きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

20231006_100143

 本日は盛岡に用があったついでに、BYD AUTO盛岡に寄って、我がATTO3のリコール対応兼ソフトウエアアップデートをやっていただきました。買った郡山のディーラーさんまで充電充電で乗り継いで行かないで済んでありがたかったです(笑)。

 出来上がるまでの時間に、最近発売になったドルフィンを試乗させていただきました。もちろんATTO3と同じバッテリーとモーターを積む上位グレードではなく、ベースグレードのほうです。

 モーターの出力が落ちるためどうかなと思いましたが、出だしはさほど違和感なし。伸びが足らないかなと感じなくはなかったですが、全然問題ないと思いました。

 車台はATTO3と共通ということで、ボディのがっしり感は共通の印象でしたが、さすがに静粛性と足の固さは劣ってましたね。タイヤの扁平率はATTO3が50%で、ドルフィンは55%と乗り心地には有利なはずですが。

20231006_125348

 内装は乗ったのが真っ黒で地味な印象はぬぐえなかったのですが、ショールームに飾ってあったこのベージュミックスはとても良かったですね。座るところの表面がエクセーヌみたいな高級感がありました。でも外板色のサンドホワイトと抱き合わせのみみたいでちょっと残念。

 ATTO3は高速を走ってると著しい燃費の悪化を感じますから、少しでも前面投影面積が少ないこのドルフィンのほうが合理的に思うのですが、ドアの前の三角窓の存在はちょっと煩わしく感じます。でもこれで空気抵抗が減っていると思えば納得できるかな。

 春にATTO3を購入するとき、もうちょっと我慢して、日本の道に便利なサイズのこのドルフィンもいいかもとか、この冬に出ると言われている4WDセダンのシールを待とうかとも思ったものです。しかし、我慢しきれなかった。

 で、実物のドルフィンに触れてみると、ATTO3で良かったかもと思えました。ATTO3は補助金85万円貰えるのに対して、現状ではドルフィンは型式登録してないから65万円だそうで、実際のグレード差、乗り味の差より最終金額が接近してて、現時点ではATTO3のほうがお買い得に感じました。

 あとはシールがどう出てくるのか? 上位グレードですし4WDあるし乗り換えたくなる可能性大ですが、補助金要件があるのでそれは叶わぬことでしょう。

20231004_143734

 キーワード検索でたまたま引っかかって録画になっていた、世界の果てまでイッテQ!10月1日分は、タレント宮川大輔さんが、アメリカでもっとも田舎と言われるネブラスカ州のウエインチキンショーに行って、アトラクションのあれこれに参加してきたという内容でした。

 会社の玄関そばのテレビでボリューム小さくして見ましたけど、ときどき社員が通過するのに笑いをこらえるのに必死でした。

 ニワトリ鳴き真似コンテスト。コスチュームや身振り手振りも交えて楽しそう! 宮川さん惜しくも準優勝!

 ゆでたまご早食いコンテスト。味は美味しくないとのことと、黄身がドライ気味で苦戦しそう。危険な気が‥

 ニワトリ飛行距離コンテスト。高いところに鳥小屋を用意して、そこから飛んでもらう。ニワトリはほぼイベント方が用意して、直前に選んでもらって、勝ち負けを争う。

 エッグドロップキャッチとエッグトス。どれくらい高所から落として無事に掴めるかと、ペアで何メートルか離れて無事掴めるか。前者は15メートルの高さから成功してましたっけ。意外とスゴイですね。

 どちらかというとこちらチキンでなく、タマゴ業界側にマッチする内容かと思いましたが、我々岩手県北の「とり合戦」にも合いそう。但し、場所は公園みたいなところが合うかな。

20231002_113229

 10月2日は当社もリアルで内定式を行いました。

 例年より多めの内定者の皆さんに本社大会議室に来ていただきました。当社の内定式は各部のトップである私以外の役員6人と内定者との、初対面の場という意味合いが濃いかな。

