きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

2023年06月

20230627_153131(0)

 八幡平工場に続いて、6月27日久慈工場でも太陽光発電が開始となりました。

 ちなみに二戸工場では、こういう記念撮影もなく3工場の中で一番早く太陽光発電が始まっていました(笑)。段取りミスかな。でも、もしかしてそれが一番いいかも!?

 すべての手筈が整ったら、いち早くメリットを享受するよう、記念撮影などせずに即開始するのが民間企業の理に適っているとも言えます。

 しかし、SNSの時代、広報的にいい写真を撮りたいし、会社の歴史として晴れ姿を遺したいということはあるので、私のスケジュールを調整して、少々遅れで記念撮影となるのでした。

 それと、業者さんからの引き渡しの重要な折り目でもありますね。業者さんに感謝と喜びを伝えられるという大事な場面です。

20230627_170941

 久慈市の南にある野田村の「苫屋」に泊まってきました。

 村が今から160年前の古民家をリノベーションして、そこに移住してきたご夫婦が運営してもう31年になるそうです。知らなかった。

 ローテクを徹底しているご夫婦ですので、予約は手紙で。あれこれ3往復して当日を迎えました。

20230627_163343

 着いてすぐ、すぐそばを流れる小川の冷たい水に足を入れるのが気持ち良かった。

 暑い日に当たったこともあり、網戸越しに川の流れを聴きながら眠るというのも風情ありました。

 いや、白状すれば、同行したお仲間のイビキが‥。耳栓を持っていったのですが、ノイズキャンセリングイヤホンを改めて買わなきゃ(笑)。

 囲炉裏を囲んで、朝夕の食事をいただきました。ご夫婦も交じっての会話は弾みましたね。

 ゲストのお三方にはすごく喜んでいただいたみたい。私は何でこんなのこれまでスルーしてたんでしょう??

20230626_074449

 大変長らくお待たせしました!

 4年ぶりの直売会、感謝デーが7月2日(日)に、二戸、久慈、八幡平の3工場で開催されます。

 時間は朝9時から15時まで。

 これから1週間の二戸の天気予報を見ますと、梅雨らしい日々が続きますが、その中では降水確率40%と少ないほうのようです。

 従業員の皆様には混まない午後に来ていただくようにお願いしてあります。

 コロナに配慮しながらも、スムーズにお客様が楽しく買い物ができますように願っています。なお今回、PayPayでの支払い可能となっています。

 4年前に6000人を記録し、そのあと3年お待たせしましたが、どれくらいの方がいらっしゃるのか?? お待ちしております!!

 私は、9ー10時久慈、12ー13時八幡平、14ー15時二戸と回ろうかと思っています。ドライブも楽しみ〜。

20230624_082121

 創業家に関する本を2冊読みました。私自身2代目という立場ですし、有名な企業を取り上げていて、しかも裏の話ばかりですから大変読み応えありました。

 「亀裂 創業家の悲劇」は8社、「創業家一族」は44社についてで、うち大塚家具とソニーの2社は重複しておりました。

 各社それぞれの違うストーリーがあって、かつ違い過ぎる例ばかりなので、より立体的に学べたような気がしました。

 そして、みんな悩ましい展開だなとも思いました。スムーズにいくことなんて、まずない。悪戦苦闘するのが当たり前であり、有限不実行で何ら責任を問われないし、創業家が完璧にガバナンスを掌握し続けることは奇跡に近いのだと分かりました。そういう意味では気楽になりました。

 後者の著者である有森隆さんはあとがきでこう述べています。

 世襲経営者が気を付けなければならないことの第一は、「先代より自分のほうが優秀である」とは一生涯、考えないことだ。‥第二は、自分より優れた部下を使いこなすことだ。

 創業者やそれに比肩しうる圧倒的な才能も持つ人は別として、謙虚さを持てということなのでしょう。自分は持てているのかな‥。

20230625_132127

 この土日、ランチは2日とも友人とで、どちらも2時間越えで話し込みました。アルコール無しで楽しくダラダラと話するランチもいいものですね。

 そもそも数年前から、「還暦になったら禁酒宣言しようかな」と思ってたのですが、決断できずに還暦の今に至っています。

 お酒の場が嫌いなわけではないのですが、体調に影響が出るのがとにかく嫌なのかな。そこも健康オタクと言われるゆえんでしょうか。美味しいお酒を飲みながら好きなものを食べるというのには、もちろん憧れはあったのですが‥。

