きまじめチキン日記

岩手県二戸市 昭和38年生 チキン産業 経営者 十文字保雄

2006年04月

093e9808.JPG

 読売新聞では第2面に出ておりました。結構な扱いですね。

 現在、日本の若鶏(=チキン、=ブロイラー)の約70%を占める「チャンキー」と呼ばれている品種は、実は輸入元の日本チャンキーさんの所有する日本名で、確か「Ross308」というのが大元のイギリスのAviagen社の商品名なのですが、その原種鶏が日本に来なくなるというので、今回のようにイギリスからの輸入が禁止になり1年もすれば、騒動になると懸念されていたのです。

 しかし、公式見解として、日本チャンキーさんは、Aviagen社はリスク回避をちゃんとしており、別な国から日本へ供給するので問題ない、としております。ですから、多分大丈夫でしょう。

 ところで、日本市場の特性である「もも肉重視」に合わせた育種改良に積極的でない点はAviagen社に落胆するところですが、もうひとつの特性である生体重が大きいという点に本気で対応できているのはAviagen社だけではないでしょうか。

 チャンキーが止まってしまうなんて、日本のチキン業界人としては怖すぎる悪夢です。

16529536 

 4月29日、平成18年春の叙勲が発表されましたが、弊社会長、十文字健助が旭日双光章を受賞することになりました。

 業界や地域の皆様に支えられながら、一農家として鶏を飼い始め、会社を興し、また(社)日本食鳥協会副会長や(社)岩手県ブロイラー事業協同組合の理事長など業界の役職を歴任したことが評価されたとのことですが、業界の一人としてこの栄誉を喜びたいものです。

 早速、会長の自宅(=私の実家)には、受賞マニュアルのようなものが複数届き、ホテル関係者からも複数挨拶にお見えになられるなど、結構な力仕事になりそうですが、本人は派手なことは嫌いなので‥。

4fb56002.jpg

 3月のニュースだったのですが、埋もれていた朗報が入ってきましたので紹介します。

 第11回環境保全型農業推進コンクール全国環境保全型農業推進会議主催)で、地元二戸市の金田一営農組合が、当社の醗酵鶏糞を使い無化学肥料を使った酒米栽培に取り組んだことが評価され、優秀賞を頂きました。

 酒造好適米の「ぎんおとめ」を栽培し、地元の酒造会社の「南部美人」に全量出荷する形になっております。この間の、田植えや稲刈り、酒造りまで体験する企画もしたようです。

 当社のN常務も昨年、自分の田んぼ10アールに当社の醗酵鶏糞ペレットを入れたところ、通常の年は550kg/アールの収穫なのに、昨年は610kgも獲れて喜んで、今年は倍増させるそうです。

 また、地元二戸市は雑穀のメッカでもありますが、雑穀に化学肥料は似合わないとして、有機栽培を推進中とか。

 当社の「抗生物質を与えず育てたニワトリの鶏糞」の販売に拍車が掛かりつつあります。

 それにしても、部長!大事な情報を隠すなヨッ!

beb82a46.jpg

 ここのところマスコミをにぎわした、ウクライナから63年ぶりに帰国した上野石之助さんの故郷は、岩手県洋野町(以前の大野村)です。洋野町は当社の農場の総床面積約17万坪の20%を占める、最もお世話になっている市町村です。

 そこに上野さんが戻ってきたわけで、私は実際には見ることが出来なかったのですが、テレビで拝見する限り、小さな町だけに歓迎ぶりは凄かったようですね。

 当然、衆目は上野さんのロシア語での発言に関心が行くわけですが、「運命だった」との発言にあれこれ考えさせられます。

 未来が現在になり、現在が過去になっていく。人生を積み重ねるということは、運命を確認する作業とも言えるわけですが、その中で必死で自分の運命をいくらでもより良いものにしようとする健気な存在が人間では、と思えてきます。

 上野さんも、何とかしようと思った。そして、思った結果、運命を受け入れるしかないと決めたのでしょう。

 過去からタイムスリップしたかのように、遠くから来た日本人に、何か教わりましたね。

035340a9.JPG

 昨日のTBS「はなまるマーケット」は、食費節約シリーズ第7弾、手羽元の特集でした。4月3日の同シリーズ第3弾のむね肉に続いてのチキン業界からのエントリーということですね。

 私も手羽先は大好きで、チキンのどのパーツが好きかと言われれば、断然、手羽先ですね。しかし、その手羽先の「食べにくい」というネガティブな側面がかなり浸透しているのだな、と業界人としては思えました。

 包丁を入れて、手羽先の先を取り除いて、手羽中ハーフにカットしたものが3割り増しの単価で売られているので、手羽先そのものを買った方がお得と言ってました。これは業界にとっては嬉しい解説ではありましたが、結果的には嬉しくない結果を招いているかも‥?

