きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

2023年10月

20231030_130244

 母校での講演後、いただいた生徒の感想アンケートに目を通しました。その中に「講師に聞いてみたいこと」欄があり何人かの生徒から書き込みがありましたので、この場で答えてみることにします。

1年2組SKさん 社長になったことで労働者とはどのように視点が違うのか?どちらが難しいか?

 
社長は自分で判断し、その影響力を駆使して結果を出そうとしますが、社員は社長の判断に沿って、同僚と協力して結果を出そうとするもの。どちらが難しいか一概に言えないと思います。いい方向に回っていれば社長は楽ちんですが、厳しいときは余計厳しい。いずれ、難しくない、楽なことばかり選んでいては、社長であれ社員であれ、しっぺ返しが来るはずです。難しくても勝算があればやるのが民間企業です。

1年4組TKさん 何に対しても前向きに捉え、行動できるその背景には何があるか?

 
「明元素言葉を使い、暗病反言葉を断つ」と当社の社員心得10ヶ条にあります。自分が窮地に陥ってもドラマの主人公に見立てて「これは面白いことになったぞ!」とか、「これは神様が与えてくれた試練で、ここを潜り抜ければその先にはとても素敵なことが起きるに違いない!」などと心の中で思うのです。そもそも現代社会では飢えて死ぬなんてことが無いわけで、ちょっとやそっとの失敗は軌道修正すればいい話。ましてや若い皆さんはいい経験した以外ないと思います。

2年1組TAさん 自社の商品を海外にアピールする場合、どのような部分を伝えるか?

 当社の菜彩鶏が香港の飲食店で使われていると聞いたことがありますが、どういった経路で輸出になっているのかよく分かっていません。中国の商標登録を菜彩鶏でしていますが、その程度で海外展開は本格的にはしていません。仮に積極的に進出するとすれば、日本の食品という括りでイメージは高いでしょうし、北海道をはじめ日本の雪国のイメージは更にいいと思いますので、その辺のアピールになるかと思います。

2年4組TMさん 本気になるベストタイミングや内容で、どんなことでも共通していることとは?

 今の時代、皆さんスマホを片手に、広く浅く情報を集め、何事も時短で済ませる傾向があるように思います。立ち止まって考える時間は皆無になっていたりしませんか? そもそも自分のやりたいこと、今やるべきことを考えずに時間だけが過ぎ去っていってませんか? 長い目で見て、これを目指したいんだという強い想いを腹の底に貯め込んでいれば、自然と時間の使い方が変わってくるものと思います。校訓の「随所為主」のとおり、流されないで自分を持っていてほしいです。

2年4組MYさん 事業がうまくいってないときに、どんな物事、信条に助けられてきたのか?

 思えば根底にあったのは、家庭での駄目な父親像があったと思います。仕事は一生懸命な父でしたが、家では子供に甘すぎて指導力という意味では疑問を持っていました。そういう父親を見ていて、「自分のほうがセンスがいいはず!」という根拠のない自信があって、「まだまだこの会社でできていないことがある」と思えたのが良かったかな。というわけで、世の中を舐めてかかるのも悪くないと思います。

2年6組TAさん 継がずに他の仕事を考えたことは? この職業に向いていると思ったことは?

 子供のころ成りたい職業は、漫画家や工業デザイナーでした。正直、畜産はそれとは対極の世界だと思います。しかし、父がやっているたのは経営者で、畜産の一農家ではもうなくなっていました。ですので、経営者になればデザインにも関われるし、まあいいかと合理的解釈をしました。このチキン業界は小動物で、量を多く扱うので畜産の中でも非常にビジネスライクですし、たくさんの地元の人を雇用するので、畜産の中では洗練された都会志向の強い私向きだったかなと思います。

2年7組TKさん 多くの子会社や社員を引っ張っていく立場として、心掛けていることは?

