DSC_0002

 唾液を摂取して送るだけで遺伝子分析をしてくれるというので、ジェネシスヘルスケア蠅GeneLife Genesis2.0を手に入れ検体を送って待っておりましたが、やっと届きました。

 360項目といいますから、解説書(写真左)を見るだけで結構時間がかかりますが、楽しいですよ。

 やっぱりかと確認できたこととしては、匂いの感じやすさが3項目とも感じやすい傾向、乗り物酔いしやすい傾向、アレルギー性鼻炎やスギ花粉症が高い傾向、乳糖不耐症が高い傾向、骨密度が低い傾向、肌の色が白い傾向、彼氏彼女なし傾向など。

 意外だったのは、血圧が低いほうなのにやや高い傾向と出たこと、鉄欠乏性貧血を患ったのに低い傾向と出たこと、胃潰瘍を患ったのに機能性ディスペプシア発症リスクがやや低い傾向、飽きっぽいのに行動持続性が高いと出たことなどです。

 他にも書けばキリがないですし、隠しておきたいこともやっぱりあるのでこれくらいにしましょうか。

 さて、これが16000円でできる時代になったとは、すごいことだと思いませんか? 爆発的に普及する可能性を秘めてますよね。

 そうなれば、畜産動物の育種改良に引けを取らないようなスーパーな人間を作り出すことが、遺伝子組み換えによらずともできるかもしれませんね。