きまじめチキン日記

経営 鶏肉 健康 岩手 読書 愛車 ゴルフ

無題

 Amazon Prime Videoで「ザ・フード -アメリカ巨大食品メーカー」という1時間半✕3回のドラマを観ました。

 ハーシー、ケロッグ、ハインツ、ケンタッキー、マクドナルドなどの食品企業の黎明期を描いた作品です。食品業界の経営者の立場にあるものとしてとても興味深かったですが、そうでなくても楽しめると思える人間ドラマでした。身近なものに関わるノンフィクションって、いいですね。

 なるほど戦前は今のように家庭に冷蔵庫が普及してなくて、政府が食品の流通について厳しく監視することもなく、偽の表示は当たり前でやりたい放題だったようで、これを見るといま流通している食品の品質に感謝したくなります。

 以前は女性が家族に三食提供するのにほとんどの時間を費やしていたのが、冷蔵庫や外食の普及、更にファストフード化で、女性の社会進出が進んでいったということで、必然の変化だったんだと思えます。その中でのサバイバル競争‥。

 一番印象に残ったのは、ミルクチョコレートのハーシーさんのエピソードで、最初から粉ミルクじゃなく生乳にこだわり、それも含めて一つのまちを構想して実現していったということ。

 途中、従業員のストライキで傷ついたりしましたが、ここで取り上げる中では唯一といっていいくらいそれ以外のドタバタ劇もなく、創業者がハッピーエンドを迎えているような。それだけどの会社も苦労があって見ごたえがありました。

 「アメリカンドリーム」を、日本語では単に「野望」と翻訳したくなりました(笑)。

IMG_20210823_111517

 今年度から始まったシリーズ、強化月間。8月は「コンプライアンス&CSR」月間となっています。

 先々週の役員会、先週の経営会議、そして今日の役員会と、3回に渡って議論しました。

 まずは部門ごとに項目洗い出し。当初は、グリーンゾーン、イエローゾーンなどと分けてリストアップされてましたが、分かりにくいので「進んでいる」「着手すべき」「望ましい」の3段階にと指示しました。

 こうして振り返ると、業界内で先駆けて取り組んでいる案件が多いなということ。ちょっと安心しました。

 パーフェクトのハードルは高いわけですが、リストアップした「着手すべき」「望ましい」を地道に取り組んで少しでも近づいていければ。

(写真:ワクチノーバ株式会社さんの創立10周年の記念品として頂きました)

IMG_20210822_153914

 東京オリンピックとは関係ないところで、近頃、山下達郎や竹内まりやをはじめとする日本のCITY POPが世界で人気になっているそうですね。私も昔から大好きです。

 滝川クリステルのラジオ番組でCITY POPの話題があったので思い出して、このネタを思いつきました。

 今、手元にある中華製MP3プレーヤーには、EPOの18アルバム221曲が入ってます。最近、スマホを操作して聴くより、こっちのほうが簡単でいいかなと使い始めましたが結構いいです。これはクリップ式なので、家で夏は首周りか袖に装着したりして聴いたりしてます。Bluetoothイヤホンは家の中でも移動が利きませんが、そういう心配がないのがいいですね。

 水泳のときに使うソニーのウォークマンには、楠瀬誠志郎の6アルバム99曲が入ってます。楠瀬誠志郎は上の妹から教えられたアーティストで、いまは山下達郎のライブでバックコーラスを務めていたりするみたいですね。ちなみにこないだまでこのウォークマンには杏里、その前は須藤薫が入ってました。

 そして、奥のBluetoothスピーカーですが、MicroSDカードに大橋純子の10アルバム124曲が入ってて、電源オンですぐ曲が流れるようになっています。電源オンで必ず最大音量で始まるのが玉に瑕ですが、音いいです。稼働少ないですが(笑)。

 小さくお安いものでこんないい音で楽しめる時代になって、昭和生まれの世代にはなんて嬉しいことなんでしょう!