 どんな組織でも今はトップがカリスマ性のみで引っ張っていける時代ではないと思います。ましてや私は2代目ですし、性格的にも男気ありとかいうタイプではないわけで、親しみやすさを感じていただいて、風通しが良い社風ができることで、それぞれの職場で自分が主人公という意識をもって働いてもらうことで、より良い結果が引き出せるものだと思っています。一昨年の年度スローガンは「部下が主役、上司は脇役」でした。

 以上、いかがでしたでしょうか。何かの参考になれればと思います。私もいい振り返りになりました。これを書くのに講演より時間かかりました(笑)。

20231025_102203

 先週は、洋野町、二戸市、八幡平市、一関市で生産農場長地区大会がありました。4か所で2時間の同じプログラムの開催、生産部の皆さん大変お疲れさまでした。

 私は一関市を除く3か所で最初の挨拶をさせていただき、うち一番最初の洋野町会場ではその後1時間ほど残って何人かのプレゼンを聞きました。

 ちょっと気になることがあったので、あとで退席した後の様子をH常務に聞きました。そしたら、予定時間の正午を超えて終了しましたが、質問はほとんどなかったとのこと。一方通行のコミュニケーションになっていたわけです。

 なぜそうなるか? 説明が長いからです。渡された紙には時間割が書いてあるわけですが、その時間いっぱいに説明すると、聞いてる側は時間通りに終わって帰りたいので、手を挙げる気になりません。司会者も「質問無くてもまあいいか」となる。

 さて、数年前に作ってもらった当社の会社案内の動画、私は初めて見た時に感動しました。なぜかというと、その前のより短い時間なのに、中身が濃かったからです。前のはナレーションでいちいち説明してましたが、新しいのはシーンを文字付きで見せるだけ。この手があったか!

 説明者は漏れが無いよう頑張って準備してしまいがちですが、何を伝えたいのか、どう伝えたら短時間で伝わるのかを考えて、持ち時間15分なら10分でまとめて5分は質問の時間にしてほしい。

 若い世代の見るメディアはYouTubeからさらにTikTokに変わりつつあります。それを意識して対応していきましょう。

(今朝の朝礼でスピーチ)

20231028_181137

 昨晩の支援部・環境部合同合宿の懇親会は、社歴が偏らないようにシャッフルして5つのテーブルの席が決まってました。

 そこに表示されていたのは、おぼろげながら薄々分かっていたけど、社歴37年6カ月という数字。思えば遠くに来たもんだ。

 そのうち21年2カ月は社長を、一瞬の7カ月は会長を、副社長時代を含めれば代表取締役歴はたぶん23年半でしょうか。取締役となってからを経営者歴とすれば、32年半とかかな。

 世代交代への見解を聞かれることが多くなりました。息子たちには30くらいまでは、どこでもいいから外の空気を吸いなさいよと言ってましたが、私が取締役になった27という年にはだいぶ近づいてきたことに気が付きました。

 あれこれそろそろ本気で考えるときが来てるのかな‥。

20231028_142130_copy_800x600

 今日は支援部・環境部の合宿ということで、葛巻町の「ふれあい宿舎グリーンテージ」に来ています。

 九戸村を通るついでに、オブチキ感謝祭と共に行われている産業芸術文化まつりに行ってみました。

20231028_132752_copy_800x600

 一番の目的は、友人のM子ちゃんの江戸千家の茶会に加わること。

 というわけでまずは役場の隣のHOZホールに行き、美味しい手作りのお菓子と薄茶を頂戴しました。そういえば会費払わなかったけど良かったのかな?

