2019年08月

2019年08月18日

100万円ポルシェで我慢すべきこと

IMG_20190818_061316

 我が2000年式ポルシェ・ボクスターは納車から2ヶ月経過、1500kmほど走りました。3台持ちにしては頑張ったかな。

 100万円程度でどんなポルシェが手に入るのか? そりゃああれこれありますが、この程度だったら全然OKでは!? というわけで、今回残念なところをレポートしてみます。

 1.エアコンの吹出口からスポンジの破片が飛んでくる!
 
調べたらよくあることみたいですね。経年変化で中のスポンジが溶けてか、ボロボロと飛んでくるし、吹出口に引っかかってるので取りたくなります。ピンセットやピックアップツールでそれがきれいに取れると快感でもあります。外に出た細かいのをキャッチするためガムテープは常備しておいたほうがいいかも(笑)。

 2.フロントボンネットが緩んでしまう!
 
カチッと締めてあるはずなのに、気がつくと緩んでることがよくありました。いやもちろん走行中に前のボンネットが突然空いて視界が遮られるなんてことは無いですし、これからもないでしょう(笑)! ちなみに、前のタイヤの空気圧が既定値より2割以上高めでしたので、それを規定値以下にしてからは起きなくなりました。

 3.閉めてると幌がきしむ音がうるさい!
 地震のときの障子戸のガタガタする音みたいな感じで、グレード感を下げてます。他人に運転を任せて、自分で幌のどこが鳴いているのか確認したいと思いますが、まだできていません。以前、ダイハツ初代コペンのときにもこういうのがありました。その時は嘆いてさっと手放しましたが、今回は粘ってみようと思います。もちろん、オープンにすれば全く静かになります。

 4.幌の後ろのビニール窓がもやっとしか見えない!
 
ガラスではなくビニール。私も初代ロードスターで経験ありましたが、この車は19年経過してますのでほとんどスモークガラスみたいな感じです。バックすることがないような駐車を心がけています(笑)。

 5.ステアリングを切ったときに時々引っかかる音がある!
 
滅多に無いのですが、たま〜に気になります。何かが引っかかってるのでしょうか。でもこれだけ走り込んでるし、そんなに問題なさそう。以前所有したBMWのZ4は色とか最高に気に入ってたんだけど、夏場パワーステアリングがコックンコックン言うので我慢しきれなく手放しましたが、これはそんなではないです。

 6.取扱説明書が付いてこなかった!
 
ありえないなと思うのですが、取扱説明書が付いてなくて、何をするにも頭を使って推理したり、ネット上から情報を仕入れたりして、感性が研ぎ澄まされますね(笑)。ホントに困ったときに、高額でも手に入れようかと思うのですが、さて、飽きて手放すのとどっちが早いのでしょう?

 以上、こんなところでしょうか。というわけでアタリの範疇かなと思ってます。なにしろコミコミ100万円ですから、ね。

 さて、この写真は今朝早朝、ゴルフ場に向かう途中、世増ダム(青森県南郷町)沿いのパーキングで撮ったものです。気温もちょうどよく、気持ちよく走れて最高でした。

 そのあと、ゴルフが終わっていつものようにゴルフバッグを載せようとしたら、誤って助手席前の柔らかい部分を傷つけてしまいました。あらら。‥でも100万円だからね(笑)。

 帰って、後ろの狭いトランクにゴルフバッグを入れようとやってみたら、ウッドを全部バッグから出すときれいに全部収まるみたい。そうだったんだ! 見た目で勝手に諦めてましたが、やってみるものですね。


jumonji100 at 16:04|この記事のURL クルマ 

2019年08月17日

「農場用地募集中」の看板を撤収

IMG_20190805_131024

 2012年に私の提案で建てた、国道4号線沿いの本社敷地内の看板を撤去することにしました。

 最初は「チキンオーナー農場募集中」という看板でした。それから2016年に「農場用地募集中」に内容を変えましたが、趣旨は同じで、久慈工場の大規模増設により農場の供給能力の不足が見込まれましたので、地元を巻き込んで農場増設を成し遂げたいというものでした。

