きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

DSC_4916

 12月8日はボーナス支給日。そして前後して今週は、社員や協力会社の皆様にクリスマスプレゼントを2つ支給しました。

 ひとつは、菜彩鶏ローストレッグです。これを社員や農家、協力会社の皆様に、同居のご家族の人数分ということにしました。

 ご家族が我々の仕事にその本人を送り届けてくださっているという感謝の気持ちと、このご時世に地元に居ていただけるだけでありがたい、という気持ちから。

 もうひとつは、結婚式の引き出物に使われるカタログギフトを、忘新年会が無くなった代わりとして。

 たくさんの商品の中から一つだけ選ぶ楽しみって確実にあると思うので。またご本人が選ばないで家族に差し上げるなどすればまたさらに喜びが増えますからね。

 でも、ついこのあいだまで、「こんな12月のお客様にいくらでも供給責任を果たしたいときに、社員にあげるなんてもってのほか!」と思っていた自分がいました。

 「でも本家本元の鶏肉の会社の社員が、クリスマスをチキンで楽しく過ごさなくてどうする!?」と気持ちを入れ替えました。

 この忙しいときに、配布作業だって大変なわけですが、決断したらちゃんと動いてくれました。感謝です。

(写真:昨日のPJ二戸フーズの勤続表彰の後)

P1030531

 設備課では機械をオーバーホールなどした際に、部品の油を拭き取るのにタオルが必要なのですが、使い古しのタオルや衣服で充分というので社内で寄付してもらっています。これもリサイクルです。買えば高いですしね。

 気がついたら我が家のタオルも増えてたので、吟味して何本か提供しました。

 その後、最近バスタオルが小型化されているという話を聞いて、それは技術の進歩で自然な成り行きだと思って情報を集めたら、あるわあるわ‥。

 そもそも男性には通常のバスタオルのサイズは大きく、贅沢すぎですよね。私のように単身赴任だと、洗濯の面倒もその分増えて煩わしいですし。ちなみに水泳のときはほとんどフェイスタオルかちょっと大きめので済ましたりしてました。

 いや、だからブランドタオルがいいというのでもないような気がしています。厚いのは厚いので小さくなった意味がない気がしますし、保水力があれば全て解決でもないような。そのポジションに合う性能と、さらっとした見た目が欲しいのです。

 というわけで、まだまだ結論は出ていません。今日は年末にいらっしゃったお客様といただいたタオルをきっかけにタオル談義で最初の盛り上がり。ほとんど他人と話すことのない話題のような気がしますが、話すと結構盛り上がるものですね。

DJI_0018

 先週、久慈のスープ工場に行った際に、ドローンで建物全景の撮影をしました。

 ベストセラー機を買った3年前よりドローンの規制が厳しくなり、200g以下であれば少し緩いということなので、最近乗り換えた199gのDJI Mini2を使って撮影しました。

 小型になった分、滞空時間は概ね半分の10分ほどなので、急いで‥。

 風もなかったので問題なく十分撮れたつもりでいましたが、もう少し左から撮ればよかったとか、トラックが写っていてちょうどよかったと思ってたけど汚れていたりとか、帰って見てみればちょっと残念だったかな。

 さて、そのドローンの規制がもっと厳しくなって200g以上が100g以上になるということが当局で議論されえているらしいです。アメリカは250gで同じ筐体でもバッテリーが大きい分20分ほど飛ばせるというのに、そうなればGPSやジンバルを積んでの設計は絶望的かな。

 この壁は大手DJIにも流石に厳しすぎて、100g以下ならおもちゃにしかならないかもしれませんね。開発できたとしても、物理的に軽すぎて風に飛ばされて逆に事故発生が多くなるかも。

 日本は相変わらず事なかれ主義で、規制規制で、菅首相の願いはどこへ行ったんだ〜?

IMG_20201205_081241

 ただでさえコロナ禍で、沢山の人を雇用する我々チキン業界では仕事が滞ることが無いよう神経を遣っているのに、この冬は高病原性鳥インフルエンザの当たり年になってしまうとは‥。

 今日の時点で西日本の6県に17事例発生とのことですが、採卵鶏農場のほうが多くて、肉用鶏のほうはまだ健闘していると言っていいようです。

 直接の発生はなくても半径3キロ以内の近隣の農場であれば移動制限、10キロ以内であれば搬出制限がされ、最適な出荷時期を逃すこともあるので、肉用鶏が盛んな地域はどこも非常に神経を遣っていることでしょう。

 当社のエリアも非常に盛んな地域なので、戦々恐々としています。東日本にはまだ発生はありませんが、このままスルーして春になってもらいたいものです。

 ただ数日前には、発生地でも殺処分や消毒をしたのちしばらく再発生がなく「移動制限解除」が出されたとの明るいニュースも聞こえてきていますので、良い方向に向かうことになればと願っています。

 さて、日本経済新聞の記事には「19年2月時点の国内の肉用鶏の飼養羽数は全体で約1億3823万羽、採卵鶏は約1億8492万羽だった。」とありました。改めて約1.4億羽と1.8億羽とおぼえておきたいと思います。

