033eed6c.jpg

 もうそろそろ岩手でもスギ花粉の飛散がほとんどなくなって来ました。今日は日本医科大学付属病院の耳鼻咽喉科に行って、花粉症日記の提出と検査のための採血。

 以前もお伝えしましたが、まだ日本では正式な治療法とはなっていない「舌下減感作療法」の被験者となって、定期的に舌の下にパンくずを置いて杉エキスを含ませて2分ということをやってきましたが、ちょっとだけクシャミとかはありましたが、薬を飲むことなくシーズンを過ごせました。

 ということは、恐れていたハズレの被験者にはならなかったということで、めでたしめでたし。

 今年は飛散量も少なかったということもありますし、まだこれからも定期的に療法を続けていくとのことです。

 しかし、なぜかここ数日だけ鼻水が‥。ヒノキ花粉かなあ?

(写真:病院の近くの根津神社)