きまじめチキン日記

岩手県二戸市 昭和38年生 チキン産業 経営者 十文字保雄

2006年01月

fc8b3940.jpg

 夕方、二戸駅まで用事があったのですが、天気も良いことですし、足場が悪いのかどうか確かめる意味合いもあって、会社から歩いて往復してみました。

 二戸駅までは距離にして300メートルくらいでしょうか。徒歩で行ける小径もあるのですが、雪で通れないため、遠回りせざるを得ません。道のりでは1km位でしょうか。

 だいぶ雪は無くなりましたね。1月は積雪がほとんど無く、暖かい日もあったので雪もだいぶ引けてきました。しかし、これからが本番ではあります。

 さて、報道される積雪量はミリメートルという単位を使いますが、これって雪国でない方々には、ピンと来ないですね。

 そこで私の提案ですが、気象庁の発表は、雪の量を高さでなく重量にしたらどうかと思うのです。

 例えば、一般家庭が50坪の土地だとすると、そこに20センチの積雪があれば、「1家庭当たり10トン」とかいう発表の仕方をしたらどうかと。

 そのことによって、どれだけ雪国の人が苦労しているかが分かる事になるのでは?

 ただ、ますます雪国に住む人が減るかな(笑)。


 ブログのデザイン変更いかがでしょうか?写真だらけでちょっと恥ずかしいです。

858a27dc.JPG

 今日は、九戸村のブリーダーズ→山形村の農場建設現場→久慈市の農場建設現場現場→久慈市の久慈フーズ→軽米町のチキンテックと、現場の巡回をしました。

 姉歯ショックのこともあり、建設中の鶏舎の構造についてあれこれ質問したくなります。作業員の高齢化などもあり、作りやすく、かつ強度が高くなっているということで、この世界も進歩しているようです。

 さて、昼は山形村の道の駅「食楽(くうらく)」で、まめぶ定食を発見。900円とややお高いですが、農林水産大臣賞を受賞した郷土料理だけあるので納得。

 写真の左中央の小さな器に入っているのが「まめぶ」です。クルミをモチで包んだ団子が入っており、美味しいですよ。

912a4818.JPG

 当社のあるお客様の60周年式典と懇親会が東京の帝国ホテルで開催され、非常に親密な関係の会社と言うこともあって、当社から私を含め3人で出席させて頂きました。

 私は今朝7:20二戸駅発の新幹線で出掛けていき、さきほど17:54に戻ってきたところです。どうも東京で花粉症の症状が出てきて、急いで予定より早く戻ってきました。あ〜、今年も悩まされるのかな‥。

 さて、周年行事ですから、感謝状贈呈だとか、お祝いの言葉とかで式典が終わるかと思いきや、社長のこれからの方針発表が主で驚きました。

 懇親会も試食会を盛り込んだ内容で、その「無添加調理」の徹底した経営方針の実現に若いスタッフが頑張って応えているという雰囲気が伝わってきました。

 理想に燃えている社風、負けてはいられません。

 

a765cd08.JPG

 今日午後は、月に1回の経営会議でした。半分は月次の報告を私を除いた17人の出席者からしてもらうのですが、あとはその時々の課題の討議です。

 今回は、12月の生産が滞って、お客様に迷惑を掛けたことについて。

 事前に生産、製造、営業の3部門で議論してもらって、今回は原因や問題点の抽出、来年に向かってやるべき事をプレゼンしてもらい、それを材料に議論をしました。

 開放鶏舎が大半である当社は、現在主流のウインドレス鶏舎に比べると、密閉度は大きく異なりますので、寒い風に吹かれるとすきま風がダイレクトに鶏に当たり、食欲が減退してしまって、約束した供給が出来なくなってしまいがちです。

 このことは、当社の経営者が建設の際、開放鶏舎を選択してきたことの結果であって、私としては、現場が悪いとばかり責められないのですが、それはそれ。

 話を聞いていると、まだまだ、なぜそういう風になってしまったのかの原因追及の深さが足りなすぎる!と声を荒げてしまいました。「5回なぜ?を繰り返せ」と昨年外部から指導されたばかりです。

