IMG_20220616_110222

 本日午前中は農場建築関係の現場を回ってきました。写真は、築46年の鶏舎を解体中の五枚橋第2ファーム。

 1棟が500坪✕2階建てで合計1000坪という業界でも類を見ない大型鶏舎が5棟。合計で出荷当たり約25万羽という大規模農場です。鶏舎と鶏舎の間隔も狭く、農場敷地面積あたりの出荷重量は抜群!?

 生産部関係者によりますと、農場成績が良くなったことは一度もなかったというくらい、農場長や指導員泣かせな鶏舎で、社内では「体育館」と言われておりました。物理的に新鮮な空気の供給が難しかったのでしょう。

 高度成長期、作れば売れる時代に、創業者である当時の健助社長のアイデアで、徹底して坪単価を抑えるという発想で建てられた、ある意味実験のような農場だったと思います。

 解体したあと新鶏舎を建設する予定です。土地を広げるなどしても半分の羽数になるのが寂しいですが、こればかりは時代の流れ。ちなみに、当社から2階建て鶏舎が全てなくなるのは、5年後くらいとのことです。