02b32360.JPG

 それぞれの工場では鶏霊祭を毎年開催しておりましたが、工場に隣接して本社が無い状態になってから、本社社員は鶏霊祭と縁遠くなっておりましたが、このたび本社の中庭に鶏魂碑が完成したので、今朝、清祓い式を執り行いました。

 あいにくの雨でしたが、地元、稲荷山の宮司さんより立派にやってもらい、最後に私から、そして会長より挨拶。

 会長は、「会社に利益が出たらここに来て感謝しなさいよ。もし悩み事があるなら、ここに来て3分祈れば解決するはずですよ。」と言ってました。

 私の硬い話の後、なかなか言うことが違うと妙に納得しました。

c13d379a.JPG

 久しぶりに子供たちのアイスホッケーの試合を見てきました。冬の間は、ほぼ毎週以上にホッケーがあり、家内はそれに付きっきり。私はおとなしく家で休養、もしくは時には一人でスキーというパターンでした。

 わがカシオペアスターズは、昨日2勝してベスト4に残ったのですが、今日は2敗。優勝は八戸ホワイトベアー、準優勝は仙台の勝山でした。この両チームは強くて、我が子のプレーの後に見た決勝は、3年生以下とはいえ迫力ありました。

 わがカシオペアはその勝山にあと一歩まで迫ったそうです‥。実は、朝早くて見に行きませんでした(笑)。

93cdd66a

 厳しい基準で業界内では有名だという、あるファーストフードチェーンの品質管理の担当の方が見えられて、昨日検査して合格を頂いたというニュースが入ってきました。

 その会社では2つの分野の基準があって、前回はオペレーションについて、昨日は商品についてということでしたが、どちらも一発合格!

 一発で合格したのは、当社が初めてですとお褒めの言葉を頂きました。

だからといって現時点でその会社と取引している先輩方を凌駕しているということはならないので油断禁物ですが、まずは嬉しいことです。

 また、今日の幹部を集めた会議は前年度の総括だったのですが、現場の検査に来るお客様に概ね好評を頂いたということで、前品質管理担当者は鼻高々でした。

 業界内の水準も高くなってきたようですし、これからも負けないぞ!

(写真:金田一温泉駅近くで3月に撮影)

885eb4de.jpg

 月曜日には仙台での学卒者の3次面接をマン・ツー・マンで行いました。当社を志願して来てくださっていると言うだけで有り難いのですが、ほぼ2回り(24歳)違いということで、自分の子供の世代と話しているわけで、非常に勉強になります。そして、案外大人びてビジネスというものを捉えているように感じます。

 その後、火曜日、水曜日とグループ会社の螢献礇トフーズの中途採用の面接を2人行いました。印象的だったのは、一人が熱望してある大学の学部を選んで理系に進んだのに、社会人になってから自問自答して苦悩していたところ、上司裁定で営業に回されてしまって、やってみたら天職だったという話。

 面接する学生さんたちは、3年生から4年生に成ったばかりで、ゼミが面白いという時期ですし、やはりせっかく勉強したことで世の中の役に立ちたいという気持ちがあることは素晴らしいことなのでしょうが、柔軟に受け止めてみるというのも悪くないのでは、と思えた次第です。

 まあ、理系離れと良く言われていますし、改めて言うことでもないですが。

(写真:新・二戸市のマークが色っぽい女性の唇に見えるのですが、気のせい?)

81809b21.jpg

 昨日から出張していたのですが、昨日、今日と初めて本格的なインターネット喫茶に入ってみました。セキュリティはちょっと心配ですが、なかなか便利ですね。

 個室に区切られていて、集中できますので、メールのチェックやこうしてブログの更新もできます。ちなみにこの写真は携帯のSH702iDで撮影したものを会社の自分のメールアドレスに送り、それをブラウザのメールから取りにいき、作成します。

 さて、ブログを始めてから1年がたつのですが、自分で自分を刺激しているという感じですね。どんどん更新の頻度も上がってきたりして、まさに病み付きになってますね。

 コメントなし、トラックバックなしにしておいて言うのもなんですが、ブログの可能性をひしひしと感じてます。これは社内でも使えそう!イントラブログ研究中です。

92de0e1e.jpg

 仙台駅近くの松屋の2階はチキン亭という別のメニューのある店になっていますが、そこに入ってみました。ちなみに松屋各店には朝時々お世話になっています。

  しかし、チキン亭という名前にもかかわらず、店には豚肉メニューも!たまには良いかと、ヒレカツ定食と豚汁を注文してしまいました。

 しかし、しばらくして豚とチキンの売上比率が心配になってしまいました‥。負けるなチキン!

 店内には、業界人として嬉しいポップがありましたので、ケータイで撮ってみました。嬉しいですね。

8850ad38.JPG カメラは昔から好きです。デジカメは最近もの凄く好きです。機械を扱う趣味と言うことで、私に合うのでしょう。

 高校に入学したとき、写真部に入ろうと思いました。部の選択の締め切りまで本命だったのですが、偵察しているうちに物理部の先輩に上手に誘われてしまい、写真部の部室が分からないままに締め切りの時間になってしまい、諦めて物理部に入ってしまったものでした。

 物理部でスピーカーシステムを作ったりしてそれなりに楽しんだのですが、今考えると、写真部で暗室作業を経験しておけば良かった〜。

 写真が好きだ、カメラが好きだと言いながらも、気が付くと結婚してからは家族写真が90%以上。何か作品として残せるものなんて何もないですね。

 しかも、肝心の運動会とかの写真でピンぼけ連発して、またカメラのせいだと決めつけ、雑誌を見て新機種の研究をしたりして(笑)。

 実は、今日初めてRAW撮影をしてみました。午前中、娘と留守番だったので、家の中で撮影会。データを元にパソコンで現像作業。いじくり回すのが楽しい!

 高校生の時の部の選択がますます悔まれます。

8a48a70b.jpg

  ベストセラー「下流社会」のことを以前ちょっと書きましたが、あちこちで取り上げられるようになってますね。先日、30代向けの雑誌、CIRCUSで「30代の8割が、総下流化の実態!」とあったので買ってみました。

 なにしろ、30代と言えば、当社でもそれぞれの現場を取り仕切るべき中核の年代であって、仕事に人生に意欲的でないとすれば、会社も危うくなってしまいますので、気になって手にしたのです。

 中には「下流社会」を著した、三浦展氏のコメントも載っていて、「若い頃には自分らしくて、年を取ると自分らしくなくなるのと、若い頃には自分らしくなくて、年を取ると自分らしくなるのとどちらがよいと言えば、後者」と述べておりました。

 いや、まったくその通り!思わずこの雑誌、間近にいた30代の社員にプレゼントしました。

 当社は、鶏という動物を扱う仕事から、たくさんの人を束ねる仕事、果ては設備を投資したりメンテナンスしたりの仕事と幅が広いですし、人間鍛えられまっせ。

b20fe5c2.bmp

 東京エリアでの学卒者の3次面接を昨日、今日と行いました。

 会社説明会に社長が来て話をしたということで、学生さんから歓迎されたようですが、この3次面接は学生さんと私のマン・ツー・マンでの面接で、予想外の展開で最初は緊張したとの声が大半でした。

 しかし、学生さんの中には、社長とダイレクトに話せる感覚のある会社を選びたいとか、会社の雰囲気を重視するという声が多かったので、嬉しい限りです。大会社の子会社ではない風通しの良い会社。それが当社の特徴でしょうか。

 また、1次面接については、慣れない先輩たちには戸惑いも会ったと思いますが、学生の身になって進めてくれたようで、それを受け止めたような学生さんの感想も聞かれ、嬉しかったですね。

4b7c1ab5
 
 以前、仕事上大変お世話になった方と東京で会って食事をしました。場所は、グループ会社の螢献礇トフーズのある八丁堀の「宮崎地頭鶏 じとっこ」というお店。

 私自身、宮崎県内で人気の「地鶏焼き」が大好きでして、ちょっと宮崎にもご無沙汰していることもあり、食べたくなったのでこの店を選びました。

 しかし、しょっぱい味付けを期待していましたら、本場と違って柚子(ゆず)こしょうを付けての味付けで、んー、これはこれでおいしい。しかも、地頭鶏だそうで!

