きまじめチキン日記

岩手県二戸市 昭和38年生 チキン産業 経営者 十文字保雄

2007年02月

76cca544.JPG

 盛和塾の機関誌が年に5回届きます。稲盛和夫塾長の講話を収録したものとともに、塾生の経営発表、塾長との質疑応答、塾長を知る人達の書き下ろしなどが満載です。

 かれこれもう40冊近く、頂いては読んでいるのですが、時々に応じてグサリと来ることがあります。

 今回は、そう滅多にない塾長自身の懺悔の言葉が聞かれました。京セラが母体となって運営されている京都パープルサンガが、Jリーグの1部と2部を行ったり来たりで不甲斐ない成績を出しているのは、自分自身の心の問題であったとして反省の言葉を述べられています。

 まさしく今回もグサリ。自分の周囲にもいくらでもそんなことがありそう。さすが塾長との思いを強くしました。何歳になっても人間はエゴが出る。それを何とか制御しようとすることが尊いと言われていますが、今回は身を以てそれを吐露されています。

 盛和塾の機関誌であると共に、一般にも購読料さえ払えば送ってくれるようになっているようですので、よろしければどうぞ。

db7758ea.jpg

 出張の合間に時間があったものですから、取引先でもある上場企業の株主総会に一株主として出席しました。

 そんなに派手な会社ではないですが、株主数がこの2年でほぼ2倍になったということで、雨にもかかわらず会場には結構な人数の株主が来ていました。

 鶏卵をたくさん扱う会社ということで、「鳥インフルエンザで日本の鳥の半分が死んだらどうするんですか?」などという質問もあったりしました。

 その回答は興味津々でしたがやっぱりちゃんと「日本の養鶏場の防疫体制はかなりのレベルになっていますので、考えられません。」と答えておりました。

 実際、今年の鳥インフルエンザは4件起きましたが、連鎖して起こったわけではないですし、面で広がるといったことは考えにくいです。

 同じ敷地内の隣の鶏舎にうつったと言うこともないくらいですから、半径5キロの移動禁止区域内に入った同業者はかわいそう‥。

9fb0f42d.JPG

 みやぎ生協さんの「ユビキタストレーサビリティシステム実証実験説明会」が仙台市内の岩切店で午前9時より開催され、テレビ局3局をはじめとするマスコミの皆さんが取材して行かれました。

 当社はみやぎ生協さんに、抗生物質を与えず、monGMOトウモロコシで飼育した「COOP産直若鶏」を供給しているのですが、トレサビの対象になった産地として今回招かれ、主宰者挨拶に続いて少々話をさせて頂きました。

 「私が入社した昭和61年頃が国内のチキンの生産羽数がピークで、それからずっと輸入品の圧力もあって減少傾向で推移し、ピーク時の20%減までいき、3年ほど前から回復してきたのですが、それは消費者の安全・安心への意識の高まりが追い風になったのです。トレーサビリティもその国内産地に対する信頼を醸成する一助になっています。」

 実は、システム室を含む当社の関係者が、今回のシステムの概要を目の当たりにするのは、今日が初めて。店舗に設置した端末にバーコードをかざせば見られるようになっているんですね。

 当社の農場長の写真がバーンと表れました。「こりゃあ農場長もルックスが大事だワ。」

e7575a53.jpg

 来年度の事業計画書の素案が届きました。

 私が方針文書の他に「来年は、これくらいの数量で、稼働日は○月は何日で‥」などとを指示しますと、工場側と農場側との摺り合わせやら、鶏舎の回転がちゃんと出来るか、ひよこの供給が間に合うかなど、各部門でものすごいエネルギーを使って精緻に作成します。

 このように事業計画を作るのは、私が入社した20年ほど前から既にそうでしたが、その後、岩手農協チキンフーズ蠅加わり、更に銘柄鶏が増えていったことで、その複雑さは数倍にも成りました。

 一時は、合計5センチくらいの厚さ、つまり600〜700ページの計画を作っていたこともありました。それが最近は徐々に薄くなって、一昨年・昨年と2センチ強。今年は、「1センチにするぞ!」と指示したのですが、最後に「これは印刷しますか?」などと私に判断が回ってきて、結局1.2センチになりました。

