きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

2021年03月

DSC_0487

 社長賞を先週月曜日に発表し、金賞1組、銀賞2組、銅賞2組が受賞し、2工場の会議の場と本社朝礼(写真)で表彰しました。そのうち一つだけ紹介しておきましょう。

 生産部の入雛ロット表の様式の変更ですが、エクセルの表なのに縦軸横軸というシンプルなものになってなかったそうです。それを本来のものに直しただけというもの。

 わざわざ複雑にしてしまっていることってよくありますよね。しかも前任がそれでやっていたんだからと、そのままやり続けるという‥。今考えればムダに働いていたわけですね。

 社長賞に今回は80ものエントリーがありました。成果云々もそうですが、このような意外な落とし穴を埋めてくれることもとても大事です。

 ある意味、疑問に思うことができるかどうかですね。「これ、なんかアホくさくないかな?」と思えたらしめたもの!?

P1030752

 第48期に当たる新年度の経営計画手帳が出来上がってきました。

 今回の目玉は、人事評価制度の刷新です。十数年来、外部のコンサルの指導で作り上げたものを使ってきましたが、ある本を読んで「人事評価制度は社長からのメッセージ」という言葉に衝撃を受け、刷新を決意したのでした。

 昨年秋から事務方との検討会は十数回に及びました。私の構想を噛み砕いて現実に落とし、昇給・昇格・賞与にどう反映していくのかは緻密にやりました。

 おかげで誰もがわかりやすく、覚えやすく、とても明朗会計な仕組みにできたと自負しています。

 また、評価自体を年1回から賞与に連動して年2回にして、上司と部下の個人面談は年4回から年5回に増やすことにもなり、より納得感が得られるようになろうかと思います。

 劇的な変化は起きないでしょうけど、会社が求めている人物像が浮かび上がってくることで、じわじわ変化が起きてくるのではないかな。

IMG_20210328_173743

 東北フリーブレイズのキャプテンを10年務め、日本代表のキャプテンも長年務め、MVPも獲得したこともある田中豪選手の今日の引退試合と昨日の試合をご厚意に甘えて観てきました。

IMG_20210328_155743

 昨日も選手に近い席でしたが、今日は最前列の席で迫力があったわー。アクリル板まで距離にして1.5mほど。自由席だと後ろの高い席で俯瞰して見るのを選びがちだったので新鮮でした。

 しかもここフラット八戸は出来たばかりのホヤホヤなので、アクリル板の透明度が格別で、照明も明るく客席はブラックなので、やたらよく見えるんですよね。選手の表情がこれほど近くから見えるスポーツ、見える会場ってあるのでしょうか?

IMG_20210328_162500

 試合は昨日に続いて、2対2で延長線に。延長は両チーム5人が3人に減らされて、1点取れば勝ち。昨日は入れられて負けでしたが、今日は借りを返してフリーブレイズ勝ちました。今シーズン最終戦勝利。

IMG_20210328_170642

 試合終了直後は、相手の日光アイスバックスが残って、日本代表チームの守護神である福藤選手から田中豪選手に花束贈呈がありました。

IMG_20210328_172002

 そして、シーズン終了後のフリーブレイズとしてのセレモニー。なんと、全員14番の田中豪選手のユニフォームを着てる。誰が本物かわからない(笑)。

IMG_20210328_172801

 そして田中豪選手を振り返る動画の上映。

 これとは別にピリオドの合間に、フリーブレイズOBなどの豪選手に贈るビデオメッセージがありましたが、選手として、キャプテンとして素晴らしい人だったんだなと改めて感じさせました。

 私には、Breakawayというアイスホッケーの雑誌に時々出る豪選手のインタビューがその人となりを知る唯一の手がかりだったと思いますが、とにかくそのひたむきさが印象的でした。

