きまじめチキン日記

岩手県二戸市 昭和38年生 チキン産業 経営者 十文字保雄

2020年01月

IMG_20200125_141537

 1月25日、久慈工場の新年会を久慈グランドホテルで開催しました。

 出席者は昨年の360名から更に増えて400人の大台に乗ったそうです。

DSCF9112

 健助会長は「86歳になります!」とハイテンションなスピーチ。言葉だけでなく、文字で言いたいことを伝えていただきました。

IMG_20200125_143052

 私のスピーチの後は、勤続表彰。これは20年の方々ですね。

IMG_20200125_144630

 久しぶりの勤続40年表彰。これまで表彰は60歳定年まででしたが、延長したので63歳で40年だったようです。

 事前に会話しましたが、「楽しい事しか無かった」と言ってくれてました。

DSCF9128

 乾杯は若手3人が、トレンドにマッチした形のものを作り込んでやっていただきました。

DSCF9144

 実習生は久慈工場だけで120人になるそうです。

DSCF9148

 今回が初めての新年会参加となる実習生たちがダンスを披露するわけですが、衣装を二重に来て、脱いで華やかなものを見せてくれました。やるなあ。

DSCF9149

 私の席の後ろはこんな人だかり。

DSCF9152

 一人で芸術的なダンスを披露する方も。かっこよかったなー。

DSCF9156

 もう一組の中国人実習生ですね。

DSCF9161

 いつも笑わせてくれるあの方です。

DSCF9167

 このために職場で仕事以外のところで盛り上がったんでしょうね。

新年会(ステージ)

 私は最後に王子様の役を仰せつかりました。

 ミス久慈工場とのカップルでいい役をいただきましたが、後でお酌に回ってたら彼女の婚約者の男性がいて、ばつが悪かったな〜。まあでも、後で良かった(笑)。

新年会(集合写真)

 おかげさまで今年も楽しく過ごさせていただきました。

 残るは今週の八幡平工場だけです。

IMG_20200128_104633

 当社のバイオマス発電所の視察が本来の目的だったと思いますが、冬季は鳥インフルエンザ防疫期間ということで本社で対応させていただきました。

 私からの挨拶と工場長の説明はぞれぞれ5分強といったところ。打ち合わせ段階で、現場の静止画・動画のリクエストもなかったみたいで、議員の皆様からの質疑に応答していったら90分のスケジュールがちょうどいい具合に終了しました。

 質問の内容とか発言の中身は、流石の県会議員の皆様でしたね。地場産業を応援する立場からの発言や、場の雰囲気を和らげる発言など、洗練されているなと感じましたし、しゃべりやすかったです。

 社内の経営会議をその部下たちがオブザーバーで見て、感心したような感想を述べるのと同じことを今日私も感じました。

P1020613

 4年ぶりの岩手県民手帳ネタです。今年もO社さんから新年挨拶にお見えになった際に頂戴しました。ありがとうございます。

 お国自慢としては写真で下線を引いたところに注目。りんご、中華麺、ほうれんそう、わかめの4品目で年間消費量が日本一ですね。

 農林水産物の生産量では、生うるし、りんどう、日本短角種、まつたけ、ホップ、木炭、あわびが日本一となっています。

 それから今回、月日のところに過去10年の天気実績が書かれているのですが、どの日が最も天気がよいか、ピックアップしてみました。

 晴れ9日+曇り1日:2月25日

 晴れ9日+雨1日:3月16日

 晴れ8日+曇り2日:1月27日、1月28日、3月27日、10月18日

 晴れ8日+曇り1日+雨1日:11月20日

 晴れ7日+曇り3日:1月11日、3月28日、4月2日、4月12日、4月13日、5月8日、6月25日、9月26日、10月19日、11月4日、11月30日、12月14日

 以上、参考になったようなならないような。O社さんのようにお客さんを集めて年1回のゴルフを実施するとかいう際には便利な県民手帳ですね。

 しかし、年々大雨や災害が多くなっていることがわかる手帳にならないように祈るばかりです。

IMG_20200123_100049

 1月23日木曜日、本州最東端のゴルフ場、宮古カントリークラブで初打ちをしてきました。1年で最も寒い時期に、クルマで2時間ちょっとのところでゴルフができるなんて最高ですね。