 もちろん、作成のプロセスは以前と同じでしょうが、手元に印刷しておくのが少ないだけです。

 さて、これからじっくりと目を通して、修正指示をどれくらい指摘できるか‥。ここからが私にとって本番です。

c2a86e11.jpg

 一昨日、出張先で珍しく、靴磨きをしてもらいました。都内の百貨店の脇で3人の職人がいて、1人空いていたのでそこに座りました。

 「いいですか〜?」と言って座るも、反応は無し。隣の2人は客と会話も弾んでいるように見えたし、私の座った職人は、だいたい道具が少ないし、さほど汚れていなかった靴がさっぱりキレイにならないし、あー失敗したかな、と思って終わるのを待っていると‥。

 ぶつぶつその職人さんがしゃべり始めました。で、みるみるうちにかなりキレイに‥。「これ、普通の水道水だよ」「これだけでキレイになるんだよ」とブツブツ言ってるじゃないですか。

 「市販のワンタッチのワックスは駄目だ」と言って、シンプルに固形のワックス、水、手ぬぐいみたいな薄い布だけで、キレイに仕上げてくれたのでした。

 「すごい!ありがとう」と言って代金を渡すと、ニヤッと下から眺められました。なかなか劇的な職人でした。身なりは全然ふさわしくないですが、NHKの「プロフェッショナル」にこういう人もいいかも。

(写真:安比高原から岩手山を眺める)

8de05f7c.JPG

 さすがに今年は採用戦線は厳しいかなあ‥、鳥インフルエンザもあったし‥。

 とはいうものの、東京で実施した初年度の昨年並とは言いませんが、形になる人数の学生に集まって頂きました。

 そして、それぞれの社員がしっかり役割を果たしてくれまして、アンケートの感触は概ね好評で、当社のカラーを感じて頂けたと思います。

 しかし、質問が少なかったのが気がかり。本気なら質問で盛り上がるはずですが‥。

  私の後にプレゼンをした部長に「ずいぶん短かったね」と言ったら、「社長が長かったですから」。えー??

 私のスピーチが、先週のリハーサルで予定の20分ピッタシで終わったのに、本番は25分のつもりで話したら、何と40分だったそう。灯台もと暗し!

 ちょっと熱く語りすぎたか‥。

42492ccb.jpg

 先週は満席で見られなかった映画「不都合な真実」を、上京中のちょっとした時間に見ることができました。

 時々、主人公のアル・ゴア元副大統領がテレビに出ていたので、全国的に公開されているかと思ったら、娯楽作品でないからか岩手や青森ではやっていないんですよね。

 見終えてみて、まずアル・ゴア氏の生き様に触発されるものがあります。過半数を超える票を得ながら大統領になれなかった後、どう人生を生きていくかを自問自答して、この地球温暖化の危機を回避する活動に生涯を捧げると決めて、1000回にも及ぶ講演を世界中でして歩く‥。

 若くして上院議員になっていたときから訴えているそうですが、経済界からのバッシングにも耐え、一貫した態度で訴える姿には心を打たれます。

 既に世界中で異常気象が常態化する現実となり、最大の元凶となっているアメリカ国民も気づきつつある。しかし、まだまだ行動には移れていない。

 会社内もそうなのですが、気づいても簡単に行動できないのが人間の性(さが)。それを仕組みづくりで成せるように持っていけるのが政治家でしょう。

 ゴア氏には、また政治の世界に復帰してもらいたいとも思いました。

東京流通センター たまたま、招待状をいただいたお客様2社の商品展示会が、同じ時間、同じ場所の「東京流通センター」で行われるということで、行ってきました。

 確かS社の展示会では、当社蟒淑源チキンカンパニーの営業課から1人応援で出ているはず‥、が、なんとグループ会社の螢献礇トフーズからも5人来ているじゃないですか!いつも電話に張り付いているように思える面々が嬉々として滅多にしないマネキンの仕事をやっているのがなかなか新鮮でした。