IMG_20201205_123912

 横浜の家内と娘用に今は初代BMW MINIを預けてて、可愛いと言ってくれてますが、何しろ古くてそう長くは乗れないかも。しかも初心者マークの娘はMINIで運転を慣れるべきではない(笑)。

 その後釜にどういうクルマがいいかというと、コンパクトで、目線が高くて、最新の安全装備が備わっているクルマという暗黙の了解があり、マークしていたトヨタ・ヤリスクロスを地元で試乗させてもらいました。ちなみに、このクルマ、岩手の工場で生産しています。

 ネットで調べたら、運良く地元のディーラーさんに、私が狙う1.5リッターガソリンで4WDで16インチタイヤの中間グレードが備わっているとのことで行ってみました。行ってみたらスタッドレスになってましたけど。ちなみに上級グレードは18インチと硬そうです。

 走ってみたら、エンジンうるさい(笑)。でも3気筒にしてるのでトルクもある感じ。燃費も期待できますから3気筒は合理的なので歓迎。でもMINIの前に家内に乗ってもらっていたアクティブツアラーのBMW製3気筒ターボに比べると圧倒的にうるさいので、女性たちには不評になるかも。

 しかし、乗り心地よし。コンパクトなサイズということもあって、スイスイ走れます。車体軽いですから確かに結構スポーティーかも。

 ACC(アダプティブクルーズ)はワンクリックで1km単位で速度調整。長押しで5キロ単位。ちょっとまどろっこしい。

 内装がシンプルで嫌味がなくて整然としていて、やっぱりトヨタの内装は安心してみていられる感じ。左右にゴロンと丸いメーターがあるのはカタログ見てて違和感ありましたが、実際には見やすかったです。

 総じて概ね好印象でした。買って私が最初に乗って、しばらくしたら横浜に持っていくのもありかと作戦練ってたりしますが、納車時期を聴いたら次年度になるかもとのこと。あらら、大人気ですね。

IMG_20201203_145946

 それから、ほとんど興味なかったホンダのN−ONEですが、ターボでマニュアルという仕様で試乗車が来てたので試乗いかがですか?とお誘いがありましたので、行ってみました。

 マニュアル車の運転久しぶりにしましたけど、やっぱり楽しいですね。ただ、私は現行MINIで経験ありますけど、マニュアルとACCの相性はとても悪いので、最新のこういうクルマでマニュアルに乗るのはもったいないような。マニュアルは中古でちょっと古いのを乗ったほうが良いかも。

 さて、このN−ONEはデザインで勝負というニッチなクルマでしょうけど、どれくらいの人に受け入れてもらっているのでしょう?

 私は丸目のヘッドランプはいいと思うけど、その間が黒いので繋がっているグリルは受け付けません。ボディ同色にするとMINIに似るかもしれませんが、あえて似せてしまう形もいいのではないかと思うのですが。

 あと、メーターが旧来の軽自動車のメーターのようなのはいただけないな。オレンジの丸っこい指針でこじんまりしすぎて、昔の車みたい。

 乗ってみれば軽自動車としての出来は文句ないくらいですが、私なら同じホンダのN−WGNのほうがチャレンジングなデザインでかつそれが成功して可愛く感じるので、そちらを選びますね。

 さて、実は他にも、レヴォーグとRAV4には2回めの試乗をさせてもらっています。やっぱりちゃんとゴルフバッグが4個とか積める最新の国産車がいいよなあ、と思うこの頃です。

IMG_20201204_081330

 私も以前から、携帯電話3大キャリアのトヨタに次ぐような利益額に「儲けすぎでは?」という印象を抱いていました。

 そもそも、KDDIは創業者、稲盛和夫氏の電話料金値下げで国民の期待に答えたいという志に始まっているのであり、ソフトバンクだってチャレンジャーの立場で参入したのにね。

 ですから、菅さんが官房長官の時代から「携帯電話料金は値下げが必要だ」と言っていたのには共感してましたが、実際にこうして力づくで3社をいじめているのを見ると、どうかなと思います。

 そもそも、政府は、民間が利益をあげるような環境づくりをした結果たくさんの税収を頂くのが本来の姿。しかも今、政府の懐は大変厳しいのです。

 また、いま楽天が第4のキャリアとして名乗りを上げて、競争力あるか価格を出して必死にもがいているのに、わざわざそれに当てるような価格帯にさせるとか、格安SIM業者だってこれでシェアがどんどん下がって廃業してしまう恐れがある。

 ユーザーである国民はと言うと、格安SIMという選択肢が提示されていても、万が一のトラブルのときに自信がないからと、フルサービスの3大ブランドを選んできているわけで、そこに年間2〜3万円という少し高い価格を払ってもいいと思っている人が大半なんですよね。

