きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

8dd2247e.jpg 今日で42歳になりました。静かな土曜日、社長室にて執務しております。

 それはいいのですが、花粉症がひどいんですよ。ここ1週間本格的になってきて、寝ていても目脂(めやに)がひどくて大変です。7〜8日と上京していたのですが、処方されている「ジルテック」という薬を忘れてしまい、8日はマスクでごまかして仕事終了後急いで二戸に戻ってきました。昨晩はより一層目がかゆくて大変でした。

 私の花粉症歴は3年目です。初年度は主に市販の薬で対応、2年目は睡眠の促進効果もある「アレロック」という薬を処方してもらって凌ぎました。例年にない飛散量となると言われた3年目の今年は東京出張のことも考え、1月20日頃から薬を飲んでいます。まあステロイド剤までは行ってないのでなんとかなっているほうかもしれませんが。

 本来、抗生物質を鶏に与えない会社の社長としては、薬無しで根本的なところから対処したいところです。減感作療法を施してくれる病院を探したのですが、これが田舎にはなかなか無いんですよね。いっそのこと日本の最先端の病院に行こうと舌下減感作療法のために日本医科大学付属病院を訪ねたのですが、試験の定員が埋まっているとのことでとりあえず諦めました。でも、なんとか来年には減感作療法で治そうと思っております。

(写真は4月7日、上京中に寄った螢献礇トフーズの様子)

5de6b7e8.jpg 今日は最高気温22度。とても良い天気です。午前9時半にお客様の社長が来社されて、昼食は市内の焼肉店へ。新幹線二戸駅からの上りはこの時間2時間に1本なので3時間近く掛けての昼食となり、地元の短角牛の焼肉を食べてきました。

 市中の牛タンは品不足だというのに、ここでは地元の牛であるためか、贅沢な厚切り。体に悪い内臓類もわんさか出して、お客さんも少々迷惑だったかもしれませんが、楽しく食事をさせて頂きました。BSEとかよりも焼肉の焦げた部分でのガンのほうが心配なのは私だけかな?

(写真は社長室隣の部屋より新幹線二戸駅を望む)

6e2a36ec.jpg 4月2日は東京からの出張の帰り、仙台に立ち寄り、父と息子2人と4人でフルキャストスタジアムでの楽天対西武の試合を観戦しました。

 この時期のナイターは辛いだろうからデーゲームに行けてちょうど良かったと思っていたのですが、天気は良かったものの、寒かったですね!チアリーダー寒さは一瞬ですからいいでしょうが、ビールを販売する売り子の女の子たちの寒そうな姿はちょっと見てる方も辛かったですね。今流行の焼酎のお湯割りとかを配れば数倍売れたと思ったのは私だけでしょうか?

 それにしても、前日まで2勝4敗。西武の先発は松坂、こちらの先発は無名の藤崎投手。もうこの時点で9割方負けかと思いましたが、意外や意外、藤崎投手が踏ん張り、松坂から3点を先制してリードする展開。試合開始から3時間過ぎの4時には途中見切りしてでも帰る予定にしていたのですが、10分前にやっと6回を終わり3対2で楽天が勝っている状態で、寒くてたまらず退席しました。

 場外に出たとたん、歓声がしてこれは西武がホームランで同点かと思いましたら、やっぱりそうでそれをタクシーで確認し、仙台駅へ。しかし、結果は松坂から更に2点取って勝ってしまったのですね!嬉しい!二男は「逆転イーグルス!」とだじゃれを言ってましたが、それも快いなあ。

 100敗したら三木谷社長がオフにどうするか見物だなあ、と思っておりましたが、そうならない雰囲気も出てきましたね。中村紀洋が入るかもしれないし。

それにしてもぎっしり詰まったスタジアムで選手の動きにいちいち歓声を上げるのって、久しぶりに楽しいものだと思いました。試合結果

4aac8f89  こんにちは、代表鶏締役の十文字保雄です。いわゆるブログをはじめることにしました。

  数年前までは「鶏締役の部屋」と題した個人のホームページを作って会社のHPとリンクして、日記のようなことを書いていたことがありました。再び始めますがどれくらい続けられるか分かりません。頑張ってみますので、どうぞよろしくお付き合い下さい。

 さて、今日昼はお客様と二戸市内の「四季の里」で昼食でした。地元の南部せんべいでナンバーワンの小松製菓さんが経営している昼食だけの飲食店で、昔懐かしい建物と、素材を生かした定食で評判の店です。社長のこだわりが随所に出ている店ですが、今日はその中での「珈琲館」と呼ばれる離れで囲炉裏を囲んで蕎麦定食を食べてきました。

  写真はここにあった蓄音機です。そういえばこないだ「大人の科学」という雑誌の付録の蓄音機キットを組み立ててみました。そしたら電気を使わず結構な音量で鳴るんですよこれが。高校時代は物理部でオーディオ好きの私も驚きました!

↑このページのトップヘ