きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

IMG_20210722_132040

 いつも見ているサイトで「十和田湖の自然や街中を散策できるe-bikeレンタルサービス」というニュースを発見。

 電動アシスト自転車登場時には「それが必要なほどまだ老いぼれてはいないわ!」とスルーしましたが、還暦が近くなってきて肩の力が抜けたのか、新しもの好きだからか、十和田湖と近いからか、天気と体調が合えば行ってみようかと思ってましたが、早速そのチャンスが巡ってきて21日予約。22日13時に十和田湖観光交流センターぷらっとに行ってみました。

 一通り説明を受けて、いざ出発。か、軽い! アシスト量HIGHになってました。まずは中間のAUTOに修正。

IMG_20210722_133047

 そして、お試しに格好の坂道として、御倉半島の旧道に挑戦。結構な坂ですが、アシスト付きでニヤけてしまいます。

IMG_20210722_134003

 展望台の手前に、さきほど追い越していったピカピカの赤のマツダロードスターが停まってました。

 男の子とお父さんが車との撮影会をしてるようでしたので、「撮りましょうか?」と申し出て、「私もロードスターオーナーで‥」と話しましたら、これはレンタカーだというじゃないですか! その手があったか!

 坂を下りるのは爽快です。苦労あまりしないで登って降りるって幸せすぎて申し訳ないような気も‥。降りたらロードスターが追い越して、男の子が助手席から手を振ってくれてました。

IMG_20210722_140313

 子ノ口の遊覧船発着所に着きました。ちなみに遊覧船で自転車も載せると+300円だそうです。

 近くの自販機で水分の補給。さてこれからは奥入瀬だ。

IMG_20210722_141227

 まずは銚子大滝のところで撮影。フロントカメラの画質はイマイチでした。

IMG_20210722_142229

 こちらは白布の滝。自転車だから分かったこととして、やはり滝の近くを通ると空気が少しひんやりしてるんですよね。

 バイクに鍵をかけて散策路を歩くこともできましたが、半ズボンなのに虫除けスプレー忘れたので今回はパス。ちなみに歩いている方のマスク装着率は半々くらいだったかな。

IMG_20210722_143413

 石ヶ戸休憩所で折り返しです。

 ちなみにここにはレンタサイクルがあり、アシストありで4時間2000円、アシストなしで1000円でした。

 それに比べて、私のこれは4時間3000円とお高め。しかしPanasonicブランドのXU1という定価25万円ほどのものなので、リーズナブルにさえ思えます。

IMG_20210722_144142

 車で走ると道の勾配はあまり気にしませんが、これだと奥入瀬の上り下りでの違いくらいはさすがに感じます。だけどそんなに疲れない。ありがたいです。

 この日3時間で34キロほど走りました。消費カロリーはどんなものでしょう?半分かな?そう考えると微妙(笑)。それと、自転車特有のお尻の痛みの削減はならなかったです。

 初めての体験にしてかなり商品性の高いものに乗ってしまったからか、概ねとても好印象でした。

 日常電動アシスト車を使うことはまず無いでしょうから、こうしてリゾート地では積極的に借りたくなりました。車を汚したり、ドライブの時に気を遣う必要が無くていいですしね。

IMG_20210722_073441

 自宅書斎のパソコンのスピーカーは超低価格で結構鳴ってくれるCreative Pebbleで満足してました。

 狭いデスクトップ周りは極力シンプルにしたいし、本格的に音楽を聞くときは隣のオーディオルームに行けばいいしという判断でした。

 でも、パソコン触っている間ちゃんと音楽聴きたくなり、amazon musicをBluetoothヘッドフォンで鳴らしてということをしてましたが、装着感とか充電とか面倒かなと思い始め、このEdifier R1700BTsを導入しました。

 このアクティブスピーカーはスーパーウーファー出力もあるので、手元のデノンDSW-33もセット。

 Bluetooth経由で鳴らしてますけど、結構いいです。高音域のきめ細かさはないですが、重低音が心地よくてバランスはまずまず。今聞いてる清水翔太なんて、休みの日の午前中いいですね〜。

 先日の話の続きになりますが、スピーカーと耳の距離が縮むので心地よいというのがあると思います。ニアリスニングフィールド、万歳!