IMG_20210820_103213

 社員の健康増進のために、社長室の隣の図書室に「健康サポートコーナー」ができているわけですが、私自身なかなか手を付けなかったバランスボールを持ち込んでみました。

 30分ちょっと座ってみましたが、けっこう効きます。姿勢が良くなる気がしますし、腰やお腹の筋肉を鍛える感じがかなりありますね。

 これに似たような効果の椅子として、実は自宅の書斎用にアマゾンでバランスチェアを購入して長年ありましたが、こないだあまり使ってないので捨ててしまいました。すねに当たるところの皮膚にダメージが有る感じがしたので。

 それに比べると、すねは安全ですが、お尻が蒸れる感じが残るのがマイナスかな。私には小さめですが、定期的に使ってみようかな。社員に定着しなかったようですし。

 というわけでこのブログを書いて1時間ほど。‥なんとか我慢できました。

IMG_20210818_111019

 社員を見ていて、見た目についてちょっと言いたくなって、せっかくだから月曜朝礼で話してみんなに聞いてもらいたくなっていました。損してませんかと。

 そうこうしている間に社内ネットの読書感想文コーナーに、この竹内一郎著「人は見た目が9割」のことが出ていました。

 これは確か結構話題になったベストセラー本。しかし2005年に出た本とはビックリ。もう16年前になるのかあ。

 手に入れて読んでみたら、私が言いたい髪のことについてもちゃんと指摘がありました。前髪を上げると「男っぽい」、垂らすと「男の子っぽい」。そうそう。女性も同様だそうです。

 自分が示したい自分像と、その外見は合っているのか? 逆に、お洒落だけどその外見と中身が合致しなかったりする人もいるような。

 そんなことを言う私はどうなのか? 甚だ自信ないけど、立場が立場だから勇気を奮って言い切りたいと思います。

IMG_20210817_103256

 岩手めんこいテレビで放送された相談役の番組を、ブルーレイディスクにダビングしています。

 めんこいさんから頂いた10枚に加え、会社と我が家の4台のレコーダーから40枚できあがるわけですが、既に十数枚は会社の各部署や要望いただいたお客様にお渡ししております。

 これらのレコーダーは古いですからね。いつ壊れてもいいようにディスクにしておかなくちゃ。

 そして、会社に数枚は確保して大事に保存しておきたいですが、更に要望のあるところに配布するというのも、数十年後に発見される確率が高まるはずと思っています。

 レーベルのイメージは、めんこいテレビさんのホームページから拝借しました。そのまま加工せず使えてありがたいです。

IMG_20210816_152239

 今日は庭の雑草取りと芝刈りをやりました。

 雑草には参ってます。ヤブガラシと言うんですね。難しいらしく業者にお願いするのが早いのかもしれませんが、まずは自分で情報集めてやってみることにします。

 この家に引っ越して17年。うち単身赴任は8年で、メンテナンスは程々にしかやってないので、せっかくの庭が崩壊の危機? ガーデニングに関心は無いことはないのですが、深くはハマってないですからね。

 いっそのこと庭を無くして、車好きだからガレージ4台に加えて更に駐車場2台分にしようかなとか、茶室を繋げて作ってしまおうかなとか、あるいは今の庭の状態では通行人からの目隠しになってないので植栽を大幅に変えようかなとか。ひとまず問題意識が芽生えてきました。

 そもそも改めて我が家を見ると徐々に傷んできているところがあり直さなければならないわけですが、住んでみて設計当時のディレクションに反省が出てきているので、もう一度建ててみたいという気持ちのほうが強いかな。

