きまじめチキン日記

岩手県二戸市 昭和38年生 チキン産業 経営者 十文字保雄

カテゴリ:  健康とスポーツ

IMG_20200914_184956

 日曜日放送の「ゲンキの時間」で、この意外なデータが出てきました。

 鶏肉の消費量はここのところ順調に伸びてるし、豚肉もそこそこ伸びてるはずなんですが、このグラフを見ると日本人のタンパク質摂取量はなんと21世紀になって下がりがち!

 魚を食べなくなったからかな? 魚介類は調理が面倒だし、中国をはじめ外国で魚介類を食べるようになって価格が高くなっているから、やむを得ないところがありますけどね。それと、ラーメンライスとか、炭水化物on炭水化物みたいなのが増えているような。

 そう考えると、ここのところ鶏肉の消費量が順調に伸びてると安閑としていられませんね。伸びても1人あたり消費量は欧米諸国の3分の1とかで縮まってませんから。

 さて、この番組では、現代型栄養失調として、「緑黄色野菜だけたくさん摂っても栄養バランスはよくならない」という指摘もされました。‥うーん、私のことだわ。

 味噌汁にきのこを入れるようにして、人参シリシリを頑張って作って、修正に励みたいと思います。

IMG_20200310_132120

 日曜日、購入した中古車で東京から600km走ってきました。

 ドライブは楽しいのですが、何が困るのかって言うと、運転した後の肩、背中、腰の痛みです。年齢を重ねるに従って増してきているような。

 いかに体に負担のないような運転にするかですが、これはアームレストのない車だったので、力を抜いて腕をだらんと下げて、手を腿の上に置いて、ハンドルの下を指先で持つようにしてみました。高速だからできる姿勢ですね。

 で、2日経ちましたが良好です。功を奏したかな。

 いや、効果があったのはこれだけじゃないでしょうね。昨年整形外科のリハビリを受けてかなりきついストレッチメニューを与えられて、特に前後に開脚するポーズが肩、背中、腰に効いている気がします。

 例年冬の時期はデスクワークが多くなって接骨院通いするんですが、今年はだいぶいいような。最近「筋膜リリース」や「筋膜剥がし」と言われるのに該当するストレッチなんでしょうね。

 あるテレビでは筋膜の説明するのに、皮付きの鶏肉を持ち出してきて「ほらコレが筋膜です」とやってました。

 そうか!皮が剥がしにくい鶏肉は、ストレッチが不足したちょっと体が硬い不健康な鶏のだったのか。以前の自分も同類だったに違いない。

IMG_20190919_193851

 8月7日に放送されたNHK「ガッテン!夏休みSP プロもうなる食と健康の究極ワザ 31連発」。横浜の家で昨晩録画したのを見ました。復習ですね。

 しかし、過去の放送でこれはすごい!と感心した体に効果ある体操とかを、ちょっとやっては三日坊主ですっかり忘れていることに愕然としました。我ながら自己嫌悪‥。それにしてもすごく価値あるものばかりでした。

 まずは、「がにがに体操」と「くねくね体操」のこと。こんなので運動能力がぐんとアップするとはすごい!

 それから、花粉症対策として「ワセリンを鼻の穴に1日3〜4回塗る」という方法。早速次のシーズンから使わせてもらいます。

 骨密度が低めの私には、これも効果的! 1日30回のカカト落としで骨密度アップですって。しかも血糖値も下がるとか。

 以前、めまいになったことがある私。耳石に刺激がなかったからなんでしょうね。座ってること自体が寿命を縮めてしまいがちなんだそうで、それに抗うように30分に1回立ち上がる動作が効果的なんだそうです。

 冬になると腰痛になりがちな私。寝返りを打たないからなんでしょうね。その寝返りを打つには準備体操があるそうで紹介されてました

 中高年となった私に、このガッテン!はなかなか素晴らしい処方箋を教えてくれます。ありがたいです。

IMG_20190912_181411

 前月、とてもショッキングだったことがありました。

 それは経営会議合宿の懇親会の席順。ホコタッチ(マルチ万歩計)の装着時間順になってて、なんと16人中私が最下位!