 この日は気温が宮古市のデータで8.1℃まで上がり、風もほとんどなくて、お誘いした納入業者さんたちに感謝の言葉をいただきました。

 しかも1ヶ月半もやってなかったのに、予想外にいいスコアが出て大満足。腰のために整形外科から指導されているストレッチをやってることが効果あったような気がします。

 昨年のラウンド数は57回。アベレージで89.1点と88台を逃して残念。この面での頭脳の進歩は無かったですね。

 どこでやりたいとかとか、道具を替えたいとかいう欲は相変わらず皆無。腰の具合もあるので練習はほどほどにして、健康維持のために歩くのと太陽を浴びる手段としてゴルフをやっていければいいかなと思っております。


食事風景 武蔵川部屋

 二戸市出身の和山勇次くんがいる縁で、毎月当社の鶏肉を送らせていただいている武蔵川部屋さんから写真が届きました。SNSで使っていいということなのでここにアップさせていただきます。

武蔵川部屋 写真 (3)

 ちゃんこですね。私も稽古場で2度いただきました。美味しいですよ。

武蔵川部屋 写真 (5)

 唐揚げですね。ボリュームありそう。

照り焼き 武蔵川部屋

 照り焼きでしょうか。美味しそう。

武蔵川部屋 写真 (4)

 蒸し鶏のサラダですね。

炭火焼 武蔵川部屋

 福岡場所に行った際にバーベキューに使ったと聞いてましたのでその時のかな。

 いま、和山勇次くんは東三段目筆頭で、昨日まで3勝3敗。1年半ぶりの幕下復帰が懸かってるので、がんばれ〜。

IMG_20200121_132305

 株式会社十文字丸善スープでは、24名を地元で採用してこの夏より働いていただく予定ですが、昨年すでに12名を採用して、合弁相手の丸善食品工業株式会社鶴岡工場で研修していただいております。

 たまたま昨日と本日午前スケジュールが空いていたので行ってきました。月曜日に決めて、受け入れる側もびっくりしたと思います。対応ありがとうございました。

 朝5:40頃自宅を出たら雪がちょうど降り始めた頃で、鶴岡市内に降りるまでほぼ雪の中のドライブとなり、10:30に到着。スリルありましたわ。

 11:00頃から工場に入って、新会社の社員たちで本日昼勤となっている8名の男性を紹介していただき少しずつ会話。そして12:00より1時間、弁当で昼食会をさせていただきました。

 どんな人達か、十文字本体とどう違う人達が応募してくれたか関心ありましたが、久慈を中心とした地元の人達ですので全く違和感なく会話が成り立ったかな。丸善の幹部の皆さんからも「素直な方ばかりで」と言われていたのですが納得しました。

 一旦工場を後にして鶴岡市内を散策して、ホテルで休養して夕食も済ませ、22:00に再び工場へ。4人の夜勤の社員とは会話だけでしたが、気さくに話していただけました。

 12人こうしてみると、アラフォー、アラフィフのオジサン世代と、20歳前後の若い人たちに2分されるようです。でももう和気藹々とした雰囲気が漂っていて一安心。

 残りの12人のうち6人はすでに採用が決まっていて、そのうち女性も4人入っているとか。あと6人ですが、稼働開始まで時間はまだあります。

IMG_20200121_194414

 さて、帰りの今日は雪に降られることなく、7:20に出発して11:40に帰ってくることができました。

 疲れたけど冬の景色を見ながらのドライブでリフレッシュになったし、昨日のスキマ時間で写真の鶴岡市内の最新のデザインの荘銀タクト鶴岡(市民文化会館)を訪れ、SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSEに泊まれていい刺激を頂いて良かったです。