IMG_20210328_173747

 場内一周のアナウンスが流れると、あまりの近さに身構えてしまいました。にわかファンの私がこんなところに居ていいのだろうかと。わー、ほんとに近くにやってきた。

 「お疲れさまでした、豪選手!」と思いながらスマホで連続シャッター。

 37歳までこんな過酷なスポーツを第一線でできるものなんだ。なんだか、嬉しいじゃないですか。

IMG_20210328_174004

 セレモニー終わって、お決まりの胴上げ。リンクの上で、スケート靴のままで、危なそうですが(笑)。

IMG_20210328_174345

 豪選手からのメッセージが建物の外に出てました。うんうん。

 アイスホッケーファンにとって気持ちのいい日でした。このフラット八戸がピュアに、素敵に、盛り上げてくれました。

 コロナ禍の中、ジャパンカップを開いてくれた関係者の皆様、お疲れさまでした。感謝です。


IMG_20210328_092430

 竹内久美子さんの「そんなバカな!」は私の読書歴の中でも10指に入る衝撃的な1冊です。

 この本で言っていた「生き物はすべてその遺伝子の生き残り戦略に操られているだけなのだ」という見方で世界を捉えると、全てが納得できるようになり、その後私の中では「人間といえども所詮動物の一種である」と思えるようになりました。

 だからか、私自身ナチュラリストなどとは偉そうに言えないと思いますが、気がつくと自然に反した考えかたや行動は取らないという原則に沿って判断しているような気がします。

 しかし、その後竹内久美子さんの著書を手に取ることなく30年が経過。先日YouTubeのオススメ動画に氏が出演されてるのを見てまた興味が湧いてきて、過去の著書を手に入れて読み始めました。

 うーん、やっぱり面白い。「人はなぜそうするのか?」などと人類の営みをどう捉えるかは私の中の関心の的なんでしょうね。それは取りも直さず経営のベースをなすものに違いありません。

 ところで、あるはずの「そんなバカな!」が家の本棚に見つかりません。なぜなんだろう?? 中古本を手当してちゃんと並べておきたいと思います。

IMG_20210324_195435

 勝間和代さんのYouTubeチャンネルはよく見させてもらっていますが、「2021年は座る時間を短くしよう。座ることは第2の喫煙習慣とも呼ばれ、座る時間が長くなるほど、動かなくなるほど、健康が阻害されます。」の回は改めて考えさせられました。

 振り返ってみれば、田舎の常なのでしょうけど、座ってる時間が長過ぎる。そりゃあ腰が悪くなるよな。ちょっと運動したとしても、それ以外の起きてる時間はほぼ座ってる生活なんですよね。

 そう思ってるところで先週、地元岩手の某社長の職場訪問したらスタンディングデスクを使ってて、改めて私も今度こそ導入しようかなとその時思ったのですが、後でネットで調べたらスタンディングデスクにも否定論があるようですね。

 すると萎えてきて、腰を据えてじっくり考えることこそ社長がやるべきことという元の考えに戻るのでした。

 しかし、今できることとして、会社でも家でもテレビ見るときは立って見てもいいし、食事をキッチンで作ったらそのまま立って食べてもいいし等、より意識して立つ時間を増やしたいと思っています。

IMG_20210322_143745

 3月13日に予定していた経営計画発表会は、コロナ禍で2年連続の中止になり、代わりに動画で伝えることにしました。

 私からの方針説明、専務からの人事評価変更点、それに6つの部の方針説明、合計で70分ほどの動画が出来上がっていて、本日午後より見てもらうことになっています。

 見てみるとそれぞれ動画のカラーがあって面白いですね。途中にCMっぽいものや、やる気満々の管理職の表情を織り交ぜるなど、気が利いてていいなと思うもの多数でした。

IMG_20210322_144454

 私は自分で作ったのですが、BGM無しで割とリアルな経営計画発表会の社長の時間そのままの内容だったかな。でも今回は17分と相当短くしたつもりです。

 ところで、出てくる社員の顔を見ることで気がつくと年齢を重ねてきてるなと感じますね。ということは、私もそう見られていることでしょう。

 58歳を前にして、上まぶたが下がってタレ目になってきてるのに危機感を感じてます。生まれつきもありますが、恐らくコロナ禍で人に会わずに液晶画面ばかり見てるからというのも影響してるのでは。

 整形必要かな!? いや、表情のトレーニングでなんとか回復させたいものです。

P1030671

 本日、盛岡市おでってホールで開催された「田口友善&ぶっとべライダーズ」のライブを観てきました。

 ほぼ同じ曲目の昨年の二戸でのライブはスマホで撮影しててイマイチだったので、今回は久しぶりに我がミラーレス一眼の愛機、パナソニックDMC-GX7MK2で撮影してきました。席は昨年と逆で最後列から。