 途中経過のデータをパソコンにリンクさせるタイミングが悪かったかも知れませんが、まあそれでも確かに自分でも気がつくと装着できていないこと、しばしば。

 忘れ物を時々するタイプなのであり得たかも知れませんが、それにしても最下位とは。

 考えてみれば、このホコタッチが始まったのが7月で暑い時期。スポーツしたり着替えたりが私はとても多くて、服をそのままベッドの上に置いたりとかが多いので‥。それは他の人も同じでしょ?と言われるとぐうの音も出ないのですが。

 それと、私はスキマ時間が惜しくて、あれこれやることを入れてしまって、立ち止まって考えることが無いからというのが大きいでしょうね。

 実は、今日は某業者さんの社長とゴルフだったのですが、スタート時間が比較的遅かったので、朝食の後のスキマ時間20分ほどで庭の芝刈りをやって出かけたのですが、ホコタッチはおろかゴルフシューズまで忘れてしまって‥。いけませんね。

 その後、最近の社内参加者63人のデータ一覧が出ましたが、私の平均装着時間は7.3時間、下から8番目とやはり足を引っ張ってるほうみたいでした。中には平均装着時間22.4時間という猛者がいましたが、どうしてるんでしょう?

 なお、岩手県の33事業所の中で、平均歩行歩数では8月は4位だったそうです。3位に入ると花王さんより賞品が出るとのこと。

 足を引っ張っている私が頑張れば大丈夫でしょう!

(写真:昨日は夕食会場まで25分歩きました)

IMG_20190912_135202

 9月8日のTBS系「健康カプセル ゲンキの時間」では、猫背の特集でしたね。

 私は子供の頃から猫背でした。遺伝的なこともあるでしょうし、食事は座卓でリビングはコタツで慣れたせいもあるでしょうし、栄養不足もそうさせたかもしれませんね。

 母親に直すよう言われましたが、頑張ってやろうとしても辛くて疲れてしまう。体が硬かったかもしれませんし、内側の筋肉が弱かったのかもしれません。以降ずっとそのまま直さずに長年来てしまいました。

 社長になり、40代となり、筋肉がますます弱体化して、なで肩で姿勢が悪いままでは格好が悪すぎるし、社員の見本として問題だと思えるようになって、ストレッチしたり、ヨガしたり、水泳したりするようになって今があります。

 おかげで最近は逆に、姿勢とか上半身の筋肉とかに、たま〜にお褒めの言葉をいただくようになって嬉しく思っています。

 最近では、社員のデスクワークの際の椅子への座り方や、運転中の姿勢が気になるようになりましたね。いや、長いこと使う体に、悪い習慣をわざわざ付けること無いのに!と言う観点でです。

 さて、この番組では、DeNAさんの社内プロジェクトで、椅子への座り方指導や、デスクワークを腰に負担の少ない立ってやることを奨励したりして、業務効率に明らかな改善が見られているとありました。‥ああ、やっぱり。

 これも働き方改善の大事な一角でしょうから、当社でも取り組みたいものです。

IMG_20190823_174632

 八戸市の整形外科ながさわスポーツクリニックに行ったら、脊椎のまずい状況がわかったわけですが、その日早速リハビリテーション科でマッサージやストレッチをしてもらって、なおかつ毎日のストレッチの宿題を持って帰りました。

 そして1〜2週間に1回はリハビリに通院するよう言われ、今日はその後2回めの通院でした。

 辛い宿題を毎日そこそこやってるせいか、月初の診察のときと比べるとだいぶ軽減したような。この間、ゴルフは2回やりましたが、普通に回れてる感じです。これくらいだと、練習もしようかという気になります。

 というわけで、気分も上がってきて、海外にも行きたくなってきました。運転もしたくなってきました。

 やっぱり体で相当メンタル変わるものですね。ちょっとお騒がせしたかもしれません。失礼しました。

IMG_20190703_114236

 昨日は地元で仕事関係の方とのゴルフでしたが、ドタキャンさせていただきました。

 だって、ラウンド中ほとんどの時間が30度超えで、最高気温が33℃を超える予想だったんですもん。

 これも親しい間柄の方々なので、夏の暑さにはめっぽう弱い私ということで勘弁いただきました。56歳になり、文字通りアラカン(アラウンド還暦)ですし、以降のスケジュール消化のためにも体は大事にしないと。

 しかし、その分、夜は八戸でハッスルして飲んで語り合いました。いつになくワインを飲みすぎてか、頭痛が‥。

 今回マツダ3の故障で、たまたまボクスターで行ったのですが、オープンにして二戸に戻る1時間のドライブは爽快でした。丁度いい気温で、適度に曇りで。日頃からオープンカーに乗ってると、こういうチャンスを活かせていいかも。

(写真:一ヶ月ほど前、総会シーズンが終了してこういうのがたくさん届きます)

DSC_0001

 月曜日起きたら左目が赤くなってて、これは「ものもらい」に違いないと抗生剤の入った目薬を点眼。

 しかし一向に良くならず、水曜日には右目も同様の状態に。私としたことが、左から右に移してしまったか‥。しかも涙が出るようになってきた。

 木曜になって、これは流石に眼科で診てもらおうと行ってみたら、先生の診断はアレルギーでした。あらら、全然違った。確かに、写真の目薬を点けると緩和しますわ。

 そういえば、これまでだってアレルギーで瞼の裏が荒れてフルオロメトロンを点眼することがありました。

 目が充血すると会う人会う人に心配されるので、厄介な症状ですね。このサイトで見ると原因はイネかな? 確かに以前検査でイネ花粉に反応してた記憶があります。

 ここまで目が充血するとは、最近いいもの食べすぎて抵抗力が強くなりすぎかな??


