P1030158

 初代アウディA5をデザインした人は日本人で、「くうねるあそぶ」のCMで話題になった初代日産セフィーロをデザインした人でもある。

 その事実を知ったのは結構昔のことでしたが、最近になってその日本人、和田智さんのことが気になって調べてみたら、アウディでは他にQ7、A6、A7スポーツバックをデザインした方でもあって、そのどれもが私の好み。

 そこで氏の2010年の著書「未来のつくりかた アウディで学んだこと」を手に入れて読んでみました。

 この本は氏が11年間のアウディ勤務を終えて日本に戻ってきてまもなくしてから書かれたものですが、デザイナーのクールなイメージとは真逆で、真の美を追求する熱き心をひしひしと感じますし、日本社会のことを憂い、自分が何ができるかに本気で取り組みはじめた誓いの書でもありました。

 1961年生まれですから私と2つしか違いません。ソニーやホンダのデザインに惚れ込んでいたところは私も全く同じ。美大の学生のときに手にした「カー・スタイリング」という雑誌でこの世界を志したのだそうです。

 私は小学生の頃からデザインに興味を持ってましたから、もしかして和田さんと同じような道をたどったらどうなってたんだろうかと想像を膨らませながら読ませていただきました。

 また、その和田さんのデザイン画の素敵なこと。この本の構成も素晴らしいこと。文章の力強さに感嘆すること。共感すること。そしてデザインしたクルマたちの見事なこと。すっかりジェラシーが芽生えました(笑)。

 というわけで、和田さんの作品であるクルマを手に入れたくなり、その話の続きは後で‥。