きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

2023年02月

20230226_141506

 今シーズンのスキーは10回出かけました。12月31日から2月25日までの約2か月間で10回。淡白な私にしては過去最高レベルじゃないかな。

 体が欲しているというより、頭で判断してですね。陽に当たること、運動して体をほぐすこと、冬の肥満回避、スキー技術を維持するため、それにドライブ、が目的です。

 今までほぼ一人が多かったのですが、今シーズンはお仲間と行くことも結構ありました。すると結構寒いときに当たって、案外寒くても滑れるものだと再認識したりして。でも寒くない時がいいです(笑)。

 昨年まではリフト上ではスマホとイヤホン繋いでラジコ聞いたりしてましたが、今年は一人でも何も聞かないで、考え事することが多かったです。ヨガ教室の時もそうですが、リフト上も格好の頭の中を整理する時間になっているような。

 来シーズンは会社の同好会企画(10人以上集まれば1人3000円補助)で、社員を連れてスキー&スノボを久しぶりにやろうと思いついて後に指示しました。

 地元にせっかくある観光資源を社員にどんどん使ってもらうきっかけ作りということもあって。だって、もったいないじゃないですか。

 さて、いよいよゴルフの予定が間近になってきましたので、今日はスキー道具は仕舞って、スキーウエアは洗濯して、市内の馬仙峡ゴルフガーデンに行ってきました。

 今日のこの時は氷点下でしょう。でも寒い中営業しててくれてありがたい。両手グローブして50球打ちました。

 火曜日ほぼ2か月ぶりでコースに行くことになります。今シーズンは下降線をたどるアベレージをなんとか食い止めねば‥。

20230224_094146

 昨日は社内でSNSに関わる広報課、採用課、営業部、PJ二戸フーズの担当者と上司を集め、SNS講座を開催しました。講師は私です。

 以前は「どこを見本にしてやったらいいですか?」と聞かれて「自分で考えてやって」と答えてましたが、よく考えてみたら、私のブログ歴やSNS歴が長くなってそれなりにスタイルができてきてて、社長とあまりにも違う社員のSNSスタイルというのも公式アカウントとして緩すぎると思えてきたので、「私を参考にしなさい」が一石二鳥になると気付いたというのが経緯です。

 一番強調したのが「サービス精神」と「メタ認知」ですね。見てくれる全ての人に親切な書き方。そして、こちらの都合でなく見る人の立場を考えて書くこと。

 押し売りは駄目だよ、と言いましたが、こちらの情報を出すことが駄目と言ってるのではなく、見る人が価値があったと思えるかどうかですよ、Nくん。

 SNSの各論に入ると議論噴出。というのも私自身、すべての機能を使いこなしてるとは言えませんから。特にインスタはもうギブアップ状態ですし、若い人たちのほうが知ってるようでした。

 当たり前ですが、感度の高い人たちが担当してくれています。時期が時期なので、新年度に向けてどう変わっていくのか、私も楽しみです。

20230222_103428

 一昨日オンラインで開催された、日経アニマルウェルフェアシンポジウム2023の午前の部を聴講させていただきました。新しい言葉もいくつか知りましたし、改めていろいろ考えさせられました。

 山本謙治さんのエシカルの視点をベースにした講演での、「日本には飲食店を評価するのに美味しいだけの判断基準しかない」とか「アニマルウェルフェアから見える日本人は利己的」という言葉が刺さりました。

 また宮沢隆さんの「動物にポジティブな気持ちを抱かせて免疫力を高める」という発想にはなるほどと思いました。

 森田茂さんのデータでは、「消費者が思っている以上に生産者は動物の健康に配慮している」と解説を頂き元気を頂きました。

 日本は生魚に接する機会が多いからか、アニマルウェルフェアはなかなか根付かないわけですが、イルカショーをやっているのは最早日本くらいとの指摘されると、徐々に変わっていかざるを得ないんでしょうね。

12623-2

 4年ぶりの経営計画発表会を3月8日に予定しております。

 会場はいつもの二戸パークホテルさんですが、コロナ対応で広めに会場を取ってもらって、最小限の時間で済ませ、昼食無しで代わりに弁当を持ち帰ってもらうことにしました。

 その弁当をどうするかですが、昨年の当社カレンダーで取り上げたような地元の食材を積極的に利用してみたらどうだろうか?と言ったら、試作品が出来上がってきて、今日昼食べました。