IMG_20190709_151505

 岩手県の職場の健康増進のプログラム「企業対抗チャレンジマッチ」に参加しているわけですが、マルチな万歩計を頂いて3週間が経過。データを出してみました。

 22日のうち、完全に付け忘れてノーデータなのが4日間。そのうち2日がゴルフで、1日は社内登山でしたから惜しいことしました。ちなみにこれを付けてたから頑張ったというのは皆無です。

 ゴルフの日は、カートに乗らないと18000歩台、カートに乗ると15000歩前後とあまり変わりませんね。地元にいて何もない日は5000歩前後という感じです。

 ほとんど家にいた日も5000歩ほどだったりするのは、家の中を一人駆けずり回ってるからですかね(笑)。

 A=質・量ともに達成、B=質達成 C=量達成 D=どちらも駄目という判定で、A=4日、B=5日、C=1日、D=8日でした。歩行生活年齢は59歳と実年齢と近いですね。

 平均歩数は7700歩で、目標値が8000歩とはじき出されました。平均消費カロリーは2579キロカロリーで、目標の2000キロカロリーは上回りました。

 上記のように外してた日に結構運動したのと、水泳がカウントされてないので、この結果よりは本来いいはずですが、冬は運動不足が見えてますので今のうちに頑張りましょうか。

IMG_20190617_101408

 健康経営の一環で、岩手県のプログラムである「企業対抗チャレンジマッチ」に参加することになりました。

 昨日は内臓脂肪の測定と、生活習慣のアンケート回答。そしてその場で、結果の伝達がありました。

 私の腹囲は87cm、内臓脂肪は117㎠で約3kgに相当するそうです。内臓脂肪年齢は75歳。春の接待シーズンでまずいことになってる!

 アンケートの結果では内臓脂肪を「ややためやすい」生活習慣と出ましたので、頑張らなくっちゃ。

 ちなみに当社の受験者は実際の年齢プラス20歳位が多かったとか。クルマ生活なので運動不足なのでしょうね。

 万歩計の進化版みたいなのが配られ、期間中装着することになりましたので、データとにらめっこしながらチャレンジしたいと思います。

DSC_0002

 唾液を摂取して送るだけで遺伝子分析をしてくれるというので、ジェネシスヘルスケア蠅GeneLife Genesis2.0を手に入れ検体を送って待っておりましたが、やっと届きました。

 360項目といいますから、解説書(写真左)を見るだけで結構時間がかかりますが、楽しいですよ。

 やっぱりかと確認できたこととしては、匂いの感じやすさが3項目とも感じやすい傾向、乗り物酔いしやすい傾向、アレルギー性鼻炎やスギ花粉症が高い傾向、乳糖不耐症が高い傾向、骨密度が低い傾向、肌の色が白い傾向、彼氏彼女なし傾向など。

 意外だったのは、血圧が低いほうなのにやや高い傾向と出たこと、鉄欠乏性貧血を患ったのに低い傾向と出たこと、胃潰瘍を患ったのに機能性ディスペプシア発症リスクがやや低い傾向、飽きっぽいのに行動持続性が高いと出たことなどです。

 他にも書けばキリがないですし、隠しておきたいこともやっぱりあるのでこれくらいにしましょうか。

 さて、これが16000円でできる時代になったとは、すごいことだと思いませんか? 爆発的に普及する可能性を秘めてますよね。

 そうなれば、畜産動物の育種改良に引けを取らないようなスーパーな人間を作り出すことが、遺伝子組み換えによらずともできるかもしれませんね。

IMG_20190530_194323-800x600

 一万円台で、唾液提供だけで、遺伝子解析ができるサービス、話題ですよね。

 私も申し込んで唾液発送してて、1か月後という結果待ちの状態です。

 たまたまradikoで聞いた、茂木健一郎さんの「ドリームハート」という番組のゲストが、そのサービスを運営するGenequest社の代表の方で、興味深く聞きました。

