2012年08月29日

英国チキンインテの栄枯盛衰

IMG_2312

 28日夕方はスコットランドの首都エジンバラからイングランドのグランサムという町までバスで5時間移動。時差ボケのまっただ中したので、ぐっすり寝てしまいました。

IMG_2314

 その途中唯一トイレ休憩で寄ったのがこのMorritt Armsというホテル。なかなか洒落てて感激しました。私以外の3人の社長さんたちは初めてということもありスコットランドの風景に既に魅了されていたようですが、これで更に英国の田舎の風景のノックアウトされたようです。

IMG_2317

 サイドに英国式の庭園もありました。

IMG_2324

 静かな英国の田舎の天候のよい秋の夕刻。

IMG_2323

 さて、バスで移動する前の28日午前中は、これも私からのリクエストでAviagen社にて英国のチキン企業の合従連衡の歴史のプレゼンを受けました。

IMG_2316

 私が研修に来ていた四半世紀前に、英国最大のチキンインテグレーションだったBuxted社でしたが、いつの間にやら社名が無くなってましたし、21世紀は大きな再編の波の中で、スコットランドのGrampian社が大きなシェアを握っていたはずですが、数年前に買収されたとか。

IMG_2332

 人口8000万人のイギリスで、日本と同じくらいの生産羽数があるわけですが、既にチキンインテは7社に再編。雛生産会社に至っては2社しか残っていないと言います。

IMG_2336

 25年前にも日本に比べると業界が進んでいるなと思いましたが、やっぱりイギリスは今でも一歩先を行っているのでしょうか。

IMG_2338

 Aviagen社もそうですが、オーナーがどんどん変わって、この業界の可能性に賭け、企業価値を高めようと必死に動く。そういう競争の原理が純粋に働いているのでしょう。

IMG_2344

 だからと言って今回そんな生臭い話は無いですよ(笑)。

IMG_2346

 明日は更に私のリクエストで、英国チキンの広報宣伝活動についてレクチャーをいただくことになっています。しかし、私は別件の予定を入れてオランダに移動することになってますので聞けない‥。まさか、この日にリクエストに答えてくれるとは思わなかったので、至極残念!! というか大失敗!!

jumonji100 at 14:42│チキン業界の話題 
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード