IMG_20200515_094941

 日本経済新聞によりますと、知事アンケートで、9月入学について「どちらかといえば」も含めて賛成が24人で、反対は2人だったそうです。

 世界標準に合わせることはいいことだし、今がいいチャンスだからやったほうがいい、ということでしょう。では実際、実行できるか、日本の実行力が問われますね。

 日本全体が一つの企業だとすると、高齢化進んでるから、悲観論が噴出して、無しになると私は予想します。実現したら嬉しいですが。

 ちなみにこんなふうに、自分以外にあまり期待しない姿勢は、小山昇さんから学んだことの一つです。出来なくて当たり前。出来たら嬉しい。褒める、感謝する‥。そのほうが人生ハッピーに生きられる。

 さて、表題の「官公庁も9月始まりにしたら?」は、官公庁が予算消化のために3月末までのまだ寒い、雪が残って泥濘んでいる中で土木工事とかをやるのが、北国の人間としてはあまりよろしいものに思えないので。

 そして、お盆という心を鎮める時期が年度末にあるというのはいいような気がします。有給休暇も年度終わりの夏休みで取りやすいでしょうし。

 えっ?予算消化のために8月に土木工事となると、逆に暑くて困る?

 いや、これを機に、予算消化という概念を官公庁から無くしたらいいです。その意味でもちょうどいいはず!