20231028_135646_copy_800x600

 すぐ近くには飲食店のブースが多数展開されておりました。食べた後に行ったのでゴメンナサイ。

 そして体育センターに行ったら、とても賑わってました。

20231028_142154_copy_800x600

 知人の役場関係者によると、オブチキ感謝祭と兼ねる効果で、いつもの村内だけでなく、外からも来ているのではないかとのこと。さすが戦略的ですね。

 それにしても、懐かしい面々にお目にかかり会話できて、合宿の私の時間に向けていいムード作りに成り、ありがたかったです。

20231026_131116

 二戸市内堀野におしゃれな飲食店が出来たとテレビを見て認識してましたが、ケーキがメインだということでこの「Daikuman's Cafe Dolce」は私には縁遠い存在かと思っておりましたが、お勧めされてましたので行ってみました。

 ランチタイムの遅い時間に行ったのですが、駐車場右側3台埋まってて、何とか奥の狭いところに頭から突っ込んで駐車して、帰り際に撮った写真がこれです。停めた直後は出れないかと思いましたわ(笑)。

20231026_125633

 メニューを見ますとハンバーグランチやシーフードパスタ、ミートドリアなどの軽食メニューも思いのほか充実。

 私はダブルミートバーガーを注文しました。620円。ボリューミーで食べ応えありましたよ。

20231026_130359

 60歳のランチにはもうこれで十分なほどですが、せっかくなので並んでいるケーキの中から、店イチ押しのチーズケーキを注文。480円。

 これがさすが自慢の品だけあって、ねっとりとした濃いチーズケーキで、満足度高かったです。

 そもそも地元の建築業の会社さん(大工マン)がショールームを兼ねて作った店らしいのですが、目に入るモノ全てがシックでセンス良くて、素敵だなと思いました。

 それにしても県境の人口2万5000人の小さな町に、新しい店がよく出来ますね。SNSの時代なので、場所より商品力で勝負ということなのでしょう。そのたくましさに敬意を表します。

20231021_134905(1)

 10月21日は製造部の36歳以上のパークゴルフ大会と、35歳以下の運動会がありました。この日ときどき雨模様で、昨年の屋外に対して今年は屋内で開催した運動会は快適でしたね。

 私は9時から大野パークゴルフ場で9ホール回った後、11時に運動会が始まっている一戸町体育館に駆けつけました。

IMG_2758_01

 種目としては、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、綱引きと開催されていて、さすが若い世代なので結構本気モードでやってましたね。

20231021_095410_01

 私は中学の時にバレーボール部だったこともあってそちらに誘われたのですが、「実はバスケットボールのほうが得意だった」と申告して、バスケットボールに交じってプレーしましたが、60歳走れないものだから、ゴール前に居てシュートする係に自然となったのでした。

 しかし、そのシュートが全然入らない。ぶっつけ本番だから仕方ないにせよ、リングにも届かないシュートばかりで迷惑をかけてしまいました。ごめんね〜。背筋力が衰えてるんでしょうね。

20231021_115823 (1)

 しかしバドミントンをやらせられたら、これが結構頑張って、ダブルスで全勝優勝。パートナーの女子が軟式テニス部出身で、私は大学時代の硬式テニスの経験が役立ったかな。

20231021_124837

 最後の綱引きも誘われたけど、これはさすがに体痛くなる懸念で辞退しました。それでもこの晩は、足首のあたりが吊ったような痛いような症状になって参りました。

 35歳以下の中に60歳が混じるのは異常なので、さすがに来年は出場は勘弁してもらおうかな‥。

20231021_092531

 自己申告へのコメント書き込みが進んでいます。新人さんには、担当役員だけでなく私を含む役員全員のコメントがあることに驚いている方もいるかと思います。

 もともと役員は全員分に目を通すことになっているため、それなら黙ってるよりは、見た証としてコメントを書くほうがいいと思ったのと、愛の反対は無関心と言われますが、書くことでより関心を持てるようになるのではないかという意図からです。

 本人にとっては、上司以外の役員も見てくれているんだと思えばモチベーションも上がるでしょうし、こんな風に自分は見られているんだと自分を振り返る糧になるかと思います。

 根底にあるのは大家族主義です。手帳を渡してある170人全員が自分以外の169人に対して何かの繋がりを持てていればそれが理想です。社内レクや同好会はその大事な手段ですし、社内ブログもそうです。

