きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

2022年10月

DSC_2477

 今日唱和した「稲盛和夫 経営の原点12ヶ条」ですが、「経営12ヶ条」という題で稲盛和夫さんが亡くなられてから出版されてベストセラーになっているようです。

 年に何度か唱和(第5月曜日)するわけですが、徐々に時代とのズレが感じられてきているのかもしれません。8番目の「燃える闘魂」はアントニオ猪木さんの代名詞でもありましたが、亡くなられましたし。

 こういう野性的な精神のことを経済用語で「アニマルスピリット」と言うようです。日本はアニマルスピリットが減退しており、中国は健在だったわけですが、習近平さんが3期目に入るということで、押さえつけが増してこれから弱くなるのではないかと言われています。

 昭和のイメージで経営の原点12ヶ条を受け取る人がいるかもしれませんが、いずれアニマルスピリットが無くなれば、国も会社も衰えるということは普遍の真理なのです。

(今朝の朝礼スピーチ/写真は10月26日の製造部パークゴルフ大会の始球式)

20221028_083251_copy_1600x1200

 昨日、お客様とゴルフの前に時間がありましたので、そのお客様を乗せてドライブ途中にあちこち寄ってみました。

 そのひとつが、長倉大橋。ついこないだ久しぶりに行ったところです。今回は紅葉の景色が期待できるはず。

 行ってみたらまだ早いようでしたが、その高所からの眺めは十分楽しんで頂けたようです。

 橋の東側の駐車場の看板をお客様に指摘されてよく見てみたら、「‥地域の主要生産品目であるブロイラーと鶏糞を市街地を経由せずに運搬することが可能になり‥」と書かれてるではないですか。

 ありがたいことです。

20221026_092527_copy_800x600

 今日は会社が休みでしたが、製造部では3年ぶりに、パークゴルフ大会と運動会が別会場で開催されました。

 35歳以上はこれまで同様洋野町のおおのパークゴルフ場で68人でパークゴルフ。35歳未満はこれまでは屋内ででしたが、コロナ対応で一戸町総合運動公園陸上競技場で134人で運動会になりました。

20221026_105440_copy_800x600

 どちらも天気はときどき雨が降りましたが、予定通り終了したようです。よかった。

 ちなみに私は、朝9時からのパークゴルフの開会式にて挨拶して、途中移動して10時半から30分だけ運動会に行って、ウォーキングサッカーに若いのに混じって汗を流しました。アルティメットフリスビーは見るだけ。

 そのあと生産部、営業部、品質部の日帰り合宿中の安比高原に行って昼食のあと、午後は十文字フィロソフィ勉強会を2時限分やって終了。

20221026_103812_copy_800x600

 さて、パークゴルフ大会と運動会はもともと9月に予定してましたが、準備もあるので7月頃一旦断念しかかりました。

 でも、楽しみにしてる人がたくさんいるんだから何とかならないかと言ったら、ちょっと寒い日になりましたが開催にこぎ着けてくれました。

 忘新年会はまたもや開催見送りになりますので、登山とこのパークゴルフ、運動会は私の執念の結晶かな。

 社員の笑顔が見れて良かった。スタッフの皆さん大変お疲れ様でした。

20221025_151420

 Wordで文書作成するときに、3ページ目の上半分で終わったりすると、余白や改行スペースを工夫して2ページで収まるようにしませんか?

 私は昔からそうするほうでした。

 ずっと人には言わなかったのですが、こないだ身近な部下が作った3ページの文書を受け取り、私ならこうするとこぼしたら直してくれました。

 その文書はお客様来訪の2日間のスケジュールなどが書いたものなので、両面印刷すると1枚に収まり、ポケットに収まりが良くなるはず。

 それにペーパーレスになりますから、SDGsにもつながります。

 僅差ですが、こういうところに気が利く人が仕事もできる人かと思います。

20221022_124212

 先週土曜日は、ANAクラウンプラザリゾート安比高原(旧:ホテル安比グランド)で、製造部、支援部、環境部の部門研修がありました。コロナ禍前は春・秋と一泊二日で部門合宿をやってましたので、その日帰り版と言う位置づけです。