 それから順調に新農場ラッシュが続いて、蝪丕米鷂優奸璽の設立もあり、農場・工場間のバランスが取れそうな見込みになったので、7年でお役目終了ということで撤収です。

 この看板は狼煙を上げるような効果があったみたいで、既存の売買農家さん、社員、元社員、等が関わって来ています。

 いや、それ以上に、地元で伝わっていったのは、健助会長(父)が蝪複縫侫 璽爐鮴瀘して、あちこちの土地を買ったことかな。仕事の速さには改めて敬服せざるを得ません。

 さて、この看板を撤去するより、上塗りしてサイサイドリーさんの絵にしようかなと一瞬思いました。しかし、安全運転に支障が出るかもと思い止めました。

 というか、よく考えると、この看板が存在していた7年間でこの周辺で事故がなくてよかったかな。


jumonji100 at 16:50|この記事のURL 農場の話題 

2019年08月15日

世界史の復習

DSC_0002

 海外出張に行くたびに、もうちょっと世界史を勉強しておけばよかったなと思うようになり、他にも買ってみたのですが、今日読み終わった「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」が結構よかったですね。

 「ムンディ先生」こと山崎圭一さんが書いた昨年発刊の本ですが、さすが人気YouTuberだけあって、細かい年号を抜いて、今の視点で面白いエピソードを交えて書かれていて面白かったです。

 また、各国、各時代の治政者がどういう人なんだかの描写があって、経営者としても参考になったかな。というか、人間臭くて同情したくなるような‥。また、その時々の運があるんですよね。可愛そうだったりもしますが、治政者とはそういうものでしょう。消耗品みたいな(笑)。

 こういうのが本当に教科書だったら、歴史嫌いにならずに済んだかもしれません。それと「将来経営者になるなら世界史から学んでおけ」と誰かが言ってくれたら違ったかも‥。ま、今になってそう思うだけですが。


jumonji100 at 11:27|この記事のURL番外 

2019年08月14日

2.5リッターガソリンターボのマツダCX−5に代車で乗ってます

DSC_0004

 6月1日納車なのに、エンジンかけたあとしばらくエアコン吹出口から温かい空気が出る症状の我がマツダ3。駐車しておくと室内がやたら暑くなる症状も感じてました。

 1ヶ月点検時と2ヶ月経過のあたりの2度ディーラーさんで診てもらいましたが、異常なしとのこと。しかしその後1週間したら、アクセル踏んでも加速しなくなって、警告表示が出てディーラーさんに直行。

 ま、それとこれが直接関係ないかも知れないですけど、それから1週間この2.5リッターガソリンターボのCX−5を代車で借りています。車庫に入れると、他が低い車ばかりなので存在感がすごいです。マツダイチオシの色というのもあるかな。

 この個体、一度は試乗してますけど、やっぱり静かでスムーズな加速が気持ちいいですね。サンルーフのオプションが選べるなら(2.2リッターディーゼルのみ)、これを選んでたかも知れないです。

 雪国の地元では、この新型CX−5、すでに超人気車種になってますよね。株主通信を読んでると、世界でも大人気のようですが、実際乗るとコスパ良すぎです。

 マツダ3が新しい車台になってちょっと値段が上がったので、マツダ3の1.8ディーゼルとCX−5の2.5リッターがそんなに見積もり価格が変わらないですよね。

 今落ち着いて考えたら、いまいちエンジンの魅力に欠けるマツダ3よりCX−5にしとけばよかったかなと思ったり。うーん、マツダ3試乗レビューの見過ぎだったかな。

 そうこうしているうちに来年早々、FRで直列6気筒になると言われるマツダ6が発表になるそうなので楽しみです。最低地上高がそんなに低くならないで、四駆があって、サンルーフが付くことを祈ってます。

 ちなみに、出たばかりの新型車の納車直後の不具合はこれで2回め。やっぱり生産が落ち着いてからのほうが安心ですね。値引きも大きくなるし(笑)。


jumonji100 at 20:06|この記事のURL クルマ 

2019年08月12日

秋田県大館市の大文字まつり「ハチ公よさこい」を見てきた


DSC_0122

 秋田県大館市といえば、最近ではロシアのザギトワに贈られたことでも話題になった秋田犬の「ハチ公」の生誕の地で有名です。

DSC_0039

 その大館市で8月11日に「よさこい」があるというので見に行ってきました。大館市は我が家から1時間ちょっとで行ける、人口7万人を超える秋田県第5の市です。

DSC_0028

 札幌高知のよさこいは見てるのですが、近くのもっとローカルなよさこいはどうなんだろうと興味があって、なおかつスケジュールに無理がないタイミングを見てということで、今回行けました。

DSC_0104

 今回は地元大館市の「鳳翔華」をはじめ5チームの出演。

DSC_0011

 夜の部もあるからか、そんなにたくさんの観客が見ているわけではありませんでしたが、踊り子さんたちのはつらつとした踊りと華やかな衣装と笑顔で、大満足でした。

 ドライブで行ける範囲で、またどこかのよさこいに行ってみたいと思います。


jumonji100 at 22:08|この記事のURLOFFタイム 

2019年08月10日

菜彩鶏メニューのビアホール、久慈グランドホテル7階で営業中

IMG_20190809_183228

 6月1日からオープンしている久慈グランドホテル7階のビアホール「具蘭堂」に昨晩お客様とともに行ってみました。

 菜彩鶏メニューが超盛りだくさん。飲み放題・食べ放題、2時間で大人3000円(中高生2200円、小学生1500円)。18:00−22:00で、8月末までの営業のようです。

 実際に行ってみて、その料理がホントお世辞抜きで美味しかったです。順不同で紹介します。

IMG_20190809_185634

 手羽先の照り焼き黒胡椒風味。

IMG_20190809_185639

 手羽先の塩あじ素揚げ。

IMG_20190809_185550

 手羽先の唐揚げ。

 実は手羽先好きの私ですが、最近食べてなかったので、上記の3種類の手羽先をたくさん食べました。どれも美味しかったですわ。ホント!!

IMG_20190809_185529

 小肉の甘辛煮。

IMG_20190809_185535

 カキソース炒め。

IMG_20190809_185542

 砂肝の黒胡椒炒め。

IMG_20190809_185546

 唐揚げ香草ソース。

IMG_20190809_185557

 ヤキトリ。

IMG_20190809_185607

 ピザ。

IMG_20190809_185617

 デミグラスソース煮。

IMG_20190809_185621

 なめらかクリーム煮。

IMG_20190809_185628

 サラダ。

IMG_20190809_185524

 天麩羅。

 全部食べたわけじゃないですが、どれもがちゃんと美味しくて大満足。他にも生野菜スティック、トマト、パスタ、春巻きなど、バラエティに富んでて飽きさせませんでしたよ。

IMG_20190809_200546

 さて、この日の主客は、日本のサラダチキンブームをタイから仕掛けた張本人、藍原康雅氏。いまや独立してコンサルタントとして引っ張りだのようです。

 彼は以前、イトーヨーカドーの精肉バイヤーだったので当社もお世話になりましたが、実は大学時代のサークルの2つ後輩なんです。カラッとしてて、ケラケラ笑ってる姿が印象的でしたが、こんなにチキン業界で活躍するとは!

FB_IMG_1565356339589

 数年に一度会うくらいですが、当時とやっぱり変わらないですね。ただ、ドクターストップでアルコールは2年前から止めたそう。それでも2次会まで付き合ってくれて、楽しく過ごさせていただきました。おつかれさまでした。


2019年08月08日

アラカンにつき、昨日のゴルフをドタキャン

IMG_20190703_114236

 昨日は地元で仕事関係の方とのゴルフでしたが、ドタキャンさせていただきました。

 だって、ラウンド中ほとんどの時間が30度超えで、最高気温が33℃を超える予想だったんですもん。

 これも親しい間柄の方々なので、夏の暑さにはめっぽう弱い私ということで勘弁いただきました。56歳になり、文字通りアラカン(アラウンド還暦)ですし、以降のスケジュール消化のためにも体は大事にしないと。

 しかし、その分、夜は八戸でハッスルして飲んで語り合いました。いつになくワインを飲みすぎてか、頭痛が‥。

 今回マツダ3の故障で、たまたまボクスターで行ったのですが、オープンにして二戸に戻る1時間のドライブは爽快でした。丁度いい気温で、適度に曇りで。日頃からオープンカーに乗ってると、こういうチャンスを活かせていいかも。

(写真:一ヶ月ほど前、総会シーズンが終了してこういうのがたくさん届きます)