(本日の朝礼でスピーチ/写真は10月21日の製造部O−36パークゴルフ大会にて)

P1050486

 八幡平ハイツで合宿中の営業部・品質部一行様に昨日15時から合流し、4年ぶりでテンションが上がってる皆さんに交じって夜は楽しい時間を過ごさせていただきました。

 今朝は朝食を食べた後、身支度をして、アルコールチェックをして、8時から5分程度の朝礼を行い解散。

 折しも八幡平は紅葉の季節。八幡平ハイツにもたくさん観光客で賑わっていましたが、寒気が入り込んできてあいにくの雪でアスピーテラインと樹海ラインは緊急の通行止め。遠くからいらした方、可哀そう‥。

 私はというと、これまで八幡平のホテルで秋の合宿は何度もあり、日曜日は混雑するからとまっすぐに家に戻るのですが、逆に今日は空いてるかも!?と思いついて、松川渓谷までは行けるはずと行ってみました。

P1050475

 いやホントに久しぶりにこの松川渓谷の岸壁を目にしました。

P1050469

 気温5℃くらいでしたが、たまたま羽織るものを持っていってたので助かりました。

P1050496

 よく見ると短いですが遊歩道もあるじゃないですか。最近はクマ被害が多いので、スマホで音楽を鳴らして歩きました。

P1050501

 遊歩道の終点には、森の大橋があります。高所恐怖症の私としてはドキドキしながらこのお決まりの一枚を撮影。

 八幡平ハイツから車で5分も行かないところにこの絶景があったわけで、一人楽しんだ私としては社員の皆さんにちょっとだけ罪の意識‥。

20231012_152500

 最近、社員に向かってあれこれくどくど言っていることのどれもが「親切」という言葉に集約できるのではないかと思えてきました。

 総合職はメタ認知が必要なのだよ。メタ認知とは第3者的視点でその場を見ることだよ。自分の目線を押し付けるようでは駄目だよ。相手がどう受け取るかまず考えなさい。コミュニケーションは相手が分かるまでが伝えるほうの責任だよ。

 ‥などと言っているわけですが、それらは親切にしてあげようとするサービス精神のことではないかと。ひいては利他の心でしょうか。

 親切なんて小学生の時に習った言葉ですが、この世の中で経済的な成功を収める人は、合理的な頭脳と親切心と思うこの頃です。

(写真:当社では名札作るときは表裏表示がルールです)

20231012_120046

 螢◆璽ス系列の量販店ジョイス二戸店、久慈長内店、久慈中の橋店の3店舗で、菜彩鶏の深絞りを販売していただいています。

 製造元は当社グループの岩手農協チキンフーズ衄幡平工場です。

 もも肉が100g当たり198円、むね肉が148円となっております。むね肉1枚が720円のこれを見た時にはドキッとしましたが、なんだか新しい可能性が広がったような(笑)。

20231012_120059

 深絞りパッケージは肉を美しく見せると思います。また、この菜彩鶏パッケージデザインは品よくまとまっているのではないでしょうか。

 そもそも1990年代に海外でこのような深絞りパッケージを見て、これからは絶対これだよね!と思ったものですが、日本では未だにトレーに並べて販売するのが主流で、1キロ、2キロの産地パッケージが特売でそのまま売られるくらい。

 工場でこのようにコンシューマーパックとして完成されたものを作るのは、消費者からの問い合わせにダイレクトに応える義務も生じてきますので怖い面もありますが、製造元としてのブランドを打ち出しやすくなりますので、あれこれ克服してそこに行きつければいいのですが。

20231012_133424

 M職の部下満足の評価を部下の皆さんに付けてもらっていますが、その上の役員の評価をイメージでいいのでと、役員合宿のテーマとしてM職の皆さんに付けてもらいました。

 評価要素は私が大事だと思う厳選した10項目で、6人いますから順位を付けてもらいました。結果は発表しませんが、役員を目指す方にとって参考になるかと思いますので、お伝えしておきます。

