bf050e2d.jpg

 昨日は午後6:00から、岩手県中小企業家同友会の「はやて支部」3周年記念特別講演と言うことで、およそ150人の聴衆を前に、当社のDVDを15分ほど見ていただいた後に、私から80分ほど講演をしました。

 で、時間ピッタシに終わりました!気分がイイ〜!

 100人を超えそうだというので、100人の経営者を想定して、しかも20〜30代が多いと聞いてましたので結構赤裸々な内容を用意して、夜の自宅や社長室で独りリハーサルも4回ほどやって、あんちょこも完璧に用意して臨みました。

 会場に来ましたら、あれ?客層が‥という感じもありましたが、徐々に人が増え、終わる頃には会場が満杯状態。

 私からは、当社の46年を振り返って、父が創業し成功した理由、バブルの頃の勢いの設備投資の数々と、その後の失われた10年といえる厳しい時期、そして小泉首相とほぼ同じ5年間が私の社長の時期で、一度はどん底に落ちながらも、あれこれ片っ端から新しいことに取り組んでますという話をさせて頂きました。

 そして、地域に対する思いや、チキン業界がこの地域にぴったり当てはまる産業だし、これからも伸びるだろうことをお話しさせて頂きました。

 最後に言及しましたが、この講演の準備をまとめている最中に思ったのですが、中小企業の社長は確かに面白くてやめられないかも!

 悪戦苦闘しながら、今、中小企業を脱皮して「中堅企業」を目指してやっているわけですが、未完成からどんどん作り上げていく作業が楽しい。

 そう思えるのも、手応えのある社員と幹部に恵まれているからですね。感謝します。