 どちらの写真も丸善さんの工場とは関係ありませんので誤解なきよう(笑)。昼食会の写真撮ればよかったですが撮り忘れてしまいました。

DSCF9041

 本社の新年会が先週土曜日、過去最高の220名の参加で二戸パークホテルで開催されました。

DSCF9086

 例年1月第2週の土曜日に開催されるのですが、今年はちょっと遅らせて18日でした。

 種鶏場をはじめとする各現場から集まるので天候次第で開催が遅れるのですが、今年は天候が安定してて順調に集まり18:20スタート。

DSCF9095

 実行委員会の呼びかけに各方面が応えてか、楽しいステージを準備してくれました。

 私はこのグループに呼び出されてダンスしたのですが、息が切れましたわ。

DSCF9101

 部署対抗のアトラクションも楽しませてもらいました。

DSCF9107

 あっという間に2時間半経過で締め。

 田子町にできた新種鶏場の皆さんなど、初めて参加された方々は様子見しながら地味に楽しまれていたようです。そりゃあ最初はビックリするかな。回を重ねるごとにリラックスして楽しんでいただければと願っております。

P1020612

 太陽光で動く電波時計の薄いシチズンをメインにして以来、仕事では他の手持ちの腕時計は殆ど使ってないです。

 しまっておいたそれらの時計が妙に気になり、工具を用意して電池交換をしてみました。

 そしたら動くものと動かないものがありました。動くんならせっかくだから使ってみようかと、今日は20年くらい前に使っていた24時間表示の腕時計をして出勤。

 いい感じの安っぽさと、塗装のハゲ具合と、軽さでなかなかいいです。

 改めて見ると、24時間時計は昼が下になることで混乱させてくれることもありますし、1時間がとても少なく、より客観的にマクロの視点で24時間を見れるような気がします。

 ただユーザーである私の年齢が上がったので、1時間間違えることもあったりして(笑)。

IMG_20200119_131332

 二戸市民文化会館の指定管理者である蠹賈牟ξさん主催の「アマチュアバンドフェスティバル」に昨年に続いて行ってみました。

IMG_20200119_132524

 13時から始まって17時過ぎまでの4時間で、10組のパフォーマンスが聴けて入場料500円。

IMG_20200119_134646

 私は日曜日の日課である水泳とかもあるので途中抜けと早退して、そのうち8組のパフォーマンスを拝見しました。

IMG_20200119_141129

 4時間ぶっ続けは辛いので、ま、こんなものでしょう。

IMG_20200119_152010

 ジャズ、ロカビリーから昨年ヒットしたJ−POP、果てはヘヴィメタルのロックバンドも。

IMG_20200119_154457

 中には2人で出るはずが、1人都合で来れなくなって1人でという方もいらっしゃいました。
 
IMG_20200119_155519

 演奏者が代わる際はセッティングに時間がかかるわけですが、司会者が演奏終了直後のメンバーの一人にインタビューして間を保たせるわけですが、それぞれアマチュアっぽく楽しんでいらっしゃる様子が聴けていい感じでした。

IMG_20200119_161944

 トリの前のバンドのボーカルとドラムは当社の社員。昨年も見たけど手慣れたものです。

 会場の席には余裕があってリラックスした雰囲気で進められてましたが、SNSで大体でいいのでどんな曲がどの時間に演奏されるかわかるともうちょっと集まるんじゃないかな。ちょっともったいないような。

(写真:上から順に、poco a poco、⊃渓唹蟷辧↓ヨッシーズカルテット、い澆困佞Δ擦鵝↓TANGO BOYS、HELL'Z METAL、The Glass Pickers、NST40)

IMG_20200117_155954

 月曜日の役員会で、次年度の6つの部の方針文章の確認をしました。そこで私からダメ出しをしたのが、品質部のものでした。

 「こんな内容は毎年のことでしょ。今年はこれに力を入れる的なことが見えない。」と修正を指示。品質部は地味で、あまり変わり映えしない部署といえばそうですが、それにしてもあまりに寂しいじゃないですか。

 その結果、昨日具体的な案が返ってきました。言ってよかった。

 方針の文章は、この言葉を合言葉にその部門が1年間頑張れるというものであるべきですし、将来この年を思い出すときに、「ああ、このことを頑張った年だったな」と思える一文であるべきです。

 もしかするとそれが容易に達成してしまうであろう新機軸かもしれませんが、それでもいいじゃないですか。

 達成できなかったということで、前年を継続する内容だったら、その進捗度合いがわかる一文も加えて欲しい。
 
 また、他部署の人たちにとっても、あの部署は今年これをやるんだなと具体的にイメージできるものであってほしいです。

 国語が苦手だった私がまさかこういう細かい指示をするとは‥。時間が経てば変わるものですね。

(写真:社長室の照明)

