2019年09月10日

マツダ3が売れてない理由を10個考えてみた

262340506_org

 鳴り物入りでデビューして、評論家のレビューでも絶賛されていたマツダ3が日米であまり売れてないそうです。やっぱりそうか。

 前のアクセラだって、セダンとファストバックでは、ファストバックの比率が圧倒的ですから、ほぼファストバックがコケたということなのでしょうね。

 実はカローラスポーツのほうがデザイン的に気に入ってたけどマツダ3ファストバックを購入した私が、その売れていない理由を10個考えてみました。

 1.最初に出るべき高価格の高性能版が後に出ることになったから

 2.その高性能版が燃費改善と動力性能の割に高すぎる印象だったから

 3.フロントグリルやアルミホイールがブラックで華やかさがないから

 4.後ろの窓が狭すぎてマニアックすぎ、実際座ると息苦しさがあるから

 5.後ろの視界が遮られがちなボディ形状だから

 6.ゴルフバッグを載せるのに、後席を倒さなければならないから

 7.サイドから見たプロポーションにコンパクトさが感じられないから

 8.選択できるボディカラーが地味すぎるのばかりだから

 9.乗り心地が18インチのタイヤ「Turanza」でやや硬いから

 10.静粛性、オーディオの良さ、スマホ接続の利便性が訴求されていないから

 以上、案外すらすらっと出ました(笑)。うーん、私も手放す日が早いかな?

 ま、私の場合は、サンルーフがないのと、1.5リッターの非力さと、地味な色、ゴルフバッグがそのままでは入らない、といったあたりが要因でほとんど自分のチョイスミスですが。

 ネット情報では、これから装備を落とした低価格モデルが出るそうですね。まあ、そこはデビュー前からの想定の範囲内でしょうけど。ついでに私の予想通り、顔がシルバーメッキになって出てくるかな? というより、マツダはこの3ファストバックより、CX−30を売りたがっているようですが。

 ところでマツダはBMWを目標にしていると公言しているようですが、BMWが存在しているのはメルセデス・ベンツというライバルがいて、世間にどっちを買うかという選択肢が与えられているからだと思います。

 マツダは世間にどうわかりやすい選択肢の一つとして認知されるべきか。それはフォルクスワーゲンクラスではないでしょうか。ハイクオリティで、親しみやすいブランドで、リーズナブルなプライス。ただちょっとだけスポーティーな味わいが加味されたという辺りかな。

 いずれ、ちょっと近寄りがたさを感じるところからの転換が必要なのかも知れませんね。

(写真:7月のロードスターツーリングで撮影していただいたもの)


jumonji100 at 19:35│ クルマ 
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード