IMG_20181123_071523-800x600

 書評で評価が高かったので、この「「好き嫌い」と経営」を手に入れて読んでみました。

 著者である楠木建さんの力量と、取り上げられた著名な経営者たちの個性もあって、とても面白かったです。

 会社が経営者の個性を軸に賛同する人が集まることで、より強力な集団になる。だから、労働市場の流動性は高くあるべき、という著者の主張はとても賛同しますね。

 しかし、今いる社員の峻別になっては迷惑なだけなので、強い個性はそう出せないものでもあるかな。

 さて、私の好き嫌いについて、自分で振り返って考えることはよくあります。

 最近一番自分で認識してるのは、近道が好きということ。最少の労力で、願いを実現させるのが好き。

 願ってるのに、近道あるのに、遠回りしたり、反対方向に向かう人を見ると、ため息が出るんですよね。

 まあ、自分もそれを散々やって来た反省であることは間違いないです(笑)。