きまじめチキン日記

株式会社十文字チキンカンパニー 代表取締役社長 十文字保雄

2007年01月

IGR岩手銀河鉄道二戸駅 最近のビジネス本のベストセラーに「『決定』で儲かる会社をつくりなさい」(小山昇著)があります。

 凄そうです。しかし、まだ読んでないです。小山昇社長の以前の著書を数冊抱えて、それを読んでいる最中だからです。

 その中に唸ってしまう記述がありました。

 田舎に住んでいる人と都会に住んでいる人では、どちらが平均的に心底が優しいと思いますか?

 田舎の人です。田舎では畑仕事をするから手が汚れる。汚れた手は必ず洗います。洗うときに心の汚れまでも洗い流しているから、優しいのです。

 ところが、都会に住んでいる人達は、汚れないので1日中手を洗わない。心の汚れを洗い流す機会を失っているのです。

 日本人は農業という汚れる仕事をしているのに、きれい好きだったからこそ、心豊かで優しかったのかもしれませんね。

 最近は掃除は専門業者がやるもので、一般的には掃除下手になっているような気がします。

 だからか、優しさの感じられない事件が発生するのでは‥。

(写真:IGR岩手銀河鉄道の二戸駅にて)

b09ea726.JPG

 ブッシュ大統領は1月23日の一般教書演説で、これからの10年でガソリン消費量を20%削減する目標を示しました。

 その柱の一つとして、ガソリンの代わりにエタノールを自国で作ることを推進しており、その原料として使われるトウモロコシの市場が高騰。世界の畜産業界に大きな影響を及ぼし始めています。

 まあ、それで原油価格は抑えられ、ガソリンは安くなるかもしれませんが、結局消費者にとっては、畜産商品の価格に跳ね返ってくるという構図になりそうです。

 我々にとっては、飼料価格が上がることになり、大幅なコストアップになります。その分、鶏肉相場が高くなるのを祈らざるを得ません。そのためには、海外からの輸入が減少してほしい。

 世界の飼料穀物の供給基地であるアメリカからの穀物輸出が減れば、世界の畜産の生産量も減と考えるのが自然では?いや、そうなって欲しいものです。

 ところで、エタノールをずっと前からガソリンと混ぜている国といえば、ブラジル。私も何度か行きましたが、都市がまさしくアルコール臭くて、独特でしたね。世界中の都会が少々お下品な臭いに包まれるのが21世紀なのでしょうか?

9f3c9c04.jpg

 宮崎県清武町での鳥インフルエンザはその後、周囲に飛び火することなく、通常に戻るのは時間の問題と思われていましたが、昨日、同じ宮崎県ながら、離れた日向市で、発生が疑われるとのニュースが入ってきました。

 今回は、ブロイラー農場ということで、当社にとっても衝撃は大きいです。ブロイラー農場の感染は世界的にも例が少ないですから。

 当チキン業界にとっては、清武町以上に半径10キロに引っかかる農場が多いようです。ただ、工場が入っていないようで、それがせめてもの救いでしょうか。

 さて、ここの農場は、防鳥ネットも完備していたと言うことです。野鳥だけが媒介するわけではないですが、さてその網の目のサイズ、気になりますね。当社のは、3年前に投資して20mmにしましたからね。このサイズだと雀も入れません。

 ところで、東国原秀夫知事の最初の仕事がこの対応のようです。その仕事ぶりやいかに?笑わせてくれるのかな?そんなわけないか‥。

チキンテック新年会 宮崎県で発生した高病原性鳥インフルエンザの影響は、一部情報によると昨年より2%売れが悪いだけだそうです。まあ、これくらいなら産地からの供給も少なめですし、全然問題ないですね。

 心配なのは、学卒者の採用戦線です。年が明け、大学3年生の就職活動が始まったのですが、この鳥インフルエンザで、この業界が敬遠されてしまうのではないかという危惧があります。