 そのうち、仙台オフィスのスタッフ2名は鴨肉のブースに張り付いており、昨年は鴨肉を扱ったコーナーは無かったはずですから、S社も期待大でしょう。

 そのあとR社の展示会にも行きその幅の広さに圧倒されました。縁があって交流は深いのですが、まだまだ当社が食い込んでいるわけではないので、これからというところです。

749f217c.JPG

 1ヶ月ぶりにスキーに行ってきました。

 我が安比高原がスキー雑誌で国内の人気ナンバー3と出ていましたが、圧雪もないので自宅から45分で着きました。高速1区間使用で、51キロの道のりです。東京からツアーで来る方々に申し訳ないですね。

 ところが、ここのところ運動していなかったせいか、息がゼイゼイ。本当は昨日行く気だったのですが、ちょっと疲れが溜まっていた感じだったので、自宅で静養して、スキーのレッスンDVDを見て、今日は万全の気持ちで行ったのですが、いつものパワーがない‥。

 運動不足もあるのでしょうが、この感じは中学校の時「鉄欠乏性貧血」と言われたときと似ています。今夜はレバニラ炒めを作るぞ〜。

(写真:我が書斎にはこんな本も‥。回収にならないでしょうか?)

エアーズロック 夕張市が財政破綻してから、市職員の賃金カットなど、凄いリストラの嵐のようです。

 いくら自己責任の原則といえども、市民っていうのは、引っ越せばその立場の人でなくなるわけですし、ほとんど財政支援されずに進むとすれば、冷たいなあとも思えるのですが、いや、これはもしかして‥。

 この夕張市こそが、本気で行政サービスを「効率」という面から徹底的に、文字通り再構築する壮大な「実験場」になろうとしているのではないのか!

 国単位では、オーストラリアとかニュージーランドの行政サービスの効率化は見習うべきものがあると言われておりますが、それもこれも、尻に火がついて、逃げ場が無くなったから、本気の改革に結びついたのでしょう。

 その過程で、住民で出来ることは住民でやる、といったようなことを徹底してやったとき、近所づきあいはより深くなるでしょうし、この苦難を経て光明を見つけたとき、本当に強い絆で結ばれた住民がそこにはいる‥。そんなふうになるのでは。

 なんて楽観的かもしれないですが、大体「再チャレンジ」とは、夢や可能性に挑戦する人をいかに作るか。

 お金で支援するのでもなく、楽にしてあげることでもなく、ただ見守ることも大切というわけでしょうか。

(写真:オーストラリアのエアーズロック)

2e619f62.jpg

 取引のない金融機関さんが融資の話でアプローチに来られることがあります。融資だけじゃなく、こんな事もできますよ、あんな事も出来ますよと、プレゼン資料を頂きます。なかなか攻撃的です。

 その中で、飼料価格の高騰のリスクを円ドルレートでヘッジしませんか、という話を頂きました。こういう話は何度か頂きましたが、どうも好きになれないですね‥。

 決算の最後の数字が、本業とはかけ離れたところで調整されるというのがどうも‥。それをやることで、結果的にそこに「賭け」の要素が出てくるわけで、そこで救われたり、逆に持って行かれたりというのは、どうも、ね。

 会社のリスク分散は経営者の仕事ともいえるわけですが、それより本業で勝負して、飼料価格という逆風があるのなら、それに社員が一丸となって奮い立ち、戦っていきたいものです。

 そういう周囲の環境を肌で感じる「ダイレクト感」ともいうべきものを、社内に醸成できたほうが、社員は本気で仕事ができ、得る喜びも多いのでは?

(写真:「世界の山ちゃん」の手羽先‥強烈な胡椒でくしゃみが!)

