DSCF5623

 11月4日水曜日、午後2時半ごろ無事羽田空港に到着し、体調もそんなに悪くないし、運動不足解消も兼ねて、そのまま電車を乗り継いで「東京モーターショー2015」が開催されている東京ビックサイトに行って2時間ほど回ってみました。

 まずは、トヨタS−FR。 ネットで画像を見て第一印象あまり良くなかったのですが、徐々にすごく新しく見えてきてかなり期待して現物を見に行ったのですが、小型なサイズの中でキャビンを頑張って取ろうとしているところが現代的で、これはこれで悪くないかもと思えました。

 癒し系のデザインもいいのですが、なにより色がマツダロードスターが地味目なのに対して、こちらは小型らしく明るい色が並びそうで、楽しみです。

 前回のモーターショー当時には、ホンダS660、ダイハツコペン、マツダロードスターの3台のうち1台は手に入れるだろうと思ってましたが、そうなってないわけで、今回のこれには期待がかかります。FR−Sの名前で発売かな?

DSCF5677

 ミニクラブマンを見るのは初めて。目の外側の膨らみがハッチバックより印象的で、かつ目の内側も広いような。とにかく幅が広くてどっしり構えてますね。

DSCF5680

 後ろのドアを開けた姿もとにかく幅広いイメージです。1800mmだそうですが、もっとありそうに見えます。私はミニはずんぐりむっくりであるべきというのとは少しずれてますが、なるほどこれはこれで商品価値があるなと思いました。ただリアドア両開きは使い勝手はどうかなと思いますが。

DSCF5684

 農機具の会社、ヤンマーのブースがあって、奥山清行さんデザインの車が並んでました。女性が脇に並ぶのでなく、ヤンマーの社員と思しき方々が並んでいるのが誇らしそうでいい雰囲気でした。

 このクルマは色もさる事ながら、フェンダー上部の膨らみが印象的でしたね。

DSCF5693

 ジャガーFタイプは既に発売になってますが、私が見たのは今回の欧州視察中ロンドンで前を走ってた姿です。これが見とれるほどカッコ良かったです。

DSCF5694

 ジャガーのSUV、Fペースです。昔のアウディを見ているような地味な顔ですね。もうちょっとプラスアルファな魅力が欲しかったところ。

DSCF5699

 ディスカバリースポーツも欧州視察の最中何度か見ました。後ろ姿のテールランプが印象的で悪くないなと思いました。

DSCF5702

 カタログにはまだACC(アダプティブクルーズコントロール)のオプションがないので眼中にないのですが、それが付いたら悪くない選択肢かなと思うのですが、乗ってみるとセンターコンソールが地味でちょっと寂しいような。 メーター周りは奥行きがあっていいと思いましたが。

DSCF5708

 レクサスにはほとんど関心が行ってないのですが、RCだけは悪くないなと思います。この秋に200tという廉価版が出ましたので試乗してみたいですね。トヨタの3500cc6気筒は素晴らしいと分かってるんですが、鼻が軽い4気筒もトルクはあるしそれなりに良さそう。

 それにしてもこういうショーでパールホワイトに照明を当てると映えますね。ずるいと思います(笑)。

DSCF5713

 これは女性向きのクルマとして作られたスズキラパンですが、そちこちで言われているようですが、男性にもそそれらるデザインですよね。無印良品で売っているようなイメージ。個人的にも欲しいくらいです。

DSCF5715

 内装がまたいい。涼しげで。

 たまたまこのタイミングで小さな女の子が運転席に乗ってました。そういえば我が子たちとモーターショーに来たことなんてない。だからかな、子供たちはクルマは広ければいいと思っているのは(笑)。