43歳誕生日 エネルギー不変の法則のようなもので、この世の中は、何かを得ようと思えば、何かを失わなければならない、と思えています。

 誰もが手に入れれない物を手に入れようとするなら、ものすごい努力だったり、大金(=元は何らかの努力)だったりが必要です。また、自分をどうしても変えようとするなら、これまでの自分を捨てなければなりません。

 人間ですから、何か出来事があったとすれば、損した気分だとか、得した気分になったりするということはありますが、結局は、自分にとって意義のあるものを得ることに人生の価値を認めるしかないのでは。

 43年、人間をやっていて思う、青くさい話でした。

98f8aafd.JPG

 巨人の工藤公康投手と同い年です。 先日、先発して1勝しましたね。自らの管理を徹底して、プロとしての仕事がすごく出来ている人だと思います。しかも家庭を非常に大事にしているそうで。

 もう、43歳ということでの感想なんて別段無いのですが、会社の決算期が一昨年より3月になったので、自分の1年が会社の1年にぴったりリンクするようになって、会社の業績=自分の1年の総決算、と思えるようになってきております。

 会社の業績とは社員の力の総和であるということを痛感してきているこの頃。自分も社員もまた1年どんどん成長したいものです。

384327d2.jpg 今週は水曜日から四日連続でアルコールの入るべき夜のはずでしたが、水曜日に気持ちよく飲み過ぎてしまいまして、消化器科全般が変な感じでしたので、あとはだいぶ遠慮させていただきました。

  私が飲まなければ盛り下がるので申し訳ないという気持ち半分。その代わり誰か活躍して欲しいという期待半分。

  たまに相手方のほうは社長だけしゃべって部下の人は寡黙ということがありますが、そういうのは好きじゃないし、部下のほうが元気がいいのが嬉しいタイプですので、たまにはおとなしく脇役側にまわったりしたい‥。

 さて今晩は仙台で螢献Дぅ咼奪のT係長の結婚式。結婚の年頃もいいし、お相手との空気感といいますか、とてもイイカンジのカップル像でした。

 わずかなアルコールで楽しく酔わせていただきました。

2abf6cda.jpg

 昨日朝、イギリスでH5N1型の高病原性鳥インフルエンザが死んだ白鳥から検出されたとのニュースが入ってきました。

 これはチキン業界関係者にとっては、非常に憂慮すべき事態です。日本に導入される鶏種の大半がイギリスから来ているので、イギリスからの生きた家禽の輸入がストップしてしまうとすれば、我々の産業は成り立たなくなるかも‥。

 まあ、そうなっても、輸入は原種鶏(祖父母)のひよこ段階の話ですから、1〜2年のタイムラグは発生するでしょうし、日本のバイイングパワーで種鶏(親)の第3国からの輸入も可能でしょうから、大丈夫じゃないの?とも言われておりますが。

 イギリスに先立ってフランスからの輸入が断たれましたが、フランスは世界的に数少ない赤鶏の輸入元なので、こっちのほうが心配かも知れません。

 日本国内では、国主導で独自のブロイラー品種「はりま」の改良が進められているのですが、国際競争力を持たないので地味に進められておりました。これを機に一挙に普及するなんて事は無いでしょうね。期待しているのですが‥。

ece55196.jpg

 4月3日月曜日のTBS系「はなまるマーケット」では、「食費節約シリーズ第7弾 鶏ムネ肉」として30分ほどの特集を組んでおりました。

 こないだこのブログで、バナナみたいに安い鶏肉云々と書いたのですが、まさしくそのノリで、鶏むね肉に焦点を当ててやってました。今回取材した店では100g当たり68円。特売では50円を切ることも‥と紹介されておりました。

 ボリュームたっぷりのむね肉1枚が250gもあるのに170円!と画像で見せられ、ゲストが頷くと、凄い説得力でした。‥というか有り難いです!