 それと、「想定外」が発生したときの備えが無さ過ぎ。一昨年うまくいきすぎて、緩んでいたのでしょうか。

 3つ目は、お客様に向かって、営業部がグループ全体を統轄する意識が無さ過ぎ。

 ここで、まだまだだらしない姿を吐露してしまうことになりましたが、今年12月は必ずや進化した姿を見せられるでしょう。(と、この場を借りてプレッシャーを‥)

92c00f13.JPG

 ライブドアショックの影響で、テレビ東京系(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)の「社長の晩ごはん」が1月28日から3月4日12:00〜に変更になったそうです。(私が出るのは13:29位からです)

 隣の青森県では先々週の日曜に放映になったようで、あちこちから聞こえてきました。さて、岩手では放映されるのか、どうでしょうか?


 それから、このブログのデザインですが、いま業者さんに「渋谷ではたらく社長のblog」に似た感じで仕上げてくれ(笑)とお願いしてあります。

 もうすぐ出来上がってきますので、お楽しみに。

(写真:給与明細書です)

3b8189c2.jpg

 昨年このブログで「インスタント南部せんべい汁」を紹介しましたが、今回は何年か振りに、我が家の食卓で「せんべい汁」を食べました。

 これに使う南部せんべいは、スタンダードな「ごませんべい」ではなく、「かやきせんべい」という硬〜い南部せんべいです。

 煮立てると柔らかくなっていき、ちょっと堅めに仕上げると、豚肉のような感触になります。そして、汁の出汁(だし)を吸うので、これが美味い!

 我が家の子供たちも「うめ〜」を連発してお代わりしてました。

 地元の特産でもありますし、食卓に上る頻度も増してきそうです。

b138f6e3.jpg

 ホリエモン逮捕のニュース、テレビも新聞も、ものすごい取り上げ方ですね。そして、あらゆる方面の人がコメントを発しておりますが、改めてホリエモンの日本における存在感を再認識せざるを得ないと感じております。

 経営者であり、スターであり、希有のプレゼンテーション能力の持ち主であり、若者の代弁者であり、ガキンチョでもある。逮捕されても応援する気持ちを捨てきれない人、多数いますね。

 小泉首相以上にこの日本をホリエモン派と反ホリエモンに分断しようとしているようにも見えます。

 私には、ホリエモンがイギリスのバージングループのリチャード・ブランソン会長とだぶって見えます。冒険心溢れるリーダーシップがそっくりでは?と思っておりましたが、今回の事件発覚で、全然違ってきましたね。

5b743994

 私は見ることが出来なかったのですが、年始のテレビ特番で、県民性を特集した番組があったそうです。その中で、「いい人」ナンバーワンが岩手県人だったそうです。

 「いい人」とはどういう定義なのかとかよく分かりませんが、品行方正であったり、優しかったり、正義感があって、生真面目という点では、まあ、当たらずとも遠からずではないでしょうか!

 ほとんど岩手県人で構成している当社としても、ちょっと嬉しい発表でした。

 生真面目な県民性があるからこそ、地道な努力の積み重ねが出来て、いまの当社が成り立っていると思っております。

 ただ、良さは悪さの裏返しでもあるわけで、県民性を修正しながらやっていかないと、当社としては都会の消費者に支持されなくなってしまいかねません。

 そのためにも適度に「よそ者」に入社してもらいたいと思っております。

続きを読む

細木数子  昨日帰宅後、風呂に入って何も知らずにテレビを付けましたら、フジテレビ系の岩手めんこいテレビで「幸せって何だっけ」が放映中で、ちょうど細木数子さんが日本養鶏協会の抗議を受けての訂正のシーンになっておりました。

 昨年11月11日の放映に対する、日本養鶏協会の抗議は、「〕楫楙譴任錬横柑間明かりをつけて夜もない。■臼の鶏に1日あたり2〜3個もの卵を産ませている。7寨颪鬚呂犬畤料 のほとんどが薬でつくられている。」が虚偽であるということでした。

 私は、その時のは録画して見たのですが、よくまあ生放送でもないのに、こんなひどい放送を垂れ流しにするものだとちょっと呆れて、隣の卵業界の話題とはいえ、このブログで取り上げて書いてみようと思ったのですが、卵業界が何かアクションを起こすだろうから、静観してようと思いとどまっていました。