 そしてその知識を、私が代表理事を務めるめんこい協同組合の昨日の総会のスピーチのネタに使わせて頂きました。

 自分の遺伝子の一部がインドシナ半島から来てるとか分かるので、国境意識が徐々に薄れてくるのではないか、みたいな話です。

 自分の遺伝子に、来てもらっている外国人と共通のものがありそうなら、見る目も変わりますよね。

 めんこい協同組合は外国人技能実習生の受け入れ機関としておかげさまで順調に伸びてまして、今年国内在籍800人を超える見込みです。

 日本はこれから衰退していくわけですし、アジア人としての意識で社会と関わっていく必要があるのかも知れませんね。

IMG_20190303_175057-800x600

 取引先様のS社長と沖縄に来ています。今の時期、杉花粉フリーで最高ですね。

 さて、そのS社長から「痩せましたよね!」と言われました。嬉しいです。

 1〜2キロ減ですかね。ベルトの穴が一つずれました。それを冬の時期に達成したことに価値がありますね。

 昨年10月に炊飯器を撤収した効果でしょうか。全く炭水化物食べないわけではないけど、大好きな納豆ご飯を止めて、納豆単体で食べたりしてます。

 ダイエット目標立ててる訳ではなかったのですが、こうなったら久しぶりに70の大台を切りたくなりました。…あくまで希望です(笑)。

DSC_1604

 本日は12:20より八幡平工場で鶏霊祭がありました。

 1時間前に到着しましたが、その頃は小雨。天気予報では12時は曇りになってましたが、実際にはほんの僅かな雨が残ってましたが、雨具不要でなんとか切り抜けられました。

 今日ほぼ雨が上がったことで、盛岡からいらっしゃった業者さんによる会社案内ビデオ撮影もできました。今回逃せば残りは二戸工場だけで、そちらが雨なら1年後を待たなくてはということになりますので、値千金です。

 当然、社長が祈祷するシーンも撮ってもらったのですが、ちょっと残念なことが‥。

 私の右側の口元に吹き出物ができてたのです。心当たりは‥、コンビニの肉まんと、パーティーで食べたカツサンド。

 栄養摂取のバランスが良くなって、かつ若くもなくなってきたせいか、このお中元の豚肉加工品消化で吹き出物が出なくてホッとしてたのですが、ここへきて気持ちが緩んでしまったみたい。

 特にカツサンドは老眼で中身をよく確認しなかったけど、脂分が多いところに当たったんでしょうね。肉まんは危険なのでもう何年も食べてなかったのに、小腹がすいたのを充たすために、つい。

 左側から撮影してと頼みましたが、さてどうなったのかな。駄目だったら、そこだけ絵に手を入れてもらうことになるかな‥。

 ちなみに、以前にも書きましたが、鶏肉はいくら脂肪がついてても吹き出物の原因になることは私はありません。脂肪の融点が違うからなのでしょうね。

IMG_20180730_071103

 7月29日のTBS系「健康カプセル!ゲンキの時間」で、肉食を特集しておりました。

IMG_20180730_071119

 81歳でシニアボディビル全国大会で準優勝というこの方、サプリメントを飲まず、肉の摂取で体調を維持しているとか。

 こないだ、鶏むね肉ばかり食べているボディビル関係の方がテレビに出てましたが、やはり肉が良いんだなあ。

 ところで、先日横浜のわが家を訪れた際、プロテインの粉のデカい袋を発見。

 「プロテインなんて大豆が原料なんだぞ。鶏肉の会社の子供が鶏肉を食べないでプロテイン飲んでたら笑われるぞ」と警告したばかりでしたが、その直後にこの番組が放映されてるなんてタイミング良すぎ!

 ま、息子たちは肉も食べるし、プロテインも飲むと言ってましたが。

IMG_20180730_123906

 プロテインでなく肉が良い理由として、貧血予防になる鉄分、精神安定・うつ予防になるトリプトファンの含有があるようです。

 我々の仕事は、国民の体の健康維持だけではなく、よき精神状態を支えているとも言えるわけで、身の引き締まる思いです。

SSC_0003

 本日午後は市内のゴルフ練習場「ユーランド馬仙峡ゴルフガーデン」に行き、その後「二戸スイミングスクール」で水泳をしました。あー、気持ちいい。

 ゴルフ練習場は「ボールがきれいじゃなくても良ければ」と断りを入れて営業中。フィールドが雪でも、営業しているだけで有り難いです。今日は昼2℃くらいに上がったので、今年2回めの練習ができました。

 そしたら、まだやり始めてから2年ほどしか経ってない当社の役員が来るじゃないですか。年明けから毎週のように来ているとか。昨年急激に腕を上げたのはそういうことだったのですね。やっぱりマメさが上達のコツですね。