 /字に強い、▲好圈璽百供↓9夫改善意欲、ど下育成、セ廚い笋
 仕事を楽しむオーラ、Х鮃経営、┰性活躍、脱炭素推進、フィロソフィ体現

 残りは私の評価だけですが、これは実行しません。悪しからず(笑)。

(今朝の朝礼でスピーチ/写真は先週の種鶏農場長大会にて)

20230923_124247

 この春手に入れたBMWのZ4(E89)ですが、昨日友人に譲り渡しました。

 盛和塾盛岡で一緒に経営を学んだ間柄で、かつ時々ゴルフに付き合ってもらっている社長なのですが、これまでの自分の殻を破るクルマを買おうとちょうど思っていたということで、それならこれは絶好でしょうよ!と売買成立。

 私としてはこの世で最もカッコいいクルマの1台だと思いますが、ゴルフバッグをトランクに納めるとオープンにできず、オープンにしようと思うと助手席にゴルフバッグが来て、その他の手荷物を余してしまうということが我慢できませんでした。

 それと、クローズドにしているとガタガタする音と乗り心地、時代相応の旧式の液晶画面がウイークポイントでしたね。

 対して、シルキーシックスと呼ばれる2500ccのBMWの直列6気筒エンジンの心地よさや、オープンにした時の風を巻き込まない快適さ、ボタン一つでオープンとクローズを短時間にやってのける複雑な仕組み、そこそこ良い純正オーディオの音、そしてこの外観がチャームポイントでしょうか。燃費は12km台でしたからまずまずかな。

 彼と前に一緒にゴルフやった時に見せたらゾッコンだったようで、乗り心地固いのも嫌いじゃないし、細かいことは気にしないタイプなんでと言ってましたから、ベストマッチかも。

 ま、オープンカーの世界の登竜門としても、100万円台で買えるこのE89Z4はほどほど新しくて快適で、いい線行ってるかと思います。

 さて、トランクにゴルフバッグが収まるお手軽なオープンカーと言えば、BMW初代Z4か、NBもしくはNCロードスターが浮かびます。どれも既に全て乗ったことがありますが、また購入することになるのかな‥。

 それともゴルフバッグのことは目をつぶり、最新のマイナーチェンジ後のロードスターにしちゃおうか。

 はたまたオープンの4シーターなら、アウディA5カブリオレというのがあって、ゴルフバッグが2個入って四駆でいいかも、と思ったり。

 こうして選ぶ楽しみを味わうために、クルマを手放すのでしょうね。

20231013_060935

 雑誌、ELLE DECOR(エルデコ) 2023年10月号は、工業デザイナーである深澤直人さんの特集でした。デジタルじゃなく、これは手に入れて読んでみようと買って読んだら、「デザインは全ての生き方に通ずる。」と帯に書かれた著書も読んでみたくなって「デザインの輪郭」を買って読みました。

 実は私も工業デザイナーになりたいとおぼろげながら若いころ思っていたので、この世界に入ったとしたらどれくらい活躍できただろうという邪な視線で、この7歳年上の超一流デザイナー、深澤さんを知りたくなったというのもありました。

 その結果、文章は難解だったですが、なるほど深いな、敵わないなと感心しました。

 サンフランシスコのデザイン事務所は私生活も充実していて帰国する必要はなかったのに、それは違うと思えて帰国し、八ヶ岳に土地を買って、小屋を自ら建てるために格闘する場面。

 俳句に取り組んでいるこの本の装丁を担った方との対談や、デザイナーを集めた場での課題の出し方とデザイナーたちの反応の生々しさとか、考え抜いた末に行きついたデザインの理想論。

 デザインに共同作業というものはあり得無くて、一人の人の軸となる強い思いを、誰かがお手伝いするというのだけがある‥みたいなくだりがありましたが、まさしく私のやってることかなと思いました。