 フジテレビ側が調査をした結果、全面的に業界側に謝罪し、訂正の放送をする旨業界誌では伝えられておりましたから、前回の放送を見た方全員に訂正の放送が届くかは別として、まあまあ一件落着かと思っておりました。

 しかし、昨日の放送は、結構フジテレビ側も気を利かせて、細木数子さん自身を採卵養鶏場に連れ出して、時間を掛けてリアルな現場をしっかり見せてという形になっておりました。

 ただ、ご本人はキャラを潰さずに強気を通して、逆に「私は卵も鶏肉も好きだから逆に応援しますよ!細木数子ブランドで出して下さいよ!」といった旨の発言をしておりました。

 面白い展開ですね。一般の主婦にありがちな誤解が解けて、正しい認識を持ったというストーリーが有名人を通して出来るなんて。

 それにしても、細木さんも言っておりましたが、卵が1個10円もしないこと自体が「怪しい」「不思議だ」と私も素朴に思った時期があります。

 これは、卵の成分は実は水分が大半だということ、穀物という原料がアメリカの農業保護の結果安く仕入れられるということ、殻という自然のパッケージが備わっていることが主な要因だと説明すれば理解して頂けるかと思うのですが、それにしても、安すぎる農産物は怪しまれるという現実には、我々鶏肉側の産業人も十分注意していないと‥。

 国際競争力がないと文句を言われ続けるのが日本の農業ですが、国際競争力を付けると富裕層のオピニオンリーダーには「昔の姿に戻れ」と言われがちな悲しい構図が見えた番組でした。

(写真:11月11日放送時の画面)

41f678e2

地元岩手県と青森県のほっかほっか亭では、当社の菜彩鶏を使った弁当を販売していただいております。本社の近くにも店がありますので、たまに利用させてもらっております。

もちろん美味しいです。弁当でもちゃ〜んと菜彩鶏の良さは出てます。‥というか弁当だと、冷めた頃に特に差がつきます。

そのほっかほっか亭の岩手県・青森県のフランチャイザーは、みちのくジャパンという会社です。一言で言って、夢とロマンあふれる社長で、会わせていただくと何だかスーッと爽やかになるといいますか‥こういうのをオーラというのでしょう。

創業社長のオーラにはちょっとかなわないものがある、と思わざるを得ない出会いが時々ありますね。

 

c57340ee.JPG

 20年以上前、学生だった4年間、池袋に住んでいたとき、池袋東口の大戸屋には大変お世話になりました。確か400円台での定食が結構あって、学生にとっては非常に便利なものでした。

 そのころは、池袋の1店だけだったはずですが、いまやジャスダックに上場しているんですね。店舗数も200店は間近なようで、懐かしくも社長の手腕には興味を持っていたのです。

 といいながら、最近は大戸屋の店舗に行ったことがなかったので、チャンスを見計らっていたのですが、やっと入ることが出来ました、一人で(笑)。

 驚いたことに、ほとんど判を押したように訪れた店舗内には、20代の男女もしくは女性のグループだけという感じ。

 「こんなにメニューがあって悩む〜」とか後ろの客はオーダー前に言ってましたから、これは更に伸びていきそうな予感。

(写真:鶏と野菜の黒酢あん定食680円)

febd46c1.JPG

 ごめんなさい!昨日1月18日の再放送と書きましたが、28日の間違いでした!


 以前にも紹介しました私が出演した「社長の晩ごはん」の再放送が決定しているようです。

 1月28日(土)、昼の12:00からテレビ東京系です。私の出番は13:29分頃からでしょう。お暇なら見てください。

 テレビ東京系ですので、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌でしか流れません。他の地域では、そのプログラムが地元の局に買われたら、流れるという事になります。

 宮城県で先々週の日曜日に放送になったそうで、終了後に何本か家内に電話が来ました。家内は内証にしていたようです。

 これからまた、あちこちで異なるタイミングで少しずつ視聴者を増やしていくのでしょうか。妙な気分です。願わくば、一発で終わってほしいですね。

(写真:録画してもらったDVD盤にタイトルを入れました)

