORLD AIR CURRENT」をRadikoで毎週聞いてて、最後の決め台詞「あなたにとって旅とは?」と言われる度に自分だったらなんて答えるだろう?と思ってしまうのですが、この著者における旅の定義は突き抜けてて気持ちよくなりました。

 ま、地方在住の61歳が読んでも効果は限られますが、改めて旅の楽しさの語り口に共感できましたし、これからも旅をひとつの人生の軸にしていきたいと思いました。

 世界一周か‥。中東、アフリカ、東ヨーロッパ、メキシコ辺りは行ってないんですよね。人生の忘れ物に成らないよう、出かけてみますか!?

20240307_160311

 宮崎空港に早く着いたので、屋上で暇つぶししてます。飛行機の離着陸を見てるのは気持ちいいですね。

 そもそも私は高所恐怖症ということもあって、最初の頃飛行機は苦手でした。しかし窓からの景色が好きなので今では楽しみになっていますし、聞かれたら窓側をリクエストさせて頂いています。

 実は、パソコンのゲームアプリとして、フライトシミュレーターはこれまで2度買ったことがあります。2度目は操縦桿も一緒に買いましたが、気がつくと触って無くて売り飛ばして終わってます。

 超簡単に世界中の空港で離陸、着陸できるなんて、ゲーム中とはいえとても楽しいだろうなと広告を見て買ったのですが、さすがにそう簡単ではなかったようで。

 高所恐怖症なのに‥と思うのですが、それを押してパイロットになってる人、この世の中にいるような気がしてます。

 宮崎空港には航空大学校がありまして、受講してみようとか空想で思ったり何度かしました。ま、憧れで終わりそうです。

20240229_071521

 先日、広州・香港旅行から帰ったら、家に雛人形が飾られていました。

 そうそう、私が海外に行ってる間に長男夫婦と孫が来て、私の両親が初めてひ孫と対面したのでした。

 その後、この人形どこから来たのと家内に聞いたら、彼女が小さい頃にお母様に作ってもらったのだそうで、娘が家にいた小学5年生までは毎年飾ってたそうですが、ぜんぜん覚えてなかった(笑)。木目込み人形と言うのだそうです。

20240303_115244

 さて、今日は雛祭り茶会ということで、K先生宅にて昼を挟んで参加してきました。

 この日亭主を務めたIさんのお母さんが1年かけて作ったという雛飾りが掛けられておりました。また、K先生の手作りの茶道具もところどころで使われていましたっけ。

 お飾りとか全然興味のない世界なのでしたが、少しは理解して記憶にとどめておけるようになりたいものです。

20240227_091422

 26日の日経新聞に「早い花見に長い夏 東京、熱中症の街に 75歳以上が250万人 一極集中に搬送リスク」というショッキングな記事が出ていました。

 コロナで地方が少しは盛り返したはずでしたが、コロナ明けで東京一極集中の傾向が再び強まっているそうです。

 マグニチュード7の首都圏直下型地震があれば、最悪2万3000人が死亡と聞くだけで住めないなと思いますし、子どもたちは早めに東京から退散してほしいと言ってあるのですが、温暖化が更に進むとすれば、ますます東京は住むところではないような。

 しかも東京は若い女性が地方からたくさん移り住んでいる傾向が強く、未婚率が高いこともあります。

 能登半島地震のあとの会社の新年会で、地震のことと、都会のほうが未婚率が高いことから、御子息が住むなら地元がいいですよとスピーチしましたが、気温上昇も論拠になりますね。

20240216_074039

 昨年末の蝪丕米鷂優奸璽困忘年会、今年の岩手農協チキンフーズ衄幡平工場の新年会では私の還暦を祝う場面があって、総合職・事務職スタッフから名前入りの還暦の衣装をいただきました。


 また、蟒淑源チキンカンパニー久慈工場の新年会では、現業のベテラン社員たちから花束を頂きました。どちらもありがとうございました。

20240216_073841

 しかし、名前入りだと応用が効かなくてもったいないな、と思ったり。いや、将来、ヤスオ元社長の思い出としていくらか価値あるものとして貴重な品として扱われるのかも!?

 来年75周年を迎える当社には昔を物語るものがあまりなくて困ったりしてるので、こういうのでも取っておけばいいのかな。

20240216_073953

 さて、そちこちの新年会で、ずっと以前に頂いて仕舞ってあった「赤いふんどし」をチャンスとばかりに履いた姿を披露させて頂きました。

 で、先週そのふんどしを他の洗濯ものと一緒に洗濯機にかけました。そしたら、白い下着類に赤い染料が移ってしまい、それらは廃棄することに‥。

 写真のこれらも洗濯するのは要注意でしょうから、いざというときのために仕舞っておくのがいいのかな。

20240120_150958

 健助相談役は今年の5月27日で満90歳になります。

 昨年末、工場巡回をしている中で、久慈工場のベテラン社員から「相談役に新年会に来てほしい」と言われたので声かけたら、出席して卒寿のお祝いのシーンで元気な姿を見せてくれました。

 相談役は糖尿病になった40代にゴルフを始めました。その頃は階上町のゴルフ練習場に朝から晩までいて、その時間母と私ら子供3人は八戸市内で遊んでた記憶があります。

 その後、今の自宅の隣の敷地に小さい屋内練習場を作り、カレンダーに毎日1000とか1200とか書かれていました。普通の人が100球だとすれば、10倍の数打っていたのです。

 89歳になった昨年1年でどれくらい打ったか改めて聞いたら、3万球ではないかと言ってました。100球を200日で、多く打つ日もあるので‥だそうです。

 「ダンプ1台分打たないと上手になれないんだよ」が口癖でしたが、ネットで調べるとそれは約7万球だそうですから、その約半分です。

 先生に教わって上手になるというアプローチの仕方もあるかと思いますが、とにかく数やって、仮説と検証を繰り返して体に覚えさせるというやり方もあります。参考まで。

(本日の朝礼スピーチ)

20231106_065930

 技能実習生の皆さんとの日帰りバスツアーの際に、たくさん食べ物が入った手提げ袋を頂戴しました。

 イカや肉や豆を加工した珍味、甘いもの、タケノコ、ヒマワリの種など、ほとんどが中国と少しはインドネシアのものらしい。どこで手に入れたものか、いずれ貴重なものなので、せっかくなのでほぼ全種類を自分の舌で味わって食べましたよ。

 国が違うとこうも味付けが違うかなと思いましたが(笑)、超少ない内容物のおつまみって面白いなと思いました。

 実習生の皆さんの貴重な食べ物を持ち寄ってプレゼントいただき、大変ありがとうございました。ごちそうさまでした。

20231028_181137

 昨晩の支援部・環境部合同合宿の懇親会は、社歴が偏らないようにシャッフルして5つのテーブルの席が決まってました。

 そこに表示されていたのは、おぼろげながら薄々分かっていたけど、社歴37年6カ月という数字。思えば遠くに来たもんだ。

 そのうち21年2カ月は社長を、一瞬の7カ月は会長を、副社長時代を含めれば代表取締役歴はたぶん23年半でしょうか。取締役となってからを経営者歴とすれば、32年半とかかな。

 世代交代への見解を聞かれることが多くなりました。息子たちには30くらいまでは、どこでもいいから外の空気を吸いなさいよと言ってましたが、私が取締役になった27という年にはだいぶ近づいてきたことに気が付きました。

 あれこれそろそろ本気で考えるときが来てるのかな‥。

20230721_125513

 10年前、大分県中津市の「からあげフェスティバル」に出かけていった際に、日本唐揚協会の安久会長、八木専務にお目にかかり、勧められるがままに買ったのがコレ。

 日本唐揚協会のキャラクター、ピヨからくんがフィーチャーされたポロシャツ。色は臙脂を選びました。

 しかし、その後ずっと我が家のクローゼットに仕舞ったままでした。キラキラしててちょっとどうかな?と思ったのでしょう。

 でも、昨年着てみたら結構いけると真逆の評価。なで肩の私にフィットしますし、首回りが緩い感じで夏には快適。丈夫そうでもありますし、何より「その胸のは何ですか?」と話のタネになっていいです。

 何かとちゃんと計算されたものなんだな。最近の大き目サイズを着るファッションの傾向とは合わないかもしれませんが。

20230711_141411

 家の昨冬の電気代が非常に高かったので、20年ぶりに家のエアコンを更新して、蓄熱暖房の使用量を極限まで減らそうと思いつきました。

 で、地元の業者さん現地調査してもらったら、9台あるエアコンのうち7台は更新不可と言われてしまいました。

 おそらく内外のデザイン優先で作られているために、隠れたところにしわ寄せが行って、複雑すぎて無理と言うことでしょう。

 うーん、それならエアコンが壊れたわけではないので、そのまま使うしかないか。工事代が浮いて悪い気はしない(笑)。

 デザインにはうるさいほうなのでオーダーメイド設計の我が家作りに悔いはないですが、次は使い勝手のノウハウの蓄積が期待できる大手住宅メーカーのほうがいいかな。

(写真:リモコンを手に取ってエアコン本体に向けなくてもいいようにホルダーを斜めにしました)