 その後、暇な時は日曜日の日課になっている水泳です。体調良かったので1200m泳ぎました。

 夏にプールで泳ぐのも気分いいですが、冬に屋内プールで泳ぐのも最高の贅沢だと思います。しかも、1レーン貸し切りで楽チンです。終われば体がポカポカして最高ですね。

 そういえば、思い出しましたが、地元二戸市の子供達は冬にぐっと体重が増え、夏になると普通に戻るのだそうです。スキーも水泳もあまり盛んではない地域ですし、外を走るにも不適な足元ですし、体育館も結構寒かったりしますし、そうなるのも仕方ないかな。

 しかし、そんな状況の中で、地元に温水プールがあるのに、冬に水泳しないのは勿体なくないですか? 他のスポーツやっている子供達も、全身運動と言われる水泳で鍛えたらいいのではと思うんですよね。

 しかも終わった後、こんなに気持ちいい。もったいない!

DSCF6055

 薬局に「健康を害するタバコ」という冊子が置いてあったので、持ち帰りました。

DSCF6056

16ページの立派なもので、タバコの害について嫌というほど書かれています。

DSCF6057

 これは効果的かもしれないですね。

DSCF6058

 ネットで見たら1部50円ほどで手に入りそうです。社内配布しようかな。

 また、タバコの害を知らせるいいポスターがあったら、喫煙室に貼りましょうか。

 次年度は喫煙率ダウンの目標を掲げる予定ですので、力を入れていきます。

DSCF9477

 1月17日のNHK「ガッテン!」は「動脈硬化&認知症からカラダを守れ!」と題して葉酸(ビタミンM)の効能を特集してました。

 ある身近な動物が好きな少年が、オタマジャクシを試行錯誤しながら飼育してる中で、鶏レバーを与えたら、5日も早くカエルになったという結果が得られたとのこと。

 これが葉酸(ビタミンM)に抗酸化作用があって、アルツハイマーや動脈硬化の予防に効果があるという発見に繋がったらしい。

DSCF9480

 驚いたのは、世界の81カ国がすでに穀類に法律で葉酸を加えることを義務化しているとのことです。日本ではいまNHKでやっと取り上げて、これからですか‥。遅いなあ‥。

 「いいことはすぐやる」ということができてないのが日本ですかね。分煙も、タバコの税率も何でも外国の後追いですね。情けない。

DSCF9481

 葉酸(ビタミンM)はレバーの他に、ほうれん草、納豆、豆腐、アスパラガス、ブロッコリー、緑茶などに含まれるそうで、日本では1日の摂取量240μg(妊婦は480μg)が基準だそうですが、世界では400μgが基準だそう。

 ちなみにチキン生産の立場からすると、レバーだけがなかなか売れない、つまり消費量が少ない状況です。バランス良くチキンを余すところ無く食べてくだされば、日本人もより健康で長生きできるというわけですね。

 それにしても、昨年の鶏むね肉のブームに次いで、鶏レバーが来る!と言った私の昨年の予言、半分冗談のつもりでしたが、当たるかも!?

DSC00533

 花粉症の方、手を上げてください。‥15人ですね。(約60人中)

 ではその中で舌下(ぜっか)減感作療法をやったという人はどれくらいいますか? ‥ゼロですか!

 経営計画手帳の73ページ、【花粉症】のところを読んでみてください。「舌下減感作療法が保険適用。11月頃から月1回病院に通い、毎日花粉エキスを経口投与すると改善する。」とあります。昨年の手帳からそう書いております。ちなみに保険適用になってもう3年目です。

 私は10シーズン前、年に5ヶ月も眠くなる花粉症の薬を飲んでいて、「これでは社長の業務を全うできない!」と焦り、まだ保険適用になってない頃にこの世界の権威の先生の門を叩き、被験者になって実際効果をあげ、薬を飲まずに過ごせるようになりました。

 花粉症の方は、手帳の11月1日に「舌下減感作療法開始」と書いておいてください。「舌下 二戸」で検索すれば、実施している病院が出てきます。年に4回の通院を3年続ければ、かなりの比率で緩和されるはずです。毎日花粉エキスの入った液を口の中にたらして1分維持するだけです。

 今や舌下減感作療法という簡単で効果的な治療法が普及しているのにそれを受けず、眠くなる花粉症の薬を何ヶ月も飲んで仕事をしている人からは給料を返してもらいたいくらいです。花粉症は名前が軽いですが、仕事には深刻な影響があるのです。

 また、そもそも問題点を速やかに解決するのが総合職の仕事です。身内にがん患者がいたら本気で調べるでしょう? 