639a41d7

 農場の看板は平成3年のCI導入と社名変更の後に、どーんと立派なモノを設置しました。

 地元の企業として、堂々と仕事をしたいという意図で目立つようにしたのですが、おかげさまで、この地域の田舎道をナビ付きのクルマで走ると、当社の社名がやたらナビ画面に出てきます(笑)。

 そして、食品の安全性の面から「トレーサビリティ」が話題となり、パソコン画面でデータが分かる云々の前に、当社社員や農場の人たちの意識が変わるようにという意図を込め、看板の下に注意事項と、飼育の詳細を明示したものを追加しました

 部下から「社長、収益に貢献しないですよ」と揶揄されますが、会社の方向性を示すものとして、どこの会社もやっていないことの一つとして誇って良いと思っております。自己満足かな?

8cdcb4d4.JPG

 農場や工場のメンテナンスなどを担当する施設課の新年会が、二戸市内の「豆七亭」で開催されました。

 同じ時間に、鶏糞事業を司るバイオアペックス部門の新年会があって、最初はそちらへの参加を予定していたのですが、施設課の宴会に昨年も出ていなかったので、急遽、会長とお互いの出席を入れ替え、施設課のほうに参加しました。

 今週は4回目の宴会とあって、胃のほうは疲れ気味でしたが、翌日が休みとなると不思議と気分は颯爽となります。ついつい飲み過ぎました〜。

 さて、以前のこの部署は年配者が多い印象でしたが、ここ数年若手が入ってきたことと、管理職連中の元気の良いリードで、宴会は思いのほか活気がありましたね。

 どんどん改善が進んでいるとか、雰囲気良くなりましたよと、部門長が自画自賛するだけのことはあります。

 でも、もっともっとと、つい要求してしまうのが社長の宿命ですね。

 だからか、話していると、こうすればもっと会社は良くなるのでは、という提案をたくさんいただけました。

12a5a267.JPG

 会社にいるときは、外出の時間がもったいないので、昼は350円の配達弁当(安くて充実!)で済ましてしまうのですが、今日は朝方の発注を忘れてしまいまして、クルマで美味しいラーメン店「幸道」に行ってきました。

 久しぶりでしたが、やっぱり美味しい〜。煮干しと鶏ガラを使ったこだわりの味で、トッピングはオーソドックスそのものですが、熱めのスープをついつい飲み干してしまいます。

 国道4号線を当社から7〜8分行ったところにあります。我が町(市ですが)は小さな町ですが、ラーメンについては結構良い店があり、間違いなくレベルが高いです。

 それを支えているのは地元の鶏ガラということでしょうか。

 ただ、カウンターだけの店内で、濃いタバコを吸う方がいらっしゃって、ちょっと‥。

 そういえば、我が町は葉タバコの生産も全国で有数の土地でした(笑)。

b312b766.jpg

 本社の新年会を二戸パークホテルで開催しました。

 工場毎の忘年会・新年会は200人〜400人規模ですから、それに慣れてしまうと、本社の50人プラス程度では何だか拍子抜けしてしまうのも正直事実ですが、幹事さんは趣向を凝らしてやってくれました。

 ビンゴの形式で20人選び、トーナメント形式で命題の絵の上手さを競うという趣向。命題は、ウルトラマン、犬、非常口マーク、ドラえもん、サザエさん‥。拍手での決着に、決勝で残ったのは写真の2人。

 最後の命題は「社長」ということで、モデルを至近距離で見て書いて頂きました。だいぶ書きにくかったと思いますが。

 優勝者は「これからも社長について行きます!」というコメント。嬉しかったですね。 

69ee4b9d.jpg

 都会と違って、クルマで通勤する田舎におりますと運動不足になりがちです。

 危機感を感じて、以前は雑誌Tarzanのストレッチのページを切り抜いて壁に貼ってあったのですが、それを見てやることはまれでした。意志が弱かったんですね。

 一昨年はヨガブームがありまして、やってみようかと思ったのですが、これまた覚えるのに難儀しましてほったらかしにしました。

 「より良い睡眠のためには、就寝2時間前のストレッチが効果的」という説が効いて、いよいよ何かやらねばと思っていたのですが、最後に辿り着いたのが、ラジオ体操です。

 小学校から覚えさせられたものをNHKのラジオ体操の録画で記憶を復活させ、第一と第二の両方をなんとか頭の中に叩き込んで、暗唱で体操できるようになりました。しかも通常の20%増しの早さくらいで(笑)。