IMG_3842-2

 一昨日の久慈第2冷蔵庫竣工祝賀会で、健助相談役が壇上に上がりました。

 1分と前置きしながらも、数分話してくれました。感謝の言葉とともに、ほぼ場を和ませる話でしたね。

 椅子に座って話しましたが、ゴルフはカートを最大限に使ってですが普通に1ラウンド回っていますので、健康状態は良好かと。

 糖尿病ですが、毎日欠かさず自分で注射してますので、それをしっかりやっていれば何も問題ないと言ってます。

 そういえば子供の頃、父はいい香りがするなと思ったものでしたが、糖尿病のせいですね(笑)。

IMG_3845-2


 5月27日で満89歳。社内ではこれまで曖昧なことをいいことに、10月10日を創業記念日としてましたが、今年から当社公式カレンダーにはそれを削除して、5月27日を「創業者健助誕生日」と記入させていただきました。

 その節目に何かやるようにと支援部に注文してありますが、どうなることやら?

20230418_115436~2

 昨日、某金融機関の新任の支店長がおいでになり初対面だったのですが、事前に私のこのブログをご覧になったようで、マスク越しに「私生活の切り売り大変ですね」と同情(?)されてしまいました。

 いい切り口をいただいたのでちょっと広げて書いてみたいと思います。

 私自身新しもの好きで、ウインドウズ95がリリースになる前、ADSLの前段階で異常に遅いネット環境でありながらも、アップルのマッキントッシュで専門誌を開いて自分や会社のホームページをHTML言語で作ったりしてまして、その後徐々にホームページメーカーというソフトを使った日記のようなものに発展していったのでした。でも、ほぼ自己満足の世界だったでしょう。

 そこに現れたのがブログというサービスで、サービスするサイトにアクセスしてそこに画像と文章を入れ込むだけというもので、新しい時代の社長像として普段見えない姿をブログで発信することが流行るだろうということが言われているのに触発されて始めて、この閲覧数競争の世界に入っていったという感じでしょうか。

 いつからか毎日500名前後の方に見ていただくペースになってきて、その500人の属性は不明ながら主に社員、取引先、同業者、同じ車趣味の人などから見てもらっているのかな、と思って今に至っています。

 私生活の切り売りと言われると、確かにその通りだと思います。時間を費やして自分をさらけ出してなんだか馬鹿みたいだなと自分を振り返ることもありますが、それを超えて記録しておくことの価値を重く見ている。

 それでも家族ネタはかなり少なくしているつもりです。書くとしても、家族を見ている自分という視点からぶれないようにしつつ、振り返れば家族に時間と愛情を注いでいた姿が浮かび上がれば子孫もハッピーになるかのでは、と思っています。

 なお、個々の社員のことを取り上げたり、顔が写真に出ることはすべて禁止という意識ではやっていません。写真では人は遠目に写るようにとか、文章は傷つかないような扱いをするようには心がけています。

 このブログに切りのいい60歳で終止符を打とうという気持ちもあったのですが、過ぎてもこうして続けています。なぜか。それは写真も、記述も、構成も、記録も好きだからでしょうね。そして学びがあり、これからも自分自身が向上する手掛かりになるという手ごたえがあるからでしょう。

(写真:昨日の岩手県チキン協同組合の理事会での昼食メニューはチキンづくし。食べてる途中)

20230409_122439

 4月9日、還暦の60歳になりました。

 3月初めから家内が二戸に戻ってきていて、10年になる逆単身赴任が終了しています。

 買い物もクリーニングも行かなくなり、食事の準備も掃除も庭の手入れもほぼやってくれますので、書斎に引きこもる時間が増えました。大好きなポテチも食べなくなりました(笑)。

 50代がまるまる逆単身赴任だったわけですが、同時にこの10年は業界にとっても追い風で好調な決算が続きました。

 また、今朝のテレビでやってましたが、昨日10年ぶりに日銀の総裁が交替して、新しい時代が始まるかもしれません。

 金融緩和で甘い空気でしたが、景気が悪いほうが経営者はやることが明確で楽だと思います。

 これからは考える時間も増えてきますので、会社のかじ取りをしっかり練って進めていきたいと思います。

(写真:家内手製のプリン)

20230210_162034

 日本経済新聞は欠かさず目を通していましたが、今年から岩手日報にも目を通しています。

 実家では資源ごみに出す手間が省けて良かったのではないかな。父が免許返納したことでクルマ雑誌の行き来が無くなったので、その代わりにという感じです。

 我が家はスーパーの近くなので、買い物ついでに寄ってくれるというわけです。今日は私が実家に行きましたが。

 それまで地元のニュースは、NHKの平日20:45〜21:00のニュースを毎日録画して、早送りで大事なところだけ見てる感じでしたが、もうちょっと詳しく知りたくなって。

 ますます地元あっての当社という思いが強くなったこともありますが、コロナで行動半径が狭くなって、さらに年齢ゆえか近辺のものごとに目を向けたくなったからかも。いつまで続くかな?

20221230_150541

 八戸市のYSアリーナで開催された全日本スピードスケート選手権大会を観に行ってきました。

 126億円の総工費で令和元年にオープンしたという屋内スケートリンクですからいつかは行ってみたかったこともありますし、オリンピック金メダリストの高木美保選手(写真)が出場しますし、知らない分野のスポーツ大会ということでどんな運営なのか興味がわいてきましたので。

 昨日二戸工場の今年の最終稼働を見届けたのち八戸に向かい、3時間ほどいる間に男子10000mの2組の走りと、女子1000m、男子1000mの競技の様子を拝見しました。

 テレビの収録もされてて、アナウンサーと解説者の声も会場に流されて、合間合間に音楽が流れて、スムーズに滑る選手たちの姿が印象的でした。

20221230_150627

 それと、選手たちの大腿部の筋肉が遠目から見ても印象的でした。実は私、遺伝で大腿部が太くて、茶道の時には迷惑なわけですが、もしかして私には競輪やスピードスケートが向いていたのかも?と思ったりしました。

 速筋か遅筋かの遺伝子情報だったり、身体的特徴からAIがお勧めするスポーツを提案してくれたらいいし、今やそう難しいことではなさそうなのにそういう話を聞かないな‥と思いましたが、実際どうなのでしょう?

 さて、今年も拙ブログにお付き合いいただき誠にありがとうございました。来年は還暦を迎えますので、そろそろ終止符を打つには好機かと思えていますが、さてどうなることやら。ではよいお年を。

33d3ec80

 このブログのタイトル写真がもう2年になるので、何かいいものはないか探しましたが、社員と登った姫神山での1枚を使うことにしました。おどけて「ヨガの成果!」と言った瞬間を撮ってもらった1枚です。ちょっと恥ずかしいのですが、他にないし、勢いです(笑)。

title_yaceo

 ついでにOGP用ってよく分からないで空白にしていたのですが、その写真を設定していなかったのは勿体ないと分かったので作ってみました。これが外で使われるみたいです。位置を変えて新鮮な印象を狙いました。

DSC_0307 1200

 ちなみに緑の四角で「きまじめチキン日記」というロゴは、二戸市内のCigil Design Worksさんによるものです。相変わらず輝いています。ありがとうございまーす。

IMG_20220816_145155

 このお盆休み中、天気に比例して私の気持ちは曇りがちでした。

 というのも、横浜から引き揚げてきた12年前に買ったHDD&BDレコーダー内臓テレビと、19年前家を新築したときから活躍してきたエコキュート機器が故障したのです。

 ソニーのHDD&BDレコーダー内臓テレビは、後継機種が出なかったというオールインワンタイプで、気に入って家に2台、会社に2台導入して、これまで全く故障知らずできてて、我がソニー歴最愛の商品でした。

 しかしさすがにそろそろ入れ替えようかと横浜の家族のもとにあったものを運んできたら、BDを読めなくなってしまってて、せっかく録画してある息子たちの中高アイスホッケー部での活躍の収まった八戸テレビの番組をダビングできない状況です。

 うーん、レンズクリーナー買って回せば直るのかな? それとも、わが家にあったもう一台は普通に動いているので、BDだけ剥がして引っ越せばダビングできる!? でも、下手すると元に戻せなくなるから、上手く救出する作戦考えないと‥。

 もうひとつのエコキュートは、先日蓄熱暖房機を撤収したのと関係しておかしくなったのかな?

 ネットで調べてみると、エコキュートは10−15年が寿命とか。19年も使えたので、入れ替えしたほうがいいのか、それとも修理で延命を図るべきか‥。とりあえず修理予約したけど2週間先になるので、それまで湯張りができない‥。

 新しいのに入れ替えるにしても、どうやらコロナで生産が遅れてるので、希望の商品だと2−3か月待ちか‥。それとも他のメーカーにしちゃっていいのか?? 水圧だけはこれまでのより高くなってくれれば文句は言わないな‥。