 しかしまあ、この食材表示だけで満足(笑)。しかも手が込んでて、これは二戸パークホテルさんのインスタ映え狙いのかなりの力作かと。食べると私好みのしっかりした味付けで、メリハリがあって美味しかったです。

20230222_123434

 一日限りの商品だと思うともったいないような。

 今回160人ほどのために特注になりますが、これを参考に地元食材縛りの弁当が流行ってくれたらいいですね。

(写真:上は営業部でファーウエイのスマホを使って撮影、下は社長室でサムスンで撮影。若干色味が違いますね)

20230221_114249

 鶏と豚では全く業界が違うということで、同じ岩手県にありながらほぼ交流が無かった銀河フーズさん。

 昨年、金澤社長に声をかけていただきゴルフをする機会があり、本日初めて企業訪問させていただきました。

 豚原料でハム・ソーセージ類だけを作っているものと思っていましたが、なんと当社原料も調達してサラダチキンなどを作っているとのことでした。存じ上げず失礼しました。

 銀河の名前は、花巻市生まれの作家、宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」からとられたものだからか、地元産原料にこだわりがあるようで、欲するのは岩手産の鶏肉ということで当社と相性がいいようなのでした。

 案外市内中心部にある建物では、協力会社さん含め200人もの方々が働いており、他に50名もの方々が各地で営業に携わっているとか。

 自ブランドでコンシュマー用途に絞って生産販売しているということで、これまた我々とは全く違う世界なのでした。

 もともと雪印系列の工場だったはずですが、MBOして、こうして地場に根差して事業を進められているということで刺激を頂きました。ありがとうございました。

Screenshot_20230219_100638_Adobe Acrobat

 中国ブランド、バッテリーEVのBYD ATTO3を注文しました。

 東北は郡山に販売拠点ができたとのことで、連絡取ってみて、私の還暦の誕生日4月9日に間に合うかもしれないということで、ついついその日のうちに決めてしまいました。国産車の納期が長引くなかで、この納期は魅力でした。

 この春の新車候補としては、マツダCX-60や、マツダロードスター、カローラクロスといった候補がありましたが、CX-60は会社の役員車になるし、ロードスターはやっぱり手元の古いNB可愛いし、カローラクロスはタイミングを逃してしまいボツになってしまってて、なんだかな〜状態でしたが、救世主登場。値引きゼロは崩せそうに無さそうでしたので、ある意味早い(笑)。

 色はボルダーグレーにしました。サーフブルーとフォレストグリーンにも惹かれましたが、唯一嫌いなディテールであるシルバーのCピラーとのマッチングを考えると無難かと。エキストラコストもかからないし。

 では、そもそもなぜATTO3にしたかというと、保守的なデザイン、サンルーフが標準装備、バッテリー性能、柔らかな内装デザイン、日本車と同じウインカー位置、そしてリーズナブルな価格といったところですね。

 BYDのブランドは日本に馴染みがないから云々の懸念は想定されるところですが、そもそもブランドに疎い方ですし、トレンドの先端を行く心意気で行こう!と前向きな考え方に昇華できてるかな。

 BYDのサイトを見てますと、秋に出る四駆のセダンも、夏に出るBMWアクティブツアラー対抗のサイズ感のハッチバックも魅力的で、全部欲しくなるくらいですが、還暦祝いということでこれでいいことにしましょう!

 ちなみに郡山のディーラー納車にしましたので、どこかで充電してからでないと家に着かない。そこから未知なる冒険の始まりで、還暦の誕生日ワクワクなはずです。

(紙のカタログは無いそうで、画像はpdf書類からコピーしたものです)

20230218_072821

 2007年から2012年ごろまで5年連続で東京医科大の大久保公裕先生のところに通って舌下減感作療法を受けて、杉の花粉症がほぼ8割方軽くなった感じでしたが、一昨年、昨年と春のピーク時にちょっと辛い感じがありましたので、再開しようと地元の病院を探してみました。

 そしたら、当社の八幡平工場の近くのエールクリニック八幡平が舌下減感作療法をやっているというので、昨年11月上旬に行って診てもらって以降、毎朝舌下からスギ花粉エキスを吸収しています。

 折しも今年はスギ花粉の当たり年のようで、10年に1度の飛散量だとか。まずまずタイムリーだったかもしれません。しかし2年連続で治療するのがスタンダードのようです。

 コロナでの行動制限も解除されてきましたし、日本列島、スギ花粉を避けて北海道や沖縄への旅行を増やしたい思いに駆られます。でも今年の約束ごとは予定通り全う出来ることが最優先かな。