 最新の情報を仕入れ、速やかに対処することを、自分の体のことからやって欲しいです。

(今朝の本社朝礼での社長スピーチ)

 

S0072166

 皆さん、エンゲル係数って知ってますよね。家計支出に占める飲食費の割合のことです。豊かになればなるほど減ってくると言われています。

 しかし、ここ数年、エンゲル係数が上昇中だと伝えられています。食材価格が上昇中ということもありますが、炭水化物ダイエットや肉ブームも後押ししているのでしょう。

 最近では、栄養が足りないと認知症に成るリスクが高まると発表になったことも大きいと思います。

 実は私は以前には花粉症ということもあって、あまり動物性蛋白質を摂取しませんでした。今はまさしくごはんなど炭水化物を半分に、肉を以前の倍以上食べています。

 その結果、以前より体調はずっと良くなり、記憶力は30代の頃より自信があります。

 炭水化物だけとかバランスが取れない食生活を送っていると、不足した栄養素のために脳が危機意識を持ってしまい、余計に量を欲してしまうということもあるそうです。

 食べ物にはケチケチせずに自分の体に投資してください。これから子供を生む女性ならなおさらです。

(本日の朝礼スピーチより)

DSC_0920

 以前は、家でエアロバイクをしてるのが一番多かったです。

 でも、エアロバイクは太ももばかりが膨らむので、しばらくして外を走ることに力を入れました。

 しかし、冬はなかなか走れる環境ではありません。

 そういう時は、近くにある二戸市スポーツセンターのトレーニングルームに通うようになりました。

 でも、わざわざ着替えて行って、順番待ちをたまにはして、汗をかいたままでクルマを運転して帰るのも何なので、昨年の今くらいにルームランナーを買いました。 運送業者さんが組み立てをして箱は持ち帰ってくれました。

 ところが、昨年は雪が少なくて、既に外を走れるくらいでした。

 ですので、昨季は全く使用せず、10ヶ月ほど経って12月よりポツポツ利用しています。

 そしたら、ただでさえスポーツセンターのより走れる床面積が狭いのに、立て付けが悪いのかアームが斜めにそびえ立っているらしく、余計狭くなってるじゃないですか。ちょっと走りにくい。うーん、なんとかして直さねば‥。

 でも、Podcastを聞きながら走れるし、着替えを気にしなくていいし、いざとなればテレビを目の前にセットして走れるし、まあまあなのではないでしょうか。

 エアロバイクは撤収かな。でも、内臓にも負担が少ないから惜しいですね。

 ちなみに、あとこの部屋はダンベルとベンチがあります。 
 

DSC_0047

 本日は、東京から昨晩遅くに二戸に入られた取引先の某社T部長と安比高原スキー場に行ってきました。

 スキーは結構やっていらっしゃると聞いてましたので、年末年始はお目にかかれてなかったこともあり、思いついて先週お誘いしたのですが、近い日にちの10日なら行けるということになり、 即決断していただいて実現したのでした。

 ちなみに、T部長のご家族はスキーが共通の趣味だそうで、今回の出張のことを息子さんに話したら「安比にもトリはいるの?」と羨ましがられたそうです。ハイ、近くで鶏をたくさん飼育しています(笑)。

 天候は昼食後に荒れて、頂上付近で−12℃の強風で緩斜面では向かい風で進まないくらいでしたが、終わってみれば中上級のコースは一通り滑れて満足いただけて良かったです。

 それにしても、スキーはリフトで密着して、同じ方向に向かって動くので、親しくなれる度は最高ですね! 接待に最高のスポーツはスキー、とつくづく思います。

P3650943

 昨日は行きつけの澤藤歯科医院に行って、いつもの工程である、歯のチェック→歯石取り→機械磨き→フッ素塗布をやってもらいました。そして40年来の友人でもある院長先生がこういいました。

 「調べたら、定期的に通うように成ったのが26年の2月で、それからちゃんと4ヶ月に1回来てるね。おかげで、こんなにいい状態を保ってる。 何かインタビューとかされたら、言って広めてよ〜」

 ‥というわけで、こうしてブログに書いてます。

 いや、この日行く途中クルマの中でもそんなことを考えてました。

 上記のいつもの工程の後はすっきりするし、フッ素塗布のおかげでこれ以上の虫歯は防げているのかもしれない。

 何より歯磨きが上手か下手かを4ヶ月に一度言われるので、ちゃんと磨こうという動機付けになっているような気がします。

 それと、加齢で、栄養と睡眠時間をちゃんととって、暴飲暴食を止めないと、てきめんに口の中の状態が悪くなって口臭が発生しやすく成ってるしで、慎重になってることも大きいかな。

 加えて、糖尿病と歯周病が密接な関係だと知ったことも大きかったですね。

 今、自分では先生に言われたとおりにやっているだけですが、その前までは悪くなったら行くくらいでした。

 そういう患者が多いので先生の上記のセリフになるわけですが、定期的に行くことの大切さは、言われなくても私が感じていることは紛れもない事実です。

(写真:よく見ると図らずも自分が写ってました。ご愛嬌ということで‥)
 

P1000288

 夏になるとときどき二戸スイミングスクール自由水泳の時間を利用させてもらっています。今年は結構な頻度で7月から10回位かな。少しヒンヤリした水温になっていれば気分最高!