 その中には、通称「社長の時間」があり、今回は約1時間、経営計画手帳にある十文字フィロソフィの,らΔ泙任諒拔会としました。

 当日までに読んで発言を用意してきてもらいました。私からは、通常の質問、私はこうします的な宣言、それに「こういうシーンが当てはまりますよね」的な場面の3つの切り口でと言っておきました。

 ちなみに、,れいな心で願望を抱く、∩把召平瓦鮖つ、常に謙虚であらねばならない、ご脅佞竜せちを持つ、ゾ錣北世襪、γ膣屬里燭瓩某圓す、の6つで、それぞれ100〜300字ほどの文章です。もちろん今年8月に亡くなられた稲盛和夫さんの遺した京セラフィロソフィの95%コピーです。

 間断なく発言があり、私や幹部から回答し、3年ぶりで大丈夫かなと思いましたが、やっぱりやってよかった。

 以前は京セラフィロソフィの勉強をたっぷり2時間やってましたが、1時間でも結構価値あるものになる手ごたえがありました。しかし、ちょっと駆け足になってしまったかもという面はありましたね。

 明後日水曜日には、同じANAクラウンプラザリゾート安比高原で残り3部門の部門研修があります。少しでもいい時間になるよう準備したいと思います。

20221021_104945_copy_800x600

 昨日と今日で4回、3年ぶりに生産農場長地区大会を開催しまして、計140名ほどに参加していただきました。

 私の挨拶のほかは、防疫に関することが大半でした。

 今年2月には久慈市で初めて岩手県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生しましたし、今シーズンも既に全国各地の野鳥で6件検出されていますので、皆さんいつにも増して真剣に聴いていただいたようです。

 この冬に向かって各農場に更衣棟を新設してしましたので、危うい環境下であってもなんとか潜り抜けてほしいものです。

20221020_150424

 平成10年に角川書店から出された「岩手県姓氏歴史人物大辞典」に十文字についての解説が載っていました。というか、出典は我が家の家伝からだそうで、我が家の世代間のコミュニケーションが怪しくなっているのかもしれません(笑)。

 天性12年、豊臣秀吉の全国平定最後の戦いとなった奥州二戸の九戸政実との戦いの時、秀吉方の馬丁として働きそのまま当地に居住したという。

 先祖が馬丁をしていたことから家紋を馬の轡(くつわ)の形をとって丸に十の字とし、この家紋から十文字を名乗ったと伝える。

 判明する本家の系譜は、市助−三九郎−辰吉−三郎−亥太郎−健助−保雄と続く。

 寺子屋を開いた三九郎、村会議員を務めた辰吉をはじめ代々村の中心的存在だった。

 ‥などとありました。村と言っても穴牛は20戸あるかないかですけどね。

 父は6人兄弟の長男として、ちやほやされて育ったと聞きました。私もボンボンと言われたことがありました。しかし、祖父は浮ついたことは一切しゃべらない人でしたので、その先の祖先のイメージが湧かないのが正直なところです。

20221014_182725

 先週末、北上市の居酒屋「鬼剣舞」で、県南の名の通った会社の後継者たちと1年ぶりの親交を深めてきました。

 40代前半の人たちに混ざって何故か59歳がひとり(笑)。ま、でも私も後継者の一人でしたから、話が合うんですよね。

 その鬼剣舞さんの料理は何でもおいしかったですが、何より780円の「鬼串」の存在感。普通のヤキトリと比べてそのサイズ感が分かるように撮りましたが、小さいのを何本も頼むよりお得なこと間違いなし。