 明るいうちの食事のほうが好きというのもあると思います。今日はロレオール田野畑でした。三陸のリアス海岸からの眺めと潮風が気持ちを揚げてくれました。

 写真はメインディッシュで、「佐助豚です。十文字さんは食べ飽きてるかもしれませんが‥」と伊藤勝康シェフ。

 そうそう、ちょうど昨日のランチは、ゆきはなCafeで佐助豚のハンバーグでした(笑)。でもどちらも最高に美味しかったです。

 ちなみに、シェフの誕生日を聞いたら、私と同い年で、なんと私より1週間早いだけでした。年上だと思っていたアイアンシェフに急に親近感を覚えました。

20230623_143529 (1)

 2017年、株式会社PJ二戸フーズが発足した時に、私のところに社名ロゴとマークの案が来て、濃いめの水色を使ったその案にほぼそのままOKを出しました。

 でも、心の中ではちょっと引っかかりがあったことを覚えています。しかしその後すっかり忘れたままでした。

 ここ数年、人手不足に危機感を感じていると現場から伝わってきて、その原因として社名が地元に認知されていないのではないかということでした。

 社名はあれこれ考えて、両社交渉の末、長くならない「PJ二戸フーズ」に落ち着いたわけで、それを蒸し返すような社名変更は考えにくい。

 では何ができるか? ‥そうだ! 両社のマークを看板や送迎バスに入れて行けばいい! 

 プライフーズさんと十文字のマークは認知度が高いから、それらを大々的にフィーチャーした形に変更しようということで半年ほど前に指示して、最近やっと完了したようです。

 しかし、変更前の直近の数カ月は採用が順調だそうです。あれまあ‥。

1687295652767

 今週、当社商品を買っていただいております新潟市の蠶伺さんに行ってきました。夜はもちろん、伝統ある建築物の鳥梅 西堀店に行きましたが、コロナの間にリニューアルしてました。

20230620_175140

 鶏冠(とさか)と肉髯(にくぜん)の赤をデザインした新しいマークと、伝統を感じさせる鳥梅のロゴをフィーチャーし、明るい色調になってました。

20230620_181844

 あれこれ鳥料理を出していただきました。このジャンボな焼き鳥の肉3〜4個をうまいうまいと食べてしまったら、もうそのあとが苦しくなってしまい大失敗。

20230620_183451

 もちろん、新潟と言えばこのカレー味の唐揚げ。鳥梅さんのは割と優しい味付けなのが印象的でした。

20230620_183806

 普通サイズの焼き鳥としては、レバーと「はつもと」を頂きました。鳥梅さんでは「心のこり」という商品名だそうで、おしゃれですね!

 レバーはレアな食感で、さすがプロの店という印象。「心のこり」も丁寧な作りで美味しかったです。

20230620_195027

 鶏白湯ラーメンは特別に4人で分けることを前提に1人前サイズで作っていただきました。4分の1に分けて食べましたが、お腹いっぱいになってなければ‥惜しいことをしました。

 写真を撮り忘れましたが、最後にプリンが出てきました。スイーツは別腹で(笑)。濃くて堅めで美味しかったです。

 他にもカルパッチョや牛肉料理、サラダもいただきました。ジャンボ焼き鳥は見るだけにしておけばよかった、かな(笑)。ごちそうさまでした。

1687396694665

 我がBMW Z4で2泊3日で新潟まで行って、長男の結婚式への出席のお礼方々お客様と懇親を深めてまいりました。

 なお、鳥取のHM社長もGR86で遠路ドライブで駆け付けていただきましたので、新潟のHN社長の日産フェアレディZ(Z34)とともに車高の低いクーペ3台揃い踏みとなりました。

 遠距離駆けていきましたので、新潟で揃ってドライブするほどの余力はなく(笑)、こうして記念撮影してクルマ談義に花を咲かせるくらいでした。

 元私の愛車だったGR86はかなりドレスアップされてました。マフラーも交換されその気にさせる音になってましたし、ブレーキパッドも交換になってて確かに感触が変わったような。色だけですね、面影は。しかしその色がまた華やかで、手放すのが惜しかったかな(笑)。

 Z34は見た目ノーマルに限りなく近いのですが、HN社長はサーキット走行する人なのでガチガチの堅い脚になってました。交差点でのコーナリングとか確かに快感。次回はサーキット走行となんとかスカイラインに行きましょう!