IMG_20200117_112319

 我がマツダ3、今度は自動ハイビーム切り替えがうまく行かないことが多くて、ディーラーに入庫しました。結構続けて不具合出ますね。寒さや雪が災いしてるのかな。

 さて、代車として借りたのがスカイアクティブXのマツダ3です。外観も、座っただけでも、我が15Sツーリングとの区別がつかない。それはそれで嬉しいけど、何かと心配にはなります。

 走らせてみると、結構ディーセルっぽい感じありますね。静かなエンジンとは聞いておりましたが、愛車と比べると、トルクの差はありますし、回しても静かな感じはありますが、意外と地味な違いかと思いました。

 燃費がいいので給油時にメリットを実感することでしょうけど、ガソリン2000ccの四駆が追加になったそうなので、個人的にはそっちが本命かと感じました。

 いや、アクセラの四駆の最低地上高が165mmあったのに、マツダ3は140mmになってて、この冬結構下を擦ることが多くなっていますので、やっぱりCX−30の2000ccかな。

 サンルーフが付けれて、ACC関連がバージョンアップしたらすぐにでも行きたいのですが。

IMG_20200115_092641

 本日の日経新聞に「日本ハムが植物肉参入」という記事が一面に挙がっておりました。

 アメリカの食肉業界の巨人、タイソン社も参入しているので、国内で日本ハムさんがやっても全然驚かないですよね。

 ただ、記事に使われる「植物肉」という言葉はどうかなと思います。「疑似肉」なら分かりますが、肉とは本来動物のものを指しますよね。

 ただ「魚肉」という言葉は浸透してしまってますので、それもありかなとも思わないでもないのですが‥。

 アメリカではいくつかの州が州法で、こういう類のものにMeatという言葉を使ってはいけないと決まっているそうです。

 日本でもそうあってほしいものです。肉は何だかんだ言っても大雑把に言って半分は国内で作られていますが、植物肉の原料である大豆は圧倒的に輸入ものが幅を利かせています。

 これが化けたら国内畜産のみならず農業全体の衰退に繋がります。

IMG_20200111_155701

 一昨日は長男と次男が揃って同じチームで出る最後の試合、早慶アイスホッケー定期戦がありました。これが終われば長男はこの部から引退ということです。

 写真は子供の頃の息子たちを知ってる宮崎の私の兄貴分Hさんが来てくれて、配布している紙メガホンの裏に書かれているメッセージを選んで貰ったそうで、2人の直筆です。

IMG_20200111_181841

 秋のリーグ戦の後半から長男・次男が同じセットになり、文字通り兄弟の息の合ったコンビネーションでスコアリング出来るか、祈るような気持ちで応援しました。

IMG_20200111_183841

 直近の対戦では負けましたが4対5といい試合になってましたし、この日早稲田は主力2人を欠いているとのことで、かなり接戦になるのではと期待していました。

IMG_20200111_184327

 試合を終えるとシュート数では34対54とまずまずでしたが、この日も決定力に欠け0対3で負け。

 結構よく守れてたし、徐々に攻めも機能してきたので、第2ピリオドで2点目を献上するまでは声援に力が入りましたね。

 3点差になって、最後4年生だけでセットを組んで2分弱走り続けましたっけ。

IMG_20200111_184406

 しかし、シーズン締めくくりの試合にこんなに大勢の観客の声援を受けてできるなんて幸せものですね。ちなみに兄弟2人並んで整列してましたっけ。

IMG_20200111_190140

 例年なら私は、岩手に帰る最終の新幹線に乗るために試合終了のブザーとともに会場を後にするのですが、長男が最後なので残るようにと家内に言われて、閉会式後の「リンクウォーク」に参加してみました。

IMG_20200111_190607

 選手たちの友人知人がリンクに上がり記念撮影大会。この中央の方は次男(左)のアルバイト先である蕎麦屋さんのオーナーで、なんと東証マザーズ上場予定だそう。屋号は「鴨屋そば香」です。いつも応援ありがとうございます。

IMG_20200111_191525

 長男の出た八戸高校アイスホッケー部OBの皆さんが駆けつけてくれました。早稲田のユニフォームを着ているのは長男の同期の大崎大祐くん。理系なのにアイスホッケーもよく頑張りましたわ。

IMG_20200111_190456

 宮崎のHさんを囲んで我が家族勢揃いの図。娘は大学受験なので試合は見てないはずですが、撮影のために来ました。

 さて、新年度からの2年間は次男の応援に来ることになるでしょう。再びの勝利を期待したいものです。

 長男は卒業後、海外に出るそうでアイスホッケーはストップかな。もういいでしょう!?