 というか、柔らかい菜彩鶏の肉感がもはやヤキトリの範疇を超えてて、鶏肉好きのハートを漏れなく射抜くことでしょう。

 ちなみにここの20代のシェフは絵心があって、ある個室の壁に鬼剣舞の絵を直筆で描いたそうで、それがなかなかの出来栄え。先には個展開く計画もあるのだとか。

 そういう才能を仕事に関係して発揮させるK専務、さすがです。


20221013_070750_copy_800x600

 スマホの機種交換の日は十和田湖畔のホテルに泊まり、翌朝朝食のあと散策路を歩いて初撮りしてみました。

 機種交換前のファーウェイの色乗りのいい写真は時々あまりにあざとくてナチュラルになるよう調整しましてましたが、このサムスンのもなかなかこってりでした。

 いや、でも、嫌いではないんですよ。スマホ持ち前の自動調整機能をガンガン働かせてきれいな写真に仕上げてもらうのが。

20221013_070303_copy_800x600

 そういうのをコンピュテーショナルフォトグラフィと言うのだそうです。

 オーディオの世界で言えば、アンプ内蔵のアクティブスピーカーみたいに、ハードの弱点を一気通貫させて最適化してソフトで補うみたいな。

 大型センサーを使った物量投入型のフルサイズ一眼にかなわない面はあるのでしょうが、逆にスマホのほうが進歩してる面もあって、手軽に確実に美しい写真を残せるのは明らかにスマホと言える時代になったのではないでしょうか。

1050102 (1)

 スマホを4年使ったファーウエイP20 proから、サムスンS22に入れ替えしました。会社でお世話になっているキャリアによりNTTドコモのものです。

 ファーウエイでそんなに不満無かったのですが、今年に入ってgoogleマップでGPS信号が入らなくなることが肝心な時にあって、大事なスケジュールにギリギリ間に合ったけど、これはまずいと思ったことで決断しました。

 いや思い出せば、そもそも新品の頃からGPS信号が途切れて泡食うことが時々ありました。それでもその後、元通りに使えたりするものですから、まあいいかと使い続けました。

 バッテリーは確認すると新品時より50〜80%の範囲まで劣化してるのですが、コロナ禍でそれほど出かけなくなったということもあってさほど困ることが無く来てたのですけどね。

 処理性能だって、私にとっては十分ぬるぬる。イライラすることはほぼ無し。内臓スピーカーも有機EL画面もかなりいい。

 カメラ性能では、超広角がないとか、望遠の画質が劣るとか、マクロが無いというところが最新の上位機種との違いでしょうか。

 このブログやSNSでアップするために、そのカメラ性能は高いに越したことは無いけど、コンパクトさは維持したいということで、ドコモのラインナップの中ではソニーのXperia 5靴肇汽爛好S22が候補になったわけですが、ソニーは横幅が狭くて表示文字が小さくなることを懸念してサムスンに決定。

 一昨日からそろそろ48時間になるわけですが、徐々に馴染んできていますし、やはりそのカメラの守備範囲が大いに広がったようで楽しみです。

 処理性能はますます早くなって、あまりに敏感過ぎて、生きてるみたい。ああ、スマホやパソコンの高性能化って、出来ることはほぼ変わらないけど、待たせる機械から人のように敏感さをもった疑似生物化なのかなと思ったり。

 傷ひとつなくまだまだ使えるスマホを手放そうとしていることに少々罪の意識を感じますが、新たなスマホを使いこなすことは楽しいですね。少々煩わしさを感じるのは年齢ゆえかな。

IMG_20221011_142849

 醗酵鶏糞、乾燥鶏糞、炭化鶏糞を製造していたのを止めて、バイオマス発電所に移行したのが2016年。

 その後、どちらかというと鶏糞原料が不足している状況でしたが、最近では農場での増産が上回って、自社の鶏糞だけでも発電所単独では捌き切れない状況となっています。

 そこで自然と、過去の稼働していたコンポスト工場の再稼働が始まっています。昨日はその現場を見に行ってきました。

 最も販売量が多かった、醗酵ペレット鶏糞を作る軽米コンポストは、6年間眠らせていた機械を使えるよう再調整しているようです。

 作るほうと同時に、販売先も確保しなければなりません。6年前には頭を下げて製品供給をストップしたのに、こちらの都合で再度買っていただけるかどうか‥。

IMG_20221010_162947

 LINE既読問題って覚えてますか? 既読になってるのに返事が無くて、無視されたと傷つくとかいう話ですね。

 そもそもLINEはプライベートのやり取りに使われるものなので、男女関係の駆け引きとかでそれもまた良しなのでしょう。やたら返事が早いと暑苦しいとかありますよね。

 しかし仕事で使ってて、プライベートと同じ感覚で、すぐ返事がないっていうのは残念だなと感じます。これはLINEだけじゃなくて、メールでも、口頭でも同じです。

 「あとで100点満点の答えを用意するので文句はないでしょう」と思ってるのかもしれませんが、仕事ができる人は「了解しました。今日のうちに回答します」などと相手をまず安心させるものです。

