IMG_0302

 昨日はわが母校、盛岡第三高等学校の1、2年生580人を前に講演のようなトークショーをしてきました。

 講演の依頼でしたが、声をかけてくれた進路指導担当の野尻明宏先生は小学校のころの幼なじみ。以降はクラスが違って交流はさほどなかったのですが、お互い知り尽くした間柄なので、「徹子の部屋風にやりましょうか」という提案に乗った形です。

 本校は卒業後公務員になる比率がとても高いとか、今や女性のほうが多いとか、大人しいとか、あれこれ前情報を頂いて、それなら「民間企業への誘い」というタイトルにしたらどうかと提案したら本番直前に「〜地域を支えて生きる〜」という大見出しを付けられたのでした。ちょっと照れくさいけど、受けて立たなきゃ。

IMG_1324

 こちらから70項目ほど言いたいことを並べた原稿を作成して、それをもとにあれこれやりとりをし、生徒に渡すレジュメを作成しましたが、当日はほぼぶっつけ本番。

 私のこれまでの60年の人生を凝縮してこの1時間に詰め込むと意気込んでましたが、終わって帰りのドライブの最中に、あれこれもっとこういう言い方があったと思い浮かぶことが次々出てきました。詰めが甘いわ。でも、思いっきりアウトプットすれば自分を高められるんだな。

 せっかくなので、レジュメの大見出しだけここに載せておきます。ヾ篌蠅肇船ン産業、農家から始まった当社、自己紹介(進路など)、し弍勅圓箸靴董↓ヌ唄峇覿箸箸蓮↓γ聾鬼篌蝓↓Ш埜紊法稲盛和夫 成功の方程式※この方程式自体に誤字という致命的なミスがありましたことをお詫びします。

 ちょっと詰め込み過ぎ、早口過ぎたでしょう。こんな拙い私の話を、最後までご清聴いただき、またいい質問を頂き、後輩の皆さんありがとう。ひとつでも響く言葉が残ってくれていれば幸いです。

 また、幼なじみに感謝。あの頃のちょっと異端のガキ2人が、こんなふうになるなんて(笑)。そして現盛岡三高の校長先生が同じ中学校の1つ下とは、ちょっと誇らしい。