 3年前の山口、熊本、京都と鳥インフルエンザの連鎖があったときも苦戦しましたからね。もっとも、そういう時に来てくださる学生さんには頭が下がります。

 今や、BSEの国内発生が三十数頭なはずですが、新聞の扱いは極めて小さいですよね。鳥インフルも早くそうなって欲しいものです。‥いや、たくさん起きて欲しいと言っているわけではないです(笑)。

 ところで、新聞の「死亡欄」ですが、個々の有名人だけではなくて、無名の人まで含めて、先週は何で何人が死んだというデータを毎週でも発表して欲しいと思います。

 人間のインフルエンザでは国内では毎日のように死亡者がいるはずです。鳥インフルエンザでは世界では100人を超えるのだそうですが、日本では、未だゼロです。

 もっと日本人が心配すべき死因がたくさんあるのに‥、とちょっと愚痴になりました。

(写真:1月20日の県北工場の新年会で若い中国人研修生・実習生のステージ)

eab24dda.JPG

 昨夜は県北工場の新年会でした。

 12月17日の二戸工場の忘年会で捻挫してしまいましたので、今回は大人しく、社員との会話に重点を置こうと思っていたのですが、時折ステージ上が盛り上がって、「社長!出番、出番!」と引きずってステージに出そうとする女性社員がいました。

 しかし、どうもステージへの乱入のイメージが湧かずに、「勘弁、勘弁!」と逃げていたのですが、そう何度も逃げるわけにも行かず、とうとう乱入。

 工場の男子スタッフと一緒にかなりきわどいシーンを連発して、後に「社長!駄目でしょう、今回は!」と女性社員に笑われたのですが、実はその際に、足を踏みつけられたのか、左足の小指を負傷。ビリビリ神経が麻痺している感じに。

 お開きになってから、帰る途中、夜10時過ぎに県立二戸病院に寄って、診てもらいました。

 レントゲンの結果は、骨折は無し。「そんなに痛くないなら、薬も出しませんよ」と言われ帰ってきました。とりあえずホッとしましたが、夜中痛かったです(笑)。

 2回連続の宴会での負傷。この2回の共通点は、ウケ狙いで蝶ネクタイをして行ったこと。「怪我の無いような新年会にしましょう」と冗談で挨拶しておきながら社長が負傷とは‥。

 もう蝶ネクタイは封印します。

jigyoubusei

 昨年12月28日に人事異動を発表しまして、来週月曜日21日から新体制になります。

 事業年度が4月から始まるのですが、事業計画や個人目標はギリギリ1〜3月に作るので、人事異動はその前にやっておきたいと言うことでこういうことになります。

 新鮮な気分で仕事をしてもらうためにも、なるべく異動する人数を増やしたい。それに加え、今回はトップから末端までの階層を減らしたいという意図から、かなり大胆なことを実行しました。

 「事業部」という呼称は止めて、シンプルな「部」だけに戻し、担当役員と部長のダブルトップを止めて、常務取締役=部長としました。そのせいで、副部長という呼称を新設して、従来の部長が副部長という呼称になりました。無論、降格ではありません。

 基本的には、部毎(製造部は4工場に細分)に収支責任等を負う形に変わりはありません。

 今回は、相当たくさんシミュレーションしたので、完成度も自信満々です!?

(写真:肥料部の大野工場が、醗酵工場に変身)

835fe8b0.JPG

 毎年、この時期は上京してお客様の挨拶回りです。当然ながら、今回はどこへ行っても宮崎での高病原性鳥インフルエンザの話題です。

 丸1週間経過した今日の時点では、これまで困った要望もありましたが限定的で、「ほとんど影響がなかった」という一言が異口同音に聞かれました。

 宮崎県や関係する官庁の対応が迅速で適切だったと、高い評価が聞かれました。1万2000羽と少なかったこともあって、あっという間に処分もしてしまいましたし、やはり準備力のなせる技だと思います。

 宮崎県では、県におけるチキン産業の位置付けが高く、地元では危機感とともに、地元産の鶏肉を積極的に消費することで応援しようと言う気運も高まっているとのことで、素晴らしいなと感じましたね。

 前年に韓国で発生して、年明けの1月に国内で発生したのは、3年前と同じです。その3年前は、しばらくして2月に別な場所で発生しましたので、用心しなければ!

(写真:ジャクトフーズ本社事務所で大好きなソフトドリンクを飲みながらブログを更新‥)

8201aa7e.JPG

 宮崎県の鳥インフルエンザの影響で、風評被害は‥やっぱりあるようです。宮崎産の納品は受け付けないといった量販店も当社の納める首都圏にもあるようです。

 当社に入ってきた情報ですと、ある卸さんで、真っ先に宮崎産を拒絶したのは、給食関係だということでした。

 「食育」がせっかく盛り上がっているのに、流通している鶏肉は安全だと政府が何度も発表しているのに、「臭い物には蓋」的な扱いをされるとは、作っている側が浮かばれませんね。

 ただ、そのおかげで、当社には増量要請が‥。しかし、12月に前倒しで出荷したこともあってか、鶏の増体が思わしくなく、販売の窓口の担当者は冷や汗をかきながらお断りしているようです。

bac8ce24.JPG

 今日のTBS系の「サンデーモーニング」の中で、街頭インタビューで私が15秒くらい出たそうです。スキー場にいた私に友人から電話がありました。

 アップルストア銀座に行ったことを、このブログで書きましたが、実はその入口でマイクを向けられまして‥。

 「防衛庁が防衛省になったことをどう思いますか?」

 苦手なカテゴリーの質問だったので一瞬逃げたかったのですが、質問の側が否定を期待しているように思えて、ちょっと力が入って割と肯定側に回ってこたえました。

 「いいんじゃないですか。憲法が後から変わるのかなという感じですかね。」

 イラク駐在のようなことが増えるのでは?との質問には、「仕方ないですね。日本の役割を果たして欲しいですね。」と確か応えたはずです。

 もっと難しい質問には「そんなこと考えたこと無いです。」と逃げました。改めて自分が、世間のニュースに疎いかもしれないな‥と反省しましたね。

 ところで今日、リフトに乗って考えたのですけど、安倍首相がここまで支持率が下がっても評判の悪い「美しい国」を連呼するのは、何かあるのかもしれないと。

 Web2.0じゃないですけど、これまでバージョン1.01だとか1.34だとか増改築を繰り返してきた政治が、まさに2.0になるのかな?と。

 全く新たに理想を追求して、憲法2.0を作ったりするのが「美しい国」かなと。これまでは厚化粧が多すぎたということでしょうか。美しいまっさらの「国の体系」を作りたいって事か‥。

(写真:最近ヘビーローテーションなCD「Past to Present - the 70s / Jay Graydon」)

c8012ad0.JPG

 「虚礼廃止」の方針で、年賀状を止めて10年ほどになります。

 でも、有り難いことに毎年500枚くらいは会社宛に届きます。ちょっと申し訳ない‥。

 今日は時間があったので、今年届いた年賀状をめくってみました。見た時間は30分くらいですから、ええと‥、1枚4秒くらい(笑)。

 大半のビジネス関係の年賀状は味気ないものです。でも、ちゃんとポリシーのある会社の賀状には目を留めて読みました。

 頂いておいて失礼なのですが、お決まりの言葉だけが並び、1枚をめくって見る行為が単なる作業になって、感情が残らない賀状って、もったいないですね。ま、当たったときは感謝しますが(笑)。

 ただ、出す側にとっては、その作業をすることで、お世話になっている相手先への感謝が心の中で強化されるのでしょうけど。

 ところで、プライベートではもちろん年賀状を書いてます。あ、いや出してます。そう、パソコンで宛名面を印刷して、いつも通り裏面には家族の写真を入れて、それも今回はパソコンで印刷しました。