P1030667

 いきなりびっくりしましたよ。なんと田口友善さん、指が吊ってしまって演奏前にステージでマッサージ。

 69歳ですし、奥様に先立たれて独り身の生活ですし、不摂生してまさか脳に来たのでは‥と心配したのは私だけではないはず。

P1030676

 でも演奏が始まったら、そうとは感じさせず通る声を披露してました。

 少々日焼けした肌はFacebookで見せてたように、登山とかそちこち歩いているからですね。

 そういえば、NHK盛岡放送局制作のラジオ番組「まじぇ5時」は7年間の放送を終えて終了とか。その間パーソナリティを務めていたわけで、本当にお疲れさまでした。

 ちなみに、AM放送の電波は二戸では壊滅的なので聞けませんでした。ラジコもNHK盛岡放送局のは無いし、残念!

P1030683

 さて、昨年の11月から加わった、私と同級生のNくんは持ち前のギターテクニックを存分に披露。

 中学3年卒業の際、彼を含めた4人の同級生バンドが地元の同世代の人気を集め、卒業記念ライブをやったときの鮮烈な印象が蘇ります。

P1030698

 そういえば思い出してきたんだけど、確か幼稚園の時から彼とは一緒で、4月9日生まれの私より早く生まれた4月4日生まれの浪岡潤一くんは、物知りでおしゃべりで、とにかく敵わないなとずっと思ってたなあ。

 その後ずっと彼は科学好きで抜きん出てたんですが、学校の先生を経て、今や盛岡市子ども科学館の館長さん。落ち着くべきところに落ち着いたなと改めて思えますね。

P1030709

 休憩を挟んでソロで出てきた友善さん。相変わらず指吊るのが治らないとか、自分だけじゃなくてメンバーのもうひとりも吊ったとか、ハラハラさせましたよ。

 この全員が福岡高校卒で、メンバーの年齢幅が24歳もあるということで、よく考えるとベテラン組はアクシデントがあっても不思議じゃない年頃になりました。

P1030723

 ときおり見せる5人のコーラスがなかなかいい感じだなと思ってたら、それを全面に出した曲も披露してました。

P1030728

 牛・豚・鶏のぶっとべ!をはじめとして、二戸周辺の食べ物の曲が多かったですね。本日盛岡に来てそういう曲を演奏するから、ちょっと友善さん申し訳無さそうな口ぶりでしたが、集まってるお客さんにはそんなのちゃんと理解していただいていることでしょう。

 当社の社歌も演奏いただきました。ヘビーなロックバージョンもほぼ出来上がってちょっとだけ披露。テレビCM用に準備万端のようでした。

P1030741

 アンコールでは、二戸料理人の会会長でメンバーでもある田口雅寛さん(右端)の縁で、イベント用に作ったぶっとべ!ポロシャツを着て演奏。肉のぶっとべ!の活動の方はだいぶ滞っているようで。

 そういえば本来この盛岡公演は昨年11月の二戸公演の翌日のはずでしたが、流れてこうして今日開催。コロナ禍という意味でも、メンバーの健康面でも、無事できてよかったです。

IMG_20210319_075612

 2019年のデータになるそうですが、13種類あるうちの営農類型のうち最も所得が多かったのが、ブロイラー養鶏経営だったそうです。

 前年のデータでは3位でしたが、計算式が変わったみたいで一躍トップに躍り出たとか。そりゃあ比較が難しいでしょうからね。

 でも、嬉しい話題です。人口減の中でもチキンは消費が順調に伸びてきておりますし、大規模化が比較的無理なくできるような鶏舎の仕組みになってきていますし、さらに育種改良が進んできてますので、実際に地元でも他の種目の農家さんから注目されているように思います。

 我々としても、いつの間にか飼育農場では後継者に困ることが無くなってきました。

 30年ほど前は輸入品との戦いで国内生産はどんどん減少し青色吐息だったのに、我慢して生き残ればいいことがあるものですね。

 でも、いつまでも続くはずはありません。コロナ特需が消えて無くなり、供給過多が露呈するのはもうすぐそこ‥。

IMG_20210317_124825

 チキンブロス(Chicken Broth) という商品を友人からいただきました。ありがとうございます。米軍基地内の店舗で売っていたそうです。

 チキンストックが骨主体で作るものなのに対して、チキンブロスは肉主体で作るものだそうで、アミノ酸はブロスのほうが高くなるので旨味が高いとか。

 但し、肉から作るので価格は高くなってしまうわけで普及は難しいんでしょうね。いや、もしかして、サラダチキンを作る過程でできるものかも?