IMG_20210719_103114

 土・日・月・火と地元二戸市も稀に見る酷暑でしたね。でも、鶏の被害はさほどでもなく過ぎましてホッとしています。夜はまだなんとか涼しいでしょうか。

 さて、6月28日自転車で久しぶりに走った話を書きましたが、後でGoogleマップのタイムライン機能で見たら、往復15キロほどでした。

 その後、曇り空の涼しい夕刻を狙って、金田一温泉駅まで往復14キロ、二戸西小学校まで22キロ走りました。癖になってきたわー。これで、東、北、西と走ったことになりますね。

IMG_20210719_102940

 でもこの程度だと「たかが知れてるなあ」と思わないでもないですね。

 もうちょっと足を伸ばすなら、そうか、電車の力を借りるのがいい。片道輪行がいい。単身赴任らしい思いつきです(笑)。

 「輪行」って知ってますか? りんこう、って読みます。自転車を畳んで輪行袋に収納して公共交通に乗ること。追加料金無しですが、ただ混まない時間帯と方向を狙って乗るのがいいかな。

 ‥などと、実は言えるほど経験はありません。輪行袋はずっと前に手に入れてあったのですが。

 まずは、電車の時間をチェックしておこうというわけで、手元のIGRいわて銀河鉄道の時刻表を開いて、ちょうどいい時間帯のところをスマホに収めるべく駅名を書いてから撮影しました。

 片道20キロほどだと、北は小繋駅、南は青い森鉄道の三戸駅ですか。北のほうが上り勾配なのできついはずですが。

 というわけで最初の一歩はできました。さて、いつ実行になるのでしょうか?

P1040462

 岩手県花巻市にある石黒農場さんは、国内唯一と言っていいほど本格的にフランス料理では高級食材であるホロホロ鳥を飼育から加工品販売まで手掛けている会社さんです。

 ちなみに私は24歳の時、イギリスでGuinea Fowlというものを食べたのですが、それが日本語でホロホロ鳥(ちょう)と言うのだったんですね。

 そして日本に帰って、東京銀座の料理屋さんでホロホロ鳥を食べたら、なんと岩手県で生産していると知りました。

 そして同じ岩手ということでいきなり会社訪問を打診したら快く受入れて頂き、飼育している現場までも見せていただきました。その後、たまに石黒社長とゴルフをしたりする間柄になっています。

 ここのところずっとホロホロ鳥は食してないこともあり、燻製を通販で販売していると知ったので早速、半羽分を注文してみました。

 説明書きを見ますと、フランスでも90日飼育が普通のところを120日飼育しているとのこと。なんと贅沢な。

 食べてみると、いやーこれは確かにグレード感が違う。肉が肉らしく、脂肪が脂肪らしく、かつ加工品として高いレベルでのまとめ方だなあと感心しました。

 ホロホロ鳥はそちこちの西洋料理店で食べるのもいいですが、この燻製のセットはきっと満足いただけるでしょう。

 また、全国区の食材ですが、岩手の酒とも、ビールとも、ワインとも合うと思います!

IMG_20210716_103351

 先日は戻ってきた抜粋版のほうの経営計画手帳に目を通しましたが、引き続き本冊の方に目を通しました。2008年度版から作成していますが、たぶん久しぶりです。

 抜粋版が64ページなのに対して、倍の128ページになっていますが、最大の違いは「目標管理シート」が見開き2ページであって、本人の目標と上司のコメントが書かれて、ハンコまで押してあること。しかしそこを読んでいると切りが無いのでパス。

 やっぱり見るところは簡易版と同じで、この年から盛り込んだ「十文字フィロソフィ」と、少しずつ入れ替えている「社内用語集」のどの言葉にマーカー線が引かれているか、つまり心に響いているかを掴んで、また書いてあることから次年度修正すべき事項も思いついたりします。

 ちなみに、途中退社して手帳を返した人を除いて100%、全部門の成績指標の数字は埋まっているようでした。

 自分に関係のない数字まで手間を掛けて書かせるのはどうかと思わないわけでもありませんが、数字こそが大事だと植え付ける意味と、みんなで力を合わせてこういう数字ができているんだと思ってもらえれば。

DSC_3692

 地元の岩手めんこいテレビで不定期に放送されるという「スタートライン」という番組の第3回に当社創業者で現在相談役の十文字健助を取り上げていただき、昨日12:00〜12:30というすごい時間に放送いただきました。

 この5月には満87歳となり、中学卒業してすぐ鶏の飼育を開始してから71年になりますので、広報採用課には「時間があったら相談役の昔話を聞き出して動画に残しておくように」と指示してありましたが、おそらく忙しくてできてなかったと思います。

 そこに、今回の番組の話をいただき、こうして放送されたものを見ますと、代わりにやっていただいた格好になったかな。感謝です。

E6dVvT0VEAYCsjV

 この番組の中で相談役から「労使」という話がありました。労が先にあっての使。そんな話初めて聞きました。でも、確かに「働いている人の気持ち」は昔から大事にする人でした。仕事を託した人が本気で働いていれば嬉しいみたいでした。