 しかし、社員や当社の農場には、頂いても出してません。悪しからずご了承下さい。

5638d21c.JPG

 朝7時のNHKニュースを見て知りました。そして携帯電話を開けてみますと、深夜に同業の経営者仲間から留守番電話のメッセージが。そして、今朝の6時過ぎに品質統轄部から社内の携帯電話への一斉同報のメールが流れておりました。

 同業者の最大手の会社の種鶏場(親鶏の農場)だそうで、若鶏農場でなくても初めて国内チキンの主産地での発生になると思うと、緊張が走ります。

 ただ、簡易キットの試験での陽性という現段階で、NHKの全国の朝のニュースのトップになることには戸惑いますね。

 「いや、陰性でした」とか「別な病気でした」という可能性もあるわけで、消費者が一般に卵や鶏肉を食べるのには問題がないと言われているのに、なぜなんだ?という疑問は残ります。

 業界人としては、あとは消費の減退を招かないようにということと、陽性が確定となっても単発に終わることを願っています。消費のほうは、一昨年の茨城の騒動でもさほど影響がなかったので、あまり心配はしてませんが。

292a5939.jpg 1年ほど前まで私はアップル製品を所有していなかったのですが、現在はiPodが4個(内訳はshuffleが3個、nanoが1個)になり、Mac OSのパソコンは10年ぶりくらいに先月Mac miniを購入し、結構充実してきております。

  iPod shuffleが故障し、普通の電気店では受け付けてくれないというので、東京出張のついでに銀座のアップルストアに寄ったところ、即日新品の製品に交換してもらいました。

  ここの建物やディスプレイのデザインはアップル製品の延長線上にあるものですごくかっこ良いですし、若い店員さんたちもさわやかで、経営者としてはどういう教育をしているのだろう?と思ってしまいますね。

  周囲を見回すと、銀座という土地柄だからか、Appleだからか客層もむちゃくちゃ違うような‥。まあ、同じパソコン製品でも秋葉原あたりとは違います。

  さて私も、ウインドウズ95の頃までMACLIFEという雑誌を定期購読し、立派なマックフリークだったのですが、それこそシンプルやスマートを追求すると会社も自宅もウインドウズにせざるを得なくなっておさらばしてしまったのですが、最近iPodをきっかけに再びマックに触れるというありがちなパターンの一人となっています。

  Appleの理想が高いといいますか、一連の商品に流れる思想が大好きです。それはやはり創業者であり、途中追い出された一時失意の人であり、別な会社を創業してそれも見事な成功を収めた人でもあり、現在の快進撃を支えるCEOであり、ガンと闘う人でもあるSteve Jobs、その人であるといっても過言でない。あこがれの人ですね。

  ところでiPodなんで4個も持っているの?と思うかもしれませんが、1個はお風呂用のBGMとして、1個は稲盛和夫講話集用、1個は寝室で寝れないときにさっと取り出せるように、1個は出張で持ち歩き曲の評価分類をするためです。

dae9da9f.JPG

 午前中、今年初めての役員会があったのですが、各部門からの報告は、12月の話題になりました。

 社内ブログでもその苦労の程が推察されましたが、「各工場とも計画以上に切ってくれて、本当にご苦労さまでした」「年末までの13日連続稼働は、体力との闘いでした」「クレームらしいクレームは無いです」‥といった役員の感想を聞いているうちに、こりゃあ、何か形で感謝の気持ちを表さねばと思い、ふと思いついたのが、デカイ字で毛筆で‥。

 早速会議終了後に、道具を用意してもらって会長室で私が書いたのですが、下手すぎてか、「誰か上手な人に書いてもらおうよ」ということになり、段を持っているHさんに書いてもらいました。

 なるほど上手い!しかし上手すぎる!署名だけ直筆では気持ちは伝わらないかな‥、と思い直し、写真のように下手な字で仕上げました。久慈工場の皆様へ、県央工場の皆様へ、二戸工場の皆様へ、県北工場の皆様へ、農場の皆様へ、ついでにといっちゃあ怒られますが、いつも顔を見ている本社の皆様へも書きました。

 農場にはどうして伝えるんだろう?と考えぬままに、「貼るのは今週限りにしてよ」と注文を付けて支援部長に渡しました。

 「社長、肥料部が抜けてるよ!」と言われそうです。鶏の出荷が多かったということは、鶏糞の出荷も多かったわけで、大変な苦労なわけです。分かってますが、今回は無し!

e9ca8fb2.JPG

 今日の高校サッカーの決勝、盛岡商VS作陽を自宅でテレビ観戦しました。

 岩手県勢初の優勝成るか、私としてはかなり入れ込んで見ました。昨年、私の母校、福岡中学校が軟式野球で全国制覇したり、どうも岩手県のティーンネージャーがすごい感じ。昨年は、盛岡商の県下唯一のライバル、遠野がベスト4だったですし。

 で、その盛岡商、勝ってきたから当然なのですが、その勝ち上がりっぷりが、なかなか見ていて清々しいサッカーだと思いました。パス回しが早くて、決定力があって、スタミナがあって、守備陣が堅実で、怖じ気づいた様子が見えない。

 前半は0対0。しかし、後半1点先制されて、その後の同点となるべきペナルティキックを外したときには、もうこれまでかと思いましたが、その後見事に逆転!たいしたものです。

 盛岡商業高校には、10年ほど前にマネジメントゲーム(MG)のインストラクター助手として出かけていった記憶があります。出身の若手社員も1人預かっております。

 それにしても、なにより、岩手県に勇気と元気をくれますね。斎藤監督と子供たちに感謝です。

 それにしても、県内のサッカー関係者は喜んでるでしょうね〜。我が子もスポーツ少年団なので‥。

(写真:二戸市内最大のショッピングセンター”ニコア”の屋上駐車場で)

5026a584.JPG

 最近、リン酸塩が話題ですね。体に悪い添加物として再び脚光を浴びる兆しがありますね。

 しかし、これが入らないとやっぱり最近の肉類の加工食品としては、味が落ちるといいますか、正直、物足りない‥。リン酸塩が入っているのが標準の世の中ですからね。

 当社の加工品は、生協さん向けが主体と言うこともありまして、ほんの一部のお客様の指定である場合を除いて、リン酸塩が入っていません。

 ですから、それなりの味です(笑)。

 いや、リン酸塩を使わないという条件の中では、胸を張って美味しいと言えます!

 最近、そのリン酸塩が話題になっています。骨粗鬆症を引き起こすのですね。

 我が家は、家内の努力でインスタント食品はほとんど食卓に出ないのですが、私自身は子供の頃から骨密度が不足気味だったようで‥。

 今後は気をつけ、当社のリン酸塩添加無しの加工品を食べます!

(写真:昨日天気が良かったので、自宅と会社を徒歩で往復。本社敷地に裏のあぜ道から入りました)

a4ef5fb4.JPG

 鶏鳴新聞という業界誌(2/3はお隣の卵業界の記事ですが)の新年号に毎年書いておりますが、今年も出来上がったものが届きました。

 今年は業界の核心を突いた、結構話題になる提言をしたつもりです。反響が楽しみです。

 というのも、業界団体である(社)日本食鳥協会の在るべき姿を根底から変えるアイデアをこういう公の場で示したからです。

 飲んだ席で、同じ事をぶつぶつ言ってきたのですが、ちょっと勇気を振り絞って、活字にしてみました。

 団体名も「食鳥」でなく「チキン」に、「日本」でなく「国産」にして、正会員は国内で生産している団体に限るようにすれば、というアイデアですが、その反響はいかに‥?