 賞味期限は長くて来年まででしたが、開封したら冷蔵庫で14日間だそうです。せっかくなのであれこれ試してみます。

P1030655

 次年度の経営計画発表会は3月13日土曜日の予定でしたが、コロナ禍で中止になりました。昨年に続いてです。

 その代わり、発表すべき内容を動画でまとめ、後ほど参加予定者に見てもらうことにしました。

 私のプレゼンについては、年始にVlog(ブイログ)をやると宣言しておきながら全く着手してないので、自ら出演・撮影・編集をすることを宣言して作成が始まっています。

 その撮影は今日で3日目になります。一通り撮影しても改善ポイントが浮かんで来て、修正修正でさきほどやっと満足行くものが撮れた感じです。最終的には17分くらいのに、トータル6〜7時間かかってるかな。

 余計なところをカットして、つなぎ合わせて、タイトルとエンディングを入れることまでできました。あとは明日にでもパワーポイントのプレゼン内容を撮って、ピクチャー・イン・ピクチャーではめ込んで完成するはずです。

 やはりリアルでやったほうが楽ちんですね。それと、動画制作の過程で自分の顔をずっと見てるっていうのは結構嫌になります(笑)。若い頃ならそんなことなかったかな!?

 というわけで、Vlogは遠のきました。


IMG_20210308_133924

 先週月曜日の日本経済新聞の一面には「雇用復興、余る補助金」という記事が出ていました。

 交付済みが266件になっておりますが、そのうち2件は当社のもので、金額規模ではどちらもかなり上位に入るはずです。しかも、もう1件、これは規模的には小さくなりますが、更に申請中です。

 補助金なので、計画通りに建てて、その後計画通りに稼働させて、更に新規雇用者数という高いハードルを乗り越えなくてはならないわけで、その結果、記事のように利用が5割にとどまるという結果を招いているのでしょう。

 当社の属する農業・畜産分野は何かと補助金メニューが有って、当社はこれら以前にも活用してきましたので慣れっこですが、「約束を守って、実行し、報告する」ということのハードルは小規模な業者さんにとっては難しいようです。

 また、業種によりけりで、水産より畜産のほうが計画通りに進めやすい面があるのかもしれません。

 いずれ、ある程度ちゃんとした企業でないとその要件をクリアできないという現実は、東北の産業にも大規模化を求めているということなのでしょうね!?

IMG_20210314_113642

 私の茶道の先生からお誘いいただき、本日はお雛様の茶事に行ってきました。

 この行事は初めてですし、今年は例年ある年始の「お初釜」が流れてしまいましたので、久しぶりの茶事で勘を取り戻せてよかったです。マスクを付けたり外したりで忙しかったですが。