 教訓としては、やっぱり寿命を想定して、壊れないうちに入れ替えたほうがよさそうですね。会社で学んでるはずなのに、おバカさんでした。

IMG_20220801_152007

 我が書斎の蓄熱暖房機が壊れたことは2月2日に報告しました。

 その後、深夜電力を使った蓄熱暖房は切って、エアコンで後半の冬を過ごしましたが、3月の電力消費量は前年対比なんと4割減となりました。

 支払額は単価が上がってるので比較にならないと思って見てませんでしたが、その後、私の東北電力との契約では、蓄熱暖房のための深夜時間帯割引がまだ消えていなかったことが発覚。なーんだ。そして、そもそも自分の契約がどうなっているかさえ気にしないでこれまで過ごしてきたことを反省。

 いずれ、ネット情報では蓄熱暖房は深夜割引してもエアコンにはランニングコストで負けるみたい。よって壊れた蓄熱暖房機は修理の価値なし。YouTubeで撤去の様子を動画で見てると、なんだか面白そうなので昨日やってみました。

 ブレーカーを落として作業開始。閉まっているネジの締め具合がかなりきつくて開けるのに苦戦。途中すこし感電した感触。そしてドライバー当てて火花が出ることもあって動揺。途中断念してプロにお願いしようか迷いましたが、テスターで電気が来ていないことを確認して再開。

 中に入ってるレンガが重くて出すまで結構苦戦。6キロ×12個ありました。レンガだけで私の体重くらいだわ。

IMG_20220801_160736

 作業開始から2時間半で、やっときれいになりました。動画ですと、この右の200V線は中に閉じ込めて、左の100Vを普通のコンセントに仕上げて使えるようにするみたい。

 でもブレーカー落としてわかったのですが、1つのブレーカースイッチで6台ある家の全ての蓄熱暖房機の電源を切れるみたいです。使わないのにコントロール用の電源が入ってて、時計だけが表示されている姿が嫌だったこともあるし、このままブレーカースイッチを落としておくのが良いかもしれませんね。

IMG_20220801_160912

 でも、ランニングコストではエアコンに負けるかもしれませんが、快適度で蓄熱暖房機もまだ捨てがたい。

 ピアノ部屋だけにあった、ほぼ使ってないポータブルの蓄熱暖房機を代わりに持ってきてみました。もったいないので使ってあげたいし、100Vでどんな性能なのか確認したい。冬が少しだけ待ち遠しいです。

IMG_20220721_092336

 内外で「ヤスオ社長」と呼んでいただいています。

 「十文字社長」ではかしこまりすぎて窮屈な気がしますし、長い目で見ると同族筋で混同してしまいますしね。また「やすお」は多いようで少ないし、穏やかで親しみやすい響きありますし、差別化も十分あると思っています。

 副社長、社長になる前は、平の取締役だったわけですが、名刺の肩書には「鶏締役」と書いてました。ネット上のペットネームならまだしも、名刺の社会的位置づけを考えるとちょっとやり過ぎたと反省しています。(今回実物発掘できませんでした)

 さて、この「きまじめチキン日記」は2005年からですので、18年目に入っているのですが、これは今考えるともう少しネーミング何とかならなかったかなという思いが残っています。

 最近、ある方から言われたのが「やCEO」という造語。‥ぶっ飛びました。

 社長歴21年目ですが、「やCEO」なら相当のオリジナリティを維持できたと思います。もっと早くに気がつきたかった。

 コロナ禍の最中に短期間、社長から会長になってまた社長に返り咲いたわけですが、いわゆるCEOであることに代わりませんでしたので、「やCEO」で変更なかった(笑)。

 今から「やCEO日記」に変更しようかな‥。

(写真:社長室にあった過去のものを含めた名刺たち)

IMG_20210608_081241 (1)

 先月の誕生月昼食会で「社長、歩くのが早いですよね」と言われました。

 そういえば本社内は廊下や階段でよく、避けられます(笑)。

 音や風圧で私だと感じるのでしょうか。そういえば「スリッパの響く音で社長だとわかります」と言われたことがあったような。通路が狭いというのもあるのでしょうけど。

 オーナー経営者なので、どうしても社内における存在感は消しようがなく、さらに年齢を重ねたいま自然と大事にされるからかな。でも、キャラに合わないので、軽い感じを出していたいと思っていますが、圧を消し去るのはまあ無理かな(笑)。

 そもそも、歩くのが早いのは生まれながらにせっかちだからでしょう。遠回りが嫌いだし、我慢するのが嫌いだし、誰よりも早く楽に成果を獲得したい思いがあるかも。

 そういう意味では経営者に向いてたのかもしれません。我が経営の師、小山昇さんは「質よりスピード」と言いますしね。

 ちなみに食べるのが早い件は、さすがに体に悪いので修正済みです。若い頃は全部飲み込んだらどうなってしまうのか、を自ら人体実験したことがあります。結果は覚えてないので無事だったのでしょう。

(写真:今朝の朝掃除の担当で苔が見事に成長しているのを発見)

IMG_20210414_090919

 デザインにはうるさいと自認している私ですが、ちゃんと学んだのはもう30年ほど前の盛岡でのチラシ作りセミナーが唯一かな。

 その時学んだことはすっかり忘れてるはずなので改めて基礎を確認する意味でも、また会社に置いておくにふさわしいデザインの初歩を学べる本の候補として、本屋さんで見つけたこの「デザイナーじゃないのに!」を買ってみました。

 読んでみてデザインの基礎の基礎がわかりやすく書かれていました。チラシが舞台ですが、これができればいくらでも応用できそうです。

 社内ではイントラネットのルールとしても、行間を開けることとかうるさく言ってますが、そういう根拠がわかると自信を持って言えますね。また、漫画であることで敷居が下がるので、広く知らしめるのに好適だと思いました。

 ところで、この中に「デザインに無理解な上司への対処方法」が出てきました。基本を学んであれこれ厳選して盛り込んでも、上司の一言で崩壊してしまう例、確かにありますよね。そのためにも、上司こそ知っておきたい基本のひとつなのかもしれません。

IMG_20210228_211311

 今更ながら、我が家には4Kどころか、フルハイビジョン(2K)テレビさえないことに気が付きました。

 リビングの120インチプロジェクターはさすがにフルハイビジョンですが、ダイニングの26インチと寝室の32インチはフルじゃないハイビジョン。

 寝室のくらいはフルハイビジョンにしてみようかなと調べてみたら、40インチで、送料込みで、19,980円が目に止まり、レビューを見ていると、少ないですがかなり評価が高いじゃないですか。しかも壁掛け器具は、そのままのが使えそうということで購入してみました。(その後値上がりしたのは後継機にバトンタッチしたから?)

 日本のジョワイユというブランドのもので、届いてみるとまさしく飾ったところが無い印象。でも説明書とかは普通のちゃんとした日本語(笑)。操作系は確かこれ東芝のソフトウェアを移植したものでしょう。前の32インチとメーカーもリモコンも違えど、同じ使い勝手でした。

 めったに無い画面真っ白のシーンでややムラを感じましたが、それ以外は特に問題なし。音はヘッドフォン出力から、D級アンプを通してJBLコントロール1をサブウーファー付きで鳴らしてますので快適ですが、そのままでもそんなに悪くないような。オートチャプターの精度だけはもっとあげてほしいですが‥。

 しかし、そこそこ大画面の40インチで2万円を切るとは‥、世の中凄いことになってますね。

 いま、富の偏在が叫ばれていますが、確かに金額的にはそうかもしれませんが、沢山稼いでもそうでなくても、やってることはほぼ変わらないのではないかと、こういう商品に接するとつくづく感じます。

 スマホが2万円くらいで結構なものが買えたりすることと一緒で、松下幸之助の水道哲学「いいものを沢山安く作る」がまさしく実現されてきているのでしょうね。

 そしてチキンも、このテレビやスマホ、それにファストファッションなどに並んで水道哲学の一翼を担う商品であると信じています。

P1030606

 いぶりがっこって、秋田県に行くと定食に付いてきたりするわけですが、普通の漬物に比べるととても薄くて、しかも高付加価値商品だからか2枚しか付いてこなかったりで見た目寂しいし、しかも食べると大体塩っぱいだけで正直好きになれないでいました。

 それなのに秋田県人が愛してやまないわけで、謎だ!と疑問を持っていたのでした。そこに今週月曜日、ご家族の事情で当社を辞めることになったK君が挨拶に来て、その際に頂いたものがこの鼎家(かなえや)さんのいぶりがっこ。ありがとね。

 持ち帰って食べてみると、今までのいぶりがっこは何だったのだ?と思える美味しさだったのです。これが果たして本物のいぶりがっこなのか? ただ一般大衆に迎合した甘めのいぶりがっこなのか分かりません。でも口に合うことは間違いなくて、1枚1枚を惜しむように食べました。

 で、改めてご近所で別メーカーのものを買ってみると、同じいぶりがっこと言っていいのかと思うほど違う。うーん。奥が深い。これは面白い世界を見つけたぞ。秋田県に行ったら、其方此方にあるいぶりがっこを試してみよう。

 さて、話は変わってラーメンですが、ケンミンSHOWで青森県は隠れたラーメン王国だと言われてたので、その後出かけて何回か食べましたが、やはり青森県民が好きなのは塩っぱいラーメンらしくて、なかなか私の舌にジャストフィットしませんでした。

 北東北でも地方それぞれの嗜好の違いが鮮明かもしれませんね。

IMG_20201224_082952

 昨晩放送の、日本テレビ系「それって!?実際どうなの課」で、3日で9羽のローストチキンを食べるという企画を拝見しました。

 チャンカワイさんが実験台になり、苦しみながらも味付けをどんどん変えることで、ローストチキンを9食連続で食べ切るという、かなり無理のある内容(笑)。

IMG_20201224_083103

 毎日6000キロカロリーを消費するので、体重は増加傾向になるかと思いきや、結果は減る方向に‥。業界としては嬉しい結果ですが、その根拠を専門家は「しいて言えばナイアシンの効果か」と推測しておりました。

 チャンさんが日頃どんな食生活を送っているかや、摂取水分量が示されないと、ダイエット効果云々は言えないわけなので、あくまで娯楽として受け止めればと思いますが、他の肉でも実験して太ることには結びつかなかったようなので、「肉は太る」という根拠のない噂はいくぶんか払拭されそうですね。

 それにしても、この実験に挑戦してくれて「#チャンありがとう」です。

IMG_20201214_134139

 嘱託の方から手紙をいただきました。

 正社員と遜色ない賞与をいただき、数年前まで抑えられていた先輩方に申し訳ない気持ちを抱きながらも、また更に忘新年会の代わりの菜彩鶏ローストレッグとギフトカタログを頂いたことへの感謝の気持ちが綴られておりました。

 非常に嬉しく読まさせていただきました。

 その前に先週、各現場で、私の書いた賞与の説明文を代読で読み上げた際も、歓声が上がったと聴いてましたので、喜んで頂いてる感触はあったのですが、こうして手紙で丁寧にいただけると、改めて引き続き、次も、その次も喜んでいただけるようにしなくちゃと思います。

 ただ忘新年会をやらずにこういうプレゼントを差し上げることは、新しいことでしたので喜んでいただいた面はあったかと思います。

 忘新年会のあの、ハッチャケたアドレナリンが分泌される時間は何者にも代えがたいので、1年後は復活していることを願ってます。

19e7be3c

 昨日までこのタイトル画像だったものを替えてみました。

 私の会社の部屋での写真だったのですが、「ニュースキャスターみたい」と言われて、確かにあまりにカチッとしすぎておこがましいかなと気にしてたんですよね。

P1030368

 なにか良い写真ないかなとgoogleフォトの写真を見てたら、いくつか候補になりそうなのが出てきて、クルマの写真はFacebookとTwitterで使うことにして、これは八甲田ロープウエイで登った時のです。

 アベノマスクを持ってますから、コロナ禍が去ればこの写真もお役御免かな。早くまた次の写真になればいいですね。

P1030255

 昨年6月にやった遺伝子検査は、主に肉体的な面のもので、健康を維持するために気をつけるべき事柄がオーダーメイドで得られるというものでした。

 そして、昨日そのジーンライフの別商品である性格診断系のMyself2.0が、スマホアプリを入れることで昨年提供した遺伝子を元に4900円を払えばすぐ見られるというので、やってみました。(今からだと価格体系が少し違うみたいです)

 アプリを入れて、以前登録してあったIDを入力すると、おお、昨年届いたペーパーのデータがアプリ内で見られる。分厚い解説書を片手に見てた昨年からすれば随分進歩したなあ。

 そして、4900円支払う手続きをしてみると、あっという間に自分の分析データが見れます。データがたくさんありすぎて、これ読んでると1時間はかかるのでは。しかし、なるほど面白い!

 そして60問の質問に5段階で答えると、写真のように遺伝子検査のものと比較できるようになってるんですね。つまり後天的な要素が加わってどうなっているかですね。

 私の場合、慎重性・繊細性のCがDに、協調性のAがBに、開放性・文化性のBがAになってました。どれも、社長業18年の環境要素で説明がつくような。

 この結果は、自分を客観的に見られるのでいいと思います。さらにアプリ化でいつでも見直せる。見せ合いっこできる。ちなみに、今どきの婚活ではこういう遺伝子診断による相性でのマッチングも現実のものになってるそうですね。

 年齢を重ねてしまうと、手遅れなので無駄かと思うかもしれませんが、逆に自分発見で軌道修正して人生が面白くなることもあるのでは。刺激がほしい方にはおすすめです。

 遺伝子検査キット<GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)>解析項目数 約360項目

 自己分析遺伝子検査キット<Genelife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)>性格や能力など87項目

