IMG_20200509_101457

 昨日、近くに来たついでに、ネッツトヨタさんとスバルのディーラーさんに寄って2台試乗してみました。

 まずはトヨタRAV4。デザイン的には好みじゃないんですけど、日本ではあまり人気のないサンルーフが、明るめグレー内装の布地シートとともに選べるのは珍しく、興味を持ってはいたんですよね。

 試乗したら、素の2.0リッターだけどCVT+1速発進ギアの良さもあって結構活発という評判通りでしたね。また、乗り心地の良さと、背の高い車に久しぶりに乗ったのに全く違和感なく走れる足に好印象を持ちました。

IMG_20200509_101147

 インテリアはこの車はブラックでしたが、質素な乾いた感じという印象。世界で最も売れるトヨタ車だそうですが、確かに世界基準で合理的な作りになっていると思いました。

 気になったのは、ドアの三角窓のコーナーのところ。外板色が白で折れ曲がってるところがそのままなのがおおらか。こういうところの上等さを求めるなら6月に出る姉妹車ハリアーを買ってくださいということかな。

 私が買うならゴテゴテしたのは嫌なので、ベースのXグレード、ダークブルーマイカ(紺色)、グレー内装、サンルーフ付き。ステアリングはウレタンになってしまうけど、ACCとかはしっかり付いてます。これで300万円近辺で買えるのはコスパが高いですね。

IMG_20200509_105512

 もう一台はスバルXVのeボクサー。最上級のアドバンス仕様が試乗車でした。このマイルドハイブリッド仕様が評価が高いようです。

 このクラスは、実際購入したマツダ3と比較対象となったカローラスポーツにばかり関心が行ってて、XVはデザイン的なところで関心の外だったのですが、このクールグレーカーキという色には惹かれます。

 試乗してみると、一回り小さいのに2リッターエンジン+モーターということで活発さを感じます。アイサイトツーリングアシストのACCがひと押し5km単位で素早く変えれていい。乗り心地は愛車だったマツダ3より断然いい感じ。最低地上高だって20センチもあるので雪国ユーザーには心強い。

 私だったらより乗り心地が良いと思われる、17インチの下位グレードですね。

IMG_20200509_104639 (1)

 気になったのは正面のメーターの前のアクリル板への映り込みが激しいこと。ナビのマイクが後付でステアリングコラムに付いてるところが反射して写ってて幻滅(写真)。角度が悪いってことか、偏光フィルターみたいになってないってことかな。

 それでもコスパは高いですね。実は会社でも最近XVの1.6リッター版が導入し始まっています。前のフォレスターの代わりなんですが、プラットフォームは新世代だし、ベースグレードでもアイサイトが標準だし、充てがわれた社員の満足度は高いんじゃないでしょうか。