 ところで「おひなさま」って、中に雛が入ってますね! 今まで全然気が付きませんでした。

 知らないのはまずい。鶏と関係あるのかな?と思って調べましたが、雛には「ちいさくて可愛らしいもの」という意味があるからとか。

 それだけ古(いにしえ)の頃から鶏は身近にいたんですね。

IMG_20210312_085400

 2017年10月、当社で久慈工場の増設が竣工した際、「三陸沿岸道路が開通して無料だとすれば非常にありがたい」とマスコミの取材に答えました。

 そして全線開通が目前となっています。非常に嬉しい‥はずですが、運送会社さんたちの期待する声はあまり聞こえてきません。

 私の勘違いだったようで、久慈から仙台までの移動距離は、意外なことに東北自動車道を経由したほうが近いそう。久慈から東北自動車道に乗るまで40キロ近くあるのに。

 もちろん東北自動車道のほうが制限速度が早いし、三陸沿岸道路は1車線で無料ということで超安全運転のクルマが走ってたりするので、所要時間は大きく差が付きそう。

 さらに、三陸自動車道にはパーキングエリアは無いので、大型トラックの運転手は休憩がままならない。降りて道の駅に寄ればいいのでしょうけど、めんどくさいですよね。

 今や働き方改革の時代ですから、有料無料云々より、時短と負担軽減のほうが大事なのは言うまでもありません。

 景色はいいでしょうから、観光で賑わってほしいものです。

j

 蟯篌蠅ずまきワインの缶詰「岩手県産菜彩鶏とくずまき高原のクリーム煮」については既に会社で試食会をやってますが、当社SさんのSNSでの発言が気になってました。

 それは「くずまきワインを飲みながら食べたらもっと美味しいだろうな」ということ。それはそうですね。

 というわけで同じ単身赴任中のHくんに付き合ってもらって、昨晩自宅でやってみました。その時撮った写真はイマイチでしたので、昼撮ったこの写真だけにしておきます。

 あれ?クリーム煮の味が会社で食べたときと少し違う。気のせいでしょうか。より美味しく感じました。会社で食べたときから時間が経過したからでしょうか。

 もしかして缶詰の特性で3年後までの賞味期限になってますが、その3年後こそが最も美味しいのかもしれません。テレビで缶詰会社の社員さんが異口同音に賞味期限が過ぎてから食べますみたいなことを言ってましたし。

 そして改めて、くずまきワインを飲んでみました。銘柄は赤の「ナドーレ」でスーパーで普及価格の1000円前後で売ってたもの。

 深いコクがあるわけではありませんが、食事のお供にスイスイいけちゃうちょうどよい辛さで好感を持ちました。

 アルコール得意ではないので味についての説得力が高まらない私ですが、昔からある最も近くのワイン醸造所、見直しましたよ。

IMG_20210311_144928

 東日本大震災から今日で10年。あっという間です。

 当社に関して言えば、発電所を作ったり、補助金を頂いて解体工場を増設したりスープ工場を作ったり、そして2割ほど増産と、まさしく震災が無ければこんな展開になってなかったろうと断言できるほど予想外な展開になっています。

 しかし、三陸の地域全般について言えば、コロナの影響はあるにせよ、ある程度想像した通りの展開になっているのではないでしょうか。

 三陸沿岸の人口減少が震災によって前倒しで進んでいると聞いています。そこに復興予算38兆円で、もちろん救われている人は沢山いると思いますが、「復興」という言葉のせいか、災害を逆手に取って大胆に断舎離して未来を作っていくというチャンスにできたはずではなかったのか。

 分かっていてもやめられない‥。真理を突いたユニークな構想も道徳的感情によって葬り去られてしまう。それが人間なのか‥。それが日本なのか‥。なんだか絶望的に思えます。

 さて、ここ1週間目にしたテレビの報道の中で、一番印象的だったのは「女川町は60歳以上は口を出さない」と決めてまちが動いているということです。

 高齢者が物事を決めるより、若い人が自分たちの将来を本気で考えて発言していくほうがずっといい結果を生むように思います。

 いっそのこと、選挙権、被選挙権は18歳から50歳までで切ってしまうほうが、熱い情熱で、青臭い論理的思考で、ずっといい結果が生まれるような気がするのは私だけでしょうか。

 ‥などと私が吠えられるのも10年も過ぎたからか。ちょっと卑怯でもあるか。すみません。

P1030637

 会社説明会シーズンを前に、新コンセプトブックが出来上がりました。

 昨年、十数年ぶりにイチから制作し直したコンセプトブックですが、出来上がった瞬間、これは経営トップの私が精魂込めて言葉を選んで文章を制作しなければという想いに駆られて、その後時間を費やして書いて、写真は広報採用課に任せて、出来上がりました。

 黒ベースにしたのも私の指示です。文字通り方針的な内容なので、白ベースのファクトを集めた会社案内パンフレットと対をなすものとしてダークな色調にしました。

 ブラック企業だからというわけではないですよ(笑)。

IMG_20210308_070456

 友人の紹介である水産業者さんと知り合いになり、冷凍の海老を頂きました。

 ちょうどそれと前後して、NHK「ガッテン!」でエビの特集があり、そのオススメの料理法で作ってみまして、今朝がその最終回の三度目。美味しくいただけました。

 エビは大好きです。学生時代はビーフのハンバーガーを食べると顔に吹き出物が出るのでロッテリアのエビバーガーをよく食べました。しかしその後、吹き出物が出なくなって以降はあまり食べなくなったんですよね。

