5143

 5月20日、まずは岩手県議会議員会館を訪問し、千葉伝県議に当組合50周年を迎えるにあたり感謝状と記念品をお渡ししました。

 千葉県議は獣医師の資格をお持ちで、当組合と岩手県庁との接点となる岩手県食鳥業界懇話会の会長を長年務めていただきました。

 県職員として家畜衛生保健所の勤務経験もあり、当時は業界経営側と県とは全く噛み合ってなかったのが、平成3年の食鳥検査導入を節目に接近してきたようなお話でした。それまでの業界側は血気盛んで、自主独立の精神が強かったのでしょうね。

5144

 もう一人、その場に来ていただいたのは、平成30年度までの12年、参事・常務理事として事務局を司って頂いた、英(はなぶさ)強氏です。

 食鳥検査導入の際には、県職員として仕切って頂き、当組合に来てからは、看板となった「岩手とり肉の日学校給食事業」を導入していただきました。

5148

 この日の午後は、場所は変わって、ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングにて、当組合通常総会の場で、歴代理事長に感謝状を渡しました。

 まずは、第4代と第8代、合計13年務めていただいた、螳ど繁孝商店の阿部荘介相談役に。現社長の阿部繁之社長に代わりに受け取っていただきました。

5150

 そして、第8代で7年務められた螢ヤマ、小山征男社長に。

IMG_20220523_103626

 そして、第7代で12年務めた、当社相談役の十文字健助にも頂いてきました。

 さて、コロナ禍により、式典やパーティーは見送りになりましたが、記念誌と感謝状贈呈はできたので十分かな。

 秋になって環境が変われば‥との声もありましたが、もう十分でしょう!?