2009年04月23日

丹市パンと福田パン

 20日夜の食事の席で、やまけんさんが「福田パンは美味いんですよね!」と力を込めて言うので、「いや、やっぱり丹市パンでしょう!」とつい反論してしまいました。

 地元二戸の丹市パンは、子供の頃に母親がよく10個くらい買ってきて、3日連続で食べたりしましたので身に染みついております。

丹市パン

 また、高校時代は単身で盛岡市内のパンションに住んで、最初の1ヶ月、昼食は毎日学校に来る福田パンだけを食べた記憶があります。当然、私の中では丹市パンが優位なんですよね。

 さて昨日、盛岡に出張した際、時間があったのでスーパーの鶏肉売り場をチェックしようと立ち寄ったら、な、な、なんと、福田パンが出張実演中。

福田パン

 これは天が私に、比較をしてブログに書けと言っているのだと思い、バターピーナッツとジャムバターを購入。店を出てすぐに家内に「同じ物を丹市パンで買ってきて」と電話したのは言うまでもありません。

 で、今朝、いよいよ比較試食‥、の前に、おや、これはサイズがずいぶん違う。

 感触は、見た目と同じように、丹市パンが硬い。丹市パンはまとめて入るだけ紙袋に入れてもらうのが標準で、福田パンは1個ずつビニール包装だというのが大きいのでしょう。

 というわけで柔らかさから言うと、福田パン優位。しかし丹市パンが硬いから不味いかというとそうでもなくて、表面の硬さがメリハリがあって味わい深い。

 それに、丹市パンの形状から来る引きちぎりやすさが楽しいんですよね。

 塗りの部分の評価は、ちょっとずつ引きちぎって食べると、手作りだけあって、それぞれが全然違うので評価不能。しかも今回計4個だし(笑)。

 価格は福田パンが128円で、丹市パンが100円でした。サイズが違いますからこれは引き分けでしょう。

 試食モードが終わり、単純に朝食モードになって終わってみると、丹市パンのほうが進みますね。やっぱり子供の頃からの愛着が強くて、私じゃあ比較評価不能だわ?

試食後

(※皿の風袋を引いての重量測定に不安を感じたので、その部分削除しました)


jumonji100 at 10:56│ 地元のお店自慢 
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード