IMG_20210203_101658

 落合陽一さんって実は先日まで存じ上げてなかったのですが、ベストセラーになっているとのことでこの「2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望」を手にしました。

 読む前に、著者の肩書がメディアアーティストであり、1987年生まれとしがらみのない若い世代であること、そしてあの落合信彦さんのご子息であるということで、期待が高まりました。

 しかし2019年11月発行ということで、コロナ禍の前の著書なので古い内容になっているかもと思いながら読み進めましたが、なるほどSDGsを深堀りするためにはよてもいい本でした。

 SDGsは素晴らしい世界のゴールだと思ってましたが、たしかにこれら17項目と比肩しうる要素が抜け落ちているとも言え、世界各国の妥協の産物でもあるという指摘にはなるほどなと思いました。

 さて、その世界の国々の中での日本の立ち位置ですが、驚いたのは、先進国の中で飛び抜けてシングルマザーの貧困率が高く54.6%にものぼるということ。

 日本の社会が高齢者に優しく、若者、子育て世代に冷たいという面は否めないのでしょうかね。賃金も若い女性には厳しい現実かも。

 当社にもたくさんシングルマザーがいるはずです。貧困にならないレベルの賃金を支給し、適度に子育てを優先することができて、本人も精神的にそれほどプレッシャーのかからない職場を提供することの大切さを改めて感じ入りました。

 それができて、少しでも地元の少子化に歯止めをかけられたらと思います。