3dcbeda8 

 今日は仕事始め。本社では、年始朝礼がありましたが、会長に続いて私からも訓辞をしました。

 昨年の12月は、日齢を延長して相当大きめの生鳥を生産してお客様に迷惑を掛けないように作戦を組んだのですが、結局ちょうどよいくらいで落ち着きました。

 そのことを、「新しいことに本気で挑戦するなら、極端なくらいがちょうどよい」という教訓になったのではないか、と述べました。気が付くと「そこまでやるか」を実践したはずが、ちょうどよかった位でした‥。世の中そういうことが結構ありません?

 また、夢は大きく「この地域のトヨタ」になろう。地域の見本になるような仕事をしていきましょうと呼びかけました。

 ただ、政治的な関与はこれ以上しませんよと、誤解の無きよう付け加えました。「健助会長は政治と距離を置いたけど、保雄社長は積極的だね」と昨年言われましたが、それを打ち消すようにしたいと思っております。

 最後に新しい企画で「今年も笑顔で頑張りましょう!」「おー」(拍手)で締めさせて頂きました。なかなかこれ、よさそうです(自画自賛)。

9e605f9b.JPG

 初夢企画!最近気になる車で「もしも自分で買うならこれ」という車を10台選んでみました。

アウディ TT:新型の予約受付から気になっていた一台。結局私はマツダのロードスター選んだのだけど、冬はFRなので全く乗らないし、TTだったら4WDかFFなので冬もOKかな?ただ車高が心配ではあります。実は先日盛岡の店で3.2(AWD)を試乗しました。いや〜、すごく良かったです。

マツダ CX−7:ライバル車の日産ムラーノに乗る私としては気になる存在です。発売日の前日に、マツダのディーラーに届いたというので見に行きました。ムラーノに比べ後ろの席が狭くて、これは確かにライバルがレガシイクラスだな、と思いました。インテリアはムラーノの真似も見えましたが、ムラーノのシンプルで潔い形が好みです。馬力がありながら4気筒で頭が軽いのと、4WDで革でないシートを選べるのがムラーノユーザーにとってうらやましいところ。

日産 スカイライン:250GT FOURを試乗しました。前モデルのユーザーだった私としては、その進化の度合いは興味のあるところ。まずはそのデザインが凝っていて男らしさを感じました。色もブルーグレーが良い感じ。走り出すと、やっぱり気持ちよい!レクサスISに比べるとインテリアがイマイチですが、安いですし欲しいですね。

マツダ アクセラセダン:短く幅広いスポーティーなシルエットが好きですね。インテリアの赤もそそります。バランスシャフトの付いた2300ccの23Sがいいなあと思っていたのですが、マイナーチェンジでカタログ落ちしました。中古で手に入れるしかないか‥。台湾でもこの黒をよく見かけました。

ミツビシ i:このフォルムはやっぱりイイですね。軽自動車の多い地元でもあまり見かけないですが、こういう車の丸をモチーフにしたインテリアは案外好きです。明るい内装色で、外板も良い色があります。

スズキ スイフト:最近の日本車の小型モデルはそのほとんどが好きなのですが、これは別格ですね。デザインが素晴らしく良いし、試乗してもそのガッチリ感に感心しました。1.6のスポーツでなくても良いから、欲しいです。

ホンダ エディックス:子供の頃、1トントラックの前の席に3人掛けして、その中央に子供の私が座った覚えがあります。そのことを19歳の時にアメリカに行ってピックアップトラックの前に3〜4人乗ったときに思い出しました。以来、前の席に3人乗ることはあこがれだったのですが、今ではホンダのエディックスで実現できますね。でも買うタイミングを逃したかな‥。

