DSC_2973 (1)

 いつもは3月の経営計画発表会の場で社長賞の金賞、銀賞、銅賞を発表するのですが、新型コロナウイルスの懸念から無しになったので、今週は受賞者のいる事業所を尋ね朝礼で手渡ししてきました。

 3工場は現場を巻き込んだカイゼン活動を展開しており成果を出しやすい環境にいると思いますが、その中でも金賞を受賞したのは久慈工場設備課のこの3人。

 浄化槽の汚泥の脱水について、外注するとウン百万円するであろう設備投資を行わず、あるものを使って試行錯誤して、まさに失敗の連続の末、成し遂げた案件でした。

 どちらかというと総合職に渡すことが多い社長賞ですが、周知もされていない現業の方々に今回渡すことができて、また喜んでいただいて、私も嬉しくなりました。

 これに続く意外な受賞者が現れてくれることに期待したいと思います。