 それに比べ私はノーマル志向なので緩いものです。なのにこないだまで手元にあったNBロードスターより乗り心地悪し。なんだかなーと思ってましたが、今回は1000km走って愛車を見直しました。音楽大音量で鳴らして走るとガタガタ音が消え、シルキー6の感触とまずまずな乗り心地だけが強調されるんですよね。

 さて、次はどこに行きましょうか。

20230619_175707_copy_1024x768

 「情熱大陸」で放送された山形県長井市にある青木真理子さんのオープンガーデン、Radient Green Gardenに本日行ってきました。

 17時半に入って閉店までの30分一人で堪能。天気いいし、真横からの光がきれいだし、ちょうどいい風あって緑がゆらゆら揺れてたし、ラッキーでした。

 私も花より草とか緑が好きなほうので、テレビで拝見してピッタリかなと思ってたんですが、まさに。

 さて、真理子さんは今日挨拶を交わしたときも全身緑の出で立ちでした。

 実は私の下の妹がやたら緑が好きで、兄としては趣味悪いだけかと思ってたのですが、情熱大陸を見てから考えを改めたほうがいいかなと思ったのでした。

 実は私も隠れて緑が好きですし、父も緑のセーター永く着ていた記憶があります。田舎で緑に囲まれて育つと緑好きになるのかも。

 そのあとすぐそばの「オーバン」というスーパーマーケットに立ち寄り、菜彩鶏が売っているのを確認しました。

 青木家の皆さんにも菜彩鶏が食べられてたらいいな。

20230615_130513

 先々週見たゴルフ雑誌に、飛ばすために短く持つことを推奨しているのがあって、早速やってみました。

 そしたら、弾道は上がるし、距離は出るし、書いてあることは正しかった!

 そもそもクルマへの収納性を高めるためにもグリップ短めのドライバーを選んでるんですけど、更に2センチほど短く持つほうが私には合うみたい。だったら更にシャフトも短くしてしまおうか!?

 確信をもって14日のニチレイレディス・プロアマトーナメントの際も短めに持って振ったのですが、一緒だった笠りつ子プロをオーバードライブすること3度。ちょっと嬉しかったです。ただ、笠プロは本番前の練習のためか、ティーグランド後ろのほうから打ってましたけど。

 なお最近、バッグからほとんど使ってない3W(スプーン)、3I、4Iを取り出して、11本にしています。

 ミニマリストの私としては、小型軽量のバッグに、もう1本減らして10本のクラブにして、「十文字ですので10本で」とか言って、80台を安定的に出せたらいいな‥。

20230616_134637

 先月亡くなられた、株式会社阿部繁孝商店の先代社長、阿部荘介さんのお別れの会に行ってきました。

 私の父より少し若かったですし、現役で社長を長くされてましたので、すぐそばにある同業者の社長としてのお付き合いの期間も長かったです。岩手県チキン協同組合の先輩理事長でもあります。

 思い起こせば私が若い頃、お客様満足(CS)が経営理論のブームだった頃、反旗を翻るように「うちは社員満足だから」と笑って言っていたのが衝撃的でした。すぐに理解できなかったのですが、10〜20年すると、お客様満足の前に社員満足があると言われるようになりました。

 それだけでなく、とにかく堂々と持論を語る姿が印象的でした。会合の席が隣のときに、こっそり耳打ちする仕草なのに、周囲に聞こえる声で話すのには何度も苦笑いしたものです。

 何度か地元の接骨院で会いましたが、それが私がお目にかかった最後だったかな。何を言われたか忘れてしまいましたが、ねぎらいの言葉を頂いてありがたかったです。

 安らかにお眠りください。合掌。

20230614_184526

 私としては7回目の参加になる、ニチレイレディス・プロアマトーナメントに参加してきました。昨日の前夜祭から楽しく過ごさせていただきましてありがとうございました。

 今回一緒の組になった女子プロは、笠りつ子選手。なぜか相変わらずくじ運がいい(笑)。ずっと気さくにお話しいただき楽しく過ごせました。

 私以外の同パーティーのお二人はやはり肉関係の会社の社長。笠プロに「肉は何を一番食べますか?」と前夜祭で聞いたら、まさかの「牛、豚の順番ですね。鶏は食べれないんですよー」。

 「田舎育ちで身近に鶏がいて、ショッキングな場面を見て以来‥」だそうです。こういうセリフを聴くのは何度目になるかな。日本全国1000人に1人位はいるのではないかな。