2019年08月06日

幹部へ夏の宿題

DSC_0003

 600ページもの「京セラフィロソフィ」を総合職・事務職の社員教育のテキストに使用しているわけですが、同じ盛和塾塾生で噛み砕いて自社独自の冊子にしてるのを見て、当社でもやろう!と決意したのは今年5月のことでした。

 とは言っても、私の当社の現場の経験値からすると大していいものは書けないわけで、ちょっと考えて、幹部の皆さんに手伝ってもらうことにしました。

 6月の経営会議の場で「京セラフィロソフィ78項目について、みなさんのこれまでの会社人生の中で当てはまるエピソードだとかを思い出してもらって、レポート提出してください。締切は7月末まで」と通達。その時は幹部の皆さん、さすがに嫌な顔しましたね〜(笑)。

 でも締切が迫ってくると、両専務からは「社長、これまでを振り返るとってもいい機会になりました!」と異口同音に言われました。いや、もちろんそうでしょう(笑)。

 ワード形式での提出でしたので、字数のカウントもしましたが、少ない人で原稿用紙15枚ほどから、多い人で40枚ほど書いたみたいです。

 さて、これから15人分の印刷したものに目を通す作業に入ります。一人ひとりのを順に読むのではなく、項目ごとに読んで良さそうなエピソードを拾っていく感じかな。楽しみです。


2019年08月05日

八戸南部氏の女性当主を描いた「かたづの!」

SSC_0004

 この「かたづの! 」という中島京子さんの著作を読んでみました。

 我らが九戸政実亡き後の、南部利直の時代、嫁いだ先の八戸南部家の幾多の親族の死にまみれ、当主になり我慢を重ねて生き抜いた物語となっています。

 それがこの表紙にあるようなファンタジックさが加えてあって、なんとも不思議な読後感でしたが、我慢の大切さ、よーく考えることの大切さを脳裏に刻みつけられたかな。

 それにしても、三戸、八戸、盛岡、紫波、花巻、遠野、鹿角、二戸といったここらの南部の地名をベースに書かれているので、ただでさえ面白い物語がますます面白く読めました。

 ちなみに里中満智子さんがこの原作を漫画にして今年出したそうです。その情報でこの本を知ったわけですが、先に活字で読んでよかったかな。
 
jumonji100 at 06:30|この記事のURL

2019年08月04日

当社は野球型チームかな

IMG_20190803_105327

 ご多分に漏れず、スマホを持つようになって、電車での移動中に読書することが減ってきています。

 手に入れても、読むまでちょっと時間がかかる傾向にあるので、このリフレッシュ休暇のメインを読書にして正解かな。リフレッシュにならないかもしれないけど(笑)。

 経営に関する本としてはこの2冊読みました。小笹芳央リンクアンドモチベーション会長著の「モチベーション・ドリブン 働き方改革で組織が壊れる前に」と麻野耕司リンクアンドモチベーション取締役著の「THE TEAM 5つの法則」です。つまり、師弟関係にある2人の本ですね。

 前者は、いままさに進行中である「働き方改革」について、経営者としてあれこれ試行錯誤の策を施しての実体験をベースに、あれこれ言い切っているところに価値がありますね。

 後者は、チームについての最新の学術的なロジックを寄せ集めて解説しています。医者が一人の人の心身を診るのに対して、複数人が集まる組織については疎かになりがちという著者の主張になるほどと思いました。

 また、実際にそれを指導する立場でありながら、自分の組織に当てはめていなくて、業績はさっぱり。そこで自組織に当てはめて実践したら凄いパフォーマンスが出たという、笑えないエピソードも披露してくれてリアルに感じます。

IMG_20190804_073043

 さて、この「THE TEAM」では組織を、サッカー型、柔道団体戦型、野球型、駅伝型の4つに分類します。

 当社、いや当業界はどれに当てはまるかというと、野球型かなと思いました。近くのライバル会社さんは地元の野球部OBを中心に採用しているのですが、まさしく理にかなってる!

 人材の連携度合いが高くて、環境の変化度合いは小さい。仕事は命と鮮度のリレーでまさしくチームプレイが求められ、ライバルとの競い合いを直接感じることは殆ど無い。そういうチームはどういう戦略で行けばいいのかがこの本には書かれています。

 どちらも私にとってとっても価値ある本でした。年後半に向かっていいヒントを頂きました。


jumonji100 at 08:54|この記事のURL 自己啓発 

2019年08月02日

勘違いさせる力

IMG_20190801_172600

 この、身も蓋もないタイトルの本「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている 」を読みました。

 何年か前にどこかで「世の中、勘違いで成り立っている」という視点を仕入れて以来、事あるごとにその視点で見ていくとなるほどそのとおりだと思えてばかりいましたので、全く違和感なく読めました。

 365ページもある本なのですが、いま風に挿絵や図や余白をふんだんに使って、面白おかしい切り口で書かれてますが、著者のふろむださんは基本的な心理学のロジックをしっかり学ばれているようで、説得力があります。

 世の中は、実力+運で成り立っていると一般的には言われるが、ホントはそこに錯覚力が加わっている。その錯覚力は感情に訴える部分。錯覚力は無意識に理解している。‥のだそうです。

 さて、私は錯覚力を利用できているかな? このブログは錯覚力向上に貢献できているかな?

 それ以上に、先日の岩手日報さんの連載記事は私の錯覚力向上に貢献いただきました。考えてみればマスコミは錯覚力において圧倒的なパワーがありますね。


jumonji100 at 16:07|この記事のURL 時事論評 

2019年08月01日

整形外科で診てもらったら

IMG_20190801_161432

 八戸市内の整形外科に行ってきました。

 7年前にも診てもらったのですが、その時は軽度の椎間板ヘルニアということで、以降ストレッチやヨガに励んで、それはそんなに進行してなかったのですが、他にも問題出てきたので。

 X線とMRI検査をしたら、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症の他にも病名あれこれ言われました。坐骨神経痛、脊柱菅狭窄症、そして黄色靱帯骨化症。左の背中のコリコリしたものはこれだったのね。

 黄色靱帯骨化症は故星野仙一さんも楽天の監督時代になったそうです。調べたら、星野さんは椎間板ヘルニアとセットだったようで、ちょうど私と同じかな。ほぼ2ヶ月間監督を休んで手術してリハビリして、その年には監督を退任したとか。

 私のは軽度だそうで、手術のレベルではなく、リハビリで通院することになりました。これまで接骨院に通ってほぐしてもらうのは的外れだったかな。それにしても、原因がはっきりしてスッキリしました。早く行ってればよかった。

 ちなみに、ゴルフはやはりこれらの病には良くないそうです。ラウンド回数を減らして、練習も最小限にしようかな‥。


jumonji100 at 16:33|この記事のURL ゴルフ 
記事検索
yasuoj@Twitter
4歳頃かな‥

プロフィール
昭和38年4月9日生
岩手県二戸市出身
牡羊座 血液型O型

1979 二戸市立福岡中学校 卒業

1982 岩手県立盛岡第三高校 卒業

1986 國學院大學法学部法律学科 卒業

1986 (有)十文字養鶏 入社

1987 イギリスの同業者研修(7ヶ月)

1991 CI導入(株)十文字チキンカンパニーに グループ7社の代表取締役社長(27歳)

1993 岩手めんこいテレビ番組審議委員(6年間)

1995 食鳥業界同友会「21世紀の会」初代会長

1998 (社)二戸青年会議所 理事長(1年間)

1998 盛和塾盛岡に入塾

2000 稲盛経営者賞 製造業第一グループ第3位

2002 (株)十文字チキンカンパニー 代表取締役社長

2003 岩手県チキン協同組合 理事

2004 (社)日本食鳥協会 理事(8年間)

2005 岩手農協チキンフーズ(株) 代表取締役社長

2007 めんこい協同組合 代表理事

2007 岩手県PTA連合会 副会長(1年間)

2010 日本チャンキー協会 会長(4年間)

趣味…読書、カメラ、クルマ、オーディオ、スポーツ観戦

特技…一輪車

スポーツ…ゴルフ、スキー

子供の頃のスポーツ…野球→バレーボール→テニス

子供の頃の夢…漫画家→工業デザイナー→オーディオ評論家→設計士

座右の銘…やらなかったのは失ったのと同じだ

食べれない…そば、蟹、マスクメロン、刺し身、ニンニク

飲めない…コーヒー、紅茶、烏龍茶、ビール、日本酒、オーガニックでないワイン

2男1女の父
岩手の天気
アーカイブ
携帯でも御覧ください
QRコード