 もう1年になりますが、引っ越した家には屋根付きの駐車場スペースが空いています関係もあって長続きしております。

 いいですよ、ラジオ体操。ヨガにはインドの英知が、ラジオ体操には日本人の英知が凝縮されていると思います。

 ラジオ体操第3も実は公式に作られたことがあるそうです。マニア?としては気になりますね。

(写真:休日に安比高原スキー場で)

3f7fb2c4.JPG

 昨年1月28日、ある新聞記事に驚きました。

 日本経済新聞の最終面である文化のページに、盛岡市に在住のアマチュアのシンガーソングライターがいて、わんこそばや盛岡冷麺の曲を作ってるという話題でした。

 しかも、驚いたことにその方、田口友善さんは二戸市出身!

 これは何かの縁だと思って連絡を取らせて頂き、自主制作のCD4枚を分けてもらい、予想以上の音楽の内容にまた驚き、思わず「当社の社歌を作ってもらえませんか?」とお願いしましたら、快く引き受けてくださいました。

 詞の元になる資料をお渡して、しばらくして夏には曲が出来上がり、ご自宅で生演奏で聴かせてもらいました。ここで3度目の驚き。なんと、CDで聴いたどの曲よりも良い!!

 秋に録音して届けられたのがこの写真のMDです。今はCD用に音を調整する作業をしてもらっております。

 CDの完成を待ちきれず、地元のカシオペアFMでこの曲を流してもらっておりますが、当社社員より、FMを聴いてもらっている人のほうが曲を覚えているという珍現象が‥。

93ab6a2a.JPG

 大雪により新年早々、秋田県内はじめ日本海側の地方は大変なご苦労をされているようです。お見舞い申し上げます。

 岩手はといいますと、何せ最大の県土を誇りますから、一概に言えないのでしょうが、少なくとも二戸はここのところ小康状態を保っております。

 12月なんて、ホワイトクリスマスになることのほうが少ないくらいなのですが、この12月は驚くほど降り積もりました。しかし、年末年始は比較的暖かく、仕事始めになってからのここ3日もさほど降雪は無いですね。

 写真は我が家の前の児童公園の様子ですが、ブランコの椅子と同じ高さくらいですから、30センチくらいでしょうか。

 南に降りた盛岡は異常なくらいと聞いてますし、更に南の北上は更にそれ以上とか。北の八戸は沿岸というだけあって、年末に行った街中では雪はほとんど見えないようでした。

 遠方から心配されている方もいらっしゃると思いますが、山間部は作業的には結構大変だろうと思いますが、いまのところご心配なく。

 大体、数年前に2年連続、短時間での凄い積雪に見舞われたのですが、今ある当社の鶏舎はそれに耐えた訳で、ちょっとやそっとのことでは大丈夫でしょう(笑)。

425fabbf
 

 先日のテレビ東京「社長の晩ごはん」では、笑福亭笑瓶さんに、外観を「美術館みたい」と言われ、玄関を「温泉旅館みたい」と形容された本社社屋は、当社の自慢の一つです。

 自画自賛になってしまいますけど、同業他社でもこれだけ個性的で、清潔感に溢れ、かつアメニティに取り組んだ社屋は無いのではないでしょうか。

 あるライバル会社の社長にも、この件では手放しでお褒めの言葉を頂きましたし、初めて来訪下さった方々にも一様に好評を頂いております。

 平成16年には、東北ニューオフィス推進賞に選ばれました。写真はそのときの楯です。

 しかし、この社屋はお飾りではなく、本社も生産性を高めるということや、お客様の満足の一助に貢献しなければならないのは言うまでもないことです。

 せっかくですから、設計の「画工房」さん、施行会社の「佐野建設」さんを紹介しておきましょう。

 ‥そうなんです。実は、外観はガルバリウム鋼板で鉄筋に見えますが、正真正銘の木造在来工法です。寒いこの頃ですが、外断熱ですから結構快適ですよ。

508645b3.JPG

 今日は仕事始めです。

 朝礼での私の訓示は、この年末年始、日本の国を語る上で最大のテーマになった「人口減」について。魅力的な会社、魅力的な我々であり続けないと、入社したい会社に選んでもらえない時代だよという切り口で話しました。