 その後性懲りもなくツーショット写真のために何人か女子プロに同じような質問をしてみましたら、やっぱり牛肉派が多かったような。

 日本全国巡って外出先で焼き鳥食べてる姿より、焼き肉やステーキを食べてる姿が女子プロには似合いそうですもんね。これは仕方ないか(笑)。

20230613_144443

 36歳で代表取締役副社長になる前は、取締役企画室長の期間が長かったです。

 取締役でない企画室長として、27歳のときに盛岡の広告会社さんをパートナーとして社名変更とシンボルマークの導入を行った最後に、記者会見を行うというそれまでは思ってもみなかった次元のことを経験しました。

 以降、広報の重要性をますます感じて、ときどき社内にニュースらしいことがあれば、ニュースリリースを製作して、盛岡市内のマスコミ各社を回ったものです。

 地味な業界だったせいかあまり取り上げられてもらえなかったのですが、日本経済新聞さんには結構関心を持ってもらえて、取り上げていただきました。

 しかし、一度は特ダネ扱いだと思われてたのに、他紙にもほぼ同時に掲載されてしまったことで怒られたことがありました。なるほど、ニュースというのはそういうものなのだ。

 でもそれ以降その盛岡支局長さんとは親しくさせていただき、ゴルフにも何度か一緒に行ったりしたものです。懐かしい。

 さて今日は、日本経済新聞の東北面に「岩手農協チキン、再エネ電気代の一部教育支援に」という記事が出ました。YAMAGATA DESIGN蠅気鵑主になるべき内容ですが、ちゃっかり私が写真で出ていました。

 今ではこうしてパソコンでオペレーションができるらしくて、私がパソコン上でカーソルを動かしてスイッチオンボタンを押したら、数十秒後に太陽光圧電が始まったというわけです。その数十秒結構待たされドキドキでした(笑)。

20230611_132848

 本日22年ぶりに二戸市でNHKのど自慢がありました。

 観覧席のチケットは家族関係全て外れでしたが、K工場長が行けなくなったとのことで頂戴して母と一緒に行ってきました。

 放送時間前の拍手の練習から始まって、ゲストの真田ナオキさん、坂本冬美さんの放送終了後の歌もあって堪能してきました。

 地元二戸の元気を日本中にお届けするという使命で、出演者と観客が一体となって作り上げる場に参加できたということで、良かったです。それにしても真田ナオキさんのファンが結構いてビックリでした。

 ま、私も真田ナオキさんのファンだし、歌が超うまいと思っている坂本冬美さん、それに音楽大好きな気さくな廣瀬智美アナという組み合わせも最高でした。

 当社現役社員の4人が予選敗退だったのはちょっと残念でしたが、農場長の娘さんが見事合格でしたし、当社を数年前に退社したSくんが締めで歌ってました。

 22年ぶりの二戸市民文化会館での開催だそうです。その時は地元のまちづくりの友人関係が3組も本選に出て活躍してビックリでした。

 実はその残像が残ってて今回私も予選申し込みしたのですが、鼻声でしたので残念ながら予選をドタキャンしました。カラオケ準備してもらってたのにすみません。

 西城秀樹の「ブーメランストリート」を歌って、「地元を離れている人たちに、結構元気な会社があるので戻ってきてけろ!」と伝える作戦でしたが‥。
 

20230609_151127

 本日、備え付けられた太陽光発電の開始をするということで八幡平工場に行ってきました。当社では二戸工場に次いでふたつ目の太陽光発電設置の事業所になります。

 そしてこの工場だけは自前の発電ではなく、他社さんが設置して、当工場は場所貸しして安価な電気を買い取るという仕組みになります。

 その会社さんとは、ヤマガタデザインさん。2020年1月に泊まったとてもユニークなホテルを経営している会社さんで、こんな縁で繋がることになるとは思いもしませんでした。

 本日いらした幹部の方に、そのユニークな事業展開の物語を一通り聞きました。地方創生のモデルでありたいという意志のもと、デザインオリエンテッドに事業を展開してて話題を振りまいていますし、我々も地元活性の核になれないものかという想いがありますので興味津々でした。

 地元を何とかしたいという本気の想いの元、地元の人、Uターン、Iターンがちょうど3分の1ずつ集まって120人の社員を構成しているそうで、今後どんな展開をしてくれるのか楽しみです。

20230608_055725

 地元カシオペアFMの「Deep Music Mania」という番組のゲストということで、昨晩収録に行ってきました。

 なんと15分の番組中に、4曲かけて、その曲についてMCの高下タカヒロさんとトークするという趣向。当然曲はフェードアウトですね。2回分の収録をしました。

 番組の趣旨を酌んで、私が選んだのは、南沙織と大橋純子でした。10代のころよく聞いた2人です。

 南沙織は筒美京平さんの3曲と、「春うらら」のヒットで有名な田山雅充さんの1曲。大橋純子は、全て旦那さんの佐藤健さんの曲でした。2人とも歌が上手で、完成された曲ばかりです。