 3大キャリアは、これを機に、権力者の顔色をうかがうという考え方が加わるわけで、政府が願うように本気で戦う姿勢を作れるか疑問です。

 また、介入すればするほど、コロナ禍のようにその後始末の負担が生じてきます。

 というわけで、現時点で改めて考えてみると誰が得するのかな?という疑問を禁じえませんね。

 政府はやはり法律やルールで以て業界をコントロールしていくという姿勢でいてほしいものです。

 会社の経営も一緒で、個別にガンガン言うより、のびのび仕事で競ってもらう環境づくりをすべきだと改めて思いました。

IMG_20201203_090702

 久慈工場とスープ工場に行く前に、最近オープンした久慈市情報交流センターYOMUNOSU(よむのす)に寄ってみました。

IMG_20201203_091006

 1階には観光案内所がありました。久慈駅の隣ということでアクセスもしやすいですね。

IMG_20201203_090922

 1階にはほかに喫茶コーナー、会議室(この日開放中)、休憩スペース、展示スペース、テラス、それに外からそのまま入れるバスの待合室がちょこんとありました。

IMG_20201203_091204

 エレベーターで最上階まで上がると、そこは5階。四方を見渡せるガラス張りの展望スペースになっていました。エアコンも効いてましたよ。

 三陸鉄道もJR久慈線も見えて、鉄道マニアには喜ばれるかも。

IMG_20201203_091424

 ひとつ降りると屋上広場。◯◯禁止の表示が多くて少し殺風景ですけど、のんびり出来そう。

IMG_20201203_093537

 3階の図書館。大人向けの階のようです。

IMG_20201203_092902

 郷土資料の本棚見てると、改めて時間を取って来たくなります。

IMG_20201203_093615

 2階も図書館ですが、こちらは子供向けのようです。たくさんの子供で賑わうといいですね。

IMG_20201203_090818

 ここを出ると、古い駅前デパートの建物が嫌でも目に入ってきます。「あまちゃん」効果で残されているのでしょうけど、そろそろいいんじゃないかな?

IMG_20201125_120230

 「にのへ料理人の会」が地元の特産品開発ということで、ぶっとべ!つくね串を開発したのが2012年のこと。

 ぶっとべとは地元産の豚、鳥、牛(べご)のミンチ肉を混ぜたもので、そのつくね串はボリュームもあって先入観なしに美味しいものでした。当時はあちこちの物産展で200円で販売してて大人気でしたね。

 今回手に入れたこの冷凍の「ぶっとべ!つくね」(4個入り)と「ぶっとべ!ウインナー」(5本入り)は、二戸駅の「なにゃーと物産センター」で各1080円で販売中のものでした。

IMG_20201201_175956

 「ぶっとべ!つくね」は冷凍の袋ごと熱湯で6分で出来上がり。卵の黄身を載せて食べてみましたが、鶏の軟骨入りでコリコリして美味しかったです。

 「ぶっとべ!ウインナー」はコンソメを溶かした野菜スープに入れて食べました。こちらの写真は撮り忘れましたが、今までにない歯ざわりで確かに3種類混ざっている感が強かったですね。

 製造は「佐助豚」で有名な久慈ファーム襪気鵑任后F鷂佑澆笋欧法△爾劼匹Δ勝

IMG_20201201_085415

 エフエム岩手の5分番組「岩手県産チキン元気トーク」は7月から始まり、12月18日の放送が最後で、全25回が終了します。

 他社さんからは専務や部長など上役の方の出演がある中で、当社グループからは3工場の若手社員12名に出演してもらいました。

 聴取者の方々に、身近感じで受け止めていただければという意図でしたが、若手社員の皆さんはしっかり役目を果たしてもらいましたね。

 ちなみに12名のうち半数以上が、昨年からできたチーフという肩書を持つ高卒入社のリーダーたちです。今後もすくすく育って行ってほしいものです。

 この番組、本来は職場にたくさんあるイベントをアピールする場にしたかったのですが、コロナ禍でできず。ちょっと残念でもあるので、リベンジしたいところですが、来年度はイベント開催できるでしょうか??

 放送終了分は、こちらから聴けます

(写真:社内報「こけろっこ」12月号の記事より)

IMG_20201130_135043

 当社バイオマス発電所では春、夏、秋と年3回、地域美化活動ということで発電所周辺の道路のゴミ拾いをしています。今日は私も参加してみました。

 発電所を出て右と左の2チームに分かれてスタート。でも、発電所の敷地に面したところはあまり見つかりません。

 「この調子で10人くらいででぞろぞろ歩いたら非効率じゃないの?」と思わず言ってしまいましたが、その後、どんどん見つかるじゃないですか。‥そういうことか。

 今日は積雪もあったので、20個の目で見逃しがちなものを探して見つかる感じでした。私も10個は拾ったかな。

IMG_20201130_135610

 最後に分別作業。前回から3ヶ月も経過してないそうですが、結構見つかりましたね。

 あるところには缶コーヒー、あるところにはビールの缶、あるところには弁当の食べかすが集中的に落ちてました。同じ人が同じところに捨てるんですね。本社周辺の国道4号線と比べると、車の通過台数の割に多い感じ。

 1時間ちょっとで終了。キレイにすることは気持ちいい。天気も良くていい気分転換になりました。

↑このページのトップヘ