 その労使の話に続いて今年の全社スローガン「部下が主役、上司は脇役」を持ってくるとは、ちょっとびっくりしました。なるほど、確かに。

 私がこれに込めた意図は「上司は部下よりいい仕事をするから上司でなく、部下がいい仕事ができるようにするのが上司」という意味でしたので、相談役のことは眼中に無かったのですが、ちゃんと引き継いでるかな。よかった。

 それに「信用」への言及がありました。飼料会社さんが3ヶ月後とかの手形決済を受けてくれることで、一農家からどんどん成長していったわけですが、それだけに自分が信用されることが生命線であり、また信用されているという手応えがあることに喜びを感じていたことは10代の頃端で見ていて感じてましたね。

 改めて、何を喜びにして仕事するのかを考えさせられた番組になりました。

 この番組がこれから創業を考えている方のいい刺激になって、地元出身で名だたる企業がどんどんできればいいですね。

DSC_4489

 昨日は内々定している学生さんたちに二戸まで来ていただき、私は昼食の時間一緒でした。

 なにせコロナで今年の学卒者の採用活動は全てオンラインでやりましたので、この日がリアルでは初対面というわけです。

 また、学生さんたちが本社に来たのも初めて。就職先を決めてからそこに行くとは、すごい時代になったものです。

 でも終わってみれば、会社側としてはそんなに悪くなかった。というのもエントリー数からずっと人数はここ何年かでは多かったですからね。

 やはり当社のようなちょっと遠隔地にある会社は、リアルでは応募しづらい面があったのかもしれません。

 さて、コロナが収束したとしたら来年はどうするのでしょう? 若手リクルーターの皆さんの判断はいかに!

IMG_20210715_122212

 近くに行ったので、石神の丘道の駅に隣接する「石神の丘美術館」に寄ってみました。

 リニューアルでずっと休んでましたが、やっと6月18日にオープンしたとのこと。久しく行ってなかったのでどこがどう変わったのか確信が持てませんが、外は「花とアートの森」と名付けられたように庭園っぽくなったような。

IMG_20210715_124819

 一通り見るのに、時間がなかったので急ぎましたが30分ほどかかりました。じっくり見るなら1時間位必要かな。企画展を見なければ入場料500円です。
 
 ちなみに営業時間は9〜17時です。夏は涼しくなる夕暮れ時に入ってみたい気もしますね。虫は結構いますので防虫スプレーをかけて行くのがおすすめです。

IMG_20210713_084944

 7月11日、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」で、ガストの唐揚げ戦略を取り上げておりました。

 厳密に言うと、ガストを運営するすかいらーくが、系列の唐揚げ店「から好し」だけでなく、このコロナ禍で、ガストの店舗内で「から好し」ブランドの唐揚げを前面に押し出しているというわけですね。変わり身の速さはさすがすかいらーくです。

 それ以外にもワタミが「からあげの天才」を立ち上げたりとか、デリバリーだけで勝負のモンテローザの「からあげの鉄人」が密かに増えていたりとか、このコロナで各社の唐揚げ戦略がテレビを賑わしていて、嬉しい限りです。

 厳密には言い切れませんが、コンビニのチキンが粉で勝負の輸入品が中心なのに対して、これら唐揚げ店は国産鶏肉を原料に、素材の鮮度とこだわりの揚げ方、味全てで勝負していると言えるのではないかな。

 ですから国内産地の立場としては、唐揚げ店頑張れ!です。例外は、ローソンの「からあげクン」とKFC。どちらも国産ですから負けないで!

IMG_20210709_081617

 2020年度の新たな取り組みとして、経営計画手帳の「職場のリーダー向け抜粋版」を作成し、チーフや手を挙げた希望者など186名に配りました。

 2021年度は再度希望者に配布しましたが、使った前年のものは約束通り回収しまして、昨日までに一通り使用状況を拝見しました。

 パリパリした紙質や製本だからか、実際どれくらい使われたのかは手にしたときの感触で分かってしまいます。

 いちばん見てほしいのは十文字フィロソフィや社内用語集のページですが、そこに線を引いてたりするのを見ますと嬉しくなります。

 この企画はなにより、現業の方々でも意識が高い方々、あるいは総合職も視野に入ってる方に会社の考え方を届けたいという思いからでしたから、やってよかったなと思いました。でも、使用状況から見るとそれは配布部数の半分以下かな。

 こういう文字を読んだりするのはもともと現業の方々の仕事の範囲ではないわけで、あまり押し付けがましくならない程度にニーズに対応していければと思います。

↑このページのトップヘ