IMG_20200111_193135


 その前に、1月29日から八戸市で国体アイスホッケーです。長男は岩手県チームで、次男は岩手県の権利無しなので青森県か神奈川県ですが、今回初めて神奈川から招集がかかり行くことになりました。倍楽しめるのでこれはこれで嬉しい!

IMG_20200110_205601-800x600

 銀座で唯一複数回行っている店に、昨晩2年ぶりくらいに行くことができました。

 何年に一度かしか行かないので、いつまでたっても店の場所が記憶に無いわけで、昔なら電話して迎えに来てもらいましたが、最近ではGoogleマップで行けるので、ママの手間軽減できて良かったです。

 12人も入れば一杯になるような店に6人何とか入れて良かった金曜の夜でした。

 お相手はこの夏に工場稼働する蟒淑源丸善スープのパートナーである丸善食品工業株式会社の竹本社長ほか二名様。

 この日、竣工式と祝賀会の日時をを8月7日に仮決めになりました。

 パートナー同士合同での会議は延べ何時間やったか聞きましたら、100時間より200時間に近いそうです。

 でも、おそらく二次会はこの日が初めてじゃないかな? そう思ってるのは私だけだったりして。

IMG_20200109_140441-800x600

 ワッフルチキンがアメリカのソウルフードだとは知りませんでした。

 面白そうなので、新宿駅LUMINE ESTの8階、若い女性ばかりのフロアーに上がって食べてみました。

 チキンにシロップを掛ける時点で妙な気持ちになり、ワッフルは普通に美味しいのですが、チキンは結構しょっぱくて、これまで経験したことの無いような後味でした。

 注文したのは、スタンダードのドリンクセットで税込み1485円でした。

 メニューを紹介するパネルのところに座って食べましたが、結構話題のようで、停まって会話してる女性たちもいましたね。

 トレンディなものを食べて満足です(笑)。

IMG_20200104_130733


〆鯒の貴業界(貴社)の状況は(年初の見通しと比べ)どうだったか?

 国内の鶏肉生産は順調に伸びて需給バランスが崩れ鶏肉市況は低迷することが予想されましたが、予想よりは良い水準で推移しました。中国はアフリカ豚コレラの蔓延から、豚肉不足に陥り、鶏肉も異常な高値で取引されているようで、世界的にも肉全般の輸出入は引き締まって推移しています。

■横娃横闇の貴業界の見通しをどう見るか?

 国内産地の増産意欲は高く、鶏舎建設は順調に進むものと思われます。しかし解体工場では若手人材確保の観点から潮流から年間稼働日数は減る方向です。人手不足を埋めるために高卒者の採用を増やしたいところですが、それで埋めきれない場合、外国人実習生を増やす傾向が続くと思われます。

5業界の重要課題は何か?

 どの業界もそうでしょうが、長い目で見ると地元の労働人口の減少が一番の問題です。更に高卒者の専門学校などへの進学も増える中でいかに当業界への注目度を上げていくか。

ぃ横娃横闇の県内経済・社会等への関心事は何か?

 都会への憧れは若い世代にとっては普遍的なものでしょうが、必ずしも都会に出れば幸せに成れるというのでもないようです。高校を終わると、女性が都会に出る比率が高く、町村には男性が多く残り、どちらも男女の比率が崩れてしまっていることから出合いが限られ、外国人と結婚する地元の男性が増える反面、都会に出た女性はあぶれてしまっているという矛盾を解決したいものです。女性を地元に残し男女の出会いを増やすことで幸福度は上がりますし、人口減少の歯止めにも成ると思いますし、地元の産業も存続できるような方向になっていって欲しいものです。

(記事側のミスを一部修正しました)