 企業理念、ブランドパーパス、社員心得、年度スローガンなど、主だったものは自分一人で決めて、それを実現するために会社の皆さんに手伝ってもらっていますからね。

 現場から離れている立ち位置の自分のやっていることは、「デザイナー経営者」なのかも。

20231008_095731

 先日の製造部・人事部合同合宿での社長の時間に、社内用語集についての質疑応答で「弱み」についてIさんが質問してくれました。経営計画手帳には以下のように書いてあります。

 【弱点】見せないと近寄りがたい。見せると相手が心を開く。

 【さらけ出す】弱みをさらけ出しやすい環境は、強みを伸ばしやすい。

 そこで「ところで、社長とK常務の弱点は何ですか?」という質問に、答えるほうは参ってしまいました。2人ともその場でちゃんとした答えはできなかったのではないかな。

 で、後に改めて考えました。私の最大の弱点は、現場経験が無いということかと思います。工場勤務も農場指導員もやったことはなく、企画室長を経てすぐ役員になりましたから。

 ですから「偉そうなこと言って、現場のこと知らないでしょ!」とか言われるとぐうの音も出ません。

 だからか、決めつけるような言い方をしてても、こう言ってみたらどういう反応が来るかを試してるみたいなところがあります。

 しかし、それは弱点でもあり、私のいい意味でのバランス感覚の基になってることでもあると思っています。どうでしょうか?

20231010_083804

 本社の玄関の靴ベラの位置を動かしてみました。お客様を見送る際になかなか使ってくれないようでしたので、手が届きやすいところにしました。

 また、壁に書く来訪者のサインは階段の上のほうに来ているので、サインペンの定位置を1階から2階の図書室にしました。

 それから、応接室のキャスター付きのテレビが定位置不明の状況でしたが、最も邪魔にならない位置に目印を付けてもらいました。

 というわけで、私事ですが今年に入ってから以上の3つカイゼンしました。ちなみに茶道では流派によって順序も道具の位置も違ったりしますが、必ず理由があるのです。

 定位置管理はカイゼンの一丁目一番地です。身の回りのものの位置を改めてよく考えてみましょう。

(本日の朝礼スピーチ)

20231008_132155

 昨日は、二戸市立福岡中学校昭和53年度卒業生の還暦祝いの同級会が二戸パークホテルであり、2次会まで約5時間お付き合いしてきました。

 確か卒業生は43人×7クラスで、ちょうど300人ほど。うち100人ほどが集まりました。これくらい仲良く集まる学年は珍しいと聞こえてきましたが、二戸パークホテルにお勤めが2人いるので、自然な成り行きかな(笑)。

 還暦祝いの神事を行い、また物故者への黙祷をして、パーティースタート。当社のS副部長が実行委員長で、私がその次の挨拶を務めました。

 男性の平均寿命は81歳、女性は87歳。人生80年とすると4分の3が過ぎ、年を取れば子供に還っていく対称のグラフとすれば今20歳ごろに該当するわけで、あと20年どう過ごすかいい刺激をこの同級会でもらうということかな‥みたいな数学得意だった私っぽい話をしました。

 乾杯の後はひたすらガヤガヤ。中学卒業以来44年半ですし、前回の年祝いは確か19年前ですので、どんな顔してるのか見てるだけで楽しいものでした。

 一言で言って、皆さん記憶にある姿からは激変組半分、ほぼ変わらないのが残り半分といったところでしょうか。不思議なことに中身はあまり変わらないような。ただ年輪を重ね、話す内容には事欠かない感じ。

 残り3分の2の方にはもうなかなかお目にかかれないでしょうから、今回会った面々との縁は大事にしたいものです。古希祝いとか、またあるのかな?

 幹事の皆さん、遠方からわざわざ来てくれた方々、お疲れさまでした!