 緊張した面持ちで始まりましたが、式を滞りなく終え、昼食会を行い、希望部署についての会話や質疑応答を行いました。

 私からの最初の挨拶は、今年600億円を超えた売上のさりげないアピールと、チキンインテグレーションという、農場、工場があれこれあって、重層的な仕事の構造を経ての売上高ということで、数字以上の濃い中身なのですよという話をしました。

 その後、内定者から「この部署に興味があったのですが、あの部署もその部署も‥」みたいな話が聞こえてきて嬉しくなりました。

 なるべく希望の部署に配置したいものです。ですが、会社の事情もあるし、その部署に行くために仕込んでおきたい部署という意味合いもあったりするので、その時はご容赦を。

20231001_072849

 昨日の生産部の合宿を閉める朝礼で懐かしいセリフを聴きました。「宿泊研修の成果はお酒の量に比例する」。

 昔の経営計画手帳には書いてあって、今の手帳には書いてない文言です。翌日にアルコールが残るようなことを会社で推奨してはいけないですからね。

 それともう一つの理由は、ダイバーシティ(多様性)の時代にあって、お酒の場でしかコミュニケーションができないということでは駄目だからです。

 同じ理由で、たばこ部屋も特定の人とのコミュニケーションを増やすことになるので、特に女性とのコミュニケーションが疎かになり、女性活躍を妨げる要因と言われています。

 生産部合宿ではお酒が飲める女性たちがいて心強い限りですが、特に上司はコミュニケーションの偏りを減らすように努めなければなりません。

 酒とたばこのイメージがある上司は、旧世代の烙印を押されないように修正してください。

(写真:生産部合宿でお世話になった平庭山荘のバンガローエリア)

20230929_105244

 久慈市にある山形孵卵場にも太陽光発電が完成したというので、昨日業者さんにも来ていただいて確認をしてきました。

 晴天に恵まれ、設計値の200キロワットに近い数字が確認できました。

 この時孵卵場全体の使用量は約250キロワット。孵卵場は年中孵卵機が動いてますので、休日でも無駄な発電にならないそうです。

 象徴となる太陽光パネルと一緒に記念撮影は成りませんでした。

 「次はドローンで撮影したら?」と言ってしまいましたが、よく考えたら顔が確認できないほどになるから、無意味かな。

1695855397359

 昨日は、同業者であり、お客様であり、蝪丕米鷂優奸璽の合弁相手であるプライフーズさんのゴルフコンペに参加してきました。

 プレー終了後の懇親会は八戸グランドホテルで開かれ、表彰の壇上に上がった回数は私が一番多かったかな。ドラコン賞、ニアピン賞、ぞろ目の11位賞の3つ頂きました。スコアは92と平凡だったのですが。

1695870167951

 それにしても久しぶりのドラコン賞は嬉しい。

 笑いの絶えない営業魂をお持ちの同パーティーお三方に、ついつい嬉しくてレクチャーしてしまいましたが、グリップを短く持って振り切れていたからでしょう。

 さて、日経新聞のスポーツ欄に、最近のプロの試合では、飛距離自慢のプロが勝っている傾向があると書いてありました。

 以前の常識はそうではなかったわけです。だから私は飛距離競争からは一歩引いてました。

 そういえば1年ほど前からドライバーが上がらなくなって、距離は全然出なくて、でもフェアウェーキープ率が上がって悪くないはずが、スコアは落ちてしまってたのでした。

 これはまずいと思った末、短く持つという方法に行きついたわけですが、確かに少々ラフに行っても距離が出てるって楽でいいですね。

 20代の頃のぶん回してたころ以来の飛距離への目覚めかな。「飛びますね!」というお褒めの言葉が貰えるよう、ちょっと頑張ってみようかなと思う60歳です。

20230924103016_IMG_1453

 あまちゃんマラソンの5km60歳以上の部にエントリーして、ランナーズチップというものをシューズに装着して走ったわけですが、ウエブのRUNNETにログインすると自分のタイムが確認できました。

amachan_result2023

 30分07秒。60歳以上の部では33人中24位。

 60歳ちょうどと年齢上は有利な立場にいたわけですが、子供のころから長距離走は苦手な、にわかランナーでは精いっぱいなところでした。

 しかし、まあ、このサイトに登録すると、ポイントが付き、データが蓄積され、次に参加をお勧めする大会とかが表示されて、想定外にその気になってくるじゃないですか‥。

 たった5km、30分走るために、そちこちにドライブして回る。なんだか楽しそう!

 走り終わったときは、もうこれで終わりにしようと思ったのですけどね。

20230922_151227

 マツダCX−8がリース切れで5年ぶりに役員車を更新し、同じマツダのCX−60にしました。

 7人乗りはほとんどしなかったというので、5人乗りで短いけど、幅は広くなり上級となるCX−60にしました。もちろんディーゼルのXDで、3.3リッターターボになります。

 納期の関係で、リース会社さんからは同クラスでこれかスバルフォレスターしかないという中からの選択でした。冷静に考えれば、アイサイト付きのフォレスターも魅力的でしたが、燃費と外観含めグレード感でCX−60に落ち着いた感じです。

 我が家には家内用にCX−60のガソリン仕様が納車済ですが、エンジンと装備が異なるので、その比較が個人的には楽しみです。

 それにしても、車に詳しくない人から見れば、新旧で色は同じ、形も似てるので、見分けがつかないかも。

 そういえば、先日、食品企業の社用車は白が多い傾向ですと言われました。汚れが目立つ白は洗車が面倒なのでシルバーを選んでるわけですが、次は白を考えてみようかな?

20230924_090830

 当社がメインスポンサーを務める昨日のあまちゃんマラソン参加の皆さん、お疲れさまでした。昨年より多い約1000人が走り、そのうち70名ほどが当社グループの社員でした。部門それぞれのTシャツを着て、当社の存在感を示していただきありがたかったです。

 この大会は2km(ファンラン)、5km、10kmと選べます。60歳の私は初めて5kmを走りちょうどよかったです。40代のK常務は2kmだったようで、さすがに走り終えて短すぎたと言ってました。距離が選べますし、途中脱落もよしと思えば気楽なものです。

20230924_084421

 3000円の参加費は当社のサークル活動ルールでまかなわれます。事前に記念Tシャツが送られてきますし、海沿いの景色はいいですし、同僚や地元の方々の声援で元気になりますし、走り終えればアクエリアスやまめぶ汁が頂けますし、タイムは後にネット上で確認できますし、一生一度走るだけでも記念になっていいかと思います。

 1000人のうち200人が当社関係でもいいんじゃないかと思いました。その時は会社色は地味にしましょうか(笑)。

(本日の朝礼スピーチ/写真はオレンジが久慈工場、紫色が八幡平工場、水色がPJ二戸フーズです)

20230924_091502

 昨年からメインスポンサーを務めている、久慈あまちゃんマラソン大会。今年も最高の天気でした。もってますね、私。

 で、今年は宣言通り、出場してきました。但し、高校生の時かなり悔やんだ結果に終わった10kmのリベンジと思った昨年のこの日とは違って、半分の5km。

 スタートはついつい飛ばし気味に。しかし1km過ぎからはほぼ追い越される一方で、急坂にさしかかりかなりバテて、完走が危うく‥。

 復路は水飲みの数十メートルで飲み干すのに少し歩きましたが、それ以外は何とか足が動いて、ほぼ死力を尽くしてゴールインしました。結果は後でのお楽しみ。

20230924_091527

 仕事関係で熊本から10kmに参加したS社長はフルマラソンも走る方でしたが、この大会の感想を聞くと、規模は小の大くらいで、途中に吹奏楽部の音楽や女子中学生が揃って手を振って応援とか、和やかな大会と映ったようです。

 それにしても、あのNHK連続テレビ小説あまちゃんのテーマ曲が流れると、否が応にもカラッと明るいイメージになってしまうという不思議もありましたね。

↑このページのトップヘ