 回数を重ねてやり取りすることがいい関係を作りますしね。第一報ができる人が仕事ができる人なのです。

(今朝の朝礼でスピーチ/写真は昨日一戸町鳥越で)

IMG_20221009_120055

 昨日、久慈市産業まつりに行って、十文字チキンカンパニー久慈工場と十文字丸善スープのブースを確認してきました。

 7月に予定してた当社の感謝デーは3年連続中止となり、地元の方々に落胆を与えてしまったわけですが、コロナも徐々に落ち着きを見せ、この日の産業まつりはたくさんの人でにぎわってました。

IMG_20221009_115955

 久慈工場ブースは、菜彩鶏と格外品という両極端を1kg冷凍パックで販売しました。10時のオープン時は行列でごった返したそうですが、私が行った正午前はさほど並ばなくても買える状態でしたね。

 スープのブースでは今回は、丸善食品工業さんのレトルトビーフカレーの販売をしました。これホントに美味しいんですよ。

IMG_20221009_115919

 2パックで300円で販売。しかしだいぶ苦戦してたような。ポップに「レトルトビーフカレー300円とあるんだけど、間にごく小さい字で「2個」とありました。あらら、これじゃあ売れないわな(笑)。隣に比べポップも寂しい。

 がっかりして、それ指摘して後にしましたが、その後何とか用意した800個は売り切ったそうです。ホッ。

 ちなみに今日も産業まつりあるはずでしたが、天候不順で中止だったそうです。


IMG_20221008_113951_copy_800x600

 コロナ前は例年2日間二戸駅西口で開催されていたトリコロールフェスタですが、今年はできるか微妙な中、急遽昨日一日だけ開催が決まり、鶏王国北いわて推進協議会としてブースを出しました。

 北いわてにはチキン会社は4社あり、各社5名ずつ計20名、プラス岩手県チキン協同組合事務局2人の22名で、照り焼きチキンを店頭で作って販売しました。行列が途絶えることは最後まで無かったかと思います。