 更に言うと、違う場所にも住んでみたい。コロナで家にずっと居るから思ってしまうことかも‥。

IMG_20210815_134457

 8月12日から岩手緊急事態宣言となっています。あれこれ制限がありますが「屋外での運動や散歩」は許されております。よかった。

 今日昼ごはんを食べて、天気予報を見たら曇りで気温19℃くらい、降水確率は40%でしたので、自転車で南下してみました。

 国道4号線はできるだけ避けて、旧道を走り、途中ちょっと寄り道して、2時間後に小繋駅到着。

IMG_20210815_152217

 実は駅舎に入ったのは初めてです。近づくと、映画「待合室」のことが思い出されました。

 入ってみると、待合室には誰もいません。しかし小綺麗に整っていました。ああ‥。

IMG_20210815_152432

 テーブルの上にあったメモ用の紙に書かれていたのは映画でモチーフになったあの方のメッセージでしょうか。

 そして「いのちのノート」が17冊目となっていました。何冊もその下にあって、一番下には番号の書いてないノート。そうか、ちゃんと20年もの間遺ってるとは嬉しいね。

 IGR銀河鉄道を利用せず自転車で来たのに、せっかくなので書かせていただきました。ちょっとした思い出に。

IMG_20210815_154129

 若い人が戻ってこない田舎のお盆。ところどころで見た人影が寂しいですね。

 それでも旧道沿いに立派な新築の屋敷が建っていたりするのを見ると、ホッとします。よく考えると私の役目は、1軒でも多く地元に新しい住宅が建つようにすることとも言えるか。

 さて、思いつきで走るにはちょっとヘビーだったトータル47キロ。家まであと2キロほどのところで大腿部が両方吊ってしまって帰れないかと‥。

 でも一瞬だったみたい。復路は下りだからと甘く見てましたが、ちょっと肝を冷やしました。下りの所要時間はほぼ1時間半でした。

無題

 昨日やっと私のもとにもコロナワクチン接種券が届きました。

 今月中の予約が取れ、少し安心しました。二戸市は高齢者の次は高校2,3年生で、それから年齢順に降りてくるということのようです。

 横浜にいる家族のうちでは、大学生の次男、長女が今月中に2回済みそうで、二戸に住所が残っている家内と長男は接種券がまだのようです。

 デルタ株が台頭してきて急激に新規陽性者数が増えている今、国家としてのワクチンの確保スピードがもう少し早いだけで国としてはほぼ完璧だったのに、これから残念が始まってしまうのか‥。

 高度成長期にはどこの国より勤勉で「仕事が早い国」だったと思いますが、今や先進国内では何でも後手後手の「仕事が遅い国」になりつつあるような。政治の高齢化と関係あるんでしょうね。

 さて、確認のためデータを見てみたら、累計陽性者数110万人でした。1億回接種済みというニュースが先日ありましたから、どんどん進んでくれて長男に行き渡ってくれ‥。

 会社関係としては発生ゼロがずっと続いてほしいのですが、それが叶えられないのであれば、死者ゼロ、重度後遺症ゼロを祈るばかりです。

 日本一の規模である久慈工場、その3分の2の規模である八幡平工場でのクラスター発生はあまりに怖くて、想像できません。

IMG_20210812_082343

 縁あってタナベ経営さんから現社長である若松孝彦さんの著書「100年経営」をいただきましたので読んでみました。

 経営コンサルタントの豊富な経験から、事業承継の臨床事例についての記述は特に説得力があって、頂いた本の割には結構マーカー線を引かさせていただきました。

 というか、こういう本を読む前に今年、若松社長とオンラインで会話する機会があり、営業をかけられるのかな?と半分身構えてその時間を過ごしましたので、その前に読めればよかったのかもしれません。

 さて、当社は昨年創業70周年でしたが、私の社長業も今年いっぱいで満20年を迎えます。58歳ですし、次世代に向けてそろそろ本格的に事業承継を考え始めるべき時期です。なかなかタイムリーな時期に出会った本となりました。

 タナベ経営の創業者、田邉昇一氏は「会社は事業に成功して50点、承継ができて100点」と言ったそうです。まさしくそのとおり!

 そのタナベ経営の後継者、田邉次良氏の事業承継の著書も出ているようなので、読んで見たいと思います。

↑このページのトップヘ