IMG_20200106_093631

 10万トンの巨大コンテナ船に40日間同乗するというテレビ東京の番組を録画で見ました。

 時速35kmで航行して、シンガポールなど所々の港に停まって日本の製品を降ろし、2000km先のヨーロッパまで行くのだそうです。

 1日の重油の燃料費は500万円。スエズ運河を通る通行料は約4000万円。ソマリア近辺では海賊の襲撃に備える緊張した場面がありました。相手は鉄砲を持っているのに対して、こちらは放水で対抗するしか無い。

 無事すべての荷物を降ろした船長のホッとした表情が印象的でした。

 さて、当社の年間の7品目セットの重量が偶然ですが約10万トンです。しかし当社の商品1年分は一度に見れません。仕掛品は180もの農場に分散してあります。商品は毎日一定の量を少しずつ出していく。巨大さを実感しにくい産業かもしれません。

 船の乗組員の団結した仕事ぶりに感心しましたが、当社も同じ。チームワークで今年も十文字丸としていい仕事をしていきましょう。

(1月4日本社朝礼のスピーチ/写真は本日の本社玄関)

IMG_20200104_100216

 大震災から9年経過し、岩手県は「復興」から「幸福」に力点を置く方針を明らかにしております。独自に幸福指標を導入し、改善を図っていこうということのようです。

 その背景にあるのが、2012年より隔年で発行されている「全47都道府県幸福度ランキング」の存在でしょう。最新の2018年度版では、岩手県は31位。ちなみに東北では10位山形県、28位秋田県、36位宮城県、39位福島県、46位青森県となっています。

 そして、安倍首相の施策である「働き方改革」は、労働時間を減らして、ワークライフバランスを重視していこうというコンセプトで推進されています。要は、仕事は短時間で効率的に働き、プライベートタイムを充実させて、幸福度を上げましょうということですね。

 また、働き手不足の時代になり、社員を幸福にしない企業は自然に淘汰される時代になってきました。当社でも「楽しくなければ仕事じゃない!」を本年度スローガンにして取り組んでいます。

 では、プライベートでどう幸福度を上げるかですが、上記ランキングで3回連続1位に輝いた福井県にヒントが有るようです。テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でもやっていましたが、福井県は女性の就業比率が高くて、男性が家事や子育ての手伝いをすることが当たり前という文化があるそうです。

 共稼ぎで収入が上がり、女性の家事と子育ての負担が軽減されることはもとより、男性も稼がなければならないというプレッシャーが軽減され、かつ男女間の絆が自然と出来上がるということなのでしょう。

 福井県だけでなく、4位石川県、5位富山県と北陸の県が上位に来て、山形県が10位にいるのも、そういう価値観が定着しているからと考えられます。

 つまり、男女がそれぞれ専業の役割を担う価値観は、古いだけではなく幸せをもたらさないということが分かってきているのです。岩手県はどちらかというとそういう伝統的価値観が横行していますよね。

 男性諸氏は、労働時間の減少をそのまま自分の余暇時間の増加に当てているのを見直して、少しは奥様の手伝いをしたらいかがでしょうか?

 女性側も、いきなり始められるとかえって邪魔だ!と言わずに暖かい目で見て、慣れるのを待ってあげましょうよ。

(社内報「こけろっこ」2020年新春号の巻頭文)

P1020611

 年末年始の工場は、30日は6割稼働で12:40頃終了し、4日朝からフル稼働となります。

 その間、八幡平工場ではベルトフリーザー、コンベア、梱包機器の入れ替えで夜通しずっと作業しているとのことで、本日午前中に様子を見に行ってきました。

P1020605

 それもこれも増産のためで、これまでのベルトフリーザーが5トン/hのものが3台だったのが、10トン/hが2台になるとのこと。

 あまりの巨大さに、工場敷地に仮設テントを張ってそこで1ヶ月かけて組み立てたんだとか。聞いたたら、仮設テントの1ヶ月リース料でいい車1台買えるような額(笑)。

 4社の技術者、合計50名以上の方々には年末年始の休日返上で仕事をしていただいております。感謝です。

P1020598

 あけましておめでとうございます。

 元旦恒例となりました本日の岩手日報の「トップインタビュー」を御覧ください。

 本年もよろしくおねがいします。

↑このページのトップヘ