IMG_0302

 昨日はわが母校、盛岡第三高等学校の1、2年生580人を前に講演のようなトークショーをしてきました。

 講演の依頼でしたが、声をかけてくれた進路指導担当の野尻明宏先生は小学校のころの幼なじみ。以降はクラスが違って交流はさほどなかったのですが、お互い知り尽くした間柄なので、「徹子の部屋風にやりましょうか」という提案に乗った形です。

 本校は卒業後公務員になる比率がとても高いとか、今や女性のほうが多いとか、大人しいとか、あれこれ前情報を頂いて、それなら「民間企業への誘い」というタイトルにしたらどうかと提案したら本番直前に「〜地域を支えて生きる〜」という大見出しを付けられたのでした。ちょっと照れくさいけど、受けて立たなきゃ。

IMG_1324

 こちらから70項目ほど言いたいことを並べた原稿を作成して、それをもとにあれこれやりとりをし、生徒に渡すレジュメを作成しましたが、当日はほぼぶっつけ本番。

 私のこれまでの60年の人生を凝縮してこの1時間に詰め込むと意気込んでましたが、終わって帰りのドライブの最中に、あれこれもっとこういう言い方があったと思い浮かぶことが次々出てきました。詰めが甘いわ。でも、思いっきりアウトプットすれば自分を高められるんだな。

 せっかくなので、レジュメの大見出しだけここに載せておきます。ヾ篌蠅肇船ン産業、農家から始まった当社、自己紹介(進路など)、し弍勅圓箸靴董↓ヌ唄峇覿箸箸蓮↓γ聾鬼篌蝓↓Ш埜紊法稲盛和夫 成功の方程式※この方程式自体に誤字という致命的なミスがありましたことをお詫びします。

 ちょっと詰め込み過ぎ、早口過ぎたでしょう。こんな拙い私の話を、最後までご清聴いただき、またいい質問を頂き、後輩の皆さんありがとう。ひとつでも響く言葉が残ってくれていれば幸いです。

 また、幼なじみに感謝。あの頃のちょっと異端のガキ2人が、こんなふうになるなんて(笑)。そして現盛岡三高の校長先生が同じ中学校の1つ下とは、ちょっと誇らしい。


20231006_100143

 本日は盛岡に用があったついでに、BYD AUTO盛岡に寄って、我がATTO3のリコール対応兼ソフトウエアアップデートをやっていただきました。買った郡山のディーラーさんまで充電充電で乗り継いで行かないで済んでありがたかったです(笑)。

 出来上がるまでの時間に、最近発売になったドルフィンを試乗させていただきました。もちろんATTO3と同じバッテリーとモーターを積む上位グレードではなく、ベースグレードのほうです。

 モーターの出力が落ちるためどうかなと思いましたが、出だしはさほど違和感なし。伸びが足らないかなと感じなくはなかったですが、全然問題ないと思いました。

 車台はATTO3と共通ということで、ボディのがっしり感は共通の印象でしたが、さすがに静粛性と足の固さは劣ってましたね。タイヤの扁平率はATTO3が50%で、ドルフィンは55%と乗り心地には有利なはずですが。

20231006_125348

 内装は乗ったのが真っ黒で地味な印象はぬぐえなかったのですが、ショールームに飾ってあったこのベージュミックスはとても良かったですね。座るところの表面がエクセーヌみたいな高級感がありました。でも外板色のサンドホワイトと抱き合わせのみみたいでちょっと残念。

 ATTO3は高速を走ってると著しい燃費の悪化を感じますから、少しでも前面投影面積が少ないこのドルフィンのほうが合理的に思うのですが、ドアの前の三角窓の存在はちょっと煩わしく感じます。でもこれで空気抵抗が減っていると思えば納得できるかな。

 春にATTO3を購入するとき、もうちょっと我慢して、日本の道に便利なサイズのこのドルフィンもいいかもとか、この冬に出ると言われている4WDセダンのシールを待とうかとも思ったものです。しかし、我慢しきれなかった。