 そのあと、短時間での役員会。実は、昨年12月27日に役員や部長・工場長クラスの異動発表をしましたので、その打合せをしました。それから部門毎の方針の指示。

 当社の仕事の分野は幅広いので、例えばこれまで農場部門と工場部門の垣根を超えての異動などは少なかったのですが、今回は役員が全く経験のない世界の担当ということにしました。

 上司が知りすぎていると、部下が動かないという面もあるでしょうし、上司自身もマンネリに陥ってしまう。それを打開するのが第一の目的です。

 外部からはだいぶ驚かれると思いますが、役員たちはこの業界のベテランばかりですし、業界内の異分野といえども、ある程度知っている訳で、全然心配無いでしょう!?

01ff4152.JPG

 雪国生まれですしスキーが出来て当然といえば当然なのですが、スキー場に初めて行ったのは大学1年生の冬でした。家族でスキー場という家ではなかったんですね。

 もちろん小学校の時の数年間は毎日のように近くの山で遊んでましたので、数年のブランクも気にせず出かけていったのですが、スキー場の勾配はきつくて、一緒に行った仲間から置いて行かれた覚えがあります。大学時代のスキー歴はそれっきり(笑)。

 社会人になって地元に戻ってきて、友人たちと時々スキーをするようになりました。都会のスキーヤーに人気の安比スキー場が1時間内で行けますしね。しかし1シーズン2〜5回かな。

 やがて結婚して子供が出来て、関西のあるお客様が来たときだけお供するだけという時期もありました。

 そして子供もスキーが出来る年頃になり、昨年から頻度を増して出かけるようになりました。結構時間を見つけて、一人で2時間だけとか近くのスキー場に行ってます。

 雪国にいると冬は運動不足になりがちですが、スキーはいいですよね。爽快ですし。リフトに一人で乗ってても、あれこれ考える時間が持てて。リラックスできて。

 この冬は早くからスキー場のコンディションが良かったので、12月の早くから行きたかったのですが、スケジュールがかなわず、12月31日と今日行ってきました。

 急な運動で31日の疲れが今日来ている状態でしたが、身体が痛いのもまあ、いいですね。

(写真:ファンスキーを買いました。家族で出かけるとき荷物が嵩張らなくていいです。)

c3402835.JPG

 明けましておめでとうございます。今年も皆様のご多幸を祈念申し上げます。

 昨晩の零時ちょうどはすでにウトウトしていたのですが、どーんと花火が鳴りまして目覚めてしまいました。聞いてなかったので驚きでしたが、新・二戸市の誕生の祝砲だったのでしょう。

 二戸市と浄法寺町が閉市・閉町して、新しい「二戸市」ができたわけですが、二戸市民にとって名前が変わらないですので、ピンと来ないですね。

 私が地元の青年会議所の理事長をしていた1998年頃は、合併がどうなるのか、新幹線が来たら何という駅になるのか、をあれこれ議論しました。いっそのことカシオペア市になって駅名もカシオペア駅に、という話もありましたが合併の第一幕までは、現状維持ということになりました。

 ちょうど今朝は、ご丁寧にもカシオペア青年会議所の理事長と専務が挨拶にいらっしゃいましたが、その時は言わなかったのですが、市町村合併が進んで「カシオペア」という名称が霞んでしまえば、またまた名称変更、いや名称を元の「二戸」に戻すことになるかも‥(笑)。

 それよりなにより、合併して3万2000人の人口にやっとなったのですが、これとて金田一村と福岡町が合併してできた旧・二戸市とほとんど変わらない数字です。

 これから先、のんびり合併していったら、新・新・二戸市も、新・新・新・二戸市も人口が全然増えない?

↑このページのトップヘ