IMG_20200709_101750

 いま、在宅勤務が話題だからというわけではないのですが、最近予定がなければ家にいることが多いです。

 この季節、会社の私の個室は2階で開けられる窓がなく暑いのに比べ、自宅は窓を開け放てば適度に風でいい空気が入ってきますし、少し暑いくらいなら扇風機を回すと快適この上ないのでその差は圧倒的です。

 また、言われている在宅勤務のメリットの数々を実感しますね。髭を剃ったり着替える必要がない。飲むヨーグルトが飲みたいときに飲める。何ならデザートも好きなのが好きな時間に食べられる。家事と仕事を交互にこなすことでいい気分転換になる。リラックスチェアで読書ができる。体が欲する時間に昼寝ができる。

 クルマで通勤5分という世間的には好条件に居るわけですし、私自身ドライブ好きではあるんのですが、考えてみるとこの通勤って結構苦痛だったのかなと思います。クルマへの乗り降り。視界の悪いT字路。田舎でも交通量が多く急ぐ時間帯。集団登校があることから結構気を使います。

 そういうのから解放され、電話やメール、LINEなどであれこれコミュニケーションを取っていく。何て快適なんでしょう。雪が積もる当地の冬だったら尚更かな。

 ただ、マイナス要因もありますね。仕事道具が揃ってないこと。気軽に顔を合わせて相談に乗ってやれないこと。朝のラジオ体操、掃除等で仲間の顔を見れないこと。挨拶や雑談ができないこと。偶然、来訪者と顔を合わせることがないこと。以上、みな言われていることですね。

 農場、工場の現場での仕事はもちろん、当社のオフィスワーカーでもなかなか在宅勤務は想定しにくいですので、このトレンドに乗った変革は今考えなくてもいいかなと思ってはいますが、他産業との競争もありますので快適度はどの職場でも上げていかなければ。

P1030177

 東北北部は平家年並みの6月14日、梅雨入りとなりました。

 今日は夕方のにわか雨で、日没前の今の時間帯、なんだかとても気持ちいい天気になっています。

 近頃、年令を重ねてきたからか、いい気候のもと、それにマッチした服装をして、肌を楽しませることが最高の贅沢ではないかと感じています。

 今は、半袖シャツに短パン、裸足で、窓を開けて少しの涼しい空気が入ってくる。

 言葉にすれば「気持ちいい〜」の一言なんですが、どこかに出かけて文化的な刺激を受けるより贅沢なことのような。

 それ以外に思いつくのは‥

 ちょうどいい気温で、直射日光を避けられて、オープンカーの屋根を開いて走ってるとき。

 風のない、辛うじて氷点下にならない気温の晴天にやるゴルフ。

 氷点下5℃くらいまでの晴天時のスキーもいい。

 今年3月頃さかんにやった一桁台の気温のときのウオーキングも。

 うーん、考えるだけで幸せになってくる。年令を重ねて安上がりになってきてますね!?

P1030168

 コーヒーは高校生の頃からほぼずっと飲んでなかったんですよね。何故かと言うと、飲むと歯が痛くなってしまうので。

 その間、何度か確認の意味で口をつけるとやはり歯痛の兆候が感じられたものです。カフェインレスでも微妙に駄目だったような‥。

 じゃあカフェインの入ってる緑茶も駄目かと言うとそうでもなくて、普通に飲めます。紅茶はというとコーヒーと同じ症状。

 そんな私でも飲んでた頃はありました。小学生の頃、明星という雑誌を見てて、野口五郎がコーヒーを愛飲しているという記事を見て、飲み始めたのでした。あまり飲むと眠れなくなるという症状を感じて、カフェインレスに移行した記憶があります。

 おそらくその後コーヒー癖にストップがかかり、体が過剰に反応してアレルギーになったのか、歯に被せものをしてその中が悪さしたのか、またはその相乗効果かなと思います。

 コーヒー癖にストップを掛けたのは、当時、カフェインに発がん作用があると盛んに言われていたからだったのではないかな。それが今や逆に、コーヒーは抗酸化力があって体に良いと言われ始めたので、私も久しぶりに挑戦してみたというわけです。

 これならカフェインレスだし面倒くさくないなと、買ってきたのがネスカフェの1リットルのボトルコーヒー。

 恐る恐る飲んでみたら、おお、何もなかった! 普通に飲めた。しかし、コーヒーってこんなに美味しいんだ!

 小学生当時に飲んでたのが、ネスカフェのカフェインレスの顆粒タイプで、これと全く同じ赤のパッケージだからかな。それとも親知らずを何本か抜いたからかな。いや年をとって鈍感になったからかな。まさか健康状態が良くなってきたからかな。

 というわけで、今はカフェインレスに限ってコーヒーを飲んでます。誤解なきよう。

↑このページのトップヘ