 ちなみに水泳は苦手な方です。でも、24歳の時にイギリスに滞在していた時、ホテルにプールがあれば泳いでいたので、その時に平泳ぎであればほぼ何キロでも泳げるようになりました。

 問題はクロール。バタ足と息継ぎが下手なようで、100m泳げればいいほうかな。背泳ぎは面倒なのでやってないし、バタフライは全く。

 日曜日の昼過ぎ、子供たちは別コースで騒いだりしてますが、大人のお客さんは少なく、確実に1コース独り占めできて贅沢に使わせてもらってます。ありがたいです。

DSC_3341

 本日、栃木県小山市のひととのやカントリー倶楽部で行われた、N社様の国内食肉事業部のゴルフコンペで運良く優勝して帰ってきました。

 さっき、記念品の盾を開けてビックリ。優勝発表の際に撮っていただいた写真が入ってました。速攻な技ですね。

 副賞はファイターズの栗山監督のユニフォームでしたが、これまた開けてビックリ、サイン入りでした。ファイターズファンの息子たちが喜ぶことでしょう。ありがとうございます。

 国内の牛・豚・鶏の関係者26人が参加して、ホストのN社様14人が加わって40名のコンペでしたが、83点でベスグロも頂きました。

 今年は何故かコンペに強いです。どうしちゃったんだろう。一つ言えるのは、ヨガの効果で体幹が鍛えられたのか、振りが楽。

 一昨年まで、打ちっぱなしで年に1万発くらい打っていたのですが、今年はその10分の1以下なんですけどスコアはむしろ良くなってきてる。寒くなってもこの調子でいきたいものです。

DSCF4805

 ヨガに通い始めてそろそろ1年になります。振り返れば平均毎週くらい行ってます。

 ここ1ヶ月はそれ以上で、週2くらい。今日柴田先生に聞いたら、おそらく最近一番来ているでしょうとのことでした。

 というのも2年ほど前から左膝上あたりに痺れがあったのですが、ヨガを始めてからだいぶ緩和されてきて、もっとやったらどうなるか見てみたくて回数増やしてます。それと、仕事の合間のリフレッシュにヨガが丁度良いというのもありますが。

 以前に調べてもらったら、その痺れの原因は、背骨にヘルニア気味な軟骨があるとのことで諦めていたのですが、ヨガで体幹が鍛えられたお陰で抑えられているのはないかと言われてます。

 ところで、「ヨガいいよ」と周囲には宣伝してますが、「体が固いから私は‥」という人が結構いますね。

 「硬いからやるんでしょ!」 と返してますが、1年50回通っても、地べたに手のひらがつくようになる憧れの姿にはまだまだです。いつかはそれをかっこ良く見せたい!

(水曜18:30−19:20と19:35−20:25が写真右の二戸市総合スポーツセンター、金曜10:00−10:50が左のワークイン二戸体育館、土曜10:00−10:50がワークイン二戸2階和室が基本になっています)

P1000272

 雪が溶けて、雑草も生えてきて、積雪で見えなくなっていた落ち葉も拾わなければということで、今朝は庭の掃除や草取りをしました。あー、すっきり。ホントは花粉症がひどくてやりたくなかったのですが。

 ちなみに昨年の春は、5年ほど続けた舌下減感作療法をしなくても何とかなったので甘く見てたんですが、今年は花粉の量がすごいのもあるんでしょうけど、やっぱりやらなければダメですね。今年の11月1日のスケジュールには「舌下減感作療法開始」と入れました。

 舌下減感作療法自体は昨年より保険適用になりメデタシメデタシですが、コメにスギ花粉の遺伝子が入って緩和になるという方法、早く普及させてほしいものですね。
 
 手元にあった内服薬「ジルテック」を遅まきながら昨夜より飲み始めました。白マスクは極力しないようにしているのですが、今年はやらなければダメそうです。とほほ。

DSCF8130

 一昨日、東京の某駅前で待ち合わせをしている時に、若者から声をかけられました。

 「八百屋です。果物いかがですか?」

 「ええっ、八百屋の息子さん?」 

 「いえ、会社でやってるんです」 

 新商売かー。東京って面白いな。見ると、そんなに重そうじゃないくらいのフルーツを入れた箱2つ抱えて売っているのでした。

 「きんかんなんていかがですか?」

 「うーん、そういえばいつも宮崎から送って頂いているので、もしかして‥」

 値段も言わず、素直に引き下がる若者。箱の中を見せてもらうと他にも高級な果物を売っているのでした。

 そういえば、東南アジアに行くと都会ではいくらでも身近なところで果物が食べられることに感激します。日本は自販機で、発展途上国はリアルな果物。どっちが豊かな国なんだ?とつい思ってしまいます。

 で、先日の日経新聞の記事(写真)を見てやっぱりかと思ったのは、日本人の果物摂取量が減っていること。 自販機を始め飲み物があふれていて、割りを食っているのは果物なわけですね。しかも、甘いモノなので体に悪いというイメージが定着もしている。

 でも、ある書籍を読んでいたら、普通の生活をしている状態では「果物はいくら食べても良い」 とある学者さんが書いていました。

 確かにそうだ。フルーツはカロリー少ないから糖質制限と相性が良い。というわけでこの冬は特に食後のリンゴを定番化して食べています。

 するとどうでしょう。体がリンゴを欲するんですよね。炭水化物は更に減らしても何とも無く、リンゴ半分で締めて大満足という感じ。

 日本人の健康のためにも、前述の新商売が定着してくれるといいですね。でも、高額なフルーツじゃなく、ありきたりの果物でいい!
 

2015_0121_16122300

 長男のインターハイ応援のため苫小牧入りするついでに、ニセコでスキーすることを思いつき、天気予報も良かったので挙行。昨夜は地元でお客様と夕食のあとJRで函館入り。

 今朝はレンタカーで3時間運転して、ニセコの中でもイチオシと取引先のY社長が言うグランヒラフに11時半に到着。一番上まで行ってちょうど正午から昼食なしで4時間滑りました。スキーしてると不思議とお腹が空かないんですよね。

 噂通り英語を話す外人が多かったですね。半分どころじゃない感じでした。なんだか嬉しいですね。でも逆に言うと日本人だけなら少なすぎる気が。

 雪質はやっぱり地元の安比高原よりは一段階上という感じ。確かにY社長の言うとおり、わざわざ行く価値があると思いました。まあ、ここは初めてなので新鮮ということもあるとは思いますが、改めていつもと違うところでするスキーの楽しさを実感しました。

 4時過ぎに降りて、この写真を撮って、さて苫小牧に向けて出発。2時間かかって宿に到着しました。

 天気も良く爽快なスキーだったし、無事予定通り約280キロもの道をドライブできてリフレッシュできました。最近はこれくらいドライブしないと運転した気がしないんですよね。

DSCF7393

 ここのところ食べ物と健康の関連性についてたくさん本を読んできましたが、溝口徹さんの「「うつ」は食べ物が原因だった! 」は極めつけといいますか、一番やっかいな「うつ」と食べ物との関連を指摘した本です。

 著者も95%と言ってますが、この手法ですべて解決するとは言い切れないとは思いますが、私が身の回りを観察している範囲では、おそらくかなり当てはまるのではないかと思います。何を隠そう、私自身も鉄欠乏性貧血を患い、一時期それに近い状態だったですし。

 「うつの患者さんには白米やパンといった炭水化物(糖質)が大好きだという傾向がある」とのことなのですが、確かにうつ傾向の人がガツガツ肉を食べている姿って想像つかないですし、私も避けている一人でした。

 そして、マクロ的に見ても、今の日本人の「うつ」人口が如実に拡大しているのは、やはり食べ物の影響が大きいのではないだろうかと思うのです。

 ラーメンライスとか、カツ丼&そばとか、飲食店では原価の安い炭水化物の組み合わせのメニューが当たり前に並ぶようになっていますし、コンビニなどのスイーツが普及しているのもそう。そもそも米なんて育種改良で美味しくなりすぎてか、農産物の中で神格化されている‥。

 「江戸患い」をご存知でしょうか。この本でも取り上げられています。参勤交代で地方の大名の家族は一定期間江戸で生活をするのだが、美味しい白米のおかげで「脚気」を患い、その後地方に戻って雑穀を食べると快復するというパターンがあったそう。おかげで江戸では「うどん」でなく「そば」が人気になったそうですが、教訓は生かされず歴史は繰り返すというか‥。

 カロリー的には過多になっている現代人。だからか肉を控えることが健康的だと誤解している人も多いと思います。花粉症もあって私にもそういう時期がありました。でも、それは間違いであることがはっきりしてきています。

 昨今の炭水化物ダイエット(糖質ダイエット)は理にかなっていると改めて感心。

↑このページのトップヘ