20230217_155422

 コスパ(コストパフォーマンス)ならぬタイパ(タイムパフォーマンス)という言葉が定着しつつある世の中ですが、私は以前からどちらも追及するタイプだったかなと思います。

 何事も、賢く、無駄なく、短時間で済ませて、お金や時間の自由を獲得するという戦略で公私ともに選択をしてきたような。

 だから、隙間時間を埋めるべく「ついでに」何かをやってしまうとかいうことが大好物だったような気がします。で、それに付随するスリルも楽しんできたかな。

 でも、経営の師匠、小山昇さんや稲盛和夫さんは「ついでに」という考え方はあまり歓迎してなかったですね。軽いですもんね。

 昨日記事にした本では著者、東海友和さんのお父様の言葉が書かれてましたが、それは「同時に二つの作業をするな」「刃物を使っているときにしゃべるな」ということで同じような指摘でした。「二兎を追うものは一兎をも得ず」ということなのでしょう。

 どこに正解があるかわかりませんが私にも揺り戻しがあって、そのひとつが歯磨き。洗面台から離れずに集中して磨くようにしています。飛び散っていいことありませんしね。

20230215_104419

 2018年に出版された、東海友和著「イオンを創った女――評伝 小嶋千鶴子」は直後のそちこちの書評で高評価を得ていることは知ってました。

 そして、いま閑散月の2月だからか5年ぶりに私のアンテナに引っ掛かり、やっと手に入れて読んでみました。そして前後してYouTubeやGoogleを駆使して、故小嶋千鶴子さんについて情報を集めてみました。

 23歳で後のジャスコの元となる家業の岡田屋呉服店の社長となり、30歳のとき学生だった弟に社長を譲ってしまうというところからして大胆ですよね。

 結婚でいったん経営を離れるも、復帰後は社員教育に力を入れ、日本一の小売企業を率いていく弟を陰で支えます。

 そして65歳で仕事を離れ、作陶の世界に入って、さらに私設美術館を設立するなど第2の人生も走り続け、たくさんの人に薫陶を授け106歳まで生きたということで、いや確かに凄い方です。

 イオングループの社員は56万人だそうで、人本位の企業グループのイメージは揺るぎなく今に至っていますが、それも小嶋千鶴子さんあってのこと。

 たくさんマーカー線を引きました。どちらかと言えば私自身はもともと革新的なタイプだったはずですが、社長になって保守的になってきているように自覚しておりまして、これは軌道修正せねばと尻を叩かれた気持ちになりました。

20230214_114803

 今日の昼ごはんは、二戸パークホテルのレストラン山桜にて、縄文風食のコースをいただいてきました。ごちそうさまでした。

 スターターもメインも鹿肉で、それぞれソーセージと串焼きでした。串焼きはさすがに少し癖がありましたが、ソーセージはあっさりでしたよ。

 鹿肉の特性をネットで調べてみますと、低カロリー、高たんぱく、鉄分が豊富ということでとってもいいみたいですね。

20230214_113629

 最近ハンターが減っている中で、鹿は繁殖力が強いのでどんどん増えてて森にとっては良くないことだと聞いてましたが、こうして鹿肉を消費することで狩猟にも力が入るといいですね。地元でときどきお目にかかるときは、可愛い!としか思いませんけどね。

 春、鳥インフルエンザのシーズンが終わったら、今年はお客様がラッシュでいらっしゃるでしょうから、鹿料理をふるまいましょうか。ダメな方は先に言ってください。

IMG_2507

 社長をやっていると、お客様を含め感謝されることが多々あります。

 「逆にこちらのほうがもっと感謝しなければならないのに!」と思えるので、こちらからの感謝の思いが伝わるよう鍛えられてきたように思います。

 当たり前ですが、日ごろから大変お世話になっていることと、先回お目にかかった時に時間を割いていただいたことや、おもてなしをしていただいたことを忘れず伝えるようにしています。

 しかも、通り一辺倒な言葉の羅列や、抑揚のない話し方では伝わらないどころか逆効果で、実は冷めてて口先だけと思われがちです。

 そう、感謝はなかなか伝わらないものです。そしてそれは公私の区別なく人間関係を築くための基本です。

 自分は本当に相手を感謝しているのか、どれくらい感謝しているのかを自省しながら、その気持ちが伝わるよう表現していきましょう。

(本日の朝礼で)

