v

 岩手県チキン協同組合が来年50周年を迎えます。

 その記念誌を準備し始めており、理事長の私は冒頭の挨拶文を書かなければならなく、過去の記念誌を確認しましたが、2冊だけでした。

 ひとつは15周年のときのもので、全ページ白黒ですが、177ページまであって、ハードカバーの立派なものです。ちゃんと編集委員会を持って制作したんですね。

 株式会社オヤマの創業者である故小山公也氏が、3代目に続いて6代目の理事長として冒頭で挨拶されていました。

 ちなみに、この年から盛岡市内に事務局を持つようになったんですね。それまでは理事長の会社が事務局を持っていたのでしょう。

 もうひとつは、30周年のときのもので、コピーしてホチキスで止めただけの代物(もしかしてちゃんと綴じたオリジナルがあったかもしれませんが)。挨拶文などもなく、24ページの最小限のものでした。

 このときの理事長は、当社の現相談役十文字健助。装飾的なものが大嫌いなところがありますので、なるほどお金をかけなかったのでしょう。

 その後、40周年もあったわけですが、その前年に東日本大震災に見舞われ当然ながら見送りになっています。

 このコロナ禍ですので、来年の周年行事の開催は不透明ですが、大事なところはしっかり振り返りができるような資料としての周年誌ができればと思っております。挨拶文は付けますが(笑)。