DSCF5716

 スズキのエスクードは、ノルウエーの美しい田舎の美しい農家の家に置いてあるところを見ました。

 フロントがキラキラしてなかなか魅力的です。

DSCF5719

 内装はハンガリーで作っているからか、質実剛健そのままのイメージ。時計はいい感じだけど、周囲が追いつかない感じ。

 SUVの中でもコンパクトだし、安ければ社用車にしてもいいくらいですが、単一グレードなのでその余地なし。

DSCF5724

 後ろがまたあっさり色気なしですが、これはこれで今の時代に逆に存在感があって悪くないのかなと思いました。結構嫌いじゃないです。

DSCF5738

 メルセデスのAMG GTですね。こういうのが社長の車として会社にあったらどういう余波が生まれるかなとか考えちゃいます。

DSCF5750

 あるいはSクラスクーペ。デカイし、柔らかくゆるい感じだし、オブジェとして存在感は凄いなと感じました。

DSCF5741

 これはGLCですね。私が狙ってたものです。日本国内では来年発売でしょうけど、それまで待てなかったのでポルシェマカンになってしまいました。

 ちなみにミラノの世界一美しい商店街と言われるところの一角にメルセデスのグッズショップがあって、この車が並んでましたので座ったりチェックをある程度しました。トランクはもしかしてマカンより狭くて、ゴルフバッグが載るのかな?

DSCF5761

 マツダのブースではCX−5のバリエーションになるKOERU(越)を見たかったのですが、見えませんでした。おそらくCX−7かCX−6になるのでしょうけど、CX−5があまりにありふれて売れているので、その選択肢にはかなり惹かれますね。

 この写真のRX−VISIONの極端なまでの鼻の長さに驚き。フロントミッドシップレイアウトを強調というわけですね。噂のようにロータリー&ハイブリットのRX−9として出るんでしょうか。

DSCF5771

 これはルノーのトゥインゴ。メルセデスのスマートフォーフォーとベースが一緒で後ろにエンジンを積むので、そのドライブ感覚がどうなるか興味津々ですね。

 それにしても顔も全体のプロポ−ションも可愛い。4ドアでもフィアット500にもミニ3ドアにも可愛さで十分対抗できるでしょう、しかもリアエンジン、後輪駆動ということで車好きにも訴える。

DSCF5775

 メーターが奥行きがあってなかなかいいし、 スマホホルダーが最初から付いているのもいいじゃないですか。

 ただ運転席で自分にフィットするよう椅子を調整すると、後席がギッチギチでした。

DSCF5784

 ルノーカングーの広さには驚き。これで240万円ちょっととは賢い選択です。

DSCF5803

 フォルクスワーゲンブーズはやっぱりというか観客が少なめ。

 日本では初披露のティグアン、デザインは実直で結構好きだなあ。中身だってゴルフと一緒だからいいに決まってるし。デュアルクラッチだけいただけませんが。

 あと、フォルクスワーゲンにはゴルフ・スポーツバンというのが欧州にはあるのですが、日本では発売しないらしいです。トゥーランとゴルフの中間で、さらに直線基調のデザインになってていいと思うんだけどな。今回イギリスで見かけましたが、並行輸入したらおいくらになるのでしょうか。

DSCF5806

 アウディA4もこれから発売されるわけですが、デザインをガチャガチャ変えずに普遍的な直線基調の美しさを求めるところは惹かれますね。中身も相当いいらしいですし。

DSCF5790

 一昨年行った時と比べて人混みはそんなでもなくて余裕で回れましたけど、日産の自動運転のステージはかなりの人だかりでした。

 後ろでプレゼンテーションの話を聞いているだけでも、自動運転が現実のものとなった時のことがあれこれイメージされます。 

 事故の大半は人のミスで、自動運転になれば間違いなく事故は減るのでしょう。また、坂道でアクセルを踏まない人間に代わってちゃんとスピードをコントロールするでしょうから渋滞も減るでしょう。高齢者の運転によるクルマの比率が増えてきているこの頃、そういう滞りも解消できるでしょう。また、自動運転だと諦めがつくことも多いわけで(笑)。 

 今後、生きている間にそういう技術で救われることになりそうなのでありがたいことです。でも、運転の楽しみはできるだけ長く諦めないでいきたいものです。