390583a5.JPG

 暖冬です。1年で最も寒い時期を迎えているのに、二戸も真冬日が全然無いという凄さです。

 いつもなら、朝方は氷点下10℃以下になるのに、写真のように我が家の前の道路の圧雪はほとんど無くなっています。日陰なのに。二戸が仙台くらいの気候になった感じと言ったらよいのでしょうか。

 昨年は積雪で潰れてしまう古い鶏舎もあったのですが、今年はその心配は要りません。

 ただ、困ったことに、炭化鶏糞の売れ行きが‥。融雪剤として販売しているのですが、雪がなければ融雪剤は売れないわけです。

 また、鳥インフルエンザが連続して発生しているし、暖冬で鍋物需要は減るだろうし、と思いきや、鶏肉の需給はこの時期にしては結構引き締まっているとのこと。有り難いです。

 あ、うちの販売量が少ないからかな‥。

fe17b3c7.JPG

 「モノポリー」というゲームをご存じでしょうか?

 一般的には「億万長者ゲーム」だとか「人生ゲーム」のほうがボードゲームとしてはポピュラーなのでしょうが、私は以前からずっとモノポリーを隠し持っておりました。

 というのも15年ほど前に、マネジメントゲーム(MG)を通じて経営感覚を養うというセミナーに何度も参加していたことがあります。しかし、これが結構高い!(効果のある良いものですから仕方ないですけど)

 で、経営感覚を養う別のゲームとして、より一般的に売られているモノポリーに目をつけて、当時ちょっとだけやった記憶があります。年に1回世界大会があるというくらいのゲームですから、面白くないわけがないんですが、MGの言う経営感覚とは違った分野の鍛え方かな。

 ふと思いついて、昨年末、冬休みに入った我が家の小学生2人とこれをやったところ、その後すっかりハマった様子で、2人じゃ面白くないはずなんですが、飽きもせず2人でやっています。

 そういえば、私も小学校に入るか入らないかの頃に「バンカース」にハマってよく、3つ上のM君の家にしつこく遊びに行って、周囲にあきれられたっけ‥。

カンガルー オーストラリアから昨日帰ってきたのですが、どうも体がムチムチしているような‥。

 で、風呂上がりに体重計に乗ったところ、74キロを超えていました。過去最高です!

 まあ、オーストラリアで美味しいものを食べて、同行の業界人と5夜連続でアルコール漬けだったことで1日4食とかだったり、思い当たる節はあります。

 それ以前にも、忘年会と新年会の足の怪我で、運動不足を招いており、これはまずい傾向。何もしてないから、食欲に対応してしまうのでしょう。

 今晩は、1年で最も飲んでしまう夜と言っても過言ではない、温泉に泊まりがけでやる県央工場の新年会が待っているわけでして、更に記録更新成るのでしょうか‥。

(写真:フィリップ島の私設動物園のカンガルー)

オーストラリアのオーガニック肉店 実はここ1週間、あるお客様の社長の案内で、4人でオーストラリアに行ってきました。私には初めての国です。

 成田空港に行く途中、車の雑誌を読んでいましたら、円安、ドル安で、日本がドイツ本国よりドイツ車が安く売られているということが書かれていまして、へえ〜と思っていたのですが、それに増して現地ではオーストラリアドルが高いのを実感。物価の高いのにビックリしましたね。

 ペットボトルの水が300円程度とか、雑誌が軒並み1000円を超えていたり、ポテトチップも小さい袋なのに200円程度‥。ホテルの水もよく見たら、1000円近い‥。新聞の中古車欄も高い!

 もちろん、オーストラリア観光の目玉である「エアーズロック登山」「ペンギンパレード」「コアラ&カンガルー」「グレートオーシャンロード」等々を一通り体験。それに、全豪オープンテニスの女子決勝が見れました!残念ながらシャラポアは精彩が無かったですけど。

 期間中、恐れていた更なる鳥インフルエンザの発生がありました。岡山、宮崎での3例目と情報が入るたびに、我々業界人一行はびくびくしておりましたが、幸い東日本の関係者ばかりで事なきを得、予定通り今日帰ってきました。

 もちろん、我々がオーストラリアの同業者を視察できるはずもなく、専ら市場調査に専念。もちろんビーフも食べましたが、チキン三昧してきました。確かに、むね肉が美味しかったような‥。

(写真:市場のオーガニック肉専門店「むね肉がすんごく高い!」)

↑このページのトップヘ