20230212_160652

 超重量級のスピーカーを手放して、リビングにあったダイヤトーンDS-1000をオーディオルームに格上げしてみたら、まずまずよく鳴ってくれました。

 ライフスタイルが変わってきつつあるのでオーディオルームはゆくゆくは閉鎖すると思ってたのに、ついつい‥。しかし冬と夏はほぼ使わないつもりでいます。電気代上がりましたからね。

 一方、リビングはここ10年逆単身赴任であまり使わないでいましたが、家の真ん中にあるので空調面では電気使ってもいいかと。

 また、ここの120インチプロジェクター活用で閉じこもりがちな冬は凌ぎたいところ。ダイヤトーン亡き後、超コンパクトなスピーカーをメルカリで衝動買いしましたがやはり役不足だったので、Amazonで売ってたアクティブスピーカーEdifier S2000MKIIIを入れてみました。

 オーディオ雑誌のレビューにはまず出てこないブランドですが、Amazonのレビューでの評価を信じて導入を決断。トーンコントロールを駆使した結果、結構満足しています。

 これくらいのアクティブスピーカーを買うのは久し振りですが、やっぱりアンプの存在が目の前からなくなるっていいですね。しかも、スピーカーの特性に合わせてアンプを調整できてるので、合理的です。しかもこれはBluetooth付いてるし、LINE入力2系統あるし、デジタル有線も両対応。デザインはイタリアブランド研究したかな?

 オーディオ雑誌には、アクティブスピーカーではJBL 4309が高評価で人気と謳われていますけど、お値段お高めなので次に取っておきましょうか。

 それにしてもこれは自分の性だと思いますが、スピーカーのポテンシャルを最大限に引き出して鳴らしたいとついついボリュームを上げてしまいがちなので、これくらいコンパクトだと抑制が効いていいです(笑)。

20230210_162034

 日本経済新聞は欠かさず目を通していましたが、今年から岩手日報にも目を通しています。

 実家では資源ごみに出す手間が省けて良かったのではないかな。父が免許返納したことでクルマ雑誌の行き来が無くなったので、その代わりにという感じです。

 我が家はスーパーの近くなので、買い物ついでに寄ってくれるというわけです。今日は私が実家に行きましたが。

 それまで地元のニュースは、NHKの平日20:45〜21:00のニュースを毎日録画して、早送りで大事なところだけ見てる感じでしたが、もうちょっと詳しく知りたくなって。

 ますます地元あっての当社という思いが強くなったこともありますが、コロナで行動半径が狭くなって、さらに年齢ゆえか近辺のものごとに目を向けたくなったからかも。いつまで続くかな?

20230209_074127

 本屋さんで買った「BIG ECHO FAN BOOK」がきっかけで、同じ宝島社のファンブックシリーズを集めて読んでみました。

 どれもがチェーン店のものであり、割引券が付いてて、ファン代表の有名人のインタビューが出てて、就職したくなるように活躍する社員の姿が描かれていました。

 また、全国津々浦々に展開するたくさんの人に愛されるチェーン店って、いろんな困難を乗り越えてノウハウを積み重ねて今の洗練された姿になっているわけで、製造業の私の立場でも異業種の企業を知る教材として価値があると思いました。

 最近だと「せっかくだからありきたりのチェーン店でなく高級店で」というよりも「せっかくだから周囲と話してて共感できるネタになるチェーン店に行っておこう」と思えるのも、テレビでチェーン店を深堀する番組が増えてからなのでしょうけど、ますますこういう書物で加速しそうな気がしました。

 飲食店組のファンブックには商品開発担当者が出てくるわけですが、よくあるのが有名店の、高級店のシェフでしたという経歴。今やそういう尖った才能がチェーン店の中に隠れているわけで、「大衆店の顔をしたチェーン店万歳!」と言いたくなります。

20230208_140456

 今シーズンでは5回目のスキー。たまには新鮮味を出してみようということで、ひさしぶりにショートスキーで滑ってみました。

 一時期ちょっと流行ったかと思います。こういう選択肢があると知り、車に積むのもゲレンデまで運ぶのもとっても楽で、ストックも要らないということで、自分に最適だと思ったものです。

 しかも子供のころ、プラスチック製のミニスキーが大好きで、通学の道の半分をスキーで降りてた頃もありましたからね。

 ま、これはそこまで短くなくて、131cm。通常は164cmのを使ってるので、20%短いだけです。

 さて、今日の奥中山高原スキー場は、2月上旬というのに月・火と暖かかったからか、けっこうハードなコンディションだったので少々緊張しながら滑りました。

 車と一緒だなと改めて思いました。デカい車はゆったりしてて安定感あり。小さい車はきびきび楽ちん、でもちょっと危ない。しかし私にはそのほうが魅力的かも。

 もっと短いとロードスターのトランクにも収まるのだけれど、助手席からこれを出して颯爽とゲレンデに向かうのも悪くないかな。

 でも、後輪駆動のロードスターでスキー場への坂道を登れなければ迷惑なだけか(笑)。

20230207_102434

 昨日月曜日はお腹が痛かったんだけど、平熱だったのでひとまず出社。朝礼に出て8時半過ぎ、約束してた一関方面へ車で出発したのだけれど、気分がすぐれないので出張の中止を決断。八幡平インターで引き返しました。

 調剤薬局でコロナの抗体検査キットを買って、帰宅してやってみたら陰性。その後どんどん熱が上がって寝込んで38.5℃まで行って、夕方には37.5℃になったのでかかりつけ医の駐車場まで行って診察してもらって、整腸剤と解熱剤を処方してもらって帰りました。

 その後再び熱が上がったので、解熱剤飲んで寝ました。昨晩寝てる間38.4℃になって苦しかったのですが、今朝は平熱まで戻っています。

 というわけで自宅で時間をつぶしてるのですが、番組をダビングしたDVDやBDの一部を処分する決断をしました。主には「写真家たちの日本紀行」「ゲンキの時間」「カーグラフィックTV」の3つの番組で、84枚ありました。

 いつか見るだろうと撮ってあったわけですが、全然見ないので(笑)。ちなみにこんなふうにディスクに番組を残す習慣が根付いているのは世界でも日本だけのようです。

 私もそもそもFM番組のエアチエックを10代のころに始めたけど結局ほとんど捨てることになったのに、同じような無駄を再びやってしまってるわけで、苦笑いしかない。

 残った50枚ほどのDVDやBDは好きなアーティストのライブだったり特集だったり、ゴルフなどEテレのハウツー番組だったりするわけですが、それも要らないかもしれませんね。

 また、最近のBDレコーダーは、HDDの容量も上がってるし、録り溜めたHDDのデータを他のBDレコーダーに移行することができるそうで、残ったDVD、BDのデータもレコーダーのHDDに収めてすっきりしたい衝動に駆られます。

 でも捨てるのが一番かもね。

20230202_164042_copy_800x600

 Googleフォトにある私が写った写真を、久しぶりにプリントしてみました。

 しまうまプリントというサイトで、久しぶりにアクセスして値上げしてるかもなと思いましたが、1枚7円で送料130円、100枚以上で送料無料と相変わらずリーズナブルでした。

 久しぶりのプリント、いいですね。スマホで見ると存在感希薄ですけど、手に持つ一枚一枚の重量感によって、それぞれの思い出がより重いものになるような。

 そして、コロナ期間中なのに割りと思い出作りができてて、楽しませてもらっているんだなと思いました。周囲に感謝です。

 時が経つのは誰にも止められない。だからせめていい思い出作りを。そう思うのは、映える写真を追求する若者と何も変わらないのかもね。


20230202_105035

 次年度の経営計画手帳に掲載される部門方針。

 会社全体の方針を役員会で決めた後、それぞれの部で部門方針を作成してもらい、それに私から一言言って修正してもらって、1月下旬丸1日費やして行われる事業計画ヒアリングの場で修正したものを見てまた難癖付けて、今週は個別に最終確認作業をしています。

 今年は特にうるさく言って修正してもらっています。それは他部門の人も含め4月の朝礼で唱和する場があって、それが大事だと改めて思ったから。唱和するなら、その部門でなくても容易にイメージできる具体的な文書にしなさいと。

 しかも、幹部、部下の皆さんが英知を結集して、これまでやったことのない次年度やろうとするものを明確に示せと。いや、目標のハードルを上げろというのではなく、楽に結果が出るような重点手段を示せと。

 それをシンプルな最小限の文字数で、洗練された言葉を使ってと。

 さらに、その方針文を説明する補足は今年から、過去数年のその流れでの取り組みだとかが分かるようなものを付けなさいと。

 これで各部門の手帳の方針の1ページは、より分かりやすい、内容の濃いものになると思っています。

 経営計画手帳のメジャーなアップデートが今回もできてホッとすることでしょう。

↑このページのトップヘ