 で、実物のドルフィンに触れてみると、ATTO3で良かったかもと思えました。ATTO3は補助金85万円貰えるのに対して、現状ではドルフィンは型式登録してないから65万円だそうで、実際のグレード差、乗り味の差より最終金額が接近してて、現時点ではATTO3のほうがお買い得に感じました。

 あとはシールがどう出てくるのか? 上位グレードですし4WDあるし乗り換えたくなる可能性大ですが、補助金要件があるのでそれは叶わぬことでしょう。

20231004_143734

 キーワード検索でたまたま引っかかって録画になっていた、世界の果てまでイッテQ!10月1日分は、タレント宮川大輔さんが、アメリカでもっとも田舎と言われるネブラスカ州のウエインチキンショーに行って、アトラクションのあれこれに参加してきたという内容でした。

 会社の玄関そばのテレビでボリューム小さくして見ましたけど、ときどき社員が通過するのに笑いをこらえるのに必死でした。

 ニワトリ鳴き真似コンテスト。コスチュームや身振り手振りも交えて楽しそう! 宮川さん惜しくも準優勝!

 ゆでたまご早食いコンテスト。味は美味しくないとのことと、黄身がドライ気味で苦戦しそう。危険な気が‥

 ニワトリ飛行距離コンテスト。高いところに鳥小屋を用意して、そこから飛んでもらう。ニワトリはほぼイベント方が用意して、直前に選んでもらって、勝ち負けを争う。

 エッグドロップキャッチとエッグトス。どれくらい高所から落として無事に掴めるかと、ペアで何メートルか離れて無事掴めるか。前者は15メートルの高さから成功してましたっけ。意外とスゴイですね。

 どちらかというとこちらチキンでなく、タマゴ業界側にマッチする内容かと思いましたが、我々岩手県北の「とり合戦」にも合いそう。但し、場所は公園みたいなところが合うかな。

20231002_113229

 10月2日は当社もリアルで内定式を行いました。

 例年より多めの内定者の皆さんに本社大会議室に来ていただきました。当社の内定式は各部のトップである私以外の役員6人と内定者との、初対面の場という意味合いが濃いかな。

 緊張した面持ちで始まりましたが、式を滞りなく終え、昼食会を行い、希望部署についての会話や質疑応答を行いました。

 私からの最初の挨拶は、今年600億円を超えた売上のさりげないアピールと、チキンインテグレーションという、農場、工場があれこれあって、重層的な仕事の構造を経ての売上高ということで、数字以上の濃い中身なのですよという話をしました。

 その後、内定者から「この部署に興味があったのですが、あの部署もその部署も‥」みたいな話が聞こえてきて嬉しくなりました。

 なるべく希望の部署に配置したいものです。ですが、会社の事情もあるし、その部署に行くために仕込んでおきたい部署という意味合いもあったりするので、その時はご容赦を。

20231001_072849

 昨日の生産部の合宿を閉める朝礼で懐かしいセリフを聴きました。「宿泊研修の成果はお酒の量に比例する」。

 昔の経営計画手帳には書いてあって、今の手帳には書いてない文言です。翌日にアルコールが残るようなことを会社で推奨してはいけないですからね。

 それともう一つの理由は、ダイバーシティ(多様性)の時代にあって、お酒の場でしかコミュニケーションができないということでは駄目だからです。

 同じ理由で、たばこ部屋も特定の人とのコミュニケーションを増やすことになるので、特に女性とのコミュニケーションが疎かになり、女性活躍を妨げる要因と言われています。

 生産部合宿ではお酒が飲める女性たちがいて心強い限りですが、特に上司はコミュニケーションの偏りを減らすように努めなければなりません。

 酒とたばこのイメージがある上司は、旧世代の烙印を押されないように修正してください。

(写真:生産部合宿でお世話になった平庭山荘のバンガローエリア)

↑このページのトップヘ