 最近では、スーパーやコンビニでエビチリの既製品を買って食べるくらいでした。こうしてエビチリ以外の料理法を体得すれば、摂取量が増えるかもですね。そもそも鶏肉食べ過ぎですから、水産物の消費を増やさなければ。

 ちなみにカニは足の指が痒くなるというアレルギーがあるので食べないようにしています。エビだと大丈夫みたい。しかしエビの殻を一緒に食べると同じ症状になることも。

 小さい頃、カニは自転車で集落に売りに来る人がいたこともあってか、よく食べました。その後急に食べなくなったのでアレルギーになったと推察しています。

P1030616

 この冬、何度か熱を出しました。

 全部同じパターンで、薄着して散歩に出たり、家の中で過ごしたり、また月曜日出社して部屋が温まらない朝の時間帯に薄着してしまったりで、その夜熱出して、朝起きて食事して身支度して、出かけようとすると平熱に戻っているという。

 テレビで、高齢になると寒さを感じなくなるので要注意と言ってましたが、まさしくそれを実感。

 私は着込んだり、コタツや電気カーペットの類はあまり好きじゃなく、体の本来持っている順応性を引き出そうとしてきましたが、それが限界に達した記念すべき年ということかな。

 ちなみに春や秋、父とゴルフに出かけるときは、父の異常なまでの厚着と車内の設定温度を笑っていたのですけどね。ちなみに父とゴルフする際は、天気のいい日を選んで声をかけてますし。

 次の冬のシーズンは、この発熱パターンを撲滅するのが目標です。

IMG_20210303_132801

 私の逆単身赴任は丸8年になろうとしております。

 食器の片付けは嫌いじゃないので、ささっと洗剤つけて手で洗ってました。食洗機を回すのに1人分だけじゃあエコじゃないね、という気持ちがあったと思います。

 また、学生時代の喫茶店でのアルバイト経験で、熱いお湯で洗わないと衛生的でないという考えが染み付いてて手抜きができなくて、そこに、このコロナ禍で1日3回手洗いも増えてきたので、よく考えてみれば手荒れするのは当然ですね。
 
 そこにYouTubeで住宅関連の情報を眺めてたら、食洗機をお勧めする・しないの話題があって、意外にも水の使用量が少なくなるというエコな面もあることに気がついて、使い始めたのでした。その洗浄力は確かにパーフェクトじゃないけど、結構やってくれます。

 今では、洗う食器や鍋類が2つ3つとかでも使ってますよ。何で今まで使わなかったのだろう。「食洗機にこれだけたくさん入れて洗えますよ!」という映像が頭に入ってるからではなかったかな。

 もったいない体質と自認してましたが、意外にもこんな偏見があって身近なものを活かしてなかったなんて、ちょっと反省です。

DSC_9581 - コピー

 本日、二戸地方振興センター副所長室にて、「いわて女性活躍認定企業等(ステップ2)」の認定証を頂きました。

 その後、副局長さんと高卒者の就職についての話題に。二戸エリアからも、盛岡エリアからも、北上エリアへの就職が多くなっているとのこと。

 トヨタありますし、キオクシアありますからね。キオクシアは1兆円投資してこないだできたはずですが、更に増設の話が出ています。凄いわ。

 そういう話を聞くと、気持ちがメラメラしてきます。表に出しませんけどね。この気持ちが無くなったら社長を辞める時でしょう。

IMG_20210225_172301

 朝掃除のリーダーさん、毎日ご苦労さまです。始業前にリーダーの仕事としてやらなければならないことが発生しておりますが、最小限にするよう本人も5S委員会も工夫してほしいと思います。

 さて、リーダーさんの務めとして掃除の指示があるわけですが、限られた時間ですから、とにかく早くすることが大事です。そのためには、指示を早く始め、そして早く終わることです。

 しかし、中にはご親切にもウエットティッシュを出して配ることまでやって、何人か待たせている人もいるようです。気配りのつもりなのでしょうが、果たしてこれは気配りなのでしょうか?

 結論から言うと、見える気配りは怪しいのです。見えない気配りこそが、本物の気配りです。頑張ってやってあげている、というふうに見えたら変だなと疑ってみてください。

(本日の朝礼スピーチ/写真は2月25日二戸地区合同庁舎駐車場付近から)

↑このページのトップヘ