 地元にはかなり定着した味だと思います。組合独自のタレというわけではないのですが、バーベキューで美味しさが倍加するみたいです。

 しかし、私も経験ありますが、焼くのは結構大変です。休みを削ってさせる仕事としてはちょっと申し訳なさすぎする。

 また、普段顔合わせあまりしてない同士なので、皆さん終始黙々と働いてる感じで業界のイメージとしてどうかなと言う気もします。

IMG_20221008_114255_copy_800x600

 更に言うと、他にもチキン料理を出すブースはたくさんあるので、我々が主役でなく、飲食関係者が競ってやってくれたらいいのにと思っています。

 「とり合戦」という以前のタイトルに沿って、4社の素材を元に、トリ料理を競うイベントできたらなあ。

 というわけで、照り焼きチキンも以前やってたヤキトリも組合関係では今回が最後になりそうです。

IMG_20221006_152028

 一昨日、青森県青森市にある螢譽鵐粥さんの青森工場を見学させていただきました。

 レンゴーさんと言えば段ボールのトップ企業。まさしくガリバーです。青森工場は52年前にできた伝統のある工場で、ほぼ当時のまま動いているそうです。

 加えて段ボール業界の最新の技術もプレゼンしていただき、商品を包むものというより商品の一部であると再認識させられました。

 いやホントに大事な部分ですので、日ごろから段ボールは何でも注意して見る癖付けないと。

IMG_20221005_122758

 一昨日のラウンドワン盛岡店での社内ボウリング大会はプレー終了後、チーム毎にバラバラに昼食ということで、私の行きたかった店に行きました。

IMG_20221005_130921

 それは盛岡駅東口のホテルメトロポリタン盛岡の交差点を挟んで反対側のビルの2階にある「パリの食堂シェミルティーユ」という店。

 こないだいっぱいで入れなかったときも、菜彩鶏メニュー看板見てなおさら残念だったけど、今回も菜彩鶏メニューちゃんとありました。もちろん4人ともそれを注文。

 そのメインディッシュ「菜彩鶏のソテー粒マスタード」が一番上の写真です。菜彩鶏がこんな形でソテーになってるとは初めてかも。

IMG_20221005_120355

 その前に、最初に出てきた「旬野菜のブルギニヨン」から一緒だった20代の若手社員3人はもう「こんなの食べたことない」と舞い上がってましたね。

IMG_20221005_121536

 本日のスープはスプーンですくうのが楽しく、ホッとするような味。

IMG_20221005_124530

 メインディッシュのあとのデザートも手が込んでて映えてましたね。

 こんな丁寧な仕立てのフランス料理が税込み1880円と、ランチタイムだからできるコスパなのでしょう。

 会計終わって、シェフに御礼を言いましたら、菜彩鶏に賞賛を頂き舞い上がってしまい、その生産に携わっている若手3人を紹介したくなってベラベラしゃべってしまいました。

 こういう場を持てて、ボウリング大会の成功以上に嬉しかったです。

DSC_5391

 コロナもだいぶ収まってきたということで、昨日の水曜の休業日、盛岡市のラウンドワンに開店の10時に集合してボウリング大会してきました。

 今回は若い社員が多く集まりましたね。最近やっと「暑気払い」で部門毎にはリフレッシュの機会がありましたが、部門の垣根を超えた交流は途絶えてましたので、いい機会になったかと思います。

DSC_5456

 実は私、先週の南部美人さんの120周年のパーティーの前に、ここに練習に来て投げてみたのでした。その時は2回目で179点が出て、意気揚々とこの日を迎えましたが、132+129とパッとしませんでした。

 プレー中は自チームだけじゃなくて、みんなの投げてるのをチラチラ見てましたが、ポツポツ上手な社員結構いましたね。意外なところが見られてよかったです。

 プレーの後はリスク回避で、3〜4人のチーム毎に盛岡駅周辺でバラバラに昼食を済ませるという企画になっており、13:30にアイーナ(岩手県民情報センター)8階エレベーター前で表彰して解散でした。

IMG_20221004_164757

 大倉忠司社長をはじめ蠶撒族ホールディングスの7名の皆さんがおいでになっています。荷受け(問屋)さんの先のお客様とこんなふうに交流を持つのは、生協さん以外なかなかないことです。

 昨日は本社大会議室にて2時間を超える時間を共有してディスカッションさせていただきました。

 鳥貴族さんといえば600店を超える店舗を持つ焼き鳥居酒屋の会社であり、原料のチキンは国産であることはもとより、すべての食材は国産に切り替えてるという、尊敬すべき存在です。

 それもこれも、大倉社長のうぬぼれ哲学によるもので、目指す姿は「グローバルチキンフードカンパニー」。当社の名前と半分重なるからか、当社の原料を使っていただいている以上に親近感を感じました。

 さて、大倉社長とは4年前に初めてお目にかかっています。が、ちゃんと会話したのは今回が初めて。

 金田一温泉おぼない旅館での懇親会では、息子さんのこととかを話題に後継者問題にツッコミを入れたりして会話を楽しみました。

 また、部下の30〜40代の6名の方々は産地を大事にしている姿勢からか、すっかりいい感じで、あっという間に懇親会は予定の2時間となり終了しました。

 今回初めておぼない旅館さんで会食をしたのですが、料理はもちろんのこと食事の部屋がとてもよくでいていて、この上なくいい雰囲気で過ごせました。それとももこ女将の4歳の長男のやんちゃぶり、印象に残りました。大物になるな!?

 両社の間を取り持つ、荷受け会社のF社さんからもT社長はじめフォローいただきありがとうございます。

 今日これから御一行様は当社のバイオマス発電所を見学に行く予定になっています。が、私は社内ボウリング大会のため別行動で失礼します。

IMG_6429

 主要産地協議会が9月21日に盛岡でありました。鹿児島、宮崎、岩手に工場持つ会社が集まり、羽数・重量の見通しを確認する会です。

 そこで珍しく、過去10年を振り返る数字が出てきました。国内生産は過去10年で羽数16%増、生鳥重量で17%増でした。県別羽数では、宮崎12%増、鹿児島16%増に対して、岩手は19%増でした。

