2018年11月24日

さよなら、BMW Z4クーペ

DSC_0190-800x533

 昨年の夏に購入した、赤のBMWのZ4クーペを手放しました。

 冬の間、ガレージで冬眠させてて、バッテリが上がらないように維持するのが面倒なので、この時期になりました。この春はそれでディーラーさんに手間をかけさせてしまったので。

 BMWとしては、Z4 2.5i135i116iZ4 2.2iMINI ONEX1 xDrive25iに続いて7台目。116iとMINIが新車です。赤い車としては、ユーノスロードスター、トヨタMR−S、ダイハツエッセに続いて4台目でしたね。

 6000キロ走ってサヨナラするにあたって、例によって印象を10個箇条書きにしてみます。

1.鎮座する旧式のナビが鬱陶しい あまり気にしないで購入を決めてしまいましたが、リトラクタブル式の一体型の液晶ディスプレイが旧式すぎて、動作が遅いし、液晶が暗いし、ナビ以外の設定もここでやるので外せないし、音声の外部入力ジャックも無いし、少なくともこの液晶が付いてない個体を選ぶんだったという後悔がありました。

2.デザインはちょっとアンバランス 日産フェアレディZを更に極端にしたような、鼻が長くて座る位置が後ろのこのスタイル。なおかつ、キレキレのバングルデザイン。東京モーターショーで見た鮮烈すぎるデザインに惚れ込んだわけですが、視点の位置によっては後ろが短すぎるかな。往年のホンダCR−Xの鼻を長くしたような感じとも言えなくもないです。でもこのデザインには脱帽するしか無い。

3.朱色みたいな赤のボディカラーは流石に目立つ デザインがすごいのに、更に赤ですからね。そこを思い切って購入したのですが、やっぱり女性に似合う色だったかな。そんじょそこらの落ち着いた50代の男とは違うオーラは出してたとは思いますが、岩手の田舎ではちょっと‥(笑)。

4.3リッター直6エンジンはいい ボルボV40クロスカントリーが2リッターターボで、ちょうど同じくらいの力があるのですが、立ち上がりはやはりターボ無しのこちらのほうがいいですね。追い越しとか気持ちよくできるのですが、車体があまりに目立ちすぎてそれを控えさせられたかな(笑)。音は、もうBMWのあの感じで、ノスタルジック。

5.オーディオの音が良かった BluetoothもMP3のCDも再生できるわけがなく、AUX端子もなく、頼むは6連奏CDチェンジャーでしたが、オーディオの音自体は良くて、気持ちよかったですね。ただ、メインではほとんど乗らなかったので、CDの入れ替え作業は面倒でした。

6.ゴルフバッグは1個積めただけ 幌のZ4でも頑張れば男女2つのゴルフバッグが積めましたが、意外とラゲッジスペースは同じくらいだったかな。女性のゴルフバッグは手元になかったので分かりませんが、私のバッグ1個だけ積むのも一苦労でした。荷室は縦に長くなってるはずですが、入らないんですよね。

7.どっしり感が強いボディ マイナーチェンジで改良されたBRZ&86とこれとどっちにしようかと迷ったわけですが、やはり直6で重いですし、マイナーチェンジ前に乗っていたBRZと比べるとだいぶ運動神経が劣る感じ。世代が古くて今の軽量化トレンドとは違うから当たり前ですけど。このZ4はだいぶ前の3シリーズと骨格が一緒で、Z3とも一緒だと言われてますしね。

8.パドルシフトが今の世界標準と違う これだけに慣れると問題ないのでしょうけど、やはり左右でシフトアップとシフトダウンを使い分ける今の方式のほうがいいですよね。ただ、ボタンやレバーでスポーツモードATに切り替わるのは快適でした。

9.サンルーフがほしくなった 閉所感ありますね。この手のクルマでサンルーフがあるのを探してみたら、こないだまで生産してたハイブリッドのホンダCR−Xがありますね。あれは後ろのシートに座らせるためにヒップポイントを高くしてリアガラスがあるのでかっこ悪いなと思ってましたが、サンルーフがあるだけでいいかもと思えてきました。

10.再度これを手に入れるなら‥ 買ってからグーオクを見てたら、外板色が濃い目のグレーで、内装がベージュというのがありました。早まったかなと思いましたよ。これでナビが付かない仕様だったら再度買ってもいいかな!?私の赤は珍しかったのでコレクションしておいてもいいかなと当初思ったのですが、気持ちはまだ見ぬその仕様に移ってます。果たして国内に存在するのか?


jumonji100 at 09:42│ クルマ 
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード