0a4a71d5.JPG 昨日は、池袋の駅から離れた所にあるホテルをチェックアウトして、もの凄い暑さの中移動して、新宿センタービルで午前中打ち合わせ。昼過ぎ「はやて」に大宮から乗り、盛岡で下車。ある金融機関に出入りする業者の若手の会の監査役の業務を果たし、岩手銀河鉄道(IGR)の快速列車に乗り二戸へ。そして急いで車を運転して久慈へ。久慈市のロイヤルパークカワサキでの大相撲春日野部屋の歓迎パーティーに出席し、お酒を飲まず歓談して、帰ってきました。やれやれ。

 なぜ、久慈で春日野部屋のパーティーかと言いますと、6日の今日、26年ぶりに久慈市で大相撲の地方巡業があるからです。地元山形村(来年には久慈市と合併)出身の栃乃花関のお父様が実業家でいらっしゃって、なんとか実現したいという情熱で進めてきた様子です。人口4万人の久慈市でやるということは、チケットの販売をはじめ関係者の並々ならぬ努力がなければ出来ないということを感じました。関係者の皆様、本当にご苦労様です。

 久慈市には、当社の基幹工場があるわけですが、地元出身力士ということで、ちゃんこの材料になる鶏肉を定期的に提供していたので、鏡割りの場面では私もステージに上がりましたし、親方からも感謝の言葉をいただきました。また、栃乃花関と工場長と私で写真を撮ってもらいました。

 正直、私自身は大相撲については、学生時代に両国国技館でアルバイトをやったくらいで、あまり興味がなかったのですが、昨夜のこのパーティーでとても興味がわいてきました。円卓のパーティーだったのですが、私の席には、栃栄関が座り歓談しました。浴衣だし、やっぱりすごい存在感ですね。どんな偉い地元の方々も霞んでしまいます。

 聞くと、昨日は大相撲一行300人が東京からはやて○号に乗ってきたと言います。300人ということは600席??あー、それで、はやての指定席が異常に取れなかったわけだ!