スズキ エスクード 3ドア:軽まで小さくなくて、コンパクトな3ドアのクロカンって少なくなりました。私も以前まで全然興味がなかったのですが、軽と変わらないくらい短くてスポーティーなモデルに乗ってみたいです。ただこのエスクードの3ドアは1600ccでマニュアルなんですよね‥。

ホンダ シビック:日本では上級クラスになって全然売れてないそうですが、タイに行ったとき、ワンボックスの高い視点から見るシビックって格好よかったです。でも、前から見るとイマイチなんですよね。三角窓もマイナス材料。ただ、ハイブリットを買うなら、プリウスよりもシビックかな。ただ、ハイブリットの電池の重量を背負って走ると思うと、燃費が良いといわれても萎えますね。

ダイハツ エッセ:コストを潔く削った車の完成型として、とても興味があります。嫌みのないデザインと色はまさしく無印良品で販売する車のイメージですね。エンジンも最新の設計だし、こういうのを道具にした生活を送ってみても良いと思います。

次点フィアット グランデプント:7〜8年ほど前、単身イギリスに行ったとき、空港から借りた車がプントでした。これがまたとても良くて!このグランデプントは大型化しましたが、デザインも良いし気になります。

 とまあ、好き勝手なことを言わせてもらいました。最近の車は確実にデザインが進歩しているので、かなりの頻度でハートにぐさりと来る車がデビューします。困ったものです(笑)。

 今年も雑誌を読んで楽しみ、カタログをもらって楽しみ、走っている車を見て楽しみ、試乗して楽しみ、買い取り屋と交渉して楽しみ、ディーラーと価格交渉して楽しみが出来ればと思っております。

 仕事を忘れる私の一つのストレス発散材料が車なのかもしれません。

(写真:今日年賀状を出しに、道路が乾いていたので夏タイヤのロードスターで郵便局へ)

b1110f61.JPG

 スキーが出来ないとすれば、正月休みは何をしようかと、足を捻挫した12月17日、はたと考え、AV(オーディオビジュアル)雑誌を読んで気になっていたMac miniを買ってこれにアップルロスレスで半年掛けて2000枚のCDをリッピングしたハードディスクを繋げて、オーディオルームにセットして、椅子に座ったまま2万曲を自在に操るという構想を実現することにしました。

 その後、地元の電気屋さんでソニーのPS3が売られているのを発見。このとき我が家の子供たちも一緒だったのですが、この衝動買いで、パパが何を買ったのか分かっていない(笑)ようで、まずは噂のマシンをオーディオルームで遊んでしまおうとセット。

 説明書が薄いので、雑誌やネットでPS3の情報を集めると、これはゲーム機というよりAV機器として優れていて、SACDが再生できて、その音質もかなり良いという評価を発見。試しに使ってみましたところ、このSACDに加えCDリッピング(圧縮になってしまうが)の性能が悪くなさそうで、Mac miniをオーディオルームに据え付ける方針を、PS3が代替することに方針変更しました。内蔵HDDは300GBくらいほしいのですが、現在売っているのは160GBが最高。届くのは正月休み明けです。

 そして、居場所が無くなったMac miniは、車庫の隣の「離れ」の部屋(談話室)に移動してビデオ編集に使用することに決定(=写真)。しかし、このMac miniは素晴らしいデザインだけど、ACアダプタが外にあってケーブルが太くて長いので、こういう場合は全然美しくないですね‥。しかも、60分のHDVの編集には内蔵の60GBでは足りずがっくり。

 更に、250MBのHDDが4つ入った1テラバイトのHDDシステムは騒音が少々気になるので、以前から使っているノートパソコンの内蔵HDDを160GBに換装して、これに2万曲をAAC128Mbpsに変換して納めようと構想。これは変換作業を先にやっておこうと、台湾に行く直前の28日朝から作業を開始したのですが、なんとこのままでは1月7日前後までかかる模様(笑)。

 というわけで、パソコンのスピードや記憶容量にあこがれを抱かせられる正月休みです。

↑このページのトップヘ