 それからむね肉の解説では、羽根を降ろすときに使うのが「むね肉」で上げるときに使うのが「ささみ」だと解説してくれました。えー、そうだったの?知らなかった‥。

 それから、5年前からインターネットで発展した料理法の「鶏はむ」が紹介されました。これもぜんぜん知りませんでした。やっくんも岡江さんもゲストも心の底から美味しいと言っているようでした。自宅で試験してみなければ‥。

 灯台もと暗しで、案外、こんなものです。いやー、勉強になりました、ハイ。

4739cfef.jpg

 これまで最軽量でスーツのポケットに入れても格好悪くならないと言うことで、ソニーのPremini-Sを使用してきましたが、カメラ内蔵で非常に軽いSH702iDが出ましたので、10ヶ月を超えたのを契機に3月末に替えました。(社員は2年間使うのがルールですが、以下の理由なのでゴメン!)

 しかもデザイナーとして尊敬する松永真氏(写真のバックは氏の著作)の作品です。白と黒もありましたが、敢えてこんな色を出したということで、松永真氏のメッセージを受ける意味でブリティッシュグリーンを選びました。

 これにした大きな理由は、機動性に優れるケータイ内蔵のカメラでまともに撮れるなら、ケータイで撮影してケータイで文章を書いてブログにダイレクトにアップしたいと言うことです。それができると時間の節約になるわけで。

 早速4月2日出張先でそのチャンスがあったのですが、送信がうまくいかず、2日家に帰ってからパソコンでアップしたのでした。設定ミスだったことが分かり、今度は上手くできることでしょう。

 ところでこの角張ったデザイン!痛いです!耳に当ててても徐々に痛くなってきます(笑)。スーツに入れてても角張っているので存在感が凄い(笑)。

a08e5ba6

 出張で乗る東北新幹線「はやて」の席の前のポケットには、「トランヴェール」という月刊誌が付いているのですが、この4月号をめくってみると、写真の面白い地図がありました。

 富山を中心とした「正距方位図」なんだそうで、「環日本海諸国図」と呼ばれるそうです。オーストラリアの教科書には南極が上になった地図があるとかいうことは知ってましたが、これはとてもインパクトがあります。

 通常の地図は、日本列島が格好良く立ち上がった海老の姿だとか、右肩上がりのグラフみたいで心理的に安定するというか、日本人の美意識に日本列島の姿も合致しているような気がしますが、この地図はそれを見事に崩し、フライパンに乗った海老みたい‥。

 「日本海は、列島各地や大陸をつなぐ『道』だ」と見出しがありましたが、なるほどそうだなと再認識しました。見方が変われば変わるものですね。

 あれこれ考えさせられる地図でした。

dacd33f1 

 学卒の新入社員4人を迎えての、入社式を今朝行いました。

 私からの訓辞は3つのポイントを伝えました。ゝ曚ぜ茲蟷罎里茲Δ任△辰討曚靴ぁどんどん「なぜ?」と質問してください。業界に染まらず、今の素人感覚も大事にしてください。E社は業界で、あるいは地元岩手県で大きいだとか思っているでしょうが、案外未完成な会社だと分かると思います。当社に不足しているところをどんどん自分から作り上げる気構えでやってください。

 ちなみに「吸い取り紙」とは、健助会長が若い頃言われた形容詞で、あまりしゃべらないが、相手の言うことを吸収するというイメージの言葉です。

 その後、中途採用者2名を加えて会議室で私からのショートレッスン(写真)。会社のポリシーの他にも、業界用語の説明だとかであっという間に90分費やしました。

 皆さん、目が輝いており、こちら側も刺激になります。

c22a74bd.jpg

 昨日は毎年恒例となっている取引先の経営方針発表会が幕張プリンスホテルでありました。『日本一安全・安心と言われる食品会社になる』を旗印にするだけあって、また昨年よりバージョンアップした内容でした。

 昨年まではそういう場面はなかったのですが、今年は共創をテーマにということで、納入先を代表して私がプレゼンをすることになりました。

 コラボレーションに当たる話や、抗生物質を与えず育てていますという話もしたのですが、一番反応があったのは、毎日鶏糞が10トンダンプで40台出ると言った瞬間でしたね(笑)。

 パワーポイントの力を借りて無事に終えることができました。それから懇親会、社長夫妻・役員を囲んで二次会。そして47階のバーで仕上げ。

 今朝は早く目覚めましたので5時半にチェックアウトをして、東京駅近く(写真)で朝食を取って、はやて1号に乗って帰ってきました。

 今週は重要な3夜連続の宴会が終わり、ホッとしてます。

↑このページのトップヘ