508645b3.JPG

 今日は仕事始めです。

 朝礼での私の訓示は、この年末年始、日本の国を語る上で最大のテーマになった「人口減」について。魅力的な会社、魅力的な我々であり続けないと、入社したい会社に選んでもらえない時代だよという切り口で話しました。

 そのあと、短時間での役員会。実は、昨年12月27日に役員や部長・工場長クラスの異動発表をしましたので、その打合せをしました。それから部門毎の方針の指示。

 当社の仕事の分野は幅広いので、例えばこれまで農場部門と工場部門の垣根を超えての異動などは少なかったのですが、今回は役員が全く経験のない世界の担当ということにしました。

 上司が知りすぎていると、部下が動かないという面もあるでしょうし、上司自身もマンネリに陥ってしまう。それを打開するのが第一の目的です。

 外部からはだいぶ驚かれると思いますが、役員たちはこの業界のベテランばかりですし、業界内の異分野といえども、ある程度知っている訳で、全然心配無いでしょう!?