 では当社はというと、経営計画手帳の28ページの生産羽数のところ、2022年を2012年で割ると、23%増です。

 売買農家さんを中心に農場坪数を増やし、協力会社さんが対応し、工場は人を採用してラインのスピードを上げ羽数増をこなし、営業部では増量分のお客様を見つけ、また鶏糞処理の帳尻を合わせて、この23%という業界内でも立派な数字になっています。

 感謝しかありません。

(昨日の朝礼でスピーチ)

IMG_20221002_112457

 今日は道の駅南郷で待ち合わせて、オープンカー3台連なって短い時間ですがツーリングしました。

 何回かご一緒させていただいているユーノスロードスター(NA)のKさんと、ゴルフ仲間であり今回初めて一緒に走ったアウディTTロードスターのIくんと、私のNBロードスターで、3台とも20年選手という共通点がありました。

 初めて見るTTロードスターはきれいにしてましたね。内装はプラスチックパーツを交換するなど相当手を入れたようですし、幌も交換済みとか。きれいに見える塗装面は意外にも全く手を入れてないそうで、シルバーの良さでしょうか。

 ちなみに彼は部品取り用にもう一台TTロードスターを持ってて、さらにクーペもあるという初代TTフリーク。

 実は私も初代TTクーペのデザインには当時すごく惹かれるものがあって、試乗もした記憶があります。その時は後ろも左右の窓も小さく、運転しにくさにビビってしまったのでした。

 このTTロードスターも発表時に見に行った記憶がありまして、ただでさえかっこいい内装なのに、その野球グローブを模した椅子のキュートさに衝撃を受けたことを覚えています。

 以降も、中古で初代か2代目か、最終の3代目を買おうかと思ったこともありましたが、手を出さずに今に至っています。

 さて、ツーリングの途中、軽米町の長倉大橋上で停車して記念撮影しました。日本でも有数の高さの橋で、今調べたら水面から120mとかで、高所恐怖症の私はあまり長居したくないところ。

 ほかにもバイクの人が一人停まってまして、後から来た我々に近寄って来たので記念撮影をお願いしました。

 そういえば今日はバイカーたくさん見かけました。人口密度少ないから、当社社員とも何人かはすれ違ってるんでしょうね。あ、そういえば道の駅で当社K常務家族と会いました。

IMG_20221001_141913_copy_800x600

 八戸自動車道九戸インターから一時的に降りても料金上カウントされなくなったということで、来場者増が見込まれる道の駅オドデ館がリニューアルになりました。

IMG_20221001_140219_copy_800x600

 当社を含む岩手県北のチキン関係4社は特設テントを張ってそれぞれの会社の冷凍商品を特売価格で販売。

 売り切れないように昨年より多めに用意したらしいですが、私が行った閉店の1時間前の14時頃は客足は落ち着いてました。お得感がポップ等で訴求できてなかったのかな。

IMG_20221001_140805_copy_800x600

 メインの産直オドデ館は賑わってましたね。

IMG_20221001_141244_copy_800x600

 奥には九戸村のゆるくないキャラクター、オブチキのコーナーがありグッズ等が売られてました。

IMG_20221001_141506_copy_800x600

 これまでにあったレストランはそのままですが「でんでん亭」というラーメン屋さんが追加で出来てました。

 インター出口のラーメン屋さんがちょっと前に閉店したので待望かもしれません。


IMG_20221001_140949_copy_800x600

 産直の建物の隣は、「観光・物産ギャラリー」でメインは、地元食材を使ったジェラート屋さん「ジェラテリアなかいち」がありました。が、売り切れ。また来ます。

IMG_20221001_140944_copy_800x600

 右には、マルイ造形家具さんの南部箪笥のコーナー。改めて見せられると、プレミアムな存在感がスゴイ。

IMG_20221001_141019_copy_800x600

 ジェラートと南部箪笥の間には、100万円の箒(ほうき)で有名な高倉工芸さんのパネル展示。

 今はペットを可愛がるために箒を使うんですね。

IMG_20221001_142220

 道を隔てた広場には特設ステージが設けられ、たくさんの観衆をノリノリにさせる地元岩手の音楽ユニット、アンダーパスのライブがやられてました。

 楽しい週末のひととき、子供たちが走り回る姿に癒やされました。

↑このページのトップヘ