 放送時間は土曜10:30からで、再放送は翌週木曜15:30からだそうです。そして八戸市のBeFMでも放送されるとか。

20230607_074631

 年1回二戸での会食が恒例となっている、アサヒバイオサイクル蠅寮蚓啜子社長が「仕事の成果が上がる「自分ごと化」の法則」という本を出したとのことで頂戴しましたので、さっそく読んでみました。

 当社には鶏の腸の健康に寄与する枯草菌「カルスポリン」を納めていただいており、その位置づけ等もしっかり話題にしていただいていますが、アサヒビール系列の女性の出世頭として、何かと苦労された経験をもとに後進へのアドバイスがメインで書かれておりました。

 表題にありますように「自分ごと化」という言葉を軸に話されております。私が使う「経営者感覚」に近いような気がしますが、より大きな会社の組織人として腹落ちしやすい言葉としてあるのだなと思いました。

 千林社長には接してて、決して出しゃばらない方のような気がしていました。それもマーケティング分野で活躍され、しっかり現状認識して入念に処方箋を作っていくという仕事で鍛えられたからなのだろうと読んで思いました。

 現社長職が2017年からですから結構長いですし、まだ若いので、さらに偉くなりそう! 楽しみです!

20230605_145038

 日本ハムさんから、フォアグラに似せた鶏レバーの加工品「グアフォラ」を発売するというニュースには驚き、そして嬉しくなりました。なにせ鶏レバーの消費量は低迷していますから。

 業界人として早めに試食会したいものだと営業部に伝えておきましたら、今日実現しました。

 そもそもフォアグラ自体食べた記憶はかなりの過去のものですので、これが似てるかどうか分かりませんが、ふわっと軽い食感でしたね。

 もともと臭いでレバーを敬遠している人も多いと思いますが、それは十分クリアしてるような。

 手に入りにくくなっているフォアグラに代わるものとして開発したからか、お値段お高めのようですが、日本人の健康増進のためにもこういう鶏レバー加工品が普通に食べられる日が来ることを期待したいと思います。

20230603_153908

 手元にあるCDラジカセが1台、2台と故障し、お金かけて直す必要もないので手放して、いま使える状態で残っているのは1台だけとなりました。

 還暦となってしばらく過ぎましたが、中高生のころにエアチェックしたカセットテープを再生してみるのもいいかと、手元にある25本を順々に再生し始めまています。

 微かに覚えているのもあるし全く覚えてないのもあって、なかなか新鮮です。そもそもこの何十倍かの量があったはずで、その中にはあまり聞かなかったテープも多々あったはず。というか、メジャーどころのはCDで買いなおしてるので、残っているこれらのは「その他補足」レベルのかもしれません。

 メタルやハイポジションテープを買って、カセットデッキでドルビーB/Cシステムを使用して高音質で録音してるのに、トーンコントロールさえ低音のツマミしかないラジカセで聞くのは忸怩たる思い(笑)ですが、それなりに健全に鳴ってくれるだけでもよしとしましょうか。

20230531_151421

 養老孟司さんのベストセラー「バカの壁」(2003年)は私も読みましたし、面白かったので続編の「死の壁」(2004年)「超バカの壁」(2006年)も読んで本棚に並んでいます。すぐ内容は思い出せませんけどね。

 気になる面白い人ではあるので、何かで見かけたのをきっかけに、その続編となる「「自分」の壁」(2014年)「遺言。」(2017年)「ヒトの壁」(2021年)を手に入れて読んでみました。前3作とは少し離れた後の著作でした。

 一番の読むモチベーションになったのは、どんどん悪化している気がするこの日本の社会について、養老先生はどう見ているのかな?というものでした。

 そういう意味ではかなりの気づきを得て、マーカー線がたくさん引けました。「日本人はただ反応してるだけ」と言ってましたが、確かに深く考えずに空気を読んで忖度してるだけかも。相変わらずの冷めた見方が冴えてました。

 最後は愛猫の死にまつわる話でした。ちょっとだけ犬派だったからか、言うことを聞かない存在だからこそ愛情の対象になりうるというロジックはこれまでの私にはなかったかもしれない‥。

↑このページのトップヘ