2019年01月05日

ありがたきは、ライバル

001

 一昨年、プライフーズ蠅気鵑箸離献腑ぅ鵐肇戰鵐船磧爾任△覘蝪丕米鷂優奸璽困発足した際の反響は予想外に大きいものであった。

 近くに存在するライバルと手を組んで一つの工場で2つの会社の商品を作るとは驚いた。新たな時代の幕開けではないか。周囲に凄い影響を与えるはず。さらに両社はそれ以上のことをするのか?などといった言葉が聞かれた。

 当社としては純粋に農場と工場の羽数のアンバランスから来る損失を埋めるべく画策した案であり、先方もメリットが有ることなので、比較的スムーズに実現に至ったということだろう。

 以降、企業文化の違いを肌で感じながらも、おかげさまで稼働はこれまで順調に来ており、いい経験をさせていただいていると当社の役職員も喜んでいる。

 さて、そこで今回はライバル会社という観点で依頼された原稿のマス目を埋めてみようと思うが、入社から33年、見方が大きく変わって拡がってきた。その順に述べていく。

 初めの思いは、もちろん競う相手としてのライバルである。分かりやすい農場の成績、加工工場の処理コスト、鶏糞処理コスト、歩留まり、そして収支。この業界は世界共通の非常に洗練された指標が整っており、それを比較していくだけでその企業の通信簿の点数が付けられるわけで、数学が得意で、競うことが好きな人にはとても向いている産業であると思う。

 当社の創業者はまさしくそのタイプであり、また当時は市場の要請が増産という状況だったゆえ、水を得た魚のように飛び回り、今の当社の礎を築いたのではないか。

 そして、ライバルの指標が自社の上を行くと懸命に追いつこうとすることで活力が生まれ、社内一致団結して、最終的には企業の存続をより強固なものにしたはずだ。ライバルさまさまである。

 次に比較サンプルとしてのライバルである。パナソニックの創業者、松下幸之助のは「うちは品川にソニーという研究所がある」と常々言っていて、「マネシタ」と言われるのを意に介さずに、後追いで同様の商品を作って売ることをやっていたという。

 その話を初めて聞いたときソニー贔屓の私は少々憤慨したわけだが、今なら強者の方程式としてとても判る。

 チキン業界新参者から「この業界は同業者間でとても仲がいいですね」と言われることがあるが、まさしくライバル企業は自社の研究所という意識が浸透しているからであろう。

 この業界は世界共通のプロバイダーの機械や技術で成り立っており、その選択や使いこなしで他社との差がつくわけで、情報に疎ければ、それだけで置いてきぼりになりかねないのである。

 それに、販売でライバルと競うことがほとんどないということもあって、同胞意識が強くなっているのではないか。加えて今は良好な市況もあるだろう。

 3番目には、相性が悪い相手先を受けてくれる会社としてのライバル。極論になるが、競争の結果、ライバルが誰もいなくなり独占状態になったら、それはそれで困ったことになる。嫌なお客様にも売らなければならないからだ。逆に選んだお客様にはより強い愛情を注ぐことができる。

 4番目には、PJ二戸フーズのような、凹凸を埋める先としてのライバルである。インテグレーションという形態を取る業界なので、比較的その芽は生まれやすいはず。

 しかし、ライバルをも利するくらいなら関わらないほうがマシと思うか、収支の改善になるなら、ライバルに頭を下げてでも実現しようと思うか、紙一重の決断となる。

 5番目に、将来の業界再編の駒としてのライバルであり、自社という意識である。市場環境の変化が激しい時代にあって、今は競っているがこの先将来同じ船になるかも知れないという複雑な思い。これはどの業界でも今の時代は標準になっている心境ではないか。

 最後に、業界自体の経営環境の変化を受ける、共に戦う同胞としてのライバル。かくも世の中は複雑なんだと思いながら筆を置こうか。

(鶏鳴新聞2019年新年特大号へ寄稿)

jumonji100 at 12:30│ スピーチ&発表文 
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード